白 猫 み ゃ あこ。 猫、キジトラ白ってどんな猫?サバトラとの違いは?飼い主が語ります

キジトラ白(キジ白)はどんな猫?性格や特徴・飼い方のコツについて

白 猫 み ゃ あこ

非常にカラフルでバリエーション豊かな猫の毛色。 白、黒、白黒混在のブチのなどのモノトーンがあれば、二つの毛色、あるいは濃淡で描かれるしま模様があり、はたまた白・黒・茶の三色や、二色あり、猫の毛色の豊かさといったら枚挙にいとまがありません。 基本的に私たち人間は、例えば黒髪同士の両親からは同じ黒髪の子どもとして生まれてきます。 しかし猫たちには三毛と虎毛の両親なのに生まれた子猫はブチでした、などといった毛色のミラクルが珍しくありません。 猫の毛色の遺伝はどのようにして起こるのでしょうか。 色を決める遺伝子の働き 猫の毛色は、染色体の中の遺伝子の持つ情報によって決められています。 ゲノムを設計図として見た時に、染色体を紙に例えれば遺伝子はそこに描かれた情報です。 猫の受精卵が母親の胎内で「猫」になっていくとき、この設計図をもとに「足は4本でしっぽは1本で」といった体の構造を決め、「爪は古くなったら剥離させるように」「怖い時は全身の毛を逆立てるように」といった情報をインストールさせます。 同時に毛色のほうも、例えば「白をベースに毛先にちょっとグレーをあしらって」と設計図の指示通りにプリントされます。 この時のカラーリングは毛色に関する20種類以上の遺伝子の組み合わせで決まり、 組み合わせパターンは1153通りにもなります。 猫の毛色は多様とはいえ、1153通りもあるようには思えませんよね。 しかし例えばここに白い猫が3匹いたとします。 ぱっと見はそっくりな白い猫ですが、それぞれ「白猫遺伝子による白猫」「アルビノ遺伝子による白猫」「ブチ猫遺伝子による全身が白い斑紋の白猫」だった場合はすべて遺伝子型が異なるわけです。 黒猫にしても撫でまわしながらよく見ると「喉元の毛がわずかに淡い黒猫」だったり「根元の方は濃いブラウンの黒猫」だったりするように、「しま模様遺伝子を持っているけども濃い黒と濃い黒のしま模様なので結果として黒猫」なんて場合もあります。 色の遺伝子は基本はW、S、T、O、I、D、C、B、Aといった9種類に大別されますが、それぞれの遺伝子に優性と劣性の二種類があり、更に亜種があるため、総勢20種類以上の型が複雑に派生することになります。 つまり20種類以上の遺伝子がすべて単に何色かを指示しているわけではなく、白・黒・茶の基本の色情報の他に、濃淡やしま模様やブチ模様などの柄を決める遺伝子があり、すべてひっくるめた結果が「猫の毛色」として遺伝されるのです。 ものすごく簡略化した図ですが、猫の毛色に関する各遺伝子の働きをまとめました。 W遺伝子は各遺伝子の中で優先順位が高く、W 優性 を一つでも持っていればその猫は白くなります。 T タビー はサバトラ、うずまき、ポイント豹紋など、しま模様のタイプを決めます。 全身の99. 9%の被毛が白くても、遺伝子型のWが優性でなく、Sによるものであればそれは白猫ではなく白いブチ猫なのです。 