白 鵬 かち 上げ。 花田虎上氏 白鵬の相撲に持論「かち上げには簡単に勝てる 勝てない人が悪い」→良いこと言うわ。その通り、納得。

三田友梨佳、白鵬「かち上げ問題」への見事な講釈に安藤優子も脱帽!

白 鵬 かち 上げ

遮二無二勝ちに行く白鵬が張り手やかち上げのエルボー技まで使う事の反響は? 貴ノ岩に対する日馬富士の暴行事件で 激震が走った相撲界であるが、これに 続いて良心的な相撲ファンが 眉をひそめる事態が起こっている。 それは、横綱である白鵬が、張り手は おろかかち上げといった、プロレスでの エルボーという手を使ってまで勝ちに いく姿勢を見せた事である。 かち上げ、つまりエルボーを使えば 相手の上体が浮き、その隙に有利な 態勢を取る事が出来る訳である。 その他にも猫だましといった、 ある意味「技のデパート」と言われた 舞の海以上の変幻自在ぶりを見せ付けて いるが、この取り口にはブーイングが 多いという事が大きな違いである。 確かにこの張り手、かち上げのエルボー まで繰り出す白鵬の相撲は反則では無い から卑怯等とは言えないという意見も あるが、元若乃花の花田虎上氏は、 かち上げ或いはエルボーにも脇が空く 欠点がある故にコロ負けするリスクが あるとの事である。 脇が空いたら白鵬と言えどもまわしを 取られる事は間違い無く、張り手に 関しても同じ事が言える。 その批判を受けての事か、白鵬はすぐに 張り手やかち上げ、エルボーを封印して 取組を行った。 以前には小錦がよく張り手を多用して いたが、その事に関してはあまり好感を もっていない相撲ファンも多かった様に リーチや体格で圧倒して勝つだけでは 日本人の心の琴線に触れないのかも 知れない。 白鵬が張り手他を封印した事で、紛糾が 鎮静化されるとも考えられるが、 その紛糾の原因は日本人独特の美意識に あるのだろう。 スポンサード・リンク 白鵬の卑怯と言われる技は反則では無く対策もあるが、その紛糾の原因は? 白鵬の取り口の紛糾の原因を分析すると 確かにかち上げや張り手は相撲の技で あり、決して卑怯な反則技では無く、 その為の対策すらあるのだが、 相手の力と技をしっかりと受け止めた 上で、横綱に相応しい技と力量で 最後に勝つという、横綱の「美学」が 欠けている事にあるのだ。 極論を言えば、格闘技の技は 「ジャンケン」のような物で、これさえ 出せば絶対に勝てるという技は 存在せず、卑怯な反則技ですら対策は ある物なのだ。 確かに白鵬の隙を突けない相手力士にも 問題はある。 そして白鵬の問題の取組みに見られた 「卑怯で反則的な勝ち方」はルール上で 問題は一切無いが、異を唱えた人に よれば「心技体」の「心」を高める 対策が必要だというのだ。 この点が相撲が単なる格闘技では無いと いう点なのだが、横綱には相手の技を 受け止める度量と、それを堪える忍耐力 を養成する必要がある。 もしも技と力が圧倒的な白鳳の様な 横綱が張り手やかち上げといった技で 勝ったなら、勝って当たり前の卑怯な 反則ではないかとの声も出る事は 間違い無い。 その様な事態には、格下の力士ならば まず対策は難しいと言わざるを得ず、 卑怯な反則技でも使わない限り 無理とも思われる。 そこで相手の為にも横綱として 勝って当たり前の技を使わずに 相手を受け止める度量と忍耐力、つまり 「心」が必要なのだ。 しかし2018年初場所の白鵬は、嘉風に 敗れた際に左足親指の負傷の為に、 2場所ぶり7度目の休場を する事になり、「心」の成長を見届ける 事は次の機会以降に お預けになってしまった。 去年にも左膝の具合が思わしくない為に 休場した事もあり、これで7度目の 休場となる。 また横綱ならば、今場所の他の横綱の 休場による、看板倒れとなっている現状 にも心を痛めているだろう。 日本相撲協会の八角理事長も対策の 方法が見つからず困惑しており、不祥事 の直後ではあるが四大横綱が揃う事で 満員御礼は確実視されていただけに その心中は察して余りある。 大相撲復活の対策は、次こそ四代横綱の 揃い踏みを実現させる事が第一だろう。 スポンサード・リンク まとめ 前巨人監督の原辰徳氏が、国際武道大学 の講義で2017年の巨人の戦いに言及し、 見習うべき対象として、 何と白鵬の取り口を取り上げた。 張り手はおろか反則のかち上げエルボー まで繰り出し、なりふり構わず勝つ 闘争心を見習えとの内容であったが 品格が求められる横綱に対する思慮の 欠如がネット上での炎上につながった。 seesaa. tokyo-sports.

