プリズンブレイクシーズン4。 『プリズン・ブレイク』全ての登場人物・キャストを紹介

プリズンブレイク シーズン4 10話「レジェンド」感想・ネタバレ 彼は伝説になった

プリズンブレイクシーズン4

リンカーン・バローズの弟でIQが非常に高い天才。 建築技師として働いていたが、無実の罪で投獄されている兄を救うため、わざと銀行強盗をして重警備刑務所フォックスリバーに入所し脱獄を試みる。 過去に刑務所の設計に携わったこともあり、設計図を丸ごと体にタトゥーとして入れる。 リンカーン・バローズ(演 ドミニク・パーセル) マイケルの兄で、キャロライン・レイノルズ副大統領の弟殺しで死刑囚としてフォックスリバーに投獄されている。 一度は死刑のために電気イスに座るものの、マイケルのおかげで無事に脱獄することに成功。 実際には殺人はしておらず、組織や政府にはめられた。 気性が荒く喧嘩が得意。 サラ・タンクレディ(演 サラ・ウェイン・キャリーズ) フォックスリバー刑務所で医者として働いており、次第にマイケルに好意を抱く。 マイケルらの脱獄に手を貸して以来、人生が大きく変わり度々命を狙われる羽目に。 父親は州知事。 最終的にはマイケルと結婚し、無事息子を出産する。 フェルナンド・スクレ(演 アマウリー・ノラスコ) フォックスリバー刑務所の囚人でマイケルの同房人。 彼女のマリクルーズを心から愛しており、彼女のことを思うと周囲が見えなくなる。 プエルトリコ出身でスペイン語も話せ、性格的には人懐っこくいい奴。 ちなみに強盗をして刑務所に入ってしまった。 ベンジャミン・マイルズ・フランクリン(演 ロックモンド・ダンバー) フォックスリバー刑務所の囚人で通称シーノート。 アメリカ陸軍の元軍人で窃盗容疑で服役している。 家族にはイラクで仕事をしていると嘘をついていたが、脱獄でそれが家族にバレてしまう。 家族を一番に考える良い父親。 セオドア・ティーバッグ・バッグウェル(演 ロバート・ネッパー) フォックスリバー刑務所の囚人で、過去に何回もレイプ・殺人を犯し終身刑となる。 女でも子供でも男でも、誰でもいける変態野郎。 何かあるとすぐに人を殺そうとする非常に危険な人物。 最後の最後まで死なない何故だか憎めないキャラクターでもある。 ブラッド・ベリック(演 ウェイド・ウィリアムズ) 18歳の時からフォックス・リバー刑務所で刑務官として働いている刑務長。 刑務官という特権を利用して囚人から金を巻き上げている悪いやつ。 マイケルに目をつけ何かと騒ぎ立てる。 脱獄後は不正がバレてグビになり、500万ドルを追いかける。 ちなみに母親と一緒に暮らしている。 ポール・ケラーマン(演 ポール・アデルスタイン) レイノルズ副大統領に仕えてきたシークレット・サービスで、彼女のために様々な悪事を働く。 当初はリンカーンに罪を着せるために努め、またサラを拷問したりするが、最終的には心を変えて良いやつになる。 アレクサンダー・マホーン(演 ウィリアム・フィクナー) 脱獄後にマイケルらを逮捕しようと追いかけるFBIの捜査官。 自宅の庭裏には過去に追っていた犯人が眠っている。 精神的に不安定で薬を飲まないと正常でいられない。 最終的にはマイケルらに協力する。 ジョン・アブルッチ(演 ピーター・ストーメア) フォックスリバー刑務所の囚人でマフィアのボス。 倉庫で刑務作業をしたり、脱獄後に飛行機を手配したり脱獄に協力する。 塀の中では金に物を言わせて権力を握っている。 最期は自身を売った男、フィバナッチを追いかけるものの、罠に引っかかって自殺する。 チャールズ・パトシック(演 サイラス・ウィアー・ミッチェル) フォックス・リバー刑務所の精神病棟にいる囚人で、精神的に問題があり夜眠ることができない。 一時はマイケルと同じ房に入れられ、タトゥーが脱獄図だということを見破る。 一緒に脱獄するものの、最終的にはFBIのマホーンに追い詰められ高台から飛び降り自殺する。 デイビッド・アポルスキス(演 レイン・ギャリソン) フォックスリバー刑務所の囚人で、窃盗が得意。 脱獄計画を裏で刑務官のべリックにチクるものの、なんとか脱獄メンバーに入る。 無事脱獄するものの、ヘマをしてFBIに捕まりマホーンに銃殺される。 