コインチェック 種類。 コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨一覧!仮想通貨の種類と銘柄の特徴

Coincheck(コインチェック)の取り扱い通貨は何種類?各通貨の特徴と合わせて紹介

コインチェック 種類

コインチェックは 日本国内の取引所で、 ビットコインの他に、 10種類のアルトコインが売買ができます。 取扱うアルトコインは、どれも人気の高い、将来性のある銘柄ばかりで、 イーサリアム・リスク・リップル・ネムなどが簡単にトレードできます。 また、 ユーザー同士での ビットコインのレバレッジ取引も可能で、レバレッジは最大で 5倍です。 初心者トレーダーでも安心して取引ができますね。 そして、現物トレードでも、レバレッジトレードでも、チャートを見ながら行う必要があります。 そこで今回は、コインチェックのチャートの見方や種類、移動平均線といったテクニカル指標は表示可能なのかを解説します。 Contents• コインチェックのチャートの種類と見方 コインチェックでは、 2種類のチャートを見ることができます。 1つ目は、トップページを下の方へスクロールさせると見えてくる 折れ線チャートです。 2つ目は、トップページ上部にある「トレードビュー」をクリックすると表示できる ローソク足チャートです。 チャート上部左をクリックすれば変更可能です。 表示期間は、 1日・1週間・1ヶ月・1年の4種類です。 チャート上部右上をクリックすれば変更可能です。 チャートにカーソルを当てると、 詳しい日時とレートが表示されます。 チャートの右端には「1,000k」などと表示されていますが、「k」とは千円単位で表示する記号です。 下3桁が「k」になったと思えば、わかりやすいですね。 「1,000k」なら「1,000,000」のことです。 ページの左上にカーソルを当てると選択できます。 表示時間は、1min 1分 ・5min 5分 ・15min 15分 ・1h 1時間 ・4h 4時間 ・1day 1日 の6種類です。 チャートの右上をクリックして変更可能です。 出来高 流通量 は、チャートの下のグレーのバーになります。 流通量が多い時は、成行注文で注文を出すと、自分が考えた以上に離れた価格で約定するので注意しましょう。 この場合、面倒でも指値注文 あるいは逆指値注文 を出すことをおススメしますよ。 始値・高値・安値・終値・出来高の詳しい数字は、チャートの上部に表示されます。 表示させたいローソク足にカーソルを当てると、そのローソク足の情報がわかります。 表示可能なテクニカル指標は? 残念ながらコインチェックでは、 チャートにテクニカル指標を表示させることも、トレンドラインや水平ラインを引くこともできません。 テクニカル指標とは、ボリンジャーバンド・移動平均線 MAやEMAなど ・RSI・MACDなどです。 中期的長期的に現物を保有する投資家にとって、ローソク足が見れれば十分かもしれませんが、短期的 スキャルピングやデイトレ にレバレッジ取引をするトレーダーにとっては、少し不便ですね。 多くの方は、ビットフライヤーやザイフなどのチャートを見ていますよ。 テクニカル指標は見れませんが、他の取引所のチャートを見ることができるのは便利です。

