ワイスピ モニカ。 ワイルドスピード全10作順番!シリーズ映画評価ランキングや興行収入や予定一覧

【ベストセレクション】 ワイスピ 壁紙

ワイスピ モニカ

スポンサーリンク 『ワイルド・スピード』シリーズは、アメリカのストリートレースや、日本のドリフト文化などをテーマにして始まった、大人気カーアクションムービーです。 個性的なキャラクター揃いのこの映画では車やレースを通じて、仲間との絆や愛、自由などが感動的に描かれています! そして、そんな『ワイスピ』シリーズには、グッとくる名言やセリフが溢れているのも大きな特徴です。 第1作目『ワイルド・スピード』の名言 【名言1】それからゼロヨンだけに生きる人生。 先のことは考えず、借金も店もチームも気にしねぇ。 英語verは 「I live my life a quarter mile at a time. Nothing else matters: not the mortgage, not the store, not my team and all their bullshit. ガレージで彼の後の相棒となるブライアン(ポール・ウォーカー)に、父親から譲り受けた車ダッジ・チャージャーを見せながら、過去を語るシーンはしみじみします。 ドミニクにはつらい過去があったから、ゼロヨンの10秒間だけその悲しみから解放されるのだと分かります。 またドミニクが、いかにストリートレースを愛しているか、が分かるシーンでもあります。 「ゼロヨンだけに生きる人生。 先のことは考えず、借金も店もチームも気にしない。 10秒足らずの時間だけ、オレは自由だ」 この名言わかる人はしっかり映画を見てる証拠 こんなことゆってみたいよね。 警察の上司に圧力をかけられ機嫌が悪いブライアンに、ドミニクが「飯を食いたきゃいつもクールに」と言いました。 ドミニクは仲間の中でも常にリーダー的存在で、周囲の皆は彼に奢ってもらっていたよう。 しかし、ブライアンはそれらの人達とはちょっと違う、どこかに孤独を抱え持った存在。 何気ないセリフですが、後々見返すと本当にグッとくるシーンです。 スポンサーリンク 第2作目『ワイルド・スピードX2』の名言 出典: 【名言1】「前を見て運転しないと、プレイボーイさん。 」 ワイルドスピード2でおとり捜査官として出演している美女・モニカが、話に気を取られて運転に集中していない(ようにみえる)ブライアンに対して言う言葉。 このセリフが名言というよりも、このシーン自体がとっても有名なのでおさえておきたいです。 野心家で無謀なところがあっても、実力は人一倍なブライアンの性格が表れています 第3作目『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の名言 出典: 【名言1】「あの連中を見ろ、ルールに従ってる。 怖いからだ。 英語verは 「Look at all those people down there. They follow the rules, for what? 」 ハンは『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』から登場します。 彼がなぜ東京に住んでいるのかは、時系列でいうとこのストーリーの前の物語となる4、5、6作目で説明されています。 主人公であるショーン(ルーカス・ブラック)に向かってハンが言ったこの言葉は、いろいろな解釈が可能です。 選んだ道をいちいち振り返っている様では迷いが生じ、事の成果を出す事は難しいという教訓と捉える事も出来ます。 またこのセリフから、常にルールに従うだけでは生きていけなかった、ハンの過去が物語られています。 ショーンはドリフトでハンがタカシに勝てると気付いていました。 ただ、ハンはレースで勝って賞賛を浴びたり、実力を誇示する為に走るのはバカらしいと考えているようです。 まだ高校生のショーンに対して、他人と自分を比較するのではなく、意味のあることをする価値を教えた名言です。 ショーンはその後、意中の同級生ニーラ(ナタリー・ケリー)をタカシから守る為、タカシと真剣勝負のレースをします。 【名言3】「こういう諺がある。 タカシが「でもそれ程の額では……」と、誤魔化そうとした時に、叔父であるカマタの口から出てきたのがこの言葉です。 これは「たかが釘が足りないぐらいの事だ」と思って油断をするな!という教訓ですが、劇中では千葉真一がこの言葉を発する事で、より重みのある言葉となっています。 尚、この言葉は海外の伝承童謡であるマザー・グースの歌詞のアレンジであるようです。 やくざの叔父のコネもあり、言われた事をただやっていれば生きてこられたタカシとは違い、ハンは様々な場面で機転を利かせてどうにか生計を立ててきたアウトロー。 