シミウス 効くの。 効果は?8か月使ってるシミウスジェルの私の口コミ!

ニベアの青缶に〇〇を混ぜたら顔のシミが消える?美白効果を調査!

シミウス 効くの

シミウスがニキビ・ニキビ跡に効果的なポイントは「抗炎症成分配合でニキビの炎症を抑え早く治すことができる」「天然由来成分の整肌作用によりニキビができにくい肌に整える」「美白成分がニキビによる色素沈着 シミ)を予防する」の3つです。 シミウスは抗炎症成分の「グリチルリチン酸ジカリウム」を有効成分としており、ニキビやニキビ肌の方が使いやすい処方になっています。 また美白有効成分の「プラセンタエキス」が、ニキビによる色素沈着(シミ)を予防することができます。 シミウスがニキビ跡に効く理由1・抗炎症成分がニキビの炎症を抑えて改善する シミウスがニキビ跡に効果的な理由は、抗炎症成分配合によりニキビの炎症を抑え早くニキビを沈静化させることができるからです。 シミウスの有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」は強い抗炎症作用を持ち、ニキビやニキビ跡に効果的な成分です。 ニキビなど肌に炎症が起きている状態は、肌のバリア機能が低下し、紫外線などの外部からの刺激に弱くなっている状態です。 炎症が起きている部分は常にメラニン生成が活性化されている状態で、紫外線などの外部からの刺激を受けることでよりメラニンの生成が活発になり、色素沈着(シミ)が起きやすくなっています。 そのため肌の炎症(ニキビ・ニキビ跡)は早急に改善し、色素沈着 シミ)の発生を抑える必要があります。 シミウスはグリチルリチン酸ジカリウム以外にもたくさんの抗炎症成分を配合しているため、ニキビ・ニキビ跡に効果的なオールインワンジェルです。 シミウスがニキビ肌に効く理由2・天然由来成分が整肌効果をアップしニキビができにくくなる シミウスがニキビ肌に効果的な理由は、豊富に配合された天然由来成分の整肌効果により、ニキビができにくい肌に整えることができるからです。 シミウスに配合されているニキビ・ニキビ跡に効果的な天然由来成分は、シコンエキス・シナノキエキス・セージエキス・トウキンセンカエキスなどです。 これらの天然由来成分が肌を整え、ニキビができにくい肌に導きます。 ニキビにはさまざまな原因があり、生活習慣やホルモンバランスの乱れなどにより皮脂の分泌が過剰になり毛穴詰まりを起こし炎症を起こします。 原因がさまざまなため、整肌効果のある天然由来成分でニキビができにくい肌を作ることが最も効果的です。 シミウスは繰り返す大人ニキビの改善に効果的なオールインワンジェルです。 シミウスがニキビ跡に効く理由3・美白成分がニキビによる色素沈着 シミ)を予防する シミウスがニキビ跡に効果的な理由は、ダブルの美白有効成分がニキビによる色素沈着(シミ)を予防することができるからです。 シミウスに配合されている美白有効成分は、プラセンタエキス・グリチルリチン酸ジカリウムの2種類です。 これらの美白成分は、メラニンの活性化を抑制することでシミを予防する効果が期待できます。 ニキビなどの炎症から肌を守るために、肌は防御反応としてメラニンの生成を活発化します。 炎症がある状態の肌では常にメラニンが活発に作られているためシミができやすい状態になっています。 ニキビやニキビ跡のある肌はシミが作られやすい状態のため、メラニンの活性化を抑制する美白有効成分がシミの予防に効果的です。 シミウスは薬用美白オールインワンジェルであり、ニキビやニキビ跡によるシミの予防に効果的ですよ。 シミウスはニキビの炎症を抑える抗炎症成分や、ニキビ・ニキビ跡の色素沈着(シミ)を予防する美白成分を豊富に配合しています。 シミウスを継続して使用することで、整肌効果が高まりニキビができにくい肌に整います。 抗炎症成分により炎症性ニキビを早く鎮静化させニキビ跡や色素沈着を予防します。 シミウスジェルに配合されている2種類の美白有効成分により、ニキビ・ニキビ跡による色素沈着(シミ)を予防します。 では、シミウスに配合されているニキビ・ニキビ跡に効果的な抗炎症成分・美白有効成分について紹介していきますね。 シミウスのニキビ跡に効く成分・プラセンタエキス シミウスに配合されているニキビ跡による色素沈着(シミ)の改善・予防に効果的な成分を紹介します。 シミウスに配合されている美白有効成分のプラセンタエキスは、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあります。 美白有効成分のプラセンタエキスは、胎盤から抽出される成分です。 効果・効能はいまだに不明な部分が大きいのですが、ビタミン・ミネラル・成長因子など肌の再生に効果的な成分が豊富に含まれています。 そのため肌の新陳代謝を活性化し、肌のターンオーバーの改善に役立ちます。 できてしまったシミは、肌の奥にメラニンが過剰に蓄積している状態です。 正常な肌ならターンオーバーの過程で過剰なメラニンが排出されます。 加齢などによりターンオーバーが乱れると、メラニンが過剰になりシミに変化します。 プラセンタエキスは肌の新陳代謝を活性化しターンオーバーを改善する働きがあるため、美白効果が高いと言えます。 ニキビ・ニキビ跡のように肌に炎症が起きている状態だと肌の内部では常にメラニンの生成が活性化された状態となっています。 炎症の起きた肌は肌の防御反応としてメラニンの生成が活発化するため、炎症のない肌に比べるとシミができやすい状態と言えます。 ニキビやニキビ跡があるだけでシミのリスクが高くなるため、プラセンタエキス 美白有効成分)のメラニンの生成を抑制する効果が必要になります。 シミウスは美白有効成分プラセンタエキスが配合されているため、ニキビ・ニキビ跡による色素沈着(シミ)の予防に効果的です。 シミウスのニキビ跡に効く成分・グリチルリチン酸ジカリウム シミウスに配合されているニキビ・ニキビ跡による色素沈着(シミ)の予防に効果的なグリチルリチン酸ジカリウムについて紹介します。 美白有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムは、強い抗炎症作用を持つ成分です。 ニキビや肌荒れに効果的な成分とされています。 ニキビや肌荒れなど肌に炎症が起きている状態はシミの原因となります。 炎症が起きている状態は紫外線など外部からの刺激に弱い状態であり、炎症部分は常にメラニンが活性化している状態です。 ニキビや肌荒れの炎症を早く治すことで、シミを予防することができます。 グリチルリチン酸ジカリウムは、強い美白効果はなく、できてしまったシミを改善する効果は期待できません。 しかし、シミのある部分や炎症を起こしている部分は常にメラニンが活性化している状態のため、強い抗炎症作用を持つグリチルリチン酸ジカリウムにより炎症を早く鎮静化することでシミの生成を予防することが期待できます。 グリチルリチン酸ジカリウム配合のシミウスは、ニキビ・ニキビ跡により色素沈着(シミ)の予防に効果的と言えますね。 