固定回線 wimax。 図でわかる!WiMAXと光回線はどちらを選ぶべきか比較する|やさしくねっと.

【ざっくり解説】UQ WiMAXは固定回線として使えるのか

固定回線 wimax

この2つの方法にはそれぞれメリットとデメリットがあり、使い方に合わせて選ぶといいです。 アナログ回線でBroad WiMAXで固定電話を使う Broad WiMAXを使っていても別にアナログ回線があれば、固定電話としてい使うことができます。 NTTのアナログ回線がすでにあればすでにあるアナログ回線に電話機をつなげるだけですぐに固定電話にすることができますが、 アナログ回線がない、アナログ回線を契約していない場合は別途アナログ回線を契約する必要があります。 その場合は初期費用と工事期間がかかります。 すでにアナログ回線を持っている場合は何もしなくていい すでにNTTのアナログ回線がある場合は何もしなくてもいいです。 電話機を接続すればすぐに固定電話として利用できます。 ただし その回線が 契約中のアナログ回線でないといけません。 壁に電話線のコネクタがあっても契約がないと接続するだけでは使えないってことだね デジタル回線を使うかアナログ回線に戻す(アナログ戻し) デジタル回線はISDN回線、IP電話回線、ひかり電話になります。 このデジタル回線を既に契約している場合はその回線を固定電話として利用するかアナログ回線に戻す「アナログ戻し」をして固定電話として使うこともできます。 アナログ回線は1回線で1着信(1つの電話番号)が基本なので主に一般家庭で使われています。 デジタル回線では1回線で複数着信(複数の電話番号)が使えるというメリットがあります。 アナログ回線の新規契約の初期費用と月額料金 NTTのアナログ回線を新規契約する時の初期費用と月額料金は以下のとおりです。 アナログ回線の初期費用: 2000円〜13000円程度(地域やプランによる)• アナログ回線の月額料金: 1500円〜2000円程度(地域やプランによる) 次に紹介する050のIP電話と、比べるとコストがかかるのがデメリットです。 050のIP電話をBroad WiMAXで固定電話として使う Broad WiMAX(ブロードワイマックス)で固定電話を使うもう1つの方法は050のIP電話を固定電話として使う方法です。 050のIP電話である050 Plusはインターネット回線を電話回線として利用するのでアナログ回線やデジタル回線のように回線を引いたり利用できるまでの待ち期間がありません。 Broad WiMAXのWiMAXルーターがあれば050のIP電話アプリを申し込めばすぐに固定電話として利用できます。 050 PlusのIP電話を固定回線として使う 050のIP電話といえば050 Plusが一番有名です。 050 Plusは大手のNTTコミュニケーションズが提供しているIP電話サービスで月額基本料300円(税込324円)で利用できます。 050の番号から始まる電話番号がもらえてiPhoneやiPad、Androidスマホ、タブレット、iPad touchなどに050 plusのアプリをインストールすることで固定電話として着信も発信もできるようになります。 050 Plusの通話料金は通話料金が一般的な固定電話を比べてとても安いのが特徴です。 また050の電話番号を使っている相手への電話は無料で通話ができます。 SMARTalkのIP電話を固定回線として使う 050のIP電話には050 Plus以外にもFUSION IP-Phone SMART「SMARTalk」というのがあります。 仕組みは050 Plusと全く同じですが、月額料金が無料なので050 Plusのように月額基本料300円(税込324円)がかからないというメリットがあります。 SMARTalkは初期費用・月額料金・留守番電話・着信転送・非通知・指定番号の着信拒否の機能が全て0円。 発生する料金は通話料のみという大変お得な内容になっています。 CITVPlusのIP電話を固定回線として使う IP電話アプリとして050 PlusとFUSION IP-Phone SMART「SMARTalk」を紹介しましたがこの2つは050からはじまる電話番号を固定電話として使えるサービスです。 ここで紹介する「CITVPlus」は03や06から始まる市外局番の電話番号を取得できるサービスです。 主にスマホにアプリとしてインストールすることで03や06から始まる市外局番の電話番号を固定電話として利用できます。 03や06から始まる市外局番電話番号で発信した場合も相手に03や06から始まる市外局番の電話番号が表示されるので安心感を与えることができます。 ただし5000円の初期費用と月額980円の月額料金がかかるので050の050 Plusや「SMARTalk」のように安く使うことはできません。 050のIP電話とCITVPlusは3桁の緊急電話は使えない 050 Plus、SMARTalk、CITVPlusにも1つだけ注意点があり、110や119番を代表とする3桁の緊急ダイヤルには発信することはできません。 まとめ:Broad WiMAXで固定電話を使う方法と注意点 Broad WiMAXで固定電話を使う方法は、 アナログ回線またはデジタル回線を引く、050 PlusやSMARTalkなどの050のIP電話、CITVPlusのIP電話を利用するのどれかになります。 アナログ回線の固定電話やデジタル回線の固定電話はBroad WiMAXとは完全に別回線なのでBroad WiMAXを契約している契約してないに関係なく利用できます。 050 PlusやSMARTalkなどの050のIP電話、CITVPlusのIP電話もBroad WiMAX以外のインターネット回線であっても固定電話として使えるためBroad WiMAXを契約している契約してないに関係なく利用できます。 Broad WiMAXは最速最安の高品質な安定したインターネット回線なので常に050 PlusやSMARTalkなどの050のIP電話、CITVPlusのIP電話を快適に安定して使うことができる回線です。