タカシは銃でハンを脅しますが、これまでに多くの危ない経験をしたハンは少しも怯えません。 言われたまま生きるのではなく、自らの意思で物事を選択してきた、ハンのキャリアが感じられる名言です。 スポンサーリンク 第4作目『ワイルド・スピード MAX』の名言 出典: 【名言1】「前に、なんでドムを逃したのか聞いたよね?多分それは、ドムのことを自分自身よりも尊敬していたからだよ。 どのレーサーでもそう言うさ。 Any real racer. 」 ブライアンとレースをすることになった時に、ドミニクが発した名言。 『ワイルド・スピード MEGA MAX』ではレティが殺されたことを知るというドミニクにとって非常に辛い出来事が起こります。 シリーズ1作目から4作目に活躍したキャストが一気に登場し、作品は以前より華やかになります。 これはその人物紹介がなされるシーンでの、ブライアンのセリフです。 ハンはカメレオン、ローマン(タイリース・ギブソン)はペテン師などそれぞれの登場人物が、個性に合った役割を持っています。 そんな中ドミニクが「ドライバーが2人要る、プレッシャーに強くくじけない者」と行った時、ブライアンが嬉しそうに発したのがこのセリフです。 2人とは、ドミニクとブライアンの事に他なりません。 登場シーンが少ないジゼルのセリフ1つ1つは見逃せません! 【名言3】「金は結局はかない物さ、一番大切なのは仲間の存在だ。 We know that. but most important things in life will always be the people in this room. 」 裏切り者になりかけていた過去の仲間ヴィンス(マット・シュルツ)が、ミアを助けた事からドミニクらの元にカムバックした直後の場面。 またこのシーンでは、ミアに子供が出来た事を皆で喜び祝福します。 ドミニクのこのセリフの信念は、ワイスピシリーズを通して貫き通されています。 加えてワイスピシリーズが、ただのド派手なカーアクションムービーではなく、血の繋がらない仲間との絆が描かれた名作である事が証明される名言でもあります。 レイエスは裏社会を思うがままに支配し、警察も買収する程の権力者。 この権力に怯まないのは、アメリカ外交保安部ホブス捜査官(ドウェイン・ジョンソン)とその部下のみです。 ドミニクにはリオ行きの飛行機が用意され、ホブスの部下であるエレナ(エルサ・パタキー)からも「逃げて!」と言われました。 これはその大ピンチの時に、ドミニクがエレナに返した言葉です。 You should know that. 」 この言葉には、たとえ困難であっても立ち向かわなければ真の自由を手にする事は出来ない、という教訓が秘められています。 【名言5】「24時間だけ猶予をやる。 金は諦めて、時間を有効に使え。 やり残した事をやるがいい。 このシーンはちょうど1作目『ワイルド・スピード』で、「ブライアンがドムを逃がすシーン」を思い出させてくれる場面でもあります。 更にホブスは、自分らより1枚上手だったファミリーの作戦の行く末を知り、豪快に笑います。 The money stays, though. Make peace with whatever demons you got left. Cause come tomorrow, I will find you. そこで犯罪チームのドミニクらファミリーは、ドミニクの恋人であるレティを助ける為、捜査に協力することになりました。 皆が集合しホブス捜査官から大切なミッションの説明を受けている中、お調子者のローマンはスナック菓子が食べたくなり自販機の前で小銭を出し、もたもたします。 ホブスはローマンに銃を向けますが、撃ったのはスナック菓子の自販機のガラス。 木端微塵になった自販機のガラスを見て、驚愕したローマンにホブスが吐いたセリフがコレです。 」 このセリフは短いですが、ホブスの人となりがよく分かる場面です。 ミシェル・ロドリゲスのファンとしては、「レティとの再会」は嬉しい限り。 ベイのウインクにもゾクゾクする。 ホブスの荒っぽい「尋問」や、「おごりだ」に苦笑。 これはその時、レティがブライアンに返したセリフです。 英語verは 「I may not remember anything, but I know one thing about myself. 」 レティはこの言葉で、それまでの長い間自分を責め続けていたブライアンを解放します。 自分自身をよく知っており、その行動に責任が持てるレティの芯の強さが感じられる名言。 また観客もこの彼女らしいセリフに、レティが返ってきた!と実感できます。 ミスター・ノーバディは自分の事を「取るに足らない男さ」と紹介後、ドミニクにコロナビールを奢りました。 療養中のホブスの代わりに、彼はドミニクらに捜査の依頼をします。 ローマンをはじめ、言いたい事を好き放題言うメンバー。 