鉄道 ダイヤ 改正 ニュース。 2020年3月鉄道ダイヤ改正「新登場」どれに注目か? 常磐線・ひのとり・サフィール…

2019年01月: 鉄道ダイヤ改正ニュース

鉄道 ダイヤ 改正 ニュース

tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , 2020年、鉄道では虎ノ門ヒルズ駅など新駅の開業や「N700S」など新型車両の運転開始、富山や神戸ではサービスの一体化が予定されています。 そして長期間不通だった区間の運転再開や、一方で路線廃止も。 どんな一年になるでしょうか。 1月~3月、ダイヤ改正のほか、災害から復旧する路線など 2020年、鉄道にはどんなことが予定されているでしょうか。 おもな内容を見ていきます。 銀座線の渋谷駅が移設してリニューアル開業 1月3日(金)、東京メトロ銀座線の渋谷駅が明治通り上空へ移設され、始発から供用開始されます。 東京メトロ銀座線 渋谷駅の新駅舎イメージ(画像:東京メトロ)。 この工事は2009(平成21)年から進められていたものです。 2019年12月28日(土)から2020年1月2日(木)にかけて、最後の線路切替工事とホーム移設工事が行われます。 新駅舎は「M」をモチーフに湾曲したホーム屋根が特徴。 ホームは6mから12mに拡幅、バリアフリー設備も拡充されています。 富山の路面電車が南北一体で運行 2月22日(土)、富山ライトレールが富山地方鉄道に吸収合併されます。 あわせて、両社が富山駅の南側と北側でそれぞれ運行している路面電車の線路が接続され、一体運行が行われます。 運賃は現行の制度が維持され全線均一。 大人が210円、子どもが110円です。 開業時の起点、富山駅北停留場の富山ライトレール。 新線は、JRなどの富山駅をくぐり富山地方鉄道と接続する(2008年12月、児山 計撮影)。 ダイヤ改正で新車デビュー、常磐線や三陸鉄道が全線復旧 1997(平成9)年に登場し、東海道・山陽新幹線を走った700系電車が、3月8日(日)をもって東海道新幹線から引退します。 最終走行列車は東京9時47分発の臨時「のぞみ315号」で、「『ありがとう東海道新幹線700系』のぞみ号」として運転されます。 3月14日(土)は、JR・私鉄各社がダイヤ改正を行います。 新型車両ではJR東日本の「サフィール踊り子」、近畿日本鉄道の「ひのとり」などの特急車両がデビューします。 ほかにも輸送力が増強され、東海道新幹線の「のぞみ」が最大で片道毎時12本運転されるほか、JR西日本の関空特急「はるか」の全列車9両編成化、JR北海道の快速「エアポート」の増発など、空港利用客に対応したサービス改善も目立ちます。 高輪ゲートウェイ駅の駅舎内イメージ(画像:JR東日本)。 また同日には、JR東日本の高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)が開業します。 東日本大震災の影響で、最後まで不通となっている常磐線の富岡~浪江間は、年度末までの全線復旧が予定されています。 3月20日(金)は、台風19号の影響で一部運休していた三陸鉄道が全線で運行を再開します。 復旧後の3月22日(日)には、東京五輪の聖火を乗せての運行も予定されています。

