近鉄 ひのとり 運行時刻。 津→近鉄名古屋(近鉄特急ひのとり[難-名])|時刻表|ジョルダン

「ひのとり」展望席で優雅に車内放送を楽しんできました

近鉄 ひのとり 運行時刻

広告 「アーバンライナー」を置き換え 近鉄の名阪特急は大阪難波~近鉄名古屋間を約2時間で結ぶ全席座席指定の有料特急で、同社の看板列車です。 現在は、「アーバンライナー・ネクスト」「アーバンライナー・プラス」の車両で運行しています。 近鉄では、これを置き換え、新たに新型車両「ひのとり」を投入すると発表しました。 運行開始は2020年3月14日です。 近鉄が名阪間に新たな特急車両を投入するのは、「アーバンライナー・ネクスト」が投入された2003年以来、17年ぶりです。 画像:近畿日本鉄道 全座席「バックシェル」 新型車両の形式名は「80000系」で、「ひのとり」は愛称です。 スピード感ある車体フォルムや、メタリックレッドの外観デザインが特徴。 ゆったりとして気品ある車両のイメージを、翼を大きく広げて飛翔する「ひのとり」に重ね合わせて命名しました。 「ひのとり」は、プレミアム車両とレギュラー車両を備えます。 鉄道車両としては日本初の全座席で「バックシェル」を装備。 後部座席にはみ出さず、気がねなくリクライニングできます。 広告 客席仕様は? プレミアムシートは2人掛けと1人掛けの横3列の座席配置。 ハイデッカー構造で大型ガラスを使用したことにより、広い眺望を確保しました。 画像:近畿日本鉄道 画像:近畿日本鉄道 シートには本革を使用。 座席の前後間隔は130cmあり、日本の鉄道座席で最大級です。 電動リクライニング、ヒーター、コンセント、読書灯などを備えます。 車両には横揺れを低減するフルアクティブサスペンションを設置し、乗り心地も改善しました。 画像:近畿日本鉄道 レギュラーシートは2人掛けが2列の横4列で、一般的な優等車両の配置です。 レギュラーシートでも座席の前後間隔は116cmあり、新幹線のグリーン車並み。 フットレストやテーブル、コンセントなどを備えます。 画像:近畿日本鉄道 広告 無料Wi-Fiも提供 車内にはサービス設備として多目的に使えるベンチスペースや、コーヒーサーバーなどを設置したカフェスポット、ロッカーなどの大型荷物置き場を用意。 喫煙室は1箇所設けます。 無料Wi-Fiも提供し、全客室に空気清浄機ナノイーを装備します。 ベンチスペース。 画像:近畿日本鉄道 カフェスペース。 画像:近畿日本鉄道 トイレは温水洗浄便座とベビーチェアを設置。 多目的トイレにはチェンジングボードやベビーベッド、オストメイト対応設備を配備しています。 セキュリティ対策として、客室やデッキ、大型荷物置き場には防犯カメラが取り付けられます。 客室両端の上部には大型液晶ディスプレイを2画面設置し、乗換案内などを4ヶ国語で情報提供します。 関連記事 11編成72両を投入 6両編成が8編成と、8両編成が3編成の全11編成72両を投入します。 先頭車両がプレミアム車両で、中間車両がレギュラー車両です。 6両編成の場合、1号車と6号車がプレミアム車両、2~5号車がレギュラー車両です。 8両編成の場合は、中間車両が2両増えます。 編成定員は6両編成が239人、8両編成が327人です。 画像:近畿日本鉄道 現行アーバンライナー21000系は6両が306名、8両が414名なので、定員は約2割も減少します。 シートピッチをゆったり取って、全席バックシェルシートにした結果でしょう。 運行開始時は6両編成3本でスタートし、2020年度中に6両編成5本、8両編成3本を増備し、投入を完了します。 料金は? 定員が減ったことにより、特急料金は値上げとなります。 「ひのとり」には特別車両料金が設定され、難波~名古屋間の場合、プレミアム車両で900円、レギュラー車両で200円が加算されます。 プレミアム車両の特別車両料金は、アーバンライナーのDX車両より380円高く設定されています(消費税増税後の比較)。 運賃とあわせた大人1人の総額(運賃・料金合計)は、難波~名古屋で、プレミアム車両が5,240円、レギュラー車両が4,540円となります。 価格的には、「新幹線より安く、高速バスより高い」という水準です。 「速さよりも、安さよりも、快適に移動したい」という人をターゲットにした列車といえそうです。 画像:近畿日本鉄道 画像:近畿日本鉄道.

