共有する 類語。 「シェア」の意味とは?関連語の使い方「シェアする」なども解説

共有の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

共有する 類語

「連携」とは、「同じ目的で何事かをしようとするものが、連絡をとり合ってそれを行うこと」という意味を持つ言葉です。 連携という言葉はたまに使われる言葉なので、何となくわかったつもりで使ってしまっている方も多いのではないでしょうか。 しかし、あなたの使い方によっては間違っている可能性があります。 正しい意味でボキャブラリーを高めていきたいとあなたも考えているはず。 そこで今回は、 連携の本来の意味や定義を解説するとともに、例文や使い方についてわかりやすく解説していきます。 また、類語・言い換え語との違い、対義語の意味についても触れていきます。 「連携の意味、ちょっとあやふやだな」という方はぜひ参考にしてください。 INDEX• 「連携」とは?|意味と定義を解説! 「連携」にはどのような意味・定義があるのでしょうか? ビジネスシーンでも日常生活でも、あなたの周りでは使われることが多いはずです。 だからこそ、「連携」と検索窓に打ち込み、意味を調べようとしているのではないでしょうか。 しかし、連携の意味・ニュアンスや内容は状況や個人の使い方によって異なります。 そのため、もともとの意味、本来の定義をおさえておくことが大切になります。 連携の本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。 もちろん、気になるポイントだけをかいつまんで見てみるだけでもOK。 ぜひ活用してください。 連携とは何か?|読み方・意味・辞書の定義を簡単にわかりやすく! 連携(れんけい)とは「同じ目的で何事かをしようとするものが、連絡をとり合ってそれを行うこと」という意味です。 「連携」は、互いに連絡をとり、協力して物事を行うことで、「連係」は、他と密接な関連をもつこと、切れ目なく続くことを意味します。 例:他の国が連携する、サッカーの見事な連係プレー 連携と協力の意味の違い どちらも「互いに助け合う」という意味なのですが、連携の方が意味が狭い言葉になります。 協力は「助け合うこと全般」を意味し、連携は「同じ目的で何事かをしようとするものが、連絡をとり合ってそれを行うこと」を意味します。 つまり連携は助け合うときの条件として連絡を取り合うという手段や目的が一致しているということを加味した言葉になると言えます。 連携の使い方と例文 連携の使い方と例文1|連携をとる 同じ目的で何事かをしようとするものが、連絡をとり合ってそれを行うこと。 例:ついに各国の目的が一致し連携をとって防衛を行うことが決まった。 連携の使い方と例文2|連携プレー 組織の人員が互いに巧みに機能するさま。 ) 例:営業部署は見事な連携プレーで問題を解決した。 連携の使い方と例文3|連携を深める 同じ目的で何事かをしようとするものが、より密接に連絡をとり合ってそれを行うことさま。 例:各国は国難に対して連携を深めた。 連携の使い方と例文4|産官学連携 新技術の研究開発や、新事業の創出を図ることを目的として、大学などの教育機関・研究機関と民間企業が連携することを言います。 例:産学官連携とは名ばかりの大学のブランディングのための授業が開始された。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。 求人を探す• 履歴書・職務経歴書を作成する• 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する• 面接を1次〜3次まで突破する• 給与条件や入社日を人事側と調整する• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。 でも今は、 「転職エージェント」を活用することができます。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。 そのため、 転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。 これまで得てきた経験を活かすには、 「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。 「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、 「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。 あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。 業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。 業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。 3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。 おすすめ記事: 4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる 転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは 「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。 「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。 しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 それはなぜかといいますと、 転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 おすすめ記事:.

