化学 調味 料 放送 禁止 用語。 化学調味料とは

化学調味料とは?結局、安全なのか、危険なのか?その真実に迫る!

化学 調味 料 放送 禁止 用語

この質問に対して参考になるかは分かりません、下記のような事情があるようです。 つまり宣伝に繋がるような行為は避けるというもののようです。 一方で法83条2項では「放送番組編集上必要であつて、かつ、他人の営業に関する広告のためにするものでないと認められる場合において、著作者又は営業者の氏名又は名称等を放送することを妨げるものではない」とも規定しており、必ずしも企業名や商標等の放送が一律に禁じられているわけではない。 これは他の回答に挙がっている商標権侵害の問題では無くて、宣伝の禁止のようです。 この両者は別の問題です。 法制度の話をすると、商標は商品名やサービス名のようなブランドとして使用するものですので、番組内で言うことは商標的使用に該当せず、今でいうと商標法26条に定められた例外規定に該当します。 例えば、商品や商品パッケージに使われている文字であっても、商標として使用されていないような単なる飾り文字や説明語句などは商標権侵害の対象にはなりません。 逆に言えば、商標権侵害で無いことは宣伝で無い事を意味しません。 [追記] ところで伏字はあまり意味がありませんよ。 「意味のない伏字を使う人 - 教えて! goo」参照。 50年くらい前でしょうか。 味の素の社員(技術開発)が石油から味の素をつくる 遊びの実験に成功しました。 もちろん、食べても問題ないレベルですが、いかんせん 石油からつくった食べ物なんて誰も口にしたくはありません。 無論、発売はされず、従来通りとうもろこしから作ってます。 しかし、ネットのない時代でもこの噂は広がり 味の素は石油からつくられているから体に悪いというデマが 流れました。 当時、小学生でも知ってました。 化学調味料なんてありがたくもない名前をNHKがつけたのも この頃であります。 これを未だに信じている人もけっこういます。 それを逆手に取って無化調を謳いそれを売りにしている ラーメン店とかありますね。 しかし、こっそり味の素を使っていると思いますよ。 でなければ、美味いラーメンは出来ません。

次の

放送禁止用語30選!現代では使えない下ネタや差別用語一覧!

化学 調味 料 放送 禁止 用語

本来でしたら「アミノ態窒素」と言わねばなりません。 そのものズバリ!接触法で石油から造られるからです。 昔、「麦からビール。 サトウキビから〇の〇」なんて広告をしていました。 良く良く考えると、(やろうと思えば)出来るという話で、それで造っているという話では有りません。 この辺りの狡すっからい所が流石です。 (発酵法)グルタミン酸大手の協和発酵も今は売られてキリンです。 南朝鮮から大量に接触法のグルタミン酸が輸入されておりましたね。 「アミノ態窒素」には気を付けましょう。 化学調味料の広告。 「ミタス。 ミタス。 と言いました丸(マル=。 )」・・・・旭化成。 流行りましたこのフレーズ。 「おで~でんでん。 みそ汁しるしる」・・・・「いの一番」だったかな。

