ミツバチ シミュレーター。 【ミツバチシミュレーター】トロフィー「ミニミニミツバチ」取得位置

『Bee Simulator』ミツバチの世界を体験できる新作シミュレーターゲーム【Steam】

ミツバチ シミュレーター

「ミツバチシミュレーター」のトロフィーについて。 ミツバチシミュレーターのプラチナトロフィーを取得したので、情報を記事にまとめる。 今作は、ミツバチを操作するということだが、ボリュームは極めて薄い。 本編のクリアだけならば、余裕で一日で終われる量である。 トロフィーに関してもかなり易しめであり、スキルと時間を要するものは無い。 いわゆるブーストゲーに入るだろう。 10点満点。 時間 1. 作業 1. 総合 1. それは、一部のトロフィーは詳細情報とは異なる方法で取得可能であるということ。 具体的には下記のトロフィー。 花のバスケット(花の貴婦人からすべての花粉を15回採取)• 全部ゲットせよ(全ての動物の像を解放)• 脱走アーティスト(クモの巣チャレンジを全て完了) 以上のトロフィー達は、詳細情報を見るとコレクション系のトロフィーのように収集をこなさなければならないように思えるが、実は同じチャレンジを何度もこなすことで、カウントを増やして、条件を達成できる。 マイナーゲー故に攻略情報が充実しておらず、正攻法でコレクションを埋めようとすると面倒極まるので(もしかしたらこの方法で取得するのを想定して作られていた可能性も否定できないが)、この手法を用いて取る方が手間がかからないと思われる。 詳しいカウント稼ぎの方法は、各項で後述する。 時限トロフィーは、「超ハラペコ」「通さないよ!」の二つのみ?前者は、該当するサブクトが最終メインクトをクリアすると受注不可になるので、おそらくその前でなければ回収不可能。 後者は、メインクト後半に戦うボス戦で条件を満たす必要があると思われる。 他はおそらく時限のものは無い。 メインストーリーが非常に短いが、チャプターセレクトがおそらく無いので、取り逃すと問答無用で最初からになる点は注意。 細かい隠し要素以外のものは、全て画面上部にマーカーが出るので、それを目安に探すことが可能…だが、マーカーが表示される範囲が極めて狭く、動画等を見て探す方が手っ取り早く終われる。 そういった面倒を嫌うのであれば、等で参考動画を探すのが良い。 ミニミニミツバチ (シルバー)|公園内の小さなミツバチをすべて見つける 小さなミツバチは全部で10匹。 各場所については、下記の動画を参照。 女王様、外に動物が!~地底よりきたる者 (ブロンズ) サブクトのトロフィー群。 サブクトに時限のものは一つだけ存在しており、「超ハラペコ」のトロフィーに関係している。 受注場所はツリーハウスの巣の中で、赤ん坊に餌を与え続けるもの。 何回かクリアすることでカウントが最大まで溜まり、トロフィーを取得できる。 なので、何回かクリアすることを前提に考えるべし。 他のトロフィーは、クリアした時点で取得できるはず。 チャレンジ受注場所はマーカーで表示されるので、それを参考に。 他の種族と踊る「異種間友好」のトロフィーについては、チャレンジ制覇の途中で取得可能。 「全力疾走」のトロフィーは、チャレンジ制覇で取得可能。 そのままなので気長に。 の機能の欄で進行度を確認可能。 活発なミツバチ (ブロンズ) 活発なミツバチ 活発なミツバチ周囲のものに50回働きかける ミツバチ怪獣 (ブロンズ)|風船を20個壊す 周囲のものに50回働きかけるものと、風船を20回割るトロフィー。 灯消しミツバチ~の卵 (ブロンズ) 隠し要素のトロフィー。 いずれもマーカーが出現しないものを針で刺すか、パソコンのキーボードを入力するというだけのシンプルなもの。 場所と詳細については、に詳細動画が上がっているので、そちらを参照。 下の英語のトロフィー名と、「Bee Simulator」とこのゲームのタイトルを合わせて検索すれば、動画が出てくるだろう。 