シミウスのニキビ跡に効く成分・紫根エキス シミウスに配合されているニキビ跡に効果的なシコンエキスについて紹介します。 シコンエキス 紫根エキス)は、ムラサキ葉の根から抽出させる成分で、古くから漢方や生薬の原料として使用されてきました。 紫根の薬効主成分とされる「シコニン誘導体」は6種類あり、抗菌作用・抗炎症作用・皮膚活性化作用などがあることが分かってきました。 皮膚は28日周期でターンオーバーを繰り返し、基底層から分化した表皮細胞は最外層の角層まで達し、古くなった表皮細胞は角質と共に排出されます。 しかし、ニキビや肌荒れなどが起きている肌は、ターンオーバーが正常よりも亢進し、未熟な表皮細胞が次々に角層まで達することになります。 未熟な表皮細胞では、肌への外部刺激から守ることができないため、肌のバリア機能は低下していきます。 ニキビや肌荒れがある状態の肌は、バリア機能が低下している状態ということですね。 シコンエキスは強い抗炎症作用があり、ニキビや肌荒れした肌の炎症を鎮める働きがあります。 炎症が治まると、亢進していた肌のターンオーバーが正常化し、肌のバリア機能も次第に正常に戻っていきます。 肌のバリア機能が正常化することで、紫外線などの外部からの刺激によるダメージ(メラニンの活性化など)を予防することができます。 シミウスに含まれるシコンエキスは、ニキビや肌荒れの改善することで肌のターンオーバーを正常化し、シミやそばかすを予防するのに効果的です。 参考: 株式会社ニコダームリサーチ) シミウスのニキビ跡に効く成分・サクラ葉抽出エキス シミウスに配合されているサクラ葉抽出エキスのニキビ跡への効果について紹介します。 サクラ葉抽出エキスは、桜の葉から抽出されるエキスで、抗炎症作用・メラニン生成抑制作用・整肌作用などがあるとされています。 サクラ葉抽出エキスは、医薬部外品申請成分であり、高い美白効果が期待されています。 桜の葉には、イソフラボンやフラボノイドなどのポリフェノールが豊富に含まれており、高い抗酸化作用があります。 顔は常に外部にさらされ、空気中のほこり・花粉・PM2. 5・排気ガスなどの汚れや、紫外線などを受け続けています。 外部からの刺激を受け続けると、肌は防御反応として角質層を固く厚くすることで皮膚を守ろうとします。 角質層が厚くなると肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が排出されにくくなり毛穴詰まりなどからニキビができやすくなります。 サクラ葉抽出エキスは、高い抗酸化作用がありメラニンの生成を抑制する働きがあるため、ニキビやニキビ跡による色素沈着(シミ)を予防することができます。 シミウスは、サクラ葉抽出エキスを配合されているため、ニキビやニキビ跡による色素沈着(シミ)の予防に効果的と言えますね。 シミウスのニキビ跡に効く成分・アルニカエキス シミウスに配合されちるアルニカエキスのニキビ・ニキビ跡への効果について紹介します。 アルニカエキスは、アルニカの花から抽出されるエキスで、原産地はヨーロッパの山岳地帯とされています。 アルニカエキスには、美白効果(メラニンの活性化抑制)に加えて、自己回復タンパク質(HSP)を増やしてお肌を守る効果があることが発見されました。 肌は紫外線を浴びると防御反応としてメラノサイトがメラニンの生成を活性化します。 加齢などが原因で肌の新陳代謝が低下すると、過剰なメラニンが蓄積しシミの原因となります。 一般的な美白成分は、メラニンの活性化を抑制する働きがありますが、メラニン自体を減らす働きはありません。 しかし、アルニカエキスが持つ自己回復タンパク質を増やす作用は、メラニンを減らすことができ、より強力に美白効果を実感することができます。 紫外線を浴び続けることは肌は光老化を起こし、シミ・たるみ・シワなど様々な肌トラブルの原因となります。 アルニカエキスが持つ自己回復タンパク質を増やす作用は、紫外線によるダメージを減らす働きがあり、光老化による肌悩み(年齢肌)を予防することができます。 紫外線を浴び続けると遺伝子が異常を起こし、肌は老化現象が現れますが、自己回復タンパク質により老化現象を抑えることができれば、高いアンチエイジング効果を実感することができます。 シミウスに配合されているアルニカエキスはアンチエイジングに効果的な成分と言えます。 またアルニカエキスは、血管を拡張し血流を改善する効果があるとされており、肌の新陳代謝の改善にも効果が期待できます。 肌のターンオーバーが正常化することで、厚く硬くなった余分な角質が排出されると、くすんだ肌は透明感を取り戻すことができますよ。 ターンオーバーが乱れた肌ではニキビやニキビ跡がなかなか改善せず、色素沈着(シミ)の原因となってしまいます。 ニキビ・ニキビ跡による色素沈着(シミ)の予防にはアルニカエキスが効果的ですね。 シミウスのニキビ跡に効く成分・シナノキエキス シミウスに配合されているシナノキエキスのニキビ・ニキビ跡への効果について紹介します。 シミウスに配合されているシナノキエキスは、シナノキの花や葉から抽出される成分で、フラボノイド・サポニン・タンニンなどを豊富に含んでいます。 シナノエキスに含まれるフラボノイドはポリフェノールの1種で、天然由来成分です。 フラボノイドには、フラボノール・フラバン・イソフラボンなどに分類され、抗酸化作用・アンチエイジング作用・血管拡張作用などがあります。 ニキビ・ニキビ跡に悩んでいる方の多くは、肌のターンオーバーの乱れバリア機能が低下しています。 バリア機能が低下した肌は、外部からの刺激から肌を守ろうとして角質を厚くしてしまうため、肌の新陳代謝の低下・血流の低下が起き、ニキビ・ニキビ跡はなかなか改善しません。 シナノキエキスの血管拡張作用により肌の血流が改善することで、肌の新陳代謝が改善し肌のターンオーバーの正常化に繋がります。 シミウスに配合されているシナノキエキスは、血管拡張作用により肌のターンオーバーを改善し、ニキビ・ニキビ跡の改善に効果的です。 シミウスのニキビ跡に効く成分・セイヨウオトギリソウエキス シミウスに配合されているセイヨウオトギリソウエキスのニキビ・ニキビ跡への効果について紹介します。 セイヨウオトギリソウエキスは、国内の山岳部にも多く見られる多年草で、花や全草からエキスを抽出することができます。 全草から抽出されたエキスには、収れん作用や抗菌作用があり、外用薬の原料として用いられています。 花から抽出されたエキスには、抗ウィルス作用・収れん作用・鎮静作用があり、炎症や外傷を改善し血流をよくする働きがあります。 収れん作用により開いた毛穴や皮脂腺が引き締まり、過剰な皮脂分泌を抑制する働きがあります。 ニキビや肌荒れのある肌は、乾燥などが原因となり皮脂分泌が過剰となり、毛穴が開いています。 過剰に分泌した皮脂が酸化することで炎症を起こし、ニキビや肌荒れに繋がります。 毛穴の開きを抑えることで過剰な皮脂分泌を抑えることができるため、ニキビや肌荒れに効果的と言えます。 シミウスに配合されているセイヨウオトギリソウエキスは、ニキビや肌荒れに効果的な成分だと言えます。 