参加 できない 敬語。 「できません」は敬語での言い換えは?ビジネスメールでの使い方を開設

「できない」の敬語表現とは?ビジネスで失敗しない断り方

参加 できない 敬語

「構わない」には差つかえない、気にしないといった意味があることが分かりました。 では、この敬語表現にあたるものは何になるのか。 正解は「構いません」という表現です。 「お」や「ご」等の和語や漢語をつけるのではなく、普通に敬語表現に用いる「ですます調」にしてしまえばいいだけですね。 ですが、「構わない」という言葉は実は意味が多様でもあります。 上記では肯定をする場合に用いる言葉と言いましたが、気遣いをする際にも用いることが思い出されますよね。 例を挙げるなら接待をされた際に「お構いなく」なんて感じで「気を使わないでくださいね」というときに使いますよね。 こちらの意味でとられしまわないように、またはこちらの意味で使ったのに!とややこしいことにならないように使う場面には気を付けたほうがいい言葉です。 上記でメールで使用する際の「構わない」の敬語表現を紹介しましたが、口頭で伝える際の敬語表現も紹介したものと変わりなく使用することができます。 気を付けることといえばやはり、「構わない」には色々なニュアンスが含まれていますので、状況に合わせて使い分ける事です。 丁寧な表現に直しても「構いません」を「問題ない」、「それでお願いします」といった意味で使う際は冷たい印象を与えてしまいがちです。 気遣いをしてくださった相手に「お構いなく」というのでは良い印象を与えるのですが、こういった、肯定をする際に使用する場合は自己主張の強い言葉になってしまいますので、目上の方に使うことはあまりお勧めできません。 似たような表現で注意するべき言葉 「構わない」という表現は敬語表現を用いても、目上の方等に冷たい印象を与えてしまいがちなことがわかりました。 こういった、敬語表現にしていても失礼な印象や、冷たい印象を与えてしまうことがあります。 例えば「すみません」と「申し訳ございませんでした」という謝罪に使う2つの言葉があります。 馴染みのある、普段から使う表現は「すみませんでした」が多いかと思います。 しかし、ビジネスシーンで目上の方への謝罪をする場合には軽い印象を受けますよね。 ですので、そういった軽い印象を与えてはいけない場合は後者の「申し訳ございませんでした」を使います。 また、「了解しました」と「承知いたしました」もこれらと同じで状況によって変えるできものです。 本来「了解」という言葉は立場が上の方が部下に対して許可を与える際に用いられる言葉であって、部下から上司に使う言葉ではありません。 使ってしまうと、経緯を持たれていないと思われてしまうこともありますので、「承知いたしました」という表現をするようにしましょう。

