ファイナンシャル プランナー 本。 ファイナンシャル・プランナーで独立・開業する法 (DO BOOKS)

ファイナンシャルプランナーの仕事内容・なり方・給料・資格など

ファイナンシャル プランナー 本

1.独学でFPは合格できる? 独学を考えるなら、押さえておくべきポイントが3つあります。 メリットとデメリットを見ながら検討しましょう。 ファイナンシャルプランナー資格試験に挑戦してみようと思うけど、「できるだけ時間や費用をかけず手軽に済ませたい」と思う方は少なくないでしょう。 そこで思いつくのが独学で受検勉強をする、という方法です。 独学には、仕事などが忙しく、勉強のためにスクールに通う時間がなくても自分のペースで進められる、費用を安く抑えられる、自分の好きなテキストを選んで勉強できる、といったメリットがあります。 では、独学でファイナンシャルプランナーは合格できるのでしょうか? 独学でもある程度の対応は可能ですが、 独学で勉強をする際には、注意しなければならない点もあるのです。 それは「教材選びの手間」「法改正」「受検資格」の3点です。 2.独学のデメリットとは? 独学のデメリットとしては、教材選びに手間がかかる、 法改正情報の収集に時間がかかる、受検資格の要件を満たすのが難しい。 ファイナンシャルプランナー資格試験の受検対策をする際には、最新の情報を反映した教材を選ぶことと、受検資格を満たすことが重要です。 独学で勉強をする場合には、自力でこれらのポイントに対応していかなければなりません。 「教材選びの手間」「法改正」「受検資格」、3点のポイントについて、詳しく解説しましょう。 教材選びの手間 独学の場合、自分で受検対策のためのテキストや参考書を選ぶことになります。 ファイナンシャルプランナー資格試験の対策には、学科試験対策用のテキスト、実技試験対策用のテキスト、過去問の解説集の3つは最低限でも揃えておきたいものです。 ただ、ファイナンシャルプランナー資格試験の対策用の書籍は、数多く販売されています。 対策の種類に合わせて、それぞれ自分に合った教材を選ぶのはかなり時間がかかるでしょう。 また、1冊の教材に含まれている内容やボリュームは、教材によって異なります。 受検対策として充分に対応できるものかどうかを吟味するのは、なかなか難しいことです。 自分に合わない教材を選んでしまうと、十分な対策ができないおそれもあります。 法改正 ファイナンシャルプランナー資格試験の問題は、税法などの改正に合わせて作成されます。 法改正が行われた分野はその直後の試験で出題されやすい、という傾向もありますので、法改正の内容を正しく理解しているかどうかは、合否を左右するポイントの1つになります。 ところが、過去に販売された過去問題の解答と、現在の法律に基づいて正解となるべき解答とが異なることも珍しくありません。 独学で勉強をする場合は、最新の法改正情報を自分で集めなくてはならないため、その時間と手間が必要になります。 一方で、 通信教育やスクールでは、最新の情報を反映した講座作りに取り組んだり、法改正情報を都度お知らせしたりしているところも多く、法改正の情報を漏れなく得ることができるでしょう。 ファイナンシャルプランナー資格試験を初めて受検するときに、2級FP技能士の取得を目指すなら、実務経験か認定講座の修了が満たされていなければ受検することができません。 つまり、実務経験がない方が独学で勉強すると、試験を受けられなくなってしまう場合もあるので注意が必要です。 一方で、 通信教育やスクールの受検対策講座には、実務経験や保有資格がなくても受検資格の要件を満たす認定講座が多くあります。 認定講座を修了すれば、受検資格を満たせます。 3.FP2級試験の勉強方法は? 独学よりも「教材選び」「法改正」「受検資格」の3つのポイントを 気にせず学習に集中できる、通信講座の受講がおすすめです。 このように、ファイナンシャルプランナー資格試験の受検対策は、独学でもある程度の対応は可能です。 ただし、注意すべき点が多いのも事実です。 初めてファイナンシャルプランナー資格試験に挑戦する方や、効率的に勉強したい方、より手堅く合格を目指したい方は、 独学よりも「教材選び」「法改正」「受検資格」の3つのポイントを気にせず学習に集中できる「講座の受講」を通じて勉強をするのがよいでしょう。 まとめ こちらの記事では、ファイナンシャルプランナーは独学で合格できるかどうかを解説しました。 独学には「教材選び」「法改正」「受検資格」の3つのデメリットがあり、気にせず学習に集中したいなら、通信講座の受講がおすすめです。 の特長は分かりやすいテキスト。 法改正情報も随時お届けするので初学者の方でも安心です。 また、修了すれば「2級FP技能検定」の受検資格が得られます! 是非、チャレンジしてみてください。