A アグーチ は一本一本の毛を黒と茶のしま模様に分けて染めます。 こうして列挙してみると、 猫の毛色はメラニンから出来ていることがよくわかりますね。 染色体に書かれた設計情報が遺伝子です。 そして、この設計指示には優先順位があります。 例えばWの持つ「毛を白くして」という指示は最優先されるため、Wが一つでもあれば他の色に関する遺伝子がどんな指示を出していたとしても、猫は白い毛色になります。 Iは「毛先の毛色を残して根元を白く残して」という指示を出しますが、これはWやOよりも優先順位の低い指示書のため、毛色に黒や茶色など強い色の出ている時には発現せず、この指示が生かされるのはアグーチの濃淡の褐色の場合、それを薄めて銀色にします。 また、Aは「一本の毛をシマシマにしてね」という指示を出しますが、これがaaといった劣性の継承をしている場合は「シマシマ指示」 薄い部分を担うためにメラニンの生成を一部阻害しなさい、という指示 が弱いため、結果まるまる黒い一本の毛になります。 この遺伝子同士の相互関与と力関係は大変に複雑で、OとBとSが入っていれば必ず牛柄ブチになれる! というものではないようです。 親猫と子猫の毛色が違う理由 両親とまるで毛色の違う子猫が生まれるのには二つの理由が考えられます。 遺伝子の優先順位 例えば2組の白猫のペアからそれぞれ4匹の子猫が生まれたとします。 2組をそれぞれ「Aペア」「Bペア」と仮称します。 Aペアの子猫は4匹とも両親そっくりの白猫でした。 しかし、Bペアの子猫は3匹は白猫でしたが残る1匹は色付きでした。 なぜそうなるのでしょうか? 答えは、遺伝子型にあります。 子猫は両親から一つずつ遺伝子を受け継ぐため、どの子をとっても「WW」あるいは「Ww」型となります。 Wは一つでも持っていれば白猫になるため、Wとwを受け継いでも白猫になります。 組み合わせによりwwになってしまう子猫がいます。 この場合「白になりなさい」という指示が失われるため、遺伝子の中に隠し持っていた他の色が表れて一匹だけ色付きの子猫となります。 血統管理された純血種の猫たちの中でも、まれに本来なら現れるはずのない毛色の子が生まれることがあるように、猫たちは遺伝子の中に、それが現れやすいか否かの違いはあれど様々な色の情報を秘めています。 今飼われている猫たちの大元の祖先はキジ猫模様のリビアヤマネコです。 ある日突然ブチ猫がヤマネコカラーの子猫を産んでも不思議はありません。 母猫一匹にたくさんの父猫 猫は多胎動物であり、一度に複数の卵子を排卵します。 なおかつ、おなかに受精卵を孕んでいても、発情期間が続いていれば他の雄と交尾して更に排卵し、受精卵を授かることが可能です。 雄の三毛猫が稀有なわけ 三毛猫のオスは3万匹に1匹といわれ、非常に珍しい事で知られています。 三毛猫を作る色の遺伝子のレシピはww、Oo、SS Ss ですが、各遺伝子の具体的な指示内容としては• ww「全身真っ白にならなくてもいいですよ」• Oo「細胞によって黒か茶色でいきましょう」• SS「全身染めないで白い部分も作りましょうか」 となり、結果、白黒茶色の三毛猫が出来上がります。 