ウィー カンパニー。 【朗報】SVFの投資先、Wework(ウィーワーク株)の時価総額が予定の半分の2.5兆円に!

「WeWork」のウィーカンパニーに対してソフトバンクグループが投資を続ける理由とは?

ウィー カンパニー

ピーステックラボが運営する高級家電などの個人間レンタルサービスを リコーリースが管理・運営する賃貸マンションに導入するもので、 将来は都市再生機構(UR)が運営する団地などへの導入も 目指すとのことです。 最近のマンションの中には、自ら発電施設と蓄電池を保有し、 その電力を活用しているところがあります。 すでに電力代金はマンション価格に含まれていて、入居者は 将来にわたって電気代金を支払う必要がない、というものです。 これは良い発想だと思いましたが、 今回の家電サブスクリプションと合わせると、 さらに利便性が高くなります。 入居するときに、冷蔵庫などの家電を購入する必要がありませんから、 それだけでも手軽に引っ越しができるようになるはずです。 電気や家具も最初から揃っていれば、 さらに引っ越しが楽になります。 一昔前、人生の大きな買い物として家を購入し、 そこで死ぬまで暮らすのが普通でしたが、 こうしたサービスが出てくることで、 その考えも古くなりつつあります。 住む場所を手軽に自由に選べて生活の自由度が高くなるので、 私は非常に良いことだと思います。 学生時代にはスーツケース1つで何度も引っ越しをした 経験がありますが、あの頃の身軽さを思い出してしまいます。 家電量販大手のノジマが全184店で商品表示をデジタル化した 電子棚札を導入したと紹介。 ほぼ全ての商品の値付けを、 本部からの遠隔操作で変更できるようにしたもので、 商品の売れ筋や在庫状況、競合店やネット通販の価格などを 総合的に分析し料金に反映させるというものです。 ダイナミックプライシングは、 システム開発・運用コストが高くつきますが、 収益が最大化するという大きなメリットがあります。 売り切ってしまえば、在庫も残りませんし、 商品の腐敗もありませんから、コスト削減にもつながります。 私はこれまでにも何度か説明してきましたが、 ダイナミックプライシングは非常に応用範囲が広い技術で、 これが広がっていくのは当然の流れだと思います。 家電だけではなく、 野菜や魚など生鮮食品もイメージしやすいでしょう。 夕方になって生鮮食品の価格を下げているのは 同じ考え方です。 しかし、現状ではいくつかの商品を まとめて値下げしています。 本来なら、1品ずつ価格を調整して販売したいところです。 それをシステム的に実現できる時代になってきています。 その他の事例では、ビックカメラ、ローソン、 akippa(駐車場予約)、福岡ソフトバンクホークスの チケットなどがあります。 ダイナミックプライシングは スマホとの相性が良いのも特徴です。 QRコードで値段が表示され、スマホでそれを読み取って、 そのまま自動的に決済すれば非常にスムーズです。 さらに、ダイナミックプライシングの値段は、 「特定の人だけ見ることができる値段」であれば良く、 一般に公開する必要もありません。 その意味でも、スマホを活用したリアルタイムの ダイナミックプライシングは、非常に使いやすいはずです。 まだ業界全体としてシステムが未熟で、 この業界のスタンダードとなるシステムがありません。 今後、スタンダードとなるシステムを 作っていく必要があると思います。 ボーイングは数ヶ月後に このメッセージの存在に気づいたとしていますが、 連邦航空局(FAA)は報告が遅れた理由の説明を求めています。 現在、米国の耐空証明において、 ボーイング社は自動承認に近い状況なのだと思います。 許可する人もボーイング社や米軍からの天下りが多いなど、 様々な事情が入り組んでいるのでしょう。 結果として、三菱には厳しく、 ボーイングには甘い、という状況が続いています。 今回の「737MAX」については、 テストパイロットから指摘があったにもかかわらず、 規制当局を欺いて耐空証明を取得したということです。 これだけでも大きな問題ですが、 さらに事故後のボーイング社の対応が最悪でした。 事故を起こしたのが途上国だったことを理由に、 パイロットの経験不足が原因ではないか?と、 ごまかそうとしました。 最終的には自分たちのミスを認めましたが、 非常にひどい態度だと言わざるを得ません。 大きな補償を背負い、売上も上がらず 損失を計上する事態になっています。 ボーイング社は、商用機、防衛・航空宇宙、 サービスなどで売上をあげていますが、 売上も利益も圧倒的に大きいのは商用機です。 ですから、「737MAX」を販売できないとなると かなり苦しい状況になるのは間違いありません。 株価は下落していると報じられているものの、 長期スパンでみると、騒がれるほど大きな下落ではありません。 もしかすると、トランプ大統領による 何かしらの救済への期待もあるのかも知れません。 いずれにせよ、信頼も失墜し、 大きな収益源を失う可能性があり、 ボーイング社は正念場を迎えています。 米ウィーカンパニーは、ソフトバンクグループのもとで 経営再建を進めると発表しました。 ソフトバンクグループが、ウィー株を追加取得するほか、 ウィー創業者のアダム・ニューマン氏が 取締役から退くとのことで、ソフトバンクグループは 総額95億ドルを投じることになります。 この投資によって、ソフトバンクグループは、 ファンドではなく、ソフトバンク本体が 約5000億円のリスクにさらされることになります。 これはグループ全体にとっても大きなリスクです。 ソフトバンク・ビジョン・ファンド全体への 影響を考慮して、ソフトバンクグループとしては 「伸るか反るか」の判断をした、ということでしょう。 最悪、この程度の損失なら ソフトバンクグループとして耐えられるという 計算もあると思います。 ただし、ウィーワークと同様に、 「株価は高いが利益が出ていない」という 他の投資案件もあります。 それらが上手くいかないとなると、 事情は変わってくるでしょう。 ソフトバンクグループによる 投資の真骨頂が問われるタイミングかもしれません。

