この世 を ば わが 世 と ぞ 思ふ 望月 の 欠け たる こと も なし と 思 へ ば 百人一首。 この世おばわがよとぞ思う望月の 歌の解釈

藤 の 花 百人一首

この世 を ば わが 世 と ぞ 思ふ 望月 の 欠け たる こと も なし と 思 へ ば 百人一首

第25回【目次】 23. 5 東京都清瀬市 好風來處慰心腸 左右飄衣夏日忘 好風(かうふう)来たる処 心腸(しんちやう)慰(なご)む 左右(さう)衣を飄(ひるがへ)し 夏日(かじつ)を忘る 蝶トンボ 23. 2 東京都清瀬市 詩は平安中期、一条天皇の御代の人、摂関政治の頂点に立った藤原道長(966〜1027)の七言律詩「左右好風來(左右より好き風来たる)」から、冒頭の二句です。 文例のページに詩の全文を挙げてあります。 蝶トンボ 23. 2 東京都清瀬市 心地よい風が吹いてきて、暑さに苦しめられていた心身は穏やかに慰められる。 風はあちらからこちらから吹き通い、衣の袖をひるがえして、身から苦しい熱を払ってゆく。 そのいっとき、夏の暑さを忘れる。 こんなふうにこの詩は始まっています。 蝶トンボ 23. 2 東京都清瀬市 梅雨も明けないまま、関東は摂氏35度を超える猛暑日の日がもう数日になります。 折しも節電の謳われる夏、冷房を節約することに健康上の危険が絡みそうな、いやな流れですね。 驚いたことに、現在東京都下の家電販売店には扇風機が払底しております。 特殊なものはないこともないのですが、ごく普通の家庭用扇風機がありません。 電力の消費を押さえて涼をとろうという考えを持つ人がいかに多いかということです。 25 東京都清瀬市 そもそも東京のあたりでも夏はほぼ亜熱帯の気象です。 昔から我が国の暮らしにおいては、一年で一番自然条件が厳しく過ごしにくいのは夏だと決まっておりました。 夏をどう凌ぐか、何を慰めとするか、毎年毎年頭を悩まして、しかし考えるのも億劫になる暑さに結局これといった打開策もなく、千数百年の間、詩歌には夏の辛さが訴えられ続けて来ております。 また、以前お話ししたように、四季の中で夏ほど歌の乏しい季節もないのです。 文人貴族もおそらく夏バテすることが珍しくなかったものと想像します。 18 東京都清瀬市 詩歌の表現としては「涼」を詠むのが一つの型ではあります。 水辺や緑の繁る木立など、いかにもという場所で涼風を詠んだ詩は、もともと少ない夏の詩の中では一大ジャンルです。 それらの中で、あちらからも、こちらからも好い風ばかり吹いてきて、実に良い気持ちだと歌うこの詩は、炎熱の時期にあって苦を寄せ付けず、どこか足りている、際立って機嫌のよい感じが致します。 25 東京都清瀬市 和歌でもこの作者の歌として有名なのは、いかにも上機嫌の極(きわみ)といったこの歌です。 この世をばわが世とぞ思ふ 望月の欠けたることもなしと思へば 見ようによれば傲慢そのもの、天も恐れぬ勢いです。 かまわず詠んでのけたところに当時の道長の圧倒的な権勢が覗われます。 この人こそ藤原氏の権勢の歴史的象徴のような人物。 平安中期、第66代一条天皇(980〜1011)に長女彰子を中宮(=皇后)として入れ(999年入内)、次女妍子を三条天皇の中宮に(1012年立后)、また三女威子を長女彰子の産んだ後一条天皇の中宮に立てて、長らく外戚として政治を恣(ほしいまま)にしたことで知られます。 先の歌は、寛仁二年(1018)十月の、三女威子の立后の日の祝宴に詠まれたものです。 道長に批判的であったという藤原実資(ふじわらさねすけ 957〜1046)の有名な日記『小右記』に記されて今日に伝えられました。 実資は習慣に背いて返歌を断り、非礼の譏りをかわすためでしょう、皆でこの歌を繰り返し歌うことを提案してその場を凌いだことが記されています。 9月 東京都清瀬市 道長の時代、10世紀末から11世紀にわたる時期とは、日本の国風文化の最盛期にほかなりません。 三船の誉れで名高い才人藤原公任(966〜1041)が『和漢朗詠集』を編み、三蹟の藤原佐理(944〜998)、藤原行成(972〜1028)などが活躍した時代です。 公任は道長と同年。 