作戦に対する自由過ぎる発想に驚いたノーバディから出たのがこの言葉です。 このセリフは 「常識的なやり方に縛られていると、逆に中途半端な結果しか出せない場合もある」という事を仄めかしています。 またこのセリフから、ミスター・ノーバディがドミニクらのチームのやり方にほとんど口を挟まず、好きに実行させる大器な人物であることも分かります。 ミスター・ノーバディは密かに人気なキャラクターですよね!寛容さと鋭さを兼ね揃えていて魅力的です。 他のメンバーは、それをゆったりと眺めていました。 このセリフはそんな時、ウィズ・カリファのエンディング曲「see you again」が流れると共に、ドミニクによって発せられます。 ファンの方なら胸が痛い程周知の事実だと思いますが、実はブライアン役のポール・ウォーカーは、この『ワイルド・スピード SKY MISSION』の撮影期間中に、自動車事故で帰らぬ人となりました。 あまりにも早すぎた彼の死に、本シリーズのキャスト、スタッフ、映画ファンの皆がショックを受け、一時は撮影も中止されています。 作中の「役」を超え、ポール・ウォーカーを誰よりも愛していたドミニク役ヴィン・ディーゼルのこの言葉が、多くの人から共感を得るエンディングとなりました。 ポール・ウォーカーとヴィン・ディーゼルは、ヴィンの子供が産まれる時に唯一立ち会ったほど仲が良かったそうです。 そのことを考えるとよりこのセリフの奥深さが伝わりますね。 」 『ワイルド・スピード SKY MISSION』で初めて殴りあい、今作で出番がさらに増えたデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)とホブスの罵り合いから生まれた名言。 刑務所にいた2人が、他の囚人たちを倒しながら共に脱獄する前のシーンです。 ホブスを演じているドウェイン・ジョンソンは元プロレスラーで、試合の前のマイクパフォーマンスでよく「お尻を叩いてやる(beat your ass)」と言っていました!そのオマージュだというのもおもしろいですね。 最初は敵同士だった2人ならではの罵り合いは、ワイスピシリーズの新しい見どころになりそうです!彼らの人間離れした強さは誰でも憧れます! 【名言2】「人の命を救うより大切なことはたった1つ、娘の身だ。 」 娘が所属するアメフトのコーチをしているホブスが、試合中にミッションを言い渡されたときに発した名言。 何があっても娘だけには影響がないように守り続けることを誓っている、ホブスの父親像がわかるセリフです! まとめ 以上、ワイルドスピードシリーズの名言をご紹介しました!シリーズ全8作品の中には、こちらに挙げた以外にも素晴らしいセリフや名言が埋もれています。 まだ鑑賞されていない方は、ぜひ映画の中の生き生きとした登場人物の名言をお楽しみ下さい。 また2019年8月には、ワイスピシリーズのスピンオフ作品、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』が公開予定です。 こちらもぜひチェックしたいところですね! \おためし31日間無料!映画取扱数NO1のU-NEXTでワイスピをみる!/.

次の

ワイルドスピード全10作順番!シリーズ映画評価ランキングや興行収入や予定一覧

ワイスピ モニカ

ワイルドスピードシリーズについて 映画ワイルドスピードのシリーズは、ストリートカーレースからはじまり、今ではド派手なカーアクション、ハゲマッチョや女どおしのタイマン肉弾戦、家族(ファミリー)と呼ばれる仲間たちとのチーム強奪ものの大作映画にまで発展しました。 2001年に第1作目が公開され、2017年には8作目となる人気カーアクション映画です。 原題は「Fast and Furious」(直訳:速く、激しく)なので 「ワイルド・スピード」の邦題は日本人以外には全く通じません。 個人的には車中心やヤンキー映画には興味がないため、「ワイルド・スピード」という邦題では見たいと感じず敬遠していました。 でも実際の内容はシリーズを重ねるごとに変わっていき、今ではワイルドスピードを大好きになっています。 1、2作目はブライアンがロス市警やFBI捜査官として潜入捜査します。 3作目は異色ですが東京でのストリート・カーレースです。 4〜7作目はそれまでのシリーズから仲間を集めて、チームによる強奪やミッションクリアを目指す映画に変容しています。 8作目の前に必見なのは7作目『』ですが、その中でレティの記憶喪失は4と6作目、ハンの死は3作目、デッカードの弟は6作目がからんでます。 ワイルドスピードシリーズの家族(ファミリー)出演作 ドミニクのファミリーだけでなく、継続して出演する敵役や主要登場人物も含みます。 :ドミニク、ブライアン、レティ、ミア、ヴィンス• :ブライアン、ローマン、テズ• :ハン、ドミニク(エンドロール後の一瞬のみ)• :ドミニク、ブライアン、ローマン、テズ、ジゼル、レティ、ミア、ハン• :ドミニク、ブライアン、ホブス、ローマン、テズ、ジゼル、ハン、ヴィンス、ミア• :ドミニク、ブライアン、ホブス、ローマン、テズ、ジゼル、ハン、レティ、ミア• :ドミニク、ブライアン、レティ、ローマン、テズ、ラムジー、デッカード、ホブス• :ドミニク、デッカード、ホブス、レティ、ラムジー、ローマン、テズ ワイルド・スピードシリーズの人物トリビア ワイルド・スピードは長く続いているだけあり、主要人物以外にも細かい人間関係などで、知ってる人だけがニヤニヤできるトリビアネタが満載です。 登場人物を軸に記載してみます。 モニカ捜査官:2作目では潜入捜査官。 5作目はラストに登場してホブスにレティの写真を渡す• エレナ捜査官:5作目ではブラジルでホブスの補佐。 6作目でドミニクの恋人だがレティ復活で失恋。 7作目でホブスの補佐に復帰• ブラガ:4作目でブライアンが逮捕。 6作目でブライアンが刑務所へ潜入して会いに行き情報収入• スタンジアック捜査官:4作目でブライアンの同僚。 6作目でブライアンの刑務所潜入を手助け• ショーン:3作目の主人公。 7作目で東京へ行ったドミニクとレースして、ハンの遺品も渡す• ヴィンス:1作目でドミニクの片腕でブライアンを毛嫌い。 5作目では妻子を残して死亡• ヘクター:1作目と7作目でロスのストリート・カーレースを仕切ってる ワイルドスピードシリーズ一覧と見る順番 最初は公開順で観ることをおすすめします。 時系列の順番は、3作目だけが6作目の後になります。 作品名リンク先はネタバレありです。 5 2. 07 69 2 2003 7. 0 2. 36 65 3 2006 10. 0 1. 58 58 4 2009 9. 5 3. 60 67 5 2011 14. 4 6. 26 76 6 2013 20. 2 7. 88 75 7 2015 35. 4 15. 15 78 8 2017 40. 5 12. 36 74 9 ワイルド・スピード9 ジェットブレイク (全米公開2021年) 2021 - - - 10 (スピンオフ) 2019 30. 6 7. 26) 2019 - - - 以上、ワイルドスピードシリーズの映画興行収入ランキングや平均評価一覧やおすすめ映画情報についてのまとめでした。

次の

『ワイルド・スピード』全9作品の一番人気はどれ?ワイスピ全作をランキング形式でご紹介!

ワイスピ モニカ

286• ワイルド・スピードシリーズ7作品を一気に視聴してみました! カーアクション映画といえば『ワイルド・スピード』ですよね。 ですが、映画の本数も多いし、時系列もややこしいので「どの順番」で見ればいいか分かりづらかった……。 というわけで、ワイルド・スピードの「時系列」や「あらすじ」を丁寧にまとめました。 結論からいうと、ワイルド・スピードは「ストーリーの時系列順」に見るのがおすすめ! ワイルド・スピードは他の映画シリーズと違い、「公開順」ではなく「時系列順」に見ていくのがおすすめです。 その理由も、順番に解説していきますね。 ちなみに、最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』も2017年4月28日公開予定! 今からワイルド・スピードシリーズを見ていく人は、なが〜く楽しむことができますね。 ぜひ参考にしてみください! ワイルド・スピードシリーズは全10作品+パロディ映画1作品? ワイルド・スピードについて簡単に解説すると、 ワイルド・スピードシリーズは「カー・アクション映画」で、とくに「クルマが好きな人」におすすめの作品ですね。 クルマオタクじゃない僕でもめちゃくちゃ楽しめました。 ただし厳密にいうと、ワイルドスピードが「ストリート・レーシング」をテーマにしているのはせいぜい「1作目と2作目」くらいまで。 3作目からは「クルマと拳銃」のアクション映画という感じになると思っていいでしょう。 ちなみに、ワイルド・スピードには『ワイルドなスピード!』というパロディ映画もありますが、こちらは本当にフザけたコメディ映画です笑 ワイルドスピードファンで、かつ暇な人はついでに見てもいいですが、それ以外の人は見なくていいです。 笑 では、順番に解説していきましょう。 ワイルド・スピードシリーズの公開順 2001年にスタートした「ワイルド・スピード」の映画シリーズ。 ちょうど20年後の2021年に、10作目『ワイルド・スピード10』で物語の完結をむかえる予定です。 そんなワイルド・スピードシリーズを公開順に並べたのが、下記の一覧です。 