次の

WiMAXと固定回線ではどちらがオススメ?あなたに合うのはこちら!

固定回線 wimax

WIMAX(ワイマックス)が固定回線代わりに使えるのか検証してみた 先日、UQ WIMAXの『Speed Wi-Fi NEXT WX04』を利用する機会があったので、自宅用のインターネット回線として最近の WIMAX(正確にはWIMAX 2+)が通用するのか検証してみました。 WIMAXとは?(WIMAXの簡単な解説) WiMAX(ワイマックス)とは第4世代移動通信システムを利用した無線ネットワーク・システムの1つで、通信の方法には携帯電話と 同じ電波(通信帯域)が使用されているので インターネット開通のための工事が不要。 WIMAXの提供エリアに住んでいることが条件になりますが、電波の提供エリア内であればどこでもインターネットが利用できるようになるので、 光回線やADSLなどのいわゆる「固定回線」が利用できないご家庭でWIMAXは重宝します。 電源を入れたら普段から使用しているLANケーブルを本体に差すだけですぐにネットが使えるようになる。 クレードル付きを選択した場合、端末の購入費用が少し高くなるのですが、このクレードルを装着すると室内でのWiFi通信の性能が向上し、電波の指向性もUPするということなので、自宅で固定回線代わりとしてWIMAXを契約するなら断然「クレードルセット」がお勧めです。 下り最大1Gbps対応の「Speed Wi-Fi HOME L02」が登場! UQ WIMAXでは2017年以降、モバイル端末タイプの「W00」「WX00」シリーズの他に、「 Speed Wi-Fi HOME L01(2017年発売)」や「 WiMAX HOME 01(2018年発売)」といった室内での使用に特化したホームルーター タイプの製品も登場。 これらの機器はモバイルルーターの「NEXT W06」や「NEXT WX05」と違って 外に持ち運んで使うことができないが、自宅での利用に適した高性能WiFi通信機能、モバイルルーターよりも高い電波の受信感度、有線LANケーブル用のLANポートは2個搭載など、室内専用で使用するならこちらの製品がお勧めです。 2019年1月には下り最大1Gbpsに対応した「 Speed Wi-Fi HOME L02」も発売され、光回線などの固定回線が引けないご家庭でインターネットを利用するときに重宝します。 9Mbps、上り1. 6Mbps、上り1. 5Mbps、上り1. 9Mbps、上り2. WIMAXの混雑状況が改善されたきっかけ 2013年頃までのWIMAX回線契約数は全体で約400万件程度だったのに対し、2014年にau携帯のデータ通信にWIMAX 2+が採用されてからは契約数が何と5倍の約2000万件に激増。 auスマホユーザーの通信トラフィック増加により、特に インターネットの利用が多くなる夕方以降の速度低下が顕著(速度制限に引っ掛かってないのに通信が重い)であり、固定回線代わりにWIMAXを利用するのはあまりお勧めできない状況がしばらく続きました。 ところが auのスマートフォンでは一部機種で WIMAX回線を使用中は通話の着信が受けられないという致命的な欠点が判明。 それなら最初から4G LTEで通信したほうがいいじゃん、ということで最近はau携帯でWIMAXオプションを利用する人が減少。 そのおかげでWIMAXの帯域に余裕ができ、混雑時の通信速度が大幅に改善する結果となりました。 実際WIMAXでYouTubeの4K動画が視聴できるのか試してみたのですが、回線が空いている時間帯なら読み込みで止まることなく、スムーズに4K動画を観ることができました。 WIMAXの「3日間10GB制限」について WIMAXサービスを提供している通信会社各社では、特定のユーザーが通信のし過ぎで帯域を占領するのを防ぐため(混雑回避)、インターネットの利用が多くなる夕方以降の時間帯で 「3日間10GB制限」と呼ばれる 速度制限を実施しています。 