シミウスのニキビ跡に効く成分・セージエキス シミウスに配合されているセージエキスのニキビ・ニキビ跡への効果について紹介します。 セージエキスはセージ サルビア)から抽出される成分です。 セージエキスには、フラボノイド・タンニンが豊富に含まれています。 フラボノイド・タンニンが主成分となるのは、先ほど紹介したシナノエキスと同じですね。 フラボノイドもタンニンもポリフェノールの1種で、フラボノイドはビタミンCの吸収促進作用があり、タンニンには収れん作用による毛穴や皮脂腺の開きの改善作用があります。 ビタミンCの吸収促進によりコラーゲンの生成力がアップすると、創傷治癒に効果的でありニキビや肌荒れの改善に繋がります。 収れん作用により肌の血管が締まることで開いていた毛穴や皮脂腺が引き締まり、過剰な皮脂分泌が抑制され、ニキビや肌荒れの改善に繋がります。 ポリフェノールはニキビや肌荒れの改善に効果的な成分ですね。 シミウスに配合されているセージエキスは肌荒れ・ニキビの改善に効果的な成分と言えます。 シミウスのニキビ跡に効く成分・カモミラエキス シミウスに配合されているカモミラエキスのニキビ・ニキビ跡への効果について紹介します。 カモミラエキスはカモミールの花から抽出されるエキスで、美白有効成分のカモミラETはカモミールの葉のみから抽出される成分です。 シミウスに配合されているのは、カモミールの花から抽出されるカモミラエキスです。 カモミールにはタンニン、フラボノイドなどのポリフェノールが豊富に配合されています。 ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、紫外線による肌の光老化を防ぐ働きがあります。 カモミラエキスにはメラニンの生成を抑制する働きがあり、シミの原因をブロックすることができます。 また、カモミラエキスには抗炎症作用や抗菌作用があるため、ニキビや肌荒れなどの改善に効果的です。 ニキビや肌荒れのある状態の肌は、肌のターンオーバーが亢進し、未成熟な表皮細胞が次々に作られバリア機能が低下した状態となっています。 抗炎症作用のある成分を塗布することでニキビなどの炎症を抑制し、肌のバリア機能を正常化することで、肌は紫外線によるダメージから守ることができるようになります。 バリア機能の低下した肌は紫外線によるダメージをダイレクトに受けていまうため、メラニンが過剰に生成されシミの原因となります。 シミウスに配合されているカモミラエキスは、肌の炎症を抑えターンオーバーを正常化することで、シミの原因をブロックすることが期待できます。 シミウスのニキビ跡に効く成分・ゼニアオイエキス シミウスに配合されているゼニアオイエキスのニキビ・ニキビ跡への効果について紹介します。 ゼニアオイエキス(ゼニアオイ花エキス)は、アントシアニジン・ビタミン類・タンニンなどを主成分としています。 高い保湿効果・抗炎症作用・アンチエイジング作用があるとされ、様々な化粧品に配合されています。 肌は紫外線を浴びると活性酸素が発生し、皮膚に炎症を起こします。 ゼニアオイエキスが持つ抗酸化作用により、皮膚の炎症を抑えることでシミを予防することができます。 肌の弾力やハリを保っているコラーゲンは、コラーゲン同士が繊維のように繋がることで肌を支え弾力を保っています。 コラーゲン同士の結びつきを支えて、肌の弾力やハリの維持をサポートしているのがエラスチンです。 皮膚は紫外線によりダメージ(炎症)を受けるとエラスチンを分解する酵素 エラスターゼ)が活性化し、エラスチンの分解が促進され、肌の弾力やハリが低下します。 肌の弾力やハリが低下することで、たるみやシワの原因となります。 ゼニアオイエキスの持つ抗炎症作用により、肌の炎症が抑えられることで、エラスターぜの活性化を抑制し、肌の弾力やハリを保つことができます。 シミウスに配合されているゼニアオイエキスは、アンチエイジングに効果的な成分と言えます。 また、ニキビやニキビ跡は肌に炎症が起きている状態のため、炎症が起きている部分は常にメラニンが活性化し、シミができやすい状態となっています。 ゼニアオイエキスの抗酸化作用により肌の炎症を抑え、ニキビやニキビ跡により色素沈着(シミ)の予防につながりますよ。 シミウスのニキビ跡に効く成分・トウキンセンカエキス シミウスに配合されているトウキンセンカエキスのニキビ・ニキビ跡への効果について紹介します。 トウキンセンカエキスは、トウキンセンカの花から抽出されるエキスです。 トウキンセンカの花には薬効があり、外傷・皮膚炎などの治療に用いられます。 成分はタンニン、トリテルペノイド系サポニンなどがあります。 タンニンは先ほど紹介したシナノエキスやセージエキスの主成分であり、ポリフェノールの1種です。 タンニンには、肌の血管を縮めることで開いた毛穴や皮脂腺を引き締め過剰な皮脂分泌を抑える働きがあります。 トリテルペノイド系サポニンは、サポニンの1つで大豆などのマメ科の植物に多く含まれる成分です。 サポニンは代謝の改善により血行を促進する働きがあります。 代謝が改善すると新陳代謝が高まり肌のターンオーバーが正常化し、表皮細胞の再生力が高まります。 血流が改善することで肌のターンオーバーが促され、新しい皮膚細胞がスムーズに生成されることで、ニキビや肌荒れの改善効果が期待できます。 シミウスに配合されているトウキンセンカエキスは自然有来成分の1つで、敏感肌化粧品にも多く使われている刺激性の少ない成分です。 ニキビや肌荒れが起きている肌はバリア機能が低下しており、少しの刺激にも弱い状態となっています。 シミウスに配合されているトウキンセンカエキスは、ニキビや肌荒れの改善に効果的な成分と言えます。 ニキビやニキビ跡から色素沈着が起きる理由とケア方法について詳しく調べました。 ニキビや怪我・虫刺されなどの炎症が原因で起こる色素沈着は「炎症後色素沈着」と呼ばれ、早めに対処することでシミを予防することができます。 顔の皮膚はとても薄くニキビなどの炎症や、顔を擦る・衣類の刺激・ストレス・ホルモンバランスの乱れなどさまざまな原因で色素沈着が起こります。 シミウスに配合されているニキビ・ニキビ跡に効果的な成分や、シミの元となるメラニンの生成を抑制する美白成分により、シミ予防ができますよ。 色素沈着が起きる理由・ニキビなどが原因となる炎症後色素沈着について ニキビなどの皮膚の炎症が原因で起こる炎症後色素沈着について紹介します。 炎症後色素沈着は、ニキビ以外にも傷や虫刺されなどが原因となり起こります。 多くの肌トラブルは肌の炎症が原因となって起こります。 ニキビなどの炎症が起きている状態の肌は外部からの刺激に弱くなっているため、早めにケアをしてシミ予防に努めたいですね。 できてしまったシミを改善するのはとても難しいですが、シミになる前の段階で予防することはそれほど難しいことではありません。 シミウスは、美白成分や抗炎症成分が配合されているため、ニキビやニキビ跡が原因の色素沈着(シミ)を予防することができますよ。 炎症後色素沈着の原因・ニキビ ニキビが原因で炎症後色素沈着が起きる理由を紹介します。 