簡易水洗トイレ 費用。 簡易水洗トイレの汲み取り料金がずっと高いです。

汲み取り式トイレを水洗式トイレに変更する金額は?助成金も

簡易水洗トイレ 費用

田舎のトイレって、どんなものかイメージできていますか? 物価の高い東京から、物価の安い田舎に移住する人が増えています。 また、物価だけでなく、田舎ならではのスローライフに憧れている人も多いと思います。 田舎に移住と聞くと50代や60代を想像する人が多いですが、最近は30代くらいの若い方が移住されることも増えました。 移住となると色々な物件を見られていると思いますが、意外と気にされているのが「田舎のトイレがどんなものなのか」です。 田舎のトイレと聞くと、いわゆる「ぼっとんトイレ」を想像される人がいますが、実際のところどうなのでしょうか? 今回は、田舎に移住する人が気になる「田舎のトイレ」に関するトイレ事情をご紹介したいと思います。 田舎のトイレは「ぼっとん」式? 都会から田舎に移住される人が意外と心配しているのが、「田舎のトイレって、ぼっとん式?」ということ。 知らない人のために説明すると、「ぼっとんトイレ」とは便器と便槽(便が溜まるタンク)が繋がっているトイレです。 排泄物が下水に流れずタンクに溜まるので、トイレが臭くなったり、衛生面で水洗トイレに劣るといったデメリットがあり移住者に不人気のトイレです。 田舎といっても地方都市などのように人の多い地域であれば、公共下水が整備されているので「ぼっとんトイレ」に出会うことはほぼありません。 (出会った場合は水洗トイレにリフォームしなければなりません。 ) 反面、山奥や電車の通っていないような人の少ない「朝ドラに出てくるような田舎」への移住を検討している場合は「ぼっとんトイレ」に出会う確立が跳ね上がります。 しかし、そんな朝ドラに出てくるような田舎であっても、あなたが想像しているような「ぼっとんトイレ」とは少し違っているかもしれません。 そもそも「ぼっとんトイレ」とは?仕組みはどうなってるの? 名前は聞いたことはあっても、実際の仕組みを知らない人が多いと思います。 最近のトイレは、汚物を水で流しそのまま下水や浄化槽へと流れていきます。 しかし汲み取り式トイレの場合、汚物をそのまま便槽と呼ばれるタンクに貯める仕組みになっています。 貯めこまれた汚物は、定期的に業者に依頼してバキュームカーで吸引する必要があります。 この汲み取り式トイレの最大の欠点であるのが臭いですが、これを軽減できる簡易水洗式トイレという種類もあります。 仕組み自体は普通の汲み取り式トイレと変わりませんが、便槽との接続部分を水で塞ぐことで臭いを抑えることができます。 トイレの種類と移住前に知っておきたいプチ情報 ここで、一旦トイレの種類についてご紹介しておきたいと思います。 トイレを排泄物の処理方法別に分けると、下記の4つの種類に分けられます。 【トイレの種類】• それぞれの説明や、移住前に知っておくと得するプチ情報をご紹介します。 完全水洗トイレ これが日本で一番使われている、一般的なトイレです。 トイレ使用後は、水を流して排泄物を下水に流すことができるので衛生面が優れたトイレです。 封水もあるので、虫や悪臭が昇ってくることもありません。 ただし、下水道が整備されていないような地域では使いたくても使えないといった事情があります。 費用が高くなるときは『簡易式水洗トイレ』という選択肢もある また、下水道を引くための工事は費用が高額なため、補助金が出る地域であっても設置をためらう人が多いトイレです。 そのため、水洗トイレの設置が難しい場合は簡易式水洗トイレを設置するといった方法を取ることがあります。 簡易式水洗トイレ 簡易式水洗トイレと、名前に「水洗」と付いていますが分類としては「ぼっとん式トイレ(汲み取り式)」の仲間です。 簡易式水洗トイレは、ぼっとん式トイレに水が流せる専用の簡易トイレをくっつけたトイレのことです。 ぼっとん式トイレと同じように汲み取り式なので便槽に便が残りますが、便器に座れること、水を流して便器本体を清潔にでき、悪臭が昇ってこないので代替策として人気です。 座れるようにするだけの便器(便座)もある とくにぼっとん式で問題ないという人は、「ただ座れるようになるだけの便器(便座)」もあります。 「昔に済んでいた家がぼっとん式だったから、特に抵抗はない」という方で、なるべく費用を抑えたい人はそういったものを使うのもいいでしょう。 ぼっとん式トイレ これが、都会からの移住者に不人気の「ぼっとん式トイレ」です。 汲み取り式トイレと同じものです。 ただ、昔と違ってぼっとん式トイレに洋式便器を設置して座れるようにしているご家庭もあります。 