蜂 刺された跡。 イラスト図解!蜂に刺されたときの応急手当とNG対処例

ハチに刺されたら診察を受けてください!

蜂 刺された跡

一般事項 [ ] ・・・などに刺されたり、毛虫や毒蛾にかぶれた場合、(軟膏、クリーム)を塗ると効果的である。 また冷たいタオルなどで患部を冷やすと、かゆみや痛みが和らぐ(局所)。 ひどい場合は、ステロイドの内服や注射を行うこともある。 飛翔する昆虫は体温が高く、毒が温熱で失活しにくい。 ムカデや毛虫といった飛翔しない昆虫は体温が低く、その毒は温熱で失活しやすい。 ラップの上から冷水や氷で冷やしたで20分ほど冷やすと痒みがなくなり腫れも改善する。 この方法だと、患部をラップで覆うため、患児がもし掻いてしまったとしても、になりにくい。 蜂刺傷 [ ] に刺されて恐いのは、全身にアレルギー反応が起こりで命に関わる場合である。 日本では年間20〜40人程度、多い年では70人以上の死亡者を出している。 全身の、呼吸困難、気分不快、冷や汗、めまいなどの症状が起こった場合は、ショックに準じた治療が必要である。 ショック症状は刺傷から数分で始まることもあり、このような状態になった場合、躊躇せずに通報し、を要請すること。 刺された場所が1〜2日後に腫れたり痛んだりすることがある。 普通のに準じた治療、すなわちステロイド系の外用、内服、注射などで対処する。 これ自体は命に関わるものではない。 対処法についてはの項も参照。 ムカデ咬傷 () [ ] 毒も(、、)と同じようにアレルギー反応を起こすことがあり、対処法も蜂と同じである。 就眠中に咬まれることが多く、咬まれた直後に激しい痛みに襲われ、局所が腫れて痛む。 ホッチキスの針で穴を空けたような傷が残るのが特徴的。 同じくステロイド外用、内服、注射が奏功する。 傷部が感染することがあり抗生剤内服も行う。 ムカデによる虫咬傷では、温熱によりムカデ毒が変性・失活し、症状が軽快する。 ムカデ毒を失活させた後、氷で冷やすと血液循環が低下し、炎症が鎮静して、痛みが軽減する。 サソリ刺傷 [ ] メキシコでは刺傷で年間2000人の死亡者が見られ、イスラエル、インドにおいても、サソリ刺傷による高い死亡率が報告されている。 に作用して、筋肉の痙攣や呼吸困難を引き起こす。 治療には、抗サソリ毒血清が有効である。 ダニ刺傷 [ ].

次の

虫刺され跡を消す・残りにくくする方法。まずは石鹸で洗い流して | 女性の美学

蜂 刺された跡

「アンモニアが効く」という言い伝え アラフィフ記者には、こんな記憶がある。 小学生の頃、同級生男子たちと草原で遊んでいたら、ひとりが虫に刺された。 ハチだったかは定かでないが、遊びは中断。 患部は少し赤く腫れていて、本人も痛そうだった。 仲間のひとりがおもむろに、こんなことを言い出した。 「よし、みんなで一斉にオシッコをかけてやろう」 「虫刺されにはアンモニアが効く。 そこで『最も身近なアンモニア』であるオシッコを活用しよう」という説明だ。 なるほど、もっともらしいし何より早く友人を助けたい。 みんなで「よしっ」と思った瞬間、刺された本人が「やめてくれ~」と逃げ出した。 集団でオシッコをかけられる自分を想像したら、さすがに嫌になったのだろう。 虫刺され、中でもハチに刺されたらオシッコをかけるという「言い伝え」を知る人は、意外といるようだ。 インターネットの質問投稿サイトでは「本当に効果があるのですか」と信ぴょう性を問う質問が複数見つかる。 J-CASTヘルスケア編集部内でも、30代の記者から「子どものころに聞いたことがある」との声があった。 逆に年長者でも知らないという意見が出た。 農林水産・食品産業技術振興協会のウェブサイトに「虫の雑学」というコーナーがある。 少し前だが1999年の記事で、筆者が子どもの頃アシナガバチに刺された友人に「早くオシッコかけてくれ」と懇願された思い出を振り返っていた。 その後「あれから60年」と書かれているから、戦前の記憶だったのだろうか。 さらに記事には、こんな興味深い記述があった。 「昔はたいていの家庭にアンモニア水が常備されていた。 酸の中和力を利用した虫刺されの唯一の家庭薬で、ハチに刺された痛さとともに、鼻を刺す特有の臭いを記録(原文ママ)されている方も多いであろう。 一方、アンモニアの登場以前から虫刺されに小便を塗る民間療法も各地にあった。 伝承的に小便のアンモニアが利用されていたのである」 「医学的な根拠はありません」 さて、肝心の効果はどうなのか。 結論から言えば、オシッコをかけても全く意味はない。 武田薬品工業の100%子会社、タケダコンシューマーヘルスケアのサイトに、こんな説明がある。 「『ハチに刺されたらオシッコをかけるといい』とよくいわれますが、医学的な根拠はありません」 アンモニアが効果を発揮するのはアリの毒素「蟻酸」だけで、むやみに肌にかけると接触性皮膚炎の原因となる可能性もあるという。 逆効果になる恐れがあるので、やめたほうがよい。 なお蟻酸は、どのアリも持っているわけではない。 最近問題となっているヒアリの毒は蟻酸とは別のようなので、やはりオシッコは役に立たない。 ハチに刺されたら、患部は流水でよく洗う。 針が皮膚に残っていたらピンセットなどで取り除き、患部を冷やして病院に直行しよう。 呼吸困難や意識障害といったアナフィラキシーショックと思われる症状が出たら、救急車を呼ぶことだ。

次の

蜂に刺された時に出るすべての症状~すぐやっておきたい応急処置法 | クジョカツ

蜂 刺された跡

気温が温かくなってくると、肌の露出が増えてきますよね。 肌の露出が増えると同時に、虫に刺される頻度も多くなってきます。 特に、虫刺されの頻度が多くなる、夏から秋にかけては、十分注意が必要になります。 しかし、十分注意をしてても、虫に刺されてしまいます。 ひとまとめに虫刺されと言っても、刺された場所が、かゆい場合やかゆみと痛みがある場合など症状は様々です。 「虫に刺されたけど、どの虫に刺されたの?」「どの虫に刺されるとダメなの?」と思う人もいますよね。 また、刺された場所の見た目も、湿疹のような状態や水ぶくれの状態などで、違います。 症状が違うということは、当然違う虫に刺されているということです。 刺される虫によって対処法も違います。 間違った対処法を行わないように、症状とどの虫に刺されたのかをしっかりと把握しましょう。

次の