ぬか 床 腐る。 ぬか床の冷蔵庫保管のやり方と注意点:白ごはん.com

どれくらい持つ?ぬか漬けぬか床の賞味期限と保管方法

ぬか 床 腐る

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。 ある日、ぬか床の蓋をあける表面にびっしりと白いものが・・・ 初めて見た人にとっては、きっと衝撃的な光景でしょう。 これが何かを知らないと 「えっ!?」 「カビ?」 「いきなりぬか漬け失敗?」 「もう、ぬか床が駄目になった・・・」 と軽いパニックなっても不思議ではありません。 ワクワクししながらぬか漬けを始めて、すぐにそんな状態をを見ると、心がくじけますよね。 しかし、慌てることはありません。 落ち込まなくて大丈夫! ぬか床は駄目になっていません。 きちんとした対処方法があるので安心してください。 ということで今回は ・ぬか床の表面の白いものの正体 ・ぬか床が白くなっと時の対処法 ・カビとの見分け方 ・事前に予防する方法 についてお話していきます。 ぬか床の表面の白いものの正体は産膜酵母 ぬか床の表面の白いものは、産膜酵母と呼ばれるもの。 たぶん、初めて聞く言葉だと思います。 産膜酵母とは、ぬか床の表面で過剰に増えた酵母菌です。 カビみたいな見た目ですが、カビじゃないですよ! 有害でもないです。 ぬか床をかき混ぜるのをサボると、ぬか床の表面に現れます。 ぬか床の状態、気温にもよりますが、真夏の気温の高い部屋ではその日にうちに、春や秋なら翌日には出てきます。 産膜酵母とは、その名の通り酵母菌なのですが、酸素が大好きです。 だから、ぬか床をかき混ぜずに、表面を長く空気に触れさせていると目に見えるくらい増えるのです。 では、次に産膜酵母が出たときの対処方法を説明しましょう。 薄く張ってるときと、真っ白に張ってるときでは対処方法が違います。 薄く白いだけなら混ぜてしまう 産膜酵母が薄く張っているくらいなら、ぬか床の中に混ぜてしまいましょう。 例えば、これくらい白くなったとします。 これくらい白くなることは、よくあります。 私は、何も気にぜず混ぜてしまいますね。 タイミングは野菜を入れる時、または野菜を取り出す時のついでで構いません。 これくらいなら混ぜてしまっても、ぬか床にも、ぬか漬けの味にもまったく影響はありません。 ちなみに、絶対にしてはいけないのは、カビだと勘違いして、ぬか床を捨ててしまうこと。 しつこいようですが、この白いものはカビではありません。 真っ白になっているならぬか床の表面を取り除く ぬか床を長くほったらかしにして、ぬか床の表面が雪が積もったように一面真っ白になると、明らかに変な臭いがします。 例えば、こらくらい白くなったとします。 ここまでなるとシンナーのような、アルコールのようなツーンと鼻に突く臭いがします。 「これは何かがおかしい」と本能的に分かるような臭い。 さすがの私も「ちょっとヤバイかも」と思います(笑) 毎日この状態になり、その度にかき混ぜて産膜酵母をぬか床に入れていると、ぬか漬けの味に影響があるので、表面の白い膜を取り除きます。 やり方は簡単です。 産膜酵母を一部だけ取ったところ ぬか床の中は、いつもの茶色いままです。 ぬか床表面の白いところを全部取ると、ぬか床の量が減るので、「減ったな」と思ったら足しぬかをしましょう。 産膜酵母とカビの見分け方 「産膜酵母はカビと違う」と言われても、その違いが分からない!という人もいるかもしれません。 ということで、産膜酵母とカビの違いを説明します。 ・産膜酵母 産膜酵母ができたときは、ぬか床表面がまんべんなく、均一に白くなります。 白さにムラがありません。 ・カビ ぬか床の表面にポツポツと点在するように現れるのがカビです。 その色はいろいろ。 産膜酵母を見慣れていると、カビを見た時に「カビだ!」と、すぐに分かるでしょう。 これがカビです。 カビが発生するということは、そのぬか床はきちんとお手入れされていません。 そのカビを上手く取り除いても、ぬか床のコンディションは悪くなっているので、それを元の状態に戻すのは手間がかかるし面倒です。 そのぬか床を処分することを私はオススメします。 詳しくはをご覧ください。 産膜酵母を作らないために気をつけること 産膜酵母を作らないためにすることは 「マメにぬか床をかき混ぜること」 これに尽きますね。 つまり「ぬか漬け作りの基本を守りましょう」ということです。 ただ、産膜酵母ができることなんて、ぬか漬け作りをしていたら日常茶飯事です。 夏なんて、あっと言う間にぬか床表面が白くなります。 ぬか床の表面が白くなってビックリするのは最初だけ。 私も初めて見た時は驚きましたから。 その正体と対処方法が分かれば、それ以降はなんとも思わなくなります。 こんな記事も読まれています.