次の

近鉄特急「ひのとり」公開 全席ゆったり、20年春運行 :日本経済新聞

近鉄 ひのとり 運行時刻

近畿日本鉄道は21日、ダイヤ変更を2020年3月14日に実施すると発表した。 同日にデビューする新型名阪特急「ひのとり」は大阪難波発6本・近鉄名古屋発6本を運転。 奈良線の特急列車は大阪難波発1本・近鉄奈良発1本を「ひのとり」で運転する。 近鉄の新型名阪特急「ひのとり」。 3月14日から大阪難波~近鉄名古屋間で営業運転を開始し、奈良線でも「ひのとり」の特急列車が設定される 大阪難波~近鉄名古屋間を結ぶ名阪特急はダイヤ変更後、平日の大阪難波駅8時0分発・10時0分発・13時0分発・14時0分発・16時0分発・20時0分発、近鉄名古屋駅7時0分発・11時0分発・13時0分発・17時0分発・19時0分発・20時0分発、土休日の大阪難波駅8時0分発・9時0分発・11時0分発・15時0分発・16時20分発・19時0分発、近鉄名古屋駅8時20分発・12時0分発・14時0分発・16時25分発・18時0分発・19時0分発を「ひのとり」で運転する。 名阪特急は2021年3月までに、大阪難波駅・近鉄名古屋駅をそれぞれ毎時0分に発車する列車と、大阪難波駅を土休日16~18時台の毎時20分に発車する列車、近鉄名古屋駅を土休日の8時20分と16~18時台の毎時25分に発車する列車を順次、「ひのとり」に変更する予定。 大阪難波駅・近鉄名古屋駅をそれぞれ毎時30分に発車する列車と、近鉄名古屋駅5時58分発の列車は「アーバンライナー」での運転に順次変更される。 2021年3月までに大阪難波駅・近鉄名古屋駅毎時0分発の特急列車を中心に「ひのとり」へ順次変更• 大阪難波発3本・近鉄名古屋発2本の計5本はダイヤ変更後、鶴橋~近鉄名古屋間を1時間59分で運転する あわせて所要時分の短縮も図られ、鶴橋~近鉄名古屋間で2時間をきる列車も増加。 大阪難波駅11時0分発・12時0分発・13時0分発と近鉄名古屋駅15時0分発・16時0分発の計5本において、鶴橋~近鉄名古屋間を1時間59分で結ぶという。 奈良線では、平日の近鉄奈良駅6時30分発と大阪難波駅22時20分発、土休日の近鉄奈良駅8時13分発と大阪難波駅20時35分発の特急列車が「ひのとり」での運転に。 平日夜間には、新たに近鉄奈良駅21時30分発・大阪難波駅22時3分着の特急列車が運転される。 他の路線も特急列車の増発や運転区間・時刻の変更等を実施。 名張駅5時41分発・近鉄名古屋駅7時8分着の特急列車を増発し、早朝時間帯における名張~近鉄名古屋間の所要時分を短縮するほか、5時台に松阪駅を発車する近鉄名古屋行の特急列車の運転時刻を約20分繰り上げ、松阪駅5時36分発・近鉄名古屋駅6時46分着とする。 奈良線で平日夜間に増発される特急列車の運転時刻• 名張~近鉄名古屋間で早朝時間帯に増発される特急列車の運転時刻• 時刻が繰上げとなる松阪発近鉄名古屋行の特急列車の運転時刻 平日・土休日の5時台に伊賀神戸駅を発車し、大阪難波駅まで運転される特急列車はダイヤ変更後、始発駅を伊賀神戸駅から名張駅に変更。 鳥羽発大阪上本町行の特急列車のうち、平日朝の2本と土休日朝の1本はダイヤ変更後、始発駅を鳥羽駅から五十鈴川駅に変更する。 鳥羽行で運転される現行の特急列車も、平日の16時台以降に大阪上本町駅または大阪難波駅を発車する4本、土休日の16時台以降に大阪上本町駅または大阪難波駅を発車する3本と近鉄名古屋駅18時2分発の1本に関して、ダイヤ変更にともない運転区間が短縮され、宇治山田行または松阪行となる。 一般列車もけいはんな線など一部路線を除き、ダイヤ変更を行う。 奈良線では土休日に阪神なんば線へ直通する快速急行を6両編成から8両編成に変更し、運転時間帯も拡大。 大阪線では平日朝に五位堂駅を発車する大阪上本町行の急行を2本増発し、あわせて大阪上本町行の快速急行3本を急行に変更する。 大阪上本町駅5時37分発、伊勢中川行の急行を新たに運転し、現行の大阪駅6時0分発、五十鈴川行の急行はダイヤ変更に合わせ、大阪上本町駅6時14分発、大和八木行の急行に変更される。 平日の早朝時間帯に大阪線で増発される急行2本の運転時刻 大阪線と名古屋線、南大阪線・長野線で始発列車の時刻繰上げも。 生駒線は台風21号災害に伴う徐行運転を終え、朝夕時間帯の生駒~王寺間の列車を毎時4本運転とする。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

