銀婚式。 【銀婚式】妻へ贈る人気のプレゼントランキング

【銀婚式】妻へ贈る人気のプレゼントランキング

銀婚式

25年間いろんなことがあったと思います。 今まで共に歩めたことへの感謝と銀のように輝く夫婦への祝福、そして結婚50周年の金婚式を向けてさらに夫婦の絆を深めていくという意味があります。 日本でこのような結婚記念日を祝う習慣は元々ありませんでしたが、1894年(明治27年)に明治天皇が銀婚式として「大婚二十五年祝典」を行ったことにより日本でも一般的に祝うようになりました。 はこちらをどうぞ! エレガントな銀器ブランドとして日本でもよく知られているクリストフル。 1点1点のカトラリーに刻まれる彫刻はフランスの気品とハイクオリティの象徴といえます。 ずっと身に付けるものになるので一緒に買いに行くなどして好みのものをプレゼントしてあげるのがいいですね! 【第1位】指輪 銀婚式に何が欲しいか女性に聞くと圧倒的に多い答えが「シルバーアクセサリー」 その中でも1番の人気は「指輪」です! 若かりし頃に永遠の愛を誓って交換した結婚指輪。 今日は25回目の結婚記念日。 結婚していろんな出来事があったね。 家事や子育てに奮闘し家族を支えてくれてありがとう。 これからも2人で一緒に頑張っていこうね。 愛しているよ。 4 NEW ENTRY.

次の

結婚記念日まるわかり!金婚式・銀婚式などの数え方、プレゼントやお祝い方法を一挙紹介!

銀婚式

・自宅でお祝会 ・ホテルやレストランで食事会 ・旅行 ・プレゼントを渡すだけ などなど。 一番お金がかかるのが旅行でしょうか。 家族全員で旅行して旅行代金を負担しようと思ったら、5万じゃすみませんよね。 旅行に連れていくのではなく、旅行券をプレゼントする方もいるようです。 銀婚式だとまだお子さんが学生だったり、社会人でもそんなに経済的に余裕がない場合もあるでしょうから、無理のない範囲でお祝いすれば良いと思いますよ。 銀婚式のお祝いはいつする? 銀婚式の由来 銀婚式のように結婚記念日を祝う習慣はイギリスで発祥したと言われています。 結婚してから5年目、15年目、25年目、50年目、60年目と節目になる年にお祝いをしたのだそうです。 それがやがてアメリカに伝わり、15年目までは毎年、15年目以降は5年単位で祝う今のような形になりました。 日本で銀婚式を祝うようになったのは、1894年(明治27年)に行われた明治天皇の「大婚二十五年祝典」がきっかけとされています。 銀婚式を祝うタイミング 一般的には結婚記念日の半年前から当日です。 我が家の場合は、当日が偶然土曜日だったので、当日にプレゼントを渡しました。 実は、前日の夜になって突然父から「明日銀婚式だからお母さんに花をプレゼントしたい。 代わりに買ってきてくれないか」と電話で言われたんです。 私も妹も両親の結婚記念日はおろか、銀婚式なんてことも知らなくて。 翌日急いで花屋さんに行き、お店にあったものの中から一番綺麗だった百合の鉢植えを選んで買って行きました。 もっと早く教えてくれていれば、プリザーブドフラワーみたいに長く飾っておけるものを準備しておいたんですけどね。 母は「こういう花を丁度飾りたかったの」と喜んでくれたので、結果オーライでした。 銀製のナイフやフォーク、スプーンなどのカトラリーや、食器、アクセサリーなどが多いようです。 でも、銀にこだわらずにご両親の欲しいものや好きなものを贈ると良いですよ。 私は母が前に自分で鉢植えを買っていたのを思い出してユリの鉢植えにしましたが、花束やフラワーアレンジメント、手入れの手間がかからないプリザーブドフラワーも人気です。 普段あまり花を飾る習慣のないご両親の場合は、水遣りのいらないプリザーブドフラワーがおすすめです。 二本で一組の箸は、夫婦を象徴するものですし、毎日使うものというのも良いですよね。 手頃なものだと2,000円前後のものもありますので、お食事にプレゼントをちょっとプラスしたい、なんて場合にもぴったりです。 お揃いで買っても使っているうちに欠けたり割れたりしてバラバラのお茶椀を使っている方も多いことでしょう。 銀婚式を機に、お揃いのお茶椀を使ってもらうのはいかがでしょうか。 お店によってはラベルに名入れをしてくれるところもありますので、そういったサービスを利用するとより特別感があって素敵です。 スプーンやフォークって日常で使っているうちに段々古くなってきてしまうので、この機に新しくするのも良いですよね。 まとめ 銀婚式のお祝いの相場や人気のプレゼントをご紹介しました。 節目となるお祝いですので、思い出になるような日にできると良いですね。

次の

【結婚25周年】銀婚式のプレゼント探しに役立つ由来や風習をご紹介!