次の

ファイナンシャルプランナーは独学でも合格できる?独学を考えるときに押さえておくべき3つのポイント|コラム|ファイナンシャルプランナー(FP)|資格取得なら生涯学習のユーキャン

ファイナンシャル プランナー 本

あなたは「お金に関すること」に自信をもって答えられますか? 自分で老後の資金を貯めたり、教育費や住宅ローンに不安を感じたりと、世の中、お金に関する不安もたくさんありますよね。 たくさんの不安の中、どうやって知識をつけていくか迷う方もいらっしゃると思います。 そんなあなたにおすすめなのが「ファイナンシャルプランナー」の資格です。 お金に関する資格なので難しいと思われる方もいますが、実は 3級の合格率は7割以上、2級の合格率は4〜5割以上と、他の資格に比べて、合格率が高いのが特徴です。 しかも、実生活にも役に立つ内容なのでので、資格初心者には特におすすめ。 この記事では、お金の専門家である資格「ファイナンシャルプランナー」について、2級試験まで一発合格した経験をもとに、資格の概要、勉強方法を解説します。 「お金についてもっと勉強したい!」という方のお役に立てると嬉しいです。 ファイナンシャルプランナー試験のメリット• 無駄に貯金・節約しすぎなくなった• 勧められるままに保険に加入しなくなった• 資産運用に積極的になった FP技能士、AFP、CFPの違い ファイナンシャルプランナーの試験には、国家検定である「ファイナンシャル・プランニング技能検定」と、日本FP協会が認定する「AFP・CFP」資格があります。 試験に合格するだけなら「FP技能士」となり、その後、認定研修を受けて登録をすると、AFPと名乗ることができるようになっています。 ファイナンシャル・プランニング技能検定は、3級のみ「きんざい」が実施、2級以上の試験については「日本FP協会」「きんざい」の2種類があります。 どちらも難易度はそれほど変わらないようですが、 試験慣れしている方は「きんざい」 身近な生活に結びつけて勉強したい方は「日本FP協会」にすると勉強しやすいと思います。 私は試験慣れしていますが、実生活にも活かした勉強をしたかったので、2級試験は日本FP協会の試験を受けました。 試験は年に3回、「5月」「9月」「1月」に実施されます。 お金に関することは、法律の改正が結構あるので、テキストや問題集の購入時期には注意してくださいね。 だいたい4月の法律改正後、6〜7月頃にテキストが販売されます。 改正ポイントは試験に出てくることも多いです。 2級まで取得するとメリットも大きい! ファイナンシャルプランナーの資格について、3級で取得をやめてしまう方も結構います。 個人的には2級まで取得して、AFP登録することをおすすめします! AFP登録をするメリット• 認定者だけができる仕事もあり、仕事の幅が広がる• せっかく時間をかけて勉強するので、どうせなら仕事にも活かしていきたいですよね。 資格取得に向けてどうやって勉強する? 私自身、3級は産休前、2級は育休中に取得しました。 育児や仕事の合間で勉強して、合格することができました。 合格のポイントは 過去問をしっかり・何度も解くことです。 ファイナンシャルプランナー試験に限らず、過去問ととても似た問題が出題されることはとても多いからです。 何度も解き方を学んで、一発合格を目指しましょう! 試験に向けた勉強は、大きく「独学で勉強する」「通信講座で勉強する」の2つがあります。 (教室に通う方法もありますが、上記2つのどちらかで十分だと思います。 ) 独学で勉強する:2級までの取得で良い場合は安上がり 1つ目は、独学で勉強する方法です。 自分の好きなテキストを自由に選べることができ、低コストで勉強ができるのが魅力ですよね。 独学で学ぶメリット・デメリットをまとめてみました。 通信講座のデメリット• 独学に比べると費用がかかる• 課題を出さないと認定資格をもらえない 私は家庭の事情で、通信教育を受けてから実際に受験をするまでに7年ほど空きました。 ブランクがありすぎて不安だったので3級から受験しましたが、通信講座で取得した認定証は、期限の制約なく利用することができました。 いつ受けるか分からないけど合格したらすぐ資格登録したい…という方は、まずは通信講座を受けてみるというのも良いと思います。 結婚後に2級試験を受けたのでAFP認定証と名字が違っていたけど、無効にならずにすみました! 私が利用したのは イラストが多くて分かりやすいですし、実際の試験に近い形の課題が出るので、短時間で効率的に勉強できます。 スマホでもテキストが読めるので、通勤時間も楽に勉強可能です! 試験に合格した後は? 日本では、お金に関することを学ぶ機会も少なく、投資に消極的な方や、お金の上手な使い方が分からない方もまだまだたくさんいらっしゃいます。 ぜひファイナンシャルプランナーの試験に合格し、お金の専門家として、活躍してほしいなと思います。