ちなみにあだ名はトゥイーナー。 チャールズ・ウエストモアランド(演 ミューズ・ワトソン) フォックスリバー刑務所の囚人で所内では猫を可愛がっている。 過去に500万ドルを持ち、飛行機から脱出しユタの農場に隠した(D. クーパー事件)。 マイケルはその情報を掴み、脱獄メンバーに引き入れようとするも最初は拒否する。 最期はベリックともみ合いになった時に負った傷が原因で診療室にて死亡する。 マンチェ・サンチェス(演 ジョセフ・ヌネズ) フォックスリバー刑務所の囚人でスクレの従兄弟。 マイケルらと共に脱獄しようとするも、体重の重さが原因で電線が切れてしまい脱獄に失敗してしまう。 トランペッツ(演 アンソニー・フレミング) フォックス・リバー刑務所の黒人囚人のリーダー的存在。 シーノートの仲間だったが、白人と一緒に居るのが気に食わず、後にシーノートを殺ろうとする。 ガス・フィオレロ(演 ピーター・リーンマン) フォックス・リバー刑務所の囚人でアブルッチの子分。 刑期は10年。 クリストファー・トロキー(演 ロバート・マイケル・ビュー) フォックス・リバー刑務所の囚人でティーバッグの仲間。 麻薬所持で収監されている。 セス・チェリー・ホフナー(演 ブレイン・ホーガン) フォックス・リバー刑務所の囚人でティーバッグと同じ房に入れられ精神的に参ってしまう。 ティーバッグの性的対象となってしまい、マイケルに救いを求めるものの最期は所内で自殺を図る。 ボルツ・ジョンソン(演 ダニエル・アラー) フォックス・リバー刑務所の囚人で同性愛者。 トゥイーナーと同じ房で、精神的に我慢できなくなったトゥイーナーにあそこを切られる。 バンクス(演 レスター・スペイト) フォックス・リバー刑務所の黒人受刑者。 ヘンリー・ポープ(演ステイシー・キーチ) フォックス・リバー刑務所の所長で、自身の工作を手伝わせるためにマイケルを特別扱いし、それが原因で脱獄されてしまう。 脱獄後は自ら辞め、一時的にマイケルらに手を貸す。 ロイ・ウィリアム・ギアリー(演 マット・デカロ) フォックス・リバー刑務所の看守だったが辞めさせられる。 脱獄後は仲良くベリックと500万ドルを求めて行動するが、最終的にはティーバッグによって殺されてしまう。 ルイス・パターソン(演 フィリップ・エドワード・ヴァン・レア) フォックス・リバー刑務所の看守で、所長の秘書ベッキーと不倫をしている。 キース・ストルティ(演 クリスティアン・ストルティ) フォックス・リバー刑務所の看守で、リンカーンに割と優しく電話をさせてくれたりする。 タイラー・ロバート・ハドソン(演 マイケル・カドリッツ) フォックス・リバー刑務所の看守で、マイケルの房のトイレの裏に穴があることを見つけるものの、ティーバッグらにそれが見つかり殺されてしまう。 ケイティ・ウェルチ(演 デュション・モニーク・ブラウン) フォックス・リバー刑務所の医者で、サラの同僚。 ベッキー・クローズ(演 ジェニファー・ジョアン・タイラー) フォックス・リバー刑務所でポープ所長の秘書に就いている。 アルド・バローズ(演 アンソニー・ジョン・デニソン) リンカーンやマイケルの父親で元々は組織で働いていたが、組織を倒そうと奮闘する。 最期はマホーンに背後から撃たれ死んでしまう。 フランク・タンクレディ(演 ジョン・ハード) サラ・タンクレディの父親で州知事でもある。 副大統領になることが決定していたが、知りすぎたため組織によって殺されてしまう。 ブルース・ベネット(演 ウィルバー・フィッツジェラルド) 州知事の秘書的な存在でサラを助けたり、マイケルらに保釈金を払ったりして助ける。 ジェーン・フィリップス(演 クリスティン・リーマン) マイケルの父親らと一緒に組織を倒そうとする仲間の1人。 クーパー・グリーン(演 ケヴィン・ダン) マイケルらが録音データを手渡そうとした地方検事。 ジャスパー・ポッツ(演 トロイ・ラプタシュ) 元々は組織の工作員だったが、現在は自動車ディーラーで働いている。 ドン・セルフとは昔から知っている仲だ。 フェリシア・ラング(演 バーバラ・イブ・ハリス) FBI捜査官でマホーンを慕っている部下。 マホーンに色々と協力する。 