大人ニキビはストレスや生活習慣の乱れ、ターンオーバーの乱れなどさまざまな原因で起こります。 大人ニキビは口や顎周りに繰り返してできることが多いですよね。 さて、ニキビができてる肌の内側はどのようなことが起きているのでしょうか? ニキビができている状態は肌にとっては炎症が起きている状態です。 肌の炎症が刺激になると、肌を守ろうと防御反応が起きます。 肌の炎症によるトラブルを防ぐために、メラニンを生成する細胞である「メラノサイト」の働きが活性化し、メラニンを過剰に生成します。 メラニンはシミの元となる元凶のように思われがちですが、炎症が起きている肌は外部からの刺激に弱くなっているため、メラニン色素を生成して、紫外線などの外部からの刺激が肌の内部に届かないようにしています。 ニキビなど肌に炎症が起きている肌はバリア機能が低下しており、外部からの刺激に弱い状態となっています。 そのため、炎症が起きている部分では常にメラニンの生成を活性化して肌を守ろうとしています。 ニキビができている部分は常にメラニンの生成が活性化しているため、過剰なメラニンが肌のターンオーバーと共に排出されずに黒ずみなどの色素沈着を起こします。 肌の浅い部分でメラニンがとどまっている状態なら、肌のターンオーバーを促進することでシミになるのを防ぐことができますが、肌の奥の部分にメラニンが過剰に蓄積してしまうとターンオーバーと共に排出することができず、シミとなって現れます。 ニキビによる色素沈着やシミを予防するためには、早急に炎症を抑え、メラニンの生成を抑制することが必要です。 シミウスに配合されている抗炎症成分は、ニキビの炎症を抑え、ニキビによる色素沈着を予防する効果が期待できます。 またシミウスに配合されている美白成分は、シミやそばかすの予防に効果的なので、肌の浅い部分にあるメラニンの生成を抑制し、シミを防ぐことができますよ。 炎症後色素沈着の原因・傷 傷により炎症後色素沈着が起きる理由について紹介します。 擦り傷や切り傷など、顔に傷ができている状態は炎症が起きている状態と言えます。 ニキビができている状態も肌に炎症が起きている状態ですが、傷がある状態も肌に炎症が起きている状態になります。 そのため、傷のある部分では肌の防御反応から常にメラニンの生成が活性化しており、シミができやすい状態になっています。 ひっかき傷や火傷、レーザー治療や脱毛治療、カミソリによる除毛なども肌表面には見えない傷(炎症)が起きている状態です。 顔の産毛剃りなどでカミソリを使っていませんか? 肌の表面にある角質層はわずか0. 02mmしかないため、カミソリで除毛することにより角質が剥がれ、目には見えない無数の傷を作っていることがあります。 顔をシェービングした後に、洗顔やスキンケアが滲みて痛いという経験はありませんか? 目み見えない傷でも肌にとっては炎症状態となるため、肌は防御反応が起こります。 普段の何気ない行動で肌には目に見えない傷を作ってしまっていることがあります。 これらの傷は肌の炎症となり、色素沈着やシミの原因となるため、お手入れやスキンケアは丁寧に行いましょう。 炎症後色素沈着の原因・虫刺され 虫刺され後に炎症後色素沈着が起きる理由について紹介します。 顔に虫刺されが起きると、痒くて掻いてしまったり、ジュクジュクと炎症が起きてしまったりしますよね。 顔の皮膚はとても薄いため、少し擦ったり掻いてしまうと赤く腫れてしまいびっくりしてしまいますよね。 虫刺されは、肌にとっては炎症状態となります。 ニキビや火傷・擦り傷と同じく、肌にとっては炎症状態となるため、肌は防御反応としてメラニンの生成を活性化してしまいます。 虫刺されの部分は、痒くても掻かずにアイスノンで冷やしたり、虫刺され用のクリームを塗るなどして、触らないようにしましょう。 炎症が起きてジュクジュクした浸出液がある場合は、しばらくはメイクは中止しましょう。 炎症部分にメイク汚れがはいってしまうことで、余計に炎症が強くなりシミや色素沈着が起きる可能性が高くなります。 炎症による色素沈着を予防する方法で最も大事なことは、手で触れないことです。 炎症が起きている部分は外部の刺激にとても弱くなっているため、手で触れてしまうと余計に肌は防御反応を強化して、メラニンの生成を活性化するため、シミや色素沈着が起こりやすくなります。 炎症が落ち着くまでは手で触れないことを徹底しましょう。 色素沈着が起きる理由・炎症後色素沈着以外の原因について 色素沈着が起きる理由について紹介します。 ニキビや傷・火傷・虫刺されなどの後に起こる炎症後色素沈着以外にも、さまざまな原因で色素沈着が起こります。 もちろん、顔だけでなく全身に色素沈着は起こります。 シミや黒ずみは、顔だけでなく皮膚が薄い場所や、刺激や摩擦を受けやすい場所で起こりやすいのです。 では、色素沈着を起こす原因について紹介していきますね。 色素沈着の原因・物理的刺激 色素新着は皮膚への刺激を肌が感じた時に、肌が防御反応を起こすことで起こります。 肌の防御反応として、肌に刺激を受けた時に肌の内部を守るためメラニンの生成を活性化し、紫外線などの外部からのダメージから肌を守ろうとします。 肌への刺激は、衣類が擦れることによる刺激、ナイロンタオルなどで擦ることによる刺激など物理的な刺激があります。 衣類が擦れることによる刺激で色素沈着を起こしやすいのでは、Vラインなどですね。 Vラインは、下着が常にあたっていたり、ゴムなどにより締め付けられていますよね。 常に下着により刺激を受けている状態となるため、Vラインは黒ずみやすい部位です。 ナイロンタオルは肌への刺激が強すぎるため、繰り返し使用することで色素沈着の原因となります。 もちろん顔も、手で擦ったり、スポンジやパフ・コットンなどでゴシゴシと擦ってしまうとシミや色素沈着の原因となります。 シミ予防のためには、肌への刺激を避け丁寧なケアを心がけたいですね。 色素沈着の原因・ストレス ストレスや疲れにより色素沈着が起きる理由について紹介します。 人はストレスや疲れを感じると体内では活性酸素が発生します。 活性酸素が発生すると同時に、メラニンの生成を活性化する副腎皮質ホルモンも一緒に発生してしまいます。 副腎皮質ホルモンはメラニンの生成を活性化するメラノサイトを刺激し、メラニンが過剰に作られてしまいます。 つまり、ストレスや疲れを感じると体内ではメラニンの生成が活性化してしまうということですね。 ストレスや疲れを一切感じないのは現代人には難しいため、シミやそばかすの予防効果のある美白成分配合の化粧品を使用することをおすすめします。 シミウスは、2種類の美白成分を配合しておりシミやそばかすの予防に効果的です。 普段からストレスや疲れを感じやすい方は、シミウスの使用でシミやそばかすの予防につながりますよ。 また、ストレスを感じた際に、体をリラックスさせようとしてアドレナリンが大量に放出されます。 アドレナリンの放出により男性ホルモンが大量に放出されるため、女性ホルモンが減少してしまいます。 