次の

独学合格

ファイナンシャル プランナー 本

勉強の手順【独学】 ファイナンシャルプランナー(FP)2級・3級の試験に合格するためには、重要論点を正確に暗記し、重要問題を解く必要があります。 そして、暗記した重要論点を忘れないために復習する必要があります。 1日の勉強手順は、以下のとおりです。 どうしても新論点の勉強を重視しがちですが、前日までの復習を必ず怠らないでください。 前日までの復習をする 新論点(例えば、労災保険)の勉強を始める前に、前日までに勉強した論点(例えば、雇用保険や健康保険)を復習してください。 勉強が進めば進むほど、前日までの復習が大変になりますが、復習を怠らないでください。 新論点のテキストを読む 必ず、1単元ごと読んでください。 2単元(例えば、国民年金と雇用保険など)以上を一度に読まないでください。 上記新論点の重要部分を暗記する• 上記新論点に対応する問題を解く• 新論点の復習をする 新論点の復習は、30分に1回してください。 それを4セット繰り返してください。 テキストを読む どの試験でも同じですが、まずは、テキストからスタートです。 テキストを読むにあたっては、 単元(例えば、建築基準法、例えば、国民年金、例えば、雇用保険など)ごとに読み進めてください。 テキストは、数回にわたって読む必要があります。 解説を読んでも、なぜ間違えたのか!の理由を把握することができないときには、再度、テキストを読み直しましょう。 重要論点の暗記 暗記すべき重要論点を暗記していない限り、ファイナンシャルプランナー(FP)試験に合格することができません。 ファイナンシャルプランナー(FP)試験に不合格になった人のうち、「勉強したのに!不合格になってしまった」人の多くは、暗記すべき重要論点を暗記していません。 ここからが重要なのですが… 皆さんは、何を暗記していますか? テキストの赤字や太字部分ですか?それとも、テキストの全部ですか? ここが、独学のデメリットとなります。 学校の場合、講師が説明する箇所を重要論点と認識することができ、その論点を中心に暗記することができます。 これに対し、独学の場合、自分で、市販のテキストや問題集の中から、重要論点を探し出す必要があります。 そこで、当サイトでは、「 ここを暗記してください。 」という教材、暗記復習まとめ集を販売しています。 重要問題を解く 本試験では、皆さんが暗記した重要論点そのままの文言で出題される可能性が低いです。 少し、言い方を換えて、時には、具体例形式で出題されています。 このような本試験問題に対応するためには、 暗記した重要論点を使いこなす必要があります。 使いこなすためには、 色々な問題を1問でも多く解き、問題に慣れなければなりません。 1問でも多くの問題に慣れるためには、解答・解説を覚えてしまうくらい、繰り返し問題を解く必要があります。 当サイトの教材購入者専用ページ内に掲載している問題さえ解いて頂ければ、重要問題を解いた!ということになります。 復習 重要論点を正確に暗記し、重要問題を解く、つまり、当サイトの暗記復習まとめ集を正確に暗記し、教材購入者専用ページ内にあります問題を徹底的に解いて頂ければ、合格するための力が身につきます。 しかし、 知識が定着するまで復習を継続しないと、暗記したはずの重要論点を忘れてしまいます。 当然、忘れてしまうと、本試験で正解を導き出すことができず、不合格になります。 だからこそ、 知識が定着するまで復習を継続してください。 復習の方法については、「テキストを読み直す。 