次の

あのシベリア鉄道が「遅く」しかし「より快適」に? 7月ダイヤ改正、全線走破経験者が読み解く: J

鉄道 ダイヤ 改正 ニュース

全車両にシャワー室が付いた新型車両に シベリア鉄道を運営するロシア鉄道は7月に同線のダイヤ改正の内容を発表した。 目玉はロシアを代表する名称列車「ロシア号」の停車駅倍増と車両更新である。 「ロシア号」は極東ロシアのウラジオストクとモスクワを結び、シベリア鉄道全線走破ができることから外国人観光客から人気を集めている列車である。 「ロシア号」の変更ポイントは以下のとおりだ。 参考までに改正前のウラジオストク6月22日発のモスクワまでの所要時間は6日1時間48分、改正後のウラジオストク7月28日発は6日17時間40分となっている。 また車両も更新される。 新型車両の投入により、各車両にシャワー室が設置されることになった。 従来は1等車しかシャワー室がなく、あくまでも補助的な位置づけだった。 このように「遅く」「快適に」なる「ロシア号」だが、停車駅が少ないウラジオストク~モスクワ直通61・62列車も設定される。 ウラジオストクからモスクワまでの61列車の所要時間は6日1時間48分(8月10日発)となり、ダイヤ改正前の「ロシア号」と同じ所要時間だ。 ただし61・62列車は毎日運行ではなく、「ロシア号」に投入される新型車両は用いない模様だ。 中間客利用重視の表れか 筆者は2018年末にシベリア鉄道全線走破を達成した。 車内でロシア人乗客に聞くと、空港がない町へ行く際にシベリア鉄道を利用し、飛行機で行けるところは飛行機で行くというスタンスだった。 毎日運行になり、新型車両に置き換えた上で停車駅を倍増する「ロシア号」の方針を見ると、明らかに中間客利用を重視しているように思える。 ところでシベリア鉄道全線走破をした方なら、同乗客から食料をもらったことはないだろうか。 筆者が乗車した時は短距離利用(1泊2日)が多く、ロシア人乗客であっても食料を十分に持ち合わせていないことがあった。 これからシベリア鉄道全線走破する方は乗車前にスーパーマーケットで十分に食料を確保することをおすすめする。 (フリーライター 新田浩之).