このようにホルモンバランスが乱れることでメラニンの生成が活性化してしまうことがあります。 肌のターンオーバーと共にメラニンが排出されればシミになりませんが、加齢などの原因でターンオーバーが乱れている場合は過剰なメラニンが停滞してしまい、シミや色素沈着の原因となります。 シミウスには肌のターンオーバーを活性化する働きのある成分が配合されているため、シミや色素沈着の予防に効果的ですよ。 色素沈着の原因・ホルモンバランスの乱れ ホルモンバランスの乱れにより色素沈着が起きる理由について紹介します。 ホルモンバランスの乱れが関係するシミに「肝斑」というシミがあります。 肝斑は30~40代の女性に多く、妊娠・出産・ピルなどの服用により誘発または悪化すると言われています。 両頬に左右対称に現れるのが特徴です。 肝斑が起きる原因は未だに良く分かっていないのが現状ですが、肌を強く擦ったり、ストレスや疲れ、食生活の乱れが原因で誘発・悪化することが分かっています。 また、レーザー治療などで悪化することもあり、一般的なシミと肝斑をしっかりと見分ける必要があります。 肝斑はトラネキサム酸の内服が有効とされており、皮膚科などではトラネキサム酸の内服による治療が行われています。 肝斑は強い摩擦や紫外線で悪化することがあるので、普段から肌を丁寧に扱い、しっかりとUVケアをしましょう。 シミウスジェルでマッサージを行う時は、強くマッサージをしてしまうと肝斑が悪化する可能性があるため、強い刺激を避け痛気持ちいいくらいの刺激でマッサージをしましょう。 また、シミウスにはUV効果がないため、シミウス塗布後はUVカット効果のある化粧下地などを使用してしっかりとUVケアをしましょう。 ニキビは大きく分けて、赤ニキビ・白ニキビ・黒ニキビの3つの種類があります。 それぞれのニキビの種類の特徴や、ニキビからニキビ跡ができる仕組みについて詳しく調べました。 ニキビの3種類のうち、最もニキビ跡になりやすいのが赤ニキビです。 赤ニキビは炎症を伴うニキビなので、肌の防御反応としてメラニンの生成が活性化されやすいため色素沈着を伴うニキビ跡になりやすいのです。 では、それぞれのニキビの特徴を見ていきましょう。 ニキビの種類・白ニキビ 画像引用:(小林製薬株式会社) 白ニキビは炎症のニキビで、ニキビの初期段階と言えます。 過剰な皮脂や汚れが毛穴に詰まっている状態で、小さな白い点のようなニキビができます。 白ニキビは炎症がないニキビなので、痛みやかゆみは一切ありません。 白ニキビの原因は、肌のターンオーバーが乱れにより余計な角質が剥がれ落ちないことで起こります。 本来はターンオーバーと共に余計な角質が剥がれ落ちまっすが、ターンオーバーが乱れると毛穴周辺の角質が剥がれ落ちずに厚くなり毛穴を塞いでしまいます。 塞がった毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまうことで白ニキビができます。 白ニキビはニキビの初期段階なので、毛穴の中で炎症を起こしてしまう前にケアをして治したいですね。 シミウスには肌のターンオーバーを促進する成分が配合されているため、初期段階の白ニキビに効果的です。 炎症を起こしたニキビは色素沈着やシミの原因となるため、初期段階の白ニキビのうちに治してしまいましょう。 ニキビの種類・黒ニキビ 画像引用:キミのニキビはどのタイプ? 小林製薬株式会社) 黒ニキビは炎症が起きていないニキビです。 白ニキビの毛穴が開き、毛穴の中に溜まった汚れや皮脂が空気に触れて酸化することで黒く見える状態となっています。 シミや色素沈着のように見えますが、黒ニキビは毛穴の中の汚れが黒く酸化しただけなので、ターンオーバーを促進することで改善することができます。 黒ニキビは白ニキビに比べて目立ちますし、不潔な印象を与えてしまうため早急に治したいですね。 シミウスには肌のターンオーバーを促進する成分が配合されているため、余計な角質を排出し黒ニキビを改善する効果が期待できます。 ニキビの種類・赤ニキビ 画像引用:キミのニキビはどのタイプ? 小林製薬株式会社) 赤ニキビは炎症を伴うニキビです。 白ニキビが悪化して炎症が起き、赤く腫れた状態です。 白ニキビは毛穴が塞がり、毛穴の中に汚れや皮脂が詰まることで起こりますが、赤ニキビは毛穴詰まりが悪化し毛穴の中で炎症を起こしています。 白ニキビをケアせずにいると毛穴の中に詰まった皮脂や汚れで炎症が起き、アクネ菌が増殖し炎症を起こします。 アクネ菌は皮膚の常在菌なので健康な肌にも存在しますし、子どもからお年寄りまでどの年代の方にも存在しています。 アクネ菌は皮脂を餌に増殖し、毛穴の出口が角質で塞がれているとアクネ菌がさらに増殖して炎症を起こし、赤ニキビとなります。 赤ニキビはニキビ跡 色素沈着)の原因となるため早めのケアが必須です。 白ニキビのうちに早めにケアすることで赤ニキビを予防することができます。 白ニキビも赤ニキビも、原因は肌のターンオーバーの乱れによるものです。 シミウスには肌のターンオーバーを促進する成分が配合されているため、白ニキビや赤ニキビの予防に効果的です。 ニキビの種類・黄ニキビ 膿ニキビ) 画像引用:キミのニキビはどのタイプ? 小林製薬株式会社) 黄にきび 膿ニキビ)は炎症を伴うニキビです。 黄にきびは膿ニキビとも呼ばれ、赤ニキビの炎症がさらに悪化した状態です。 赤ニキビの炎症が悪化し、黄色い膿が溜まった状態になっています。 肌の炎症がとても強くなっているため、肌では防御反応が起き、炎症の強い部分では常にメラニンが活発に生成されています。 そのため、ニキビが治ってもニキビ跡やシミになりやすいのです。 赤ニキビをしっかりとケアすることで黄ニキビを予防することができるため、炎症が強い場合は抗炎症効果のあるクリームなどを皮膚科で処方してもらうと早く治ります。 赤ニキビの起きている肌は外部からの刺激に弱いため、マッサージなどの強い刺激を与えたり、擦ったり、メイクをするなどの刺激でも肌の防御反応が亢進してしまいます。 膿を伴うニキビができた時は、化膿止めの薬を塗って、なるべく手で触れずに清潔に過ごしましょう。 シミウスには抗炎症効果の高い成分が配合されていますが、マッサージをしなければ浸透しにくいため、炎症を伴うニキビがある時のシミウスの使用はおすすめできません。 炎症を起こしたニキビのある人は、早めに皮膚科に行き炎症を取り除きましょう。 ニキビができる原因 ニキビには大きく分けて3つの種類があります。 1つ目は白ニキビで、塞がれた毛穴の中に皮脂や汚れが詰まることで起こります。 2つ目は黒ニキビで、毛穴の中に詰まった皮脂や汚れが酸化することで黒く見える状態のニキビです。 3つ目は赤ニキビで、白ニキビが悪化し炎症を起こしている状態のニキビです。 大きく分けると以上の3つの種類となりますが、もう一つ黄ニキビ 膿ニキビ)は、赤ニキビの炎症がさらに強くなり膿が出ている状態です。 どの種類のニキビも肌のターンオーバーが乱れ、毛穴周辺の皮膚が厚くなり汚れや皮脂が毛穴に詰まることで起こります。 肌のターンオーバーは加齢やストレス・疲れ・紫外線など、さまざまな原因で乱れます。 