次の

ぬか漬けQ&A

ぬか 床 腐る

ぬか床の賞味期限について ぬか床は、上手に手入れをしていれば、 何年も続けられるほど長持ちしてくれるといわれています。 これは、保管状況やぬか床の仕上がり状態にもよりますが、誰であっても使用期限を延ばすことは可能なのです。 では、その長持ちするといわれている、ぬか床のもとでもある ぬかの賞味期限はどれくらいなのでしょう。 そもそも賞味期限とは 購入したぬかには 賞味期限というものがあります。 この賞味期限をどこまで信用すればいいのかというのは、ぬか漬けを作る人にとっては知っておきたいことのひとつです。 そもそも賞味期限というのは、その食品を包装してある状態で、定められた条件下で保管したときに、その製品本来の安全性や味といった 品質を保証する期間のことを指します。 主に、衛生面ではなく品質重視の期間で、長期間衛生的に保存できる食品に使われます。 仮に、ぬかを袋から取り出してぬか床を作っていたときに、表示上の期限が切れてしまったとしても、そのぬか床のコンディションが常に良好であれば、 半永久的に長持ちするともいわれています。 生ぬかと炒りぬかの賞味期限 ぬかは油脂分が多く、酸素に触れたらすぐに酸化して傷んでしまいます。 袋を開けて放置していれば、保管環境によってはあっという間に傷むことでしょう。 少しでも傷まないようにするために、いくつかのポイントを教えます。 生ぬかをフライパンなどで炒る。 空気があまり入らないような袋や容器に入れ替える。 冷蔵または冷凍保存する。 生ぬかは炒ることによって多少ですが長持ちし、米ぬかに含まれている農薬成分なども軽減できるといわれています。 容器に関しては、チャック付きのビニール袋などで保管する場合は、 酸化を防ぐためになるべ空気を抜くのがポイントです。 とはいえ、常に確認しておくのがベストです。 見たり匂いをかいだりして、おかしいと思ったらすぐにでも新しい物と交換しましょう。 ぬか床は腐る? 腐るという言葉が適切なのかはわかりませんが、使用できなくはなります。 そういった場合には、匂いもおかしいですし、見た目もおかしくなっています。 傷み方にも色々とあるので一概にはいえませんが、対処する方法も存在します。 傷みが重くても、 ぬか床に元気なぬかが残っていれば、復旧することは可能です。 元気な種ぬかを取り出す。 毎日、塩とぬかなどの基本成分を足していく。 ぬか床に水分を補給するため、くず野菜を入れて捨て漬けをし、次の日には捨てる。 水分が足りないと感じたときには、ぬかが湿る程度に残りのビールなどで水分補給をする。 復旧作業をするときには、 冬でも夏でも常温保管が基本です。 ぬかを蘇らせるために、手入れも1日2回以上は行いましょう。 以下で、ぬか漬け初心者にありがちな、ぬか床トラブルの 原因や対策法を紹介していますので、ぬか床の具合が良くない場合は確認してください。 ぬか床を長く持たせる保管方法 ぬか床は、手入れ次第で長持ちさせることができます。 一番良い手入れ法は、かき混ぜることです。 ぬか漬け作りで一番面倒と思われる作業なので、中々継続できない人が多いというのも事実です。 表面だけかき混ぜるのはあまり意味がないので、ぬか床の底の方まで手を入れて、 持ち上げながら満遍なくかき混ぜていくのがポイントです。 全体的に空気が行き届かなければ、 空気を嫌う腐敗菌を増やしてしまうので、この作業はとても大切です。 自分で作ったぬか床をすぐダメにしないためにも、毎日の手入れは怠らないようにしましょう。 そのため、いつまでに食べるのかは 自分で決めなければなりません。 ぬか漬けは、ぬか床から取り出すと劣化が始まり、時間の経過と共に味が落ちていきます。 漬けているときに塩分が多ければ日持ちはしますが、しょっぱくなる可能性が高いです。 自分で作ったぬか漬けではなく、どこかで買ってきたぬか漬けには賞味期限が記載されていることもあります。 その場合でも、賞味期限に惑わされることなく、 早めに食べきることを心がけましょう。 作ったぬか漬けはどこで保管したら良い? 自分で作ったぬか漬けは、できる限り早く食べきるのが、一番美味しくておすすめなのですが、作りすぎてしまったり、食べきれないといったときには 保管することもできます。 保管といっても、ぬか床とは違うので常温で保管するのは良くありません。 基本は冷蔵庫で保存します。 野菜室であれば、 野菜室に保管するのが一番良い方法かもしれません。 野菜室は、冷蔵室に比べて温度も低めですから、 低温に弱い野菜や温度変化に弱い野菜を守ってくれます。 また、野菜が乾燥しないように噴出し口がないものもありますから、乾燥を防ぐこともできます。 冷蔵室や野菜室に保管してあっても、早めに食べなければならないというのは変わりませんから、 早く取り出して食べることを前提に保管しておきましょう。

