ミカド ブロマガ。 [B!] ※無料記事【ミカド店長イケダミノロックの業務日誌】エンターテイメントやサービス業で働く人たち:ゲーセンミカドのブロマガ:ゲーセンミカド(ミカドブロマガ編集班)

高田馬場ミカド GUILTY GEAR Xrd REV2 Ver.2.10 金曜 対戦会野試合配信

ミカド ブロマガ

元々は・に店舗を構 えていたが、老朽化などにより2 年中旬にへ移 転。 同日からープン、同年に正式を迎えた。 旧店舗であるは「 まではある」とのこと。 概要 高田馬場 稼働タイトル• イベント 募集中。 スタッフ• 経歴 新宿時代 時代は「 の雑居ビルをまるごと借 り上げてにしている」という、 何とも快なであ った。 稼働としては、ダライア ス、、 、、 など の歴代の縦・横、ヴァ ンア・ 、チ ャなどの格闘ゲ ームをとした、屈 の名物である。 特筆すべきなのは、その さと・の高さである。 豊富な基在庫と「近隣」 という条件を活かし、 の大会や交 流戦を開いたり、しいイ トを積極的に行っていた。 さらには個人でも、から したいを予約して おけば、 そのを入れておいてくれ るなど、その内容は群を 抜いていた。 高田馬場移転後 上記の施設の老朽化を理由に、プラザへ店舗移転。 時代はあまりに を入れていなかっただが、 新店舗移転に合わせ、• 元「 」• 解説「 」• 、でも有 名「 」• きみをの 「さん」 等々、界で有名なを 集め、様々な大会・ を開催している。 また、移転先となったプラザは、 ・「から1分+建 て (1階2階合わせて約坪! )」という立地条件 ・食事処が非常に多く、も豊富 ということで、大会などのイ ト日はもちろん、的に通いやすいとなっている。 さらに移転前は敷地、の問 題でだった大きな大会・イ トが行いやすくなっている。 特に建物老朽化による電・電圧不足 で稼動がだった、 「ハー」とか「怒」 とか「3枚基の 」とか「ベーダー」とか「パ ッン」など、やたら電を食 うも稼働させている。 高田馬場への移転経緯• ビル老朽化• 賃料高騰• (を行うための)敷地不 足 とのこと。 世知…。 池袋の新店舗 、したランブルプラザを引き継ぐ形で、の新店舗を準であることが発表された。 出来事・事件 2013年 AC北斗の拳大武闘会が開催! 、開催。 人をえるエントリー人数という事態に、 2009年 「ミカドの母」炎上事変 ことのはじまり 、 のにて「 の」なる人物が、 「が悪いは撤去す るよ。 具体的にはとかと か。 や増台等で優遇され ているには優遇されている なりの理由がある。 人口が少ない のはその辺を考 えて自分が何をすべきか考えてね。 こっちは慈善事業じゃないから 」 という趣旨の記事を非常に高圧的な 文体でし( は)、「がで書くにはあまりにも不面 な態度に不満を持ったか らにて注意を受ける」とい う事件が起きた。 これに対し、「」はその態 度を崩す事なく、 「自分は 担当なので苦情は別のに言う ように」と逃れとも取れるコ メントを返した。 さらにそのに対して更なるを行った人物に、 当時の同じくであった (ZEN)か ら、 「そういう人はには来ないほい」との挑発的なが付けられた。 の設立に深く関わっ ていた第三者である「罰」氏によ る苦言があったにも関わらず、 この発言により、 の は大する事となった。 展開、そして再点火 この発言後、「罰」氏は等 に幾度か降臨し、 本件に対する不 満、日に行われるオ ープンには出ない旨 をった。 (実際には午後の にのみ出演) そして当日の。 に 謝罪文が掲載され、これで事態は の収束を迎えた……と思 われたが、 同日午後、に て、• 「」などの数 名+その取り巻き による、 底的な「 罰」氏が行われていた事が明 らかとなる。 これにより、 事態は収束どころか、更に悪化する。 この一件以降、新装開店となったにも関わらず、はに見え て客足が減り、 でも納得の出来ない住民達による関 係者がされる事となった。 結末 この件については同20日 にによる正式な謝 罪が行われ、 また渦物であった「罰」氏には、 当人達から直接な謝罪が行われた。 (ただしで「ちぬ」が明かしたところによると、 本件については「(ちぬ達は) 悪くないよ」との見解とのこと。 として、問題を起こしたヘのフォローとも言えるが…) 当時の住人達には当の本人たちからの謝罪・反省・制裁をめるは強くあったものの、 歳が経つにつれて薄まっていった。 とはいえ、未だに根の深いではある。 しかし、この事件の後に「ちぬ」「」の2名はされた、との話もあり、 制裁はきちんと行われたとも言える。 何にせよ、この一件で同店舗には店 員の質に関する疑問の、を問うが多く寄せられた。 また、こうしたことは 「」という場所におけるのあり方に繋がる問題でもある。 :現はも含めてほぼ入れ替わっています() 生放送・コミュニティ にの大会などがされている模様。 大会時は氏等のも聴くことができ、で観戦している気分が味わえる。 はにや、等のが多いようだ。 特筆事項• しかも当時販売された専用(2画面設定)がある のはここだけ。 自体はと同じく、S tでの配信を行 っている。 関連項目•

次の

池田稔 (実業家)

ミカド ブロマガ

( 2019年9月) 店舗概要 所在地 東京都新宿区歌舞伎町1-28-1 開業日 (平成18年) 閉業日 2009年(平成21年) 営業期間:3年2ヶ月2週3日間 建物名称 ミカドビル 1F-4F 前身 後身 前店 YouTube チャンネル 目次• 概要 [ ] 運営は株式会社INH。 の収集を趣味とする経営者兼店長・の理念および財政上の理由から、・の旧作が数多く稼働していることが特徴。 のゲームセンターにとり厳しい状況の続くなか 、多彩なタイトルを揃え、ゲーム大会や実演を連日開催することで顧客の獲得と定着に努めている。 軽妙なで演出されるユニークな各種大会 や幅広い層による、(「~勢」と表現される)に焦点したトークイベントなどを積極的にしての関心を集めるとともに、2015年前後からテレビ・雑誌などへも頻繁に露出し知名度を高めている。 常連が国際的な大会で優勝したことなどをきっかけに「伝説のゲームセンター」として海外でも知られており、多くの外国人ゲーマーが観光や対戦に訪れ、各国メディアにも取材されている。 ハイスコア申請を受け付けており、常連プレイヤーにはの記録を保持・更新しているも多い。 発足後は同協会にスコアを登録している。 適切な周期の、用の電源スイッチ、画面録画装置など攻略に配慮した設備も整えている。 店頭にて 等のミカドオリジナルグッズを販売している。 また委託により、CD・書籍・Tシャツ等物の、新作ゲームやゲーム関連イベント等の頒布を行っている。 施設運営業務のほか、写真・映像のやイベント用途へのフロア貸し 、テレビ番組や各種イベントへの機材提供・プレイ映像提供・出張実況なども請け負っている。 は代表・藤野俊昭の筆。 店員Tシャツは自主制作ブランド・ママチョップ製。 「ミカドちゃん」は漫画家・画。 店舗 [ ] 高田馬場ゲーセンミカド [ ] で営業している1号店。 正式名称「 高田馬場ゲーセンミカド IN オアシスプラザ」。 店長は池田稔。 2009年プレオープン 、同年グランドオープン。 オアシスプラザビルは沿線、駅から徒歩2分ほどの通りに面した優良物件だが、敷金・保証金等の免除と引き換えに利益を分配する共同経営をビルオーナーに提案し、低資金での入居を果たした。 地上1階~2階の2フロア施設で、・・・などの特殊筐体は1階に、は2階に配置されている。 その他ジャンルのビデオゲームは両フロアに配置されており、階段のにもなどの小型筐体が少数置かれている。 2階 格闘ゲームコーナー 池袋ゲーセンミカド [ ] 東京都で営業している2号店。 正式名称「 池袋ゲーセンミカド IN ランブルプラザ」。 店長は。 2018年プレオープン、グランドオープン。 ビルオーナーはオアシスプラザビルと同じ。 地下1階~地上2階の3フロア施設。 前身「池袋ランブルプラザ」(有限会社TCC)から営業を引き継いだであり、そのためやの新作ゲームが比較的充実している。 旧店舗 [ ] 新宿ゲーセンミカド [ ] オープン。 東京都新宿区のゲームセンター「ハイテクランド ミカド」を買い取って経営を始めたが 、約1年半後に施設都合で退去を求められ、移転先を探して高田馬場に至った。 高田馬場店開業後もしばらく営業を続け、2009年を最後に閉業した。 