あまちゃん。 連続テレビ小説「あまちゃん」

「あまちゃん」に関するトピックス:朝日新聞デジタル

あまちゃん

日本ではじめてオリンピックに出た男・金栗四三(中村勘九郎)とオリンピックを東京に呼んだ男・田畑政治(阿部サダヲ)を主人公に、明治、大正、昭和とオリンピックの歴史とそれに関わった人々を描く群像劇。 第二部・田畑編。 五・一五事件から満州事変、ロサンゼルスオリンピックと時代が大きく動いていく28、29回をまとめてレビュー いだてん 29回より 写真提供:NHK 【あらすじ 28回「走れ大地を」(演出:桑野智宏)、29回「夢のカリフォルニア」(演出:西村武五郎)】 28回は、満州事変勃発、言論の自由がなくなってきたと感じた河野(桐谷健太)は、日本を変えるため政治家になるべく朝日新聞社を退社する。 やがて、五・一五事件が起こり犬養毅(塩見三省)が暗殺される。 29回は、次第に暗い話題が増えていくなか、田畑(阿部サダヲ)は新聞記者を続け、ロサンゼルスオリンピックで勝って明るい話題を届けようと奮闘する。 志半ばで去りゆく者たち 第一部:金栗四三編のとき、「いだてん」の視聴率がなぜ奮わないか考察したことがあり、内容は上質ながら、登場人物が負けてばかりだからすっきりしない視聴者も少なくないのかもしれず、それが原因のひとつかもしれないと書いた。 だが、一部後半では、人見絹枝(菅原小春)の陸上競技での活躍などもあって物語が華やいできて、二部:田畑政治編になると、水泳でメダルも獲得、前畑秀子(上白石萌歌)も登場し、がぜん盛り上がって来た。 大横田勉役で登場した林遣都には、もうすぐ映画が公開になる「おっさんずラブ」のファンたちも注目しているだろう。 前畑はじめ女子水泳選手の若さもまぶしい。 関東大震災という悲しい出来事もありつつも、復興に向けて立ち上がる登場人物たちの生命力は強く、視聴者を励ます作品になっている。 それでもやっぱり、敗者や志半ばで倒れていく人たちが後を絶たない。 28回では、犬養毅。 武力による争いを好まず「話せばわかりあえるんだ」と説く好人物が武力によって命を損なわれ、軍の力が強くなっていくことへの不安がもたげてくる。 29回では、アムステルダムオリンピックでメダルを獲得した高石勝男(斎藤工)が1932年、ロサンゼルスオリンピックでは選手から外されてしまう。 実力のみならず、女性に好かれるかっこいい風貌によって水泳の人気を押し上げた功労者であったが、総監督の田畑はあくまで実力重視で可能性ある若手の選手を選ぶ。 田畑の目標は「一種目も失うな」で、とにかく「勝つ」こと。 高石はロスには連れていくがあくまでノープレイングキャプテンとして選手の面倒を見る役割だった。 監督の松澤(皆川猿時)や選手たちは、高石に花道を与えたいと願うが、田畑は聞く耳をもたない。 悔しい気持ちを抱えながら、夜中にひとり練習を続ける高石だったが、奮闘及ばず、選手を決めるレースで若い選手に敗北する。 斎藤工は、かつて、イケメン十把一絡げ状態から脱しようともがいていた経験があるから、選ばれないことに憂う顔にリアリティーが滲んだ。 負け組の視点 敗者といえば、「オリムピック噺」を語っている志ん生(ビートたけし)も、森山未來が演じている若き孝蔵時代は苦しい生活を強いられていた。 やがて落語の名匠として上り詰めていくとはいえ、若いうちは、いまふうに言えば「負け組」のほうだろう。 妻子と共に、沼地を簡易に埋め立てた下町の業平に安い家賃で住んでいたら、なめくじや虫が大量に発生してえらいことに。 それがのちの志ん生の傑作エッセイ「なめくじ艦隊」のタイトルになるが、当時はたまったものじゃなかっただろう。 なんだかんだいって、オリンピックに関わっている人たちはエリートで、庶民の視点として志ん生たちが必要なのだろう。 貧乏暮らしをしたり、テレビやラジオでスポーツの試合を見てああだこうだ言ったりしている志ん生一家の姿は一般市民そのものだ。 昭和36年の志ん生は、「当時はな、日本に都合の悪い記事は新聞が書けなかったんだ」と一緒に「オリムピック噺」をやっている弟子の五りん(神木隆之介)に言う。 田畑たちはその状況を知っていたが、志ん生たち庶民は知らずに生きている。 それが我々視聴者である。 こんな時代だからこそ 社会の底辺で孝蔵たちが貧しい暮らしをしているとき、ヒエラルキーの上のほうの政治家たちはさまざまな画策をしている。 それに対して、田畑はスポーツでアメリカに勝とうとし、嘉納治五郎(役所広司)はいよいよ東京でオリンピックをやろうとする。 