次の

横審「白鵬のかち上げは見苦しいから止めろ」相撲協会「白鵬は何も悪くない、対戦相手が情けない」

白 鵬 かち 上げ

日本相撲協会は24日、大相撲初場所(来年1月12日初日、両国国技館)の新番付を発表し、横綱・白鵬(34=宮城野部屋)が4場所ぶりに東の正位に就いた。 43度目の優勝を飾った九州場所では張り手やかち上げを多用し、場所後の横綱審議委員会から苦言を呈されたが、取り口を変えることは考えていない。 東京五輪イヤーも自分の相撲を貫き、優勝50回を目指していく。 史上最多43回の優勝を誇る第一人者は、来年もスタイルを変えずに突き進む。 九州場所の覇者として迎えた番付発表会見。 かち上げや張り手が目立った取り口について、横綱審議委員会が「横綱として見苦しい」と苦言を呈したことを聞かされても、白鵬は全く動じなかった。 「全く知らなかった」とした上で「自分は自分の相撲を取るだけ。 禁じ手というものでもないので」と全く意に介さなかった。 その言葉通り、冬巡業でも15日の沖縄県うるま市の稽古では松鳳山に右かち上げを浴びせていた。 周囲になんと言われようと貪欲に勝利をつかみにいく。 その視線の先にあるのは優勝50回という目標だ。 来年は長らく照準に定めてきた東京五輪イヤー。 「五輪が終わったら目標を失うというのが見えている。 達成できるかは別として、大台の50回。 モチベーションを持ってやっていけたら」。 大台までは7回の優勝が必要だけに「今年は2回だったので来年は3回。 階段を上っていきたい」と決意を新たにした。 優勝回数を伸ばすためにも若手の壁となっていく。 「壁は高ければいいと思う。 いずれ彼ら(若手)もこの立場になる。 3月に35歳となる横綱は、力ずくで優勝をもぎ取りにいく。

次の

かち上げ (相撲)

白 鵬 かち 上げ

弟子・貴ノ岩(27)への元横綱・日馬富士(33)による暴行問題に揺れる貴乃花親方(45)の兄で、元横綱・若乃花の花田虎上氏(46)が10日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演した。 芸能ジャーナリストの井上公造氏(60)が、貴乃花親方と横綱・白鵬(32)の相撲観の違いを指摘。 白鵬の相撲について、花田氏は「張り差しとかエルボーとか、かち上げという当たり方なんですね。 でも、これは、それに勝てない人が悪い。 張り差し、エルボーをやると、脇が空くんですね。 それは普通、簡単に勝てるんですよ。 逆に、それをやってくれた方が勝つんです。 それで勝てないのは、相手の力士に力がないということなんです。 だから、みんな、それをやらないんです、強い人は。 わざわざスキをつくっているのに、そこを攻めればいいのに、攻められていないのが問題だと思います」と持論を展開した。

次の