お盆 旅行 北海道。 夏休み・お盆休みの旅行特集2020

《北海道旅行&北海道ツアー》格安予約サイト|しろくまツアー【公式】

お盆 旅行 北海道

1.いつでも人気No. 1!札幌 1-1. 定番のおすすめ観光スポット 旧北海道庁 北海道の象徴ともいえる、国指定重要文化財、レンガ造りの旧北海道庁。 正式名称は「旧札幌農学校演武場」と言います。 建物は入館もできますので、人力でネジを巻く時計を見学してみてはいかがでしょうか。 大通公園&観光の〆はテレビ塔へ 大通公園は普段市民の憩いの場として読書をしたり散歩したりと、多くの方から愛されている公園です。 観光と言ってもただの公園では?いえいえ!1年を通して催される公園でのイベントや、手をかけて整備や手入れをし、年中花々や木々に囲まれ生活できる幸せが公園内に溢れかえっているのが、愛される理由とも言えると思います。 提供:YOSAKOIソーラン祭り組織委員会 尚、これからの時期はビアガーデンやいよいよやってくるYOSAKOIソーラン祭りなどイベントが目白押しです。 夜になると公園がライトアップされ、昼とは違った景観を楽しむことができます。 また、テレビ塔からの夜景は札幌夜景を一望できる人気スポットになっています。 札幌観光の締めくくりにぜひ訪れてみてくださいね。 \こちらの関連記事もどうぞ/ 1-2. 札幌に行ったら食べるもの 札幌と言えばラーメン。 食べないで帰るなんて勿体ない! 言わずと知れた札幌ラーメン。 ボリューム満点は基本中の基本。 鶏肉や野菜をふんだんに使って自慢のスープカレーを合わせた、見た目よりはあっさりした味わいの店舗が多いです。 ジンギスカンと冷えたビールの相性がとてつもなくいい。 新鮮なラム肉や野菜を鉄板の上に乗せ、音を立てて焼きながらキンキンに冷えたビールをキュっと飲む姿に憧れる方も多いはず。 基本はラムを焼いた脂がドーム型の鉄板の下に落ちていき、その脂でもやしなどを焼きます。 店内中がラム肉と野菜を焼いた香りが漂うのもジンギスカンの醍醐味。 あとはホテルに帰ってお風呂に入って眠るだけ、の状態にして出かけましょう。 いちご自体を凍らせてから濃厚な練乳をかけてサクサクほぐしながら食べます。 練乳の甘みが甘酸っぱーいいちごに絡んでキューンと冷たいのどごしがこれからの夏にピッタリです。 \こちらの関連記事もどうぞ/ 1-3. 冬の大イベント、さっぽろ雪まつり 毎年2月上旬に開催される氷の祭典、札幌雪祭り。 毎年様々な氷の彫刻が大通公園に姿を現し、観る人々を魅了します。 実際に見てみると氷の彫刻技術はここまですごいのかと感動の嵐。 写真では解らない細部までをじっくり観察して、札幌の冬を楽しみましょう!.

次の

【お盆特集】夏の北海道旅行特集!

お盆 旅行 北海道

お盆明けに北海道旅行を計画しています。 家族4人、子供は小学生2人です。 1日目:敦賀~苫小牧東(20:30着) そのまま知床へ 2日目:知床観光(知床泊) 3日目:羅臼、野付半島観光(野付半島泊) 4日目:納沙布岬、霧多布観光 釧路へ(釧路泊) 5日目:釧路散策(釧路泊) 6日目:釧路散策 帯広へ(帯広泊) 7日目:富良野観光 旭川へ(旭川泊) 8日目:旭川観光 小樽へ 小樽~舞鶴(23:30発) ざっとこんな感じですが、一番心配なのは1日目です。 知床まで夜通し走るのは、可能でしょうか? 過去の回答を見ても、夜の運転はお勧めしないと書いてありますし、距離も半端じゃないので、反対してるのですが。 他にもこれはちょっと…と思う箇所があれば、ご指摘ください。 大阪の人です・・・・とりあえず、本州住民の側に立って、ハードメニュー許容派なのですが・・・ 絶対、夜通し走って知床まで・・・などと言うのは、絶対しないでください。 理由は・・・・ ・夜の日勝峠が危ない(爆走トラック多い=センターラインはみだし正面衝突多い)・・・関西の、駐車車両をよけつつドライブ・・とは全く対極的な、殺伐とした空気を感じます。 ・夜の動物飛びだしは、非常に危険 以前、夜中の日勝峠越えに関して、いろんな議論をしたのをご一読ください。 私も、ここでは、帯広くらいまでは、夜間ドライブを勧めてますが、(日勝峠危ないと言っても、あわてなければまず大丈夫でしょう。 )さすがに、知床まで行くのは、常人のなせる技ではありません。 特に、あっち方面は、いつ鹿とかキツネがでてくるか分からない道ばかりなので。 まあ、私も、以前、スーパーカブを中標津で壊して、中標津でハイエース借りて、壊れたカブ積んで苫小牧東港まで400キロくらい、夜通し運転した経験ありますから、どうしても、と言うなら、止めませんが。 (ただし、中標津を15時発、帯広の近く、大樹町で仮眠、苫小牧東に朝の6時着、という、超安全運転です。 動物出てきても大丈夫な時速50キロ程度での運転、しかも、日勝峠は危ないの分かってるので越えず、南の天馬街道経由です。 (これなら、へのかっぱです。 )夜の小樽散策、小樽か札幌泊 2日目:富良野観光、旭川泊 3日目:旭川観光(動物園見るのですよね?それなら、層雲峡泊) 4日目:気合いいれてドライブ、羅臼、野付半島他を観光後、知床ウトロ泊 (野付半島に泊まるところあったかな??) 5日目:知床観光、川湯温泉泊 6日目:摩周湖を拝んで、霧多布、納沙布岬観光、釧路泊 7日目:釧路散策、帯広泊 8日目:千歳空港に寄り道して、おみやげ漁ってから、小樽へ。 これでいかがでしょうか?無理はなくなると思います。 ・1日目、どうしても遠くへ移動したいなら、知床じゃなく、高速にて旭川を推奨です。 万一途中で疲れて死にかけても、岩見沢とか健康ランドあるし、ハイウェイオアシスとかもあるし、あっち方面は、途中下車しても都会ですし、何とでもなるでしょう。 18です。 その辺の暗い歴史の事情はけっして観光パンフレットには書いてません。 観光パンフレットには、観光客を減らすような都合の悪いことは決して書かないんですよ。 