次の

【不参加を伝えるメールのポイントとは】作成ポイント3つとマナー

参加 できない 敬語

断りのフレーズ 断りのお決まりフレーズ・常套句・言い回し フレーズ 使用例 お断り申しあげます。 誠に、残念ではございますが、お断り申しあげます。 見送る。 恐れ入りますが、今回は出席を見送らせてください。 いまのところ必要ございません。 せっかくのお申し出ではございますが、今のところ必要ございません。 結構でございます。 ご出席のお返事は送らなくとも結構でございます。 お申し出はお受けいたしかねます。 直接ご来社頂いてのお申し出はお受けいたしかねます。 お申し出はお引受けかねます。 今回のお申し出はお引受けかねます。 お受けすることはできません。 当社の規程で、贈呈品はお受けすることはできません。 お受けいたしかねます。 お受けいたしかねますが、担当には伝えておきます。 お断りせざるを得ない状況です。 今回は残念ながら条件が合いませんので、お断りせざるを得ない状況です。 ご要望には添いかねます。 今回のご要望には添いかねますので、あしからずご了承ください。 ご遠慮申し上げます。 けっこうなお話ではありますが、ご遠慮申し上げます。 お気持ちだけ頂戴します。 せっかくのお申し出ですが、お気持ちだけありがたく頂戴します。 謹んでご辞退させていただきたく思います。 今回は、謹んでご辞退させていただきたく思います。 ご勘弁いただきたく思います。 スピーチだけはご勘弁いただきたく思います。 ご容赦のほどお願い申し上げます。 申し訳ありませんが、今回はご容赦のほどお願い申し上げます。 とても私には力が及びません。 何はともあれ、お役に立ちたいところですが、とても私には力が及びません。 私ではまだ荷が重すぎます。 そんな大役をお引き受けするのは、私ではまだ荷が重すぎます。 私などが出る幕ではございません。 そうそうたる面々の中で、とても私などが出る幕ではございません。 どうにもご用立てはいたしかねます。 申し訳ありませんが、どうにもご用立てはいたしかねます。 あいにく待ち合わせがございません。 すみませんが、あいにく待ち合わせがございません。 金子の都合はつきかねます。 仰せの通りの金子の都合はつきかねます。 お引受けしたいのですが なんとしてもお引受けしたいのですが、とても私には力が及びません。 お役に立ちたいところですが 何はともあれお役に立ちたいところですが、とても私には力が及びません。 ご協力申し上げたい気持ちは山々でございますが ご協力申し上げたい気持ちは山々でございますが、とても私には力が及びません。 誠に残念ではございますが 慎重に選考致しました結果、誠に残念ではございますが、ご期待に副うことができませんでした。 不本意ながら 不本意ながら、ご辞退させていただきたく思います。 申し訳なく存じますが 申し訳なく存じますが、ご辞退させていただきたく思います。 せっかくのお申し出ではありますが、 せっかくのお申し出ではありますが、 貴社との新規お取引の件は、見送らせていただきたいと存じます。 せっかくのご依頼ではございますが、 せっかくのご依頼ではございますが、お引き受けすることができません。 せっかくお頼り下さいましたのに せっかくお頼り下さいましたのに、お引き受けすることができません。 お力になれなくて お力になれなくて申しわけなく思っております。 お役に立てなくて お役に立てなくて申し訳ありません。 ご協力できなくて せっかくですが、ご協力できなくて申し訳ありません。 なにとぞ事情をご賢察のうえ なにとぞ事情をご賢察のうえ、ご高承賜わりますよう伏してお願い申し上げます。 なにとぞ事情をご高察賜りまして なにとぞ当方の事情をご高察賜りまして、あしからずご了承のほどお願い申し上げます。 なにとぞ本事情をお察しいただき なにとぞ本事情をお察しいただき、あしからずご了承のほどお願い申し上げます 難しいです 大変申し訳ないのですが、今回は対応が難しいです。 難しい状況です あいにく他に予定が入っており、日程調整が難しい状況です。 せっかくですが せっかくですが、今回は都合がつかずに申し訳ございません。 あいにく あいにく既に予定が入っており、参加できそうにありません。 願ってもない機械ですが 願ってもない機械ですが、ご一緒するのは難しい状況です。 私の一存では決めかねます。 ありがたいお話ですが、私の一存では決めかねます。 認められません。 納期の延長は申し訳ありませんが認められません。 納得できません。 今になって見合わせるというのは納得できません。 承服いたしかねます。 今になって契約条件の変更は承服いたしかねます。 困っています。 私どもでも対処のしようがなく、困っています。 社内で検討し 早速、社内で検討した結果、残念ながら今回は見送らせていただくことになりました。 かえってご迷惑をかける このような状況では、かえってご迷惑をおかけすることになりかねません。 断りの言い換えフレーズ フレーズ 使用例 遠慮しておきます• 辞退します• ご遠慮申し上げます• お気持ちだけ頂戴します 無理です• 追加の依頼には対応しかねます• 追加の依頼をお引き受けするのが難しい状況です• 私には荷が重く、ご期待に添いかねます• 私の力不足もあり、対応は難しいです お断りします• お受けすることはできません• お受けいたしかねます• ご要望に沿いかねます 難しいと思います• 難しい状況です• 私の一存では決めかねます• お断りせざるを得ない状況です 認められません• 認められません• 納得できません• 承服いたしかねます お断りしてすみません• せっかくですが• あいにく• 願ってもない機会ですが.