次の

【コインチェックで購入可能】仮想通貨13種類の特徴と価格を解説

コインチェック 種類

ビットコイン(BTC)• イーサリアム(ETH)• リップル(XRP)• ネム(XEM)• ライトコイン(LTC)• ビットコインキャッシュ(BCH)• ステラルーメン(XLM)• イーサリアムクラシック(ETC)• リスク(LSK)• ファクトム(FCT)• モナコイン(MONA) コインチェックでは11種類の全ての通貨を販売所形式で売買できます。 ビットコインについては、販売所だけでなく、取引所形式でユーザー同士の売買もできます。 コインチェックにはレバレッジ取引がありませんので、全て現物取引です。 コインチェックの取り扱い通貨は多いの? コインチェックの取り扱い通貨は11種類ですが、この数字は国内取引所では最多となります。 日本の取引所の中で比較するなら、コインチェックの取扱通貨は間違いなく多いと言えます。 ラインナップの特徴としては、イーサリアムやリップルなど定番のアルトコインに加えて、リスクやファクトム、ステラルーメンなど比較的マイナーなアルトコインも扱っているのが特徴です。 アルトコインにも興味があるなら、コインチェックはぜひ登録しておきたい取引所です。 ビットコインの特徴 ビットコインは時価総額ナンバーワンで、仮想通貨の代名詞と言えるほどの知名度が特徴です。 取引量も最も多く流動性が高いのが特徴です。 ビットコインの将来性 今後ビットコイン決済を導入する企業や店舗が増えて、実社会で普及していけば、ビットコインの価格も安定して上がるでしょう。 イーサリアムの特徴 イーサリアムの特徴はスマートコントラクト機能を備えているところです。 ブロックチェーンに契約の情報やアプリケーションを記述して、自動的に実行できるのが特徴です。 イーサリアムの将来性 イーサリアム上で動作するDAppsが一般社会で普及していけば、それに従ってイーサリアムの価値が上がっていくと考えられます。 リップルの特徴 リップルは送金処理が非常に速いのが特徴で、毎秒1,500件の取引が処理できる仮想通貨です。 銀行などの国際送金の橋渡し通貨として使われることが想定されています。 リップルの将来性 リップルはGoogleなど有名企業が出資しているので信頼性が高い通貨です。 日本では三菱UFJ銀行がリップルの実験に参加しており、リップルを使った国際送金が実用化されれば価格も上昇する可能性があります。 ネムの特徴 ネムはビットコインやライトコインなどと同じ決済用仮想通貨で、 PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)という独自のマイニング方式を採用しているのが特徴です。 モザイクというシステムでユーザーが自由に独自トークンを作れる機能もネムの特徴です。 ネムの将来性 ネムはカタパルトと呼ばれる大型アップデートが予定されており、クレジットカードに匹敵する決済スピードが実現すると言われています。 カタパルトの実装が成功すれば、実用性が高まり、現状より人気が出てくる可能性があります。 ライトコインの特徴 ライトコインはビットコインと似た決済用通貨です。 ビットコインよりも送金時間が短く、手数料も安いため、少額決済や日常決済に向いているのが特徴です。 ライトコインの将来性 ライトコインはビットコインより日常的な決済に向いていますので、実店舗でのライトコイン決済が普及していく可能性があります。 街のお店やオンライン決済で使われるようになると、通貨としての価値も高くなっていくでしょう。 ビットコインキャッシュの特徴 ビットコインキャッシュはビットコインよりブロックサイズが大きくなり、スケーラビリティ問題が解決されたのが特徴です。 送金が集中しても遅延しにくくなり、決済用通貨として実用性が高くなっています。 ビットコインキャッシュの将来性 ビットコインキャッシュの立ち位置はライトコインと似ています。 実社会で決済用通貨として普及していけば、通貨としての価値も上昇するでしょう。 ステラルーメンの特徴 ステラルーメンはリップルをベースとして個人送金用に作られた仮想通貨です。 リップルと同様に送金の処理速度が非常に速いのが特徴です。 ステラルーメンの将来性 リップルが金融機関の送金に使われるのに対して、ステラはリップルの個人送金版と言えます。 ステラのプロジェクトには有名企業のIBMが提携しており、高い将来性が期待されています。 イーサリアムクラシックの特徴 イーサリアムクラシックの特徴は、 イーサリアムのスマートコントラクト機能を引き継ぎながら、ハッキング対策をより重視しているところです。 イーサリアムクラシックの将来性 イーサリアムクラシックは、イーサリアムとは違ったアップデートを進めています。 現状では処理能力を高めるためのサイドチェーンが実装されています。 もともと知名度は高い通貨なので、今後も継続的にアップデートが行われていけば人気が維持されると考えられます。 リスクの特徴 リスクの特徴として「サイドチェーン」という新しい仕組みがあります。 サイドチェーンはリスク本体のブロックチェーンから切り離しができるブロックチェーンにスマートコントラクトを記述する仕組みです。 このことでセキュリティが強化され、DAppsプラットフォームとしての実用性が高まります。 リスクの将来性 スマートコントラクトを使ったDAppsにはかなりの需要があると考えられます。 リスクはイーサリアムとよく比較されますが、現状では知名度はイーサリアムの方が圧倒的に上です。 今後、リスクもDAppsのプラットフォームとして知名度が高まっていけば、通貨の価格も上がっていくでしょう。 ファクトムの特徴 ファクトムの特徴は書類などのドキュメントを保存できるところです。 想定される用途は、たとえば土地や保険、証券などに関する書類を保管したり記録したりすることです。 ファクトムの将来性 ファクトムは日本での知名度はそこまで高くありませんが、海外では大きく注目されています。 ブロックチェーンという改ざん不可能なシステムに重要な書類を保管したり、情報を記録できることから、実社会で幅広い用途が期待されています。 モナコインの特徴 モナコインはライトコインをベースにした決済用仮想通貨で、 後発のアルトコインなのでビットコインより決済の処理能力が高いのが特徴です。 2ちゃんねるのキャラクターがモチーフになっていますのでユーモアがあり日本人の愛好者が多いのも特徴です。 モナコインの将来性 モナコインは実用性の高い決済用通貨なので、実店舗で決済用通貨として普及すれば価値が高まっていくでしょう。 インターネットと親和性が高いので、コンビニや飲食店などよりも、オンライン決済やSNSでの投げ銭用途で使われるようになる可能性があります。 コインチェックの取り扱い通貨まとめ コインチェックの取り扱い通貨は11種類あり、日本の仮想通貨取引所では最多です。 国内の他社取引所であまり扱われていないコインとして、ファクトムやステラルーメンが買えるのはメリットとなるでしょう。 リスクやネム、モナコインについても、国内では扱っている取引所は限られています。 これらすべて一つの取引所で買えるのは、コインチェックならではのメリットです。 どの通貨も販売所形式で扱われていますので、簡単に買うことができ、まとまった数量の売買もすぐに注文が通ります。 アルトコインに興味がある人は、コインチェックの登録を検討してみてはいかがでしょうか?.