道長の父はその昔、よくできた公任と息子たちとを較べて不出来を嘆いたと歴史物語『大鏡』に残っています。 また、道長との関係で言えば、ことに書の世界にはなじみ深い藤原行成は、早くに父を亡くした不遇の身を道長の引き立てによって陽の当たる場所に出た人です。 25 東京都清瀬市 行成は忍耐強く、思慮深く、穏和であったと言い、付き合って安心と人に思われる性質でもあったのでしょう、道長の腹心でありながら、必ずしも道長とは利害をともにしなかった一条天皇にも信任され、道長が最も恐れ、自分の娘のために追い落とそうと露骨に迫害した一条天皇の第一の后藤原定子(道長の兄の長女)のサロンとも行成は良好な関係を長く保ちました。 定子に仕えた清少納言の随筆『枕草子』に、非常に好意的に行成が描かれている背後には、定子の父 中関白(なかかんぱく)藤原道隆の死後、掌を反すように道長に靡いた人びとの、清少納言から見てやりきれない信義に悖るさまざまな動きがあったことが想像されます。 行成は圧迫されて辛い暮らしを強いられた定子の方にもとかく足を運んだのです。 しかし、それは単純に行成の義の厚さと見る材料にはならないようです。 一条天皇は死の直前に行成を召して、定子の生んだ皇子、資質も備わった第一皇子を次の皇太子に立てるよう遺言なさろうとしました。 それが叶えば定子の実家中関白家にとっては起死回生のチャンスです。 しかし行成はそれを退け、むしろ天皇に強く迫って彰子腹の皇子すなわち道長の外孫に変更させたことが、行成本人の日記『権記』に残っています。 これが道長の藤原北家の長い繁栄を確実にした瞬間です。 清少納言などとも如才なく付き合い、訪れては味方と思わせる一方で、時局を見る冷徹なリアリストの顔も持っていました。 いわゆる苦労人のタイプだったのかもしれません。 やはり三蹟に数えられる藤原佐理が、いわゆる芸術家肌の破天荒な人で、社会人としての常識を欠いたまったくのダメ人間だった(『大鏡』に、「如泥人」(グダグダの人)と評されています)のと実に対照的に、行成は終始大人らしく身を処して円満な官僚人生を全うしました。 237. 2 東京都清瀬市 さて、話題の才女清少納言を抱える定子のサロンは、定子の父関白道隆が急死するまでは、宮廷社交界の中心でした。 后の御機嫌伺いに貴顕が集いました。 中関白家が衰亡し、不遇のうちに24歳で定子が亡くなった後も、その残像は宮中にむしろ美しく印象深く残ることになりました。 道長は自分の娘の周辺を、かつての定子のサロン以上に魅力的なものにしようと努めて才女を集めました。 『源氏物語』の一部を書いて見出だされたとされる紫式部や天才歌人和泉式部、文才だけでなく良妻賢母として人望が厚かった赤染衛門など、当時話題の才媛が招聘されました。 自らも文学に造詣の深かった道長は、思惑があったにせよ、そうした人びとの文学活動を熱心に援助しました。 日本の文学史上特異な輝きを放つ平安女流文学の、紛れもないパトロンだったのです。 もはや世界遺産といってよい長編物語『源氏物語』五十四帖の執筆は道長の物質的援助なしには実現しなかったでしょう。 3 東京都清瀬市 残された歌や詩を見ると、実はこの「左右好風來」や「望月の... 」の作に限らず、概ね機嫌のよい、線の太い、器の大きさを感じさせる作風です。 それでいて決して繊細さを欠いてもいません。 有能な人の醸し出す独特の魅力というと、思い入れが強すぎるでしょうか。 恐らく能力の一段大きな人で、仮に政治家にならなかったとしても、生きていた場所で一廉の名を残す人になったのではないかと空想します。 『紫式部日記』の記事から、紫式部が、一時期、道長に恋していたのは間違いないと読む研究者は少なくありません。 3 東京都清瀬市 道長は仏教に帰依して、晩年は法成寺を建立して自ら住み、来世を祈りました。 「御堂関白」という通称はこの暮らしに由来します。 栄華を極めたと世間には崇められ、ありがたい例として当時の赤染衛門が書いた『栄華物語』はまさに道長の栄華を描く物語でした。 しかし、六十二年の生涯に、授かった子供に次々先立たれ、悲しみも多い人生であったとも伝わります。 3 東京都清瀬市•

