八田原 ダム の 貯水 率。 ダムリアルタイム情報 留萌ダム

ダムリアルタイム情報 留萌ダム

八田原 ダム の 貯水 率

概要 [ ] 八田原ダムは中国が管理するで、堤高84. 9mのである。 芦田川の及びを始めとした備後経済圏に対する利水を目的としたである。 ダムによって形成されたは河川名を採って 芦田湖(あしだこ)と命名された。 芦田川の上流には少し規模の小さいがあったが、水需要が増大したことから大規模なダムが必要となり同ダムが建設された。 下流のを中心とする備後経済圏の工業用水と生活用水の確保と、洪水調整目的のために建設された。 に計画が着手されてから四半世紀という長い年月がかかった。 ダムの建設によって、八田原地区の住民55戸が移住したほか、1989年にも新しく掘削された八田原トンネル経由となり大きく迂回する経路に変更になったうえに、も廃止された。 、芦田川水系大規模氾濫時の減災対策協議会は、八田原ダムの事前放流に関する協定を管理者などと結んだ。 協定は、災害の教訓を踏まえ、大雨が予想される3日前から放流によりダム水位をさげる運用を可能にするもの。 周辺 [ ] 人造湖である芦田湖には、がかかっている。 この夢吊橋はケーブルをコンクリートで包み込んで床板とする単径間吊床版構造が採用されており、橋の支間長147. 6mはこの形式の橋では世界一長い。 また芦田湖に掛かる橋としてはの八田原大橋と井庄原大橋がある。 周辺には(芦田湖オートキャンプ場)などのキャンプ場が整備されている。 また、ダム下流のも同様に行楽地として整備されている。 府中発電所 [ ] 八田原ダムの建設によっての発電用重力式コンクリートダムであった宇津戸ダム(竣工、越流型動式コンクリートダム堤高22. 30m、堤頂長89. 00m、総貯水容量、222,550m 3、有効貯水容量157,700m 3)が水没することになった。 この発電所に使用する用水は、芦田川本流に設けられた井庄原堰から無圧トンネルで、芦田川の支流である宇津戸川に建設されたダムのに送られ、そこから導水トンネルで5. 2km先の府中発電所に送られていた。 そのため、発電所施設の存続のために、ダム建設に際し宇津戸川ダムに代わる取水設備が建設された。 なお、ダム本体は撤去されなかったため渇水期になると出現する。 また宇津戸川ダム水没で失われた山林管理のために使用するために宇津戸川を渡る橋として建設されたのが夢吊橋がある。

次の

利根川水系

八田原 ダム の 貯水 率

2020. 01 2020. 29 2020. 01 2020. 30 2020. 02 ・諸量データグラフを更新しました。 2020. 31 2020. 19 2020. 13 2020. 02 ・諸量データグラフを更新しました。 2020. 28 2020. 03 ・諸量データグラフを更新しました。 2020. 07 ・諸量データグラフを更新しました。 2019. 20 ・年末年始のお知らせ 2019. 02 ・諸量データグラフを更新しました。 2019. 21 2019. 08 2019. 01 ・諸量データグラフを更新しました。 ・令和元年度見学者リストを更新しました。 2019. 01 ・諸量データグラフを更新しました。 ・令和元年度見学者リストを更新しました。 2019. 20 ・第12回秋の夢吊橋ウォーク2019を開催します。 2019. 04 ・エレベータ運転の停止について 2019. 02 ・諸量データグラフを更新しました。 2019. 01 ・諸量データグラフを更新しました。 ・令和元年度見学者リストを更新しました。 2019. 26 2019. 01 ・諸量データグラフを更新しました。 2019. 26 ・夢吊橋サマーフェスタ2019を開催します。 ・「八田原ダム芦田湖周辺一斉清掃」を実施します! 2019. 03 ・諸量データグラフを更新しました。 2019. 21 ・エレベータ運転の休止について 2019. 07 ・ダム放流警報の『点検』をおしらせします。 ・諸量データグラフを更新しました。 2019. 25 2019. 01 ・諸量データグラフを更新しました。

次の

八田原ダム

八田原 ダム の 貯水 率

概要 [ ] 八田原ダムは中国が管理するで、堤高84. 9mのである。 芦田川の及びを始めとした備後経済圏に対する利水を目的としたである。 ダムによって形成されたは河川名を採って 芦田湖(あしだこ)と命名された。 芦田川の上流には少し規模の小さいがあったが、水需要が増大したことから大規模なダムが必要となり同ダムが建設された。 下流のを中心とする備後経済圏の工業用水と生活用水の確保と、洪水調整目的のために建設された。 に計画が着手されてから四半世紀という長い年月がかかった。 ダムの建設によって、八田原地区の住民55戸が移住したほか、1989年にも新しく掘削された八田原トンネル経由となり大きく迂回する経路に変更になったうえに、も廃止された。 、芦田川水系大規模氾濫時の減災対策協議会は、八田原ダムの事前放流に関する協定を管理者などと結んだ。 協定は、災害の教訓を踏まえ、大雨が予想される3日前から放流によりダム水位をさげる運用を可能にするもの。 周辺 [ ] 人造湖である芦田湖には、がかかっている。 この夢吊橋はケーブルをコンクリートで包み込んで床板とする単径間吊床版構造が採用されており、橋の支間長147. 6mはこの形式の橋では世界一長い。 また芦田湖に掛かる橋としてはの八田原大橋と井庄原大橋がある。 周辺には(芦田湖オートキャンプ場)などのキャンプ場が整備されている。 また、ダム下流のも同様に行楽地として整備されている。 府中発電所 [ ] 八田原ダムの建設によっての発電用重力式コンクリートダムであった宇津戸ダム(竣工、越流型動式コンクリートダム堤高22. 30m、堤頂長89. 00m、総貯水容量、222,550m 3、有効貯水容量157,700m 3)が水没することになった。 この発電所に使用する用水は、芦田川本流に設けられた井庄原堰から無圧トンネルで、芦田川の支流である宇津戸川に建設されたダムのに送られ、そこから導水トンネルで5. 2km先の府中発電所に送られていた。 そのため、発電所施設の存続のために、ダム建設に際し宇津戸川ダムに代わる取水設備が建設された。 なお、ダム本体は撤去されなかったため渇水期になると出現する。 また宇津戸川ダム水没で失われた山林管理のために使用するために宇津戸川を渡る橋として建設されたのが夢吊橋がある。

次の