真夜中にそんなところで幽霊にとりつかれたら大変でしょうね... ほとんど車の通りはないし、人里離れているし、助けをもとめようにも人家がまったくないし、幽霊にやられたい放題になるでしょう。 ケータイも圏外だし、考えるだけで怖いです どこの峠も、道は舗装されていて、立派な道なんですけど(明るいうちに通るなら、なんとはない普通の道です!) これだけ内地の人を脅かしておけば、大丈夫かな... ようやくあきらめましたか・・・・・ あまり、ご主人に言わない方がいいかもしれませんが、強行するなら、夜より早朝です。 この辺のことは、網走監獄博物館に行かれたら、資料があります。 18の人の言っている心霊スポットは「浮島トンネル」のことですね。 網走いくなら、主な経路が2つあって、石北峠と39号線で留辺蘂の方に降りるなら浮島トンネルは通らなくていいですけど、北見峠から白滝、遠軽に抜けるなら、国道から間違って途中で273号にそれたら、すぐその問題のトンネルですからね。 夜中に霊の誘いがあって、道間違って吸い込まれるようにそのトンネルに行かないといいけどね。 トンネル自体は新しく近代的なのですが、人里離れた所にあって交通量が少なく、旧道の浮島峠を造るときに犠牲になった朝鮮人労働者の呪いか、霊の噂話が絶えませんね。 夜中に一人で運転していて、気配を感じてバックミラーを覗くと、後ろに頭から血を流した男が見えたとか、トンネルの出口で対向車がはみだして、ハンドルを切って事故を起こしたが振り返ると相手の車がなかったとか、バイクで深夜運転してたら突然首筋を冷たい手のようなものでなでられたとか、変な話がいろいろありますね。 苫小牧東(20:30着)なら、旭川経由で浮島トンネルの近くの通過は夜中の12時頃ですね。 まあ、国道333号線を間違いなく進めば、浮島トンネルの方は行かないでもすみますが。 でも、国道39号線も石北峠下ったところで霊が出たとか、かなり前、バラエティのテレビでやってましたね。 その辺一帯、朝鮮人の強制労働者や網走の囚人の犠牲者の霊が吹きだまってるんでしょう。 重労働で動けなくなった人を次から次に道路脇に埋めていったらしいですよ。 この話を旦那さんにしといてください。 地元民からのアドバイスです。 道北や道東の峠を夜中に通らないことです。 いろいろ、問題があります。 道外(神奈川県)民、かつロンリーな長距離ドライブマニアです。 もう散々回答が出尽くしているのでわざわざ書く事でもないのですが,1日目,無謀過ぎです(後の行程には無駄はありません)。 まして知床への強行軍の目的が「釣り」だけなど,無謀と言うか愚の骨頂です。 「一体何をしに知床に行くのか?」との思いは否めません。 釣りだけなら,わざわざ知床くんだりまで行かずとも, 15,16氏の仰る通り積丹にでも行けば良いのです。 どうしても苫小牧東から上陸して知床へ向かいたいのなら,同じ敦賀~苫小牧東ルートで新潟・秋田と寄港しながら向かう便があるのはご存知ですか? こちらですと、前日の朝10:00に乗船しなければなりませんが,苫小牧東港着は3時間早まって翌日17:20となります。 この時間ならまだ外も明るいですので,夜間ドライブを懸念する必要はない筈です(それでも恐らく十勝管内に入った所でとっぷり日が暮れるでしょうが)。 もしくは、同じ船会社の航路で新潟朝10:30発・小樽翌日午前4:30着という航路もあります。 ただこちらは新潟まで自走しなければならないのと,小樽着が異様に早過ぎること,そして苫小牧からと比べると知床までの距離が若干伸びてしまうことが欠点です。 それでも、走れば走るほど夜が明けてきますので,「山道ドライブは得意」と豪語するダンナ様であれば十分走破出来てしまうかもしれません。 またこの航路からですと,無理に日勝峠を越える必要は無く,例えば旭川から網走を抜けて知床入りする事が可能になります。 この場合、7・8日目の富良野・旭川観光を1日目に持って行き,残りの日程はすべてそれ以降に回し,最終日の小樽乗船を苫小牧東乗船に変えても良いかもしれません。 いずれにせよ、私も過去に何度も北海道をドライブしていますが,夜の北海道の道ほど、単調で,退屈で,そして危険なものはありません。 ですから私はいつも、どんなに遅くとも夜9時には移動を打ち切り,その代わり翌朝は早起きをしてその日一日を目一杯ドライブする事にしています。 もともと交通量の少ない北海道なのですから,危険を冒してまで無理に夜間ドライブを敢行する必要は全くないのです。 ところでダンナ様はお幾つなのでしょう? 人間年を取れば取るほど頑固になります。 それが正しい道理に立脚していればいるほど,なおのこと頑固になります。 年とともに根性が捻くれてくるのでしょうからどうしようもありません。 ですからここは一つ,ショック療法として「ダンナ様」のみクルマ移動させるとして,質問者のあなたを始めとした残りのご家族は飛行機で移動・現地で合流と言う手もあります。 言って分からぬようなら痛い目を見せてあげれば良いのです。 本当に夜の北海道の道路は危ないんですよ。 いろいろな意味で。 北海道に住んでます。 夜の北海道の行軍を強行するデメリットは 車が故障してもケータイが圏外 もよりのJAFが遠くて、救援車がすぐにこない ガソリンスタンドがないので、ガス欠のおそれアリ。 田舎なので、スタンドはどこも閉まるのが早い コンビニがないので、軽食が取れない もちろんトイレは野外の空の下 夜中の道路を動物が横切る よく早朝に道警が道外ナンバー相手にスピード検問している こんな調子でいいことないですよ それと、高速で旭川まで来ると思いますが、旭川から網走に向かう道路、夜中に通らない方いいですよ。 そこは明治時代に網走刑務所の囚人が動員されて造られた道で、道民のちょっとした心霊スポットになってます。 道の脇とか、トンネルの入り口に囚人の骨がうまっているらしく、まだ土を掘り返すと出てくるそうです。 当時は人権がいいかげんでしたからね、そうゆうこと平気でやってたんでしょう。 テレビでも心霊スポットや囚人がうまっていること、やってましたよ。 #7です。 ・距離が、500キロ近い・・・・・大阪から、小田原くらいですよ! 東名高速は、動物出てきませんが、道内道路は、動物出てきますよ! ・途中の日勝峠が危険・・・・爆走トラック&天候に不安(私は、2回しか通ったことないですが、1回は快晴、1回は濃霧の極めて危険な状態でした。 ) ・動物、特に鹿の飛び出し・・・本当にこれが危険です。 本州の山間部では、出てきても、タヌキとかイノシシとか猫とか犬とかでしょう。 車が仮に当たっても、運転手は、そのまま直進して、動物にあたって、動物が昇天・・・というパターンでしょう。 北海道は、特に道東は、鹿の確率が、本当に高いです。 こんなの出てきたら、運転手は、ハンドル急に切ろうとします。 予備知識なければ、おそらくこっちは、100キロくらいスピード出てるでしょう・・・・クラッシュして、下手したら、こっちが昇天・・・になりかねません。 (両者とも、国立公園内で、動物が手厚く保護されてるからです。 ) あと、向こうの爆走トラック、道に慣れてるのをいいことに、本当にシャレにならない運転しますよ!北海道滞在中に感じたこととして、北海道のトラックは、ハンドルを切りたがりません。 北海道では、ハンドルを切る、という行為が不自然なのでしょう。 =追い越す時、こっちが左に寄らない限り、あおりつづけるか、車のすぐ脇を車間距離とらずに追い抜いていきます。 特に、日勝峠区間は、黄色線区間が続きます。 遅い車が走ってるとトラックのストレス爆発します。 (逆に、坂道をトロトロ登る、鈍行トラックも混じってます。 爆走と鈍行が混じってるので、さらにやっかいです。 昼間なら、鈍行トラック・黄色線区間で、追い抜けるポイントに、警察が待ち伏せしてます。 ) ・・・・などなどの理由で、何も言わないから、日程は組み替えてくださいね! Q フェリーの敦賀-苫小牧東港直行便 20:30IN 中二日おいて三日目の23:00ごろOUT で旅行を計画しています(8月下旬~9月初旬) メインは道東で道央、道南は予定していません 中二日の宿は釧路に仮押さえしてあります。 到着が20:30なので時間配分に悩んでいます 1. 下船後そのまま釧路まで突っ走って、24時間営業の健康ランドで仮眠 朝から道東観光に入る、その日は釧路湿原だけとかにして早く宿で休む。 (北海道の道は初体験なので夜間の峠越えが不安です) 2. 見て回りたいところは、オンネトー、釧路湿原、屈斜路湖、阿寒湖、摩周湖など 味覚は海産物、レッドメロン(産地はにこだわりません)です。 どの行程も無理はないか、また他にいい行程があればお教えください。 北海道の道を走るのは初めてなので、夜間走行が一番心配です。 (運転手二人とも運転歴は長く、本州なら夜間走行の経験も多々あります) まだ先の話ではありますが宿の予約の関係もあるので ご意見をお聞かせください、お願いします フェリーの敦賀-苫小牧東港直行便 20:30IN 中二日おいて三日目の23:00ごろOUT で旅行を計画しています(8月下旬~9月初旬) メインは道東で道央、道南は予定していません 中二日の宿は釧路に仮押さえしてあります。 到着が20:30なので時間配分に悩んでいます 1. 下船後そのまま釧路まで突っ走って、24時間営業の健康ランドで仮眠 朝から道東観光に入る、その日は釧路湿原だけとかにして早く宿で休む。 (北海道の道は初体験なので夜間の峠越えが不安です) 2. 体力を温存するために苫小牧付... A ベストアンサー 良く道内を訳も無く長距離ドライブしています。 私も#7さんと同じように、北海道の道に慣れていない状態の夜間では 日勝峠越えはお勧めしません。 皆さんが書いている通り、暴走トラックが多いからです。 じゃなくても事故も多けりゃ鹿も多い。 それよりもR236天馬街道を通られた方がいいと思います。 苫小牧~門別~日勝峠~帯広~浦幌~釧路と通ってくるなら、 交通量の少ないこのルートは、かなりお勧めです。 7さんの補足ですが、R336に入ってから浦幌町でR38に合流するまでは ホントに自分一人で走っている時間のほうが多いので、 自分のペースだけで走ることができて楽だと思います。 この前走ったルートは、黄金道路を走ってきたのですが、 浦河を午後3時に出て釧路に入ったのが午後8時ごろでした。 苫小牧からであれば、この天馬街道を通っていくと 大体7時間前後で釧路まで着くと思います。 浦河町までは、R235で一直線だし、 十勝に入っても一本道で迷うこともありません。 21時前後に苫小牧を出られるのであれば、 遅くても午前3時頃には釧路に着いておられるんじゃないでしょうか。 そういえば、新日本海フェリーがつく苫小牧東港の付近にはお店が一軒もありません。 原野が広がっています。 苫小牧市内で宿泊されるならともかく、その先の行程をお急ぎの場合。 船を下りてから食事をされるなら、R235に入り門別町に入ってからか、 それ以降の町になるでしょう。 静内町まで来られれば、国道沿いにファミレスやモスバーガーが少しはあるし 営業していると思いますが。 それ以外の町だと、コンビニか飲み屋さん位しか開いているところがなくなります。 注意してください。 以前行ってみて思ったのですが、屈斜路湖の温泉は思いのほか気持ちいい!! 良い泉質をしていると思います。 行程に余裕があるなら、ぜひ一泊して楽しんでいただきたいです。 じゃなくても阿寒まで走るとか。 釧路に戻るよりも行程が楽だと思います。 うーんそうですね。 わたしなら、 1日目。 静内でお食事なんかされたほうが良いかと思います。 2日目。 釧路 泊。 厚岸はカキの名産地です。 厚岸湖から霧多布岬付近までも湿原があります。 釧路湿原までは大きくないですけど。 釧路で食べていただきたいのは、釧路ラーメンや和商市場・勝手丼なんかですね 和商市場は、日の高いうちに行かれた方が間違いはないと思います。 3日目。 どちらでもかまわないと思います 空いてる時間に屈斜路湖の反対側の美幌峠を降りても面白いですよ。 