時節柄 ご 自愛 ください。 「どうぞご自愛ください」の使い方・例文・「どうか」との違い

ご自愛くださいの本当の意味に使い方!例文や目上の人には失礼?

時節柄 ご 自愛 ください

「時節柄」の類語としていくつかの言葉が挙がってきます。 最も意味の近い言葉は「折柄(おりから)」です。 「折柄」は「時節柄」と同様に季節だけでなく情勢も含んで使われる言葉のため、類語として挙げられますが、一般的には季節を指して使われることが多い言葉です。 その他の類語に「時候」があります。 「時候の挨拶」は聞いた人も多いでしょう。 「時候」の意味は「春夏秋冬それぞれの季節、或いは気候」で、「時節柄」のように情勢などには使われません。 「時節柄」を別の言い方に置き換えた類語についてもいくつか紹介しますので、こちらも知識として持っておくと、違った表現ができて一本調子にならず、レベルが上がります。 季節に関しては「祭りの季節なので、町が活気づいています」、世の中の動き、情勢については「最近は物騒なので」、手紙文などでよく使われるのが、「寒さ厳しい折、風邪など召されませんように」とそれぞれ置き換えられる表現です。 「時節柄」に似た言葉として「季節柄」が挙げられます。 類語として紹介しているものもあります。 「時節柄」と「季節柄」の大きな違いは「時節柄」が季節だけに限定されず、社会情勢などについても使われるのに対し、「季節柄」は季節のみに用いられて情勢は含まれていません。 もうひとつ、使い方の違いがあります。 それは2つの言葉の深さです。 これは前に説明した「くれぐれも」を使うか使わないかの違いと似ています。 「季節柄」とすると、例えば冬であれば一般的に風邪が流行るため、「季節柄、風邪などに留意してください」と「季節柄」を使えます。 しかし、インフルエンザが流行しているなどの事実がある場合には、単に冬という季節だからではなく、「この冬はインフルエンザが全国的に流行っているので、特にご留意ください」という意味を込めて「時節柄」を使います。

次の

正しい「ご自愛ください」の使い方と返事の仕方を学ぼう!

時節柄 ご 自愛 ください

皆さんは「ご自愛くださいませ」をどのようなシーンで使うことが多いですか。 そもそも「ご自愛くださいませ」とは、自分を大切にする・自分の健康を気遣うという意味です。 一般的に、手紙やメールで結びの挨拶としてよく使われるでしょう。 文の末尾に「ご自愛くださいませ」が入っていたら気持ちがよく、相手の気遣いを感じることができます。 使い方としては、健康を気遣う一文となりますから、体調を崩しやすい季節の変わり目などに使うことをお薦めします。 ビジネスにおいての使い方 年齢や性別を問わず使う事ができ、特に目上の方に対する丁寧な言葉なのでビジネスにおいて、メールの末尾などに添えると相手に良い印象を与えます。 また、取引先の人が体調を崩して休暇をとっていたり、入院していたりするとお見舞いのメールを相手を元気付けるという意味でした方が良いでしょう。 そのような時は、体調を気遣うために「ご自愛くださいませ」という言葉を用いるのは不適切です。 なぜならば「ご自愛くださいませ」は、健康である人に使うのであり、病気や怪我に悩まされている時に使うのは好ましくないです。 入院や病気の時に「ご自愛くださいませ」というメールが届いたら、常識がない人だと捉えられてしまうので、マナーとしておさえておくべきポイントです。 そのような場合には「一日もはやいご回復をお祈り申し上げます」や、シンプルに「お大事になさってくださいませ」というのでも良いでしょう。 また、かしこまった言い方が良い場合には「ご無理をなさらず、十分にご静養なされますよう、願っております」と目上の方に使う場合や、大切な取引先の方に送る場合は、こちらの方が適切です。 仕事の用件のみで済ませるのではなく、相手の事を思いやった一文を添えることによって、取引先や上司に与える印象アップに繋がることもあり、良い関係性を築けるでしょう。 ご自愛くださいませの例文 季節にふれながら「ご自愛くださいませ」を使うのが一般的であり、使用している人も多いので気軽に使いやすいです。 目にすることが少ない「花冷えの時期柄、ご自愛くださいませ」「朝夕の寒暖の差が激しい時期柄、ご自愛くださいませ」など、美しい季語を入れて一工夫してみると、また印象がぐっと変わります。 お体ご自愛くださいませ 「お体をご自愛くださいませ」は、一見するとすごく丁寧な言いまわしのように考えられますが、「お体」の表現の重複を意味します。 分かりやすく言うと、腹痛が痛いと同じことになり、お体お体を大切にしてくださいという意味になりかねません。 これは、よくある誤りなのでビジネスにおける取引先や上司の方や、目上の方に使うメールや手紙を書くときには十分に注意が必要ですし、常識がないと感じられたり、不快になってしまうことも考えられるので、気を付けるポイントです。 くれぐれもご自愛くださいませ.