ウィラー(演 ジェイソン・デイビス) FBI捜査官でマホーンの部下だったが、次第に信頼がなくなり敵意を持って接するようになる。 リチャード・サリンズ(演 キム・コーツ) FBIの内部捜査官で、マホーンの不正について調査をしている。 ウィートリー(演 クリス・ブルーノ) FBI捜査官で、サラの脱獄を阻止しようと躍起になる。 ドナルド・セルフ(演 マイケル・ラパポート) アメリカ国土安全保障省の捜査官で、組織を壊滅させるべくスキュラを探している。 マイケルらにスキュラを探しを手伝わせる代わりに彼らの免責を提供する。 ハーブ・スタントン(演 マイケル・オニール) ドナルド・セルフの上司で、彼のスキュラ探しを止めさせようとする。 ミリアム・ホルツ(演 シャノン・ルシオ) ドナルド・セルフの部下でGATE社にトリシェインという名前で受付嬢として勤めている。 キャロライン・レイノルズ(演 パトリシア・ウェティグ) アメリカ合衆国の副大統領で、組織に操られ大統領選に出馬し一時的に大統領になる。 テレンス・ステッドマン(演 ジェフ・ペリー) レイノルズ副大統領の弟で、死んだことにされて別荘に幽閉されている。 ダニエル・ヘイル(演 ダニー・マカーシー) シークレット・サービスでケラーマンの部下で共に残虐なことを行う。 しかし、徐々にやっていることを疑問に思いリンカーンらに協力しようとする。 クイン(演 マイケル・ガストン) 組織の手先で、ケラーマン達の後始末をするためにやってきた人物。 サマンサ・ブリンカー(演 ミシェル・フォーブス) 組織の女性工作員で副大統領らにあれこれ指示を出す。 ボー(演 ジェイソン・ウェルズ) 借金を肩代わりするために、リンカーンにステッドマン殺害の指示をした人物。 ウィリアム・キム(演 レジー・リー) 組織の手先であり、マホーンらに指示を出す立場にある。 現場へ行くのではなく、オフィスで指示を出す仕事を好んでいる。 ジョナサン・クランツ(演 レオン・ラッサム) アメリカを背後で操っている組織のトップで、将軍と呼ばれている。 グレッチェン・ルイーズ・モーガン(演 ジョディ・リン・オキーフ) 組織の工作員で、リンカーンらの前ではスーザン・B・アンソニーと名乗っている。 SONA脱獄を指示したり、なかなかのやり手。 エリオット・パイク(演 ジョン・S・デイビス) 組織の手先でグレッチェンの部下でもある。 SONA刑務所を訪れる。 ワイアット・マシューソン(演 クレス・ウィリアムズ) 組織の殺し屋。 命令に忠実で目的達成のためならどんな冷酷なことでもする。 スチュアート・タクスホン(演 スティーヴ・トム) 組織の工作員でスペクトロリアム社の社長でもある。 大豪邸に住んでおり、スキュラを1枚を持っている。 リサ・タバック(演 ステイシー・ハイダック) クランツ将軍の娘で組織の工作員でもある。 また、トルコ領事エロル・タバックの妻でもあり、徐々に組織を不審に思い辞めてしまう。 グリフィン・オーレン(演 ショウン・デューク) 組織の工作員で財務省のトップでもある。 スキュラの1枚を持っている人物。 ハワード・スクデリ(演 ジュード・チコレッラ) 組織の工作員で、アグリソウ社の社長でもある。 妻はいるものの生殖能力を失っている。 スキュラの1枚を持っている。 フェン・ファン(演 ロン・ヤン) アジア系の犯罪組織に属しており、コール・ファイファーとスキュラ取引をする。 パトリック・ヴァイカン(演 マーク・ペリグリノ) グレッチェンがセルフに紹介したスキュラ売買の仲介人。 クリスティーナ・ローズ・スコフィールド(演 キャスリーン・クインラン) 死んだとされていたマイケルとリンカーンの母親。 元々は組織の一員だったが、現在はスキュラを奪うためにクランツ将軍とは敵対関係にある。 マイケルの生みの親というだけあってIQが高い。 ジョー・ダニエルズ(演 リッチモンド・アークエッテ) クランツ将軍の命令でサラの命を狙った人物。 ノーマン・セント・ジョン(演 ロバート・ウィスダム) SONAを仕切っている麻薬王で通称ルチェロ。 終身刑を5回も言い渡されている極悪人で、最初はマイケルのことを嫌っていたが、徐々に居場所がなくなり脱獄計画に参加する。 