次の

鉄道ダイヤ改正ニュース

鉄道 ダイヤ 改正 ニュース

新型車両投入で8両固定編成登場へ! JR東海では2021年度から2025年度にかけ新型車両315系を投入する。 形式名称は315系で、313系から2を足すこととなった。 JR他社と比べれば普通に付番したように思えるが、新幹線は3車種続いて700を使用しているし、特急型気動車はキハ85系をHC85系で更新するため85を使用し続ける見込みだ。 313系の前面曲面仕様が113系をモチーフにつくられたものであるとするなれば、315系の角ばった前面形状は211系をモチーフにしているのだろう。 今回の新型車両投入では315系を352両投入する。 JR時刻表を刊行している交通新聞社の交通新聞によれば、内訳は8両固定編成が23本と4両固定編成を42本投入するとしている。 313系のように2両だの3両だの4両だの6両だの「セントラルライナー」専用仕様だの発電ブレーキ搭載だので番台を細かく区分する必要はなく、2種類に集約するようだ。 これにより JR東海史上初の通勤型電車による8両固定編成を導入することとなった。 そもそも増結して8両にするのは名古屋都市圏を走る名鉄でも行っているのだが、 通勤型車両による8両固定編成となると名古屋都市圏では初となる。 通勤型電車による8両以上の固定編成は東京都市圏ではよく行われているが、大阪都市圏ではOsaka Metro 御堂筋線の10両固定編成 及び直通する北大阪急行、JR西日本、阪急、京阪の5社しか行っていない。 世界的に見ても通勤型電車の8両以上の固定編成を運転しているのはソウルメトロ及びKORAILの走るソウル都市圏、北京地下鉄、上海地下鉄、広州地下鉄など人口2,000万人程度かそれ以上の人口規模の都市圏では行っているものの、それより人口規模が小さいと原則6両固定編成が最大となることが多い。 1,100万人の人口を擁するパリ都市圏も地下鉄の最大固定両数は6両で、例外はロンドン都市圏の8両固定編成と香港都市圏の最大12両固定編成くらいしかない。 人口1,000万人程度の名古屋都市圏で8両固定編成を持つというのは突飛ではないものの、かなり珍しいことである。 新型車両投入で国鉄、昭和、平成1ケタ消滅へ 今回の新型車両315系の投入では、少なくとも211系を置き換えることは内定している。 211系、213系、311系の3車種の合計は338両で、315系の導入予定本数352両の方が14両多い。 つまり315系の投入が完了する見込みの2026年3月ダイヤ改正時点では、JR東海の持つ通勤型電車は313系と315系の2車種のみになるほか、場合によっては313系の置き換えも始めている可能性がある。 中央線「セントラルライナー」用だった313系8000番台3両編成6本も置き換え対象に入っているということなのだろうか。 もしこれらの車両置き換えが実現するのであれば、国鉄時代に製造した211系8両のみならず、昭和63年に製造した残りの211系や平成に入ってから製造したJR東海管内の213系や311系も置き換え対象ということになる。 駅名標や車両符号などの書体やドア閉時の笛はガッツリ昭和国鉄なのに、車両は全て平成以降に投入した車両に統一するようだ。 名古屋を発着する近鉄名古屋線は大手私鉄の幹線のはずなのに令和になっても通勤型車両がオール昭和なのだが、JR東海の車両更新サイクルがやや早いせいかいろいろなところと足並みがあっていないような気がするのは気のせいだろうか? また大和路線大和路快速やJR京都線・JR神戸線快速などでほぼ最前線で運用中のJR西日本221系と経年数が同じ311系4両固定編成をJR西日本岡山支社に恵むだけでも相当な社会貢献だと思うのだが、JR東海の315系の投入を完了して311系が全車解体または他社転属してもJR西日本に113系や115系が元気に残っていると思うのは私だけだろうか… なお新型車両315系の投入線区は「名古屋・静岡都市圏を中心に、中央本線、東海道本線、関西本線等に順次投入する計画」としている。 まず8両編成が入り得るのは最大10両での運転を行っている中央線と最大8両での運転を行っている東海道線となる。 ただ東海道線のうち静岡地区では8両での運転は平日に1往復のみとなっているため8両固定編成の投入は非現実的であり、名古屋地区のみとなるのだろう。 そうなると、自動的に関西線と静岡地区の東海道線には4両固定編成を導入することとなる。 このほか、3線区「等」と記載しているため、他線区にも投入する可能性がある。 考えられるのは最大で5両編成を運転している御殿場線と最大で4両編成を運転している武豊線だろう。 身延線や飯田線、中央線中津川~塩尻間は原則2両編成のため、最小でも4両固定編成の315系の乗り入れは難しそうだ。 