簡易式水洗トイレと見た目が似ていますが、水が流れない、臭いが昇ってくるといった点が違うので注意しましょう。 悪臭だけでなく『虫』の発生にも注意 悪臭がひどい場合は、ふたを設置したり、消臭剤を置くといった対処方法がおすすめです。 特に怖いのは、ふたをしていないと便器の中に害虫が侵入して自分が用を足しているときに虫が飛び出てくることです。 「ゴキブリ」が出てくることもあるので、ふたをしておくことをおすすめします。 コンポスト式トイレ 家庭で出る生ゴミを分解して肥料に変える「コンポスト」が、トイレになったものです。 トイレの中におがくずなどが入っていて、排泄物を微生物が分解して肥料にしてくれます。 コンポスト式トイレも色々な種類があり、電気を使うタイプや使わないタイプ、設置工事が不要なタイプと必要なタイプと様々です。 田舎で徹底した自給自足・エコライフを送りたい人に人気があります。 田舎に移住する前にチェックしたいトイレの話 田舎のトイレ事情や、トイレの種類などを再確認していただいたところで、あらためて田舎に移住する前にチェックしたいトイレの話をご紹介しておきたいと思います。 移住物件のトイレは必ず現地で確認する 最近はネットを使うと、物件の内装や周りの環境などをある程度チェックすることができるようになりました。 これで、移住する物件を探すのが非常に楽になり、人によってはネット情報だけで即決する人もいます。 しかし、実際に現地で確認しないと分からないことがあります。 見た目が洋式便器でも水洗式とは限らない 特にトイレについては、見た目が洋式便器だから今使っているトイレと同じ水洗式トイレだと思っていたら、「不人気のぼっとん式トイレだった」ということもあります。 物件情報にトイレの細かい種類がかかれていないので、電話で聞いたり、実際に現地で状態を確認するといった行動が大切です。 お金があっても水洗トイレに出来ないこともある お金に余裕があっても、下水道が整備されていない地域では水洗トイレを設置できません。 下水がなければ水洗トイレを設置できないので、よくて簡易式水洗トイレを設置することになります。 簡易式水洗トイレはぼっとん式トイレに比べると衛生的ですが、水洗トイレと比べるとやはり劣ります。 ちょっとした違いですが、長く住むのであればこの違いは十分に検討した方がいいでしょう。 必ず水洗トイレにしないといけない地域もある お金をかけても水洗トイレを設置したい人とは反対に、できる限り費用を抑えて移住したいという人もいるかと思います。 そういった人も、移住する物件のトイレの種類をしっかりと確認しなければなりません。 下水道が整備されている地域では、水洗トイレの設置が義務化されています。 しかし、誰も住んでいない空き家などでは水洗トイレへの交換がされておらず、次の買い手が自費で水洗トイレに交換しなければなりません。 地方の自治体で田舎への移住を支援している自治体では、空き家を紹介して貸し出すといった活動をしていますが、空き家のトイレが水洗式トイレなのかどうかはしっかりと確認した方がいいでしょう。 不明点がある場合は、自治体にトイレの交換にかかる費用や下水道の整備がどうなっているのかなどを聞いてみると安心です。 田舎に移住する人が知っておきたいトイレ事情まとめ 最後に、今回紹介した田舎に移住する人が知っておきたいトイレ事情をまとめておきたいと思います。 ・必ずしもぼっとんトイレという訳ではない• ・お金があっても水洗トイレに交換できない地域がある• ・簡易水洗トイレならぼっとん式よりも衛生的• ・移住する物件のトイレは実物を確認する• ・水洗トイレに必ず交換しなければならない地域もある テレビなどでは田舎移住の利点ばかりが挙げられていますが、移住を成功させるためにはしっかりとした下調べ、準備が不可欠です。 特に、トイレは毎日使う場所で我慢ができないものなので、じっくり検討された方がいいでしょう。 「水洗トイレの水漏れの修理はしてもらえますかね?手を洗うところと便器の中がちょっと水が流れている感じなんですよね。 」としっかりとした口調ですがやや不安そうな様子でお電話を頂きました。 広島市安佐北区落合南のご地域がお困りの現場とのことで、そちらにご訪問ができる作業員をお調べしました。 17時頃に到着ができますとお伝えして、ご了承いただけましたので、作業員を現場に向かわせました。 受付日時 2020年5月20日 15時00分頃 受付担当 皆川 担当より一言 お客様のお困り事を、早く、正しく把握できるよう心がけております。 様々なトラブルに対応しておりますので、お困りの際はぜひお電話をお待ちしております。