サミー(演 ローレンス・メイソン) ルチェロの手下で、平気で金を巻き上げたり血統を申し込んだりする人物。 後にルチェロのポジションを奪おうとルチェロを敵視するようになる。 ルイス・ガレゴ(演 カルロ・アルバン) アメリカ好きでバスケ好きな少年。 窃盗でSONAに入ることになったが、マイケルを手伝ったりして最終的に脱獄計画に参加する。 ジェームズ・ウィスラー(演 クリス・ヴァンス) パナマ市長殺害の罪でSONAへ。 組織は彼を脱獄させるためにマイケルやリンカーンらに協力させようとする。 ちなみに彼はスキュラに関するある重要な本を持っている。 アンドリュー・ティグ(演 ドミニク・キーティング) SONAに収監されてきた人物で、過去にウィスラーと会ったことがある。 クリストパル(演 レイ・ガイエゴス) ルチェロの手下としてサミーにスカウトされた囚人。 エスカミージャ(演 カルロス・コンピーン) SONAの元指揮官で、パナマ軍の大佐。 水や食料を手配していた。 サバラ(演 カストロ・グエラ) エスカミージャの後任でSONAの指揮官。 また、パナマ軍の将軍でもある。 メスタス(演 フリオ・セディーヨ) SONAの指揮官でパナマ軍の将軍。 短気な性格。 ベロニカ・ドノバン(演 ロビン・タニー) リンカーンの元恋人で弁護士でもある。 リンカーンを助けるために、刑務所の外で無実を晴らそうと奮闘する。 結婚寸前のフィアンセがいるが・・・。 ニック・サブリン(演 フランク・グリロ) プロジェクト・ジャスティスの弁護士でベロニカらに協力してリンカーンの罪を晴らそうとするが、裏で組織やアブルッチに使われている!? リンカーン・バローズJr(演 マーシャル・オールマン) リンカーンの一人息子で通称LG。 成績は良かったものの、父親が投獄されて以降は変わってしまい、運び屋などに手を出し始めてしまう。 ニカ・ヴォレク(演 ホリー・ヴァランス) プラハ出身のストリッパーで、グリーンカード目的でマイケルと偽装結婚した。 度々刑務所を訪れてマイケルの脱獄の協力をする。 ソフィア・ルーゴ(演 ダナイ・ガルシア) ウィスラーの恋人で、リンカーンと共に行動して脱獄させるために協力する。 ローランド・グレン(演 ジェームズ・ヒロユキ・リャオ) スキュラを探すためにマイケルと共にチームを組む天才ハッカー。 過去に不正をして、それを免除させてもらうためにセルフに協力している。 マリクルーズ・デルガド(演 カミル・グアティ) スクレの恋人で彼の子供を妊娠しているが、一人で子育てすることに抵抗があり、次第にヘクターに惹かれていく。 リサ・リックス(演 ジェサリン・ギルシグ) リンカーンの元妻でLJの母親。 現在はエイドリアンという男と再婚している。 ルティシア・バリス(演 アディーナ・ポーター) リンカーンの無実を証明できる人物と思われていた男クラブ・シモンズのガールフレンド。 最初はベロニカには非協力的だが、徐々に協力しようとする。 フィリー・ファルゾーニ(演 アル・サピエンザ) アブルッチの部下で大物マフィア。 彼を刑務所にぶち込んだ張本人フィバナッチを執拗に探す。 ヘクター・アビラ(演 カート・ケイサーズ) スクレの従兄弟。 マリクルーズと結婚しようと試みる。 オットー・フィバナッチ(演 ロデリック・ピープルズ) アブルッチが経営する会社で働いていた元従業員で、アブルッチが処刑するところを目撃してしまい、警察に通報する。 その後は証人保護を受けており身を隠している。 ケイシー・フランクリン(演 シンシア・ケイ・マクウィリアムズ) シーノートの妻で、彼はイラクで陸軍として働いていると思っている。 ディディ・フランクリン(演 ヘレナ・クレボーン) シーノートの一人娘で多発性嚢胞腎を患っている。 スーザン・ホランダー(演 K・K・ドッドス) 早くに離婚し、息子ザックと娘グレイシーを女手ひとつで育てており、数年前からはティーバッグと共に生活していたのだが、たまたまテレビで彼が指名手配犯であることを知ってしまい、そのまま通報する。 マーヴィン・グダット(演 ランジット・チョウドリー) ティーバッグの左手の手首の縫合手術をした獣医。 デブラ・ジーン・ベル(演 クリスティン・マルコ) トゥイーナーと車の相乗りをする女学生。 