次の

「Is This My World」に関連した英語例文の一覧と使い方

この世 を ば わが 世 と ぞ 思ふ 望月 の 欠け たる こと も なし と 思 へ ば 百人一首

古くより親しまれてきた日本の伝統文学である「短歌」。 花鳥風月の美しさを「五・七・五・七・七」の形式で表現し、歌人の心情を詠みこみました。 今回は「月」にまつわる有名な歌として 「 この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば 」をご紹介します。 この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば 藤原道長 日本人は古来「全てを自分の手に」と云う事を忌み嫌いました。 この後彼は病になり出家、子供に先立たれ、失意の晩年でした。 おやすみ為さいませ💤 — みやのすみれ sumiremiya 自らの権威を誇ったものとして有名な歌ですが、歌人の心情や詠まれた時代背景はどのようなものだったのでしょうか? 本記事では、 「 この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば 」の意味や表現技法・句切れ・作者について徹底解説し、鑑賞していきます。 「この世は私のためにあるように思う。 今宵の満月のように、私に欠ける部分は何一つないと思うので」 という意味になります。 藤原氏一族の栄華を極めた心情を詠んだ一首ということで、教科書でもおなじみの歌です。 古典文学としてよりも、歴史的資料として取り上げられることが多いでしょう。 この歌は勅撰集などの和歌集には記録されていません。 道長自身の日記『御堂関白記』にも載っておらず、藤原実資(さねすけ)の『小右記』に書き残したものが今の世にまで伝わっています。 文法と語の解説• 「この世」という語を強調し、五句体の調子を整えるために用いられています。 「わが世とぞ」 係助詞「ぞ」の形で、「わが世」の意味を強める働きがあります。 「望月(もちづき)」 望月は満月を意味しています。 月の形がまん丸を描いていることなどから、「望みどおりの月」という意味で「望月」となりました。 このことから「完全な」「完成」を例える語としても使われています。 「欠けたる」 「たる」は助動詞「たり」の連用形で、完了・存続・並列を表します。 ここでは、「欠けている」「不足している」と訳すことができます。 「ことも」 名詞などの体言につく係助詞「も」が使われており、並列「~と」・類推「~さえ」などを表しています。 動詞の「思ふ」の已然形「思へ」に「ば」がついているので、「思えば」「思うので」となります。 「この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば」の句切れと表現技法 句切れ 句切れとは、 意味や内容、調子の切れ目を指します。 歌の中で、感動の中心を表す助動詞や助詞(かな、けり等)があるところ、句点「。 」が入るところに注目すると句切れが見つかります。 この歌では二句目の「わが世とぞ思ふ」で流れが一旦切れていますので、 「二句切れ」となります。 二句切れでは、倒置や二つの内容を表現する時に用いられることが多いです。 倒置法 倒置法とは、 語や文の順序を逆にする表現技法です。 あえて文の調子を崩すことで、意味を強める効果があります。 短歌や俳句でもよく使われる修辞技法のひとつです。 この歌でも本来の意味どおりに文を構築すると、「望月の 欠けたることの なしと思へば この世をば 我が世とぞ思ふ」という語順になります。 「この世は私のためにあるように思う」という衝撃的なはじまりに、読み手は「なぜそんな風に考えたのだろうか」と今後の展開を期待させます。 このように倒置法を使うことで、 読み手に強い印象が残り、インパクトを与えることができます。 隠喩法 隠喩とは、 「~のような」などの比喩を表す言葉を使わずに、物事をたとえる表現技法のことです。 印象を強めたり、感動を高めたりする効果があります。 この歌でも今の自分の心情を望月にたとえ、「満ち足りている」「完璧だ」と表現しています。 