あふれ 桜。 桜にまつわることば|暮らしの中の歳時記|暮らし歳時記

「Fate」オシャレ&キャラ愛にあふれたコラボアイテム 桜&凛ら4人をイメージ

あふれ 桜

Menu• 日本人にとって3月下旬の桜のお花見は今や特別な行事の1つですよね。 お花見の席に欠かせないのが、お花見弁当と花見団子。 そこに華やかな話題があると、場がとても和みますよね。 桜の花のことです。 粉末にして生薬に用いられる。 咳や痰を沈める効能。 塩漬けになる派はこの種類がほとんどです。 早いところでは1月頃から咲き始めます。 旧暦の元旦頃に咲くことからの異名です。 沖縄に多くあります。 漢字にするとこうなる。 桜の種類の1つ。 奈良の吉野山の山桜が特に有名です。 桜はバラ科モモ亜科スモモ属という学術名…。 バラ?モモ?スモモ? いろいろと学問の世界がありますが、言葉に抽出してみますと『 桜 』の一字を盛り込んだ熟語もありますが、多くは単に『 花 』としての意味で盛り込まれることが多いです。 お花見、花冷えや花かがり、花吹雪といった使い方です。 この『 花 』の言葉は、すべて桜を指していると言われています。 桜の品種を指す言葉も入っていますが、日本での品種の主流はソメイヨシノですよね。 でも…品種の種類となると、200種類を越える数があると言われており、今も尚、新しい品種が続々と誕生しているそうです。 明日も咲いているだろうと思いこんでいて明日は散ってしまっているかもしれませんね。 そんな儚さを指摘したことわざで、儚いものの例えに用います。 桜は切っても、折っても傷口から痛みやすいので、枝を大事にしようという言葉です。 綺麗に咲いて潔く散る…一時の桜のように、武士も死に際の潔い瞬間が華であると例えるような言葉です。 三日間、家に籠って外へ出たら桜が満開だった様子を俳句に残したものが由来です。 こうして並べてみますと桜の見た目、華が大切にされてきたことが伺えますね。 それぞれに良さがあるので、それぞれを大切にしようと言う意味です。 いろいろと調べてみたものの四字熟語は2つでした。 桜!とダイレクトに用いたり、花とだけ、ぼかすようにして用いたり、花の意味はじつは意味は桜を指していたというような、奥ゆかしい漢字の使い方が日本人は大好きでしたようで…。 1992年に日本さくらの会が制定した日だそうです。 ちょうど、近年の桜の開花時期に合ってていますよね。 ユニークな洒落・語呂合わせがキラリと光る…抜群のセンスですよね。 馴染はあるけど、脈絡のない3語であることと、ふいにテストされることで思い出しにくい…という記憶力を試す項目ですよね…。 何はともあれ…。 105• 100• 324• 103• - 12,063 ビュー• - 11,469 ビュー• - 10,734 ビュー• - 9,601 ビュー• - 8,245 ビュー• - 7,789 ビュー• - 7,491 ビュー• - 7,128 ビュー• - 7,003 ビュー• - 6,417 ビュー• - 5,578 ビュー• - 5,482 ビュー• - 5,398 ビュー• - 5,356 ビュー• - 5,306 ビュー• - 5,191 ビュー• - 5,183 ビュー• - 5,177 ビュー• - 5,017 ビュー• - 4,861 ビュー.