もしかしたら田畑や嘉納の尽力によって救いの光が差すかもしれない。 「スポーツは勝っても負けても清々しい」と言った犬飼に田畑は勝たないといけないと主張する。 こんな時代だからこそ、勝って明るい話題をつくろうと必死だ。 「あまちゃん」ファンなら ロサンゼルスの日系移民はアメリカ人に差別され、日本がオリンピックで勝つことで鬱憤が晴らせると期待するが、その日系人に職を奪われ失業したことを不服に思う有色人種の男デイブ(アントワン・S)もいる。 そんな彼は、ひとり特訓する高石に共感するのか、そっと見つめていた。 光あるところに影がある。 「勝」には必ず「敗」がある。 8月5日(月)、NHKの朝の情報番組「あさイチ」では震災から8年、不通になっていた三陸鉄道リアス線の全線が今年の3月に通ってから最初の夏休みを祝した特集を行い、宮藤官九郎と皆川猿時と薬師丸ひろ子がゲストで出た。 薬師丸ひろ子が島越駅のコンサートホールで「潮騒のメモリー」を披露した模様も映った。 皆川も薬師丸も両方のドラマに出ているし、「いだてん」では目下、関東大震災の復興オリンピックを行おうとしているところ。 それに、前述した光と影の関係性など、「あまちゃん」のテーマを引き継ぎ、さらなる高みにのぼっているといっていいだろう。 矛盾に生きる田畑 「あまちゃん」の登場人物たちと同じように、「いだてん」の田畑政治もどうしようもない矛盾のなかに生きている。 勝ったからと言ってすべてが済むわけではない。 この現実は心にしくしくと鈍い痛みを与えてくる。 つらい経験をした人の姿を見たくないという人に、「いだてん」はそういう人に対する愛情の深い物語だから救われるとも言い切れない、そんなシンプルなものじゃない。 割り切れないものから何を導き出すか、果てしない思考の苦しみのなかに美しさがみつかる、こんな哀切にあふれたドラマはなかなかない。 「あまちゃん」以来と言ってもいい。 というと大げさか。 たとえば、最近のNHKのドラマだと、「透明なゆりかご」や「腐女子、うっかりゲイに告る。 」なども仲間のひとつかもしれない。 さざ波のような 私が好きだったのが、28回、犬飼が亡くなって田畑がプールで足を浸しているところ。 いつもわーわーうるさい田畑の隠れた心のうちのように見えた。 その前に、高石が関西弁で田畑が泳いでいるのを見たことがないと不信感を顕にしているとき(「ろくでなしブルース」の前田太尊を意識した顔と演出家がTweetしている)、松澤が「さざ波のようなクロール」だったと言われているとかつての田畑を語るのだ。 田畑も水泳選手になれなかった人物であり、高石の悔しさ、悲しさをわかっているはずだ。 その悔しさが田畑を突き動かしているようにも見える。 少年の頃のナイーブなところを誰にも見せずにわめき続け、ストップウォッチを操作しクルクル回転する田畑の、知る人ぞ知るさざ波のようなクロール、人知れず、夜のプールサイドで波を立てるふくらはぎ……。 「ヒゲ生やして」「ヒゲ生やして」と繰り返し揶揄しながら、体協の理事という名誉職を否定して、嘉納治五郎(役所広司)を怒らせたとき、「お茶が波打ってる」というところにも「波」がある。 こういう笑いと哀愁が絡み合った宮藤官九郎の脚本はすてきだ。 シリアスとエンタメと 28回の演出家・桑野智宏は、「1942年のプレイボール」「ラジカセ」「愛おしくて」「ライド ライド ライド」「あまちゃん」「梅ちゃん先生」「江」などを手がけている。 「あまちゃん」では20週と24週を担当。 かつて、私が書いていたエキレビの「あまちゃん」レビューで、20週はシリアス演出があったと書いているのだが、「いだてん」の28回、犬養毅暗殺と、緒方(リリー・フランキー)が田畑にそれをそっと伝える場面(チェーホフ「かもめ」のラストシーンみたいだった)も渋かった。 一方、29回の西村武五郎演出は、「あまちゃん」や「まれ」などでユーモラスな演出を多く担当していて、29回では、選手村でのミュージカル調の部分など華やかに見せた。 ミュージカル風の動きは脚本指示ではなく演出で考えたもの。 外国人エキストラは約50名。 事前にダンス練習を行い、半日ほどかけて撮影した。 '''30回は、第30回では、メダルを量産する日本水泳チームの大活躍と、放送がオリンピックの模様をどのように伝えたかが描かれます。 林遣都演じる大横田選手の見せ場も。 また、孝蔵にも転機が訪れる。 第二部 第三十回「黄金狂時代」 演出: 津田温子 8月11日(日)放送'''.