ネット配信 [ ] 実況配信ブース 大会・実演等イベントの様子は原則として・・・等でされ、その録画がYouTubeチャンネルに公開される(参照)。 実況はプレイヤー本人ではなく、店内に設けられた配信ブースから店長・店員ないしはイベント運営者が務めるのが通常である。 対象ゲームに詳しい常連プレイヤーが役に加わることがある。 大会配信においては最後に勝利者が行われるが、顔出しの可否は当人に委ねられる。 実演配信ではプレイヤー自らを装着し攻略法などを解説することがある。 トーク配信の幕間などにしばしば流れるオリジナル曲はゲーム・ 作「高田馬場ゲーセンミカドのうた」。 2018年8月、にて有料チャンネルを開設。 Youtubeチャンネル配信とは異なる方針として、毎週の定期有料生放送や、有料トークライブの中継、裏話など、付加価値の高い動画・生放送やを配信している。 主なイベント [ ] を避けるため、ここではミカドの特色を示すであろう代表的・特徴的・定着しているイベントのみを挙げる。 ルールは調整・変更されることもあるため、大まかな記述に留める。 大会・対戦会 [ ]• ミカド天下一武道会 - 『』の大会。 年1回開催、リーグ戦。 世界大会 - 年1回開催、トーナメント戦。 バーチャファイター3tb NonN ミカド杯 - 年1回開催、N人チームによる団体トーナメント戦。 世界大会 - 年1回開催、トーナメント戦。 世界大会 - 年1回開催、トーナメント戦。 侍大戦 - 『』シリーズ・アーケード版全タイトルを集めた大会。 天才KANAの元気が出るKOF - 『』シリーズ数種目で競われる大会。 大会名は『』に由来。 俗に「クソムーブ」と呼ばれる・類をあえて駆使する趣旨から当初「クソKOF大会」と称していたが、版権元の意見を受け改称した。 ストリートファイターカーニバル(SFC) - 数週間にわたる日程に定められたさまざまなジャンルのゲーム大会に参加・勝利してポイントを獲得していき、合計ポイント数を競うプレイヤー大会。 夏季/冬季超人五輪 - 3日間ほどの日程で開催。 一日中に複数種目が実施される。 各種目の勝者が次季の種目(ゲームタイトル)を指定できるリクエスト大会。 大会名は「」に由来。 イカれ格闘ゲーム大会/ニッチ格ゲー三昧 - マイナータイトルばかりを用いたゲーム大会。 犬のおまわりさん杯(犬ポリ杯) - 閑散期である1月平日に催される月間大会。 各種格闘ゲームの試合を行い、その勝利数を競う。 大会名は優勝賞品の授与をの指導で取り下げられたことに由来。 元名称は「激辛争奪杯」。 生誕祭 - 『ときメモ』各の誕生日を記念し、シリーズタイトル『』または『』で競われる大会。 開催日によってはSFCなどに組み込まれる。 100人組手 - 誕生日などを記念し、常連プレイヤーひとりを相手に次々と乱入対戦する。 往年の『』鉄人・池袋サラの生誕50周年イベント がきっかけ。 各ゲーム月例大会・対戦会・交流会 - 定期的に催されている。 初中級者大会 - 優勝者は初中級者卒業とみなされ、同大会への参加資格を失う。 無料対戦会 - 筐体タイムレンタル(定額の時限貸し制度)を利用して有志が主催。 参加者は無料で対象タイトルをプレイできる。 過去の主な大会 [ ]• 第二次世界大会 - 常連プレイヤーの基板持ち込み企画から浸透した『エアガイツ』による大会。 ミカドお台場大決戦 ~斬サム vs 餓狼SP~ - 『』と『餓狼伝説スペシャル』の合同大会。 双方の王者を決するとともに、見応えのあった方への投票を募った。 特殊な大会・特別ルール [ ]• おやじ大会 - 負け上がり、つまりゲームに負けた方のプレイヤーが次戦に進むトーナメント大会。 原則として中年以上のみ参加可。 1秒大会 - 対戦時間を1秒に設定し、開幕の行動で勝敗を決する格闘ゲーム大会。 夏フェス ソニックサマー - 炎天下、屋外の店先に設置した筐体で対戦する。 真冬に「寒中大会」も行われた。 ストリートファイターじゃんけん - 勝ち抜き大会。 ストリートファイターわたあめ - 店内の機で作った綿菓子の美しさを審査する。 甲乙つけがたい場合は味で判定する。 ストリートファイター17アイス - の早食いトーナメント大会。 アイスを食べ終えた者から操作を開始できるゲーム大会や利き烏龍茶大会も派生した。 ストリートファイターのど自慢 - 課題曲によるカラオケ大会。 持ち歌OK・有料チケット制となるなど次第に本格化し、上位入賞者は生バンドを伴って自慢の喉を披露した。 ストリートファイターサッカー - 『』シリーズにおいて、先にを出された方、またはファウル回数+ゴール得点の多い方を勝者とする。 課金 - 各種大会において、を崩すほど著しく強いキャラクターの乱用を避けるため、それを選ぶプレイヤーに余分に参加費を支払わせる制度。 基本はすべてのキャラクターが任意選択不可(ランダム)で、課金により初めて選択できる「指名料」制度もある。 実演 [ ]• 初心者講習会 - 初心者を対象とする基礎的な解説・攻略実演。 春/秋のシューティングまつり - シューティングゲームを毎平日実演する、春と秋の月間企画。 ハイスコアラーによるスーパープレイだけでなく、中級者によるユニークな攻略、初心者による泥臭いプレイもあえて実演される。 ワンコイン(ノーコンティニュー)クリアできなかった場合、「補習」と称して後日再挑戦が行われる場合がある。 企画名は「」に由来。 アクションゲーム(攻略)配信 - 各種アクションゲームの実演。 定期的な枠はなく、ときどき実施される。 配信 - 高難度ゲームを参加自由・コンティニュー無制限で、つまり金に飽かせて強引にクリアする。 発表会 - 店内コミュニティ各部の成果発表会。 『』シリーズを攻略するグラディウス部、初心者が低難度シューティングゲームクリアを目指すヌルシュー部など。 2014年大晦日のカウントダウンイベント以降、年明け恒例行事となっている。 宣伝配信 - 実演や関係者のトークによる、新作ゲームやライブ等の宣伝・告知。 過去の主な実演シリーズ [ ]• 簡単といわれるシューティングは本当に簡単なのか? - 店内企画「簡単そうなシューティング祭」連係実演。 主に池田によるシューティングゲーム攻略。 全8回。 穴落ち克服攻略配信 - 主に池田によるアクションゲーム攻略。 全9回。 定番シューティング攻略配信 - 主に池田によるシューティングゲーム攻略。 全9回+番外編。 トークライブ [ ]• ミカド事件簿・ミカド大賞 - ミカドにまつわる出来事、活躍したプレイヤー 、タイトル毎のインカム(売り上げ)をランキング形式で発表するトークライブ。 池田のほか、として、/として『』元編集長・ルパン小島、eスポーツキャスター・、店員・AKIRAらが出演。 大塚ギチの逝去に伴い一旦封印となり、後述の週刊ミカド事件簿へ受け継がれていく。 激刊ミカド学園 - 毎回ひとつのゲームをテーマに、池田と愛好プレイヤーたちがその魅力や動向を語り合う座談会シリーズ。 イケダミノロックのそんなカンジでおネガいします(仮) - ビデオゲーム・「16SHOTS」を借りて配信する、池田とゆかりの人々との対談シリーズ。 無料配信(Youtube) [ ]• 不定期配信 ミカド放送局 - 池田ら店員が営業終了後の店内で酒を呑みながら、フリートークや小芝居を交えた景品情報紹介などを行う。 おはようミカド放送局 - 池田がミカドに出勤してきた時に限り、大会やプレイ配信の開催予定等を中心にトークを行う。 「おはよう」と冠しているが放送時間は午前中に限らず不定。 夜間に配信する場合は「 こんばんはミカド放送局」になる。 有料配信(Youtube) [ ] Youtubeゲーセンミカドチャンネルのメンバーシップ に加入すると視聴できる有料配信。 裏ミカド放送局 - おはようミカド放送局の放送後にメンバーシップ限定で配信される。 週刊ミカド事件簿の体裁に近いが、出演者はミカド店員のみ、外部のゲストなしで行う。 表には出せない話題を中心にトークする。 有料配信(ニコニコ動画) [ ] のゲーセンミカドチャンネル で配信される。 トーク番組が中心。 視聴にはチャンネルの有料会員への加入が必要だが、一度加入すれば全ての番組が視聴可能。 週刊ミカド事件簿 - 上記ミカド事件簿の内容を継承した番組。 「裏ミカド放送局」全一回を配信後翌週より「週刊ミカド事件簿」と改題してレギュラー化。 内容的にはミカド放送局に近いが、有料配信ならではの表に出しにくい話題も交えつつトークを展開。 