彼を好意的に見ていて、モーテルで一緒に滞在したりする。 ジャネット・オーウェンス(演 ダイアナ・スカーウィッド) ユタ州のダブルK農場にある家の家主。 家の倉庫にウェストモアーランドが隠したとされる500万ドルが眠っているようで、マイケルらが探しに来る。 アン・オーウェンス(演 アレクサンドラ・ライドン) ジャネットの娘で婦人警官をしている。 家に帰ってきたところをマイケルらに拘束されてしまう。 妊娠しており、スクレのことを説得しようとする。 パメラ・マホーン(演 キャリー・ソーン) FBI捜査官アレクサンダー・マホーンの元妻で、息子キャメロンと共に暮らしている。 デニス(演 シルヴァ・ケルジアン) ホランダー家族の移転先を知るためにティーバッグが狙った郵便局員の女性。 サーシャ(演 ケイリー・クオコ) ヘイワイヤーが逃亡中に出会った女性で、彼女の家には酒好きな父親がいる。 クリスティン・ペイス(演 ティナ・ホームズ) ポール・ケラーマンの妹で、ずっと音信不通だった。 メアリー・フランシス(演 クリスタル・マンテコン) SONAを出入りしてルチェロと会っている娼婦。 次第にティーバッグに惹かれるようになる。 グレゴリー・ホワイト(演 マイケル・ブライアン・フレンチ) スキュラと関係があるGATE社の社長。 ティーバッグ扮するコールファイファーを信頼している。 アンドリュー・ブラウナー(演 デミオン・クラーク) GATE社の社員でティーバッグ扮するコールファイファーを最初から不審に思っている。 リタ・モーガン(演 ヘザー・マコウム) グレッチェンの姉で彼女の娘の親権を持っており、育てている。 エミリー・モーガン(演 レーガン・リチャーデル) グレッチェンの一人娘。 ナヴィーン・バナルジー(演 アンソニー・エイジジ) インド首相の息子で、太陽光を使った新しい技術に興味を持っており、その件でクリスティーナと交渉している。 ダディ(演 ロリ・ペティ) ファイナル・ブレイクでサラが収監されている女子棟の囚人で、彼女に目を付けている。 シムズ(演 エイミー・アキーノ) デイド刑務所の所長。 カウラー(演 アイシャ・ハインズ) 女子棟の黒人看守でレズビアン。 エド・パベルカ(演 ブランドン・スミス) フォックスリバー刑務所でポープ所長の後任となった人物。 刑務官らによる不正を禁じ、とても厳格に規律を重視する。 ナサニエル・エディソン(演 ジョン・サンダーフォード) 組織の工作員で競馬好きで馬主。 スキュラの1枚を持っている。 ジェイソン・リーフ(演 ジョン・ローゼンフィールド) ウィスラーにスキュラを高値で売りつけようとする。 シャン・シン(演 クリント・ジャン) アジア系の犯罪組織に所属しており、フェンの部下。 ヴィンセント・サンディンスキー(演 アイヴァン・ブロガー) エネルギー会議に出席するためにマイアミ飛行機でやってきた男。 クリスティーナと関わりがある人物。 チェオ(演 カーティス・ウェイン) ルチェロの手下。 パポ(演 ダヴィ・ジェイ) ルチェロの手下。 ホワン・ニエベス(演 マニー・ルビオ) ルチェロの手下で麻薬の売人。 ピスタチオ(演 ジョー・ホルト) SONAで散髪屋をしているオカマちゃん。 サンチョ(演 ネイサン・カスタネダ) ティーバッグと一緒に行動する太った男。 ウルタード(演 アレックス・フェルナンデス) S ONAの監視員でパナマ軍の軍人。 気性がとても荒い。 ラファエル(演 ジョセフ・メレンデス) SONAの監視員でパナマ軍の軍人。 スクレのことを怪しんでいる。 アルフォンソ・ガレゴ(演 グスタボ・メラド) マクグレディの父で、息子の脱獄に手を貸す。 セバスチャン・バルフォー(演 アンソニー・スターク) ベロニカの婚約相手だが、リンカーンのことで頭がいっぱいな彼女にイラついている。 ピーティ・コルデロ(演 モーリス・リプケ) スクレの従兄弟。 シルビア・アブルッチ(演 ダニエル・ディベチオ) ジョン・アブルッチの妻で息子と娘を育てている。 ジョンの出所後に復讐心に燃えている彼をなだめようとするが失敗する。 テレサ・デルガド(演 レイチェル・ロエラ) 妹想いなマリクルーズの姉。 オーグスト(演 F. リオ) ルチェロの従兄弟。 