オルク オーク。 史上最強オークさんの楽しい異世界ハーレムづくり【単話】 25巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

オークのイメージを覆す!?オススメ漫画5選

オルク オーク

ある意味オークってスゴい存在なんですね オルクくんはエッチな紳士 エルフの少女が取り乱す事は予想していたオルクくん。 彼は涙を流して怯える美少女エルフに紳士的に接した。 ひょっとするとエッチじゃないオークさん? なんて思い始めたエルフさん。 だがオルクは、自ら 「エッチである」と言い放った。 オルクは、 エッチだけど紳士なのである。 エルフのティータは良い子だった いつ犯されてもおかしくない状況の美少女エルフのティータ。 しかし、オルクの必死な様子に心を開いた。 ティータは、普通ならかなり無理があるオルクの言葉に耳を傾けたのだ。 「押し倒されて喜ぶ雌しか襲わない」 こんなセリフを信じるのだ。 エルフのティータは、とても良い子に違いない。 この可愛いエルフっ子、怯え方が良すぎw オルクくんの説得が面白すぎた 助けたエルフ(ティータ)に怖がられまくりのオルクくん。 すぐに説得を始めます。 でも、この 説得内容が笑えました。 まともに助けた理由を話したと思ったら・・・ 自らエッチであると宣言しちゃうのですw しかも ハーレム作りに関しても普通に話すからスゴい! オルクもアホなのか超賢いのか、よくわかりませんよね。 素直過ぎるティータが可愛い こんな とんでもない説得を受けたティータちゃん。 何故か これで納得するからビックリです。 きっと、このエルフさんは素直過ぎる性格なのでしょうね。 さっきまで「犯される」と思っていた相手を割とあっさり信じちゃいました。 あと、 食欲にも素直でヨダレを垂らすティータちゃん、かわいい。 と言うか、このエルフの少女、ずっと薄着のままですねw.

次の

『史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり』ドラマCDが発売 シリーズ累計も20万部を突破

オルク オーク

そのイベントの中で本作、 『史上最強オークさんの楽しい異世界ハーレムづくり』 が5作品の中で1番の盛り上がりを見せています。 大変失礼だが読んだ感想は、あまりに下品。 男から見ても容認できぬ女性蔑視。 作者の人間性を疑う。 反吐が出る。 掲載中止希望。 こんなセクハラじみた話を何を考えれば掲載できるのか、 このコメントを書くためにいいねを押すのさえ躊躇った。 掲載中止を希望する声も… 手厳しい意見が多いですね。 特に女性の扱いの描き方に反感を買われている感じです。 『史上最強オークさんの楽しい異世界ハーレムづくり』が批判される理由 批判される理由を端的に言ってしまうと、 女性軽視を思わせる表現が多いからでしょう。 例えば 「つまり、強ければ女の子に股を開かせることができます。 」 とか 「そして雌は、強い雄の子が欲しくなる生き物なんだ、って気付かされました! 」 なんて表現が非難の対象になりやすそうですね。 あと、 生々しい言い回しを嫌がる人もいるかもですね。 個人的な感想を言わせていただければ、 「めっちゃ面白い! 続きが気になってしょうがない!」 とまでは思い至りませんでしたが、 少なくとも嫌悪感等はありませんでした。 絵はスゴくキレイで見やすいですし、 これからカワイイ女の子をもっといっぱい描いてくれるのかなと、 ちょっとした期待もあります。

次の

ウォーハンマーのオーク(オールク)とは。FBからAOSまで

オルク オーク

Contents• 村を復興させるために とりあえず冬を越せるための食料を提供したいといいました。 そして村長は、 たしかに魔蟲のせいで畑が潰されて 食料が蓄えられていないといいましたが、 エルフの誇りとして そのような施しを受けるわけにはいけないといいました。 そしてオルクは、妻ティータの実家を助けるのは当然で、 プライドも大事だが民を見殺しにしてもいいのかと尋ねました。 それでも村長は 切り詰めていけばなんとかやっていけるといいました。 しかしオルクは、 そのようなことをしていけば、 病人などがでてしまって、 より負荷が重なり悪循環になってしまうといいました。 そして村長はお礼に差し出せる代価がないといいました。 そしてオルクは代価は魔蟲の死骸がほしいといいました。 魔蟲の死骸をオルクなら有効活用できるため、 食料を買うために使うお金より 何十倍も稼げるため十分だといいました。 そうしてようやく村長は、オルクにお願いをすることにしました。 魔蟲の粘液を排除するオルク 畑の持ち主のエルフが魔蟲の粘液を取り出そうとしますが、 なんでも溶かすため移動させることすらできず、 畑が終わったと思いました。 そこにオルクが来て、 水の精霊を出し水で粘液を包み込みました。 なんでも溶かす粘液を包み込んだ水は けして汚されない清浄な水のため溶かすことはできない とオルクはいいました。 そして次に土の精霊を出し穴を掘りました。 そしてあたりの粘液をその中に入れ片付けてしまいました。 そして畑の持ち主のエルフは、 オルクに心の底から感謝しました。 魔蟲の死骸 ティータは魔蟲の死骸がお金になるのか疑問でした。 そしてオルクが、 この皮は勇者の力で全力で放った 火魔術でも燃やしきれなかったので、 防具としてみるなら世界最高の素材だといいました。 そしてオルクはティータに剣で切ってみるようにいいました。 そして言われた通り切りにいってみるティータでしたが、 全く刃が通りませんでした。 そしてオルクが、 これでこの皮の価値が分かっただろうといいました。 しかし価値は分かっても 切れないのではどうしようもないので、 どうするのか聞くとオルクは、 大賢者マリンから卒業祝いでもらった 仕込み刀の杖を取り出しました。

次の