次の

汲み取り式トイレを水洗式トイレに変更する金額は?助成金も

簡易水洗トイレ 費用

トイレは人の日常生活において必ず必要になる設備です。 現在日本で使用されているトイレの多くは水洗式で、排泄物を水圧で押し流して浄化槽へ押し流す方式になっています。 水洗式は衛生面で優れている他、近年はウォシュレットに代表される洗浄機能があるものまで登場しているのですが、いまだに旧式の汲み取り式トイレを使っている地域も多いものです。 汲み取り式はトイレとしての機能は十分に果たせるのですが、ウジやハエの繁殖場所になったり、菌の増殖や臭いの問題があったりと、水洗式に比べると衛生面の問題が出やすくなります。 汲み取り式は定期的な汲み取りも必要で、便槽の大きさにもよりますが、1回の汲み取りで2,000円から4,000円が必要です。 色々な面で水洗式よりもお金や手のかかる汲み取り式ですが、リフォームという手段を使えば汲み取り式トイレから水洗トイレに変更する事が出来ます。 汲み取り式トイレと水洗トイレの仕組み 汲み取り式トイレから水洗トイレに変更する事は、汚水と雨水を分けて処理する事を意味します。 汲み取り式は下水に繋がっていないので、便槽と言われる「し尿」を貯めておく場所から、定期的に貯まった「し尿」を汲み出す必要があります。 汲み取り式トイレの住宅の場合は、トイレ自体に下水が関わらない独立したものなので、雨水と同じように生活排水もそのまま側溝に流します。 汲み取り式を使っている住宅の場合は下水を使用していないので、水道料金には下水道使用料がありません。 水洗式は便槽の代わりに、「浄化槽」というし尿をある程度きれいにするタンクのようなものを地下に埋設して、そこにトイレの排水を流し込んで、さらに下水へ流しています。 浄化槽を埋設する場合は、トイレの排水だけではなく、生活排水も浄化槽へ流し込む必要があるので、住宅から出る全ての生活排水が浄化槽で処理されて下水へと流れていきます。 トイレの水洗化は側溝に流れる水が雨水のみになるので、トイレを水洗化するという事は「雨水」と「生活排水」を分けるという意味を持っています。 トイレを水洗化した場合は下水を使用するので、下水道使用料が掛かります。 トイレを水洗化する場合は、この雨水と生活排水を分けるという部分が水洗化の障害になる事もあります。 その為、汲み取りトイレから水洗トイレへ変える時は2つの選択肢を考えておかなければなりません。 汲み取り式から水洗トイレにする場合の種類 汲み取り式トイレ水洗トイレに変更する場合は、浄化槽を埋設して行う完全な水洗化と、浄化槽を使わない簡易水洗化の2種類があります。 浄化槽を設置して汚水を下水へと流す「完全な水洗化」 リフォームで行える汲み取り式の水洗化の中でも、一番の目的となるのが「完全な水洗化」です。 完全な水洗化は、浄化槽と言われる中を仕切られたタンク状の大きな容器を地下に埋設し、その中に配管を通してトイレの排水と生活排水を流します。 浄化槽の中には微生物が入っているので、ある程度汚水の汚れは浄化され、固形物は微生物が分解して泥になり浄化槽の底へ沈みます 微生物が処理した汚水は、上澄みだけが下水道へ流れてき、最後には汚水処理場できれいに処理されて川などへ流すことで汚水処理は終わります。 環境に対する配慮や衛生面の問題から汲み取り式トイレの完全な水洗化には、この浄化槽が絶対に必要で、住宅全ての汚水を浄化槽へ導く配管が必要になる他、浄化槽を埋設する場所が必要です。 また、工事も大がかりなものになります。 汲み取り式トイレは一度解体する事になるので、住宅の構造や私有地の広さ、インフラで整備された電気や水道などの設備の場所によっては、水洗化の心臓部でもある浄化槽が埋設できません。 