【参考画像】Windows 10のタスクマネージャーで速度制限時のフラフを計測してみると、動画の視聴時などで通信速度(受信)が下り1. 0~1. 1Mbpsで制限されているのが分かる。 WIMAXの『速度制限』下り1Mbpsの通信速度とは? 下り1Mbpsの通信速度というのはYouTubeの低画質がギリギリ視聴できるくらいのスピードで、標準画質(480p)以上の画質で動画を再生しようとすると回線が遅すぎて読み込みで止まるようになります。 ・画像などの表示に10~15秒ほど掛かるようになる。 ・1GBのファイルをダウンロードするのに約3~4時間ほどかかる。 ・WiFi経由によるアプリのダウンロードも時間が掛かるようになる。 ・インターネットを普通に利用したいなら下り3Mbps以上は欲しいところ。 WIMAXの速度制限(3日間10GB制限) に引っ掛かったとしてもネット通信ができなくなる訳ではありませんが、インターネットを快適に利用するためには、出来る限り3日間の合計データ通信量を10GB以内に抑える必要があります。 3GBほどデータ通信が使用できる計算になり、Webサイトの閲覧やTwitterやLINE、インスタグラムなど、普通にインターネットを利用する分には1日でこのデータ量を消費する心配はありません。 AmazonプライムビデオのHD画質(1080p)なら1日で約2時間30分ほど動画の視聴が可能です。 スマートフォンで動画を観る場合は画質が360~480pに設定されていると思うので、1日6~7時間ほど動画を観ても速度制限に引っ掛かることはありません。 月に1~2本程度のソフト購入なら速度制限を我慢できるかもしれませんが、頻繁にゲームソフトをDL購入するユーザーは光回線やSoftBankの方がいいかも。 WIMAXの対応エリアについて WIMAXの使用エリアについては UQ WIMAXの公式ホームページで最新の対応エリア状況が確認できます。 (スマホのGPS機能が使えるなら現在位置からの判定も可能) またUQ WIMAXでは WIMAXの無料お試しサービスも実施しているので、それで自分の住んでいる地域でWIMAXが利用可能かどうか調べることもできます。 「Try WIMAX」を利用すれば15日間無料でWIMAXをレンタルすることが可能 本家UQ WIMAXが提供している「Try WIMAX」とは、専用のWIMAX端末を15日間無料でレンタルできるサービスです。 無料のお試しサービスといっても利用可能なプランは通常のWIMAXと同じ「ギガ放題」プランなので、実際にWIMAXを契約した時の参考になります。 WIMAXの通信速度は近隣の建物や住宅環境によっても変わってくるので、自宅や仕事場でWIMAXがちゃんと使用できるのか不安な人は、事前に「Try WIMAX」でWIMAX端末をレンタルして試してみるといいでしょう。 もしWIMAXの契約後、自宅で使用してみたが電波状況が悪かった、通信が全く利用できずにインターネットが使い物にならなかった等の理由があれば、早めに通信会社に連絡して契約の解除をしましょう。 自宅用のインターネット回線(固定回線)としては光回線が契約できるのなら光にするのが一番ベストですが、 光回線の導入工事ができない等の理由があるならばWIMAXも一つの選択肢として契約する価値があります。 最近のWIMAXは昔に比べて全体的な通信速度が改善されており(WIMAX2+に移行した2012~2013年頃が酷かった)、混雑する時間帯でも快適にインターネット通信を利用することができます。 これに引っ掛かると午後18時~翌2時の間、通信速度が下り1Mbps以下に制限されるのでインターネットの使い勝手がかなり悪くなります。 またヘビーユーザーの場合、お金は掛かりますが2台契約して交互に使いまわす選択肢もあり。 3日間で10GBなので1日あたり約3. 3GB(YouTubeのHD画質なら1日3~4時間ほど動画が視聴可能)、毎日のデータ通信量がこれくらいに収まるユーザーならWIMAXは非常に便利なインターネット回線となるのでお勧めです。