この当時、朝廷内では熾烈な権力争いが繰り広げられていたため、言外に真意を置く歌が多く、気持ちを直接的に表現することは少なかったようです。 しかし、圧倒的な強者として不動の地位を確立した道長には、周囲へ気兼ねする必要がなかったのでしょう。 隠喩を使いながらも、 誇れる気持ちがストレートに伝わってきます。 第66代天皇:一条天皇・藤原 彰子(長女)• 第67代天皇:三条天皇・藤原 妍子(次女)• 第68代天皇:後一条天皇・藤原 威子(四女) となります。 これは当時としても驚くべきことで、『小右記』にも 「一家三后を立つるは、未曾なり。 」と述べられています。 こうして道長は三皇后を全て自分の娘にすることで、他の藤原氏の中でも特に抜きん出た存在となりました。 この歌が詠まれたのも、まさに一家三后が実現したその時です。 寛仁二年( 1018年) 10月 16日、四女・威子が女御として入内した日、道長の自宅で祝宴が開かれました。 道長は返歌を求めた上でこの歌を詠んだのですが、藤原実資は「御歌優美なり。 酬くひ答えるに方なし(優れた歌で、とても返歌は作れません)」として丁重に断ります。 代わりにその場に居た一同で唱和することを提案したのでした。 道長もこれを大いに喜び、歌が返されなかったことについて責めなかったといいます。 この一首の背景には、 無邪気な道長の姿がありました。 「この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば」の鑑賞 満月にことよせて自身の権威を高らかに歌い上げた道長。 この歌によって、「道長といえば、尊大な権力者」というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。 確かに道長は悲願であった藤原家のゆるぎない地盤の完成を確信し、この歌を詠んだことでしょう。 しかし、この頃すでに道長の目には、 月が欠けていくように権勢の翳りが見えていました。 道長は 30代の頃から様々な病気を繰り返し、晩年は糖尿病やその合併症に苦しんでいます。 この歌が詠まれる前年の寛仁元年( 1017年) 2月、従一位・太政大臣を辞任し、寛仁三年( 1019年) 3月には剃髪して 出家しています。 これらの行動は、まだ隠居するほどの年齢ではなかったことから、おそらく健康状態を考慮してのことだと考えられます。 だとすると、この歌は酒の酔いに任せ「今まさに絶頂期にあるのだ」と強がってみせたもので、 「このまま月が欠けなければよいのに」という本音が吐露されているのかもしれません。 また、道長が著した『御堂関白記』にはこの夜の宴についての記載はありますが、和歌については触れられていません。 道長にとってはあまり深い意味がなかったのかもしれません。 作者「藤原道長」を簡単にご紹介! (藤原道長 出典:) 藤原道長( 966年~ 1027年)は、平安時代中期の公卿です。 法成寺を建立したことから「御堂関白」とも呼ばれますが、実際は関白の地位についたことはありません。 藤原北家、摂政関白太政大臣・藤原兼家の五男で、当初は有能な兄に隠れあまり目立つ存在ではありませんでした。 しかし 30歳の頃( 995年)、長兄関白・道隆と三兄・道兼が相次いで病没し、出世の道が開きはじめます。 さらに翌年には長徳の変で兄の子との政争にも勝ち、左大臣に昇進しました。 35歳( 1000年)のとき、すでに定子(道隆の娘)という皇后がいる一条天皇に、娘の彰子を入内させます。 そうして生まれた皇子が後一条天皇として即位し、初めて孫となる天皇の摂政をとりました。 さらに続々と自分の娘を中宮にさせ、一家三立后を成し遂げた道長は実質上最高の権力者となります。 誰もがうらやむ栄華を極めた道長でしたが、この摂政の地位をたった一年で辞し、息子の頼道に譲っています。 糖尿病とその合併症を患っていた道長は、政界から引退した後に、 54歳( 1019年)で出家しました。 死期が近づく中で壮大な法成寺を建立し、そこで病気療養しながら静かに暮らします。 浄土教にすがり極楽浄土を願うも、 62歳( 1028年)にこの世を去りました。