葉巻や麻薬などを密かに送っている。 ワイフ(演 サーフ・ブラッドショー) 刑務所の女子棟の囚人。 アガサ(演 アリシア・ラガーノ) 刑務所の女子棟の囚人。 サラの命を狙う。 スキッタルズ(演 ドット・マリー・ジョーンズ) 刑務所の女子棟の囚人で、知的障害を持っている。 マイケル・スコフィールド• リンカーン・バローズ• サラ・タンクレディ• フェルナンド・スクレ• ベンジャミン・マイルズ・フランクリン(シーノート)• セオドア・ティーバッグ・バッグウェル• ブラッド・ベリック• ポール・ケラーマン• アレクサンダー・マホーン• ジョン・アブルッチ• チャールズ・パトシック(ヘイワイヤー)• デイビッド・アポルスキス• チャールズ・ウエストモアランド• マンチェ・サンチェス• トランペッツ• ガス・フィオレロ• クリストファー・トロキー• セス・チェリー・ホフナー• ボルツ・ジョンソン• バンクス• ヘンリー・ポープ• ロイ・ウィリアム・ギアリー• ルイス・パターソン• キース・ストルティ• タイラー・ロバート・ハドソン• ケイティ・ウェルチ• ベッキー・クローズ• アルド・バローズ• フランク・タンクレディ• ブルース・ベネット• ジェーン・フィリップス• クーパー・グリーン• ジャスパー・ポッツ• フェリシア・ラング• ウィラー• リチャード・サリンズ• ウィートリー• ドナルド・セルフ• ハーブ・スタントン• ミリアム・ホルツ• キャロライン・レイノルズ• テレンス・ステッドマン• ダニエル・ヘイル• クイン• サマンサ・ブリンカー• ウィリアム・キム• ジョナサン・クランツ• グレッチェン・ルイーズ・モーガン• エリオット・パイク• ワイアット・マシューソン• スチュアート・タクスホン• リサ・タバック• グリフィン・オーレン• ハワード・スクデリ• フェン・ファン• パトリック・ヴァイカン• クリスティーナ・ローズ・スコフィールド• ジョー・ダニエルズ• ノーマン・セント・ジョン(ルチェロ)• サミー• ルイス・ガレゴ• ジェームズ・ウィスラー• アンドリュー・ティグ• クリストパル• エスカミージャ• サバラ• メスタス• ベロニカ・ドノバン• ニック・サブリン• リンカーン・バローズJr• ニカ・ヴォレク• ソフィア・ルーゴ• ローランド・グレン• マリクルーズ・デルガド• リサ・リックス• ルティシア・バリス• フィリー・ファルゾーニ• ヘクター・アビラ• オットー・フィバナッチ• ケイシー・フランクリン• ディディ・フランクリン• スーザン・ホランダー• マーヴィン・グダット• デブラ・ジーン・ベル• ジャネット・オーウェンス• アン・オーウェンス• パメラ・マホーン• デニス• サーシャ• クリスティン・ペイス• メアリー・フランシス• グレゴリー・ホワイト• アンドリュー・ブラウナー• リタ・モーガン• エミリー・モーガン• ナヴィーン・バナルジー• ダディ• シムズ• カウラー• エド・パベルカ• ナサニエル・エディソン• ジェイソン・リーフ• シャン・シン• ヴィンセント・サンディンスキー• チェオ• ホワン・ニエベス• ピスタチオ• サンチョ• ウルタード• ラファエル• アルフォンソ・ガレゴ• セバスチャン・バルフォー• ピーティ・コルデロ• シルビア・アブルッチ• テレサ・デルガド• オーグスト• ワイフ• アガサ• スキッタルズ• ジェイコブ・アントン・ネス• ウィップ• マイケルJr. サイクロプス• クロス• アブ・ラマル• バン・ゴッホ• オマー• マイケルの手紙を渡す子供• ジャミール• ヘンリー・キシダ• ムスタファー• ザカート• ムハンマド・アルトゥニス• イエメンのパスポート偽造人• イエメンの連邦判事• グレース• ジェイコブ・ネスの父親• ジェイコブ・ネスの母親• ヘザー• アンドリュー・ネルソン• イエメンから出国したパイロット• キーナン刑事• バラード医師• ルカ・アブルッチ• CIA長官• 元CIA副長官ハーラン・ゲインズ• 貨物船のキャプテン• アルジェリアの船乗り• ブルー・ハワイ.

次の

プリズンブレイクシーズン4のローランドの扱い酷くない???