次の

大人気の韓国ドラマ「愛の不時着」は「あまちゃん」的存在?!その理由は…

あまちゃん

ついに続編が始まる 各局では連続ドラマの放送が相次いで再開されている。 そんななか、満を持してスタートするのが、大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)の続編だ。 19日の放送に向けて注目が集まっているが、同時に続編への期待が高まっているのが連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)だという。 コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * 今月5日、約3か月遅れで『半沢直樹 特別総集編・前編』(TBS系)が放送され、同時間帯トップの世帯視聴率13. 0%を記録したほか、ネット上は「この日を待ってました」「倍返しキタ!」「やっぱり面白い」などの好意的な声で盛り上がりました(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 12日には『半沢直樹 特別総集編・後編』が放送され、19日にはいよいよ続編がスタート。 2013年から7年間待たされた上に、新型コロナウイルスの影響でさらに3か月延期されていたのですから、盛り上がるのは当然でしょう。 ネット上の声を見ていくと対照的だったのは、同じ2013年に大ヒットした『あまちゃん』(NHK)。 当時は「月~土曜に『あまちゃん』、日曜に『半沢直樹』を見る」という人が多かった2大国民的ドラマでしたが、ここにきて残酷なほどに明暗が分かれているのです。 2013年の放送終了後、『あまちゃん』はBSやCSで再放送され、NHKオンデマンドの配信でも見られた一方、『半沢直樹』は再放送どころか配信もなし。 「半沢が出向を命じられて終わる」というラストシーンから「続編確実」と言われながらもなかなか実現せず、ファンをやきもきさせてきました。 しかし、今年に入って両者の明暗が一変。 『半沢直樹』は1月3日にスピンオフ企画『半沢直樹・エピソード0 狙われた半沢直樹のパスワード』が放送され、2月から3月にかけてTBSラジオで『半沢直樹 敗れし者の物語 by AudioMovie』も放送。 さらに続編もスタート間近であるなどファンを喜ばせ続けています。 一方の『あまちゃん』は、主演の能年玲奈さんが所属事務所との契約トラブルで「のん」に改名し、女優業としての活動がほとんどないなど、続編の話どころではない状態。 それでもこの7年間、舞台となった岩手県久慈市のロケ地観光は常に活発で、毎年さまざまなイベントも行われてきました。 しかし、今年6月28日でドラマの展示がされた「あまちゃんハウス」が閉館(一部展示は別施設に移設)され、のんさんが岩手県を走る予定だった聖火リレーも中止。 盛り上がる『半沢直樹』ファンとは対照的に、『あまちゃん』ファンには悲しい出来事が続いているのです。 主なものだけでも、「タイトルが主人公そのもの」「主人公が年上や上司に敬語を使わないことが多い」「主人公の家族仲がいい」「決めゼリフの『じぇじぇじぇ』『倍返し』が流行語年間大賞を獲得」「視聴者を飽きさせない2部構成」「舞台系俳優たちを大量起用」「テーマ曲がインストゥルメンタル」などが挙げられます。

次の

「『あまちゃん』そのあとに・・・」加藤千恵さんの「あまちゃん」短歌連作をご紹介!