次の

コインチェックの評判は?メリット・デメリットや買い方、運営会社まで解説

コインチェック 種類

コインチェックの口コミ・評判について知りたいウホォォォォォォォォ ゴリ美ちゃん これから仮想通貨を購入する方は、取引所の口コミや評判について非常に気になるでしょう。 コインチェック Coincheck はスマホアプリが非常に使いやすくて人気な取引所です。 ただ2018年1月には「NEM流出事件」なども起こっているので、 安全性に関しては不安に思う方も多いのではないでしょうか? 結論言ってしまうと、 今のCoincheck コインチェック はセキュリティが大幅に強化されており、ユーザーからも良い評判がたくさん見受けられています! 間違いなく、初心者が最初に登録するのにピッタリな取引所です。 今回は、実際にCoincheckを長年利用している「ゴリわか編集部」が、ユーザーリアルな口コミ・評判を厳選しましたのでご紹介いたします。 Coincheck コインチェック ってどんな取引所なの? 会社名 コインチェック株式会社 親会社 マネックスグループ株式会社 東証一部 8698 会社設立日 2012年8月 本社所在地 渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F 代表取締役 勝屋 敏彦 Coincheck コインチェック は2012年8月に設立された会社で、2014年から仮想通貨交換業を行っています。 スマホアプリの使いやすさ・手数料の安さが評判を呼んでおり、 仮想通貨が流行りだした2017年〜2018年頃から、たくさんの仮想通貨トレーダーの支持を受けています。 Coincheck コインチェック は2018年1月にハッキング被害を受けており、その後 東証一部上場企業の「マネックスグループ株式会社」に買収されています。 ネット証券などを運営しているマネックスグループの傘下に入ったことで、 セキュリティレベルは大幅に向上。 2019年1月には、金融庁から「仮想通貨交換業者」として認可を受けるまでに、信頼を回復させていますよ! 2019年7月にはモバイルアプリダウンロード数「250万」を突破しており、 登録者数はグングン上昇しています。 モネロ XRP• ダッシュ DASH• ジーキャッシュ ZEC• オーガー REP 2019年6月には 10種類目の通貨である「モナコイン MONA 」の取り扱いが開始され、大きく注目を浴びました。 モナコイン MONA を取り扱っている取引所は国内でも非常に少ないので、ありがたいですね。 名前も聞いたことがないコインがほとんどだと思いますが、 アルトコインはビットコインにはない特徴や機能を持っており、それぞれが独自の価格で売買されています。 中にはこの1年で40倍以上値上がりしたアルトコインも存在していますよ! Coincheck コインチェック なら、ビットコイン以外のアルトコインを知るきっかけになり、他の仮想通貨への知識も深まります。 他の取引所と比較しても、通貨数はCoincheckがダントツですね。 Coincheck コインチェック のコイン売買方式は「板を使ったトレード」ではなく、「 店頭での販売」のようなものです。 コインチェックが提示する価格を見て、 希望数量を入力すればすぐにコインを購入できます。 百聞は一見にしかず、ということで、具体例を見てみましょう。 下のキャプチャは コインチェックのホーム画面です。 コインの一覧が表示されており、その横にそれぞれのコインの価格が表示されています。 コインを買う場合は、買いたいコインのロゴをクリックします。 すると上の画面のようになるので、購入希望数量を入力し、支払う料金を確認後、「購入する」をクリックすれば購入手続きは完了です。 すぐに自分の口座に結果が反映されます。 一連の流れの中にチャートなんか出てきませんでしたよね。 このように、 シンプルに操作できるのがコインチェックが初心者に人気な理由です。 日本円の入金もネットバンキングを使えば数分で済みますので、銀行に行かずとも簡単に入金を行うことができますよ! スマホアプリも上記のように非常に見やすく、スマホから簡単に仮想通貨の価格を確認することができます。 