峠の湯びほろという公共温泉は、よい温泉です。 あとは、屈斜路湖周りには無料の温泉がありますので入ってみるのも面白いかもです。 4日目。 珍しい大型哺乳類の化石が展示してある博物館です。 かばみたいな感じの動物でした。 かわいかったですよ。 道東は、距離が遠いように見えて感覚的に各観光地がかえって 近いように思えるのは私だけなのでしょうか。 ともかく、走りやすい道が多いですが、周りの地元ナンバーに負けないで 安全運転に気をつけて楽しんでらしてください。 室蘭ナンバーには特に気をつけてくださいね~ ーー; 良く道内を訳も無く長距離ドライブしています。 私も#7さんと同じように、北海道の道に慣れていない状態の夜間では 日勝峠越えはお勧めしません。 皆さんが書いている通り、暴走トラックが多いからです。 じゃなくても事故も多けりゃ鹿も多い。 それよりもR236天馬街道を通られた方がいいと思います。 苫小牧~門別~日勝峠~帯広~浦幌~釧路と通ってくるなら、 交通量の少ないこのルートは、かなりお勧めです。 7さんの補足ですが、R336に入ってから浦幌町でR38に合流するまでは ホントに自分一人... (札幌から富良野ならともかく、旭川から函館なんて、移動だけで半日以上かかるのに・・・) あと季節をわきまえてない質問。 雪道を走ったこともないのに、冬の北海道をレンタカーで旅行したいなんて輩がいてビックリです。 僕が思いついた理由は、 その1.距離感がない(北海道がいかに広大かわかってないんじゃない?) その2.なかなか来られないから「あれもこれも」と欲張る(移動オンリーじゃ楽しくないだろうに・・・なんで?) その3.冬タイヤ&4WDの性能を過信してる(冬タイヤ履いて4WDなら滑らないなんて間違った常識を鵜呑みにしてるんじゃない?) ですけど、どうしてそんなプランを立てるのか、実際に本州から来ようとしている人たちに理由を聞いてみたいです。 (札幌から富良野ならともかく、旭川から函館なんて、移動だけで半日以上かかるのに・・・) あと季節をわきまえてない質問。 雪道を走ったこともないのに、冬の北海道を... Q 来月、8日間かけて北海道一周の一人旅をしてこようと計画中です。 で、以下のような旅程を考えました。 基本的には、電車に乗ることや車の運転が好きなので、移動しながら景色を眺める感じの旅行にしようと思っています。 が、特に車移動については距離感がイマイチ掴めず少々無理目なんですが。。。 午前中~午後イチくらいまで函館市内をブラつく。 午後、特急北斗にて札幌へ移動。 札幌泊。 道央道経由で留萌から日本海オロロンラインへ。 ひたすら北上し、一気に稚内まで移動。 稚内泊。 網走までロングドライブ。 網走泊。 川湯泊。 そこから西へ進路を取り、十勝・帯広方面へ。 帯広泊。 支笏湖泊。 そこでレンタカー返却。 夜はすすきのの歓楽街へ・・・。 札幌泊。 夕方の便で新千歳から羽田へ帰着。 特に前半のロングドライブがかなり無茶な気はするんですが、やれない距離でもないかなあと思っています。 (まあ、どこかでゆっくり観光、なんて暇はないと思いますが、それはそれで。 一人だし。 ) これじゃあ死ぬぞ、とか、ここをこうした方が無理が無くなるんでは?とかっていうアドバイス等がありましたら、どうかお願いします。 来月、8日間かけて北海道一周の一人旅をしてこようと計画中です。 で、以下のような旅程を考えました。 基本的には、電車に乗ることや車の運転が好きなので、移動しながら景色を眺める感じの旅行にしようと思っています。 が、特に車移動については距離感がイマイチ掴めず少々無理目なんですが。。。 午前中~午後イチくらいまで函館市内をブラつく。 午後、特急北斗にて札幌へ移動。 札幌泊。 A ベストアンサー 北海道狂いの神奈川県民です。 毎年ドライブ主体で北海道に渡っています。 質問文とその後の返答を拝読する限り,「観光」が目的ではなく「ドライブ」が目的のようとお見受けしました。 でしたらそれほど大きな問題ではありません。 私もドライブ主体の日は一日に300~400kmほど、観光主体なら一日250km程度として日程を立てていますから。 ただ、2・3日目はちょっとキツいかも知れませんね。 まず2日目,オロロンライン北上で稚内を目指すと、すでに回答にある通り500km近くになります。 勿論高速なんてありませんので,延々下道をひた走る事になります。 しかし景観が素晴らしいです。 何処までも続く荒々しい断崖絶壁。 かと思いきや,一転して原野と海岸線との境目にそって、地平線に向かって延々と延びる一本道。 ハイライトは天塩から稚内への「道々106号・稚内天塩線」。 電柱も電線もない一本道が,緑に染まったサロベツ原野を北に伸びていきます。 内地では絶対に観られないその光景は,まさに息を呑む事になるでしょう。 ちょうどそこに差し掛かる頃には夕暮れ時となるでしょうから、暮れなずむ日本海にぽっかり浮かぶ利尻島を左手に観てのドライブとなります。 これぞまさしく北海道と言わしめんばかりの迫力と感動が待っていますよ(地元の方にとっては当たり前の光景でしょうが)。 3日目は2日目とは打って変わって退屈なドライブを覚悟した方が良いです。 稚内から宗谷岬を経由して網走までは,ざっと400kmほどあります。 しかも単調な海岸線とうら寂しい漁村が延々繰り返されるのみで,マトモに大きな街と言えば枝幸か紋別くらいのもの。 それ以外は本当に何もありません。 この400kmを、凄まじい倦怠感と徒労感,それに堪え難いまでの眠気に耐えて走り抜かねばなりません。 かなりの難行苦行が待っていると覚悟して下さい。 私の場合,休憩だ仮眠だ食事だ何だといちいち停まる事が多かったので,結局9時間ほどかかりました。 無休憩無仮眠でも6時間が関の山でしょう。 4日目か5日目,割と狭い範囲をぐるぐる回られるのですね。 もうちょっと欲張ってみても良いかも知れません。 野付半島とか納沙布岬とかへは行かれないのですか? 