近鉄の新名阪特急「ひのとり」、わかっていること全詳細。車両、料金、時刻表など掲載!

近鉄 ひのとり 運行時刻

3月の第二土曜日といえば です。 毎年多くの列車が時刻表から姿を消し、新しい列車が時刻表に載る、鉄道ファンが一年で一番心躍らせる日が当日。 待ちに待ったの新しい名阪特急「ひのとり」が運行を開始するということで、1ヶ月前から入念に(?)準備をしてきたやたてつさん。 「ひのとり」を優雅に楽しんできました。 実は「ひのとり」、一番列車を狙わなければ、 運行当日でもレギュラーシートは余裕で取れるくらいキャパがあったんです。 そりゃ「しまかぜ」みたいに1日1往復ではなく複数本運転していますから、冷静に考えれば当然なんですけども。 なので、通路で永遠と録音をするだけであれば、適当なレギュラーシートを当日取れば事足りたんです。 でもそんなことは露知らず。 で10時半打ちをお願いした結果、取れた座席が 展望席でした。 初めて大和八木を通過する光景を、初めて中川短絡線を通過する光景を、フルリクライニングした座席からめっちゃ優雅に見ることができました。 乗ってみた感想 プレミアムシートに片道乗車したのでプレミアムシートの感想だけ記しておきます。 一言でまとめると 最高。 ほかの特急と比べ物にならないくらい快適さでした。 もうこの味を知ってしまったら他の特急に乗れなくなります。 背もたれは45度くらいまで倒せます。 しかもバックシェル付きなので、後ろの方を気にすることなくめいっぱい倒しても憚られません。 レッグレストはほぼ水平まで上げられるので、フルリクライニングするとほぼベッドみたいなものです。 しかも荷物を置ける無料のロッカーがあるため、貴重品だけ身につけて荷物を保管すれば安心して爆睡できます。 さすが「くつろぎのアップグレード」と題打つだけあるなといった乗り心地でした。 ぜひ名阪を移動する機会があれば、またプレミアムシートで乗車したいと思います。 Yata-Tetsu.

次の