Deluminator(灯消しミツバチ)• Bee-J(ミツバチDJ)• Bee Of The Ring(指輪ミツバチ物語)• (謎の言葉)• Unbearable(鼻もちならない)• Your Honor(前略、判事殿)• Easter Egg(の卵) 気を付けるべき点として、該当するオブジェクトを針で刺すと取れるということは覚えておくべし。 対象を発見するだけではトロフィーを取ることができない。 ハイパードライブ (ブロンズ)|ビートロモードを有効化 視点変更 (ブロンズ)|ミツバチビジョンを使う とミツバチビジョン使用で取れるトロフィー。 で取れる。 全部ゲットせよ (ブロンズ)|動物の像をすべてアンロックする 訳アリのトロフィー。 冒頭でも書いた、特殊な方法でカウントを稼げるトロフィーの一つ。 正攻法で条件を満たせないのかは不明だが、その方法で全てアンロックする情報がどこにも無かった上、自力で見つけるまで粘るのが面倒だった。 なので、ここではその特殊な方法を記載する。 動物の像は全部で11種類あるのだが、実は他のスロットでセーブデータを作成して、そちらで他のデータでも取得済みの像を新たに解禁しても、カウントが増加する。 この性質を利用して取得することが可能。 やり方は、単に複数のスロットでただニューゲームを始めるだけ。 二つ目のメインクトクリア直前に解禁できるので、そこで稼ぐ。 時間はそうかからず、10分程度で一周できるだろう。 生まれ変わったわたし (ブロンズ)|新しいミツバチのスキンをアンロックする 精密検査 (ブロンズ)|3D動物をアンロックする ミツバチのスキンと3D動物のモデルを購入することで取得できるトロフィー。 オプションボタンからを選択し、いつでも知識ポイントを消費して購入できる。 あるいは、巣の中の動物の像がある部屋で像の台にアクセスすることでも購入可能。 花のバスケット (ブロンズ)|花の婦人からすべての花粉を15回集める 各所にいる花の婦人から、花粉を15回集めるだけ。 全てとあるが、場所や種類は関係ない模様。 脱走アーティスト (ブロンズ)|クモの巣チャレンジをすべて完了する これもまた、クリア済みのチャレンジを何度もクリアすることでカウントを増やせるトロフィー。 ツリーハウス近くに二か所あるので、その二か所でカウントを稼ぐ。 一回クリアしたら、一度巣に戻ることでチャレンジは復活するので、いくらでも稼ぐことが可能。 ちなみに、ツリーハウスの巣の洞窟内にもクモの巣チャレンジがいくつか存在するが、ここも一度はクリアしなければならないのかは不明。 やってもやらなくても関係が無いような気もするが、取りこぼしが怖ければやっておくのが吉。 早期アクセス (ブロンズ)|トロフィールームのロックを解除する フルアクセス (ブロンズ)|洞窟のロックを解除する ストーリー進行で取得可能と思われる。 よく分からない内に勝手に取れたトロフィー達。 詳細はよく分かっていないが、おそらく条件通りに該当する部屋の解禁で取得できるのだろう。 通さないよ! (ブロンズ)|1回の戦闘でのハリーを倒す 時限トロフィー。 ストーリー後半あたりで、が巣に強襲してくる。 そこで、一発撃破が条件か?最初から敗北することなく撃破することで取得できたので、おそらくそれが条件だと思われる。 戦闘システム自体は通常の戦闘と同じだが、敵の体力が高い上に攻防が激しい。 失敗が怖ければPSplusにセーブデータを預けておくと良いかもしれない。 無限のその先へ (ブロンズ)|合計で10キロメートル飛行する 他のトロフィーを狙っている過程で取得可能。 美味しいごちそう (ブロンズ)|人間の料理を30回食べる そのまま。 そこらに散らばっているので、数をこなすのには困らないだろう。 こんなところか。 条件が分かりにくいものがちらほらと存在しているが、攻略情報が少ない。 マイナーゲーの定石通り、で探すのが最も手早いだろう。 条件さえ分かれば簡単に取れるものばかりなので、構える必要性は極めて薄い。 以上、「Bee Simulator」のトロフィー攻略でした。