次の

ソフトバンクG、ウィーカンパニーの負債膨らむ 最終赤字9000億円に拡大

ウィー カンパニー

東京Aグレードオフィス(中心業務地区、都心5区の一定レベル以上のオフィス)の需給を見ると、20年の東京五輪・パラリンピックに向けて再開発が集中し、18~20年にオフィスが大量供給された。 3年連続でこれだけの供給が積み上がるのは、過去20年を振り返ってみても初めてだ。 だから17年までは、ビルのオーナーたちはこの大量供給に対して需給が緩むのではないかと賃料設定もかなり弱気だった。 「われわれも空室率が上昇すると思っていたが、ふたを開けてみると、空室率は歴史的な低水準。 できるビルできるビルが100%の稼働になった」と、JLLの大東雄人リサーチ事業部ディレクター。 これほど空室率が低下して需給がタイトになるとは、多くの専門家が2~3年前には予測していなかった。 空室がなければ、貸し手有利。 賃料は上昇局面からピークアウトしなくなった。 なぜこんなにも需給が逼迫したのか。 「それまでになかった需要が東京に生み出されて爆発的に伸びたことが一つの要因で、代表されるのが18年2月に六本木で1号店をオープンしたウィーワークのようなコワーキングと呼ばれる新しいオフィス需要」と大東氏は言う。 ウィーワーク特需に加え 人材確保のため魅力的な物件に需要も 米シェアオフィス大手のウィーワーク(運営会社はウィー・カンパニー)は、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長肝いりのビジネスで、ソフトバンクGが多額の出資をしてきた。 前CEOが会社を私物化するなど経営体制の問題が露呈して19年秋に上場を撤回、経営立て直しのために人員削減などに踏み切っている。 新CEOには不動産業界のベテランが指名された。 日本ではソフトバンクとの共同出資で事業を行っており、今のところリストラ、出店計画の撤回はない。 日本で約30拠点を構え、引き続き計画通りに開業を続けるようだ。 同業の中でもウィーワークの拠点拡大の勢いはすさまじく、都心部の新築ビルをどんどん借り上げ、供給をのみ込んでいった。

次の

ウィーワーク特需で大量の新築ビルが埋まる、オフィス不動産市場の異常

ウィー カンパニー

ウィーに起因する損失の拡大などが主な要因だ。 SBGはガバナンス(企業統治)問題などで資金繰りが悪化したウィーに対し、融資などの金融支援策を講じて経営再建を後押ししているが、ウィーに関連する負債の価値を見直した結果、損失が膨らむことになったという。 売上高は6兆1500億円、営業損益は1兆3500億円の赤字と、前回発表から据え置いた。 新型コロナウイルスの感染拡大による市場環境の悪化を受けファンドの投資先の企業価値見直しを余儀なくされ、一気に損失が拡大している。 SVF関連で、1兆8000億円にのぼる巨額の損失を計上する見込みだ。 【用語解説】ウィーワーク 起業家らが共同で使えるシェアオフィス。 2010年創業の米ウィーカンパニーが運営する。 立地の良さや事業規模に合わせて柔軟に事務所のスペースを変えられる点などが人気を集めた。 19年に共同創業者の企業統治などへの疑念が浮上したことで経営が悪化し、ソフトバンクグループが巨額の支援策を実施すると表明した。 日本では、東京や大阪、福岡などに展開している。

次の