メインMC:池田、メインゲスト:ルパン小島(第30回まで出演)。 その他ゲストとして株式会社タノシマスの木村浩之社長ほかが出演。 メンバーが持ち込んだ楽器で即興で演奏する事もある。 テメェらガチでヤれんのか!? - 池田とミカドガロスペ勢のGON、佐藤豪バンド所属のアンドーの3人が、YouTubeで配信されている格闘試合の動画を見ながら解説トークを行う。 視聴者は指定された動画をブラウザ別窓で視聴しながら、3人の解説をオーディオコメンタリー的に聴取するスタイルをとる。 またGONによる「無理なく毎日続けられるフィットネス」も紹介する。 イケダミノロックのそんなカンジでおネガイしますREBORN!!! - 上記「イケダミノロックのそんなカンジでおネガいします(仮)」の内容を継承した番組。 収録はミカドの事務所で行う。 アラキイズム - ミカドのマネージャー・TAIJIが自らの愛をゲストと共に語り尽くす。 JAPAN-ROCK ミカド現象 - 同じくTAIJIがゲストと共に80年代後半~90年代のバンドブームの渦中にあったバンド、アーティスト、名盤を紹介して語り尽くす。 よし川事件簿 - ミカド池袋店事務所の定点カメラを営業開始の午前10時から24時間回しっぱなしにして、事務所内で働く、或いは休憩している従業員の様子を見られる番組。 基本的にマイクはOFFで会話は聴けないが、まれにマイクを入れてスタッフがトークする事もある。 第32回より内容はそのまま、タイトルを「 ミカド観察バラエティ『ランブルウォッチング』」に変更。 特別企画 [ ]• ミカド大感謝祭 - プレイ料金の代わりに定額の参加費を支払う、半フリープレイイベント。 噎せるほど~ - 特定ジャンルや同一メーカーに属するタイトルを一斉に稼働させる店内企画。 初心者講習会やスーパープレイ実演が併催されることもある。 ミカドプロレス - ミカド常連のプロレスラー・太仁田ブ厚選手を中心とする自主興行。 実況やレフェリーを池田や郡正夫が務める。 初回は高田馬場店内特設リング、第2回以降は騒音に配慮し体育館にて開催。 休業日配信 - 発生によるを元に東京都から発せられた営業自粛要請を受けミカド全店も2020年4月8日より休業となったが、同日より東京都の休業要請の緩和ステップ3に移行する前日の6月11日まで、休業中の店内から店員や有志によるゲームプレイを毎日生配信し、による支援を募った。 休業中の為クレジットは硬貨ではなくサービススイッチで投入する。 家庭用ゲーム機によるプレイ配信も行なわれた。 また、池田・山岸・高田馬場のAKIRAがそれぞれ8時間ずつ配信枠を担当し計24時間連続でプレイ配信を行う 「24時間生配信『金はミカドを救う』」も2度実施された。 チャリティー [ ]• チャリティーおやじ大会 - 『』『餓狼伝説スペシャル』によるおやじ大会。 の特別ルール。 参加費は入院中の常連プレイヤーに寄付された。 チャリティ勢 vs VSグラディウス - チャリティー筐体を設置する店内企画「熊本地震支援チャリティー」連係イベント。 ミスまたは1周クリアごとにプレイヤーを交代する方式で版グラディウス1000万点を目指す。 インカムは被災地に寄付された。 ゆかりのある事物・人物 [ ] 大山のぶ代寄贈のアルカノイド筐体。 筐体・基板などの機材やプレイ動画を提供。 ときおり出演する助っ人「高田馬場のアキラさん」ことAKIRAは実況も多く務めるミカド常連プレイヤー (2018年10月より池袋店勤務 )。 同じく「八丁さん」こと八丁堀は元ミカド技術スタッフ であった。 さまざまな来店客の人間模様を取材し、2018年「伝説のゲーセン 大人たちの闘い」と題して放送。 同年年末スペシャルにて「もう一度見たい1本」視聴者投票1位を獲得した。 テレビアニメ版に実在ゲームのプレイ映像が提供され、店員や常連プレイヤーたちによるシナリオ通りの状況が再現された。 なお、押切は自らもイベントを主催するミカド常連プレイヤーである。 2017年に、2018年ににてそれぞれ催された際に出張し、ゲーム大会を実施。 ミカドで稼働している『』筐体は大山からの寄贈品で、当人がかつて愛用していたもの。 ディライトワークス 『』などを開発・運営するゲームソフトメーカー。 2019年、自社々員の創作意欲への刺激用および社外交流の一助用としてミカドの協力のもと、本社の一画にアーケードゲームをプレイ出来る「ゲームセンター」的なスペースを作った。 池田稔と旧知の間柄である人物が在籍しており、スガイディノス札幌中央のレトロアーケードゲームのラインナップは豊富であった。 スガイディノス札幌中央閉店前日の2019年6月1日にコラボイベントを実施。 に所属していたゲームクリエイターの、藤岡裕吾が独立創業したゲームメーカー。 池田はミカド配信等を通じて同社スマホゲームアプリ「」の販促に協力。 その後業務用ゲーム「アカとブルー タイプレボリューション」の実現(同タイトルが稼働する業務用基板「」販売に向けて営業面等で協力 )に向け尽力した。 また池田は同タイトルの一部楽曲にギター演奏で参加している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] — , p. 131• 缶バッジは各種企画のプレゼントとしても用いられる定番グッズである。 かつても行っていたが、2018年現在は休止している。 「IN」以下のフルネームは必ずしも記載されないが(高田馬場店と池袋店とで異なる)、本稿では広く認知されているであろう看板表記を正として統一した。 俗に「リース店」と呼ばれ、ゲームセンターのでは珍しい契約ではない。 2018年12月17日就任。 池田は高校卒業後、アルバイトを経てアイモやジーエム商事の社員としてゲームセンター店員・店長を長年務め、2004年に独立し株式会社INHを設立。 ゲームセンター開業資金を蓄えるため、スキルと人脈を活かしてアーケードゲーム中心の攻略DVD・サウンドトラックCD企画制作事業を営む。 不況との隆盛でディスク販売に翳りが見えたころ、収録にも協力していたハイテクランドミカドから相談を受け、同店の権利を購入し主事業をゲームセンター経営に切り替えた。 開業当時はライブ配信サービスは黎明期で普及しておらず、録画をYouTubeやニコニコ動画にアップロードするのみであった。 PCの性能も低く、ビデオに毎度数時間を費やした。 その後ライブ配信を始めるが、初期にはを利用していた。 配信に用いられるのはA・版だが、原曲はCキー・のボーカル入り。 INHのウェブサイトから「ストリートファイターのど自慢」用に提供されたファイルをダウンロードすることができる。 「」参照。 ミカドの主催は第2回(2017年)からで、初回の経験を踏まえレギュレーションを調整している。 実況においても「クソムーブ」は「元気が出るムーブ」と言い換えられた。 ただし、基板・部品の入手性や経済性により却下される場合もある。 ゲームセンターはの対象であり、同法23条2項で「第五号(注:ゲームセンター等の)の営業を営む者は、…遊技の結果に応じて賞品を提供してはならない」と定められている。 詳しくはを参照。 ゲームセンターとeスポーツ興行との親和性が低い所以でもある。 2015年に負け上がり制が導入されて以降定着したが、当初は中年初中級者向けの通常トーナメントであった。 椅子なしでプレイするレギュレーションも含め、にかつて存在したゲームセンター「Jゲーム」から継承した企画である。 他にもやなど、アナログ/非ビデオゲームのゲーム大会がときおり催される。 なお店内のはビルオーナーが設置しており、アイスやドリンクの売り上げはミカドの利益にならず、価格設定にも関与していない。 当初ファウルは0. 5点だったが、後に1点に改められた。 2015年春の期間中には、パンまつりの景品にちなみ「ミカドの白い皿」(自作シールを貼った紙皿)が応援ギャラリーに配布され、数多く集めた者に記念品が贈られた。 動機について引用。 タイトー. 2007年4月閲覧。 エーエムネット 2007年4月17日. 2018年12月24日閲覧。 ゲーセンミカドのブロマガ 2018年10月12日. 2018年11月28日閲覧。 ゲーセンミカドのブロマガ 2018年10月18日. 2018年12月24日閲覧。 JCASTトレンド. 2016年6月19日. 2019年1月3日閲覧。 大塚ギチ 2013年11月15日. 2017年1月15日閲覧。 