次の

みだれ髪

あふれ 桜

今日ご紹介する桜の写真は、「松ヶ岡公園の桜」。 いわき市内で最も古い公園で、ツツジ園 と桜の名所 です。 この公園の歴史は古く、1907年(明治40年)に平町議会が、日露戦争記念行事として、茶畑、麦畑と竹やぶであった矢小路台(薬王寺台)を開いて、防火用水をかねた大貯水池をつくりました。 この貯水池を中心として桜、梅、つつじを植えたのが始まりです。 その後、東京大塚にあった 旧城主・安藤邸内の古つつじ1000本を移植し、さらに全国から つつじの名木3,000本を集め、つつじ園と桜の名所として今日にいたっています。 毎年、開花期の4月には、園内の 約270本の桜がいっせいに開花し、恒例の桜まつりが行われます。幕末の外交に老中として、活躍した平藩主安藤対馬守の銅像や天田愚庵邸があります。 平地区の住人にとっては、花見といえばこの「松ヶ岡公園」。 宴会はしなくても、桜まつりの期間中、一度は足を運ぶのではないでしょうか。 撮影日は4月21日。 ぜひご覧ください。 第1駐車場近くの貯水池からすでに桜の木がたくさん咲いています。 貯水池には亀さんが泳いでいるのですが、撮影するのを忘れました。 おととしの記事にありますので、亀が見たいという奇特な方は をご覧ください。 公園の中には大きな桜の木がたくさんあります。 松ヶ岡公園は 第1公園と 第2公園に分かれていまして、第1公園には「 スカイサイクル」などの遊戯施設があり、つつじ園を併設しています。 そして、第2公園には「 トンネルぐるりん」という、それはそれは素敵な名前の遊戯施設があります。 小さなお子さんのワンダーランドだと、勝手に思っています。 (大人もきっと楽しい。 ) まずは、第1公園に行ってみましょう。 少しの急こう配はありますが、歩きやすい階段もありますので、お年寄りの方もお子さんも元気に登ってこられます。 桜まつりのシーズンには、出店がたくさん出ていて、大人も子どもも楽しめます。 そして、夜になると提灯に灯りがともされて、それはそれは綺麗です。 柔らかな花びらで、かわいらしい桜の花がたくさん・・・。 ふふふ・・・桜の花も笑顔になっていますね。 昼間から宴会を楽しむ方の姿も・・・。 園の中心にあるこの桜の木の下は特等席らしく、人気のスポットです。 つつじ園の近くには、平藩主・安藤対馬守正信公(あんどうつしまのかみまさのぶこう)の銅像があります。 この銅像は、平字八幡小路に居住した本多朝忠(1895~1986)が制作し、大正11年(1922)6月旧平藩士の集い「平安会」によって建立されました。 明治4年(1871)10月、東京の屋敷で歿した。 53歳であった。 この像の建つこの岡は、戊辰戦争では平藩の砲台が置かれ、西軍に抗戦した拠点として知られていました。 また、宝暦6年(1756)美濃国加納(現岐阜市)より、磐城平に移住した安藤家家中の者が、はるか西方を望んで旧地を憶い偲んだ「望郷の山」でもあります。 のちに、銅像は太平洋戦争の激化にともない金属供出のため昭和19年に撤去されました。 戦後、諸橋久太郎平市長を会長に安藤信正公銅像再建期成同盟会が結成され、現いわき市内を中心に行政及び一般さらに各学校の生徒たちから寄付を募り、昭和37年7月に再建されした。 そんな歴史があるのです。 園内には 「スカイサイクル」「メリー・ゴーランド」「回転ボート」「豆汽車」などの遊具があります。 園内の遊具の利用料金は、個人料金で子どもが60円、大人が120円。 団体料金(20名以上~)になると、子供が40円、大人が100円です。 素晴らしく安いですね。 ただ残念なことに、東日本大震災の影響で長く休園していましたので、遊具は安全性が確認できていない現在も動いていません。 少しさみしいです。 昨年は、震災の影響で安全が確認できませんでしたので、閉園されていました。 本当に、 一年越しの花見ということになります。 皆さん、ここで花見ができる喜びに笑顔満開でした。 さて、第1公園をあとにして、第2公園に参りましょう。 第2公園には、素敵な「 トンネルぐるりん」がありますよ。 第2公園には歩道橋を渡っていきます。 歩道橋から公園を見ると、こんな感じ・・・。 素敵な桜の山が眼前に広がります。 第2公園に到着! はい!これが 「トンネルぐるりん」 素敵でしょ~~。 今も昔も子どもに人気の遊具です。 ちなみに、利用料金は無料です。 桜のトンネルの中に、ぐるぐる回っているトンネル・・・。 それだけではありません。 トンネルから伸びている オレンジのパイプに注目! これ、覚えていてくださいね~~ 本当に綺麗でしょ~。 桃源郷があったら、たぶんこんなところです。 さて、いいですか~~~? さっき、覚えていてくださいと言った「 オレンジのパイプ」。 この正体は「 伝声管 」です。 トンネルぐるりんの中で遊んでいるお友達とお話ができるんですね~~。 こんな素敵なアイディア!ありますか~~?? いわき市 松ヶ岡公園 、やりますね! ぜったい遊ぶと楽しい、大人がやっても楽しいに違いないです。 以上、松ヶ岡公園を紹介しました。 これからの季節、5月はつつじの名所となります。 まだ楽しめると思いますので、ぜひ足をお運びください。 さて、 松ヶ岡公園の桜を撮影するかたわら、数名の方にお声掛けさせていただき、 をさせていただきました。 この活動は、いわき市民の元気な笑顔を集め、いわき市民はがんばっているぞ!と発信していく活動です。 この「 がんばっぺいわき」のロゴデザインは、鳥取県出身、いわき市在住のイラストレーターである、ユアサミズキ氏によるものです。 お仲間でお花見をされていたグループの方たち。 ユアサミズキさんをよく知ってらっしゃるようでした。 こちらの方々もお花見をされていた方たちです。 お花見を終えて、周りを掃除されてるところをお声掛けしました。 自分たちのところだけじゃなくて、少し広くゴミを拾われていたのが印象的でした。 素敵な若いカップルさん、とてもお似合いですね。 なんだか雰囲気が少し似ているお二人ですね。 美男美女、とても爽やかなお2人です。 今日は、親友同士で遊びに来たというお2人です。 白いワンちゃんを連れていました。 今ちょうど4か月とのことで、かわいい盛りですね。 いいなぁ~。 最後に、駐車場で 着物姿が素敵な美人さんを見つけました。 紺色の落ち着いた下地に、ピンク色の桜が可愛らしくデザインされた振袖、金色の帯の中にも桜が大きくデザインされていて、とても素敵です。 こんな素敵な方に出会えるなんて、とても幸運でした。 今年、成人式を迎えられるそうで、その前撮りを済ませてきたとのことです。 さぁ、春ですね。 元気にいきましょうー! なお、僕が撮影したスナップ写真は に集約されます。