プリズンブレイクシーズン4

All rights reserved. 実際彼のおかげで上手くいく部分も多々あるものの、それを打ち消すには十分過ぎるほどの暴挙に出る。 具体的には 計画のためカジノに行くのだが 一人計画を無視、スロットにハッキングをしかけ大儲けをしようとする。 しかし警備員に捕まり 計画は頓挫。 そして 周りからは袋叩き(当然)。 孤立した彼は、敵(詳細は省略)に自分達の情報を全て渡すから金をくれと提案。 100万ドルを渡すという敵の見え見えの罠にかかり、おびき出された彼は撃たれて死亡・・かと思いきやしばらく苦しむ・・・。 そして息も絶え絶えなところに主人公達が到着、助けてくれと頼むが無視され亡くなる・・・。 他にも細かい点はあるものの 大筋はこんな感じ。 この文章だけで見ると、自業自得なだけだし扱いが酷いわけではないんだけど、全体的な雰囲気というかアジア人への偏見みたいな、ステレオタイプみたいなものが感じられた。 見たことがある人はなんとなくわかるのでは。 まあそんなに大げさなものではないんだけど。 具体的には 「言葉遣いや態度が悪く卑怯」みたいなキャラに終始する。 暴言リストでも作れるんじゃないかというくらい。 例えば「お前裏切ってるんだろ?」と味方に疑われた時にはこの態度。

次の

プリズン・ブレイク(シーズン4)

プリズンブレイクシーズン4

1.マイケルがどんどん・・・? 主人公のマイケル・スコフィールドですが、めちゃくちゃかっこいい。 まさにこういうのをハンサムというのでしょう(え、時代遅れ??) マイケルが・・・どんどん太っていったような・・・ 最初は顎のラインがキラリと尖っていたのが、途中から二重あごに・・・いやいや、、、きっと見間違いだ・・・でも余ってる。 ちょっと残念でしたが、撮影期間は相当長いので、それなりに体重の上下がありますよね。 撮影期間の長さで言うと、 シーズン1なんて、3週間そこらで、夏がきて、冬が来ますから 撮影の関係でこればっかりは仕方がありませんね。 このマイケルですが、頭がキレッキレで、まさに天才。 の反面、ちょっと自己中ですね。。。 シーズン1の脱走では、あのおデブさんは明らかに電線をつたえないのに、計画については内緒で、同じ脱走仲間に引き入れますからね。。。 かわいそうなことをしました。 シーズン3の脱走では、ティーバッグたちを生贄にして脱走しますし。 冷酷ですね。 また、殺さずを貫いたことは偉かったですが、その代わりに仲間に殺しをさせたり、仲間が死んだり。。。 自己中が目立ったような・・・ 人を助けなければいけない症候群になっているはずなんですけどね。 大いなる目標の前には多少の犠牲も必要ですかね。 しっかし、、、 マイケル殺さなくてよかったじゃん ファイナルブレイクというたった2話のために、、、「プリズン・ブレイク」というタイトルのために、サラを牢獄に送った2話。。。 マイケルを殺す必要もなく、ハッピーエンドで終わればよかったと思ってます。 シーズン4の最後で、鼻血を出した時に、、、嫌な予感していたんですよ。 余計な演出しやがって・・・ ネットで、ファイナルのシーンは、 ゴム手袋あったら、マイケル死ななかったのに とかわいそうなこと書かれてました。。。 2.リンカーンはただのゴリラではなかった リンカーン・バローズ。 シーズン1では、ただのゴロツキというイメージで、怪力ゴリラのイメージしかありませんでしたが。 シーズン3あたりから、頭がいいゴリラに昇格。 しまいには、男前も合わさって、かなりいいキャラに成長しましたね。 シーズン1ではあんなに、こだわっていたベロニカも、死んでしまった後では一切思い出すこともなく、過去の人に。 この切り替えの早さがプリズンブレイクですね。 というか、死んだらもう用なしということです。 そんだけたくさん死にますもんね 3.ティーバッグはやっぱり異常者 ティーバッグが人気があったようですが、やっぱり、ぼく的にはいまいちでしたね。 独特の存在感があり、頭の回転も早く、どういうキャラに成長するのかと楽しみにしていましたが、 最後の最後までマイケルたちの足を引っ張ることに執念燃やした嫌なやつだった 残念です。 ベリックは本当に嫌なキャラでしたが、シーズン4では見事に良いキャラに成長しましたね。 シーズン1や2ではコイツ、はよ、どっかいけや、なんて思っていたんですけど。 終わりよければ全て良し。 彼は英雄ですよ。 というような、展開をティーバッグにも期待をしていましたが、だめでした。 「俺はもう誰も裏切らずに生きるんだ」と名言を漏らしていましたが、うーむ、、、。 彼の特殊な生い立ちがそうさせたんですね。 そこには同情します。 彼には、損得関係抜きに、信頼して関わりあえる仲間やコミュニティが必要だったんですよね。 彼自信も求めていたように思います。 ただ、脱獄後も関わりがあるのは脱獄仲間しかおらず、彼らからは冷たい扱いを受けるだけですから。 マイケルもこういったところに救いの手を差し伸べてはくれません。。。 