次の

【比較】固定回線とモバイルルーターどちらがいいのか?メリットを知って正しく選ぼう!

固定回線 wimax

WIMAX(ワイマックス)が固定回線代わりに使えるのか検証してみた 先日、UQ WIMAXの『Speed Wi-Fi NEXT WX04』を利用する機会があったので、自宅用のインターネット回線として最近の WIMAX(正確にはWIMAX 2+)が通用するのか検証してみました。 WIMAXとは?(WIMAXの簡単な解説) WiMAX(ワイマックス)とは第4世代移動通信システムを利用した無線ネットワーク・システムの1つで、通信の方法には携帯電話と 同じ電波(通信帯域)が使用されているので インターネット開通のための工事が不要。 WIMAXの提供エリアに住んでいることが条件になりますが、電波の提供エリア内であればどこでもインターネットが利用できるようになるので、 光回線やADSLなどのいわゆる「固定回線」が利用できないご家庭でWIMAXは重宝します。 電源を入れたら普段から使用しているLANケーブルを本体に差すだけですぐにネットが使えるようになる。 クレードル付きを選択した場合、端末の購入費用が少し高くなるのですが、このクレードルを装着すると室内でのWiFi通信の性能が向上し、電波の指向性もUPするということなので、自宅で固定回線代わりとしてWIMAXを契約するなら断然「クレードルセット」がお勧めです。 下り最大1Gbps対応の「Speed Wi-Fi HOME L02」が登場! UQ WIMAXでは2017年以降、モバイル端末タイプの「W00」「WX00」シリーズの他に、「 Speed Wi-Fi HOME L01(2017年発売)」や「 WiMAX HOME 01(2018年発売)」といった室内での使用に特化したホームルーター タイプの製品も登場。 これらの機器はモバイルルーターの「NEXT W06」や「NEXT WX05」と違って 外に持ち運んで使うことができないが、自宅での利用に適した高性能WiFi通信機能、モバイルルーターよりも高い電波の受信感度、有線LANケーブル用のLANポートは2個搭載など、室内専用で使用するならこちらの製品がお勧めです。 2019年1月には下り最大1Gbpsに対応した「 Speed Wi-Fi HOME L02」も発売され、光回線などの固定回線が引けないご家庭でインターネットを利用するときに重宝します。 9Mbps、上り1. 6Mbps、上り1. 5Mbps、上り1. 9Mbps、上り2. WIMAXの混雑状況が改善されたきっかけ 2013年頃までのWIMAX回線契約数は全体で約400万件程度だったのに対し、2014年にau携帯のデータ通信にWIMAX 2+が採用されてからは契約数が何と5倍の約2000万件に激増。 auスマホユーザーの通信トラフィック増加により、特に インターネットの利用が多くなる夕方以降の速度低下が顕著(速度制限に引っ掛かってないのに通信が重い)であり、固定回線代わりにWIMAXを利用するのはあまりお勧めできない状況がしばらく続きました。 ところが auのスマートフォンでは一部機種で WIMAX回線を使用中は通話の着信が受けられないという致命的な欠点が判明。 それなら最初から4G LTEで通信したほうがいいじゃん、ということで最近はau携帯でWIMAXオプションを利用する人が減少。 そのおかげでWIMAXの帯域に余裕ができ、混雑時の通信速度が大幅に改善する結果となりました。 実際WIMAXでYouTubeの4K動画が視聴できるのか試してみたのですが、回線が空いている時間帯なら読み込みで止まることなく、スムーズに4K動画を観ることができました。 WIMAXの「3日間10GB制限」について WIMAXサービスを提供している通信会社各社では、特定のユーザーが通信のし過ぎで帯域を占領するのを防ぐため(混雑回避)、インターネットの利用が多くなる夕方以降の時間帯で 「3日間10GB制限」と呼ばれる 速度制限を実施しています。 