野付では北海道の自然の厳しさの一端を,納沙布では国際社会の厳しさを、それぞれ垣間見る事が出来ます。 我々内地人にとっては貴重な体験となるはずです。 野付はともかくとして,納沙布岬ではちょっと気をつけて下さい。 というのもここは根室市域でして,すでに報道されている通り,根室市所属の漁船がロシアに拿捕されたことで今根室は大騒ぎです。 そもそも領土問題の最前線という事もあり,ことロシアに対してはかなりピリピリしています(少なくとも私はそう感じました)。 あからさまな観光客然とした態度は、地元根室の人の反発を買う可能性がありますので、行動や言動には十分過ぎるほど注意して下さい。 あ、根室に立ち寄ったら絶対に「エスカロップ」を食すべし。 これらに立ち寄って釧路方面に戻る際,国道44号ではなく,太平洋岸に並行する「道々142号・根室浜中釧路線」を通る事を是非お勧めします。 交通量が国道より圧倒的に少なく,また適度なカーブやアップダウンがあるのでドライブにはまさに絶好です。 沿道から行ける霧多布岬はその名の通り霧に見舞われる事の多い岬ですが,晴れていれば北太平洋の大海原を独り占めできます(近くには温泉施設もあります)。 この寄り道をした場合,川湯から野付経由根室はおよそ130km、根室から釧路へは100kmで、計230kmほど走行距離が増える事になりますが,「ドライブ主体」ならそれほど苦にはならないでしょう。 ちなみに釧路から帯広へは約120km。 これに上記オプションを加えたとしても,300km少々です。 十分射程圏内に入ると思われます。 これ以外では特に無理は見られません。 惜しいと思うのは,これだけのドライブ三昧を堪能できる可能性がありながら,その手段は「レンタカー」であるという事です。 是非「ご自分のクルマ」で回られる事をお勧めしたいのですが(すなわちフェリーにマイカーを乗せて北海道上陸)、計画変更はもう不可能なのかしら? ところで、このカテゴリで北海道関連の質問をなさる方の殆どは「観光」を主体と言っておきながら,実際にプランを拝見すると,私のような内地人までもが仰天するような無理な行程を組んでいる人が多いのが常です。 ですがあなたの場合,どうやら「ドライブ」のみを純粋に楽しめそうな方と思われますので,敢えて「問題ない」との評価をさせて頂き、かつ少々欲張ったプランを提供させて頂きました。 最後に道内ドライブの注意点をいくつか: 1.道路の流れがとにかく速いです。 制限速度の1. 5倍~2倍で常時流れています。 速度取締もオービスも多いです。 特にレンタカーは道警の格好の獲物です。 無理に流れの先頭を走る必要はなく,後続車に追い付かれたら安全な場所で抜かせてやって下さい(殆どは勝手に抜いていきますが)。 もちろんあなたが逆の立場になったら、バンバン追越してしまって構いません。 2.都市と都市の間ではコンビニはおろか,公衆電話やGSすらないのが普通です。 ヘタすると約100kmにも渡って給油も買い出しもできない可能性があります。 燃料切れでJAFを呼ぼうにも、携帯電話の電波が繋がらないなんて北海道じゃ結構珍しくありません(勿論市街地は普通に繋がりますよ)。 呼べたとしても実際に救援が来るまで驚くほどの時間待たされます。 内地の倍以上かかると思って下さい。 コンビニでの買い出しも同様です。 一度逃したら次のコンビニは50km先とか,結構普通です。 出来るだけ多くをまとめ買いすれば,どこで疲れを感じて休憩しようと,飲み物と食い物がない・調達できないという寂しい状況からは免れると思います。 3.夜間の運転は出来るだけ避けて下さい。 とりわけ道東・道北地域では夜間のエゾシカの飛び出しが相次いでおり,これによる事故が絶えません。 彼らは立派な体格をしている上にクルマというものを全く恐れません。 ですからどれだけ派手にクラクションを鳴らそうとハイビーム攻撃をかまそうと,衝突するかしないかのギリギリの瞬間まで,彼らは逃げようとしません。 結局こちらが急ブレーキを踏むハメになり,それがもとで事故に繋がるケースが非常に多いです。 何しろ図体がでかいですので,もし衝突でもしたら我々の方もタダではすみません。 また、夜間の北海道では営業しているGSは非常に少ないです。 地域によっては皆無だと思って下さい。 よって、ガス欠にでもなったら翌朝まで身動きが取れないという事になります。 上記の通り,明るい時間帯に早めの給油を。 それと、道民の回答者の皆様,ごめんなさい。 多分私のような北海道狂いの内地人が、道民から見たら無茶極まりないプランで回り尽くし,それが悪い形で旅行会社にフィードバックされ,またそれが悪い形で,何も知らない北海道旅行者に伝播してしまっているのだと、最近になって感じています。 北海道狂いの神奈川県民です。 毎年ドライブ主体で北海道に渡っています。 質問文とその後の返答を拝読する限り,「観光」が目的ではなく「ドライブ」が目的のようとお見受けしました。 でしたらそれほど大きな問題ではありません。 私もドライブ主体の日は一日に300~400kmほど、観光主体なら一日250km程度として日程を立てていますから。 ただ、2・3日目はちょっとキツいかも知れませんね。 まず2日目,オロロンライン北上で稚内を目指すと、すでに回答にある通り500km近くになります。 勿論高速なん... ちなみにこの近辺は渋滞しても60km程度で走れます。 まず渋滞など無いと思って結構です。 但し、この時期は知床は、ウトロ市街手前くらいからオシンコシンの辺りにかけて、釣り客の車が多数停まっていますでお気をつけて。 また、川湯へいく途中の野上峠では鹿が出てくることもありますでご注意を。 また、網走より斜里へ向かう途中には、毎週週末に必ずといっていいほどスピード違反の取締りをしています。 また、オービスも設置していますので安全運転で。 網走から原生花園を抜ける時は、途中馬など放し飼いになっていますので、見学する時は必ずパーキングに停めて見学しましょう。 