次の

共有の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

共有する 類語

ネットワークにつながっている上のファイル、、などの周辺を、のコンピューターから利用する機能やサービス。 特に経由のサービスに限定して使うで、単に1つの機器やデータを複数のユーザーで利用する「」とは区別される。 共有されたファイルや機器は、あたかも自分のコンピューターのものと同じように使える。 では、共有を許可したやを用意して、その中のファイルをネットワーク上のユーザーが利用する。 こうしたフォルダーのことを、といい、のメンバー間でのファイルの受け渡しや公開などに使用される。 通常、共有フォルダーには、アクセス権を設定して利用する。 たとえば、ユーザーによるファイルの閲覧やのは許可するが、変更や削除を禁止することで、不正なアクセスや誤操作によるトラブルをに防げる。 ーなどの周辺機器は共有によって、1台の機器を離れた場所の複数のユーザーが利用できることから、低コストと効率化が図れる。 出典 ASCII. jpデジタル用語辞典 ASCII. jpデジタル用語辞典について の解説 一般に数人の者が一つの物を共同に所有する状態、いわゆる共同所有をさすが、厳密には、そのような共同所有のうち、団体的拘束の強い「総有」や「合有」といわれる型のものを除いた、比較的個人的色彩の強い型のものをいう。 民法ではこれを普通の型としている(249条~264条)。 共有関係は、複数の者が1軒の家を買った場合など、お互いの意思表示で発生する場合と、法律の規定に基づいて発生する場合(たとえば、他人の土地から、壺 つぼ を掘り出したとき、その所有者が不明である場合には、その壺は土地所有者と発見者の共有になる)とがある。 共有とは、一つの物全体のうえに数人の者が等しく所有権をもっていて、どこまでがだれの部分と決められない状態である。 そして、共有者が共有物のうえにもつ権利は持分 もちぶん あるいは持分権とよばれ、共有者間ではその持分の割合が決められる。 その割合は、共有者の意思表示によって、あるいは法律の規定によって定まる。 民法はその割合を等しいものと推定する(たとえば、3人が同額を出し合って1軒の家を買った場合には、おのおの3分の1ずつとなる。 民法250条)。 共有者は、その持分の割合に応じて共有物全部を使用することができるが(同法249条)、そのかわり、共有物の管理費や税金などもその割合で負担する(同法253条)。 共有物の管理は、原則として各共有者の持分の価格に従い、その過半数で決める(共有物の利用方法、改良行為など)。 しかし、共有物の現状を維持しようとする保存行為(たとえば、共有物をかってに使っている他人に対して所有権に基づき妨害の排除を請求するなど)は、各共有者が単独でもできるし(同法252条)、共有物自体を処分したり変更したりする場合には全員の合意を必要とする(同法251条)。 共有者はいつでも共有物の分割を請求することができる。 分割しないという契約をすることもできるが、その契約も5年を超えることはできない(同法256条)。 分割は共有者全員で相談のうえで決めれば、どのように分けてもよい。 現物で分割しても、売却して代金を分けても、また、1人が現物をもらい、ほかの者に価格の一部を与えることもできる。 分割の請求に、ほかの共有者たちが応じなかったり、分割の方法について意見が一致しなかったりした場合には、裁判所に訴えて分割してもらうことができる(同法258条)。 分割が終われば、そのときから、各共有者は自分に割り当てられた部分の単独の所有者となる。 [高橋康之・野澤正充].