【参考画像】Windows 10のタスクマネージャーで速度制限時のフラフを計測してみると、動画の視聴時などで通信速度(受信)が下り1. 0~1. 1Mbpsで制限されているのが分かる。 WIMAXの『速度制限』下り1Mbpsの通信速度とは? 下り1Mbpsの通信速度というのはYouTubeの低画質がギリギリ視聴できるくらいのスピードで、標準画質(480p)以上の画質で動画を再生しようとすると回線が遅すぎて読み込みで止まるようになります。 ・画像などの表示に10~15秒ほど掛かるようになる。 ・1GBのファイルをダウンロードするのに約3~4時間ほどかかる。 ・WiFi経由によるアプリのダウンロードも時間が掛かるようになる。 ・インターネットを普通に利用したいなら下り3Mbps以上は欲しいところ。 WIMAXの速度制限(3日間10GB制限) に引っ掛かったとしてもネット通信ができなくなる訳ではありませんが、インターネットを快適に利用するためには、出来る限り3日間の合計データ通信量を10GB以内に抑える必要があります。 3GBほどデータ通信が使用できる計算になり、Webサイトの閲覧やTwitterやLINE、インスタグラムなど、普通にインターネットを利用する分には1日でこのデータ量を消費する心配はありません。 AmazonプライムビデオのHD画質(1080p)なら1日で約2時間30分ほど動画の視聴が可能です。 スマートフォンで動画を観る場合は画質が360~480pに設定されていると思うので、1日6~7時間ほど動画を観ても速度制限に引っ掛かることはありません。 月に1~2本程度のソフト購入なら速度制限を我慢できるかもしれませんが、頻繁にゲームソフトをDL購入するユーザーは光回線やSoftBankの方がいいかも。 WIMAXの対応エリアについて WIMAXの使用エリアについては UQ WIMAXの公式ホームページで最新の対応エリア状況が確認できます。 (スマホのGPS機能が使えるなら現在位置からの判定も可能) またUQ WIMAXでは WIMAXの無料お試しサービスも実施しているので、それで自分の住んでいる地域でWIMAXが利用可能かどうか調べることもできます。 「Try WIMAX」を利用すれば15日間無料でWIMAXをレンタルすることが可能 本家UQ WIMAXが提供している「Try WIMAX」とは、専用のWIMAX端末を15日間無料でレンタルできるサービスです。 無料のお試しサービスといっても利用可能なプランは通常のWIMAXと同じ「ギガ放題」プランなので、実際にWIMAXを契約した時の参考になります。 WIMAXの通信速度は近隣の建物や住宅環境によっても変わってくるので、自宅や仕事場でWIMAXがちゃんと使用できるのか不安な人は、事前に「Try WIMAX」でWIMAX端末をレンタルして試してみるといいでしょう。 もしWIMAXの契約後、自宅で使用してみたが電波状況が悪かった、通信が全く利用できずにインターネットが使い物にならなかった等の理由があれば、早めに通信会社に連絡して契約の解除をしましょう。 自宅用のインターネット回線(固定回線)としては光回線が契約できるのなら光にするのが一番ベストですが、 光回線の導入工事ができない等の理由があるならばWIMAXも一つの選択肢として契約する価値があります。 最近のWIMAXは昔に比べて全体的な通信速度が改善されており(WIMAX2+に移行した2012~2013年頃が酷かった)、混雑する時間帯でも快適にインターネット通信を利用することができます。 これに引っ掛かると午後18時~翌2時の間、通信速度が下り1Mbps以下に制限されるのでインターネットの使い勝手がかなり悪くなります。 またヘビーユーザーの場合、お金は掛かりますが2台契約して交互に使いまわす選択肢もあり。 3日間で10GBなので1日あたり約3. 3GB(YouTubeのHD画質なら1日3~4時間ほど動画が視聴可能)、毎日のデータ通信量がこれくらいに収まるユーザーならWIMAXは非常に便利なインターネット回線となるのでお勧めです。

次の