バッタ日本に来る?。 日本でバッタが大量発生!その理由や原因と対策は?

日本ではバッタではなくカメムシが全国に大量発生。今年は果物が高くなるかも

バッタ日本に来る?

バッタの大発生と聞くと、外国の出来事を思い浮かべてしまいますが、かつて日本においても悩まされていました。 今回は日本におけるバッタの大発生について、紹介していきたいと思います。 日本でバッタが大量発生したのはいつ?その理由や原因は? バッタの大発生により作物などが大打撃を受けることを、「 蝗害」といいます。 明治初期に北海道で、 2回も蝗害に見舞われました。 1875年(明治8年)9月27日、道東の太平洋沿岸を台風が直撃し、大洪水が起こりました。 その結果、ヨシやススキなどイネ科の植物が生い茂る草原が現れました。 その後、数年間天気に恵まれたため、トノサマバッタの大繁殖を招くこととなりました。 1879年(明治12年)から発生の兆しが見られましたが、本格的には1880年(明治13年)8月のことです。 翌年(明治14年)にも再び大発生し、この年は渡島国軍川まで進出しました。 当時の記録では、捕獲した数、なんと約 400億匹とまったく想像もできません。 蝗害はその後も続き、1883年(明治16年)には道南の日本海側まで達することになります。 日本で大量発生したバッタへの対策措置は? スポンサードリンク この事態に対して、陸軍は大砲を撃ちこむなどしてバッタの駆除にあたりました。 しかし、民家の障子紙まで食い尽くされ、北海道の各地でとても大きな影響が見られました。 これから開発が進む予定だった、十勝国では開発が進んでいなかったので、大きな被害は出ませんでした。 1884年(明治17年)には延べ 3万人のアイヌの人々が駆除に駆り出されましたが、それでも 終息しませんでした。 北海道では翌年の予算に前代未聞のバッタの駆除費用を組み込むこととなりました。 しかし、1884年(明治17年)9月の長期にわたる降雨によってバッタの多くが子孫を残すことができませんでした。 蝗害は昭和の初期まで、その後も何度か起こっています。 まとめ まさかこれほどまでの被害が出ていたとは思いもしませんでした。 開発が進み、生態系のバランスが崩れたところへ、天災に見舞われた結果、バッタにとって好環境が誕生しました。 天災とも言えますが、間接的には人災の要素も含んでいるような気がします。 スポンサードリンク.

次の

バッタの大群は日本に来るのか⁈なぜ巨大化した⁈大きさや現在位置が気になる!

バッタ日本に来る?

