きつい 仕事 ランキング。 超絶激務な仕事職業ランキング1位~10位を発表!

実体験で選ぶ、きつい仕事ランキング

きつい 仕事 ランキング

きつい仕事とはどんな仕事をいうのか そもそもきつい仕事というのはどんな仕事を指すのでしょうか? きつい仕事は何と挙げればキリがありませんし、その方が思っているきついというのと、他の方が思うきついとはものすごくギャップが発生しているかもしれません。 ですから、結果的にはその方がきついと思われるのならきついということになってしまうのでしょうし、きつくないと思えばその方にとってはきつくないと認識しているということになります。 あくまでもこういったことは、 人による価値観の問題になるといえます。 きついと一言で言っても色々あります。 よく取り上げられるであろう内容について触れていきましょう。 体力的にきつい 体力勝負の仕事である、現場系の仕事だったり、引っ越しの仕事だったり、とにかく 身体が資本と言えるような仕事の場合に多く言われることです。 特に、工事の現場では、年度末に追い込むかのように工事があちこちで行われるようになります。 ですから、皆さん忙しそうに一生懸命頑張っていらっしゃっています。 場合によっては、早朝から深夜までずっと同じ場所でひたすら工事をしているところもあります。 また、引っ越し業者さんにしても、3月から4月は新生活が始まる時期にもなりますし、1台のトラックが、3件の引っ越しを1日でやっているところも実はあります。 移動の時は車に乗ってもしくは自身が運転して、現地に到着すれば作業を手際よくしなければいけません。 こんなことが毎日続けば、体力も持たなくなってしまいます。 その結果、きついという判断をされてしまうのでしょう。 精神的にきつい 精神的にきついというのはふた通りに分かれます。 ひとつは、 主に飲食店や、アパレルなどのショップ、携帯ショップなどの接客業や、直接お客さんと顔を合わせることはなくても接客をしなければいけないコールセンターなどは、いろんなお客さんと接するため、ストレスが溜まりやすい です。 特に、クレーマーも最近では多く、平気で人を傷付けるような暴言を吐くということも聞かれます。 いわれもないことを吐かれて、悔しさなどの感情から涙する人も多いのではないでしょうか。 こういうことになってしまうと、そんなことから逃げ出したい人がいるのも当たり前です。 もうひとつは、 会社からのノルマなどのプレッシャーで苦しむパターンです。 仕事ですから、適度な緊張感やプレッシャーは必要な場面も多いのですが、あまりに過大なノルマは精神的に追い込まれます。 最近はブラックバイトと呼ばれていますが、コンビニでクリスマスケーキやおせち、恵方巻などの販売に対して、アルバイトにまでノルマを課して、売れなければ自腹を切らなければいけないケースも、ひとつの例と言えます。 働いているのにその働き先のために身銭を切って売上に貢献させるやり方は、あっていけないことですね。 特に飲食店では、仮に、お店の営業は17時から24時だったとしても、12時には出勤して仕込みに追われてしまうので、実際には12時からお店に入って、お店を閉めて、清掃して、売上計算などをすればお店を出るのが深夜1時や2時なんてことは飲食業界では普通にある話です。 今は、こういった人手不足から、年末年始の営業をやめたり、営業時間自体を短くしたり、さまざまな工夫により改善しているところもありますが、まだまだです。 携帯電話ショップなどもそうです。 営業時間は銀行並みにしっかりしていますが、閉店時間ギリギリにケータイの修理や、機種変更の受付が入ればもちろん受け付けなければいけませんので、そうなると、1時間以上は遅くなってしまうということになります。 閉店前ですから、受付を断るということができるのであれば別ですが、そんなことはショップには明記されていないので、当然ユーザーさんは受付をしてくれると考えますし、ショップ側も断る理由はありませんから、そういうことが積み重なると、勤務時間は増えるばかりです。 こういったことが、多くの弊害を生んでしまっています。 本当にどうすることが一番良いのかというのを考える時期に来ています。 