人間も同じですが、猫の性別も染色体の数で決まります。 オスが「XY」でメスが「XX」です。 そして三毛猫の色の決め手となるOoはX染色体にしか存在できません。 つまりオス猫はOかoのどれかひとつしか持てないため、ww、O あるいはo 、SS、となり、似たような配列でもこの場合は茶か黒のブチ猫になります。 パイボールド遺伝子がssで白い部分を作る指示が弱い場合はトーティーシェル、いわゆるサビ猫となりますが、これも白以外の二色によるカラーリングですので、三毛猫と同じくほぼすべての個体がメス猫となります。 オスでも稀に生まれてくる、Xが1つ多いXXYの個体ではOoが可能になるので、この場合は三毛猫の雄になれますが、これは染色体の異常であり、生殖能力を持たず往々にして短命です。 毛色からわかる遺伝的傾向 昔から「青い目の白猫は耳が聞こえない」と言われていますが、これにはちゃんと科学的根拠があります。 青目の白猫の全てがそうとは限りませんが、とある調査によると、青目の白猫では半数以上で難聴、オッドアイの場合は半数近くで青い目の側の耳が難聴だったという結果が出ています。 なぜ白い猫の耳にこのようなことが起こるのでしょうか。 それは白い毛色で青い目の場合、その毛色を決定しているのがW因子に依るものだからです。 黄色い目の場合はS因子による全身白斑であり、赤い目であればC因子によるアルビノであると区別できます 聴覚を司るコルチ器を作る遺伝子は色素を作る細胞から分化して作られます。 W因子は色を作らないように抑制する細胞であるため、この聴覚に関する細胞の生成までも阻害してしまうというのが定説となっています。 猫の目の色もメラニンの数で決まりますが、W因子の白猫は目にも色素を持たないため、レイリー散乱によって青く見えているというわけです。 青空と同じ原理ですね。 他にも「キジトラはワイルドな性格」と言われています。 原始の猫がキジトラだったため、毛色にそれが現れているからには、他の性質や気質も野生の猫の遺伝が色濃く出ているのではないかという見方によるものです。 猫の毛色は遺伝情報の発露、と考えるとこれも不思議ではありませんね。 毛色を推理する楽しみ 以前、近所の家で三毛の親から生まれた子猫は、真っ白な体で背中部分に「人生」というブチがありました。 達筆でした。 他にもハート型やカツラ型など、意図せず現れる猫の毛色は私たちを楽しくさせてくれます。 猫の毛色の遺伝の法則は大変に複雑ですが、今回はざっくりと概要のみお伝えしましたが、各遺伝子の優先順位や不活性の条件なども詳しく知ると、両親の毛色から生まれてくる子猫の毛色もある程度推理できます。 猫たちの毛色はどの子をとっても個性的で魅力的、猫を見かけるたびに「色付きだからwwで、ブチがあるからSSかSs、茶色とグレーが入っているからDDかな」などと勝手に脳内推理するのも頭の体操に良さそうですね。