取引手数料はトレードを行うたびに必要になるので、取引コストを大きく削減することができますね。 コインチェックでんきを利用することで、よりおトクに電気料金を支払うことが可能になります。 申し込みはコインチェック公式サイトからでき、 現在の電力会社との解約手続きや新しいメーターの設置などの作業は全てコインチェックが行なってくれます。 電力会社の乗り換えを検討しているなら、コインチェックでんきの利用を考えてみましょう! 独自サービスとして「貸仮想通貨サービス」を展開 Coincheck コインチェック は「 貸仮想通貨サービス」というものも展開しています。 レンディングとは「貸与」という意味で、文字通り コインチェックに保管している自分のコインをコインチェックに貸し出すことで、一定の利子を受けられるサービスです。 仮想通貨を預けているだけで報酬がもらえるので、固くコツコツ増やしたい方にはオススメです。 貸し出し期間中はコインの売却ができなくなりますが、しばらく売却する予定がないならレンディングしてしまうのもアリだと思います。 お金に働いてもらっちゃいましょう! 仮想通貨の貸出期間に関しては、以下の4パターンから選択することが可能ですよ。 ハッキング事件の後にマネックスグループに買収され、経営が移管されました。 マネックスグループはもともと「マネックス証券」などの金融業を行っていたこともあり、万全のセキュリティ体制を誇っています。 最近でも、取引所へのハッキングはしばしば見受けられていますので、 運営元がしっかりしている取引所を選ぶのは非常に重要です。 Coincheck コインチェック はこのスプレッドが若干広めに設定されていますので、十分に注意しましょう。 スプレッドは売買を行う度に取られますので、 短期トレードを中心に行いたい方は、比較的スプレッドが狭い「取引所形式」を採用している業者を利用しましょう! 取引所形式を採用していてスプレッドが狭い国内業者は、圧倒的に「 TAOTAO」です。 現物取引のみの取り扱いですので、レバレッジをかけて大きく利益を狙いたい方には不向きと言えるでしょう。 さらに、レバレッジ取引に対応しているのは「ビットコインのみ」ですので、アルトコインのレバレッジ取引を行うことはできません。 まだ申請中の企業も多いだろうし、これからの動きにも期待したいですね。 — こぺる coperu100 Coincheck コインチェック は2018年1月、 外部からのハッキングを受けて「約460億円」の資金が流出しています。 現在はマネックスグループによって買収され、安全性・セキュリティは大幅に強化されていますが、ハッキングの過去を引きずったまま認識している方も多いでしょう。 まあ初心者の場合使いやすいしな。 かんたんに設計されていますので、これから仮想通貨を購入する方に非常にオススメです! ワンタッチで仮想通貨を購入できるので、取引タイミングも基本的に逃すことがありませんよ! ハッキングされたのに復活したのはスゴい ハッキングがあって資産戻ってくるなんて当たり前じゃないし、海外の取引所じゃCEOが真っ先に「全部返すのは無理」ってツイートしとるところもあった。 ドン底から復活して、堂々と仮想通貨交換事業者として営業できるようになったコインチェックってほんとすげー。 素直に喜ぼうよ。 コインチェックのNEM流出事件では、約460億円相当の資金が外部に流出しました。 多額の資金が流出したにも関わらず、 Coincheckはなんとその全ての金額を顧客に補償しているんです! やはり一部上場企業である「マネックスグループ」が親会社になった影響は大きいのではないでしょうか? 手数料が無料! 取引所ならコインチェックは手数料無料なので値段そのまま取引できるから少額の差でも黒字なら取って行きやすい — ろすえる Dr. 異次元LIMBO Morbegno77777 というのもFX使ってるうちは現物手数料0. 取引手数料はトレードを行う度に必要になりますので、 無料だとコストを大きく削減することが可能ですね。 ハッキング以前は「コインチェック株式会社」によって運営されていましたが、 買収されてからはマネックスグループのメンバーがコインチェックの経営に携わる形になっています。 