あまちゃん

水瀬いのりってどんな人? 代表作は? 東京都で生まれた水瀬いのりさんは、幼稚園のころに「声優になりたい」と思うようになったそう。 中学生になって、母親の勧めでオーディションを受けました。 水瀬いのりさんが挑戦したオーディションは、ソニー・ミュージックアーティスツが主催する『第1回アニストテレス』です。 14歳という年齢ながらグランプリを獲得、声優への第一歩を踏み出したのは、2010年のことでした。 デビューしてすぐに演じた役がアニメ『世紀末オカルト学院』の岡本あかり役でした。 水瀬いのりは『あまちゃん』に出演していた! 水瀬いのりさんのキャリアで外せないのは、2013年に放映された連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)への出演でしょう。 『あまちゃん』はヒロインの口癖「じぇじぇじぇ」が流行語大賞にえらばれるほどの人気作品です。 水瀬いのりさんが演じたのは、主人公が上京し、アイドルを目指す時に登場する成田りな役。 同年には『あまちゃん』スペシャル企画コーナーの一環として、紅白歌合戦にも登場しています。 水瀬いのり、『ごちうさ』でブレイク! 明けて2014年は、水瀬いのりさんが声優として大活躍する年となりました。 大ヒットアニメ『ご注文はうさぎですか?』のキャラ、チノ役で一気に人気声優の仲間入りを果たすことに。 水瀬いのりさんの快進撃は同年のアニメ『ロボットガールズZ』『天体のメソッド』の出演だけにとどまらず、翌年には映画『心が叫びたがってるんだ。 』で主演を務めました。 また、アニメ『がっこうぐらし』『戦姫絶唱シンフォギアGX』『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』などの話題作にも続けて出演しています。 2016年には、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』のレム役でさらに人気が増します。 この年にはアニメ『信長の忍び』で主人公の千鳥を演じ、ラジオ番組『水瀬いのりMELODY FLAG』(文化放送)も開始しました。 子供たちから親しまれているアニメ『プリキュアシリーズ』に出演したのは2017年。 同年にはアニメ『少女終末旅行』で主演のチトを務め、ファンクラブ『いのりまち』が発足し、水瀬いのりさんにとって多忙な年であったようです。 リスアニ! ライブ2019 ありがとうございましたーっ!! 一体感!って感じでした! みんなに気持ち届いたかな? いのりバンドのみんな! 支えてくれてありがとう( ; ; )! がんばりぼんは小さめの声でします!笑 えんどろ〜今夜3話そして3度目のリスアニ! ライブ!ってことで3のポーズ! — 水瀬いのりinfo inoriminase 注意! インスタアカウントはなりすまし 水瀬いのりさんがインスタグラムをやっているというデマが流れることがあります。 名前を騙ったニセのインスタグラムで、水瀬いのりさんのものではありません。 乳酸菌飲料『カルピス』が公式に運営しているインスタグラム、『カルピス水玉通信』で水瀬いのりさんの写真が投稿されたことはあります。 1つは人気コミックを原作とした作品『五等分の花嫁』、もう1つは『W'z《ウィズ》』です。 4月スタートのアニメでは『異世界かるてっと』で、『Re:ゼロから始める異世界生活』のキャラクター、レム役として出演。 『異世界かるてっと』は、KADOKAWAの『異世界転生もの』4作品『オーバーロード』『Re:ゼロから始める異世界生活』『この素晴らしい世界に祝福を!』『幼女戦記』の登場キャラクターが『ちびキャラ』として登場するアニメです。 また、1月25日公開のアニメーション映画『あした世界が終わるとしても』ではリコ役として出演。 『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』カスミ役 さらに、アニメ映画としては『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』で主演のカスミ役にキャスティングされています。 カスミは、彼女を召喚した魔法使いのリズ、ガンナーのエドガーと出会い行動を共にする。 絶望を目前にしたカスミの脳裏に、意外なビジョンがふと浮かび上がる。 主人公・カスミを演じた水瀬いのりさん、エドガー役の声優・逢坂良太さん、河森正治総監督、高橋正典監督、今泉潤プロデューサーが舞台挨拶に登壇。 作品についての熱いトークが交わされました。 完成したばかりの作品に、水瀬いのりさんは第一声で「自信を持てる芝居をアフレコでできたと思います!」とコメント。 水瀬いのりさんはカスミを演じるにあたって、スタッフと事前に打ち合わせをし「初めてタガタメ(誰ガ為のアルケミスト)の世界に加わりましたが、アフレコ時に不安はなく挑むことができました」と語りました。 河森正治総監督は「アフレコ当日、水瀬さんの声を聴いて『これでイケる』とカスミの姿が見えた。 地味でも、暗くもない、普通の女の子を見事に演じてくれた」と絶賛。 水瀬いのりさんは河森正治監督から「普通の女の子で演じてください」と話されたそうで、「初めてみるかたと同じ目線でいられるよう、一つひとつ新鮮なリアクションで、人間味のある女の子を演じるよう心掛けました」と明かしました。 トークの最後で水瀬いのりさんは、「私のように初めてタガタメに触れるかたはこの作品を通して、個性的なキャラクターたちを愛してあげてください。 ゲームをプレイして既にご存じのかたは、新しいキャラクターのカスミを愛していただけたら嬉しいです。 約2時間とボリューミーですが、一瞬一瞬を見逃さずに、この大スクリーンで堪能してください!」とアピールしています。 マイクロガンver』 ・『Starry Wish』 ・『Ready Steady Go!』 ・『アイマイモコ』 ・『TRUST IN ETERNITY』 ・アルバム『BLUE COMPASS』 ・アルバム『Innocent flower』 水瀬いのり 主な受賞歴 ・2010年『第1回アニストテレス』グランプリ ・2016年『第10回 声優アワード』主演女優賞 ・2016年『ニュータイプアニメアワード2016』女性声優賞1位 ・2017年『第26回日本映画批評家大賞』アニメーション部門 新人声優賞 [文・構成/grape編集部].

次の