それでは投入する各線で新型車両導入に伴いどのようなダイヤを組むのか、見ていこう。 東海道線名古屋地区では快速以上を8両固定編成のみで運用か まずは名古屋地区東海道線の車両を管理する大垣車両区では新型車両315系をどのように配置するのだろうか。 そもそも名古屋都市圏は旧来の予測を覆し2020年現在も人口が増え続けており、恐らく2030年頃までは人口増加傾向になるものと思われる。 つまり新型車両315系の投入計画が決まっている2026年度までは減車・減便を考える必要はなく、むしろ増車を考える必要さえあるほどだ。 2020年現在東海道線では新快速・快速が昼間でも毎時1本以上は名古屋地区東海道線で最長の8両で運転しているし、土休日も少なくとも毎時2本は8両で運転している。 このほかに311系は武豊線直通運用で2運用あるので、先述の313系4両編成2本つないだ8両編成と車両を交換して武豊線は313系で統一するのだろう。 そう考えると、東海道線の8両運用を全て置き換えるのに必要な本数は8両固定編成23本で、315系の8両固定編成の導入本数と一致する。 つまり 315系の8両固定編成23本は全て東海道線用として投入するということなのだろう。 でもどうせロングシートの315系8両固定編成を全て東海道線に投入し東海道線の快速以上を全て315系8両固定編成で運転するのであれば、 8両中1両を名鉄特別車やJR北海道千歳線快速エアポートuシートのような着席保証車にしてしまえばいいじゃない。 そもそも名古屋地区の東海道線は国鉄時代の大幅な値上げを名鉄との競合を理由に名古屋を起点として主要駅への利用の際にJR東日本やJR西日本の電車特定区間と同水準の特定運賃を設定することで大幅値引いている。 そんな中わざわざ名鉄より安い特定運賃を敷いたって収入は減るだけで、名鉄から客を奪ったって特定運賃の敷いていない中央線より1km当たりの乗客単価は少なくなってしまう。 それを補うために、8両固定編成のうち1両に着席保証の特別車を設け、終日に渡り料金を徴収することで特定運賃設定による減収分を補填しようとしているのではないだろうか。 もし東海道線の快速以上に特別車を設けるのであれば、名鉄特急特別車利用者層の旅客を奪うことができ、一石二鳥である。 名古屋地区東海道線の313系は転換クロスシート車なのであえて特別車に付加価値を付けるために普通車をロングシートとするために記載した可能性もあるが、そもそも従来通り普通車しか連結する気がなく全てロングシートとする可能性も十分考えられる。 つまり 名古屋地区の東海道線でクロスシートに乗りたいなら、315系導入前がオススメである。 特別車というおいしい特典をJR東海は活かすことができるのだろうか。 中央線で3両固定編成を淘汰か では次に名古屋地区中央線では新型車両315系をどのように配置するのか。 中央線名古屋~中津川間では、4両、6両、8両、10両で通勤型電車を運転している。 神領車両区には3両編成の211系や313系が多くあるが、2本つないで6両として運用することが多い。 つまり、 名古屋地区の中央線に奇数両の固定編成は要らないのだ。 そう考えると運転台を削って導入コストも抑えられる長編成化を行った方が合理的である。 昼間に一部で8両での運転を行っているので8両固定編成での導入も良いが、いかんせん神領車両区には十分な2両編成がないほか東海道線用に使いきってしまった。 そこで名古屋地区東海道線に315系8両固定編成を導入し玉突きで追い出した313系6両固定編成を神領車両区に転属させ、昼間は6両固定編成、朝夕ラッシュ時は新型車両315系を含む4両固定編成を連結した10両での運転が良いのではないだろうか。 そう考えると、中央線で起こり得る車両の置き換えは、313系及び211系の3両編成2本分で313系6両編成1本分で置き換え、211系4両編成を新型車両315系4両編成で置き換えということになるのだろう。 211系3両編成は17本、313系3両編成 普通用 は10本あるから、東海道線から転属してくる313系6両編成17本で置き換えが可能だ。 いや、ここで中央線「セントラルライナー」用3両固定編成6本も置き換え対象にしてしまえば、ほぼきれいに6両編成17本と置き換えができる。 どうやら 313系8000番台旧「セントラルライナー」用編成も置き換え対象に入っているとみていいようだ。 なお313系3両編成のうち少なくとも普通用は廃車対象には入っていないはずなので、静岡車両区に転属させるのではないだろうか。 神領車両区の313系は転換クロスシート車ではあるが、静岡車両区の313系も2両編成の一部は転換クロスシート車だし、朝夕には東海道線に入り得る。 そう考えると別に転換クロスシートの3両編成だからと言って静岡に転属させてはいけない理由にはならないだろう。 