次の

サクラ

あふれ 桜

今日ご紹介する桜の写真は、「松ヶ岡公園の桜」。 いわき市内で最も古い公園で、ツツジ園 と桜の名所 です。 この公園の歴史は古く、1907年(明治40年)に平町議会が、日露戦争記念行事として、茶畑、麦畑と竹やぶであった矢小路台(薬王寺台)を開いて、防火用水をかねた大貯水池をつくりました。 この貯水池を中心として桜、梅、つつじを植えたのが始まりです。 その後、東京大塚にあった 旧城主・安藤邸内の古つつじ1000本を移植し、さらに全国から つつじの名木3,000本を集め、つつじ園と桜の名所として今日にいたっています。 毎年、開花期の4月には、園内の 約270本の桜がいっせいに開花し、恒例の桜まつりが行われます。幕末の外交に老中として、活躍した平藩主安藤対馬守の銅像や天田愚庵邸があります。 平地区の住人にとっては、花見といえばこの「松ヶ岡公園」。 宴会はしなくても、桜まつりの期間中、一度は足を運ぶのではないでしょうか。 撮影日は4月21日。 ぜひご覧ください。 第1駐車場近くの貯水池からすでに桜の木がたくさん咲いています。 貯水池には亀さんが泳いでいるのですが、撮影するのを忘れました。 おととしの記事にありますので、亀が見たいという奇特な方は をご覧ください。 公園の中には大きな桜の木がたくさんあります。 松ヶ岡公園は 第1公園と 第2公園に分かれていまして、第1公園には「 スカイサイクル」などの遊戯施設があり、つつじ園を併設しています。 そして、第2公園には「 トンネルぐるりん」という、それはそれは素敵な名前の遊戯施設があります。 小さなお子さんのワンダーランドだと、勝手に思っています。 (大人もきっと楽しい。 ) まずは、第1公園に行ってみましょう。 少しの急こう配はありますが、歩きやすい階段もありますので、お年寄りの方もお子さんも元気に登ってこられます。 桜まつりのシーズンには、出店がたくさん出ていて、大人も子どもも楽しめます。 そして、夜になると提灯に灯りがともされて、それはそれは綺麗です。 柔らかな花びらで、かわいらしい桜の花がたくさん・・・。 ふふふ・・・桜の花も笑顔になっていますね。 昼間から宴会を楽しむ方の姿も・・・。 園の中心にあるこの桜の木の下は特等席らしく、人気のスポットです。 つつじ園の近くには、平藩主・安藤対馬守正信公(あんどうつしまのかみまさのぶこう)の銅像があります。 この銅像は、平字八幡小路に居住した本多朝忠(1895~1986)が制作し、大正11年(1922)6月旧平藩士の集い「平安会」によって建立されました。 明治4年(1871)10月、東京の屋敷で歿した。 53歳であった。 この像の建つこの岡は、戊辰戦争では平藩の砲台が置かれ、西軍に抗戦した拠点として知られていました。 また、宝暦6年(1756)美濃国加納(現岐阜市)より、磐城平に移住した安藤家家中の者が、はるか西方を望んで旧地を憶い偲んだ「望郷の山」でもあります。 のちに、銅像は太平洋戦争の激化にともない金属供出のため昭和19年に撤去されました。 戦後、諸橋久太郎平市長を会長に安藤信正公銅像再建期成同盟会が結成され、現いわき市内を中心に行政及び一般さらに各学校の生徒たちから寄付を募り、昭和37年7月に再建されした。 そんな歴史があるのです。 園内には 「スカイサイクル」「メリー・ゴーランド」「回転ボート」「豆汽車」などの遊具があります。 