『ワイルド・スピード』(2001年)• 『ワイルド・スピードX2』(2003年)• 『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006年)• 『ワイルド・スピード MAX』(2009年)• 『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011年)• 『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年)• 『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015年)• 『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年)• 『ワイルド・スピード9』(2019年)• 『ワイルド・スピード10』(2021年) 映画タイトルのせいで映画の順番が分かりづらいですね。 でもワイルドスピードファンなら意外とすぐ覚えられるので大丈夫。 ただ、3作目が「未来の話」になってるので要注意です。 この公開順に観てもいいとは思いますが、3作目には重大なネタバレが入っているので、できれば「時系列」通りに見てほしいですね。 というわけで、まずは一度「ワイルド・スピード」の映画に触れてみてください。 きっとハマるはずです。 こちらで視聴できます。 (初回登録なら無料)。 ワイルド・スピードシリーズの時系列順(こちらがおすすめ!) ワイルドスピードシリーズを「時系列順 ストーリー順 」に並べると、下記の通り。 『ワイルド・スピード』(2001年)• 『ワイルド・スピードX2』(2003年)• 『ワイルド・スピード MAX』(2009年)• 『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011年)• 『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年)• 『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006年)• 『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015年)• 『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年) 3作目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の時系列がイレギュラーですね。 時系列的には「6作目」と「7作目」の間のストーリーになってます。 「4作目」「5作目」「6作目」で、3作目につながる伏線が張られているので、3作目をあとから見る方が楽しめるかもしれません。 とある(重要な)登場人物の「生命」に関わるネタバレを含んでいるので、その意味でも、先に3作目を見ないほうがいいと思いますね。 ただ「公開順」と「時系列順」を見比べると、違うのは3作目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』だけ。 あまり深く考えずに、ワイルド・スピードは好みで視聴するのがおすすめですが、 「時系列」で観たほうがストーリー展開を把握しやすいのは確かですね。 『ワイルド・スピード』 『ワイルド・スピードX2』 『ワイルド・スピード MAX』 『ワイルド・スピード MEGA MAX』 『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』 『ワイルド・スピード EURO MISSION』 『ワイルド・スピード SKY MISSION』 の全7作品は今すぐ視聴できます。 配信期限が決まっているので、お早めにどうぞ! ワイルド・スピードはまとめて観たほうが100倍おもしろいので、まずは見放題作品の「初期5作品」だけでも、ぜひ見てみてほしいです。 U-NEXTには、「約1ヶ月間」まるまる無料で利用できる「無料体験キャンペーン」もあります。 うまく利用すると、DVDのレンタルよりずっと安く利用できるので、興味ある方は一度試してみるのがいいかと思います。 ワイルド・スピードシリーズ「8作品」のあらすじと見どころを時系列順に解説! 『ワイルド・スピード』(2001年) 映画『ワイルド・スピード』のあらすじ 凄腕ドライバーのドミニクは、夜のロサンゼルスで開催されるストリート・カーレースの元締めをしていた。 だが現在、警察官の間で、ドミニクはとあるトラック襲撃事件の犯人の容疑をかけられている。 ある日、警察官のブライアンが「おとり捜査」としてドミニクに接近。 しかし事件の真相を追うブライアンは、レース仲間としてドミニク達と心を通わせ、さらにはドミニクの妹・ミアとも親密な関係になってしまう。 