佐藤旅宇 2015年3月12日. 2017年1月15日閲覧。 2018年11月29日閲覧。 岡田有花 2009年2月13日. ITmedia NEWS. 2018年12月1日閲覧。 aueki 2010年9月11日. 2018年12月1日閲覧。 黒田知道 2014年4月20日. 2018年12月1日閲覧。 AUTOMATON. アクティブゲーミングメディア. 2017年1月15日閲覧。 クドータクヤ 2018年2月4日. 2018年12月7日閲覧。 2015年6月10日放送. ゲーセンミカドのブロマガ 2018年11月9日. 2018年11月27日閲覧。 babamikado. ツイート. より 2018年12月7日閲覧。 2018年2月2日放送. 2018年2月4日放送. 2014年10月26日放送. 2010年9月15日. ブログ. 2018年11月30日閲覧。 2015年3月18日. 2017年1月15日閲覧。 エスパニョール堤 2017年9月15日. QOLHacks. 株式会社SPINS. 2018年11月24日閲覧。 テレビ東京. 2015年3月16日放送. きらり屋 2018年3月14日. ゲーム文化保存研究所. 2018年11月28日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2009年7月16日. 2018年11月28日閲覧。 MW岩井 2010年9月9日. 編集部ブログ. 2018年12月7日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ 2014年12月9日. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. 2018年12月6日閲覧。 babamikado. ツイート. より 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ 2009年12月16日. 2018年11月29日閲覧。 ジェイ・キャスト 2017年8月29日. 2018年11月24日閲覧。 株式会社ナターシャ 2017年8月25日. 2018年11月28日閲覧。 Real Sound. realsound. jp 2018年7月13日. 2018年11月24日閲覧。 babamikado. ツイート. より 2018年11月29日閲覧。 ママチョップ 2015年3月4日. 2018年11月29日閲覧。 ゲーム文化保存研究所. 2018年11月24日閲覧。 市川幹人. ALBERT's Dungeon. 有限会社マインドウェア. 2018年12月8日閲覧。 シューティングラブログ。. 有限会社トライアングル・サービス. 2018年12月8日閲覧。 ゲーセンミカドのブロマガ 2018年10月22日. 2018年12月8日閲覧。 ファミ通. com. Gzブレイン 2013年4月1日. 2018年11月28日閲覧。 エスパニョール堤 2017年6月1日. QOLHacks. 株式会社SPINS. 2018年11月28日閲覧。 ファミ通. com. Gzブレイン 2018年12月4日. 2018年12月17日閲覧。 ででお 2018年12月7日. ファミ通. com. Gzブレイン. 2018年12月7日閲覧。 黒川文雄 2018年2月3日. 4Gamer. net. aetas. 2018年12月8日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2009年10月1日. 2018年11月28日閲覧。 Stickam JAPAN! 2008年10月15日. 2018年12月23日閲覧。 藤野俊昭 2009年5月14日. シューティングラブログ。. 有限会社トライアングル・サービス. 2018年11月30日閲覧。 株式会社アイエヌエイチ. 2018年12月9日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2015年6月7日. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセン ミカド. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカドのブロマガ 2018年12月6日. 2018年12月12日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年11月28日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2014年11月17日. 2018年11月28日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2014年3月28日. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2014年12月30日. 2018年11月24日閲覧。 徳岡正肇 2017年9月2日. 4Gamer. net. aetas. 2018年12月7日閲覧。 池袋サラ生誕50周年記念100人組手実行委員会 2015年. 2018年11月28日閲覧。 ゲーセン ミカド. 2018年12月6日閲覧。 村上万純 2015年1月19日. ねとらぼ. ITmedia. 2018年11月29日閲覧。 大塚ギチ 2014年4月13日. Yahoo! ニュース. Yahoo! JAPAN. 2018年11月29日閲覧。 ゲーセン ミカド. 2018年11月29日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2015年9月9日. 2018年11月30日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2018年4月7日. 2018年11月30日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2010年7月12日. 2018年12月23日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2015年2月21日. 2018年11月28日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月6日閲覧。 大塚ギチ 2015年7月13日. Yahoo! ニュース. Yahoo! JAPAN. 2018年11月28日閲覧。 FOOすけ 2014年10月17日. ゲームガンバ. README Ltd.. 2018年11月30日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月6日閲覧。 磯部新 2018年9月19日. ファミ通. com. Gzブレイン. 2018年11月30日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2014年11月27日. 2018年11月30日閲覧。 - プレイリスト• - プレイリスト• - プレイリスト• ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月9日閲覧。 ネイキッドロフト スケジュール. 2015年1月10日. 2018年12月4日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月9日閲覧。 - プレイリスト• IGCCメディア編集部 2018年1月8日. ゲーム文化保存研究所. 2018年12月4日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月6日閲覧。 ネイキッドロフト スケジュール. ロフト 2017年3月25日. 2018年12月4日閲覧。 Twitter. 2020年7月4日閲覧。 ゲーセンミカド. 2020年7月4日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2009年7月20日. 2018年12月11日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年11月28日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2016年5月20日. 2018年11月28日閲覧。 