スピードを出す車が多く、道路わきに駐車は危険です。 ちなみにこの近辺は渋滞しても60km程度で走れます... A ベストアンサー こんにちは! 旅が人生の者です。 車で北海道をよく旅しますが、このプランはかなりキビシイですねぇ。 私はこのプランの襟裳岬を宗谷岬に変えた北側寄りのコースで昨年秋も旅をしましたが、日数は8泊9日でした。 結果としてはかなり忙しいものでした。 せっかくのプランですから単純に無理(実際に100%無理ではないので)とは言いません。 北海道で間違い安いのは地図で指差している感覚と、実際とのギャップです。 ですので今回のプランを実際の距離と所要時間に置き換えてみてみましょう。 1 小樽-函館 距離約250km、走行時間約5時間+休憩時間2時間=移動時間7時間 2 函館-富良野 距離約400km、走行時間約8時間+食事・休憩時間3時間=移動時間11時間 3 富良野-日高 距離約150km、走行時間約3時間+食事・休憩時間0.5時間=移動時間3.5時間 4 日高-襟裳岬 距離約120km、走行時間約2.5時間+食事・休憩時間0.5時間=移動時間3時間 5 襟裳岬-富良野 距離約250km、走行時間約5時間+食事・休憩時間2時間=移動時間7時間 6 富良野-釧路 距離約250km、走行時間約5時間+食事・休憩時間2時間=移動時間7時間 7 釧路-網走 距離約150km、走行時間約3時間+食事・休憩時間0.5時間=移動時間3.5時間 8 網走-摩周湖 距離約70km、移動時間約1.5時間+食事・休憩時間0時間=移動時間1.5時間 9 摩周湖-新千歳空港 距離約350km、移動時間約7時間+食事・休憩時間3.5時間=移動時間10.5時間 【補足】 移動距離はゼンリンマップソフトの推奨コース探索し、1時間当たりの移動距離を50kmにしました(実際は安全運転を考慮しても、北海道ですと速度60km~80km程度で走行するケースが多いと思います。 町の通過や、夕方のやや渋滞などを勘案すると1時間当たり50kmくらいの移動距離が安全走行となるでしょう)。 食事時間は走行距離200km超で昼食として1時間、その他休憩時間を走行2時間毎に0.5時間で集計 これは移動時間だけになります。 1日の行動時間を朝9:00~夕方17:00の8時間とした場合、5日間で40時間ですよねぇ。 ちなみにこのプランでの移動時間を加算してみると54時間となります。 つまり実行すると、毎日朝から夜暗くなるまで運転しっぱなしで、観光ゼロという感じが想像出来ますね。 今後プランは楽しくいろいろ変化するでしょう。 例えばこんな時間検証も一つの方法と考え、取り入れてみてはいかがでしょうか。 1日の行動時間のうちせめて1/3は車を走らせていない時間にしましょうよ。 ドライブも楽しいですが、新婚旅行ですので思い出に残る観光やのんびりした時間も入れて計画を組むと良いでしょう。 無理が事故の原因にならないとも限りません。 人生の大切な行事です、無理のないプランをつくるのも2人の大切な共同作業ですよ。 実は私も新婚旅行は神奈川県から車での北海道旅行10泊11日(道南・道央)でした。 本州の移動も含めると結構大変でしたが...。 最高の思い出になりますように。 こんにちは! 旅が人生の者です。 車で北海道をよく旅しますが、このプランはかなりキビシイですねぇ。 私はこのプランの襟裳岬を宗谷岬に変えた北側寄りのコースで昨年秋も旅をしましたが、日数は8泊9日でした。 結果としてはかなり忙しいものでした。 せっかくのプランですから単純に無理(実際に100%無理ではないので)とは言いません。 北海道で間違い安いのは地図で指差している感覚と、実際とのギャップです。 ですので今回のプランを実際の距離と所要時間に置き換えてみてみましょう。 1 小樽-函館... A ベストアンサー #5の道民です。 みなさん意見が分かれているようで、質問者さんもどうするか、迷っておられるようですね。 わたしも、#11のかたの意見に賛成です。 JR(長距離の移動)とレンタカー(中、短距離の移動)の折衷案がいいですよ。 これなら、どちらの利点もいかせます。 道央から道東(釧路、根室)、あるいは道央から稚内とかは、JRの寝台特急で夜間に移動され、目的地についたら、一気にレンタカーで回ると効率がいいと思いますよ。 レンタカーは、夜間も移動するJRに勝てません。 レンタカーだとどうしても夜ホテルに泊まらざるを得ず、移動範囲が狭くなってしまいます。 人数もちょうど4人ですし、寝台特急のボックス分を占拠すればいいでしょう。 JRは道南から道央に一気に移動するのでもメリットがあります。 函館から札幌に移動するなら、車よりJRがいいに決まってます。 なにしろ、速いです(道南は一般道しかないので、車はなかなか進みません)。 寝台特急の問題点は、早朝に目的地につくことです。 この対策としては、釧路なら時間までネットカフェにいるのも手です。 稚内なら、ちょっと時間調整が難しいですが。 joy. htm の寝台特急あります(女性専用車あり)早朝につくのは、ちょっとつらいですが、これだと次の日、レンタカーで道東をおもいきって移動できますよ。 joy. htm の寝台特急があります(女性専用車、ごろ寝の座敷あり)。 検討してみるといいですよ。 寝台特急とレンタカーの併用は、他の回答者の方も悪くないと考えていると思います。 #5の道民です。 みなさん意見が分かれているようで、質問者さんもどうするか、迷っておられるようですね。 わたしも、#11のかたの意見に賛成です。 JR(長距離の移動)とレンタカー(中、短距離の移動)の折衷案がいいですよ。 これなら、どちらの利点もいかせます。 道央から道東(釧路、根室)、あるいは道央から稚内とかは、JRの寝台特急で夜間に移動され、目的地についたら、一気にレンタカーで回ると効率がいいと思いますよ。 レンタカーは、夜間も移動するJRに勝てません。 レンタカーだとどうし... Q はじめまして。 大学生の男です。 