やがて、FBIの上司に急かされたブライアンが真犯人の証拠を探し始めるも、ドミニクとジョニー・トランの「なわばり争い」が激化。 そしてその夜、ドミニクは突然アヤしい行動をはじめ…。 『ワイルド・スピード』の見どころは、終盤のトラック襲撃時の「ヴィンス救出シーン」ですね。 主人公ブライアンの登場のタイミングが最高にかっこいいですw クライマックスの「踏み切り」のシーンも最高なので、それは映画見てのお楽しみです。 「車は持ってるだけじゃ何もならねえ。 どう走らせるかだ」みたいなちょっとした名言も飛び出てきますね。 アドレナリンが出る映画音楽に、やけに露出の多いセクシーな男女。 冒頭の喧嘩シーンも熱いです。 特に男性はきっとハマるので、ぜひ視聴してみてください。 エンドロール後に重要なシーンがあるので、そこも見逃し厳禁ですよ! ちなみに、最新のBlu-rayのセットBOXがけっこう安くなってるので、そちらも今はおすすめです。 ある日の夜、いつものようにレースに参加したブライアンは、突然やってきた警察隊に捕まってしまう。 ブライアンはそこでFBI捜査官・ビルキンスと再会。 彼は、前科を帳消しにすることを成功報酬に、またしてもブライアンに「潜入捜査」を依頼する。 さらにレースで会った謎の美女は、同じくおとり捜査をしている警察官であると知る。 幼馴染のローマン・ピアースを相棒に選ぶも、今回の潜入場所は、危険な「麻薬密売組織」だった。 ブライアンは、そこのボスであり、残忍な性格のカーター・ベローンに接近するのだが…。 『ワイルド・スピードX2』の見どころは、終盤にある「船への突入」シーン。 車をぶっ飛ばして派手につっこんでくれるので期待してください。 新たな美女・モニカも登場し、ストーリーも前作より面白くなっている印象。 カーアクションも進化していて、ギアチェンジやクラッチ操作のシーンが小気味よく出てきますね。 バック走行のシーンも愉快です。 『ワイルド・スピードX2』では、前作のドラッグレース(通称:ゼロヨン)と違い、カーブのある街中レースがメインです。 ドリフトシーンも頻出で、とにかく見ていて楽しるはず! 『ワイルド・スピード MAX』(2009年) 映画『ワイルド・スピード MAX』のあらすじ 舞台はドミニカ共和国。 ドミニクはガソリン運搬車を襲撃するグループのリーダーをしているが、派手な襲撃によって居場所がバレてしまう。 仲間を危険にさらしたくないドミニクは、仲間や恋人のレティの元から黙って去ることを決意。 一方、ロサンゼルスでは、マイアミの活躍でFBI入りしたブライアンが警官として麻薬の取締捜査活動に励んでいた。 その後「レティが殺された」と妹ミアに告げられるドミニクが、国境を越え、ついにアメリカに戻ってくる。 復讐に燃えるドミニクと、麻薬捜査中のブライアン。 実は2人とも同じ男を追っていたのだ。 その後ブライアンは捜査中にドミニクと再会するも、彼はまた姿を消してしまう。 やがて、ブライアンは麻薬組織のボスの右腕カンポスが主催する「麻薬運び人を選別するレース」に潜入出場することになるのだが…。 『ワイルド・スピード MAX』の見どころは、プラガを捕まえたうえで逃亡する終盤のシーンでしょうか。 トンネルの中の逃亡劇が熱いです。 今作は、冒頭の「ガソリン運搬車の襲撃シーン」からめちゃくちゃカッコいいです。 中盤はレースが少ないので、ちょっと物足りないかも。 ただし、途中の「封鎖なしの街中レース」が最高なので、そこは必見ですね。 あとは映画の一番最後に映る「ドミニクの表情」も最高です。 ぜひお楽しみに。 エンドロール後の「追加シーン」はないですが、ストーリーはそのまま第5作目の『ワイルド・スピード MEGA MAX』に続きますね! 『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011年) 映画『ワイルド・スピード MEGA MAX』のあらすじ 裁判で懲役25年の判決を言い渡されてしまったドミニクは、護送中にブライアンと妹のミアに助けられ、逃亡した。 国際指名手配された3人はブラジルのリオデジャネイロに飛び、そこでかつての仲間・ヴィンスに会う。 その後、搬送中の「とある高級車」を窃盗する仕事をすることになるが、その車にはリオで一番権力を持つとされる投資家のエルナン・レイエスの極秘マイクロチップが搭載されていたのだ。 レイエスのチップを盗んだブライアン達は、身篭ったミアのため「最後の仕事」をすることを決意。 かつての仲間を呼びつけ、手を合わせてレイエスの闇金1億ドルを強奪するブライアン達だが、レイエスの金庫の場所はなんと「警察署の中」。 さらに執念に燃えるアメリカ警官のホブスにも狙われてしまい…。 『ワイルド・スピード MEGA MAX』の一番の見どころは、復活したドミニクとブライアンの最強コンビの活躍!