ファミ通. com. Gzブレイン 2014年2月3日. 2018年11月16日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2013年12月20日. 2018年12月9日閲覧。 PARCO ART ARCHIVES. 2018年12月1日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2014年1月31日. 2018年12月12日閲覧。 勇者ああああ. テレビ東京. 2017年10月19日放送. テレビ番組. 2018年12月21日. 2018年12月23日閲覧。 babamikado 2018年9月30日. ツイート. より 2018年12月1日閲覧。 goo テレビ番組. NTTレゾナント 2017年7月21日. 2018年12月1日閲覧。 イケダミノロック 2015年3月10日. ゲームガンバ. README Ltd.. 2018年12月1日閲覧。 goo テレビ番組. NTTレゾナント 2018年12月29日. 2018年12月29日閲覧。 TVアニメ「ハイスコアガール」公式サイト. 2018年. 2018年12月20日閲覧。 2017年3月2日. 2018年12月2日閲覧。 Musicman-net. Communications Inc. ,Ltd. 2018年8月23日. 2018年12月27日閲覧。 FOOすけ 2014年8月26日. ゲームガンバ. README Ltd.. 2018年11月30日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2014年8月28日. 2018年12月9日閲覧。 ITmedia NEWS. 株式会社アイティメディア 2019年3月21日. 2019年4月5日閲覧。 4Gemer. net.. Aetas株式会社 2019年5月10日. 2019年6月4日閲覧。 ゲーセンミカドのブロマガ:ブロマガ - ニコニコチャンネル. 2020年6月18日閲覧。 参考文献 [ ]• 市川幹人 「シューティング考現学 第6回 ゲームセンターの最大のメリット」 『シューティングゲームサイド』 8巻 、2013年。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - - -.

次の

ゲーセンミカド総合情報> 店員ブログ

ミカド ブロマガ

( 2019年9月) 店舗概要 所在地 東京都新宿区歌舞伎町1-28-1 開業日 (平成18年) 閉業日 2009年(平成21年) 営業期間:3年2ヶ月2週3日間 建物名称 ミカドビル 1F-4F 前身 後身 前店 YouTube チャンネル 目次• 概要 [ ] 運営は株式会社INH。 の収集を趣味とする経営者兼店長・の理念および財政上の理由から、・の旧作が数多く稼働していることが特徴。 のゲームセンターにとり厳しい状況の続くなか 、多彩なタイトルを揃え、ゲーム大会や実演を連日開催することで顧客の獲得と定着に努めている。 軽妙なで演出されるユニークな各種大会 や幅広い層による、(「~勢」と表現される)に焦点したトークイベントなどを積極的にしての関心を集めるとともに、2015年前後からテレビ・雑誌などへも頻繁に露出し知名度を高めている。 常連が国際的な大会で優勝したことなどをきっかけに「伝説のゲームセンター」として海外でも知られており、多くの外国人ゲーマーが観光や対戦に訪れ、各国メディアにも取材されている。 ハイスコア申請を受け付けており、常連プレイヤーにはの記録を保持・更新しているも多い。 発足後は同協会にスコアを登録している。 適切な周期の、用の電源スイッチ、画面録画装置など攻略に配慮した設備も整えている。 店頭にて 等のミカドオリジナルグッズを販売している。 また委託により、CD・書籍・Tシャツ等物の、新作ゲームやゲーム関連イベント等の頒布を行っている。 施設運営業務のほか、写真・映像のやイベント用途へのフロア貸し 、テレビ番組や各種イベントへの機材提供・プレイ映像提供・出張実況なども請け負っている。 は代表・藤野俊昭の筆。 店員Tシャツは自主制作ブランド・ママチョップ製。 「ミカドちゃん」は漫画家・画。 店舗 [ ] 高田馬場ゲーセンミカド [ ] で営業している1号店。 正式名称「 高田馬場ゲーセンミカド IN オアシスプラザ」。 店長は池田稔。 2009年プレオープン 、同年グランドオープン。 オアシスプラザビルは沿線、駅から徒歩2分ほどの通りに面した優良物件だが、敷金・保証金等の免除と引き換えに利益を分配する共同経営をビルオーナーに提案し、低資金での入居を果たした。 地上1階~2階の2フロア施設で、・・・などの特殊筐体は1階に、は2階に配置されている。 その他ジャンルのビデオゲームは両フロアに配置されており、階段のにもなどの小型筐体が少数置かれている。 2階 格闘ゲームコーナー 池袋ゲーセンミカド [ ] 東京都で営業している2号店。 正式名称「 池袋ゲーセンミカド IN ランブルプラザ」。 店長は。 2018年プレオープン、グランドオープン。 ビルオーナーはオアシスプラザビルと同じ。 地下1階~地上2階の3フロア施設。 前身「池袋ランブルプラザ」(有限会社TCC)から営業を引き継いだであり、そのためやの新作ゲームが比較的充実している。 旧店舗 [ ] 新宿ゲーセンミカド [ ] オープン。 東京都新宿区のゲームセンター「ハイテクランド ミカド」を買い取って経営を始めたが 、約1年半後に施設都合で退去を求められ、移転先を探して高田馬場に至った。 高田馬場店開業後もしばらく営業を続け、2009年を最後に閉業した。 ネット配信 [ ] 実況配信ブース 大会・実演等イベントの様子は原則として・・・等でされ、その録画がYouTubeチャンネルに公開される(参照)。 実況はプレイヤー本人ではなく、店内に設けられた配信ブースから店長・店員ないしはイベント運営者が務めるのが通常である。 対象ゲームに詳しい常連プレイヤーが役に加わることがある。 大会配信においては最後に勝利者が行われるが、顔出しの可否は当人に委ねられる。 実演配信ではプレイヤー自らを装着し攻略法などを解説することがある。 トーク配信の幕間などにしばしば流れるオリジナル曲はゲーム・ 作「高田馬場ゲーセンミカドのうた」。 2018年8月、にて有料チャンネルを開設。 Youtubeチャンネル配信とは異なる方針として、毎週の定期有料生放送や、有料トークライブの中継、裏話など、付加価値の高い動画・生放送やを配信している。 主なイベント [ ] を避けるため、ここではミカドの特色を示すであろう代表的・特徴的・定着しているイベントのみを挙げる。 ルールは調整・変更されることもあるため、大まかな記述に留める。 大会・対戦会 [ ]• ミカド天下一武道会 - 『』の大会。 年1回開催、リーグ戦。 世界大会 - 年1回開催、トーナメント戦。 バーチャファイター3tb NonN ミカド杯 - 年1回開催、N人チームによる団体トーナメント戦。 世界大会 - 年1回開催、トーナメント戦。 世界大会 - 年1回開催、トーナメント戦。 侍大戦 - 『』シリーズ・アーケード版全タイトルを集めた大会。 天才KANAの元気が出るKOF - 『』シリーズ数種目で競われる大会。 大会名は『』に由来。 俗に「クソムーブ」と呼ばれる・類をあえて駆使する趣旨から当初「クソKOF大会」と称していたが、版権元の意見を受け改称した。 ストリートファイターカーニバル(SFC) - 数週間にわたる日程に定められたさまざまなジャンルのゲーム大会に参加・勝利してポイントを獲得していき、合計ポイント数を競うプレイヤー大会。 夏季/冬季超人五輪 - 3日間ほどの日程で開催。 一日中に複数種目が実施される。 各種目の勝者が次季の種目(ゲームタイトル)を指定できるリクエスト大会。 大会名は「」に由来。 イカれ格闘ゲーム大会/ニッチ格ゲー三昧 - マイナータイトルばかりを用いたゲーム大会。 犬のおまわりさん杯(犬ポリ杯) - 閑散期である1月平日に催される月間大会。 各種格闘ゲームの試合を行い、その勝利数を競う。 大会名は優勝賞品の授与をの指導で取り下げられたことに由来。 元名称は「激辛争奪杯」。 