」「問題を解き直す。 」など様々な方法がありますが、復習すべき箇所を復習しきれない可能性があります。 そこで、当サイトでは、暗記復習まとめ集を使って復習することをオススメします。 暗記復習まとめ集は、穴埋め形式となっていますので、「知識が定着しているか否か」を正確に把握することができます。 スケジュール管理 独学で勉強するメリットは、自分のペースで勉強することができることです。 その反面、自分に甘えがでる可能性が高くなります。 そこで、是非、本試験日をゴール地点としたスケジュールを立ててください。 そして、自分の立てたスケジュールに従って勉強を進めていきましょう。 スケジュール1~1分野終了日 試験範囲は、2級・3級ともに、以下の6分野を勉強する必要があります。 まずは、 1分野の勉強終了日を決めてください。 例えば、3ヵ月で合格を目指すのなら、2週間で1分野を終わらせる必要があります。 なお、最低でも、本試験1週間前には、全分野を勉強し終えてください。 なぜなら、残りの1週間で、全分野の復習をする必要があるからです。 人により、得意・苦手が異なりますが、ライフプランニングと資金計画が一番ボリュームがあると思います。 残りの5分野は、同じくらいのボリュームです。 ライフプランニングと資金計画 社会保険、公的年金等を勉強していきます。 リスク管理 生命保険商品、損害保険商品等を勉強していきます。 金融資産運用 株式、債券等を勉強していきます。 タックスプランニング 所得税法、消費税法等を勉強していきます。 不動産 建築基準法、宅地建物取引業法等を勉強していきます。 相続・事業承継 相続税法、相続(民法)等を勉強していきます。 スケジュール2~1日の勉強 1分野の勉強終了日を決めた後は、1日にどれくらい進めば、その計画を達成することができるのかを分析してください。 つまり、 1日あたりの勉強計画を立ててください。 1日あたりの計画を決める場合、必ず、「前日までの復習をする時間」を設けてください。 先程も言いましたが、復習を怠ってしまうと、暗記したはずの重要論点を忘れてしまいます。 独学サポート 独学で勉強していると、全てを1人で解決する必要がありますので、挫折する可能性が高くなります。 勉強を進めていくと、必ずと言っていいほど、解けない問題や理解できない論点が出てきます。 解けない問題や理解できない論点を1人で解決することができれば良いのですが、解決することができなければ、勉強すること自体が嫌になり、最悪、合格することを諦めてしまう可能性があります。 そこで、 当サイトでは、当サイトの教材をご購入頂いた方に限り、質問をお受けしています。 分からない問題などが出てきたときには、是非、質問をご利用ください。 また、勉強方法(勉強に行き詰まったなど)等についても質問をお受けしています。 当サイトは、全力で、独学合格を目指す皆さんをサポートしていきます。 ファイナンシャルプランナー(FP)試験の難易度 3級難易度 3級ファイナンシャルプランナー(FP)の試験を分析する限り、3級ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は、 試験範囲も広くなく、かつ、基礎的な部分だけを押さえて頂ければ合格することができます。 別の言い方をすれば、「理解していますか?」という問題ではなく、「暗記していますか?」という問題が主に出題されます。 試験範囲も広くなく、「暗記していますか?」