今、彼女と北海道旅行に行こうと思っています。 それで早いうちにお金を貯めておこうって事で話していたんですが、どれくらいの費用がかかるのか全く見当が付かなくて。 夏休み中に旅行行くのは厳しいので、10月~になると思います。 ツアーより個人的に旅行したいので、レンタカーを借りてもいいかなと思っています。 そして2泊3日位を予定しています。 ですから、行動範囲が限られてくるのは承知の上で、観光名所をある程度絞った旅行をしたいと思っています。 また、福岡空港から飛行機を使うと思います。 全く北海道には詳しくないので、どこがオススメの場所なのかも教えていただき、その場所によった予算等まで教えていただけると幸いです。 あと10月からで、一番旅行に適した時期などもあるのでしょうか? まとまりの無い文章ですみません。 ちょっと質問を番号分けします 汗 1 オススメの目的地 2 1 の場所で交通費等含めた予算 3 10月からで旅行に良い時期 飛行機代も含めた予算をお願いします^^; サイトで調べたんですが、なんだか良く分からなくて。。。 すいません;; まだ回答するにあたって足りない事柄があったら指摘して下さい。 よろしく願いします。 はじめまして。 大学生の男です。 今、彼女と北海道旅行に行こうと思っています。 それで早いうちにお金を貯めておこうって事で話していたんですが、どれくらいの費用がかかるのか全く見当が付かなくて。 夏休み中に旅行行くのは厳しいので、10月~になると思います。 ツアーより個人的に旅行したいので、レンタカーを借りてもいいかなと思っています。 そして2泊3日位を予定しています。 ですから、行動範囲が限られてくるのは承知の上で、観光名所をある程度絞った旅行をしたいと思っています。 また、福岡... A ベストアンサー 1. 予算あれば道東なんですが、福岡からだったら千歳近辺じゃないと辛いでしょうから、札幌、小樽、積丹、ニセコ、洞爺湖あたりを、ぐるっと回ってくればいいでしょう。 big. htm 2名1室で、10月なら、朝便利用で一人38000円くらいでしょう。 あとは、レンタカー3日 12000円くらい?(2人で割り勘6000円くらい)と、ガソリン代1万くらいの割り勘5000円、宿泊1日追加で一人5000円追加、食事代1食1000円平均(彼女とコンビニ食事・・・なんてはずかしいでしょうし。 なお、1000円平均は当然、500円のときもあれば、3000円突っ込むときもある、ということ。 まあ、食事けちれば、いくらでも安くはできますが。 体育の日を過ぎた10月9日くらいからでしょうか。 A ベストアンサー 寒天とゼラチンの違いというと、原料が植物と動物由来ということです。 寒天は「天草」という海草を煮たものを漉して棒状に固め、それを寒干ししたもの。 ゼラチンは豚などの動物性コラーゲンを精製したもの。 (鯨や牛由来の物もあるが、現在はほとんどが豚由来原料) 食感も違います。 寒天は「かっちり」固まるので歯ざわりがありますが、ゼラチンは「プリプリ」としているので喉越しが良いです。 寒天は、あんみつ、フルーツポンチ、水羊羹、牛乳かんなどの和菓子に、ゼラチンはゼリー、ババロアなどの洋菓子にという用途が考えられます。 ゼリー代わりに、「寒天」を使う位は問題ないかと思います。 ゼラチンの代用品としては「アガー」というものがあります。 食材専門店、業務用食材を扱う卸店などで購入できます。 よくケーキなどにフルーツが飾られている時その上にゼリー状のものがコ-ティングされていることがあるかと思います。 それは「アガー」」を使っています アガーは植物由来の増粘多糖類で、ゼラチンよりも凝固力が緩いです。 寒天の代用品としては、杏仁(アンズの種の仁)の粉などがあります。 これは字からおわかりのように、杏仁豆腐の原料です。 本格的な飲茶の杏仁豆腐ではこれを使っています。 (逆に寒天での杏仁豆腐は「代用」ともいえます)ただし、杏仁粉は高価ですし、どちらかというと漢方薬として使われることが多いです。 以上のような違いがありますので、ご参考下されば幸いです。 寒天とゼラチンの違いというと、原料が植物と動物由来ということです。 寒天は「天草」という海草を煮たものを漉して棒状に固め、それを寒干ししたもの。 ゼラチンは豚などの動物性コラーゲンを精製したもの。 (鯨や牛由来の物もあるが、現在はほとんどが豚由来原料) 食感も違います。 寒天は「かっちり」固まるので歯ざわりがありますが、ゼラチンは「プリプリ」としているので喉越しが良いです。 寒天は、あんみつ、フルーツポンチ、水羊羹、牛乳かんなどの和菓子に、ゼラチンはゼリー、ババロアなどの洋菓... A ベストアンサー ちょっと調べればわかりますが、青森や八戸など北東北から北海道に渡るフェリーは非常に割高で、大洗・仙台・新潟からの長距離フェリーで渡るのが経済的なのですが、今からお盆休みの便の予約は難しいでしょうね。 宿も今からでは、空いているところに泊まるしかないのではないですか? とにかく北海道でどこからドライブを始めるかは、どこに上陸できたかで決まりますから、まずはフェリーの確保です。 ちなみに先ほど見たときは、9日発は大洗も新潟も仙台も全滅です。 10日以降も仙台発と大洗発は全滅ですし、新潟発も13日まで空いてないですね。 北東北の中では比較的安い秋田~苫小牧が9日7:00秋田発の2等寝台/1等と乗用車に僅かに空きがあるようですから、8日の夜に東京を出て徹夜で秋田に走りましょう。 浦和から秋田まで約600キロ7時間強ですから、休まず走れば8日夜発でも間に合うはずです。 2等寝台ならまずゆったり寝れますから、苫小牧に付くまでには疲労回復できるでしょう。 10日の秋田発も残席僅かで2等寝台と特等に空きがありますので、これを押さえて9日の朝に東京を出て、秋田までドライブ、秋田で泊まってからフェリーという手もありますね。 