銀婚式

金婚式・銀婚式のマナー 両親や義両親、親しい方の金婚式や銀婚式はおろそかにしたくないもの。 でも、結婚何周年のことなのか、いまいちピンときませんよね。 金婚式・銀婚式のお祝いに、何をしたらいいのか? お祝いの相場やふさわしいプレゼント、そもそも結婚記念日からどう数えたら、金婚式や銀婚式になるのか? など、金婚式や銀婚式には疑問がいっぱい。 でも、両親や義両親にとっては、とても大切なアニバーサリーの日。 そこで今回は、金婚式・銀婚式の疑問を解決するべく、お祝いの仕方や失礼のないプレゼントの選び方、相場などを調べてみました。 金婚式・銀婚式にまつわる不明点やお悩みを、わかりやすくお伝えしていきます。 金婚式、銀婚式とは? その意味と由来、数え方 金婚式・銀婚式のマナー 夫婦のアニバーサリー、結婚記念日の中でも、とりわけ特別感があるのが、金婚式と銀婚式。 その数え方は、 結婚25年目の節目が「銀婚式」、50年目の節目が「金婚式」です。 夫婦で記念の品を買ったり、旅行へ行ったりとふたり自身がお祝いするほか、子どもや孫、親戚一同がお祝いの席を設けて祝うことも、一般的になっています。 結婚記念日は、入籍日(婚姻届を出した日)とする考え方と、結婚式・披露宴をした日、とする考え方があり、どちらでも夫婦が納得していれば、それが結婚記念日となります。 その翌年が1年目、翌々年が2年目と数えて25年目、50年目がそれぞれ、銀婚式と金婚式になります。 結婚記念日はイギリスの習慣から始まったといわれ、日本での結婚記念日の数え方はイギリス式に準じています。 お祝いのパーティや食事の席を設け、プレゼントを贈って夫婦の長寿と絆を称える……そんな祝い方が多くなっています。 銀のお箸やカップなども、人気です。 また、元気な両親、義両親へは、 海外旅行や温泉旅行など、旅行チケットのギフトも喜ばれるのが最近の傾向です。 銀婚式にお祝いを包む場合の相場は、 両親、義両親へは兄弟姉妹と合わせて3~5万円程度。 親戚や知人の場合は、1~2万円程度が目安とされています。 「金のような輝きと豊かさを手に入れた夫婦」という意味合いから、 金製品や名前を刻印した金杯などのプレゼントを贈ることが多いようです。 金婚式パーティを開催する場合は、 当日の1~2か月前には返信用ハガキを同封した招待状などを発送して、招待客の出欠を確認しておきます。 両親や義両親が高齢になっていて、大がかりなパーティが難しい場合は、 記念品などを購入し、家族の手料理などでお祝いしてもいいでしょう。 金婚式にお祝いを包む場合の相場は、 両親、義両親へは兄弟姉妹と合わせて4~6万円程度。 親戚や知人の場合は、2~3万円程度が目安とされています。 金婚式、銀婚式のご贈答マナー。 表書きや熨斗は? 出典: 贈答品の表書きは 「御祝」「御結婚記念」「祝紙婚式」「祝金婚式」「祝銀婚式」「金婚式御祝」「銀婚式御祝」など。 下段に 「子供一同」「孫一同」などと記載します。 水引きは 紅白の蝶結び、熨斗つきが正式な贈り方です。 義両親や親戚など、礼儀と縁起を大事にする方へは、NGな贈りものをしないよう、注意したほうがよさそうです。 ・ 白いハンカチ……ハンカチは日本語で「手布(てぎれ)」と書くことから、別れや手切れを連想させます。 一般に、白いハンカチは、贈りものにはNG。 ・ くし……「苦」「死」を連想させるのでNG。 ・ はさみやナイフ……「切れる」という連想から、縁起が悪いものとされます。 ・ 靴や敷物……「踏みつける物」であることから、年長者には失礼とされます。 ただし、気心の知れた相手なら、場合によっては贈ってもいいでしょう。 両親の金婚式、銀婚式のメッセージ、文例 金婚式・銀婚式のマナー 金婚式、銀婚式のお祝いでは、サプライズで電報を届けたり、メッセージカードにお祝いの言葉を綴って贈っても、きっと喜ばれるはず。 どんな文面や内容がふさわしいのか、いくつかお奨めをピックアップしてみました。 この先もふたり仲良く結婚記念日を迎えられることを願っています。 これからもお二人揃って元気に毎日を楽しんでくださいね。 お二人の仲の良さは、私たちのお手本です。 末ながくお元気でお暮らしくださいますようお祈りいたします。 お二人の姿は、私たち夫婦の憧れです。 これからも元気に、仲良く暮らしてくださいね。 ・ 金婚式おめでとうございます。 いつまでも二人仲良く、元気でいてください。 心からの感謝の気持ちを込めて。 ・ 結婚50周年、おめでとう。 お二人は私たちの理想です。 これからも仲むつまじくお暮らしください。 