肌のターンオーバーが乱れると、余分な角質が剥がれ落ちなくなり角質が厚くなるため、毛穴が角質で塞がれてしまい、塞がった毛穴に皮脂や汚れが詰まることでさまざまな種類のニキビができやすくなります。 シミウスは肌のターンオーバーを促進する成分が配合されているため、毛穴詰まりによるニキビを予防することができますよ。 白ニキビのケア方法について 白ニキビは炎症を伴わないニキビなので、皮膚科などで治療を受けなくても自宅で十分にケアをすることができます。 白ニキビの原因となる皮脂の過剰な分泌は、生活習慣の乱れなどが原因で起こるため、食生活や睡眠の質を改善することで、予防&ケアすることができます。 ニキビの原因となるアクネ菌は、皮脂を餌として過剰に増殖します。 そのため、メイクを落とさずに寝てしまったり、皮膚の汚れが取りきれていないなどの原因でアクネ菌が増殖することがあるため、肌を清潔にすることを心がけましょう。 洗顔のしすぎは逆に皮脂分泌が過剰になり、乾燥によるニキビの原因となるため、必要以上に顔を洗いすぎることはおすすめできません。 ニキビ肌専用の洗顔は必要な皮脂は落とすことなく、余分な皮脂や汚れのみを落とすことができるので、洗顔後のつっぱりがありません。 食生活ではバランスの良い和食が理想的ですが、毎日の献立や料理は難しい方は、ビタミンCのサプリメントだけでも取り入れることをおすすめします。 ビタミンCはメラニンの生成を抑制する働きがあるため、ニキビ跡やシミの予防に効果的ですよ。 シミウスは抗炎症成分や美白成分が配合されており、ニキビ・ニキビ跡による色素沈着(シミ)の予防に効果が期待できますね。 黒ニキビのケア方法について 黒ニキビは閉鎖面皰(へいさめんほう)と呼ばれ、正しい対処をすれば、クリニックでの治療は不要かと思います。 黒く見えるのは、毛穴が開き、皮脂が空気に触れて酸化したからです。 主に、鼻や鼻の脇に見られ、まだ炎症はおきていない状態です。 放置しておくと赤ニキビになる事もあります。 黒ニキビは、小まめに手入れをすることで改善していきます。 具体的には、毛穴を開ける、皮脂を抑える、ダブル洗顔をするの3つです。 シミウスは潤いをしっかり与え、ニキビができにくい環境を作ります。 赤ニキビのケア方法について 赤ニキビは基本的には、病院を受診するレベルの悪化したニキビだと考えて下さい。 抗菌薬の塗り薬や飲み薬が対処法になるのですが、一度は病院で受診して医師の処方の元に使用ができるようになります。 オロナインなどの市販薬は有効成分の量が少なかったり、効き目が弱い成分しかないので、治らないことが多いです。 確実に治すためには、病院で処方される薬をおすすめします。 赤ニキビの原因は、毛穴内の炎症が悪化したときに起きるもので、原因は1つではありません。 黒ニキビや白ニキビの状態を放置していて赤ニキビになってしまうケースもあります。 また、赤ニキビを潰すと治すことができると思っているのですが、これはしっかり消毒した上で、専用の機会を使うことで可能なので、個人でやると逆効果ですので絶対にやめてください。 一晩で治すのはなかなか難しいですが、やはり医師の力を借りれば場合によっては可能です。 とは言っても日常的なスキンケアが大事であることは言うまでもありません。 黄ニキビのケア方法について 黄色ニキビの治し方は、赤ニキビよりさらに悪化したものなので、自分で治すことは不可能だと思ってください。 もちろん、市販薬では治る事はありません。 黄色ニキビはニキビ菌と戦った白血球の残骸が黄色に変色し、内部にたまった膿の状態のニキビです。 今すぐ皮膚科に行ってください。 クリニックでは、消毒された専用の器具で中の膿を出す処置もありますが、症状によっては膿を潰すことができない場合もあります。 その時は、ニキビ用の注射をして治療します。 ニキビができる仕組み:クレーター・ニキビ跡 ニキビが治っても陥没したような跡やシミが残る事があり、これは、膿や炎症症状がひどい場合に置きます。 後が残るだけなら時間が経てば治るので特に問題はありませんが、ニキビ跡に痛みを感じるとするとやはり病院の治療が必要になります。 レーザーを用いたニキビ跡を消す方法もありますので、一度美容皮膚科にご相談ください。 ニキビ跡になってしまっては仕方がありませんが、そうならないためのスキンケアやストレスや紫外線対策、偏った食生活などを改善しましょう。 スナック菓子、ファーストフードなどの脂肪分が多い食事は皮脂の過剰分泌を起こしますし、疲労やストレス、夜更かしなどが原因でニキビができることもありますので、ニキビを予防することはたくさんできますよ。 シミウスは、しっかりと保湿を行い、ニキビができにくて健康的な肌状態を維持できるようにします。 それは、色素沈着によるニキビ跡の場合のみです。 クレーターやしこり、ケロイドなどのニキビ跡はシミウスでは残念ながら効果がありません。 赤みや茶色程度の色素沈着のよるニキビ跡には、シミウスに入っているプラセンタエキスで、使い続ける事で効果を発揮していきます。 シミウスに配合されているプラセンタエキスは、ターンオーバーを正常化させることで、ニキビ跡の赤みを浮き上がらせて改善していきます。 茶色の色素沈着はメラニン色素が原因です。 メラニン色素はターンオーバーを繰り返すことで、浮き上がってきます。 その浮き上がったところで処置するのは、シミウスに配合されているプラセンタエキスが効果的です。 ニキビ跡の種類と治し方・赤みのあるニキビ跡 赤みのあるニキビ跡は、市販薬や化粧水を変えるぐらいでは、治すことができません。 ただし、赤みの原因は、アクネ菌が出す菌体に対して過剰な炎症反応が残ってしまって起きているだけです。 細胞を修復するために血管が開いているために赤く見えるだけなので、修復が終われば自然と赤みはなくなります。 およそ3か月ぐらいかかると思ってください。 なるべく早く赤みのニキビ跡を消したい場合は、ビタミンC配合のローションやクリームをたっぷり塗ると良いです。 長期間、色素沈着し、赤みが引かない場合は、皮膚科の受診をおすすめします。 クレーターまで悪化したニキビ跡は、レーザー治療が必要になるかもしません。 また、赤みを1日で消すのは根本解決になりませんが、メイクでカバーすると良いでしょう。 ニキビ跡の種類と治し方・茶色のニキビ跡 ニキビ跡が茶色になっているのは色素沈着ですから、メラニン色素に強い成分が配合されている化粧品やクリームなどを使うと良いです。 グリチルリチン酸ジカリウムは、ターンオーバーを正常化するので美白効果があります。 また、新陳代謝が良くなるのでシミが薄くなるのも早くなり、できはじめた色素沈着も改善する機能があります。 グリチルリチン酸ジカリウムはニキビ化粧品によく配合されているのでニキビ跡に効果がある信頼できる成分の1つです。 また、シミウスに含まれているグリチルリチン酸ジカリウムは、有効成分なので効果が実証されているもので試す価値はおおいにありますよ。 それでもダメな場合は、やはり皮膚科にいってレーザー治療をおすすめします。 