次の

化学調味料の種類とその危険性。食品に表示される成分名を徹底調査

化学 調味 料 放送 禁止 用語

ことし2月に『三省堂国語辞典』の編纂者・飯間浩明さんが、千原兄弟のせいじさんと「異種格闘技的トークショー」を大阪で開いたので、聞きに行きました。 その時に出た話で、飯間さんがいつも行っている街中での「ワードハンティング」に引っかかった言葉に 「ムテンカ・ムカチョウ」 という言葉があったというのです。 私は全然知らなかった言葉です。 これは、 「無添加・無化調」 つまり、 「無添加・無化学調味料」=「化学調味料を使っていない」 ということを「ウリ」にしている店だということで、東京でも大阪でもこの看板を目にしたことがあるそうです。 そうこうしていると、そのすぐあと(2月)に開かれた新聞用語懇談会放送分科会で、朝日放送テレビの委員から、 「『化学調味料』という言葉をどう扱っているでしょうか?」 という質問が出ました。 「化学調味料」という発言が生放送でゲストや出演者からあった場合、ABC 朝日放送テレビ では、社員アナウンサーが速やかに、 「『うま味調味料』のことですね」 と一言、はさんでいるそうです。 その会議での各社の意見は、以下の通りです。 (NHK)うちは(スポンサーが付かないので)その心配はない。 少し調べたが、「味の素」などが中心の業界団体も最初は「日本化学調味料工業協会」だったのが、1985年に「日本うま味調味料協会」に名称変更した。 umamikyo. html 1990年に「日本標準商品分類」(現・総務省管轄)]が、1993年に「計量法」(現・経済産業省管轄)が、2002年には「日本標準産業分類」(総務省管轄)が「うま味調味料」の表記を採用し、現在では各種法令等もこの表記を採用している。 「きょうの料理」という番組では「うま味調味料」と表現すると決めている。 ただ「化学調味料」という表現を使わざるを得ない場合もある。 その場合には「化学」を取って単に「調味料」だけにしていることも。 (日本テレビ)スポンサーが重要なので、「化学調味料」という言葉は使わないように、毎年1回は注意喚起をしている。 タレントが口にしてしまったら、マネジャーを通して注意してもらう。 しかし伝わらないこともあるが・・・。 (TBS)ルールとして「化学調味料」は「うま味調味料」に言い換える。 生放送のスタジオで言ってしまったら、すぐフォローする。 「言い換え」は、明文化はされていない。 (フジテレビ)「化学調味料」という言葉は、使ってはいない。 しかし生中継でラーメン店の店主が言ってしまうとかの場合の「フォロー」までは決めていなかったので、「うま味調味料のことですね」というフォローの仕方は参考になった。 (テレビ朝日)「うま味調味料」に言い換える。 これは「ハンドブック」に1項目立てて載せている。 たとえ言い換えても「うま味調味料を使っていないので安全」「うま味調味料を使わないのがウリ」などの表現もNG。 ラーメン店店主が言ってしまった場合は、アナウンサーがフォローするように言っている。 (テレビ東京)2015年に「化学調味朗」と放送に出てしまったことがあり、2017年に系列各局に「『うま味調味料』という表現の使用のお願い」という資料を配布した。 ゲストが言ったり、お店の人が言ってしまった場合にはフォローする。 (テレビ大阪)系列局のみならず、グループ以外の制作会社にも資料を配った。 (毎日放送)厳しい研修を受けたことがある。 お店の人が「化学調味料、使ってないから」と原稿に出て来たのを、そのまま読んでしまったアナウンサーがいた。 (関西テレビ)うちはまだ、そういう例はない。 「味の素」「ハイミー」という商品名は「うまみ調味料」に言い換えることになっているが「化学調味料はダメ」という意識はなかった。 (読売テレビ)関西ローカル番組で、アナウンサーがVTRの中で「化学調味料」と言ったのを家でテレビを見ていて気付いたが、特におとがめはなかったようだ。 (読売テレビ)報道の原稿データベースで調べてみたところ、過去10年で5回「化学調味料」が出て来た(2011年=1回、12年=1回、15=2回、18年=1回)。 その全てが「化学調味料は使わずに作っています」という文脈だった。 (読売テレビ)つい先日、「三省堂国語辞典」の編集者・飯間浩明さんのトークライブに行ったところ、飯間さんの街中での「ワードハンティング」に引っかかった言葉に「ムテンカ・ムカチョウ」という言葉があったという。 これは「無添加・無化調」、つまり「化学調味料を使っていない」ということを「ウリ」にしている店だということで、東京でも大阪でもこの看板を目にしたことがあるという。 (WOWOW)「ラーメン業界」では「無化調」は当たり前の言葉。 店の人が「ウチは無化調だから」と言うので気を付けないといけない。 「地上波番組」では使っていないが、「インターネットテレビ番組」では「無化調」は、バンバン出て来ている。 (共同通信)「化学調味料」がダメというのは「記者ハンドブック」には記載していないが、1990年代半ばから「うま味調味料」という表現にしている。 「味の素」は「商品名だからダメ」というのは載せている。 (ABC)今回は、すぐに「うま味調味料」と対応すればよかったのだが、すぐにはフォローできず、同じ番組の後の方で「先ほど番組内で『化学調味料』と言ったのは『うま味調味料』のことでした。 失礼しました」と訂正を入れたところ、メーカーのほうから「そこまで丁寧に繰り返して『化学調味料』と言わなくても。 」と言われた・・・。 (読売テレビ)「特定商品名」ということで言うと、うちも先日「油性マジックが落ちる」というシャワーヘッドを紹介した。 放送前に「マジック」は商品名なので「油性ペン」に直したが、ディレクターは「『マジックインキ』は特定商品名だと知っていたが、『マジック』は使ってもいいと思っていた」と話していた・・・。 というような意見交換がありました。 実は、これに先立つ2年前に、秋田で開かれた新聞用語懇談会春季合同総会でも、同じような質問がテレビ大阪の委員から出ていました。 『先日番組で「化学調味料」という表現を使ったら「日本うま味調味料協会」から「『化学調味料』は使わないように」と抗議を受けた。 1990年ごろに「味の素」が「化学調味料」を「うま味調味料」に表記を変えたようだが、この件で抗議を受けたりした社はありますか?』 というもので、これに対する各社の意見は、以下の通りでした。 これは、1995年1月1日施行の「統計法」の規則の「表記変更」に伴うもの。 (新聞協会・用語コンサルタント)その変更の文章は、当時、私が書いた。 理由は(1)「統計法」規則の表記変更(2)放送界では「うま味調味料」が定着しているから。 また業界団体は「日本うま味調味料協会」で「うま味調味料」という表記を用いている。 しかし情報系の生番組(ワイドショー)で、コメンテーターが、「これ、化学調味料を使ってないから、おいしいね」などと、褒めるつもりで言ってしまったりすることはある。 そういう場合は番組内で「お詫び・訂正」をする。 以下、「日本うま味調味料協会」のサイトより抜粋です。 ~「化学調味料無添加」についての協会の考え~ 「化学調味料」という用語は、昭和30年代に料理番組等で特定の商品名と区別するために使われ始めましたが、現在では、JAS法など行政上の定義は存在せず、不明確な用語になっています。 協会では「化学調味料不使用(無添加)」表示は、あやふやな用語で、皆様に誤ったイメージを抱かせる表示として問題意識を持っています。 また、皆様に正確な情報を伝え、適切な商品選択に役立てることを目的とした食品関連法規の精神・趣旨にも反していると考えます。 で、そうこうしていたら先週、飯間さんのように私も「無添加・無化調」を見つけてしまいました! 大阪の堺筋本町。 これがそうです! もしかしたら、「無化調」は、ことしの「流行語大賞」になるかも? (2019、7、10) 2019年7月11日 17:41.

次の