生誕祭 - 『ときメモ』各の誕生日を記念し、シリーズタイトル『』または『』で競われる大会。 開催日によってはSFCなどに組み込まれる。 100人組手 - 誕生日などを記念し、常連プレイヤーひとりを相手に次々と乱入対戦する。 往年の『』鉄人・池袋サラの生誕50周年イベント がきっかけ。 各ゲーム月例大会・対戦会・交流会 - 定期的に催されている。 初中級者大会 - 優勝者は初中級者卒業とみなされ、同大会への参加資格を失う。 無料対戦会 - 筐体タイムレンタル(定額の時限貸し制度)を利用して有志が主催。 参加者は無料で対象タイトルをプレイできる。 過去の主な大会 [ ]• 第二次世界大会 - 常連プレイヤーの基板持ち込み企画から浸透した『エアガイツ』による大会。 ミカドお台場大決戦 ~斬サム vs 餓狼SP~ - 『』と『餓狼伝説スペシャル』の合同大会。 双方の王者を決するとともに、見応えのあった方への投票を募った。 特殊な大会・特別ルール [ ]• おやじ大会 - 負け上がり、つまりゲームに負けた方のプレイヤーが次戦に進むトーナメント大会。 原則として中年以上のみ参加可。 1秒大会 - 対戦時間を1秒に設定し、開幕の行動で勝敗を決する格闘ゲーム大会。 夏フェス ソニックサマー - 炎天下、屋外の店先に設置した筐体で対戦する。 真冬に「寒中大会」も行われた。 ストリートファイターじゃんけん - 勝ち抜き大会。 ストリートファイターわたあめ - 店内の機で作った綿菓子の美しさを審査する。 甲乙つけがたい場合は味で判定する。 ストリートファイター17アイス - の早食いトーナメント大会。 アイスを食べ終えた者から操作を開始できるゲーム大会や利き烏龍茶大会も派生した。 ストリートファイターのど自慢 - 課題曲によるカラオケ大会。 持ち歌OK・有料チケット制となるなど次第に本格化し、上位入賞者は生バンドを伴って自慢の喉を披露した。 ストリートファイターサッカー - 『』シリーズにおいて、先にを出された方、またはファウル回数+ゴール得点の多い方を勝者とする。 課金 - 各種大会において、を崩すほど著しく強いキャラクターの乱用を避けるため、それを選ぶプレイヤーに余分に参加費を支払わせる制度。 基本はすべてのキャラクターが任意選択不可(ランダム)で、課金により初めて選択できる「指名料」制度もある。 実演 [ ]• 初心者講習会 - 初心者を対象とする基礎的な解説・攻略実演。 春/秋のシューティングまつり - シューティングゲームを毎平日実演する、春と秋の月間企画。 ハイスコアラーによるスーパープレイだけでなく、中級者によるユニークな攻略、初心者による泥臭いプレイもあえて実演される。 ワンコイン(ノーコンティニュー)クリアできなかった場合、「補習」と称して後日再挑戦が行われる場合がある。 企画名は「」に由来。 アクションゲーム(攻略)配信 - 各種アクションゲームの実演。 定期的な枠はなく、ときどき実施される。 配信 - 高難度ゲームを参加自由・コンティニュー無制限で、つまり金に飽かせて強引にクリアする。 発表会 - 店内コミュニティ各部の成果発表会。 『』シリーズを攻略するグラディウス部、初心者が低難度シューティングゲームクリアを目指すヌルシュー部など。 2014年大晦日のカウントダウンイベント以降、年明け恒例行事となっている。 宣伝配信 - 実演や関係者のトークによる、新作ゲームやライブ等の宣伝・告知。 過去の主な実演シリーズ [ ]• 簡単といわれるシューティングは本当に簡単なのか? - 店内企画「簡単そうなシューティング祭」連係実演。 主に池田によるシューティングゲーム攻略。 全8回。 穴落ち克服攻略配信 - 主に池田によるアクションゲーム攻略。 全9回。 定番シューティング攻略配信 - 主に池田によるシューティングゲーム攻略。 全9回+番外編。 トークライブ [ ]• ミカド事件簿・ミカド大賞 - ミカドにまつわる出来事、活躍したプレイヤー 、タイトル毎のインカム(売り上げ)をランキング形式で発表するトークライブ。 池田のほか、として、/として『』元編集長・ルパン小島、eスポーツキャスター・、店員・AKIRAらが出演。 大塚ギチの逝去に伴い一旦封印となり、後述の週刊ミカド事件簿へ受け継がれていく。 激刊ミカド学園 - 毎回ひとつのゲームをテーマに、池田と愛好プレイヤーたちがその魅力や動向を語り合う座談会シリーズ。 イケダミノロックのそんなカンジでおネガいします(仮) - ビデオゲーム・「16SHOTS」を借りて配信する、池田とゆかりの人々との対談シリーズ。 無料配信(Youtube) [ ]• 不定期配信 ミカド放送局 - 池田ら店員が営業終了後の店内で酒を呑みながら、フリートークや小芝居を交えた景品情報紹介などを行う。 おはようミカド放送局 - 池田がミカドに出勤してきた時に限り、大会やプレイ配信の開催予定等を中心にトークを行う。 「おはよう」と冠しているが放送時間は午前中に限らず不定。 夜間に配信する場合は「 こんばんはミカド放送局」になる。 有料配信(Youtube) [ ] Youtubeゲーセンミカドチャンネルのメンバーシップ に加入すると視聴できる有料配信。 裏ミカド放送局 - おはようミカド放送局の放送後にメンバーシップ限定で配信される。 週刊ミカド事件簿の体裁に近いが、出演者はミカド店員のみ、外部のゲストなしで行う。 表には出せない話題を中心にトークする。 有料配信(ニコニコ動画) [ ] のゲーセンミカドチャンネル で配信される。 トーク番組が中心。 視聴にはチャンネルの有料会員への加入が必要だが、一度加入すれば全ての番組が視聴可能。 週刊ミカド事件簿 - 上記ミカド事件簿の内容を継承した番組。 「裏ミカド放送局」全一回を配信後翌週より「週刊ミカド事件簿」と改題してレギュラー化。 内容的にはミカド放送局に近いが、有料配信ならではの表に出しにくい話題も交えつつトークを展開。 メインMC:池田、メインゲスト:ルパン小島(第30回まで出演)。 その他ゲストとして株式会社タノシマスの木村浩之社長ほかが出演。 メンバーが持ち込んだ楽器で即興で演奏する事もある。 テメェらガチでヤれんのか!? - 池田とミカドガロスペ勢のGON、佐藤豪バンド所属のアンドーの3人が、YouTubeで配信されている格闘試合の動画を見ながら解説トークを行う。 視聴者は指定された動画をブラウザ別窓で視聴しながら、3人の解説をオーディオコメンタリー的に聴取するスタイルをとる。 またGONによる「無理なく毎日続けられるフィットネス」も紹介する。 イケダミノロックのそんなカンジでおネガイしますREBORN!!! - 上記「イケダミノロックのそんなカンジでおネガいします(仮)」の内容を継承した番組。 収録はミカドの事務所で行う。 アラキイズム - ミカドのマネージャー・TAIJIが自らの愛をゲストと共に語り尽くす。 JAPAN-ROCK ミカド現象 - 同じくTAIJIがゲストと共に80年代後半~90年代のバンドブームの渦中にあったバンド、アーティスト、名盤を紹介して語り尽くす。 よし川事件簿 - ミカド池袋店事務所の定点カメラを営業開始の午前10時から24時間回しっぱなしにして、事務所内で働く、或いは休憩している従業員の様子を見られる番組。 基本的にマイクはOFFで会話は聴けないが、まれにマイクを入れてスタッフがトークする事もある。 第32回より内容はそのまま、タイトルを「 ミカド観察バラエティ『ランブルウォッチング』」に変更。 特別企画 [ ]• ミカド大感謝祭 - プレイ料金の代わりに定額の参加費を支払う、半フリープレイイベント。 噎せるほど~ - 特定ジャンルや同一メーカーに属するタイトルを一斉に稼働させる店内企画。 初心者講習会やスーパープレイ実演が併催されることもある。 ミカドプロレス - ミカド常連のプロレスラー・太仁田ブ厚選手を中心とする自主興行。 実況やレフェリーを池田や郡正夫が務める。 初回は高田馬場店内特設リング、第2回以降は騒音に配慮し体育館にて開催。 休業日配信 - 発生によるを元に東京都から発せられた営業自粛要請を受けミカド全店も2020年4月8日より休業となったが、同日より東京都の休業要請の緩和ステップ3に移行する前日の6月11日まで、休業中の店内から店員や有志によるゲームプレイを毎日生配信し、による支援を募った。 休業中の為クレジットは硬貨ではなくサービススイッチで投入する。 家庭用ゲーム機によるプレイ配信も行なわれた。 