牡羊座 2020年 下半期。 【無料占い】12星座で占うあなたの2020年下半期の運勢

牡羊座の財力開運占い2019<下半期>:アエラスタイルマガジン

牡羊座 2020年 下半期

Contents• 全体運 5月中旬から逆行している木星は、社会的に忙しい日々を過ごしてきたあなたに少し手を広げるのを止め、これまで発展させてきた要素を振り返るよう促します。 あれもこれもと舞い降りてきたチャンスが落着き、ゆっくり自分のものにする時間を得られるでしょう。 しかし落着きを見せたのもつかの間、2020年の後半は火星が牡羊座に長期滞在します。 通常1つの星座に2か月程しか滞在しないのですが、2020年後半、牡羊座を運行する火星は逆行しながら年内中牡羊座に留まります。 これは何を意味するかというと、火星は牡羊座にいるとさらに勢いが増し、火星の持つエネルギー、行動力、闘争心、勇気といったものが全開になるのです。 この勢いに乗れば、あなたが注力する事柄について短期的に結果を出すことも可能になるでしょう。 しかし9月上旬から11月中旬にかけては逆行するので、勢い余っての勇み足、先走りや勘違いには気をつけて。 火星の持つエネルギーを建設的に活かすことが出来るならば、不可能も可能となるでしょう。 土星の最終課題 土星があなたの社会的な部分を鍛え上げてきたこの2年間は、相当ハードな日々を過ごされてきたのではないかと思います。 あなたはトップに立つのに相応しい社会的な枠組みやリーダーシップの取り方、体制の重要性を学んできました。 一度水瓶座に抜けた土星が山羊座に再び戻る7月3日以降は、これらのテーマに最終的に決着をつけなければなりません。 牡羊座は個人行動を得意とし、単独行動で成果を上げられるサインとして知られますが、その前に規律やルールといった組織や社会における重要な遵守事項を徹底的に学び、そして完全に腑に落ちるまで自分の物にするのが土星の最終課題です。 あなたが組織に属していようがなかろうが、自分よりも目上の人への態度や伝え方、家から一歩外へ出た時の社会での過ごし方について今一度それが妥当であるか、そして周りから求められるレベルに達しているかどうか確認する必要があるでしょう。 もしそれらの習得が遅れているなら、急いで課題に取り組まなければなりません。 見事レッスンを修了すれば、12月22日に起こる木星と土星の合の時、これからは自分個人のスキルや才能で自由に羽ばたけるのを実感する出来事が起こるでしょう。 ラストスパートテーマ 木星が逆行している9月11日迄はあなたがこれまでに得たポジション、関係性、表向きの顔といった部分についてじっくり根づかせ、問題があれば微調整をするとよいでしょう。 順行に移る9月12日以降は再び忙しさが増し、あなたが望む状態へと向けて木星が後押しします。 9月からの4か月間はプライベートよりも仕事や対外的な部分をがんばる時期になります。 火星も6月いっぱいは背後の部屋にまわり、出だしはなんだか調子が出ないかも知れません。 変に周りを勘繰ったり、動けば動くほど焦りが増して行くような感じです。 しかし火星が7月に牡羊座に入ると状況は一転。 エンジン全開で動いて行けるようになります。 この牡羊座の火星は、山羊座に滞在する木星とは90度。 プレッシャーや軋轢はあってもエネルギーを建設的に活かせればかなりの躍進が期待出来ます。 全体の意向や組織の枠組みを大切にしつつ、牡羊座ならではの行動力や情熱でファーストフラッグを取りに行きましょう。 火星が逆行する9月上旬から11月中旬は行き過ぎた行動に注意する時期です。 ギャンブル的な案件もここではマイナスに転じてしまう可能性があります。 慎重な行動を心がけましょう。 11月中旬以降は火星も順行に戻り、年内ラストスパート。 未来の自分はどうなっていたいのか?をイメージして、あなたの希望の椅子を取りに行きましょう。 恋愛運 情熱的な牡羊座に情熱の星、火星が巡ってきたらどうなるのでしょう?答えは一目瞭然。 あなたの魅力が全開になり、アピール度も増して落とせない異性がいない程最強のラブハンターとなるでしょう。 恋愛にご無沙汰している人にとっても、あなた自身の熱量が上がるこの時期は心の底から愛し合えるパートナーがほしいという気持ちになるようです。 愛を能動的に勝ち取れる時期になりますのでパートナーがほしいと思っている人は自分から動くことによって進展が望めます。 カップルの人も、情熱的な時期を過ごせるでしょう。 金星が環境の部屋に滞在する8月上旬までは、複数の候補が現れる可能性があります。 お誘いも増え甘い会話も増えそうですが、6月25日までは金星が逆行しているので、見かけ倒しだったり付き合ってみたら中身がガッカリというパターンも否定できません。 家庭の部屋で日食が起こる6月21日頃の出来事に注目してみると、相手の価値観や人となりがわかる判断材料が得られるでしょう。 火星が逆行する9月上旬から11月中旬にかけては、強引すぎる誘いや独りよがりは禁物です。 11月中旬を過ぎればパートナーの部屋を通過する金星と180度の角度を取り、あなたにとって最高のパートナーが現れる、または恋人と真実の愛を見つけることが出来るでしょう。 火星の到来で勢いのある半年ですから、エネルギーを前向きに使えばあなたの情熱にお相手も応えてくれるでしょう。 仕事運 幸運の星木星が天頂を運行し、行動の星火星が牡羊座を運行する2020年の後半はトップに躍り出る運気が来ています。 この90度の角度はとてもギャンブル的で爆発力がある配置の為、往々にして調子に乗って失敗してしまうというパターンになりがちです。 しかし上手く自制して勢いの波に乗れるならば、あなたが望むポジションに就いたり希望のプロジェクトを任され、結果を出したりすることが出来るでしょう。 あなたが家庭に入っている場合も、内助の功を発揮しパートナーから一目置かれたり、或いはパートナーが突然出世し自分の格が上がるような気分を味わえるかも知れません。 もしくはあなたが突如として一家の長になる可能性すらあるのです。 この派手な配置はあなたにこれまで見たこともないような景色を見せ、そして自分の実力を知ることになります。 ラッキーや偶然ではないチャンスをあなたに与え、高見に連れて行くでしょう。 7月5日、仕事の部屋で起こる月食はこれまでの軌跡を辿り、現在地を確認出来るタイミングです。 あなたの努力が妥当であればそれに見合った席が用意されるでしょうし、そうでなければ交代するということもあり得ます。 火星が順行に移る11月中旬から年内は最後のがんばり時です。 今やらずにいつやる?という位勢いのある時期ですから、人への働きかけ、プレゼンテーション、交渉、契約などあなたの熱意を形にすることが可能となるでしょう。 金運 天王星が金銭の部屋で逆行する8月中旬以降は、慎重な判断が求められる時です。 大きな運気の気流に乗ってついつい気が緩みがちですが、天王星逆行の期間はチャンレジが思ったような利益をもたらさない可能性が高くなります。 これは大きなお金の動きや投資に関してだけでなく、買い物や交際費に使う経費なども該当します。 良かれと思って買ったものが期待外れだったり、人に奢ったりプレゼントをしても逆にガッカリする反応が返ってくるということが発生しやすいでしょう。 そしてコミュニケーションの部屋に金星が8月上旬まで滞在する影響で、通信や移動といった経費には割安なプランが提供され、これまでよりはるかに費用負担が楽になるようです。 金星が逆行している6月下旬まではアテが外れることもありますが、夏の間はお得なプランを楽しめるでしょう。