でも、まずは皮膚科に行く前にぜひシミウスをお試しください。 ニキビ跡の種類と治し方・黒色のニキビ跡 茶色の状態のニキビ跡を放置しておくと悪化したものが黒色のニキビ跡ですから、治すのはかなり大変です。 茶色の状態で必要なケアをしておけば、黒のニキビ跡になる事はなかったのですが、今、それを言っても仕方がないので、黒色のニキビ跡を消す方法を解説していきます。 もはやニキビ跡とは言えず、黒ずみと言った方が良いのかもしれません。 ニキビ跡ではなく黒ずみ専用のクリームや石鹸などが必要な状況です。 また、黒住には、ピーリングをするのも効果的です。 ただし、ピーリングのデメリットは、肌の紫外線の影響を受けやすくなったり、角質を摂り過ぎたために乾燥します。 対策としては、油分を補いつつ、保湿をしっかりすることです。 ニキビ跡の種類と治し方・クレータータイプのニキビ跡 クレータータイプのニキビ跡は、基本的に市販薬などで治すことはできません。 クレータータイプのニキビ跡は、陥凹性瘢痕と呼ばれ、皮膚科などでレーザー治療が必要になってきます。 昔は諦めるしかなかったのですが、最近は医学の進歩により治療することができるようになりました。 発症1か月以内ならケミカルピーリンク、トレチノイン外用にて、回復が見込めますが、発症1か月以上経過している場合は、フラクショナルレーザー、ダーマペン、サブシジョン、皮膚移植、単純縫合術などを行います。 フラクショナルレーザー フラクショナルレーザーは陥凹性瘢痕治療の切り札になる治療で、当院では最新型のフラクショナルレーザーICON1540を導入しております. 格子状に開けた穴に熱を通すことで皮膚の収縮効果を生じ引き締めを行い、同時に皮膚細胞の再構築を行うため、ニキビ跡によるクレーターを軽減することができます。 引用元: ダーマペン ダーマペンというのはペン先に特殊な微細な針が複数ついている機器で、その針が高速で出入りします。 その機器をニキビ痕に押し当てることで、小さな穴を開け、皮膚の再生を促す治療です。 引用元: サブシジョン 1、治療部位を医師と共に決定します。 2、局所麻酔を行い、手術を行います。 3、抗生物質と痛み止めを処方し治療終了となります。 4、上記を3~4回続けます。 引用元: 皮膚移植 パンチグラフトと使った皮膚移植というのは、まずニキビ跡を直径2mmもしくは3mm程度のパンチを用いて、瘢痕となっている部位の皮膚を抜き取ります。 そこに他の部位から同じサイズのパンチで抜いた皮膚を取ってきて貼り付ける、もしくは縫い付ける方法です。 引用元: 単純縫合術 手術はニキビ痕を単純に切除し、縫い合わす方法(単純切除術)です。 非常に簡単で短期間に終わる手術ですが、小さな傷が残ってしまうという欠点があります。 引用元: クレーターのようなニキビ跡はこのように手術が必要な場合が多いので、こうならないように日ごろからスキンケアをかかさないようにしましょう。 ニキビ跡の種類と治し方・ケロイド状 しこり・肥厚性瘢痕)のニキビ跡 ニキビ跡がケロイド状になってしまうのは、かなり長期間炎症が続いている状態であったので手術が必要になってきます。 ケロイドは、肥厚性瘢痕と呼ばれ、保険が適用されることもあるので、市販薬などで我慢せず、すぐに皮膚科に行きましょう。 大きなしこりとなったケロイドは痛みも強く、場合によっては日常生活に支障をきたすこともあります。 たかがニキビ跡だと思って、放っておくと大変なことになります。 日ごろのスキンケアが大事なのは言うまでもありませんね。 ただ毎日事となると面倒なので、オールインワンゲルのシミウスをおすすめします。

次の

効果は?8か月使ってるシミウスジェルの私の口コミ!

シミウス 効くの

シミトリーとシミウスで迷う時点で 90%は正解なんじゃないかな。 その理由は、エイジングケア成分 「 フラバンジェノール」が配合されていることと、 「 7つ無添加製法」で肌への負担が少ないからです。 【1】やはり注目はフラバンジェノール シミトリーの美容効果を考えたとき、注目すべきは有効成分ではなく「フラバンジェノール」の方だと私は思っています。 フラバンジェノールは保湿作用、抗酸化作用に優れ、 エイジングケアに理想的な成分。 製造元の東洋新薬の発表では、保湿作用は「コラーゲンの5倍」「セラミドの15倍」、抗酸化作用は「ビタミンCの約600倍」「コエンザイムQ10の約250倍」と一般的な美容成分をはるかに凌ぎます。 シミトリーの全成分表示をみて分かる通り、フラバンジェノール(フランスカイガンショウ樹皮エキス)が配合されていることが確認できます。 たぶん長く使うほど、いろいろな美容効果を実感できるのではないかと思っています。 【2】肌への負担は少ない無添加がベター スキンケアは毎日のこと。 長く使い続けることを考えると、やはり無添加製法のシミトリーは魅力です。 (シミトリーはもともと肌の弱い人、敏感肌の人でも使えるように考案された商品です) ちなみにシミウスは無添加については記載がなく、どのくらい配慮されているのか不明です。 私は以前ずっとシミウスを使っていましたが、肌に負担を感じたことは一度もありません。 でも、肌に負担がかかる成分は少ないほど安心ですからね。 シミへのアプローチは 商品を選ぶ上で大きなポイントね。 シミトリーの主なシミケア成分• ハイドロキノン誘導体• ビタミンC誘導体• フラパンジェノール• 10種類の天然由来エキス シミウスの主なシミケア成分• プラエンタエキス• 紫根エキス• コラーゲン 2つの美白化粧品について、さらに細かく違いをみていきます。 シミトリーとシミウスの口コミ評価を比較 口コミ評価は一番気になるポイントです。 アットコスメでの口コミ評価を比較してみます。 シミトリー シミウス 口コミ件数 116件 1947件 口コミ評価 5. 3 5. 2 発売日 2017年 2011年 まずシミウスの口コミ投稿数が圧倒的に多いことが分かりますね。 それだけシミウスを購入した人が多いということになりますが、これは販売期間が長いことが大きく影響していると考えられます。 注目の口コミ評価ですが、ほぼ同じポイント数になっています。 一般的にアットコスメでは「5点以上なら高評価」といわれていますから、 どちらも評価の高いコスメであり、その評価も互角と判断できそうです。 アットコスメでの口コミ評価は互角。 どちらも愛用者の評価は高いようね。 シミトリーとシミウスの配合成分を比較 有効成分を比較 シミトリーに配合されている美白有効成分は「 アルブチン(ハイドロキノン誘導体)」です。 これに対してシミウスには美白有効成分として「 プラセンタエキス」が、さらに抗炎症有効成分として「 グリチルリチン酸ジカリウム」の2つが配合されています。 「アルブチン」「プラセンタエキス」ともにメラニンの生成を抑制して、シミを防ぐ作用があります。 シミを予防することで、じっくり時間をかけながら美白肌に導いていくイメージでしょうか。 どちらの美白有効成分が効果が高いのか確認してみましたが、 それほど大差はないと考えてよさそうです。 