先述した労働時間や、精神的きつさにもつながることかもしれません。 無理やりできもしないことを押し付けて大変な思いにさせていくことで、きつさも増幅していくことになります。 仕事に慣れずにきつい 転職して新しい環境で慣れていないとか、社内異動によって業務内容が変わってしまって、その環境でまだ慣れないなど、 不慣れなところが原因できつくなるということです。 当然、今まで慣れた環境で働いていたわけですから、別のきつさはあったとしても、とりあえずは慣れた環境で働いていたわけですから、そう言ったところでのきつさはなかったはずです。 とはいえ、別のきつさや不満などから解放されたいから転職をすることになるのですから、このきつさはちょっと我慢してみませんかと言いたいです。 また、学校を卒業して社会人1年生という方にも同じようなことがあるかもしれません。 つらさときつさは必ずしもイコールの関係ではありません。 独自観点で順位付け! きつい仕事ランキング さまざまな「きつい」があるなかで、筆者が独自の観点から「きつい」と感じる仕事をランキング形式で紹介します。 キノコ製造のアルバイト 薄汚い倉庫内で、水を含んだキノコの栽培、製造を行います。 パレットごとのキノコの持ち運びを自分の背よりも高い置き場に持ち上げなければいけない過酷な労働です。 すべて手作業で最悪です。 匂いも異臭がして、作業着が半端なく汚れます。 キノコの匂いだけになります。 パートのおばさんでもこなすことはできますが、相当な体力と精神力がないとできない仕事です。 絶対に周りの人にはお勧めしません。 動物の殺処分している業者 周囲には異臭が漂っていて、ネコや犬などかわいがっていた動物が無残に死んでいく姿を見なければなりません。 目などが飛び出していたり、内臓が見えたりと働いている職場の映像がえぐいものになり、もうそこに居るだけで耐えられなくなります。 飼われていたペットや行き場をなくしたかわいい動物たちが無残に死んでいく様は、仕事といえど殺す方は、過大な罪の意識を感じ、その呪縛から逃れられません。 看護師 まず、女性社会ですので周囲とのコミュニケーションが必要です。 折り合いがつかないと嫌われてしまいます。 病気の人とのかかわり、ベッドや患者さんの移動など体と心を酷使しなければなりません。 命を守る大切な仕事ですが過酷です。 警察官 犯罪組織やテロ、マルチ宗教の団体など、危険な犯罪者たちと向き合わなければなりません。 軽犯罪ばかりを取り締まるわけではなく、銃や包丁を持った立てこもり犯とも対峙しなければなりません。 金属バッドや斧を振り回す異常者だっています。 それらを取り締まるのが警察の仕事なのです。 地方の犯罪の少ない地域ならまだしも、犯罪の多い都会部なら考えただけでも過酷です。 過酷な仕事と給料は釣り合っている?警察官の気になる年収をチェックしてみましょう。 山寺の僧侶 滝行は当たり前です。 好きなものを食べることができず、出てくるのは精進料理ばかり、この俗世と一切の関りを絶たなければならないため常に修行の身で自由がありません。 食欲、性欲、睡眠欲など欲望を完全にコントロールし、ときには「無」になることもしなければなりません。 周りからは何かを悟った者として扱われ、その境地に至るまでは相当な修行を積まなければなりません。 最近では、巷の神社の僧侶が婚活パーティーに出席するなどのテレビ企画がありましたが、山奥の僧侶は過酷そのものです。 とび職人 ビルやマンション、学校などの高所で働かなければならず、常に命にかかわる危険と隣り合わせです。 給料はいいですが、落ちる恐怖を考えれば、高所恐怖症の方には勤まる仕事ではありません。 消防士 火災が発生したところに駆けつけなければならず、大きな工場の火事となれば何かが爆発する恐怖と常に闘わなければなりません。 事故で大けがをしたり命を落とすリスクもあります。 消防士は人命を救助する大切な仕事。 やりがいと年収・待遇は釣り合っているのかチェックしてみましょう。 自衛官 国を守る仕事ですが、世界の紛争地帯を飛び回らなければならず、消防士と同様常に危険と隣り合わせです。 最近では、アメリカの国防がトランプ効果で薄くなり、駆けつけ警護など実際の戦闘員により近い立場での任務を任されるようになる可能性も出てきました。 