プレサンス コーポレーション 社長 逮捕。 プレサンスの社長逮捕・会社・レオパが話題

プレサンスコーポレーションの社長が逮捕されました。 私はこの会社の投資用マンションを持っていますが、この先一体どうなるんでしょうか?

プレサンス コーポレーション 社長 逮捕

大阪観光大(大阪府熊取町)などを運営する学校法人明浄(めいじょう)学院をめぐる21億円の横領事件で、大阪地検特捜部は16日、業務上横領容疑で、東証1部上場の不動産会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市)社長、山岸忍容疑者(56)=神戸市東灘区=を逮捕した。 捜査関係者によると、これまでの調べに対し容疑を否認しているという。 事件の逮捕者は6人になった。 事件をめぐっては、特捜部が5日、法人元理事長の大橋美枝子(61)やプ社社員の小林佳樹(54)、不動産会社「ピアグレース」(大阪市)役員の山下隆志(52)ら5容疑者を逮捕している。 法人は運営する明浄学院高(大阪市阿倍野区)の土地の一部約7300平方メートルを売却し、その資金で老朽化した校舎の建て替えを計画。 平成29年7月、ピア社と約31億円の売買契約を締結した。 関係者によると、土地はプ社が買い取る予定で、法人に支払われた手付金21億円はピア社を介し、プ社が支払った。 関係者によると、大橋容疑者が法人経営を掌握するために調達した18億円の資金源が山岸容疑者だったとみられる。 山岸容疑者の逮捕容疑は、大橋容疑者ら5人と共謀し、売買契約の締結直後、仲介した別の不動産会社「サン企画」(同府吹田市)名義などの複数の預金口座に21億円を順次送金し、横領したとしている。 特捜部は10月、法人やサン企画、プ社などの関係先を家宅捜索していた。 プ社のホームページによると、同社は9年に設立し、25年に東証1部に上場。 マンション供給戸数は近畿圏で9年連続トップを誇る。

次の

【逮捕】プレサンス社長:山岸忍の資産↓出身高校+大学や経歴

プレサンス コーポレーション 社長 逮捕

マンション販売大手 プレサンスコーポレーション(3254)の社長が逮捕されたとのことで株価が2日連続で大大大暴落しています。 地獄の株価大暴落 ぐえええええええ 昨日は ストップ安。 今日も大幅下落しています。 2日前まで1800円くらいだったのが、もう1100円台です。 奈落の底へようこそ!!!! ホルダーの皆さんにとっては悲しい状態ですが、新規に購入を検討している方には安く買えるチャンスかもしれません。 ただし、まだ明るみになってないやばい情報が出てくる可能性もありますので、リスクを避ける場合は様子見したほうが良さそうですね。 いったい社長はどんな悪い事をした? などを運営する学校法人「」を巡る21億円の横領事件で、既に逮捕されている法人の元理事長ら5人と共謀した疑いで、逮捕されたようです。 これはアカンやつや 会社側は 「お客さまや株主にご心配、ご迷惑をおかけしておりますことを深くおわび申し上げます」と謝罪するコメント文を発表しています。 この社長さん、業界内で「やり手」と称され、経営手腕も評判だったそうですね。 平成9年に前身の不動産会社を設立し、平成25年には、1部に上場を果たしています。 ものすごい勢いで成長してきていたのに、こんなことになるなんて・・・。 大暴落は買いのチャンスか? この問題だけなら社長が逮捕されただけで業務には特に影響なしとみて、買いを入れる人もいることでしょう。 しかし、去年の騒動のように、新しい問題が次から次へと明るみになっていくパターンも考えられますので、飛び込むのはちょっと怖いですよね。 また、「やり手」の社長がいなくても、これまでどおりの調子でビジネスを継続していけるかどうかは疑問が残ります。 今後の用地取得や銀行からの融資に支障が出る可能性も否定できません。 大きい企業だと大丈夫だとは思いますが、小規模企業だとやり手の社長もしくは、優秀な社員が1人抜けただけで会社が傾くってわりとよく聞く話です。 よって、今の段階では事業価値や資産価値が大きく毀損するのかどうかまったく読めない状況です。 手堅い運用を心がけている人は投資を控えるべきだと思います。 関連記事。 で瀕死状態に追い込まれたお義父さんの話。 恐ろしや。 プレサンスのマンションに住んでいる人への影響 やはり個別株投資はこういった不祥事発生リスクが伴いますね。 しかもこんなものいつ発生するのか普通の投資家にはまったく予測できません。 私は投資資金の大部分をに移したので比較的安心して継続できています。 個別株も買いますが、今後もほどほどにしておこうと思っています。 やっぱり個別株よりのほうが安心です。 【後日追記】その後の株価推移 騒動から1ヶ月半ほど経った今株価を見てみると・・・ な、なんと 1300円前後で推移してました。 おめでとうございます。 さて、今後どうなることやら。 に参加しています。

次の

プレサンスコーポレーション(3254)の社長逮捕!今後の株価はどうなる?

プレサンス コーポレーション 社長 逮捕

特捜部は山岸容疑者の認否を明らかにしていない。 【関連記事】• 事件を巡っては、法人の元理事長、大橋美枝子容疑者(61)や不動産会社「ピアグレース」(同市中央区)元代表取締役、山下隆志容疑者(52)、プレサンスコーポレーションの部長、小林佳樹容疑者(54)ら5人が同容疑で逮捕されている。 特捜部は大橋容疑者らの調べを進めるなかで、山岸容疑者が事件に関与した疑いが強まったとして、逮捕に踏み切ったとみられる。 山岸容疑者の逮捕容疑は、大橋容疑者らと共謀し、2017年7月ごろ、明浄学院が運営する明浄学院高(大阪市阿倍野区)の土地の売買を巡り、ピアグレースが明浄学院に支払った手付金21億円を、池上邦夫容疑者(70)が代表取締役を務める不動産会社「サン企画」(大阪府吹田市)の口座に振り込み、さらに別の口座に順次送金するなどして着服した疑い。 プレサンスコーポレーションはピアグレースから明浄学院高の土地を最終的に取得する予定だった。 手付金21億円の原資はプレサンスコーポレーションから支払われていたとみられ、着服の過程で手付金の一部が山岸容疑者側に還流していた可能性がある。 大阪地検特捜部は10月、業務上横領の疑いで法人やサン企画、プレサンスコーポレーションなど関係先を家宅捜索した。 また法人によると、元理事長は18年4月、自身が取締役を務める関連会社に大阪観光大の運営資金1億円を振り込むよう法人職員に指示して流用した疑いがあり、特捜部が経緯を調べている。 プレサンスコーポレーションは、1997年に大阪市内で創業し、近畿や東海、中京エリアの都心部を中心に単身者や家族向けマンションの企画・開発や販売を手掛けてきた。 13年に東証1部に上場し、従業員数は19年3月時点で約600人。 19年3月期の売上高は1605億円だった。 中国・九州地方でのシェア拡大や不動産事業の海外展開などにも力を入れ、事業拡大を図っていた。

次の