また、配管を通す事ができない事もあるので、条件次第では水洗化が不能である場合もあります。 完全な水洗化が不能であれば、もう一つの選択肢である「簡易水洗」という方式で疑似的な水洗トイレにすることが可能です。 簡易水洗の場合は完全な水洗化よりも条件が緩いので、ほとんどの汲み取り式トイレに導入できます。 水洗に限りなく近くなる「簡易水洗」 簡易水洗は内容としては汲み取り式と全く同じもので、便槽にし尿を貯めておいて定期的に便槽内のし尿を汲み取るというものですが、トイレ自体の機能は水洗とほぼ同じものです。 簡易水洗の場合は便器を洋式にする必要があるので、和式の場合はトイレをいったん解体する事になるので、工事が大掛かりになります。 元々洋式の場合は今の便器を交換するだけで良いのですが、交換する便器によっては和式からの簡易水洗化と同じように解体を伴うことがあります。 基本的にはあまり大掛かりな工事は必要なく、水を便器に流すための配管を通して、簡易水洗専用の便器に変えるだけです。 簡易水洗の特徴は、人の目に触れる部分はほぼ完全な水洗式と同じであるという所です。 トイレに水道管を通して水で流すので、水洗式と同じように衛生面で優れるほか、汲み取り式にありがちな臭いの問題も少なくなります。 ただし、汚物を便槽に貯めるという汲み取り式の基本的な構造は変わらないので、虫の発生を防いだり、定期的な汲み取りは行う必要があります。 簡易水洗の場合は、完全な水洗化とは違うのでよほどの事がない限り工事が出来ないという事はありません。 ただし、和式からの簡易水洗化の場合は家の構造などの問題で工事ができない事もあり得ます。 工事が出来ない場合は抜け道のような方法がとれる事もあるので、リフォーム業者に相談をしてみて下さい。 汲み取り式トイレを水洗化する時の費用と工事期間 汲み取り式トイレから水洗トイレ、または簡易水洗トイレにした時にかかる費用は、150万円から300万円ほどです。 汲み取り式からの水洗化工事は掘削や解体、再建築が必要な他、浄化槽も新たに購入しないといけないのでリフォームとしては小規模ですが、費用は多くかかります。 ただし、工事費用はリフォーム業者によって差があるので、業者選びをしっかりと行えば、安く水洗化工事を行う事もできます。 汲み取り式トイレから水洗トイレに変える時に掛かる費用 汲み取り式のトイレを水洗化する場合にかかる費用は、おおむね150万円~200万円前後です。 汲み取り式トイレを水洗トイレにする時に必要なのは、汲み取り用トイレの撤去、床の解体と再構築、古い配管の撤去と新たな配管を新しい導線で設置、新規トイレの設置という作業です。 ここまででおよそ100万円ほどですが、使用する素材次第ではさらに費用が増えます。 さらに、浄化槽の埋設と下水道工事で50万円から150万円必要になるので、水洗化に必要な費用は300万円を超える事もあります。 簡易水洗の場合は浄化槽を必要としないので便槽の処分なども不要なため、工事自体にかかる費用が少なく、ほとんどの場合で工事費用は100万円から150万円前後で収まります。 完全な水洗化に比べれば安いのですが、それでも大きな出費になります。 リフォーム工事にかかる期間 汲み取り式トイレを完全な水洗トイレにする場合、工事にかかる期間は長くて1週間程です。 工事内容によっては3~4日で終わる事もあれば2週間かかる事もありますが、特に問題が無ければ多くの場合で1週間程度で完了します。 簡易水洗化の場合は配管を総入れ替えする必要がないので工事期間は早くて5日程度、遅い場合は2週間程ほどです。 汲み取りトイレの水洗化に必要な工事期間はリフォームとしては短めですが、生活に多少の影響がでる事もあります。 