ちなみにシミウスに配合されている「グリチルリチン酸ジカリウム」は抗炎症作用が認められていて、ニキビケア用の化粧品などに用いられる成分です。 シミウスには美白作用以外に肌荒れやニキビ予防の効果が認められているということになりますね。 その他成分を比較 シミトリーで注目したい成分は 2種類のビタミンC誘導体と フラバンジェノールが配合されていることです。 「3-O-エチルスコルビン酸」と「ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル」の2つのビタミンC誘導体には、メラニン生成を抑制する作用、メラニンの排出を促進する作用、メラニンを還元する美白作用が期待できます。 またフラバンジェノールは保湿作用、抗酸化作用がとても優れている成分です。 近年の研究で桁違いの美容効果が確認されていて、美容業界ではかなり注目されているようです。 シミウスで注目したい成分は「 水溶性コラーゲン」「 シコンエキス」「 ヒアルロン酸」などで、保湿成分が充実していることが分かります。 特にシコンエキスは美魔女ブームを巻き起こしたことでも記憶に新しい成分です。 「エイジングケアといえばシコンエキス」という人も多いですよね。 シミトリーとシミウスの成分比較まとめ シミトリー、シミウスともに美白効果、保湿効果に関してはかなり評判がいい商品です。 2つの商品の違いをあげるとするならば、 シミトリーは美白重視のオールインワン、 シミウスは保湿重視のオールインワンといえます。 最後に2つのオールインワンジェルの違いとして、 シミトリーのみ7つの無添加にこだわっている点は重要なポイントとしてあげておきます。 肌が弱い人、肌に負担をかけたくない人は 無添加製法のシミトリーが安心です! シミトリーとシミウスの浸透技術を比較 シミトリーは国内で唯一「球状ラメラ構造」という浸透技術を採用しています。 球状ラメラ構造とは、小さなカプセルの中に必要な成分を層状に包み込んだ状態をいいます。 肌の構造と似ているので、肌なじみがよく高い浸透力を実現させています。 一方でシミウスは「クリスタルダブル製法」といって、化粧品とマッサージジェルの両方で美肌効果をアップさせる独自の製法を採用しています。 マッサージしながらジェルをなじませることで、美容成分を肌の奥まで届けつつ、血流改善やリフトアップなどの効果も期待できます。 浸透技術比較まとめ シミウスはマッサージを併用することで美容効果をアップさせますが、そもそも「マッサージするのは面倒」という人には向かないかも知れません。 もちろんシミウスだけでも美容効果はすばらしいものがありますが、お手入れが簡単なシミトリーの方が使いやすいと思います。 仕事や育児で忙しい人は お手入れが簡単なシミトリーの方がいいかも。 定期購入2回目からはシミウスの方が200円ほど安いこと、また返金保証が30日間あることから、初めての人はシミウスから試してみる方がいいかも知れません。 ただ個人的には配合成分など、価格以外のポイントを重視してもいいように思います。

次の

シミウスの口コミに騙された人続出?【40代女が美白効果を検証!】

シミウス 効くの

黒いメラニン色素の無色化• メラニン色素の生成を抑制• メラニン色素の排出を促進 などの効果があります。 しかし、 ニベア青缶にはそれらの働きを持つ美白成分は、いっさい配合されていません。 という事で結論から言ってしまいますと、 ニベア青缶を使って今すでにあるシミを薄くしたり消したりすることは出来ないのです。 では、どうしてニベアがシミに効果ありという内容の噂が流れたのでしょう? ニベアで今あるシミを消すことは出来ませんが、 ニベアには優れた保湿効果があり間接的にシミ対策をすることは出来るんです。 肌は十分に潤いがあると、新陳代謝が活発になりターンオーバー 肌細胞の生まれ変わり のサイクルが整います。 シミの原因の多くは、ターンオーバーのサイクルが乱れることにより、メラニン色素が排出されずに肌表面に溜まってしまう事です。 ですから、 肌が潤うことによりメラニン色素が排出されずに蓄積するのを防ぐ事が出来るんです。 さらに保湿することは肌のバリア機能を高める事にもつながるので、紫外線や摩擦などのシミの原因となる刺激から肌を守り、シミを予防することもできます。 ニベアにプラスで、シミ対策! ニベアには、保湿成分以外の余計なものが配合されていないため、自分好みの他のスキンケアと混ぜて使う事ができるんです。 中でも人気のニベアにプラスするのにオススメのものを紹介します! ハトムギ化粧水 ハトムギ化粧水はプチプラなのに優秀で人気の化粧水でニベアとの相性抜群です! 美白成分は入っていないのですが、 ニベアでは補えない水分をたっぷりと補給する事が出来ます。 角質層の水分が十分補給できれば、もっちりとしたキメ細かい肌に整います。 ハトムギ化粧水には収れん作用があり、開いた毛穴を引き締め過剰な皮脂の分泌を抑える事が出来ます。 また、クエン酸が入っているので、 古くなった角質を除去しやすくしてくれたり、肌の炎症を抑える効果もあるので、ニキビなどもケアできます。 ニベアを顔に使うデメリットもある?! ニベアは全身に使える万能クリームです。 しかし、顔に使うことによって生じるデメリットもあるので注意したいポイントをまとめてみました。 肌に残りやすい ニベアは油分が多いので、水だけでは完全に落とすことが出来ません。 肌にニベアの油分が残っていると、油膜によって化粧水や美容液の成分が浸透しなくなってしまいます。 ニベアを使っている人は、 ぬるま湯や洗顔料でしっかり油分まで洗い流してくださいね。 日焼けしやすい ニベアの油分は、紫外線によるダメージも受けやすくしてしまいます。 日焼け止めをしっかり塗るか、日中の使用を控えるなど注意が必要です。 ニキビが出来やすい 肌には水分と油分のバランスがとても大切です。 ニベアだけでは油分が多いので、バランスが崩れやすくなります。 また、 毛穴に詰まった油分が残っていると、アクネ菌の増殖にもつながりニキビが出来やすくなります。 インナードライになりやすい ニベアは油分がほとんどで、保湿効果に優れていますが水分補給が出来ません。 ですから、洗顔後乾いてしまった肌に使うと表面だけが保湿されて中が潤っていない状態になってしまいます。 必ず 化粧水などで水分を補ってから使ってくださいね。 摩擦が起きやすい ニベアのテクスチャーは固めです。 よって 顔に塗りこむ時に摩擦が起きて、肌に刺激を与えてしまいます。 摩擦でメラニン色素を作り出す細胞が活発になると、 メラニン色素がどんどん生成されて逆にシミが出来やすくなってしまいます。 ニベアの上手な利用法 ニベアは油分が多いので、 使うタイミングが悪いと紫外線の影響を受けてシミやそばかすを増やし、肌老化も促進してしまいます。 日中に使用せず、 紫外線の少ない夜に使用するのがおすすめです。 そして、もともとオイリー肌の人や思春期の油分の多い時期は、ニキビや吹き出物を増やす危険性もあるため使用を控えたほうがいいかもしれません。

次の