次の

猫の毛色の決め手は遺伝子。イラストでわかる親と子の毛色が違う理由

白 猫 み ゃ あこ

近所でよく見かける野良猫といえば、トラ猫が最も有名ですよね。 その中でもとくにキジトラ白(キジ白)は可愛らしく、その生態も興味深いものです。 猫は柄によって性格が変わると言われていますが、野性的なキジ模様に白い毛が混ざった「キジトラ白」の性格には、どのような特徴があるのでしょうか? ここでは、キジトラ白の性格についてと、飼い方のコツなどについてご紹介していきます。 キジトラ白とは? 日本猫と呼ばれる猫の中で一番多い模様が 「トラ猫」と言われています。 トラ猫には、 キジトラ、サバトラ、茶トラの3種類が存在し、さらに白い部分があると キジトラ白、サバトラ白、茶トラ白と呼ばれるようになります。 このように、猫は毛色や模様などにより呼び名が変わるのです。 猫の模様は実に24種類もあり、その呼び名もいろいろあるんですね。 また、白をベースにキジ模様が少しだけ入っている猫もキジトラ白(キジ白)と呼びます。 白の割合が多かったり少なかったりと個性が出るところが可愛らしく、キジ白の魅力の一つと言えるでしょう。 もちろん左右対称に白色が出るわけではないので、片足だけ短い靴下を履いているように見えたり、さらに一部分だけ小さくキジ模様が出ていて「穴あきソックス」を履いているように見える子もいます。 他にも、マフラーを巻いているかのように首のまわりだけが白かったり、お腹全体が白かったりと、そのバリエーションは様々。 時には、真っ白な体にハート形のキジ模様が現れている子もいるんですよ。 単色であることもありますが、ピンクとこげ茶が混ざった模様が出現するキジトラ白がよく見られます。 可愛らしいワンポイントの入った肉球などは非常に可愛らしいですよね。 鼻の色もバリエーションが豊富で、 ピンクやこげ茶、ベージュなどがあります。 肉球・鼻の色や模様、さらには白い毛の割合などでそれぞれが違った見た目をしているのが、キジ白ならではの最大の魅力かと思います。 キジトラ白とサバトラ白とのちがいは? キジ白とサバ白の違いは、簡単に言うと模様です。 キジトラ白は キジトラ模様に白色が入った猫、サバトラ白は サバトラ模様に白色が入った猫になります。 ・「キジトラ」の名前の由来は鳥の 「雉(キジ)」の模様 ・「サバトラ」の名前の由来は魚の 「鯖(サバ)」の模様 キジトラは、メスの「雉(キジ)」の柄に似ていることから、サバトラは「鯖(サバ)」の配色に似ていることからこう呼ばれるようになりました。 ちなみに、キジトラはブラウンマッカレルタビー、サバトラはマッカレルタビーとも言われます。 白色の入り方に違いはなく、それぞれ個性豊かなキジ白とサバ白が存在しています。 また、猫は模様により性格に特徴があると言われていますが、キジ白とサバ白はそこまで大差はなく、基本的には警戒心が強いタイプです。 もちろん、猫にもそれぞれ個性があるので、模様による性格の特徴が絶対というわけではありません。 キジトラ白の性格は? まず、キジトラの性格には大きく分け二つのタイプがあります。 ・警戒心が強く、慎重で用心深いタイプ ・好奇心旺盛で、人懐っこい甘えん坊なタイプ キジトラ白の性格は、 ベースとなるキジトラの性格が出てきます。 いずれにせよ、キジトラもキジトラ白もとても賢い猫なので、接する相手によってこの2つの性格を使い分けているのかもしれませんね。 また、猫は毛色や柄によって性格が違うという観点からみると、キジトラ白の場合は白い部分の多さで性格の特徴に差が出てくるとされています。 これは、野生的な部分が強く残っているためだと考えられます。 というのも、そもそもキジ模様は、 野生で狩りをするときや身を隠すときに、辺りに溶け込めるよう出現した柄だからです。 そのため、キジ模様の多いキジトラ白は、知らない人が来ると警戒して一目散に逃げてしまったり、怖がらせてしまうと少し攻撃的になってしまう子もいます。 しかし、慣れてきて心を許した相手には甘えん坊になります。 慣れるのには時間がかかりますが、野性的な部分が強く残る猫ほど、心を許した飼い主にだけはベッタリ甘えん坊になる傾向があります。 例えば、他人がいると隠れてしまうのに、飼い主と二人きりになるとすり寄って甘えてきたりします。 猫が飼い主にだけ懐く姿はとても可愛らしいものですよね。 「白い部分が少ない」キジ白は、ツンデレタイプというか、猫らしい猫の性格をしていると言えるでしょう。 キジ白がすぐに人に懐くイメージは無いかと思いますが、白色の割合が増えるにつれ、おっとりとした性格になり、いわゆる天然タイプの子も多くいます。 