次の

2020年下半期のおひつじ座(牡羊座)の運勢を占いました

牡羊座 2020年 下半期

2019年下半期の牡羊座さんは、活気ある楽しい時期となりそうです。 人気運が上昇中ですので、とにかくどこからも引っ張りだこで忙しい日々となりそうです。 健康運も上々ですので、かなり忙しくても体調を崩すような心配はありません。 牡羊座さんにとって、楽しくも学びの多い下半期ですので、きっと忙しさも苦にはならないことでしょう。 8月には人生における大きなイベントのような出来事があるかもしれません。 下半期は、あまり深く考えすぎずに運気の流れに乗っていくことが幸せの秘訣です。 半期は効率を考えた働き方が正解です。 仕事も忙しいかもしれませんが、プライベートも忙しくなるのが下半期ですので、いくら健康運が良い時期とは言っても体はひとつだけ。 仕事の手を抜く訳にはいきませんから、優先順位と効率アップが不可欠となってくるのですね。 特に、フリーランスで頑張っている人は、これまでの牡羊座さんの仕事ぶりが一気に大きく評価され、てんてこ舞いになるかもしれません。 そろそろ働き方を考える時期に入ってきていることが実感できるでしょう。 恋愛では、牡羊座さんにモテ期が来ていると言っても良い、素晴らしい運気です。 出会いを求めている人は、複数の男性との出会いがありそうです。 いつもお付き合いは自分からのアプローチからのスタート、という牡羊座さんは多いかもしれませんが、この時期は男性の方からアプローチされることになりそうです。 これまでとは違う恋愛スタートに期待やときめきが感じられそうです。 パートナーがいる人は、このまま今のお相手とお付き合いを続けることに疑問を持っていた場合、他のお相手からアプローチがあった時には思い切って決断する時期でもあります。 梅酒、ストライプのシャツ、温泉のあるホテル 明るく朗らかなイメージの牡羊座さん。 さっぱりした気質の女性が多く、性格的にも裏表がないので、男女ともに良いお友達になれます。 一途で情に厚い部分があって、困っている人がいるとほっとけないような優しい一面も。 仕事では、一度決めたことは最後までやり通す責任感の強さが際立ちます。 恋愛は、待っているよりも自分から相手に積極的にアプローチするタイプ。 さっぱりしているイメージとは違って、恋愛ではかなりのロマンチストなので、変化に富んだ刺激的な恋愛を好みます。 一目惚れしやすいのも牡羊座さんの特徴です。 牡羊座さんを輝かせてくれる装いは、デニムにスニーカーではなく、バレエシューズを合わせるなどカジュアルやスポーティな中にも、ほんのり甘さをプラスしたコーデ。 また、お日様の下が似合うような、オレンジのチークやリップなど爽やかなナチュラルメイクがおすすめです。

