人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針。 倫理委員会

人を対象とする医学系研究に関する倫理指針

人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針

人を対象とする研究等倫理審査委員会 人を対象とする研究等倫理審査委員会は,新潟大学において研究者が行う人間を直接対象とした研究及び医療行為について倫理上の妥当性を「ヘルシンキ宣言」及び「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の趣旨に沿って検討し,審査することを目的としています。 医学部医学科オリジナルページ• (医学部医学科オリジナルページ• (学内専用)• (ログイン画面) 遺伝子倫理審査委員会 遺伝子解析研究を行おうとする場合は,「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」を遵守して行う必要があり,研究計画は遺伝子倫理審査委員会の審査を経て,研究実施機関の長が許可するか否かの決定をします。 医学部医学科オリジナルページ• (学内専用)• (ログイン画面) 中央臨床研究審査委員会 認定臨床研究審査委員会 臨床研究法に定める特定臨床研究を行おうとする場合は,臨床研究法及び臨床研究法施行規則並びに関係通知等を遵守して行う必要があり,厚生労働大臣認定の臨床研究審査委員会の審査を経て,実施医療機関の長が実施許可について決定をします。 本学の中央臨床研究審査委員会は,平成30年5月に厚生労働大臣の認定を受けております。 認定再生医療等委員会 再生医療等の安全性の確保等に関する法律及び同施行規則並びに関係通知等を遵守して行う必要があり,厚生労働大臣認定の認定再生医療等委員会の審査を経て,実施医療機関の長が実施許可について決定をします。 医歯学総合病院オリジナルサイト 利益相反マネジメント専門委員会 人を対象とする医学系研究等利益相反マネジメント専門委員会は,「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(平成26年文部科学省・厚生労働省告示第3号)に基づく研究,医歯学総合病院における医薬品・医療機器の開発に関する研究・試験,厚生労働省や国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)から研究費の交付を受けて行う研究等について,本学の利益相反ポリシーと利益相反マネジメントガイドラインに基づき審査・判定を行い,厳格な利益相反マネジメントを実施しています。

次の

ヘルシンキ宣言|世界医師会|国際活動|医師のみなさまへ|日本医師会

人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針

2015年4月1日に「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」が施行されました。 医学系研究を本指針に則して行う場合、研究者に求められる要件は何か、倫理審査の体制や手続き、審査基準等の要件など、研究機関がどのような体制整備を行わなければならないのか、など、知っておかなければならない点を以下の講義にまとめました。 また、本指針では、研究に関わる方すべてに、研究を行うにあたって必要となる知識についての教育が義務付けられています。 さらに、個人情報保護法の改正に伴い、2017年2月に本指針の改正が行われました。 これから実施する研究はもちろん、現在実施しているすべての研究に関して、本改正に対する対応を2017年5月29日までに行うことが義務付けられています。 以下にその改正についての講義も掲載いたしますので、履修の上、対応していただくようお願いいたします。 <新医学系指針対応のための自己点検:研究機関対応のための手引き> 現在実施中の研究に対し5月29日までに機関で対応すべき点について参考になるようにAMED研究班が作成した「手引き」です。 各機関で関連法令等を十分に確認した上でご活用ください。 なお、個別の質問にはお答えできませんので、ご了承ください。 <研究者向け>• 厚生労働省 医政局 研究開発振興課 矢野 好輝 先生• 東京大学大学院法学政治学研究科 米村 滋人 先生• 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 生命倫理研究室 田代 志門 先生 <倫理審査委員会事務局向け>• 国立がん研究センター 生命倫理室 田代 志門 先生 倫理審査委員、事務局の方がより深く学習したい場合は、ぜひ以下のコース・講座を履修ください。 各種倫理指針は本サイトの「」のページにてご確認ください。

次の

「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に対応した研究教育

人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針

「研究者」(本大学において研究に携わる教職員、本大学で研究活動に従事する学部・大学院学生および客員協力研究員等)は申請する権利を有しますが、学部生・大学院生(修士・博士前期課程・一貫制博士課程前期課程相当)の方の申請に関しては、下記をご確認ください。 学部生、大学院生(修士・博士前期課程・一貫制博士課程前期課程相当)の申請について 学部生の研究は、原則として当委員会の申請対象ではありません。 指導教員・各学部において、研究内容を事前に十分確認のうえ、責任をもって研究を実施してください。 授業の枠内で行われる研究についても同様に審査対象とはなりません。 ただし、学部生の研究であっても、侵襲性が高いもの、学外機関より研究倫理審査委員会で承認を受けることを要請されているもの、学会発表、論文投稿などで必要となる研究の場合は、審査を実施します。 その場合は、指導教員が研究倫理審査申請者(研究責任者)、本人は研究実施者として申請してください。 大学院生(修士・博士前期課程・一貫制博士課程前期課程相当)の研究は、原則として、指導教員が研究内容を十分に確認の上、研究申請者(責任者)として申請し、本人は研究実施者としてください。 ただし、学会報告、論文投稿などで大学院生本人が研究倫理申請者となる必要がある場合は、本人が申請者となることができます。 研究申請者(責任者)は、その研究計画を事前に十分把握したうえで申請してください。 該当する研究計画に関し、まず最初ににて倫理審査の要否をご確認ください。 研究計画の倫理審査を希望される場合には、審査委員会事務局にチェックシート(様式1)、研究倫理審査申請書(様式2)、研究計画書(様式3)、インフォームド・コンセント チェックシート(様式4)、関係添付書類(インフォームド・コンセント関係書類、アンケート・調査項目案 他) を提出してください。 本委員会では、文書および口頭にて説明を行い、同意文書への自署による署名またはこれに準じる意思表示によって確認することを推奨しております。 原則として、インフォームド・コンセント チェックシートの12項目を記載・説明してください。 (審査の流れ).

次の