なぜ青森より秋田なのか、青森~函館の乗用車(4~5m)が16510円に対し、秋田~苫小牧は20100円で約3600円高いわけですが、浦和からの高速代が秋田まで11650円に対して青森までは13600円で2000円くらい安く、距離も100キロぐらい短いのガソリン代も安くなり、函館~苫小牧の移動を考えると秋田からの方が安いからです。 さらに、予約さえ取れれば、秋田からなら船内でそれほど窮屈な思いをすることがありませんが、青森からの船は船室に入りきれず廊下などで過ごさないとならない恐れもありますので、まったくお勧めできません。 多少割高でも居心地が悪くても良いという話なら、青森~函館は9日も10日もまだ空いている便の方が多いですから、今のうちに予約をしましょう。 この航路は予約をするよりも飛び込みで乗る人の方が多いようですから、前日に予約が可能でも当日は乗れない事がありますから要注意です。 当日の乗船待ちはバイクほど酷くはないと思いますが、半日ぐらい待つ事もあるという話は聞いたことがあります。 あ、でも函館に行きたいなら、青函航路を使わざる得ないですね。 まったくお勧めできませんが青函経由で計画を立ててみましょう。 まず帰りを決めないとなりませんが、帰りも長距離フェリーは全滅ですし、青函航路で戻るのも芸がないですが、苫小牧~八戸便の5:00発か9:30発ならまだ空きがありますから、割高ですがこれを使いましょう。 9日の未明発で頑張って青森まで走り(休憩時間別で8~9時間)、14:20発の船で函館に渡り、ロープウェイで函館山に上り函館泊。 10日は午前中函館観光で午後から小樽に移動、小樽運河の夜景を楽しみ小樽泊。 11日目は小樽・札幌観光で札幌泊。 札幌市内観光に車は邪魔になるかもしれませんから、早めにチェックインして預けしまう方が楽かも。 12日は富良野観光で富良野または美瑛泊。 13日は美瑛観光後苫小牧に移動して宿泊。 14日9:00発で八戸に渡ります。 八戸着が18:00ですから八戸に泊まり、15日に東京に戻ります。 15日の東北道上りは大渋滞が予想されていますので、八戸に泊まるのをやめて14日に徹夜で走り15日は家で寝てるのも一つの手ですね。 もっと早く手配して、長距離フェリーが押さえられていたら、もっと楽しいプランになったと思うのですが残念。 ちょっと調べればわかりますが、青森や八戸など北東北から北海道に渡るフェリーは非常に割高で、大洗・仙台・新潟からの長距離フェリーで渡るのが経済的なのですが、今からお盆休みの便の予約は難しいでしょうね。 宿も今からでは、空いているところに泊まるしかないのではないですか? とにかく北海道でどこからドライブを始めるかは、どこに上陸できたかで決まりますから、まずはフェリーの確保です。 ちなみに先ほど見たときは、9日発は大洗も新潟も仙台も全滅です。 10日以降も仙台発と大洗発は全滅ですし... A ベストアンサー #3です。 今朝の北海道新聞に摩周湖の車規制の記事が出ていました。 これは、自動車の排ガスの影響などで、摩周湖の透明度が低下している、とのことで試験的に6月11日から17日まで行うらしいです。 nnntttaaaさんの北海道旅行予定は5月末~6月初めとのことなので問題はないと思いますが、この規制期間は通常、摩周湖を真下に見られる第1展望台と第3展望台の間、約15キロが一般の自動車は通行出来なくなり、初めから許可を得た観光バスか、レンタカーなどの観光客は弟子屈市街地に近い『釧路摩周観光文化センター』か川湯温泉の『川湯園地駐車場』から出ている専用有料バスに乗り換えて展望台に行くという方法になるらしいです。 バス料金は大人500円、高校生以下は無料だそうです。 nnntttaaaさんのご旅行には問題ないかと思いましたが、一応ご参考までにお知らせいたします。

次の

ピークの8月でも北海道旅行は3泊4日で3万円前後(ホテル代+航空券)。東京の夏が暑すぎるなら、お盆を外して札幌に避暑旅行に行こう!

お盆 旅行 北海道

お客様がお使いのブラウザは、JavaScriptの設定が無効になっております。 そのため、トラベルコの機能で一部正しく表示されない、動作しないなどの現象が発生しております。 以下の方法でブラウザの設定をご確認のうえ、JavaScriptが無効になっていた場合は有効にしてください。 JavaScriptの設定方法 Internet Explorerの場合• Internet Explorerのメニューバーにある「ツール」から「インターネットオプション」を選択。 「インターネットオプション」画面の「セキュリティ」タブを選択。 「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック。 「セキュリティの設定」画面の「スクリプト」項目の「Javaアプレットのスクリプト」を「有効にする」にチェックをする。 「スクリプト」項目の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックする。 「スクリプト」項目の「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「有効にする」にチェックして「OK」ボタンを押す。 Firefoxの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Chromeの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Safariの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 更新日:2020年6月23日 トラベルコのWebサイト及びアプリは、以下を閲覧推奨環境としております。 閲覧推奨環境以外をご利用の場合には正常な動作を保証いたしかねます。 恐れ入りますが、以下いずれかの環境でサイトをご利用くださいますようお願いいたします。 上記以外のブラウザ(Opera等)は、一部サービスで正常に表示されない場合があります。

次の