コインチェック株式会社で代表取締役を努めていた「 和田晃一良さん」などは、執行役員として参画していますよ! 大資本や、優れたセキュリティノウハウを持った会社がバックに付いたことで、ユーザーの安心感が高まっているようです。 貸仮想通貨サービスの利率が高い 今日気づきましたが、仮想通貨取引所の貸仮想通貨サービスって良いサービスですね。 日本円にとっての定期預金みたいなサービス。 途中解約がほぼ出来ない。 とにかく強制的にガチホするには、良いかも。 coincheckが潰れることはよもやあるまい、ということにして。 — マタドール FXtradenote コインチェックの行っている貸仮想通貨サービスの評判がかなり良く、「 銀行より利率が良いから、長期保有なら良いかも!」という声がたくさんありました。 確かに、銀行に預けたとしても利率は微々たるものですが、コインチェックの貸仮想通貨サービスなら、年利換算するとなんと「5%」と非常に高いです! 仮想通貨の長期保有を行う場合、貸仮想通貨サービスを行えばコンスタントに儲かるのかもしれませんね。 個人アカウントなので、雑談や仮想通貨に関することを呟いていることが多いイメージですね! 今でも仮想通貨業界で影響力を持つ1人ですので、気になる方はフォローしておきましょう! Coincheck コインチェック の悪い口コミ・評判は? どんなネガティブ評判があるのかウホォぉ ゴリ美ちゃん スプレッドが広い ワイはコインチェックのスプレッドの具体的な数字については口を閉ざすことにしている。 マーケットの流れの予測はだいたいあってたし、後は乗り方を少し変えないといけないなぁ。 しかしその反面「スプレッド」が広めに設定されているので、短期売買を繰り返す方は注意が必要です! スプレッドは取引を行う度に必要になりますので、特に短期トレードを繰り返す場合などは、要注意です。 ハッキング事件が心配 ネムの事件からコインチェック怖いんだけどもう大丈夫? — 八重やえ hachieyae コインチェック大丈夫・・?? xemんときと同じ雰囲気がしますけど・・・ — Peko BTCFX Taka29631567 「 過去にハッキング事件があったから、ちょっと怖いな…」という口コミ・評判も見受けられています。 多額の資金が流出した事件ですので、ユーザーの記憶には強く焼き付いていることでしょう。 ただし先述した通り、 Coincheck コインチェック はマネックスグループに買収されており、金融庁からの認可も受けています。 以前と比較すると、圧倒的にセキュリティが強化されたのは間違いありませんので、 安心して利用することが可能ですよ。 ですので、 レバレッジ取引で大きなリターンを狙いたいユーザーにとっては不向きです。 再開したとしても、もともとレバレッジ取引に対応しているのは「ビットコイン BTC 」のみですので、アルトコインにレバレッジをかけることはできません…。 レバレッジ取引をメインで行いたい方は、7種類の通貨のレバレッジに対応していて取引手数料無料な「」を利用するのがオススメですよ。 コインチェック Coincheck の評判まとめ 今回は「 Coincheck コインチェック の口コミ・評判」に関してまとめました。 本記事の内容をざっくりとまとめました。 サイトデザインが優秀で、 特に 初心者にオススメな取引所• 国内最多の取り扱い通貨数「11種類」を誇っており、色々な通貨を取引できる• ハッキングされた過去があるが、 今では金融庁からしっかりと認可を受けており、安全に利用可能• スプレッドが広いのがネック。 短期売買を行う際は十分に注意するべき Coincheck コインチェック は、これから仮想通貨を始める方にはピッタリの取引所。 取引手数料も無料な上、取り扱い通貨も多いので、初心者から上級者にまで幅広く利用されています! 東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っているので、 信頼性・安全性を総合的に評価しても、やはりCoincheck コインチェ ック が最もおすすめですよ!.

次の