次の

2019年下半期のおひつじ座(牡羊座)の運勢を占いました

牡羊座 2020年 下半期

肉眼では見えない因子によって私たちの生活が一変し、世界は繭ごもりしたように静寂の傘に包まれました。 星を見るまでもなく、タロットカードを引くまでもなく、否応なく時代が変わっていくことは老若男女、この時代に生きるすべての人たちが感じているのではないでしょうか。 新しい時代のものへと世の中心軸が動くときには、それと同時に、いや、それの若干前になるのかもしれませんが、前時代のものは世の中から徐々にアンインストールされていきます。 そして、2020年の上半期はオリンピックの延期事例を一つの象徴として、うわものを壊し、土台・白紙へと回帰させるようなことが社会でも組織でも個人レベルにおいても頻発した時期だったように思います。 ただ、そこに一足飛びでギアアップしていくわけではなく、準備期間もきちんと存在しています。 実際に2020年6月30日(火)前後で、本来住みたかったところへと移住する人、やりたかったことにトライする人、二重生活へと踏み切る人、海外へと旅立つ人、副業を開始する人など、なにかに導かれるように人生という名のサーキットでクイックターンを決める人も続出するでしょう。 「縦」から「横」へ そして移動した先で人々は各個に繋がり始めます。 「自分」というキャラクターを打ち出し、「宇宙」を基軸にする 前述のように、土星と木星が同時に水瓶座に入るのが2020年の12月。 それは占星術的に言うと グレートコンジャンクションと呼ばれる約20年に一度の天体イベントで、歴史を動かす人たちが生まれてくると言われるような星廻りでもあり、革新的な何かがあると言われている節目です。 今回のものは産業革命前後から続いてきた一つの長い長い時代が変わるとき。 「土から風へ」それは、同じく専門用語でミューテーション「主要元素の移行」と呼ばれる、一生に一回経験できるかどうかというほどのビッグスケールのもの。 このミューテーションが水瓶座で起こるということは、水瓶座的な生き方や水瓶座的な要素・素質がこれからの世を生きていく上では必携であり、水瓶座らしさを供えなさい!という星たちからの貴重なお知らせでもあります。 それゆえ、プロダクト、サービス、アプリケーション、政治といった私たちの生活に関わるすべてのものが、いままでよりも一段高い視座からジャッジされ、消費されていくような世に生まれ変わっていくことになります。 今を生きる私たちは、そんなある大きな時代の終焉とこれから隆盛していくことになる新しい時代の狭間に生を授かっている世代です。 もちろん、時代のスイッチングポイントを生きることは決して楽なことではないでしょう。 革命、戦争、飢餓、病気の蔓延、天変地異など、いろいろなことが過去の歴史を紐解いても起きてきましたが、人類はその都度、叡智と勇気と行動で解決策を見つけ、新時代を切り開いてきたのです。 ! 異世界との交わりを楽しむ 今季の牡羊座の開運ポイントであり、目を向けるべきところは異世界との交わり。 火星が自室に入る2020年6月30日(火)以降はさらにその勢いも加速! その前後1カ月ぐらいからは、新しい肩書きを掲げることになる人もいるかもしれません。 新しい美の基準を定めていく 牡牛座は美の星・金星を守護にもつ美意識とセンスとこだわりの星座。 今期は惰性で続けているもの、ルーティーンを見直すのに絶好のタイミングなので、生活リズムやポリシー・ルールを見直し、積極的に余白を作りましょう。 そうすることで今のあなたに合ったもの、ぴったりなものが人生に流れ込んでくる可能性もあります。 この下半期、あなたのセンスや感覚、アイディアといったものが世界の注目を集めるかもしれません。 翼を広げ、大空を舞いはじめるとき 双子座の皆さん、今までに封印していた何かをそろそろ使ってもいい頃です。 特定の誰かとの関係、会社・組織、諸々のしがらみに縛られて、自由に発信・発言する権利や機会を失っているとしたらそれは大きな損失。 