次の

【季節別】「くれぐれもご自愛ください」の意味と使い方|目上

時節柄 ご 自愛 ください

「ご自愛ください」の意味とは? 「ご自愛ください」は手紙やメール等を送る際、 締め括りの挨拶・ 結びの挨拶として使う言葉です。 この言葉は、 親しい友人から目上の人や上司にまで幅広く使えます。 特に目上の人に贈る言葉としては最適です。 「ご自愛ください」は「お体を大切にしてください」「お体にお気をつけください」という意味で使います。 相手を想う気遣いの言葉ですので、この言葉を書かれて嫌な思いをする方はいないでしょう。 「ご自愛ください」の使い方 「くれぐれもご自愛ください」「ご自愛くださいますようお祈り申し上げます」という風に使います。 手紙やメールで結びの挨拶に使いやすい言葉ですが、注意点もあるのです。 良くある間違いは 「お体をご自愛ください」と使ってしまう事です。 「ご自愛ください」の言葉の中には「お体を大切にしてください」という意味がすでに含まれています。 よって「お体をご自愛ください」というのは「お体をお体を大切にしてください」という様になってしまうのです。 これでは素敵な言葉が台無しになってしまいますね。 又、「ご自愛ください」は誰にでも使える言葉ですが、 体調を崩している人には使ってはいけません。 「お体に気を付けて」「お体に注意して」という意味ですので、 体調が優れない人に宛てる言葉ではないのです。 その際は「早い回復をお祈り致します」や「お大事になさってください」を使いましょうね。 そして、もう一つ注意点をご紹介します。 「ご自愛」と「ご慈愛」を間違えて覚えてしまったり、変換ミスしてしまう事は避けましょう。 この2つの言葉は似ている様で全く違う意味なので、間違えて使うと失礼に当たります。 「ご自愛」は相手を想う言葉なのに対し「ご慈愛」は自身への愛情を表す言葉です。 間違ってしまうと相手に気持ちが伝わりませんので、注意してくださいね! 月別!「ご自愛ください」の文例をご紹介!! 1月の文例 ・厳寒の折、風邪など召されませぬようご自愛ください。 ・寒さひとしお厳しき折、何卒ご自愛専一にてお願い申し上げます。 2月の文例 ・余寒なお去り難き折、風邪など召されませぬようご自愛ください。 ・寒気冴え返る時節ゆえ、何卒ご自愛ください。 3月の文例 ・浅春の折、何卒ご自愛ください。 ・天候不順の時節柄、ご自愛専一にてご精励くださいますようお願い申し上げます。 4月の文例 ・花冷えの折、くれぐれもご自愛ください。 ・春爛漫の折、何卒ご自愛ください。 5月の文例 ・向暑の折、くれぐれもご自愛ください。 ・季節の変わり目ではございますが、何卒ご自愛ください。 6月の文例 ・梅雨冷えの厳しき折、お風邪など召されませぬようご自愛ください。 ・長雨の折、くれぐれもご自愛ください。 7月の文例 ・暑さ厳しき折、夏風邪など召されませぬようご自愛ください。 ・酷暑の折柄、何卒ご自愛ください。 8月の文例 ・晩夏の折、くれぐれもご自愛ください。 ・残暑なお厳しき折柄、何卒ご自愛専一にてお願い申し上げます。 9月の文例 ・夏の疲れが出やすい時節、くれぐれもご自愛ください。 ・残暑去り難く厳しき折柄、何卒ご自愛ください。 10月の文例 ・秋冷の折、くれぐれもご自愛ください。 ・秋気肌に染む時節、風邪など召されませぬようご自愛ください。 11月の文例 ・向寒の折、何卒ご自愛ください。 ・落ち葉舞い散る深秋の候、体調を崩されませぬようご自愛ください。 12月の文例 ・年末ご多忙の折ではございますが、くれぐれもご自愛ください。 ・心せわしい年の暮れ、何かと御多用とは存じますが、何卒ご自愛くださいませ。 1年中使える文例 ・時節柄、どうぞご自愛くださいませ。 ・時節柄、ご自愛専一にご活躍ください。 ・何卒ご自愛専一にてお願い申し上げます。 ・くれぐれも体調を崩されませぬようご自愛ください。 最後に 今回は「ご自愛ください」の意味や使い方、文例をご紹介しましたがご参考になりましたか? 皆さまも、手紙やメールを送る際には、相手を思い遣るこの言葉を使ってみてはいかがでしょうか。 いくつかの注意点はありますが、覚えてしまうとどんな方にも使えますので、結びの挨拶として使いやすいですよ!.

次の