次の

都合がつかないの敬語は?都合が悪い時のビジネスメールでの断わり方!

参加 できない 敬語

お客様からご要望があったものの、実現が不可能な場合、即答で「できない」と言ってしまうと相手に不快感を与えてしまいます。 それは相手の気持ちを軽く受け流しているように感じられるからです。 お客様の仰る言葉を十分に汲んで色々考えたけれど、やっぱりできないので申し訳ないという気持ちを表す敬語表現が望ましいです。 この場合は「致しかねます」という表現が向いています。 「できない」は敬語表現でないので使えないのはもちろんですが「やりたくない」と受け取られる危険性もあります。 「致します」というのは遜った言い方であり、その否定形で「致しかねます」という言い方が向いています。 また、「大変申し訳ないのですが」「ご配慮頂いた事は誠に有難いのですが」など相手の気持ちを十分に汲み、申し訳ない気持ちや感謝の気持ちを前面に出すことが重要です。 協力できない事を伝えるには? はっきり「できない」と言ってしまうと角が立つと思う場合、敬語ではありませんが「難しい」という言い方もあります。 「それは私には大変難しいです」と言えば「私にはできない」という意味になります。 しかし、この「難しい」という表現は誤解を受ける危険性もあります。 相手は「できないと言わなかったし、難しいと言いながらもやってくれるだろう」という微かな期待を寄せる場合もあるからです。 相手によって使い分ける言葉でもあります。 難しいという言葉と似た使い方で「遠慮する」という言い方もあります。 「遠慮いたします」「遠慮させていただきます」と使えば「できない」と言っている意味になります。 厳密には敬語とは言えない使い方ですが、婉曲な言い回しでできないことを伝えられる便利な言葉です。 参加できない時の言い方は? 今すぐ回答できない場合の断り方は「ただ今、ご回答できる状況に至っておりません」「ご回答を差し上げる段階に届いておりません」「間に合いそうにありません」などの敬語表現があります。 例えば輸入品卸の会社で営業をしている場合、商品が船で海外から運ばれますが台風の影響で到着が遅れることがあります。 いつ届くのか分からなくて、お客様もイライラして尋ねられるのですが「こちらも分からないから回答できないです」ときっぱり言ってしまうと冷たく感じられて印象も悪くなります。 「誠に申し訳ありませんが、船の到着が遅れており、ご回答を差し上げる段階に至っておりません」と丁寧に応えると、こちらも荷物が届かなくて困っているのだ、というニュアンスが含まれるので、お客様を冷たくあしらうような印象は与えません。 出席できない時の言い方は? 結婚式などの慶事の予定があったのに、親族の不幸が起こり、やむを得ず欠席する場合は「控えさせていただきます」という言葉を使います。 敬語表現とまでは行きませんが「欠席する」「いかない」という強い口調よりも、婉曲な表現として一般的に使用されています。 ご招待ハガキを受け取った際には「ご出席」「ご欠席」のどちらかに〇を付けて返送することになっています。 欠席する場合は「ご」を二縦線で消して欠席に〇印をつけましょう。 余白部分に「この度は大変おめでとうございます。 お二人の佳き日の門出を心より祝福いたします。 この度は事情により出席を控えさせていただきます。 誠に申し訳ありません。 」などと記入すると良いでしょう。 職場の係内の会議など、気心の知れた間柄では「欠席させて頂きます」といったストレートな表現で構いません。 あまり敬語にこだわった言い方をすると反って慇懃無礼とも受け取られます。 面接時にできない事を伝える言い方とは?.

次の