電動 アシスト 自転車 価格。 電動スクーターのGogoroがスタイリッシュな電動アシスト自転車「eeyo」発売へ

電動じゃないアシスト自転車『フリーパワー』で革命を起こす

電動 アシスト 自転車 価格

出典: 『FREE POWER(フリーパワー)』の購入・取付は? フリーパワーを取付ける方法は3種類あります。 フリーパワー付の自転車を購入する• お店で選んだ自転車に取り付ける• 自分の自転車に取り付ける(一部取付けが出来ない車種あり) 購入は自転車専門店であるサイクルオリンピックのみ可能です。 フリーパワー付の自転車で価格が¥45,800(税別)となっており少し高いと感じますが電動アシスト自転車と比較するとかなりお得ではないでしょうか。 また自分の自転車に取り付ける場合には、専門スタッフが装着可能か判断し最適なフリーパワーを選んでくれるのでありがたいですね。 自転車への取付けは専門スタッフでの対応となっており、個人での取付は不可とのこと。 フリーパワーには種類があり価格も¥9,000~¥14,000(税別)となっています。 メディアの紹介実績 今までにも様々なメディアに紹介されており話題になりつつあります。 NHK全国放送「サキどり」• 九州沖縄全域放送キリンプレゼンツ「世界一の九州がはじまる」• 西日本新聞• 毎日新聞(インターネット)• 読売テレビ「ハッカテン」• 2017年小規模企業白書(第193回国会提出)• TBSワザビト(2017年5月)• 宮崎日日新聞(2018年4月11日)• がっちりマンデー!!(2018年6月17日放送予定) まとめ 電動アシスト自転車が当たり前の時代になる中で、欲しいけどちょっと高いし充電が面倒と思われているみなさんに非常に有効なアイテムとなるのではないでしょうか。 ちなみにサイクルオリンピックで試乗できるようなので、気になった方はぜひ一度お店に足を運んでみてください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

安い電動アシスト自転車のおすすめ15選|激安価格の人気メーカーとは

電動 アシスト 自転車 価格

エコで小回りがきく、そして公共交通機関の「密」を避けられると、いま通勤や通学の手段として電動アシスト自転車に熱視線が注がれている。 どうせ乗るなら、実用的かつオシャレなものがいい。 そうした要望に応えるのが電動スクーターで知られる台湾メーカーGogoroの新製品「eeyo」だ。 内蔵ハブでアシストのレベルを自動調整するというスマートさと、思わず見せびらかしたくなるスタイリッシュさの両方を備えている。 初の自転車2種Gogoroの電動スクーターは同社の本拠地台湾では誰もが知っているほどメジャーで、日本でも沖縄・石垣でシェアサービスを展開するなど知名度がある。 今回は、同社初となる自転車eeyoをリリースする。 スクーター同様、バッテリーで動く環境に優しい乗り物で、デザインやスペックが異なる2種が用意された。 まず、eeyo 1sはフレーム、フォーク、シートポスト、ハンドルバー、リム全てがカーボンファイバーでできていて、丈夫さと軽量さの両方を備えている。 重さはわずか約12キロだ。 一方のeeyo 1はフレームとフォークはカーボンファイバー、シートポストとハンドルバー、リムは合金製で重さは12. 4キロ。 独自開発のハブシステムいずれも、最大の売りはGogoroが独自開発したSmartWheel。 モーターやバッテリー、センサーなどが集約され、ライダーがペダルをこぐ力を自動感知してどれくらいアシストするかを瞬時に計算するシステムを備えている。 強力にアシストするモードや、できるだけライダーがペダルをこいでバッテリー消費を抑えるモードが用意されていて、航続距離は最長88キロと驚異的な長さ。 街乗りはもちろん、やや長い通勤、サイクリングにも活用できる。 また、スマホとワイヤレスで接続し、専用のアプリでスピードやアシストレベルを確認できる。 バッテリーはフル充電所要時間は2. 5時間。 価格はeeyo 1sが4599ドル(約49万円)、eeyo 1が3899ドル(約42万円)。 電動アシスト自転車にしてはかなり高めで、「大人のための高スペックでおしゃれな自転車」という位置付けのようだ。 まずは米国と台湾で7月にも発売される。 日本での展開にも期待したい。

次の

ブリヂストンの両輪駆動は、走りながら自動充電

電動 アシスト 自転車 価格

自転車は2輪で走る手軽な乗り物ですが、乗り方や整備状況によって怪我や事故につながる恐れがあります。 安全にご使用いただくために、ぜひ次の事項をお守りください。 ・2人乗りはしないでください。 法律で禁止されています。 (同乗させることのできるのは6歳未満の幼児1人。 ・リヤキャリヤ(荷台)には積載制限があります、特にお子様の同乗にはご注意ください。 ・お子様を同乗させるときは幼児用ヘルメットを必ず着用させてください。 ・リヤキャリヤにチャイルドシートを取付ける場合、運転に支障のない範囲でできるだけ前寄りに取付けてください。 (重心が後寄りになると後方へ転倒する場合があります。 ・リヤキャリヤにチャイルドシートを取付ける場合、防護カバーの付いたものをお選び頂き、運転に支障のない範囲でできるだけ前寄りに取付けてください。 (重心が後寄りになると後方へ転倒する場合があります。 ) 併せて安全の為、ドレスガードを必ず取り付けてください。 ・乗る前に空気圧、ブレーキの効き、各部のガタ・ゆるみなどを点検しましょう。 ・異常や擦り減った部品を見つけたら、直ちに販売店に修理をご依頼ください。 ・前輪やフロントサスペンションフォークは、ハンドル部を持ち車輪を浮かせて、手で上から車輪(タイヤ)を強くたたいても、がたつきなどの異常がないが点検しましょう。 ・定期点検を受けないと異常や故障の発見が遅れ、事故の原因になります。 ・ブレーキワイヤや変速ワイヤは異常がなくても2年ごとの交換が必要です。 ・擦り減ったブレーキシュー、タイヤでの走行は危険です。 ・転倒などで強い衝撃を受けた時や、部品のガタツキやゆるみ・変形・異音などを感じたときはすぐに点検をお受けください。 ・ご使用前に取扱説明書記載の『安全上のご注意』をよくお読みいただき、必ずお守りください。 安全面からも費用的にも買い替えをお奨めします。 ・販売店にご相談し、乗車経験や目的に合ったものをお求めください。 ・表示している適応身長は目安であり、個人差により多少乗車可能範囲に差がでます。

次の