次の

Switch『ミツバチ シミュレーター』アップデート配信のお知らせ|株式会社オーイズミ・アミュージオ

ミツバチ シミュレーター

「ミツバチシミュレーター」のトロフィーについて。 ミツバチシミュレーターのプラチナトロフィーを取得したので、情報を記事にまとめる。 今作は、ミツバチを操作するということだが、ボリュームは極めて薄い。 本編のクリアだけならば、余裕で一日で終われる量である。 トロフィーに関してもかなり易しめであり、スキルと時間を要するものは無い。 いわゆるブーストゲーに入るだろう。 10点満点。 時間 1. 作業 1. 総合 1. それは、一部のトロフィーは詳細情報とは異なる方法で取得可能であるということ。 具体的には下記のトロフィー。 花のバスケット(花の貴婦人からすべての花粉を15回採取)• 全部ゲットせよ(全ての動物の像を解放)• 脱走アーティスト(クモの巣チャレンジを全て完了) 以上のトロフィー達は、詳細情報を見るとコレクション系のトロフィーのように収集をこなさなければならないように思えるが、実は同じチャレンジを何度もこなすことで、カウントを増やして、条件を達成できる。 マイナーゲー故に攻略情報が充実しておらず、正攻法でコレクションを埋めようとすると面倒極まるので(もしかしたらこの方法で取得するのを想定して作られていた可能性も否定できないが)、この手法を用いて取る方が手間がかからないと思われる。 詳しいカウント稼ぎの方法は、各項で後述する。 時限トロフィーは、「超ハラペコ」「通さないよ!」の二つのみ?前者は、該当するサブクトが最終メインクトをクリアすると受注不可になるので、おそらくその前でなければ回収不可能。 後者は、メインクト後半に戦うボス戦で条件を満たす必要があると思われる。 他はおそらく時限のものは無い。 メインストーリーが非常に短いが、チャプターセレクトがおそらく無いので、取り逃すと問答無用で最初からになる点は注意。 細かい隠し要素以外のものは、全て画面上部にマーカーが出るので、それを目安に探すことが可能…だが、マーカーが表示される範囲が極めて狭く、動画等を見て探す方が手っ取り早く終われる。 そういった面倒を嫌うのであれば、等で参考動画を探すのが良い。 ミニミニミツバチ (シルバー)|公園内の小さなミツバチをすべて見つける 小さなミツバチは全部で10匹。 各場所については、下記の動画を参照。 女王様、外に動物が!~地底よりきたる者 (ブロンズ) サブクトのトロフィー群。 サブクトに時限のものは一つだけ存在しており、「超ハラペコ」のトロフィーに関係している。 受注場所はツリーハウスの巣の中で、赤ん坊に餌を与え続けるもの。 何回かクリアすることでカウントが最大まで溜まり、トロフィーを取得できる。 なので、何回かクリアすることを前提に考えるべし。 他のトロフィーは、クリアした時点で取得できるはず。 チャレンジ受注場所はマーカーで表示されるので、それを参考に。 他の種族と踊る「異種間友好」のトロフィーについては、チャレンジ制覇の途中で取得可能。 「全力疾走」のトロフィーは、チャレンジ制覇で取得可能。 そのままなので気長に。 の機能の欄で進行度を確認可能。 活発なミツバチ (ブロンズ) 活発なミツバチ 活発なミツバチ周囲のものに50回働きかける ミツバチ怪獣 (ブロンズ)|風船を20個壊す 周囲のものに50回働きかけるものと、風船を20回割るトロフィー。 灯消しミツバチ~の卵 (ブロンズ) 隠し要素のトロフィー。 いずれもマーカーが出現しないものを針で刺すか、パソコンのキーボードを入力するというだけのシンプルなもの。 場所と詳細については、に詳細動画が上がっているので、そちらを参照。 下の英語のトロフィー名と、「Bee Simulator」とこのゲームのタイトルを合わせて検索すれば、動画が出てくるだろう。 