高級車の窃盗シーンにはじまり、かつての友人や仲間が集結し、シリーズ最高潮に楽しい展開です。 久々の登場となるヴィンス(1作目に登場)や、ローマンとデズ(共に2作目に登場)、そして美女のジゼルが見れて嬉しかったですね。 あとアジア人男性のハン・ソウルオーも大活躍でかっこいいです。 ストーリーの終盤で繰り広げられる「金庫強奪シーン」はもはやメチャクチャです。 かっこよすぎますが、現実的にはありえないぶっ飛んだシーンの連続なので、超おもろいです。 ドニミクとホブスのバトルも激アツでした。 この5作目はドミニクとブライアンのコンビは最強だなと思わせてくれる映画になってますね。 エンディングも最高です。 そしてエンドロールの途中にある追加シーンも、めちゃくちゃ興味をそそる内容になってます。 なんと2作目に出てきたモニカが登場し、さらにあの女も……。 ぜひお楽しみに! 『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年) 映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』のあらすじ ドミニクは新しい恋人のエレナと、ブライアンは妻と息子のジャックと共に暮らしていた。 また他の大金を手にいれた仲間たちも皆、それぞれ自由に暮らしていた。 そんなある日、モスクワで何十億ドルの価値をもつ「とあるチップ」が強奪される事件が発生。 その犯人は、元イギリス特殊部隊のオーウェン・ショウという大悪党だった。 FBI特別捜査官ホブスは自らでは手に負えず、ドミニクの家を訪れて、協力を要請する。 そこで死んだはずのかつての恋人・レティの写真を見せられたドミニクは、仲間たちに連絡し、レティを取り戻すことを決意。 だが昔刑務所おくりにしたプラガの名前まで出てきて、困惑するブライアン達。 なんとレティは記憶喪失となり、ショウに利用されていることが分かり…。 『ワイルド・スピード EURO MISSION』の見どころは、めちゃくちゃ激しい格闘戦です。 今作に関しては、カーレースアクションよりも銃や打撃戦のアクションに力が入ってますね。 とくに「飛び後ろまわし蹴り」がかっこよすぎます。 ただ、レティとドミニクのカーレースだったり、「戦車」と戦ったり、今までになかった熱い展開にはめちゃくちゃ興奮できます。 「レティの救出シーン」は、ワイルド・スピードシリーズ史上最高のかっこよさかもしれません。 エンドロールの途中には「追加シーン」もあります。 ハン・ソウルオーが東京で逃走してますね。 ということで、舞台はついに、過去作で何度も話題にあがっていた「東京」へと移っていくことになります。 楽しみ! 『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006年) 映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のあらすじ アメリカのアリゾナ州に住むクルマ大好きの高校生ショーン・ボズウェルは、頻繁にストリートレースに参加しては警察に捕まる……という行動を繰り返していた。 ショーンを見かねた母親が、東京に住む元夫の元へ彼を引き渡すことを決意する。 だが、相変わらずのショーンは、東京でもカーレースに参加。 そこでドリフト・キングの異名をもつD. に完敗してしまうのだ。 一方、東京で信頼のできる仲間を探していたハンは、ショーンに目をつけ、彼にドリフトの方法を伝授しようとする。 そんなある日、D. の叔父であり、暴力団の組長でもあるカマタに上納金をくすねていたハンの悪事がバレてしまう。 怒り狂ったD. は、ショーンやハンに襲いかかり、すぐに渋谷での過激なカーチェイスに発展。 なんとそこで激突されたハンは事故死……。 ショーンはハンの仇をうつため、カマタに上納金を返すと同時に「レースに勝利したら罪を不問にしろ」という条件で、D. にドリフト・バトルを挑むのだが…。 『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の見どころは、かっこいい「ドリブル」です。 タイトルにもある通り、とにかくドリフトしまくり。 渋谷スクランブル交差点に突っ込むシーンはなかなかレアですよ。 さらに、日本人俳優も出演しまくりです。 北川景子、妻夫木聡、真木よう子などの大物俳優がチラッとでてきます。 柴田理恵さんのシーンは最高です。 ゴスロリファッションで出演してたらし中川翔子(しょこたん)は見逃しました……。 歴代のワイルド・スピードシリーズの中では。 「圧倒的な悪役」の不在は否めませんが、車好きには楽しめるかと思いますね。 あと基本的に、日本人以外が話す「日本語」がおかしいですが、それはそれで楽しめます。 笑 エンドロール後の追加シーンはありません! 