アフリカや中東シリアなどの戦闘地域に派遣されることもあります。 電気工事士 エレベーターやビルの配電設備などを管理していて、一歩間違えば感電死の可能性もあります。 複雑な配線を扱わなければならず、電気に対する興味を十分に持って、仕事に面白みを感じていなければ勤まる仕事ではありません。 精神科医 脳や精神に障害を持った患者と向き合わなければならず、症状がひどい人になると気苦労も一塩です。 基本的には、処方する薬で患者さんを落ち着けますが、膨大な量の患者の言葉やデータと向き合わなければなりません。 きつくない仕事なんてあるの? 一言でいえば、 答えは「ない」となるのが一般的でしょう。 ただし、もしあるとするならば、今働いている状況の中においてきついと感じている事柄が転職することでクリアになるのであれば、「きつくない」という判断をするかもしれません。 ただし、こういった場合というのは、あくまで前職と今を比較した上できついかきつくないかの判断をしているだけで、個人の感想でしかありません。 AさんとBさんが別の会社にいて理由は違っているものの、きついと感じていたとします。 そのAさんとBさんが入れ替わるようにお互いが転職した場合、二人とも前職よりきつくなくなったということはあり得ます。 それは比較した上での個人の感想ですので、別の人がすれば、お互いにきつくなったということもあるかもしれません。 別の見方をしてみましょう。 同じ会社に働くCさんとDさんがいたとします。 Cさんは、毎月のノルマに追われ精神的に参ってきついと思っていました。 一方Dさんは、ノルマは毎月クリアできているけれども、残業が多すぎることをきつく思っていました。 この2人がそれぞれ転職をすることになり、別の会社に入社することになったら、2人ともきつくなくなったというのです。 Cさんは、ノルマもなく精神的に追い込まれることが少なくなったので、きつさがなくなった、かたやDさんは、残業時間が大幅に減って、家族と過ごす時間が今まで以上に確保できるようになりました。 転職をするという場合、ここだけは譲れないということが明確で、その内容さえクリアになってしまえば、きついという気持ちは大きく減少しますので、きつくなくなったという結論が出るがあるということです。 ですから、きついかどうかのものさしは個人によってさまざまであるということなのです。 転職をせず同じ会社に勤めていても、社内の異動で部署が変わるだけでもきつくなくなることも十分にあり得ます。 よって、転職だけというわけではありませんが、どちらにしても比較にはなってしまうでしょう。 きついかどうかは結局あなた次第 何事も考え方が人それぞれなので、きついかきつくないかの判断も人それぞれです。 あとは、仕事に対する基本的な考えによっても異なってくるものです。 賛否両論はあるとは思いますが、人にはいろいろな考えを持っていてそれをすべて否定することは正直難しいです。 例えば、こんな人もいますというのを紹介してみます。 どんな風に感じますか? 飲食業界から異業種に転職した人の例 飲食業界では、週に1回の休みがあったものの、毎日のように残業をさせられて、お昼から深夜まで働き、月に300時間以上の労働時間で、100時間以上の残業をしていました。 給料は残業手当が全額支給されていたこともあって、年収は500万円を超えていました。 こんな人の場合、休みはとりあえず週1回の休みはあるけど、毎日4時間ほどの残業に伴う長時間労働、ただし、給料は同世代では破格の収入だったということです。 しかし、見方は人それぞれなので、様々な見方ができます。 まず、収入が多いから長時間労働も休日が他の人より少ないのも仕方ないと思っている人は、きつさはあっても割り切る部分も持っているというような人です。 次に、多少給料が減っても仕方ないけど、せめて休みや残業は改善してもらえないと、体力的にもきついと思っている人です。 この2つは相反しているかもしれませんが、同じきつさがあっても負担だったり、不満だったりを思っているかどうかは、後者の方ではないでしょうか。 前者の方は、きつさは実感しているけれども、その見返りがちゃんとあるから納得しているので、心からきついとは思っていません。 