Deluminator(灯消しミツバチ)• Bee-J(ミツバチDJ)• Bee Of The Ring(指輪ミツバチ物語)• (謎の言葉)• Unbearable(鼻もちならない)• Your Honor(前略、判事殿)• Easter Egg(の卵) 気を付けるべき点として、該当するオブジェクトを針で刺すと取れるということは覚えておくべし。 対象を発見するだけではトロフィーを取ることができない。 ハイパードライブ (ブロンズ)|ビートロモードを有効化 視点変更 (ブロンズ)|ミツバチビジョンを使う とミツバチビジョン使用で取れるトロフィー。 で取れる。 全部ゲットせよ (ブロンズ)|動物の像をすべてアンロックする 訳アリのトロフィー。 冒頭でも書いた、特殊な方法でカウントを稼げるトロフィーの一つ。 正攻法で条件を満たせないのかは不明だが、その方法で全てアンロックする情報がどこにも無かった上、自力で見つけるまで粘るのが面倒だった。 なので、ここではその特殊な方法を記載する。 動物の像は全部で11種類あるのだが、実は他のスロットでセーブデータを作成して、そちらで他のデータでも取得済みの像を新たに解禁しても、カウントが増加する。 この性質を利用して取得することが可能。 やり方は、単に複数のスロットでただニューゲームを始めるだけ。 二つ目のメインクトクリア直前に解禁できるので、そこで稼ぐ。 時間はそうかからず、10分程度で一周できるだろう。 生まれ変わったわたし (ブロンズ)|新しいミツバチのスキンをアンロックする 精密検査 (ブロンズ)|3D動物をアンロックする ミツバチのスキンと3D動物のモデルを購入することで取得できるトロフィー。 オプションボタンからを選択し、いつでも知識ポイントを消費して購入できる。 あるいは、巣の中の動物の像がある部屋で像の台にアクセスすることでも購入可能。 花のバスケット (ブロンズ)|花の婦人からすべての花粉を15回集める 各所にいる花の婦人から、花粉を15回集めるだけ。 全てとあるが、場所や種類は関係ない模様。 脱走アーティスト (ブロンズ)|クモの巣チャレンジをすべて完了する これもまた、クリア済みのチャレンジを何度もクリアすることでカウントを増やせるトロフィー。 ツリーハウス近くに二か所あるので、その二か所でカウントを稼ぐ。 一回クリアしたら、一度巣に戻ることでチャレンジは復活するので、いくらでも稼ぐことが可能。 ちなみに、ツリーハウスの巣の洞窟内にもクモの巣チャレンジがいくつか存在するが、ここも一度はクリアしなければならないのかは不明。 やってもやらなくても関係が無いような気もするが、取りこぼしが怖ければやっておくのが吉。 早期アクセス (ブロンズ)|トロフィールームのロックを解除する フルアクセス (ブロンズ)|洞窟のロックを解除する ストーリー進行で取得可能と思われる。 よく分からない内に勝手に取れたトロフィー達。 詳細はよく分かっていないが、おそらく条件通りに該当する部屋の解禁で取得できるのだろう。 通さないよ! (ブロンズ)|1回の戦闘でのハリーを倒す 時限トロフィー。 ストーリー後半あたりで、が巣に強襲してくる。 そこで、一発撃破が条件か?最初から敗北することなく撃破することで取得できたので、おそらくそれが条件だと思われる。 戦闘システム自体は通常の戦闘と同じだが、敵の体力が高い上に攻防が激しい。 失敗が怖ければPSplusにセーブデータを預けておくと良いかもしれない。 無限のその先へ (ブロンズ)|合計で10キロメートル飛行する 他のトロフィーを狙っている過程で取得可能。 美味しいごちそう (ブロンズ)|人間の料理を30回食べる そのまま。 そこらに散らばっているので、数をこなすのには困らないだろう。 こんなところか。 条件が分かりにくいものがちらほらと存在しているが、攻略情報が少ない。 マイナーゲーの定石通り、で探すのが最も手早いだろう。 条件さえ分かれば簡単に取れるものばかりなので、構える必要性は極めて薄い。 以上、「Bee Simulator」のトロフィー攻略でした。