『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015年) 映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』のあらすじ オーウェン・ショウを倒し、レティを取り戻したドミニクだったが、彼女の記憶は未だに戻っていない。 ブライアンは息子とミアのためにファミリーカーを運転する平和な生活を送っているが、「車より銃弾が恋しい」と漏らしている。 ミアが2人目の子供を身ごもっているとは知らずに……。 一方、ホブス捜査官が、DSS(アメリカ外交保安部)の自分の部屋で、見知らぬ男に襲撃される。 名前はデッカード・ショウ。 オーウェンの兄で、元イギリス特殊部隊の秘密隊員だった男だ。 ショウは東京でハンを事故に見せかけて殺害し、次にブライアンの自宅を爆弾を送りつけてきた。 ドミニクは仲間の命を狙うショウを見つけるため、ラムジーという天才ハッカーを救出し、彼女が開発した「ゴッド・アイ」という監視プログラムを手に入れる計画を立てる。 そしてドミニクと彼の仲間たちは、なんとアゼルバイジャン共和国の「コーカサス山脈上空」から、ラムジーを拉致した車両部隊に急襲をかけようとするのだが…。 『ワイルド・スピード SKY MISSION』の見どころは、飛行機とのバトル!戦闘機やミサイルと戦うレーサーって……凄すぎますね。 とくにラムジー救出前の「車で空を飛ぶシーン」は必見です。 クルマで山の傾斜を下るシーンも滅多に見れません。 そして今回はクルマが空を飛びまくるので、「スカイミッション」という副題も納得ですね。 ワイルド・スピードはシリーズを追うごとに、アクションどんどん過激になっていくのが良いですね。 死んでしまったハンとジゼルが出てこないのが悲しいですが……。 エンドロール後には追加シーンはありませんでした。 そして……。 映画の最後には、「FOR PAUL(ポールに捧ぐ)」の文字。 ブライアン役の俳優ポール・ウォーカーさんはクランクアップ前に交通事故で亡くなったそうです。 このため、『ワイルド・スピード SKY MISSION』では、ポールに似た体格の俳優に「顔と声をCGで加工」したり、ポールの弟2人が演じたりしています。 実際、ポール自身が演じているブライアンとの区別ができないくらい良くできていましたね。 ぼくも見終わるまで気がつきませんでしたが、この映画の最後のシーンの最後のセリフ「別れなんかない」「いつも一緒だ」「永遠の兄弟だ」は、ポールさんのために送られた言葉というわけですね…。 そして、ポールの意志を受け継ぐため、ワイルド・スピードはさらなる続編映画の製作を決定。 ポールが亡くなったのはものすごく悲しい……ですが、この作品が好きなので、絶対に見たいと思います。 『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年) 映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のあらすじ この「ワイルド・スピード8」は2017年4月28日公開。 見終わったら「あらすじ」を書きたいと思います。 『ワイルド・スピード ICE BREAK』の見どころは、「ドミニクの裏切り」です。 カーレースのシーンは減り、ド派手なアクションが増えていますが、ドミニクとその仲間たちの戦いにはやっぱり期待してしまいますね。 楽しみです。 パロディ映画『ワイルドなスピード! AHO MISSION』(2015年) 『ワイルドなスピード! AHO MISSION』(2015年) 映画『ワイルドなスピード! AHO MISSION』のあらすじ ロサンゼルスのギャング・セレントが主催する違法ストリート・レースに「おとり捜査」として潜入した警官のルーカス。 ところが、ゴール直前でエンストしてしまい敗北。 さらに駆けつけた警察官にスタンガンで攻撃されたり、顔面を殴られたり……。 やがて、セレントがマフィアのデ・ラ・ソルと繋がってることが判明。 ルーカスはさらにセレントに接近するが、彼の妹・ジョーダナと仲良くなってしまい….。 『ワイルドなスピード! AHO MISSION』は、とにかくずっとフザけてますw 完全にコメディ映画で、ストーリーはめちゃくちゃです。 なのに、めちゃくちゃ笑えるってことも、そんなにありません。 笑 基本的にはシリーズ1作目の『ワイルド・スピード』のパロディなので、あの映画のネタが満載です。 ワイルド・スピードが好きな人は見てもいいかな?という感じ。 そうじゃない人は見なくていいと思いますw アクションもしょぼくて、見た目もそんなに似てませんw いやヴィンスはちょっと似てるかも。 レティ役の女の人は、なぜかLGBT(同性愛者)という設定ですし、色々とぶっ飛んでますねw.

次の