同じ環境下に置かれていても考え方には違いがあることも事実です。 その状況で、転職をしようとしていると、前者の方は、多少大変でも給料が多くもらえるところを探すでしょうし、後者の方は、いまの収入が仮に減ったとしても、労働環境が整っているところを探すことになるでしょう。 ただ、今回の例で挙げたようなことなるタイプの2人でも、 ここは譲れないところを貫き通した結果、納得のできる転職ができたのであれば、きついと思うこともなくなり、転職は成功したといえます。 逆に、譲れないところがブレてきて、違う方向に進んでしまうと、また同じような境遇になってしまったり、きつい思いを持ったまま転職をすることになるので、その転職は結果として失敗となってしまいます。 みなさんがしている仕事は何らかで必ずきついもの いろいろな側面から見てきましたが、一言できついという言葉でもさまざまな意味や想いがあるでしょう。 ただ、きつさといっても、それが本人の甘えからくる問題なのか、会社の労働環境や上司の時代にそぐわない間違った考えから起きているものなのかはしっかりと見極める必要があることは間違いありません。 昔のように根性論だけでは今の社会は成り立ちません。 部活でいえば、昔は練習中に水を飲むことを我慢してでも練習していましたが、今はそんなことは絶対に許されません。 根性論だけではなく、脱水症状や熱中症といった健康面からも見るようになり、練習中でも水を飲むことが当たり前になったようなものです。 しかし、お金をたくさん稼ぎたい人には、公休日数の少なさや労働時間が多いことは気にしないでしょうし、ノルマから解放されたいという気持ちの人はノルマのない仕事を選べばいいわけです。 コールセンターでクレーム対応ばかりして疲れるなら、クレーム対応がないコールセンターに行けばいいのです。 そうなれば辛くは無くなります。 この場合なら、同業種で対応内容が変わるだけなので、今までの経験は活かせるから一石二鳥です。 ですから、「きつい」というのはその人が今置かれている環境であったり、今までしてきた仕事から得られて蓄積されている いいか悪いかは別にして 価値観や考えがベースになり判断されるものなのです。 そのため、ある人がきついと思っていても、別の人からすればそんなの全然きつくないと思う人もいます。 場合によっては、そんなのただの甘えという人もいるでしょう。 それがきついということなのです。 なぜなら、別の観点でみたら、その三者三様が全くガラッと変わることだってあるからです。 ですから、 きつさの度合いはあなた次第なんです。

次の

バイト経験10以上の私が語る辛い、きついバイトランキングベスト5!今だから語れる実体験!【転職・バイト求人検索のコペル】

きつい 仕事 ランキング

この記事の目次• 楽な仕事とは まずは楽な仕事とはどんなものなのか、その特徴を見てみましょう。 「楽」にも様々な種類があり、人によって感じ方は異なります。 精神的なストレスが少ない 働く上で 精神的なストレスを抱えない仕事は楽な仕事であると言えます。 仕事のストレスが日々積み重なっていけば、次第に会社に行くこともつらいと感じるようになるでしょう。 仕事以外のプライベートにも悪影響をもたらすかもしれません。 精神的なストレスの少ない仕事は、心に余裕が生まれます。 具体的には ・ノルマが厳しくない ・社内外の競争がない ・接客や顧客対応の必要がない ・職場の人間関係が安定している などのような仕事 職場 を選ぶと良いでしょう。 体を酷使しない 体を酷使しない仕事は、楽な仕事と言えるでしょう。 1日の多くの時間を会社の中やデスクで過ごす仕事は、体力的な負担もなく、楽に働くことができます。 一方、工事現場での作業や引っ越し作業員などは体を酷使するため、体力に自信がある人でないと続けることは難しいでしょう。 体を酷使する仕事は、危険な場合もあります。 怪我や病気で体を壊す可能性も考慮しなければなりません。 また年齢を重ねるごとに、若い時のように働けなくなることも考えられます。 ルーティンワークである 仕事の大半がルーティンワークの仕事は、誰にでもできる楽な仕事と言えるでしょう。 