プリンタ ドライバ アン インストール。 Удаление принтера Dell, загрузка и установка драйверов принтера, программное обеспечение, руководства и микропрограмма

デバイスドライバーを完全に削除する

プリンタ ドライバ アン インストール

ドライバ ファイルを削除する前にこれらの操作を行わなかった場合、「アクセスが拒否されました」または「プリンタが使用中です」というエラーメッセージが表示されることがあります。 システムから完全にプリンタ ドライバ ファイルを削除するには、次の操作を行います。 次のいずれかを実行して、 [プリント サーバーのプロパティ]ダイアログ ウィンドウを開きます。 [スタート]メニューまたは[スタート]画面から実行:• [デバイスとプリンター]を開きます。 任意のプリンタを選択し、次にウィンドウの上部の[プリント サーバー プロパティ]をクリックします。 [ドライバー]タブをクリックします。 Windows XP システムの場合:• [ファイル]メニューをクリックし、[サーバ プロパティ]を選択します。 [ドライバー]タブをクリックします。 アンインストールするプリンタ ドライバを選択します。 [削除]ボタンをクリックします• [ドライバーとパッケージを削除する]を選択し、[OK]をクリックします。 注: [ドライバー パッケージの削除]オプションを使用すると、そのデバイスのすべてのドライバ インストール ファイルがクリアされ、Windows が再び自動再インストールに使用できるプリンタへの参照は残されません。 Windows XP には、この選択肢はありません。 アクセスが拒否されたこと、またはプリンタが使用中であることを示すメッセージが表示され、その原因となるドライバやインストールされているプログラムが見つからない場合は、コンピュータを再起動してください。 プリンタを再度インストールする前に、通常モードで再起動してください。

次の

Windows 10 デバイスドライバを再インストールする方法

プリンタ ドライバ アン インストール

ドライバ ファイルを削除する前にこれらの操作を行わなかった場合、「アクセスが拒否されました」または「プリンタが使用中です」というエラーメッセージが表示されることがあります。 システムから完全にプリンタ ドライバ ファイルを削除するには、次の操作を行います。 次のいずれかを実行して、 [プリント サーバーのプロパティ]ダイアログ ウィンドウを開きます。 [スタート]メニューまたは[スタート]画面から実行:• [デバイスとプリンター]を開きます。 任意のプリンタを選択し、次にウィンドウの上部の[プリント サーバー プロパティ]をクリックします。 [ドライバー]タブをクリックします。 Windows XP システムの場合:• [ファイル]メニューをクリックし、[サーバ プロパティ]を選択します。 [ドライバー]タブをクリックします。 アンインストールするプリンタ ドライバを選択します。 [削除]ボタンをクリックします• [ドライバーとパッケージを削除する]を選択し、[OK]をクリックします。 注: [ドライバー パッケージの削除]オプションを使用すると、そのデバイスのすべてのドライバ インストール ファイルがクリアされ、Windows が再び自動再インストールに使用できるプリンタへの参照は残されません。 Windows XP には、この選択肢はありません。 アクセスが拒否されたこと、またはプリンタが使用中であることを示すメッセージが表示され、その原因となるドライバやインストールされているプログラムが見つからない場合は、コンピュータを再起動してください。 プリンタを再度インストールする前に、通常モードで再起動してください。

次の

富士通Q&A

プリンタ ドライバ アン インストール

3 概要 Windowsではデバイスドライバを一度インストールすると、ドライバストアに保存され、次回以降、デバイスが検出された際にはドライバストアからデバイスドライバがインストールされます。 この記事ではドライバストアからデバイスドライバーを完全にアンインストールする手順を紹介します。 手順 infファイル,PNFファイルの削除 Windowsフォルダ内の"inf"フォルダを開きます。 デバイスマネージャーから削除したいデバイスのプロパティウィンドウを開きます。 削除したいドライバのinfファイル名、メーカー名を調べておきます。 また、[ハードウェア ID]も調べておきます。 "INF"フォルダ内に削除したいドライバのinfファイル名と同じファイルがあれば、そのファイルを調べます。 なければ "oem00. inf" の形式のファイルを開いて内容を確認します。 infファイル内には、対応するハードウェアIDやメーカー名が記載されています。 今回の例では"oem38. inf"が削除したいデバイスのドライバinfファイルでした。 "INF"フォルダ内の"oem38. inf"と"oem32. PNF"ファイルを選択して削除します。 デバイスのアンインストール 続いてデバイスをアンインストールします。 デバイスマネージャーのウィンドウを表示し、削除したいデバイスを選択します。 右クリックしてポップアップメニューを表示し、[デバイスのアンインストール]をクリックします。 下図の削除ダイアログが表示されます。 [このデバイスのドライバー ソフトウェアを削除します]のチェックボックスにチェックをして、[アンインストール]ボタンをクリックします。 [このデバイスのドライバー ソフトウェアを削除します]のチェックボックスが表示されない場合は、USB 2. 0ドライバーなどのOS標準のドライバーに変更されている可能性がありますので、その場合は元のドライバーに変更してから再度アンインストールを実行してください。 pnputil での確認 pnputilでドライバーの一覧から削除されているかを確認します。 PowerShellまたはDOSプロンプトのウィンドウを表示し pnputil -d infファイル名 コマンドを実行します。 今回の例では pnputil -d oem38. inf コマンドを実行します。 デバイスがインストールされている状態の場合「ドライバー パッケージを削除できませんでした : ひとつ以上のデバイスが現在、指定された INF を使用してインストールされています。 」のメッセージが表示されます。 この場合は、先に紹介したデバイスマネージャーからデバイスドライバーのアンインストールを実行します。 既にデバイスドライバーがアンインストールされている場合は、下図の「ドライバーパッケージを削除できませんでした : 指定されたファイルが見つかりません。 」のメッセージが表示されます。 デバイスの再検出 デバイスマネージャーのウィンドウを開き、右クリックし ぽっぷあっぷポップアップメニューを表示します。 [ハードウェア変更のスキャン]メニューをクリックします。 先ほど削除したデバイスが再検出されます。 プロパティウィンドウを表示します。 OEMのドライバではなくMicrosoftのドライバーで検出できています。 OEMのドライバーをドライバストアから削除できました。

次の