園内の遊具の利用料金は、個人料金で子どもが60円、大人が120円。 団体料金(20名以上~)になると、子供が40円、大人が100円です。 素晴らしく安いですね。 ただ残念なことに、東日本大震災の影響で長く休園していましたので、遊具は安全性が確認できていない現在も動いていません。 少しさみしいです。 昨年は、震災の影響で安全が確認できませんでしたので、閉園されていました。 本当に、 一年越しの花見ということになります。 皆さん、ここで花見ができる喜びに笑顔満開でした。 さて、第1公園をあとにして、第2公園に参りましょう。 第2公園には、素敵な「 トンネルぐるりん」がありますよ。 第2公園には歩道橋を渡っていきます。 歩道橋から公園を見ると、こんな感じ・・・。 素敵な桜の山が眼前に広がります。 第2公園に到着! はい!これが 「トンネルぐるりん」 素敵でしょ~~。 今も昔も子どもに人気の遊具です。 ちなみに、利用料金は無料です。 桜のトンネルの中に、ぐるぐる回っているトンネル・・・。 それだけではありません。 トンネルから伸びている オレンジのパイプに注目! これ、覚えていてくださいね~~ 本当に綺麗でしょ~。 桃源郷があったら、たぶんこんなところです。 さて、いいですか~~~? さっき、覚えていてくださいと言った「 オレンジのパイプ」。 この正体は「 伝声管 」です。 トンネルぐるりんの中で遊んでいるお友達とお話ができるんですね~~。 こんな素敵なアイディア!ありますか~~?? いわき市 松ヶ岡公園 、やりますね! ぜったい遊ぶと楽しい、大人がやっても楽しいに違いないです。 以上、松ヶ岡公園を紹介しました。 これからの季節、5月はつつじの名所となります。 まだ楽しめると思いますので、ぜひ足をお運びください。 さて、 松ヶ岡公園の桜を撮影するかたわら、数名の方にお声掛けさせていただき、 をさせていただきました。 この活動は、いわき市民の元気な笑顔を集め、いわき市民はがんばっているぞ!と発信していく活動です。 この「 がんばっぺいわき」のロゴデザインは、鳥取県出身、いわき市在住のイラストレーターである、ユアサミズキ氏によるものです。 お仲間でお花見をされていたグループの方たち。 ユアサミズキさんをよく知ってらっしゃるようでした。 こちらの方々もお花見をされていた方たちです。 お花見を終えて、周りを掃除されてるところをお声掛けしました。 自分たちのところだけじゃなくて、少し広くゴミを拾われていたのが印象的でした。 素敵な若いカップルさん、とてもお似合いですね。 なんだか雰囲気が少し似ているお二人ですね。 美男美女、とても爽やかなお2人です。 今日は、親友同士で遊びに来たというお2人です。 白いワンちゃんを連れていました。 今ちょうど4か月とのことで、かわいい盛りですね。 いいなぁ~。 最後に、駐車場で 着物姿が素敵な美人さんを見つけました。 紺色の落ち着いた下地に、ピンク色の桜が可愛らしくデザインされた振袖、金色の帯の中にも桜が大きくデザインされていて、とても素敵です。 こんな素敵な方に出会えるなんて、とても幸運でした。 今年、成人式を迎えられるそうで、その前撮りを済ませてきたとのことです。 さぁ、春ですね。 元気にいきましょうー! なお、僕が撮影したスナップ写真は に集約されます。

次の