ルーティンワークの仕事の多くはマニュアルが完備されており、その手順に従って進めることができます。 仕事のために勉強しなければならないことも少ないでしょう。 一方、自分の頭で考える比重が大きい仕事は、咄嗟な出来事にも自ら考えて対処しなければなりません。 その分責任も大きくなります。 業務内・外での日々の勉強も必要でしょう。 楽な仕事がしたいという方は、業務内容がある程度手順化されている仕事をおすすめします。 労働条件が良いと、ライフワークバランスを取ることができます。 仕事はもちろん、プライベートも充実させることができ、人生がより良いものになるでしょう。 責任が大きすぎない 過剰な責任を負うことがない仕事は、精神的に楽な仕事と言えます。 責任や重圧は精神的なプレッシャーになります。 好きな仕事であっても、次第につらいと思ってしまうかもしれません。 「失敗したら大変だ」という強迫観念が判断を鈍らせることもあるでしょう。 「責任が大きい仕事」というのは、 ・人の命を扱う ・人の人生を大きく左右する ・大金を扱う ・チームをまとめる などのパターンが考えられます。 特に実力に不相応な責任を負うことになれば、精神的なプレッシャーは大きくのしかかるでしょう。 男性版:楽な仕事TOP10の選定基準 楽な仕事の特徴を確認したところで、まずは楽な仕事トップ10の「選定基準」を説明します。 業務内容がルーティンワークである 先ほど挙げた「仕事内容がルーティンである」を基準のひとつとしています。 繁忙期などは忙しくなるかもしれませんが、 作業量も比較的安定しており、「スキルアップのために業務終わりに勉強する」必要もないため、楽な仕事です。 ルーティンの仕事は、「自分の頑張り次第でインセンティブが出る」「売り上げなどが出世に関わる」といったことは少ないでしょう。 ですがルーティン業務は、自ら積極的に仕事を取りに行くというよりも、淡々と日常業務や日課、定型業務をこなすタイプのものも多いです。 仕事内容がどれほど楽であっても、収入が見込めなければ生活が苦しくなります。 余裕のある生活ができなければ、精神的につらくなってきたり、副業をしなければならなくなることも。 とても「楽だ」とは言い難いでしょう。 とはいえ「楽で多くの収入が見込める仕事」というのは、そうそう存在するものではありません。 この記事では、最低限生活するには苦労しない程度の収入が見込める仕事を紹介しています。 は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。 テックキャンプは、 オンラインでプログラミング学習が可能。 「 徹底したサポート」と「 やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。 転職成功率は 99. 学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率 キャリアに悩んだら、テックキャンプの を受けてみませんか? あなただけのキャリアプランが作れます。 は簡単なので、ぜひご利用ください。 男性版:楽な仕事ランキングTOP10 では、男性が就くことの多い仕事の中から、楽な仕事TOP10を見ていきましょう。 第1位:大家 大家は、不動産(おもに貸家)の所有者を指します。 家賃収入で生活できるため、安定的に収入を得ることができます。 また日々の仕事も建物の管理など、簡単なルーティンであることが多いです。 管理自体を管理会社に委託すれば、ほとんど労働なしで生活することができるでしょう。 サラリーマンとして働き、投資の一環でマンションなど不動産投資を行う人もいるようです。 年収は、地域や建物の規模によって異なります。 家賃を5万円とした場合、4部屋の賃貸であれば毎月20万の収入となります。 10部屋あるアパートであれば毎月50万円になります。 年収に換算すると240~600万円となるでしょう。 第2位:警備員 警備員は、ビルや施設で警備を行う仕事です。 建物を循環し、もしトラブルに遭遇した場合は連絡・対処をします。 鍵の管理などを行うのも、業務のひとつです。 基本的にひとりでの作業であり、トラブルも毎日頻繁に起こるというものではありません。 