シーズン4で脱獄して、ルチェロの女のところにいき、安息を手に入れます。 そこで、彼の旅は終えて、新しい一歩を始めればよかったのに、、、 復讐者になったのがそもそもいけませんでしたね。 彼には刑務所が似合う 最後まで見たら、そう思います 笑 4.マホーンが一番推し アレクサンダー・マホーン。 シーズン2の登場では、変わった顔立ちだなと思ってましたが、シーズンが進めば進むほどに、男前に。 彼の人生は、不幸の連続で、、、よくもまあ生きてこれたなと思います。 指名手配犯を殺し、薬中毒になり、組織の手先になり、刑務所に入れられ、組織と戦い・・・ でも、 彼は最強の戦士ですから 大丈夫ですね。 マイケルが人殺しをしなくて済んだのは、マホーンがいたからかもしれません。 リンカーンとの対立にも終止符が打たれるシーンは感動的でした。 話が進めば進むほどに魅力の出るキャラでした。 ただし、ファイナルブレイクでは、マイケルたちを少し裏切ったのが余計でした。。。 5.いいところだけ持っていくシーノート いやあ、、、お前どうなん? っていつも思いながら見ていたのがシーノート。 いっつも自分の言いたいことだけ主張して、文句ばかり。 マイケルから信用されずに邪険に扱われていてかわいそうでしたが。 結局、いち早く、自分だけ逃亡生活を終え。 シーズン4でも何にもしてないのに、恩赦をもらい。 ・・・。 どうなんでしょうね。。。 6.出番のなくなったL. Jってさ、リーンカーン・バローズジュニア・・・らしいけど、アメリカの命名ってそんなもんなん? まず驚きました。 ゴリラがつけるとそうなるのか・・・。 (失礼) 殺されそうになって災難ばかりでしたが、結局、最後の方は本当に出番がありませんでしたね。 リンカーンの息子で重要な立ち位置でしたが、 ただの人質要員扱い・・・ うーむ。 あと、サラと同様に出れない事情があったようで。 リアルに逮捕されていたようです。。。。 サラは妊娠・出産で、シーズン3は出番がなかったようです。 7.最後は報いを受けたドン・セルフ いやあ、、、びっくり、パソコンで打ったら、 丼・セルフになっちゃった 丼がセルフなら具を沢山のっけて・・・。 苦笑 こいつだけはいいやつだと思っていたのに、裏切りとは。 おまけに、セルフの裏切りで一気に混迷度がまし、スキュラが行ったり来たり・・・・。 なんか、、、このときばかりは、 話を引き延ばしているだけじゃ・・・ とか思ってしまった。 プリズン・ブレイクって話の展開をどんどん変えるためか、人がバンバン裏切りますよね。 そして、その原因はお金。 そこまでしてお金が欲しいのかと心底思いますが、 セルフも最後は、家族を殺され、脳が萎縮して・・・報いを受ける形になりました。 こういう演出はやっぱり、視聴者を意識しているんですかね。 8.あの一言がなければ人生が幸せだったサラ サラ・タンクレディ パパが知事の安泰な家系なはずが・・・。 最後まで生き残りはしましたが、 最も不幸になった人なんじゃないか・・・ マイケルに「カギを閉め忘れて欲しい」と言われて、人生が狂いましたね。。。 あれさえなければ、パパが死ぬこともなかったし、、、いろいろ失わくても済みました。。。 マイケルに人生を狂わされたようなものです。 逃亡生活したり、傷を負い、麻酔もなく腕を縫ったり、拷問されたり、、、、 散々でした・・・。 でも、妊娠が発覚した時に、やることはちゃんとやっていたのかよ・・・って。。。。 その後、牢屋に入れられ、マイケルに先立たれ・・・アメリカ政府には追われる身になって。。。 うーん。。。 大殺界だったんだな と勝手に解釈してます 9.組織の謎 こういう設定のところをいじくりまわしても仕方ないけど、少しだけ。 シーズン1や2では組織の設定的には問題がなかったんですが、シーズン4はきつかったですね。。。 そもそも、組織というのは極悪非道組織ではなく、一歩進んだ技術を持った組織なわけですが、 誰が研究開発してるの? というか、その資金源はどこから?? シーズン1で出てきたようなダミー会社を利用して資金を手にするにしても、限界がありますし。 構成員はそれぞれ仕事を持っているから、組織からのお金の供給は必要がないということですかね。 そこまでの巨大組織であれば、シーズン4では、 クランツ将軍が直接指揮しなくてよかったんですけどね 言い出したらキリがないんですけど。 あと、スキュラをめぐる戦いになるわけですが、 パソコンにコピーしたら終わりでは? と思ってましたが、、、だからデータって怖いですね。 とこの辺にしておきます。 終わりに 長編になればなるほどに、やっぱりちょっとした矛盾点などは出てくるもので、それを放っておいてしっかりと楽しめるのがプリズン・ブレイクでした。 毎回ハラハラドキドキさせられる展開はたまりませんでした。 今回はキムタクのHEROを見てましたが、急速に面白くなくなってしまい、途中で見なくなりました。 海外ドラマって偉大だなと改めて実感。

次の