次の

【今日の短歌】この世をば我(わ)が世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば (藤原道長)

この世 を ば わが 世 と ぞ 思ふ 望月 の 欠け たる こと も なし と 思 へ ば 百人一首

タグ 聖徳太子 5分で知る偉人! 坂本龍馬 5分で知る偉人! 名言 フリーメイソン トーマス・グラバー 紫式部 清少納言 藤原道長 織田信長 家紋 武田信玄 上杉謙信 濃姫 福沢諭吉 千利休 一休さん 一休宗純 西郷隆盛 近藤勇 徳川家康 豊臣秀吉 徳川光圀 水戸黄門 土方歳三 新選組 明智光秀 本能寺の変 宮本武蔵 巌流島の戦い 佐々木小次郎 真田幸村 小野小町 ねね 細川ガラシャ お市の方 まつ 芳春院 浅井長政 芥川龍之介 夏目漱石 茶々 淀殿 初 江 石田三成 井伊直弼 和宮 北条政子 卑弥呼 東郷平八郎 天武天皇 中大兄皇子 天智天皇 蘇我入鹿 持統天皇 推古天皇 聖武天皇 中臣鎌足 大化の改新 源頼朝 源義経 勝海舟 高杉晋作 北条早雲 北条時宗 直江兼続 小野妹子 足利尊氏 室町幕府 後醍醐天皇 足利義満 伊達政宗 フランシスコ・ザビエル 井伊直政 島津義弘 毛利輝元 細川忠興 前田利家 保科正之 島左近 竹中半兵衛 黒田官兵衛 加藤清正 毛利元就 上杉景勝 新田義貞 二宮尊徳 二宮金次郎 斎藤道三 司馬遼太郎 本居宣長 豊臣秀頼 塙保己一 ヘレンケラー 徳川綱吉 徳川吉宗 大石良雄 天草四郎 大塩平八郎 小林一茶 新井白石 春日局 支倉常長 シーボルト 楠本イネ 黒田長政 親鸞 徳川秀忠 徳川家光 近松門左衛門 伊能忠敬 高野長英 井原西鶴 最澄 空海 平清盛 源義朝 松尾芭蕉 市川団十郎 杉田玄白 青木昆陽 関孝和 滝沢馬琴 行基 鑑真 桓武天皇 石川五右衛門 雪舟 柳沢吉保 都市伝説 藤原秀衡 北条時政 藤原定家 後鳥羽上皇 北条泰時 遠山景元 大岡忠相 江川英龍 緒方洪庵 今川義元 大友宗麟 松平定信 田沼意次 平賀源内 水野忠邦 徳川慶喜 チンギス・ハン フビライ・ハン マルコ・ポーロ 吉田松陰 出雲の阿国 狩野永徳 足利義政 楠木正成 世阿弥 観阿弥 宗祇 山田長政 菱川師宣 シャクシャイン ペリー 岩倉具視 三井高利 大久保利通 明治天皇 ハリス 樋口一葉 新渡戸稲造 沖田総司 伊藤博文 大隈重信 野口英世 板垣退助 井伊直虎 宮崎安貞 葛飾北斎 歌川広重 津田梅子 クラーク博士 陸奥宗光 田中正造 小村寿太郎 北里柴三郎 平塚らいてう 内村鑑三 森鴎外 与謝野晶子 滝廉太郎 高峰譲吉 黒田清輝 幸徳秋水 石川啄木 尾崎行雄 西園寺公望 犬養毅 吉野作造 原敬 島崎藤村 宮沢賢治 小林多喜二 市川房枝 マッカーサー 湯川秀樹 吉田茂 田中角栄 ネタ 前田利常 ペドロインファンテ イケメン ヤン・インゲンホウス 佐藤栄作 マレーネ・ディートリヒ ハー・ゴビンド・コラナ アラン・ペイトン 周有光 ケティ・フラド セルゲイ・エイゼンシュテイン モーツァルト ヴァージニア・ウルフ パウラ・モーダーゾーン=ベッカー アインシュタイン ジョージ・ピーボディ 猿橋勝子 ハナー・グラス マヤ・アンジェロウ マリア・フェリックス エミール・ベルリナー エジソン ジョルジュ・ルメートル クルト・マズア ドナルド・ブラッドマン オスカー・シュレンマー 橋本左内 アンケート いだてん 歴史クイズ タイラス・ウォン 三島弥彦 関ヶ原の戦い ド・レペ 藤田嗣治 バルトロメ・エステバン・ムリーリョ クラリッセ ・リスペクトール テレサ・カレーニョ 田畑政治 高石勝男 薩長同盟 レフ・ランダウ 池田屋事件 君の名は。 