日常の業務はほとんどがルーティンなので、楽な仕事と言えるでしょう。 立ち仕事にはなりますが、体を酷使するわけでもありません。 警備員の平均年収は49. 5歳で307万円と言われています。 参考: 第3位:塾講師 塾講師は、学生に学習指導を行う仕事です。 業務の内容や教える対象 小中高 、方針 受験対策など は、塾によって異なります。 学生時代に勉強したことなど、自分の頭の中にある知識を教えることになります。 得意教科があったという方は、特別な勉強をすることなく始めることができるでしょう。 個別指導の場合は座り仕事ですし、相手にするのは数人の子どもということになるので、精神的にも楽な仕事です。 業務内容も「質問に答える」「テキストに書いている内容を説明する」などそれほど多くありません。 学年によって教える内容は変わってきますが、教科書は年始に指定したものから1年間に渡って変わることはありません。 塾が指定したものがあれば、基本的にそれを順に教えていくことになります。 先んじて、数ヶ月先の分まで授業予定を立てることもできるでしょう。 生徒の個別指導などにはイレギュラー要素もありますが、採点業務や日報付けなどルーティン的な要素も多く存在します。 コツをつかめば効率的にこなせる仕事であると言えます 平均年収は、350万円~400万円と言われています。 参考: 第4位:社内SE(システムエンジニア) 社内SEは、社内システムの管理や保守運用、企画などを行う仕事です。 SEというとクライアントの要望や納期のため残業になるなど、きつい仕事のイメージがあるかもしれません。 ですが社内SEは クライアントや納期に振り回されることがありません。 「社内システムの開発」や「トラブルシューティング」など、業務の内容は企業によって異なります。 基本的に社内での仕事なので、外回りや社外の人とのやりとりもないため、職場が合えば楽な仕事と言えるでしょう。 平均年収は、471万円と言われています。 参考: 第5位:ビルメンテナンス ビルメンテナンスは、建物に異常やないかの点検・保守管理を行う仕事です。 現場によっては、ひとりで業務を行います。 ノルマや納期などもなく、ゆったりと仕事をすることができます。 体力仕事でもないので、精神的・体力的に楽な仕事と言えるでしょう。 平均年収は349万円と言われています。 参考: 第6位:ルート営業 ルート営業は、既存の営業先をまわり、自社商品・サービスの紹介やフォローを行う仕事です。 営業というときついイメージを持つ方も多いかもしれません。 ですが ルート営業の仕事は、新規開拓をすることがほとんどなく、ノルマも一般的な営業よりも厳しくありません。 飛び込み営業で断られ続け、上司にも発破をかけられて…のように精神的に疲弊することも少ないでしょう。 先方の担当者と友好な関係を築くことができれば、気楽に営業先まわりを行うことができるかもしれません。 外回りは基本的にひとりで行うので、周囲に気を使うことがないのもポイントです。 平均年収は、約403万円と言われています。 参考: 第7位:地方公務員 地方公務員は、都道府県・市町村の役所などで公共サービスを行う仕事です。 解雇などがないため非常に安定しています。 ノルマなどもなく、精神的に追い詰められることもないでしょう。 業務内容や忙しさは、部署によって異なるため注意が必要です。 平均年収は686万円と言われています。 参考: 第8位:トラック運転手 トラック運転手は、トラックを運転し、企業や個人宅などへ荷物を配送する仕事です。 基本的にひとりで配送先を回ることになるので、「ひとりで仕事をしたい」という人におすすめです。 ルート配送であれば「決まった配送先に向かい、荷物の積み下ろしをする」というルーティン作業になります。 運転免許は必要ですが、何かを勉強したりスキルを積極的に身につける必要は特にありません。 トラック運転手の年収の平均は、約393万円と言われています。 参考: 第9位:WEBライター WEBライターは、WEBサイトの記事を執筆する仕事です。 検索エンジンからの流入を想定した記事は、SEO 検索エンジン最適化 を意識した書き方をする必要があるなど、ライティングスキルが必要となります。 