短期間ですが生活環境としては機能を落とす事になるので、汲み取りトイレの水洗化を行う時は仕事や来客が多くなる時期を避けて下さい。 工事中にトイレは使える? 汲み取りトイレを水洗化している最中は、2日から3日の間トイレが使えなくなります。 工事の内容やリフォーム業者のスキルなどにも影響を受けますが、おおむね2日から3日だと考えておいて下さい。 その間のトイレはリフォーム業者が簡易トイレを設置するので、生活する上でトイレに困る事はありません。 ただし、設置する場所がないなどの理由で簡易トイレを設置できない事もあるので、その場合は自分でトイレを確保する事になります。 汲み取り式トイレを水洗化する際の注意点 汲み取り式トイレを水洗化する場合に知っておくべき事は、自治体によっては浄化槽の設置費用に対して補助金が出る事と、水洗化工事が出来ない時の理由です。 補助金は多くの自治体が交付していて、特に水洗化の進んでいない地域の地自体ではほぼ交付しています。 交付を受けられれば工事費用を少なくできるので、自分の住んでいる自治体が補助金を出しているかは必ず確認して、交付の申請をしておかないと不要な出費につながります。 汲み取りトイレの水洗化はリフォームの1種なので、時に工事が出来ない事もあります。 リフォーム全体から見れば小規模ではありますが、トイレを根本から変えるというのは想像以上に大がかりな作業が必要なので時に工事が出来ない事もあります。 自治体によっては補助金がある 浄化槽の設置に対しては自治体から補助金が交付される事があります。 交付される金額は自治体や埋設する浄化槽の大きさによって変わりますが、目安としては40万円から60万円ほどは交付されるようです。 自治体からの補助金は必ず工事が行われる前に申請する必要があるので、工事前に必ず自治体に確認をしておいてください。 リフォーム業者によっては補助金申請の方法を教えてくれる所もあるので、リフォーム業者に相談してみるのも良い方法です。 家の構造や下水の都合で工事が出来ない事もある 家の構造は家自体だけではなく、床下や壁の中にある配管、地下に埋設されている配管やケーブル類も含まれます。 これらは汲み取り式トイレを水洗化しようとした時に物理的な障害になってしまう事や、家の構造上配管を動かせない事があります。 そのため、現在の家そのものが原因で汲み取りトイレから水洗トイレへ変更する工事ができない事もあります。 よく見られる原因は浄化槽の埋設場所がない、配管の変更が難しい、家の耐久度が低くトイレの解体に耐えられないの3つです。 特に浄化槽の設置場所は地下に埋設されている上水道や電気、電話ケーブルに干渉する事があるので工事が出来ない原因になりやすく、代わりの方法も限られるので解決が難しい障害になります。 代わりの方法が取れるとしても、工事は出来ても費用が高く断念せざるを得ない状況になる事もあります。 また、過疎地域になると下水への配管が確保できない事もあるので、浄化槽関係の問題は起きやすいものです。 工事の可否はリフォーム業者次第で判断が分かれる事もあるので、見積りは複数のリフォーム業者で行う事をおすすめします。 汲み取りトイレから水洗トイレへのリフォームは、選択したリフォーム業者によってその結果が大きく変化します。 水回り全体に影響するリフォームになるので、トイレ関係のリフォーム実績の多い業者を選択した方が安全です。 トイレリフォーム工事は業者が違うとできる事とできない事があり、また費用も数十万円単位での差額が出る事も珍しくありません。 失敗しない汲み取りトイレから水洗トイレへのリフォームは、業者選びが大きく影響します、 決して安い費用でできる工事ではないので、信頼ができて技術も実績もあるリフォーム業者を探す事を目標にしてみてください。