その中の25年目が「銀婚式」、50年目が「金婚式」。 ここでは、その他の結婚記念日の数え方と、その意味をご紹介します。 1年目:紙婚式 ……ふたりの結婚生活は、真っ白な紙のようなもの。 手紙やペーパーアイテムを贈り合う。 2年目:綿婚式・藁婚式 ……綿のようにふんわりした関係という意味から、イニシャル入りハンカチやバスローブなどをプレゼント。 3年目:革婚式 ……革のように丈夫な関係になることを願って、バッグやお財布などの革製品をギフトに。 4年目:花実婚式 ……花が咲き、実がなるような結婚生活の充実を願い、花束やプリザーブドフラワーを。 5年目:木婚式 ……1本の木のように育つ夫婦関係という意味から、ウッドを使ったインテリア雑貨や食器、観葉植物などがおすすめ。 6年目:鉄婚式 ……鉄のように強固な関係を築く時期。 ゴルフクラブやフォトフレームなどのアイアン製品を贈っては。 7年目:銅婚式 ……家族としての安定を銅に例えた7年目。 ラッキーセブンにちなんだプレゼントや、銅製品のペアグラスなど。 8年目:青銅婚式 ……青銅の美術品などを贈り合ったことに由来。 美しさと強さを兼ね備えたジュエリーなどをギフトにしては。 9年目:陶器婚式 ……陶器のようにお互いを大事にする関係を、という意味を込めて、陶器の食器やインテリア製品などを贈り合って。 10年目:錫・アルミニウム婚式 ……結婚10年目を祈念した指輪など、特別な記念日を象徴するプレセントがおすすめ。 11年目:鋼鉄婚式 ……鋼鉄のような強い絆が築かれる時期。 キッチン用品やDIY用品、趣味の品を贈ってみては。 13年目:レース婚 ……レースのように綾をなす愛、という意味から、レース刺繍の手袋やストールなどがおすすめ。 14年目:象牙婚式 ……象牙のように年月を重ね、絆が強くなる時期。 印鑑やお箸などが有名ですが、使えば使うほど愛着が湧く日用品などを選んでも。 15年目:水晶婚式 ……曇りのない水晶のような信頼をもつ、という意味。 水晶を使ったアクセサリーや小物のほか、15年目のアニバーサリー旅行もおすすめ。 16年目:黄玉(トパーズ)婚式 ……「誠実」「潔白」という宝石言葉をもつトパーズ。 ふたりで身に着けるお揃いのトパーズアクセサリーや、記念品などを。 アメジストのジュエリーを贈るほか、癒やしの石にちなんでヒーリング旅行へ出かけても。 腕時計やオブジェ、寿アリーなど、ガーネットをあしらった品を贈っては。 19年目:風信子(ジルコン)婚式 ……古代より宝飾品として愛されてきたジルコン。 育児にも一息つける時期なので、旅行などのゆったりした時間で、癒やしのひとときを。 20年目:磁器婚式 ……磁器のように壊れない強い絆を象徴するアニバーサリー。 ペアの高級カップやお茶碗など、磁器にちなんだものを贈るほか、結婚20周年を記念した海外旅行に出かけても。 25年目:銀婚式 ……初めての銀婚式が行われた17世紀のヨーロッパでは、輝かしい夫婦への祝福として銀製品が贈られたようです。 名入れした銀のカトラリーやペアのネックレスなどで25周年のお祝いを。 30年目:真珠婚式 ……「円満」「長寿」などの意味をもつ真珠。 パールのネックレスタイピン、カフスなど、真珠にちなんだ贈りものがおすすめ。 35年目:珊瑚婚式 ……長い年月を経て成長するサンゴにちなんだ結婚記念日。 サンゴのアクセサリーはもちろん、珊瑚礁のあるビーチリゾートへの旅行、クルーズなどへ出かけても。 40年目:ルビー婚式 ……ルビーのような固い絆を象徴して名付けられたアニバーサリー。 ルビーを使ったアクセサリーがギフトの定番。 45年目:サファイア婚式 ……「誠実」「慈愛」などの石言葉をもつサファイアにちなんで、ジュエリーや腕時計などを。 50年目:金婚式 ……結婚50年という長き年月により、黄金の輝きと豊かさを手に入れた夫婦を祝う記念日。 金婚式パーティや写真撮影、子どもや孫との特別ディナーなどで盛大なお祝いを。 55年目:エメラルド婚式 ……石言葉は、「宇宙の叡智」。 幸せな結婚生活の守護石であるエメラルドを使った指輪やペンダント、ブローチ、カフスなどを贈るのが定番。 60年目:ダイヤモンド婚式 ……「永遠の愛」を象徴するダイヤモンド。 まばゆく輝く愛の記念日として、お祝いパーティを開いてはいかが。 ダイヤモンドにちなんだジュエリーを贈り合っても。 ご夫婦でお祝いする結婚記念日の意味合いとは違って、子供や孫から長寿のお祝いを兼ねてお贈りすることが多い金婚式・銀婚式は、円満な家族付き合いのためにもぜひしっかりとお祝いしたいところ。

次の