WEBライターとして働くには、会社勤めとフリーランスの働き方があります。 フリーランスであれば、働く場所や時間が自由に設定できます。 「朝起きるのがつらい」「通勤がつらい」という方は楽に感じるでしょう。 フリーランスのWEBライターの平均収入は300万円台と言われています。 が、専門性をつけたりスキルをあげることよって単価をアップさせることができます。 参考: 第10位:工場作業員 工場作業員は、「ライン作業」「ピッキング」など工場内での作業を行う仕事です。 作業内容は多岐にわたりますが、基本的に黙々と作業をすることができ、社外の人とのやりとりなどもありません。 職場によっては、社内の人との交流も全くない、ということもあるでしょう。 人とのコミュニケーションに苦手意識があり精神的に疲れる、「黙々と作業する方が楽だ」という方におすすめです。 また「ライン作業」など、仕事内容もほとんど決まり切ったルーティンをこなすだけなので、ある程度慣れれば非常に楽な仕事と言えるでしょう。 ライン業務の工場の年収は「およそ250万円から350万円程度」と言われています。 参考: そうでないと、転職をしてもまた同じように「もっと楽な仕事がしたい」と思ってしまいかねません。 「楽」と感じるポイントが人によって異なるように、必ずしも上記の全ての仕事が楽だ仕事というわけではありません。 そこには 個人の感覚や職場環境、人間関係など様々な要因が絡みます。 例えば「体力的にきついかどうか」も体力に自信のある人とそうでない人では感じ方が異なるでしょう。 難しい仕事内容でも同僚や上司との関係が良好であれば、自然体で働くことができ、「気が楽だ」と精神的に余裕を持つことができます。 今の仕事内容の不満を紙に書き出してみましょう。 面接で条件など詳しく質問する 仕事が楽かどうかは、職種はもちろん、その職場の労働条件や雰囲気、社風なども影響します。 ノルマや残業時間など、きつさに直結する部分は詳しく聞いておくべきでしょう。 面接で残業時間などを聞くと心象が悪くなるかもしれない…と思われる方もいるかもしれません。 ですが疑問を残したまま入社してしまうことの方が避けるべき事態です。 そのため、疑問点などは入社前の面接の段階で全て解消しておきましょう。 この記事もオススメ 実際にその仕事をしている人から話を聞く 実際にその仕事をしている人から、話を聞くこともおすすめです。 話を聞いてみることで自分が想像していなかった大変さ・楽しさなどを聞くことができます。 周囲に、該当の仕事をしている人がいないという方は、SNSなどを通して調べてみるのも良いでしょう。 転職エージェントに相談する 転職しようと思っても、その仕事が実際どのくらいきついのかというのは、なかなか知ることができません。 「入社してみたら思ったよりもきつかった」というのは避けたいところ。 なので転職を考え始めたら、「転職エージェント」を利用することをおすすめします。 転職エージェントは、様々な転職をサポートするプロフェッショナルです。 カウンセリングを通して、自分にあった仕事を紹介してくれるでしょう。 転職エージェントを通して選考を行うと、企業とのやりとりもエージェントが取り持ってくれます。 面接で聞きづらいことなどの疑問も解消できるでしょう。

次の

超絶激務な仕事職業ランキング1位~10位を発表!

きつい 仕事 ランキング

パチンコ店社員の仕事内容 接客業なのでお客さんの対応。 クレーム対応。 店舗清掃。 アルバイトのシフト管理、新台入れ替え、機械の調整など業務が最多に渡るのが特徴。 年収は、普通の企業とほとんど変わりません。 パチンコ店のオープン時間は地域によって変わるので10時位から23時くらいまでなので労働時間は意外ときっちりしています。 労働環境はパチンコ屋はうるさいのでかなり悪いです。 三半規管おかしくなり生活リズムは崩れます。 居酒屋さんに比べると客単価が高いので社員数は多めで、普通は前半後半の2交代制で働きます。 ホールでメインで働くのは大学生やフリーターがほとんどですのでシフトの調整などが大変です。 ちなみに接客相手の質がクソ悪いです。 頭おかしい人がたくさんいます。

次の