また神領車両区の211系4両編成は22本あることから、新型車両315系も4両固定編成22本投入して置き換えるのであろう。 こうすることで、これまで10両で運転するには運転台が6か所に入ってしまっていたものを、新型車両315系導入後は4か所で済み定員増加を図ることができる。 ただ、313系6両固定編成は全てクロスシート車のため、ラッシュ時の混雑が激しい中央線にはやや不向きな気もするが、車両繰り上そうしないとやりくりが付かない。 では神領車両区に8両編成を集中投入するという人に告ぐ。 つまり、中央線に8両固定編成を導入するメリットがないのだ。 そう考えると、315系8両固定編成は東海道線への導入が主で、中央線は主に4両固定編成の導入となりそうだ。 関西線では211系の置き換えのみか では名古屋地区JR東海在来線で3番目の利用を誇る関西線では新型車両315系はどのように配置するのだろうか。 そもそも関西線の電車は神領車両区に所属していることから、朝夕ラッシュ時を中心に運転する4両編成は中央線と共通運用と化してしまっている。 そのため2020年現在211系4両編成による関西本線運用があり2026年までに315系に置き換えられることは間違いない。 そう考えると、今回の315系投入に伴い朝ラッシュ時も3両固定編成を2運用設定して混雑率を緩和する可能性は考えられなくもないのだが、そのためには神領車両区に関西線の朝夕ラッシュ時専用の313系3両固定編成を配置するということになる。 では関西線は5両編成までしか運転できないのか。 快速みえや特急「ワイドビュー南紀」は通常は最大4両での運転であるが、特急「ワイドビュー南紀」は多客期に最大6両編成での運転を行っている。 関西線は単線区間が多いため6両編成の運転ができるということは6両編成の列車交換ができるということであり、6両編成での運転が可能なはずだ。 またJR東海発足後に設置した春田も7両分のホームがあることから、6両編成での運転は可能である。 そう考えると、315系の投入が進むにつれ関西線で朝夕に限り6両運転を開始する可能性はありそうだ。 なお213系は2020年現在飯田線のみで運用しているが、名古屋地区東海道線や関西線で315系投入により余った313系2両編成で置き換えるのであろう。 投入スケジュールはどうなる では以上を踏まえた上で、名古屋地区の315系投入スケジュールはどうなるのだろうか。 まずJR東海が一番やりたいのは中央線に残る211系のうち国鉄時代に投入した4両編成2本を置き換えることなので、新型車両315系4両固定編成を中央線に真っ先に投入するのは間違いなさそうだ。 ただ、その後の投入スケジュールは不透明な点が多い。 もし東海道線の快速以上に特別車を設けるのであれば、短期に投入して特別車サービスをとっとと始めて少しでも早く稼ぎたいところである。 そう考えると次に投入するのは東海道線向け8両固定編成になるはずで、早いと8両固定編成の投入は2023年3月のダイヤ改正までに終わりそうだ。 ただ平日朝ラッシュ時には311系8両編成による新快速を運転しているため、311系の置き換えが必須となる。 そのまま置き換えて廃車にしてしまうと、211系より先に311系が廃車になってしまう といっても製造年は3年程度しか変わらないのであるが。 そう考えると、315系8両固定編成を23本短期間に投入したのち、311系を一時的に古巣中央線に転属し、先に211系4両固定編成の大部分を置き換える可能性がありそうだ。 あとは、315系8両編成の投入により玉突きされた313系6両固定編成を中央線に転属させ211系3両固定編成を廃車にし、315系4両編成で中央線に残った211系4両固定編成及び311系を置き換えてしまえば、名古屋地区の在来線電車は313系と315系の2車種のみに限定しそうだ。 これにより大きく東海道線では315系8両固定編成と313系4両編成及び2両固定編成、中央線名古屋~中津川間では313系6両固定編成と315系4両固定編成が運用することとなり、大きく簡素化されそうだ。 結び 今回の2026年3月までに実施予定のJR東海名古屋地区ダイヤ改正では、新型車両315系の投入により211系及び213系、311系のほか313系8000番台も置き換え対象となっている可能性が高いことから、名古屋地区の在来線電車は315系と313系の2車種のみに再編することとなった。 また8両固定編成が東海道線のみに投入する公算が高いことから、東海道線の快速以上で名鉄特別車のような着席保証サービスを実施する可能性もある。 今後JR東海名古屋地区の在来線でどのようなダイヤ改正を実施し、どのようなサービスを提供するのか、見守ってゆきたい。

次の