次の

IPC$ , admin$ , c$ の違いとは

共有する 類語

「シェア」の意味と使い方 「シェア」の基本の意味は「共有」 「シェア」には、 ・ 共有 ・ 分担 ・ 市場占有率 といった意味があります。 文脈によって意味合いが異なってくるので、前後の文章で意味をくみとる必要があります。 基本的には、「共有」という意味で使用され「シャアする」で「共有する」という意味の動詞になります。 また、このように個人が所有する住居や、物を他人とシェアすることを「シャアリングエコノミー」といいます。 「シェアリングエコノミー」の先駆者と言われているのが「AirBnB(エーアンドビー)」という会社で、空き部屋の貸し借りを仲介しています。 さらに「Uber(ウーバー)」という「車に乗せる人」と「運転手」をマッチングさせて、自家用車をシェアするというサービスが急成長していています。 最近ではこれの「食べ物バージョン」として「食べたい人」と「届ける人」をマッチングさせる「Uber Eats(ウーバーイーツ)」というサービスが日本にも上陸し、都内では人気のサービスとなっているのですがご存知でしょうか。 このように21世紀は、「消費」の時代から、「シェア」の時代に移行している、といえるでしょう。 「シェア」は「SNSで気に入ったウェブページを友人に共有する」の意味も Facebookには「Share(共有)」という名の機能そのものがあります。 自分意外の投稿で「いいな、他の人にも見てもらいたいな」と感じた投稿を、自分自身の投稿に引用することで、他の人にも拡散することができる機能のことをいいます。 つまり、「 SNSで気に入ったウェブページを友人に共有すること」を「シェア」といいます。 Twitterのリツイート、インスタのリポストに近い機能であると言えるでしょう。 例文 ・とても良いお話で感動したので、ぜひシェアさせていただきたいです! ・来月、新店をオープンすることになりました!お店の情報を、お友達にシェアしていただけると嬉しいです。 ・多くのみなさまにシェアしていただいたおかげで、欲しかった商品を手に入れることができました。 「シェア」はビジネス用語では「市場占有(率)」 「シェア」は、ビジネス用語だと「 市場占有(率)」という意味になります。 「市場占有(率)」とは、ある特定の市場全体の中で、企業の販売数量または売高がその市場においてどの程度の割合を占めているのかを示すものです。 例えば、ある企業の商品が大きな売場を展開しているように「市場占有(率)」が高ければ高いほど、取引上の優先順位が高いということになります。 この「市場占有(率)」は、「シェア率」とも言われ、略して「シェア」と言われることもあります。 「シェア」という言葉が使用されていますが、英語では「マーケットシェア」といい、「シェア」と略して使用されることがないので、 「市場占有(率)」という意味で「シェア」と言われるのは日本だけということを頭に入れておきましょう。 例文 ・日本の電化製品においては、性能が認められ世界各国でもシェア率は高くなってきている。 ・惜しくも、今年は売上が下がり携帯電話におけるシェア率1位にはわずかに叶わなかった。 ・製品を目の当たりにして、「さすが、シェア率トップだなと」感心した。 「シェア」は「一人あたりの取り分」の意味も 「シェア」は、1人の人が持つ費用・仕事・責任における「 一人あたりの取り分」という意味で使用されることもあります。 「名詞」として使用されると、「出し分」「取り分」というような意味合いになります。 この使い方は、「市場占有率」と同じように、「どの程度の割合なのか」という意味が込められていると言えます。 例文 ・出来高制になっていますが、それぞれの成績に応じで仕事をシェアするようにしています。 ・話し合いを重ねた結果、それぞれに正当なシェアをもらうことになった。 ・役職を増やして責任を均等にシェアしたほうが一人ひとりの負担は減るだろう。 「シェア」の類語は「ポーション」「分け前」「共有」「取り分」「割当」など ポーション 「ポーション」は、「 部分」「 割り当て」という意味で、何かから切り離された部分のことを指している言葉です。 料理などにおいては「一人前」と「ポーション」といいます。 例文 ・大きすぎて1人では大変だと思いますので、いくつかポーションに切り離して運びましょう。 ・この値段でこのポーションはとってもコスパがいいと思います。 分け前 「分け前」の意味は、「 自分にわけてもらえる分」です。 何かを分けたときに、おのおのに分配される分を「分け前」といいます。 例文 ・人数が多ければ多いほど、売上の分け前は少くなくなってしまいます。 ・旦那は長男で、資産の分け前を沢山もっているが貯金はできるかぎりしておこうと思っている。 共有 「共有(きょうゆう)」の意味は、「 共同で所有すること」です。 一つのものを、二人以上が持つことを「共有」といいます。 例文 ・マンションの共有スペースは奇麗にお使いいただきますようご協力お願い申し上げます。 ・今後のためにも今回の問題は全部署に共有しておきましょう。 取り分 「取り分」の意味は、「 分けたもののうち、自分が手に入れることのできる部分」です。 「取り分」と「分け前」は同じ意味の言葉になりますが、「取り分」を少し柔らかい表現にしたものが「分け前」だと思っていていいです。 例文 ・ひどく怒り狂ってはいたが、しっかり自分の取り分を手にして部屋を出ていった。 ・今月は、友人と共同で製作して販売している商品の取る分が入る日なのでお財布が潤う。 割当 「割当(かっとう)」の意味は「 おのおにに分けて、分担させること」です。 例文 ・役員の人数が減ってしまったことによって、一人ひとりの割当量が増えてしまった。 ・祖母の話しによると戦時中は、一日お米3同程度の割当しか与えられていなかったという。

次の