また、飼い主とのスキンシップが大好きなので、膝の上に乗ってきてくれたり、かまって欲しくてすり寄って来たりもします。 「白い部分が多い」キジ白は、人への警戒心が弱く人見知りをすることが少ないため、初めてでも飼いやすいタイプの猫かと思います。 比較的誰にでも愛想良く接してくれるので、来客の多いご家庭でも安心ですね。 猫は元々みんな短毛種なのですが、長毛種の猫というのは、 寒冷地などの厳しい環境に順応するために、短毛から長毛へと進化したと言われています。 そのため、キジトラ白の長毛種も忍耐力と我慢強さを持っており、落ち着きのある大人っぽい性格をした猫といった印象を受けます。 ただ、毛の長さや模様の入り方でも個体差があるので、一概にも長毛種のキジトラ白なら「おとない性格」をしているとは言い切れません。 他の猫と同様に、キジトラ白も周囲の環境や経験、または飼い主の接し方によりそれぞれの性格が変化し、順応ていくものです。 キジトラ白の飼い方は? キジトラ白は、その警戒心の強さから怖がりで臆病な面もあるので、「家の中は安全だ」と安心させてあげることが大切になってきます。 また、キジトラ白はやんちゃで活発なタイプの子が多いので、部屋のレイアウトも工夫してあげましょう。 キジトラ白の飼育では、その習性に合わせた環境作りがポイントになります。 程度の差はありますが、大きな物音がしたり、知らない人の気配を感じたりするとすぐに隠れてしまうことは、どの猫にもよくあることです。 これは警戒心の強さによるものですが、神経質になり過ぎると小さな音でもビクッと反応したり、家族の一人にしか懐かず、触ろうとすると怖がってしまう子もいます。 そのため、キジトラ白の飼育では、 いつでもすぐ逃げ込める場所を作ってあげることが大切になります。 例えば、押し入れやクローゼット、タンスなどの戸を少しだけ開けておいてあげたり、段ボールや猫ハウスのようなものを家の静かな場所に設置してあげると良いでしょう。 トイレを隠して使用できます。 付属のクッションでハウスとしても快適。 扉を開閉してトイレを引き出せる便利な設定。 隠れているときや、触られたくないような仕草をしているときは、無理に距離を縮めようとせず、そっとしておくことが一番の解決策です。 気分が落ち着けば、またキジトラ白のほうから近寄ってきて甘えてくることがほとんどです。 こうしたビビりな一面もまた、猫らしくて可愛らしいですよね。 そのため、 室内に大きめのキャットタワーやキャットウォークのようなものを設置してあげると、楽しそうに駆け上がっていく姿が見られます。 つめみがき設置スペースや隠れ家スペース付。 注意点としては、狭い部屋の中でも元気に走り回れるように、 床や飛び乗れる棚の上などには危ない物を置かないようにしてあげることです。 警戒心が強く野性的な部分が残っている子ほど、活発に動き回ることが好きです。 また、ワイルドな面があるため、狩りをする動作に近い「オモチャ」を使った遊びも大好きです。 ネズミの形をしたオモチャはもちろん、紐やリボン、光る物にもよく反応し、俊敏に飛びかかり見事にキャッチする姿には感心させられます。 キジトラ白はたくさん遊んであげることで、その警戒心の強さからくる神経質さのストレス軽減にも繋がります。 ただし、基本的に猫が気を付けなければいけない病気である 腎臓や泌尿器系の疾患には、十分注意してあげて下さい。 キジトラ白は野性味が強く残っているので、エサはキャットフード以外の物でも何でもよく食べます。 しかし、いくら丈夫なキジトラ白とはいえ、病気の予防にはキャットフードのみを与える方が無難です。 少し気難しいところもあるキジトラ白ですが、愛情をたっぷり注いで大切に飼育し、健康に長生きさせてあげましょう。 だっこは練習すれば好きになるというわけではないので、嫌がっているようであれば無理せず控えてあげましょう。 嫌なことを繰り返してしまうとストレスになる上、警戒心を刺激してしまう原因にもなります。 皆さんはどんな抱き方で抱っこしているのでしょうか?どうやら猫により好きな抱っこの仕方はそれぞれのようです。 猫に好かれるオススメの抱っこの仕方を5つ紹介します! キジトラ白についてのまとめ キジトラ白(キジ白)は警戒心が強いタイプが多く、仲良くなるのには少し時間がかかるかもしれません。 しかし、ひとたび心を許すと甘えん坊になる可愛らしい性格をした猫です。 白い部分が多いキジトラ白は比較的おっとりした性格の子が多いのも特徴です。 飼育では、こうした警戒心など野性味が残る部分を上手くカバーしてあげることがポイントとなります。 — おすすめ記事 —.