これからの時代を生きるための翼、それを妨げるものからは解放されても良いタイミングです。 自分の自由を縛るもの、それはもしかすると人が原因かもしれませんが、2020年6月末頃から、既存の人間関係の何割かを置き去りにする暗示もあります。 ただ、自分から革命の狼煙を上げて広大な世界に打って出ることで、大きな実りを手にするというリターンも期待できます。 狭い世界で生きることを脱却し、テリトリーを世界にまで広げ、大衆に向けて発信していくことで、想像以上の豊かさの種があなたのもとにやってくるはず。 あなたが身のまわりのだれかのためにやっていること、それが本当にその人のためになっているのかどうか。 家族やパートナーなどだけにその範囲を絞り、あとは自分の癒しや、自分の趣味等に時間を使うことで自然といろいろな詰まりや不調も解消されていくことに。 心と体を癒せるようなノイズレスな環境を作り、自分をいたわることに注力してみましょう。 プロデュース・アレンジの達人になる 動物界でも百獣の王と言われるように、星座のなかでも獅子座とは王様、キングとクイーンの星と言われています。 そんな主たる要素をもつ獅子座は、今まで主役級の活躍をしてきたはずですが、これからは今までに蓄積してきた英知・知恵・経験・実績を用いて、誰かや何かをサポートしたり、応援したり、コラボレーションしたり、プロデュースしたり、アレンジする役割にシフトしていくことになります。 少なくともこの流れはここ3年ほどは続くので一過性に留め置くのではなく、腰を据えて取り組んでいくと、これから手がけることが伸び、ロイヤリティ、副業収入、印税、不労所得等々、今までよりも収入源が増えたり、思わぬ副産物を得られたりするかもしれません。 いずれにしても、参謀的な役に徹することで開運しそうです。 今後の世界の基軸・基盤を作るとき 乙女座は元来、基盤、システム、仕組みといったものに非常にご縁がある星座です。 そして今は、時代の基軸とも言えるものが大きく変わろうとしているとき。 世の状況は、決して楽観的に物事を見られるものではありません。 破壊と再生といってもいいかもしれませんが、今は次世代の働き方、生き方の土台を作り上げて豊かなこと、楽しいこと、面白いことに一早く着手していくことが、開運につながり、時代の波に乗るポイントです。 なぜなら天秤座には、センスがいいもの・豊かなもの・これから伸びるもの・才能の原石かどうかを嗅ぎ分ける、高感度のアンテナが備わっているから。 これからはそのアンテナを生かし、さながらボールを受けたミッドフィルダーが最前線にパスを供給するように、これからの時代に輝くであろう物事、必要な仕事・働き方等を紹介し、つなげ、拡散し、世界へとそのキラキラの渦を広げていくのでしょう。 次世代的とも言えるような前衛的な遊び、クリエーション、ゲーム、芸術、音楽、そういうものはきっとこの時代を生きる天秤座から生まれてくるのかもしれません。 癒しと活力をもたらす守護神になるとき 占星術には活動宮、不動宮、柔軟宮という3つの気質を表すカテゴリーがあるのですが、牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座の四つの星座は不動宮の括りであり、蠍座もこのグループに入ります。 この星座に生まれた人のマインドはきつい環境になればなるほど、厳しい状況であればあるほど、それに反比例して癒し力、包容力もあがっていくという特殊なもの。 逆境になればなるほど、仕事運や恋愛運のようなものも上がっていくので、その追い風を生かし、ピンチはチャンスとばかりに、今期のどこかで結婚や運命の出会いを経験する人も多いかもしれません。 射手座のあなたがもつ天性のギフトであるこれらの才覚や開拓力、啓蒙力、そして人々を導く力。 それらがまさに今、世界中で求められています。 今期、時代を切り開く賢者、射手座のあなたの言葉や発信に多くの人が耳を傾けることになるでしょう。

次の