次の

汲み取り式トイレから水洗トイレにするリフォーム費用と工期は?

簡易水洗トイレ 費用

浄化槽の設置については、浄化槽法(昭和58年第43号)によって定められています。 関係書類の届けや保守点検、清掃等維持管理などの細かい決まりがあるので、詳しいことは各自治体に問い合わせてみましょう。 また、自治体の指定業者に工事を頼むことで、価格も比較的安くなります。 ただし、各行政によって排水許可濃度が異なり、ごく稀に高い浄化槽が必要になる場合があるので、その場合は高額になってしまう可能性が高いです。 しかし、注意しなくてはならないのは、浄化槽の設置ができない環境の場合や、下水も遠過ぎて配管できないというケースがあるということです。 その場合には、リフォームを断念するか、簡易水洗トイレを選択するということになります。 新しいトイレを設置するときのポイント 浄化槽や下水への配管が無事に済み、電気工事も終わったという場合には、次は新しいトイレの設置になります。 ここでは壁や床の張替工事やトイレの取り付け工事、またはそれに付随する棚、ペーパーホルダー、扉などの内装工事が必要になります。 内装工事とトイレ選択 新しく水洗のトイレにリフォームする場合、ほとんどの家庭で洋式トイレを選択されています。 トイレにもグレードがあり、シンプルなものでは約10万円、多機能のハイグレードなものになると約60万円というものまで幅広い選択肢があります。 その中から希望の機種や、費用の範囲内の価格のものを選ぶことになります。 内装工事も壁紙、床素材、ペーパーホルダーや手洗いの設置など、各種バリエーションも多くグレードも幅広いので、予算の範囲内で納まるように計画しましょう。 総額費用の相場価格と工期について 実際の価格の相場はどれくらいになるのでしょうか?ここでは、浄化槽の工事を各自治体の指定業者に発注して約30万円で施工し、シャワー付き、暖房便座の一般的な洋式トイレの機種を選択したと仮定します。 解体から内装工事、便器取り付け、諸費用などの基本工事費が約25万円、その他ペーパーホルダーや棚などのオプションの費用が約10万円と、安く見積もっても相場は約80万円ほどです。 さらに便槽やその他の処分費用、またはハイグレードなトイレの選択や手洗いの設置などで100万円以上の費用がかかることも珍しくありません。 工期について 汲み取り式から水洗のトイレへ交換するリフォームは、かなり大がかりな作業や手続きが必要になるので、工期も長くて2カ月ほどかかってしまいます。 そのためその間は不便を強いられることになります。 通常は工事の間、簡易トイレを設置してもらって使用することになります。 少し不便ではありますが、快適なトイレにするためには多少の辛抱が必要だということも念頭に入れておく必要があるようです。 トイレリフォームに対応する優良な会社を見つけるには? ここまで説明してきたトイレリフォームは、あくまで一例となっています。 「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって 「大きく異なる」ことがあります。 そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず 「比較検討」をするということ! この記事で大体の予想がついた方はへ行きましょう! 「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」 「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。 」 そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。 大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、トイレリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。 一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。 後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!.

次の