次の

ぬか床の冷蔵庫保管のやり方と注意点:白ごはん.com

ぬか 床 腐る

全国ぬかづけのもと工業会制定 ぬか漬 ぬか床 は古くから一般家庭で漬けられているなじみ 深いお漬け物です。 江戸時代、江戸などでは白米食が普及するとともに脚気といった 所謂、江戸わずらいが発生しました。 そこで、江戸の庶民は白米を食べる前には こういった病気にならなかったことに着目して、米ぬかに野菜を 漬け込んで食べるようになりました。 原料の米ぬかに含まれるビタミンが漬け物に移行し、 貴重なビタミン供給源となりました。 ぬか床は手入れが良ければ何年でも使用でき、古くなる程 豊かな風味を出します。 しかし、なかなか理論どおりにことが運ばないのが人間の常で、 失敗される例もかなり多くあります。 ではどうしたらいいのでしょうか。 乳酸菌(嫌気性菌=空気の嫌いな菌) 2. 酵母菌(好気性菌=空気の好きな菌) 上記の菌が『ぬか床』のなかで適当(均等)に繁殖していることです。 毎日必要量の野菜をぬか床に漬けます。 野菜がたくさんあれば2〜3日分くらいずつ漬けます。 おいしく漬かりましたら、 漬け床 ぬか床 より全部取り出し、水洗いせず、 ポリ袋等に入れて冷蔵庫に保存します。 漬かりすぎやぬか床のいたみ防止になります。 ぬか床は野菜を出し入れするたび(毎日2〜3回)床のすみずみまで空気がはいる ように手を入れて よく撹拌して、空気を十分に与え酵母菌の繁殖を促します。 ぬか床の上部をきれいにならして押さえつけ空気を遮断して乳酸菌の繁殖を促します。 かきまぜを怠ると酪酸菌(嫌気性菌)等の雑菌や産膜酵母(白カビ)が 繁殖して腐敗の原因となります。 塩分は常に強め、水分は常に少なめに調整します。 保存は、冷暗所、冷蔵庫で行います。 床中の食塩濃度が薄くなり過ぎるとおこるケースです。 漬物が塩辛くて食べられない。 ・・・? 漬け時間が長過ぎる場合によく塩辛くなります。 漬け時間を短縮してください。 漬け時間はいつも通りなのに・・・? 気温が急に上がっていないでしょうか。 漬け込み時、 塩の濃度を舌で確かめていただいたでしょうか。 時間が同じなら温度の上昇で適正時間は短くなります。 一寸塩辛すぎると思われるなら漬ける時間を 短くすることをお奨めします。 異様な臭がするが・・・? シンナー臭、薬品臭、印刷インク臭などは大抵密閉容器使用が原因です。 アルコール臭がするが・・・? 床を作る時に水を加え過ぎられたか、パン屑、残りビール、 米のとぎ汁を加えて床が醗酵し過ぎた場合によく起こります。 カビ(?)が生えたが・・・? 何回か漬けて床がゆるみ加減で湿気の多い時( とりわけ梅雨時)にかき混ぜを幾日か忘れてしまった時によく白い 産膜酵母(さんまくこうぼ)が生えます。 毒ではありませんが嫌な感じがするものです。 上記シンナー臭などの対策には を お奨めします。 大半は温度に起因する失敗なので温度が低温で 年中一定していれば防げる問題です。 価格は商品一覧をご覧ください。

次の