また、池田・山岸・高田馬場のAKIRAがそれぞれ8時間ずつ配信枠を担当し計24時間連続でプレイ配信を行う 「24時間生配信『金はミカドを救う』」も2度実施された。 チャリティー [ ]• チャリティーおやじ大会 - 『』『餓狼伝説スペシャル』によるおやじ大会。 の特別ルール。 参加費は入院中の常連プレイヤーに寄付された。 チャリティ勢 vs VSグラディウス - チャリティー筐体を設置する店内企画「熊本地震支援チャリティー」連係イベント。 ミスまたは1周クリアごとにプレイヤーを交代する方式で版グラディウス1000万点を目指す。 インカムは被災地に寄付された。 ゆかりのある事物・人物 [ ] 大山のぶ代寄贈のアルカノイド筐体。 筐体・基板などの機材やプレイ動画を提供。 ときおり出演する助っ人「高田馬場のアキラさん」ことAKIRAは実況も多く務めるミカド常連プレイヤー (2018年10月より池袋店勤務 )。 同じく「八丁さん」こと八丁堀は元ミカド技術スタッフ であった。 さまざまな来店客の人間模様を取材し、2018年「伝説のゲーセン 大人たちの闘い」と題して放送。 同年年末スペシャルにて「もう一度見たい1本」視聴者投票1位を獲得した。 テレビアニメ版に実在ゲームのプレイ映像が提供され、店員や常連プレイヤーたちによるシナリオ通りの状況が再現された。 なお、押切は自らもイベントを主催するミカド常連プレイヤーである。 2017年に、2018年ににてそれぞれ催された際に出張し、ゲーム大会を実施。 ミカドで稼働している『』筐体は大山からの寄贈品で、当人がかつて愛用していたもの。 ディライトワークス 『』などを開発・運営するゲームソフトメーカー。 2019年、自社々員の創作意欲への刺激用および社外交流の一助用としてミカドの協力のもと、本社の一画にアーケードゲームをプレイ出来る「ゲームセンター」的なスペースを作った。 池田稔と旧知の間柄である人物が在籍しており、スガイディノス札幌中央のレトロアーケードゲームのラインナップは豊富であった。 スガイディノス札幌中央閉店前日の2019年6月1日にコラボイベントを実施。 に所属していたゲームクリエイターの、藤岡裕吾が独立創業したゲームメーカー。 池田はミカド配信等を通じて同社スマホゲームアプリ「」の販促に協力。 その後業務用ゲーム「アカとブルー タイプレボリューション」の実現(同タイトルが稼働する業務用基板「」販売に向けて営業面等で協力 )に向け尽力した。 また池田は同タイトルの一部楽曲にギター演奏で参加している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] — , p. 131• 缶バッジは各種企画のプレゼントとしても用いられる定番グッズである。 かつても行っていたが、2018年現在は休止している。 「IN」以下のフルネームは必ずしも記載されないが(高田馬場店と池袋店とで異なる)、本稿では広く認知されているであろう看板表記を正として統一した。 俗に「リース店」と呼ばれ、ゲームセンターのでは珍しい契約ではない。 2018年12月17日就任。 池田は高校卒業後、アルバイトを経てアイモやジーエム商事の社員としてゲームセンター店員・店長を長年務め、2004年に独立し株式会社INHを設立。 ゲームセンター開業資金を蓄えるため、スキルと人脈を活かしてアーケードゲーム中心の攻略DVD・サウンドトラックCD企画制作事業を営む。 不況との隆盛でディスク販売に翳りが見えたころ、収録にも協力していたハイテクランドミカドから相談を受け、同店の権利を購入し主事業をゲームセンター経営に切り替えた。 開業当時はライブ配信サービスは黎明期で普及しておらず、録画をYouTubeやニコニコ動画にアップロードするのみであった。 PCの性能も低く、ビデオに毎度数時間を費やした。 その後ライブ配信を始めるが、初期にはを利用していた。 配信に用いられるのはA・版だが、原曲はCキー・のボーカル入り。 INHのウェブサイトから「ストリートファイターのど自慢」用に提供されたファイルをダウンロードすることができる。 「」参照。 ミカドの主催は第2回(2017年)からで、初回の経験を踏まえレギュレーションを調整している。 実況においても「クソムーブ」は「元気が出るムーブ」と言い換えられた。 ただし、基板・部品の入手性や経済性により却下される場合もある。 ゲームセンターはの対象であり、同法23条2項で「第五号(注:ゲームセンター等の)の営業を営む者は、…遊技の結果に応じて賞品を提供してはならない」と定められている。 詳しくはを参照。 ゲームセンターとeスポーツ興行との親和性が低い所以でもある。 2015年に負け上がり制が導入されて以降定着したが、当初は中年初中級者向けの通常トーナメントであった。 椅子なしでプレイするレギュレーションも含め、にかつて存在したゲームセンター「Jゲーム」から継承した企画である。 他にもやなど、アナログ/非ビデオゲームのゲーム大会がときおり催される。 なお店内のはビルオーナーが設置しており、アイスやドリンクの売り上げはミカドの利益にならず、価格設定にも関与していない。 当初ファウルは0. 5点だったが、後に1点に改められた。 2015年春の期間中には、パンまつりの景品にちなみ「ミカドの白い皿」(自作シールを貼った紙皿)が応援ギャラリーに配布され、数多く集めた者に記念品が贈られた。 動機について引用。 タイトー. 2007年4月閲覧。 エーエムネット 2007年4月17日. 2018年12月24日閲覧。 ゲーセンミカドのブロマガ 2018年10月12日. 2018年11月28日閲覧。 ゲーセンミカドのブロマガ 2018年10月18日. 2018年12月24日閲覧。 JCASTトレンド. 2016年6月19日. 2019年1月3日閲覧。 大塚ギチ 2013年11月15日. 2017年1月15日閲覧。 佐藤旅宇 2015年3月12日. 2017年1月15日閲覧。 2018年11月29日閲覧。 岡田有花 2009年2月13日. ITmedia NEWS. 2018年12月1日閲覧。 aueki 2010年9月11日. 2018年12月1日閲覧。 黒田知道 2014年4月20日. 2018年12月1日閲覧。 AUTOMATON. アクティブゲーミングメディア. 2017年1月15日閲覧。 クドータクヤ 2018年2月4日. 2018年12月7日閲覧。 2015年6月10日放送. ゲーセンミカドのブロマガ 2018年11月9日. 2018年11月27日閲覧。 babamikado. ツイート. より 2018年12月7日閲覧。 2018年2月2日放送. 2018年2月4日放送. 2014年10月26日放送. 2010年9月15日. ブログ. 2018年11月30日閲覧。 2015年3月18日. 2017年1月15日閲覧。 エスパニョール堤 2017年9月15日. QOLHacks. 株式会社SPINS. 2018年11月24日閲覧。 テレビ東京. 2015年3月16日放送. きらり屋 2018年3月14日. ゲーム文化保存研究所. 2018年11月28日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2009年7月16日. 2018年11月28日閲覧。 MW岩井 2010年9月9日. 編集部ブログ. 2018年12月7日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ 2014年12月9日. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. 2018年12月6日閲覧。 babamikado. ツイート. より 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ 2009年12月16日. 2018年11月29日閲覧。 ジェイ・キャスト 2017年8月29日. 2018年11月24日閲覧。 株式会社ナターシャ 2017年8月25日. 2018年11月28日閲覧。 Real Sound. realsound. jp 2018年7月13日. 2018年11月24日閲覧。 babamikado. ツイート. より 2018年11月29日閲覧。 ママチョップ 2015年3月4日. 2018年11月29日閲覧。 ゲーム文化保存研究所. 2018年11月24日閲覧。 市川幹人. ALBERT's Dungeon. 有限会社マインドウェア. 