という問題が主に出題されているので、多くの人が正解を導き出すことができ、その結果、他の国家試験と比べても、合格率が高くなっています。 以上をもとに、3級ファイナンシャルプランナー(FP)試験は、独学で合格することができない難しい試験ではありません。 この観点では、2級の試験も、3級の問題と同様、難しくありません。 )ことになります。 この2つの観点により、2級の試験は、3級の試験よりも難しくなっています。 「試験範囲が広くなる」ということは、「暗記する量と問題を解く量が増える」ことですので、3級の試験よりも多くの勉強時間を確保する必要があります。 「出題形式が異なる」ということは、運で正解する確率が低くなります。 3級の試験と比べますと、確かに、試験範囲は広くなりますが、「暗記していますか?」という問題が主に出題されていますので、3級ほどではないのですが、正解を導き出しやすく、その結果、3級ほど合格率が高くないのですが、他の国家試験と比べると、合格率が高くなっています。 以上をもとに、2級ファイナンシャルプランナー(FP)試験は、3級の試験よりも多く勉強する必要がありますが、独学で合格することができない難しい試験ではありません。 独学合格に必要な勉強時間 2級・3級ファイナンシャルプランナー(FP)試験に独学合格するためには、何時間勉強する必要があるのか?という質問を、よくお受けします。 何時間勉強する必要があるのか?について解説していきます。 なお、個人差がありますので、参考程度に捉えてください。 3級勉強時間 3級ファイナンシャルプランナー(FP)試験については、1日当たり2時間位、勉強期間3ヵ月位、 総勉強時間は180時間~200時間です。 仕事をしながら勉強している人は、勉強時間を確保することが難しいと思います。 しかし、必ずしも、勉強は、机の前でする必要はありませんので、通勤の電車の中など隙間時間を有効に使ってください。 2級勉強時間 2級ファイナンシャルプランナー(FP)試験については、1日当たり2時間位、勉強期間5ヵ月位、 総勉強時間は300時間~350時間です。 3級と比較しますと、多くの勉強時間を確保する必要があります。 仕事をしながら勉強している人は、勉強時間を確保することが難しいと思います。 しかし、必ずしも、勉強は、机の前でする必要はありませんので、通勤の電車の中など隙間時間を有効に使ってください。 ~教材購入者の皆様へ~ 【INPUT】 テキストを覚えるのではなく、 暗記復習まとめ集に掲載している論点を覚えてください。 暗記復習まとめ集に掲載している論点の意味合いを知るために、 テキスト完成版と暗記復習まとめ集ポイント解説で使ってください。 【OUTPUT】 暗記復習まとめ集を覚え、テキスト完成版と暗記復習まとめ集を使って意味合いを知って頂ければ、 押さえるべき重要な過去問及び改正論点を押さえていることになります。 ですので、本来であれば、過去問を含め、問題を解く必要はありません。 しかし、実技試験の一部の問題など、独特な問題に対応するために、 一問一答問題などを使って問題を解いてください。 【その他】• 併用している方は、市販のテキスト等を中心にするのではなく、 暗記復習まとめ集を中心に学習してください。 (市販のテキスト等で掲載していない部分も重要です!)• 毎日、暗記復習まとめ集を使って 復習を継続してください。 復習を怠りますと、忘れていきます。 理解の深入りは禁物です。 テキスト完成版と暗記復習まとめ集に掲載していない部分は、理解する必要はありません。

次の