バイタル ネット 新潟。 在宅医療・介護連携情報共有システム「Net4U」とは|在宅医療・介護連携 情報共有ツールについて|医療・介護関係者さま|新潟市在宅医療・介護連携センター

株式会社バイタルネット (新潟市西区|医薬品卸

バイタル ネット 新潟

社会人野球のバイタルネット(新潟市)の来季新監督に元近鉄の外野手・加藤正樹氏(53)が就任する見通しであることが14日、明らかになった。 加藤氏は大阪市出身で、PL学園から早大を経て、1987年にドラフト外で近鉄に入団し活躍。 現在は前楽天監督の梨田昌孝氏らをマネジメントする会社の代表を務める。 2016年シーズンから3年間監督を務めてきた佐藤英司氏(40)は副部長兼編成担当として野球部内に残る。 また、12月から野球部の練習拠点が宮城県仙台市に移ることも明らかになった。 ただ野球部員の所属は新潟物流センターで、チーム関係者は「本拠地は新潟市で、大会への出場と地域貢献活動はこれまで通り」としている。 2014年秋の日本選手権出場を最後に全国大会出場から遠ざかっているチームが新体制で新たなスタートを切ることになった。 監督交代と練習拠点の変更が明らかになったバイタルネット 14日は新潟市のハードオフ・エコスタジアムで選手が汗を流した 関係者の話を総合すると、加藤氏との監督契約期間は来年1月から。 バイタルネットとの関係は、2008年秋のドラフト会議で同社の谷元圭介投手(現・中日)が日本ハムから7位指名を受けた時の監督が梨田昌孝氏だったことから縁ができ、加藤氏が選手への指導や大会視察に訪れることもあり、関係が深まっていったという。 12月上旬に正式契約を結ぶ予定。 バイタルネットとしては前身のニチエー時代を含め、初のプロ出身監督。 外部監督も初めて。 現監督の佐藤氏は副部長となり、高校生や大学生のスカウティングなど編成を引き続き担当する。 会社関係者は「佐藤氏にはベンチの内外でさらに研鑽を積んでもらい、将来的に監督に復帰してもらう予定」と長期的な視野で今回の監督人事となったことを説明する。 また、チームの練習拠点がこれまでの新潟市から、本社のある宮城県仙台市に移る。 自社のグラウンドや室内練習場があり、宿泊施設は食事がしっかり摂れ、「練習環境が改善され、会社として野球部強化を全面的にバックアップできる」(会社関係者)としている。 ただ、野球部員は新潟物流センターに新設される組織の所属となり、チーム関係者は「あくまで新潟市を本拠地として活動することに変わりはない。 新潟での野球教室など地域貢献活動は継続して行う」と話し、これまで通りJABA(日本野球連盟)の新潟県所属チームとして、都市対抗や日本選手権の全国大会出場を目指す。 バイタルネット硬式野球部は1976年に新潟市の医薬品卸会社「ニチエー」の硬式野球部として創部し、1994年に日本選手権初出場。 2001年に合併に伴い「バイタルネット」に社名変更。 2012年の日本選手権で全国大会初勝利。 これまでに都市対抗3回、日本選手権6回に出場を誇る。 (取材・撮影・文/岡田浩人).