2018年12月8日閲覧。 シューティングラブログ。. 有限会社トライアングル・サービス. 2018年12月8日閲覧。 ゲーセンミカドのブロマガ 2018年10月22日. 2018年12月8日閲覧。 ファミ通. com. Gzブレイン 2013年4月1日. 2018年11月28日閲覧。 エスパニョール堤 2017年6月1日. QOLHacks. 株式会社SPINS. 2018年11月28日閲覧。 ファミ通. com. Gzブレイン 2018年12月4日. 2018年12月17日閲覧。 ででお 2018年12月7日. ファミ通. com. Gzブレイン. 2018年12月7日閲覧。 黒川文雄 2018年2月3日. 4Gamer. net. aetas. 2018年12月8日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2009年10月1日. 2018年11月28日閲覧。 Stickam JAPAN! 2008年10月15日. 2018年12月23日閲覧。 藤野俊昭 2009年5月14日. シューティングラブログ。. 有限会社トライアングル・サービス. 2018年11月30日閲覧。 株式会社アイエヌエイチ. 2018年12月9日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2015年6月7日. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセン ミカド. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカドのブロマガ 2018年12月6日. 2018年12月12日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年11月28日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2014年11月17日. 2018年11月28日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2014年3月28日. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2014年12月30日. 2018年11月24日閲覧。 徳岡正肇 2017年9月2日. 4Gamer. net. aetas. 2018年12月7日閲覧。 池袋サラ生誕50周年記念100人組手実行委員会 2015年. 2018年11月28日閲覧。 ゲーセン ミカド. 2018年12月6日閲覧。 村上万純 2015年1月19日. ねとらぼ. ITmedia. 2018年11月29日閲覧。 大塚ギチ 2014年4月13日. Yahoo! ニュース. Yahoo! JAPAN. 2018年11月29日閲覧。 ゲーセン ミカド. 2018年11月29日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2015年9月9日. 2018年11月30日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2018年4月7日. 2018年11月30日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2010年7月12日. 2018年12月23日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2015年2月21日. 2018年11月28日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月6日閲覧。 大塚ギチ 2015年7月13日. Yahoo! ニュース. Yahoo! JAPAN. 2018年11月28日閲覧。 FOOすけ 2014年10月17日. ゲームガンバ. README Ltd.. 2018年11月30日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月6日閲覧。 磯部新 2018年9月19日. ファミ通. com. Gzブレイン. 2018年11月30日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2014年11月27日. 2018年11月30日閲覧。 - プレイリスト• - プレイリスト• - プレイリスト• ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月9日閲覧。 ネイキッドロフト スケジュール. 2015年1月10日. 2018年12月4日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月9日閲覧。 - プレイリスト• IGCCメディア編集部 2018年1月8日. ゲーム文化保存研究所. 2018年12月4日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月6日閲覧。 ネイキッドロフト スケジュール. ロフト 2017年3月25日. 2018年12月4日閲覧。 Twitter. 2020年7月4日閲覧。 ゲーセンミカド. 2020年7月4日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年12月6日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2009年7月20日. 2018年12月11日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド. 2018年11月28日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2016年5月20日. 2018年11月28日閲覧。 ファミ通. com. Gzブレイン 2014年2月3日. 2018年11月16日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2013年12月20日. 2018年12月9日閲覧。 PARCO ART ARCHIVES. 2018年12月1日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2014年1月31日. 2018年12月12日閲覧。 勇者ああああ. テレビ東京. 2017年10月19日放送. テレビ番組. 2018年12月21日. 2018年12月23日閲覧。 babamikado 2018年9月30日. ツイート. より 2018年12月1日閲覧。 goo テレビ番組. NTTレゾナント 2017年7月21日. 2018年12月1日閲覧。 イケダミノロック 2015年3月10日. ゲームガンバ. README Ltd.. 2018年12月1日閲覧。 goo テレビ番組. NTTレゾナント 2018年12月29日. 2018年12月29日閲覧。 TVアニメ「ハイスコアガール」公式サイト. 2018年. 2018年12月20日閲覧。 2017年3月2日. 2018年12月2日閲覧。 Musicman-net. Communications Inc. ,Ltd. 2018年8月23日. 2018年12月27日閲覧。 FOOすけ 2014年8月26日. ゲームガンバ. README Ltd.. 2018年11月30日閲覧。 ゲーセンミカド総合情報 店員ブログ. ミカド 2014年8月28日. 2018年12月9日閲覧。 ITmedia NEWS. 株式会社アイティメディア 2019年3月21日. 2019年4月5日閲覧。 4Gemer. net.. Aetas株式会社 2019年5月10日. 2019年6月4日閲覧。 ゲーセンミカドのブロマガ:ブロマガ - ニコニコチャンネル. 2020年6月18日閲覧。 参考文献 [ ]• 市川幹人 「シューティング考現学 第6回 ゲームセンターの最大のメリット」 『シューティングゲームサイド』 8巻 、2013年。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - - -.

次の