次の

一緒にブーン!ミツバチシミュレーターで蜂ライフを堪能しよう

ミツバチ シミュレーター

オーイズミ・アミュージオは本日(2020年1月14日),ポーランドのVARSAV Game Studiosが手掛ける 「Bee Simulator」の日本語版 「ミツバチ シミュレーター」を, 4月23日にと向けに発売することを発表した。 ストーリーモードでは,新米ミツバチの視点から巣の運営を学んで仕事に挑戦し,いずれはスズメバチやクモといった外敵とも戦うことができるという。 現在は予約受け付けが行われており,パッケージには早期購入特典として 「はちさんストラップ」が付属する。 特典は各店舗の規定数がなくなり次第終了となるので,手に入れたい人は早めに予約しておこう。 ミツバチ視点のアドベンチャーゲーム 『ミツバチ シミュレーター』 発売日決定、及び予約開始のお知らせ 株式会社オーイズミ・アミュージオはこのたび、ミツバチ視点のアドベンチャーゲーム『ミツバチ シミュレーター(原題:Bee Simulator)』を2020年4月23日(木)にPlayStation 4とNintendo Switchでリリースすることを決定しました。 また、明日15日(水)の午前10時より全国の取扱店にて順次予約受付が開始されることを発表いたします。 プレイヤーはハチとして広い世界を冒険します。 空を飛び、巣のために働き、様々な動植物と出会い、ミツバチの生態を知るとともに人間とどう関わっているのかを学ぶ。 舞台として描かれる公園はセントラルパークを基にしており非常にリアル。 実際のハチの生態に着目した、教育的要素の含まれる展開も。 プレイヤーは新米ミツバチとして、先輩に仕事を教わりながら女王と巣のために一生懸命働きます。 レースで他の虫と競ったり、珍しい花から花粉を集めたり、八の字ダンスを踊ったり…時にはスズメバチやクモと戦うことも。 花の多い公園から街中まで、ブンブン冒険できます。 ゲーム内には出会った虫や生き物の生態、花粉を集めた草花などが収録される。 だんだんとデータが埋まっていく様子は、自らの手…いや、自らの前肢で図鑑を完成させるような達成感。 その他ロード中にもミツバチの生態に関するマメ知識などが表示され、待っている間にも飽きることなく楽しめる要素が満載。 完全オリジナルの非売品、ちなみにこのはちさんはゲーム本編と一切関係ありません。 でもかわいいです。 是非ご予約の上、はちさんストラップも一緒にGETして下さい。 【製品概要】 作品名 ミツバチ シミュレーター 対象機種 PlayStation 4 PlayStation 4 Pro対応 Nintendo Switch 発売日 2020年4月23日 木 発売予定 希望小売価格 5,980円+税 ダウンロード 5,980円(税込) ジャンル アドベンチャー プレイ人数 PS4:1〜4人(オフライン) Switch:1〜2人(オフライン) CERO A 販売元 株式会社オーイズミ・アミュージオ 公式サイト コピーライト Bee Simulator c 2020 published by Bigben Interactive S. and developed by VARSAV Game Studios S. All rights reserved. Licensed to and published in Japan by Oizumi Amuzio Inc. Bee Simulator c 2020 published by Bigben Interactive S. and developed by VARSAV Game Studios S. All rights reserved. Licensed to and published in Japan by Oizumi Amuzio Inc.

次の