次の

【社会人硬式】バイタルネット新監督に元近鉄・加藤正樹氏 練習拠点が仙台市に

バイタル ネット 新潟

社会人野球のバイタルネット(新潟市)の来季新監督に元近鉄の外野手・加藤正樹氏(53)が就任する見通しであることが14日、明らかになった。 加藤氏は大阪市出身で、PL学園から早大を経て、1987年にドラフト外で近鉄に入団し活躍。 現在は前楽天監督の梨田昌孝氏らをマネジメントする会社の代表を務める。 2016年シーズンから3年間監督を務めてきた佐藤英司氏(40)は副部長兼編成担当として野球部内に残る。 また、12月から野球部の練習拠点が宮城県仙台市に移ることも明らかになった。 ただ野球部員の所属は新潟物流センターで、チーム関係者は「本拠地は新潟市で、大会への出場と地域貢献活動はこれまで通り」としている。 2014年秋の日本選手権出場を最後に全国大会出場から遠ざかっているチームが新体制で新たなスタートを切ることになった。 監督交代と練習拠点の変更が明らかになったバイタルネット 14日は新潟市のハードオフ・エコスタジアムで選手が汗を流した 関係者の話を総合すると、加藤氏との監督契約期間は来年1月から。 バイタルネットとの関係は、2008年秋のドラフト会議で同社の谷元圭介投手(現・中日)が日本ハムから7位指名を受けた時の監督が梨田昌孝氏だったことから縁ができ、加藤氏が選手への指導や大会視察に訪れることもあり、関係が深まっていったという。 12月上旬に正式契約を結ぶ予定。 バイタルネットとしては前身のニチエー時代を含め、初のプロ出身監督。 外部監督も初めて。 現監督の佐藤氏は副部長となり、高校生や大学生のスカウティングなど編成を引き続き担当する。 会社関係者は「佐藤氏にはベンチの内外でさらに研鑽を積んでもらい、将来的に監督に復帰してもらう予定」と長期的な視野で今回の監督人事となったことを説明する。 また、チームの練習拠点がこれまでの新潟市から、本社のある宮城県仙台市に移る。 自社のグラウンドや室内練習場があり、宿泊施設は食事がしっかり摂れ、「練習環境が改善され、会社として野球部強化を全面的にバックアップできる」(会社関係者)としている。 ただ、野球部員は新潟物流センターに新設される組織の所属となり、チーム関係者は「あくまで新潟市を本拠地として活動することに変わりはない。 新潟での野球教室など地域貢献活動は継続して行う」と話し、これまで通りJABA(日本野球連盟)の新潟県所属チームとして、都市対抗や日本選手権の全国大会出場を目指す。 バイタルネット硬式野球部は1976年に新潟市の医薬品卸会社「ニチエー」の硬式野球部として創部し、1994年に日本選手権初出場。 2001年に合併に伴い「バイタルネット」に社名変更。 2012年の日本選手権で全国大会初勝利。 これまでに都市対抗3回、日本選手権6回に出場を誇る。 (取材・撮影・文/岡田浩人).

次の

【社会人硬式】バイタルネット新監督に元近鉄・加藤正樹氏 練習拠点が仙台市に

バイタル ネット 新潟

ITを利用した医療と介護を繋ぐヘルスケア・ソーシャル・ネットワーク「Net4U」 「Net4U」は、地域内の病院、診療所、訪問看護ステーション、調剤薬局、介護事業所等が患者の情報を共有することができる、地域包括ケアに対応したヘルスケアSNSです。 中核となる「Net4U CORE」を中心に、「Net4U PATH」による地域連携パスの運用にも対応したシステム拡張が可能です。 これは将来的にはクラウド型電子カルテシステムや電子処方箋への活用が期待されるシステムです。 施設や職種を問わず、患者に関わるすべての医療者・介護者がフラットに情報を共有し、コミュニケーションを可能することで、顔の見える地域包括ケアをサポートしています。 Net4Uの仕組み 「Net4U」は、ASP(Application Service Provider)方式で運用されています。 すなわち、すべてのアプリケーションや患者情報などのデータは経済産業省のガイドラインに準拠したデータセンターで一括管理され、各医療機関はそこにアクセスしてシステムを利用します。 通信インフラはインターネットVPN(Virtual Private Network)を利用し、ブロードバンドの普及により ASPにおいても実用的な速度での運用が可能となっています。 診療情報の共有は、原則として登録した医療機関とその紹介先に限られており、それ以外の医療機関では、共有・閲覧することはできません。 メイン画面イメージ 「Net4U」のメイン画面は、従来の紙カルテを模したすっきりしたデザインとなっており、操作はメイン画面上に配置され たアイコンのクリックで直感的な操作が可能となっています。 各種画像でやPDFファイルを簡単な操作でカルテに貼付することができます。 特にPDFファイルは、情報提供書など、あらゆるドキュメントを扱うことができるため、工夫次第でさまざまな情報を共有可能できます。 在宅医療においては、かかりつけ医と訪問看護ステーション間の指示書や報告書・計画書の交換など、面倒な事務作業が必要ですが、「Net4U」では、それらの書類も簡単な操作で作成・送付でき、記録としてカルテに貼りつけることが可能となっています。 診療情報提供書 、訪問看護報告書などの着信は新着情報アラート機能が知らせてくれます。 また、患者サマリーには、既往歴、アレルギー歴などを含めた患者の概要を記載でき、カルテの上部に常に吹き出しとして表示されます。 ここを閲覧することで、 患者が急に搬送されても、容易に必要な情報を把握できます。

次の