スポンサーリンク バッタの大群が発生するのはなぜ? バッタの大群が日本に来たら コロナ以上に外に出れない 日本は今まで以上に対策に尽力してほしい — ツイッターおもしろ動画 haripotago そもそもなぜ、突発的にバッタの大群が発生するのでしょうか? こどもでもわかりやすいように解説したサイト から引用してみます! 繁殖環境によって集団行動をするバッタが発生する 空が暗くなるほど巨大なバッタの大群が飛んできて農作物を食い荒らす。 昔から世界各地でバッタが大量発生し、人々を苦しめてきました。 普段は単独行動を好むバッタが集団行動するようになる変化を「相変異」といいます。 仲間が少ないときのバッタを「孤独相」、多いときのバッタを「群生相」と呼びますが、相変異はバッタの大量発生と重要な関係があります。 なぜ相変異が起こるのか。 アフリカの半砂漠地帯に棲むサバクトビバッタを例に解説しましょう。 いつも乾燥している砂漠ですが、雨季に雨が降ると、バッタのエサとなる草が生えてきます。 バッタは、その先に雨が降っていることの多い季節風に乗って移動し、エサにありつきます。 そして、お腹いっぱいになると卵を産み始めます。 雨は数日しか降らないので、草は1か月ほどで枯れてしまいます。 孵化した幼虫はその前になんとか成虫になるものの、その場では生活できず、新しいエサ場を求めて旅に出ます。 ところが、珍しく大雨が降ると、草が枯れるのが遅くなるため、バッタは旅に出ずに数世代連続して繁殖します。 バッタの繁殖力は高く、あっという間に仲間の数が増えます。 草が枯れ始めると、草が残っている狭い範囲にたくさんのバッタが集まってきて、ますます数が多くなります。 仲間が多くなるとバッタの体に変化が起こります。 仲間と群れるようになり、翅が長くなって飛びやすい体になります。 これが相変異です。 実験の結果、バッタは仲間の姿や匂いではなく、ぶつかり合いに反応して相変異を引き起こすこと、そして、その接触刺激を触角で感じていることがわかってきました。 群生相になると1日に100km以上も飛び、途中で小さい群れ同士が合流し、群れはますます巨大になっていきます。 バッタの大群は、大雨によって引き起こされた群生相の大集団なのです。 (国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター・任期付研究員 前野ウルド浩太郎) (引用: ) 簡単にまとめると、 原因は大雨です! 大雨が原因で砂漠の草が枯れにくくなると、一箇所に大量のバッタが大繁殖してしまうんですね。 そこの草が枯れると、また草を求めて旅にでるのですが、そのうち小さい群れ同士が合体して、どんどん巨大化してしまうというわけです! おそろしいですね。 また、 「なぜ群れるようになるのか」というメカニズムまでは解明されていないようです。 今回大発生したサバクトビバッタは、海抜2,000mまで上昇することが出来ますが、それ以上は気温が低すぎ、上昇できないとされています。 なので、中国大陸や日本列島には到達することはなさそうですね。 しかし、油断は禁物です。 日本でも蝗害の発生例は確認されています。 今から92年前、日本で最後のバッタの大群攻撃を受けたのが宮古島です。 1928 年(昭和 3 年)5 月、フィリピンのルソン島でバッタが大量発生し、台湾と石垣島、 宮古島にも飛来して農作物に大きな被害が出ました。 この件に関して、興味深い資料を発見したので興味のある方は下のリンクからぜひチェックして見てください! まとめ さて、今回はアフリカのバッタが日本にくるのか?ということについて調べてみました! 今回、アフリカ東部で発生したサバクトビバッタが日本に被害をもたらす可能性は限りなく低そうですが、バッタの被害という点では、日本も全く関係ない話ではないということですね! フィリピン、台湾など、比較的日本に近い国で、大量発生することがあれば、日本にやって来る可能性も高いと思われます。 これに関しては対策のしようがないので、どう備えればいいのかわかりませんが、日本でもバッタによる被害がもたらされる可能性もあるということが知れたので、最低限の心構えはできたかな〜という感じですね笑 今回の件で、またなにか情報が入り次第こちらに追記していきたいと思います!.

次の

サバクトビバッタが日本に来る?海を渡る可能性と侵入経路・飛来について

バッタ日本に来る?

下記サイトの内容より。 ---------------------------------- 6月までに500倍!? バッタの中国への侵入ルートは、3つあるという。 1 インド・パキスタンを経由しチベットに侵入するルート。 2 ミャンマーから雲南省へ侵入するルート。 3 カザフスタンから新疆ウイグル自治区に侵入するルートである。 国連食糧農業機関 FAO は、サバクトビバッタが6月までに、500倍 約200兆匹 まで増えると推計した。 これは中国の国土面積の8分の1。 日本の国土面積の3倍以上だ。 あくまで大雑把なイメージにすぎないが、少なくともとんでもない規模だ。 中国国家林草局は2月26日、サバクトビバッタの侵入を防御するよう緊急通知を発令している。 北京政府の危機感の表れである。 ---------------------------------- この6月の時点で、どこまで進行しているのかが疑問ですよね・・。 日本も5月を超えたら相当熱くなりますからねぇ。。

次の