瀬織津姫 イグナチオ・デ・ロヨラ お札 煕子 神社 神様 人気の偉人 忠臣蔵 吉良義周 赤穂事件 古代文字 豊臣秀次 土偶 埴輪 最上義光 長谷堂城の戦い 京極高次 戊辰戦争 細谷十太夫 外山脩造 河井継之助 長岡半太郎 会津藩家訓 庄内藩 酒井忠次 酒井玄蕃 大石内蔵助 仁科信盛 解体新書 夏目吉信 源頼政 織田長益 甲陽軍鑑 佐久間盛政 柴田勝家 会津藩 長州藩 宇喜多直家 木曾義仲 渋沢栄一 岡田以蔵 前田慶次 池田輝政 岡潔 松平定敬 松平容保 徳川茂徳 徳川慶勝 河野安通志 押川春浪 橋戸信 三島通庸 小栗忠順 吉田兼見 嘉納治五郎 古今亭志ん生 美濃部孝蔵 河上彦斎 五稜郭 松平乗謨 斎藤利三 明智秀満 相楽総三 キスカ島撤退作戦 木村昌福 樋口季一郎 足利義輝 豊臣秀長 織田信秀 佐々木只三郎 斎藤義龍 ブリュネ 榎本武揚 島津義久 島津歳久 小田氏治 島津家久 藤原不比等 林忠崇 斎藤龍興 稲葉一鉄 氏家卜全 氏家直元 佐竹義重 本多忠勝 歴史アンケート 石川数正 馬場信春 本多正信 徳川家茂 弥助 榊原康政 鳥居元忠 山本義路 山本帯刀 足利義教 関鉄之介 中川清秀 山本勘助 楢山佐渡 遠藤七郎 秋山真之 日露戦争 小山田信茂 深芳野 お船の方 石原莞爾 町野主水 愛姫 小田野直武 佐竹義敦 小林虎三郎 内ケ島氏 白川郷 ウィリアム・ラムゼイ卿 教師の日 水野勝成 ジョゼフ・プラトー 楠瀬喜多 ナイチンゲール 五郎八姫 伊達成実 ガロン 高松凌雲 義姫 イグナーツ 目次• 藤原道長、プロフィール 藤原道長(ふじわら の みちなが) 出生地 京都 生誕 966年 死没 1028年1月3日 享年 62歳 時代 平安時代 かんたんな経歴、何した人?どんな人? 藤原兼家の五男として生まれた藤原道長。 父は摂政(天皇の代わりに政治をする職)でした。 有能な兄が病死したのをきっかけに左大臣として政権を掌握します。 この時期の貴族は、才能だけあっても成り上がれません。 藤原道長は、娘を4人も天皇に嫁がせます。 もし娘に子どもが出来てその子どもが天皇になったら自分はおじいちゃんになるわけですから摂政として強大な権力が手に入るのです。 藤原道長は、子だくさんだったのでこの技が使えたのです。 藤原道長は、長女である彰子を一条天皇の元へ入内させ、 敦成親王が生まれます。 この時の藤原道長は大喜びだったと、あの有名な「紫式部日記」に書いてあるほどです。 この敦成親王が後一条天王として即位する(なんと9歳で!)と、道長はついに摂政となり権威を奮いました。 このように天皇の祖父として好き勝手していた藤原道長ですが、晩年には病(糖尿病だと言われています)を患いました。 そして自分の権威を知らしめるために法成寺を建立し62歳で亡くなりました。 摂関政治ってなに? 摂関政治ってなに?ってことですね。 そもそも摂関政治とはどういったものなのでしょうか? 「摂関政治とは、摂政(せっしょう)や関白(かんぱく)が行う政治のこと」であって頭文字をとって摂関政治と言われています。 摂政は、天皇が幼かったり女性だったりした場合、代わりに政治を行う人のこと。 関白は、天皇が成人した後も代わりに政治を行う人のことです。 超有名どころだと、聖徳太子は摂政。 豊臣秀吉は関白でしたね。 この摂政や関白は誰でもなれる役職ではありません。 もともと天皇の血筋をもっている人が選ばれていたのですが、藤原良房が天皇家以外で初めて摂政となってから藤原氏の摂関政治が続いたのです。 ちなみに藤原道長の父親である藤原兼家も摂政です。 まとめ 藤原道長は、内覧といって天皇よりも先に重要な書類に目を通すことが出来る資格を得ました。 この資格を持っていると摂政や関白よりも政治に強い権利があるのです。 藤原道長は、天皇に娘を嫁がせるだけではなく自分自身は内覧の権利を行使して政治に関わっていたのです。 紫式部が書いた「源氏物語」の主人公光源氏は藤原道長をモデルとしていると言われていますので、ぜひこのことを頭において読んでみてくださいね。 ということで、 藤原道長を5分で!「この世をば~」の意味、摂関政治ってなんぞや?でした。 最後まで読んでいただきありがとうございます^^.

次の