次の

猫の毛色によって性格が違うの?人気雑種白茶トラの性格と特徴とは?

白 猫 み ゃ あこ

「白猫」の遺伝学 [ ] に基づいたうえで見るならば、この地球上には2種類の白猫が存在する。 まず1つはを全く持たずに生まれる、突然変異であるとしての白猫、もう1つはそうでない白猫である。 後者の白猫としての誕生を決定付けるのは、「白色遺伝子」と呼ばれる、あるいは「白斑遺伝子」と呼ばれる遺伝子である。 白色遺伝子と白斑遺伝子は全く別個の遺伝子であるが、白毛を生成する作用を持つという点では共通している。 白色遺伝子 [ ] 全身が白一色の白猫は、通常は白色遺伝子を保有している。 その作用から「マスキング遺伝子」 遮蔽遺伝子 とも呼ばれるこの遺伝子は、猫の毛色の決定に関わる他のあらゆる遺伝子に対して優性である。 したがって、これを1つでも受け継いだ猫は、たとえ他のどのような毛色の遺伝子を有していようと、全身が白一色の猫として誕生する。 この「白色遺伝子」は言い換えるならば「毛色を消してしまう遺伝子」 あるいは「他の毛色の発現を抑制してしまう遺伝子」 であり、それだけに、白猫とその子孫からは様々な毛色の猫が生まれる可能性がある。 白斑遺伝子 [ ] 白斑遺伝子は、これを有する個体の被毛に対して、その局所に白色の斑を生成する作用を持つ。 他の毛色の遺伝子群とは独立した遺伝子であるため、どのような毛色との組み合わせであっても、そこに白斑を作り出すことができる。 この遺伝子は非白斑の遺伝子に対して優性である。 の場合はの場合より白斑部が広く現われる。 聴覚障害 [ ] 青色の眼を持つの白猫 白色遺伝子と白斑遺伝子は聴覚障害と結び付くことがある。 先天性の聴覚障害が白猫以外の猫に現われることは極めて稀である。 白色遺伝子を例に取るならば、この遺伝子は、これを有する個体に対して、青色の眼、聴覚障害、あるいはこれらの両方を、数割の確率で発現させる。 その眼の色に着目するならば、青色の眼を持つ白猫は、黄色や橙色の眼を持つ猫よりも聴覚障害の個体が多い。 白毛と青眼なるものはすなわち被毛と虹彩の色が無い状態であり、これらの器官に色素を運ぶのが血液中のメラノサイトなのである。 そしてメラノサイトは聴力の形成に関する細胞の運搬にも関わっており、白色遺伝子と白斑遺伝子はその働きを阻害する作用を有している。 ことに白色遺伝子に至っては、これが細胞中に1つや2つでも存在すると、メラノサイトのほとんどが全く動作しなくなってしまう。 これは普通は青色の眼の側の聴覚だけに起こるものであり、青色でない眼の側の聴覚は普通は正常である。 その発生率については、おおよそ3割から4割ほどであるとする研究がある。 消える色斑 [ ] 白猫の子猫の身体の一部に灰色の薄い斑点が出現することがある。 これは成長とともに消失してゆくもので 、「ゴースト・マーキング」と呼ばれている。 特色 [ ] 人間側から抱かれがちなその性格についての印象としては、「神経質」「怒りっぽい」あるいは「身体を滅多に触らせない」などといったものが挙げられる。 繊細な性格を持つ個体が多いとの調査結果がある。 一説によると、天敵からの捕捉を惹起し易い目立つ毛色を有していながら自然界を生き延びてくることができたのは、すなわち気が強いという性質を有しているからであると考えられ、それが人間を容易には寄せ付けようとしないその繊細さに繋がっているのであるという。 しかしながら、現実には性格の個体差が大きく、そうでない場合も多々ある。 飼育 [ ] 繊細であるというその性格的傾向を考慮するならば、落ち着くことのできる場所を幾つか用意することで安心感を与えつつ、時間を掛けて少しずつ距離を縮めてゆくのが好ましいようである。 アルビノの白猫を飼うにあたっては、光に弱いというその性質を考慮したうえで、に当てないようにすることが重要である。 出典 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウェブ [ ].

次の