パスモ。 PASMO(パスモ)

なぜ「モバイルPASMO」はiPhoneに提供されないのか?

パスモ

PASMO パスモ をオートチャージ機能付きのクレジットカードで利用したいとお考えの方で、年会費無料をお探しでしたら、以下のクレジットカードがあります。 PASMOが付いているクレジットカードは、私鉄各社がクレジットカード会社と提携して発行している場合が多く、グループ会社のスーパーやデパートとのサービスと連携している場合も多いですので、そのクレジットカードがどういう付帯サービスを提供しているか、ポイント付与率はどうなのか、という点も併せて検討してPASMOクレジットカード選びをするといいです。 また、PASMOと相互利用関係にあるSuica スイカ にも年会費無料のオートチャージ機能付きクレジットカードもありますので、併せて検討されても良いのではないかと思います。 西武プリンスクラブカード 西武鉄道がクレディセゾンと提携して発行する「西武プリンスクラブカード」。 「パスモ PASMO 」にオートチャージできます。 年会費は永年無料。 つまり ダブルでポイントが貯まってとてもお得です。 上記以外、普段のショッピングや飲食、ネットショッピングなどでのクレジットカード利用では、セゾンカードの永久不滅ポイントが、 1000円につき1ポイント付与されます。 セゾンカードの永久不滅ポイントは、有効期限がない、つまり無期限なので、ポイントを失効することがありません。 ですので、あまりクレジットカードを使わない人でも、ポイント失効を気にすることなく、じっくり時間をかけて貯めることができます。 それと、セゾンカードの永久不滅ポイントは、他に使っているセゾンカードやUCカードで貯まっている永久不滅ポイントがあれば、1つにまとめて使うことができます。 最短4営業日で発行です。 「パスモ PASMO 」にオートチャージできます。 年会費は 初年度無料。 次年度から500円 税別 ですが、前年度に1度でもクレジット利用があれば、 次年度も年会費無料となります。 1年に1度のクレジットカード利用があれば無料ですから、ほぼ永年無料と同じです。 小田急線に乗るごとに小田急ポイント 小田急乗車ポイント を付与する乗車ポイントサービスがあり、 実質的な乗車割引きということになります。 (現金払いでも、クレジット払いでもポイントが貯まります) 小田急沿線にお住まいで、小田急系列の商業施設でショッピングする方には断然オススメです。 最短約一週間程度でお届けです。 「パスモ PASMO 」にオートチャージできます。 年会費は 初年度無料。 次年度から239円 税別 ですが、前年度に1度でもPASMOへのオートチャージ利用があれば、 次年度も年会費無料となります。 1年に1度のオートチャージ利用があれば無料ですから、ほぼ永年無料と同じです。 京王グループ共通ポイントサービス加盟店で、クレジットカード決済で買い物をすると、『加盟店のお買い上げポイント』『クレジットご利用ポイント(お買い上げ額の0. 5%ポイント)』、さらに三井住友カードの『ワールドプレゼントポイント』の 3つのポイントがたまります。 京王グループ共通ポイントサービス加盟店以外での利用、つまり、普段のショッピングや飲食、ネットショッピングなどでのクレジットカード利用では、三井住友カードの ワールドプレゼントポイントが、 1000円につき1ポイント 5円相当 付与されます。 クレジットカードの裏面に 定期券情報を書き込めます。 クレジット機能がない 「京王パスポートカード」からの切り替えも可能で、現在貯まっている京王グループ共通ポイントのポイント数、京王百貨店でのポイント率は、 京王パスポートPASMOカードVISAへ引き継がれます。 インターネットでお申し込みの場合、 最短3営業日で発行です。 モバイルSuicaを含み「スイカ Suica 」へオートチャージまたはチャージできます。 年会費は 初年度無料。 次年度から477円 税抜 ですが、前年度に1度でもクレジットカード利用があれば クレジット利用が 株 ビューカードにて確認ができた場合 、 次年度も年会費無料となります。 1年に1度のクレジット利用があれば無料ですから、ほぼ永年無料と同じです。 ビューカードが発行する「ビュー・スイカカード View Suica 」機能搭載クレジットカードの中で、唯一の年会費無料カードということで 年1回利用という条件付きであるが 、雑誌のクレジットカード特集でお得なカードとして度々取り上げられています。 定期券の購入やSuicaへのオートチャージ分には、「JREポイント」が 1000円につき15ポイント 15円相当 付与されますので、 還元率が1. さらにチャージしたSuicaでお支払いなら基本11. PASMOとSuicaは相互利用関係にあるので、Suicaでも問題なくPASMO区間を利用できます。 カード搭載のSuicaでも、Suicaカードでも、モバイルSuicaでもPASMO区間を利用できます。 インターネットでお申し込みの場合、 最短1週間で発行です。 モバイルSuicaを含み「スイカ Suica 」へオートチャージまたはチャージできます。 年会費は永年無料。 モバイルSuicaも含み「スイカ Suica 」は、 「パスモ PASMO 」との相互利用関係になっていますので「パスモ PASMO 」区間の私鉄・地下鉄・バスなどでも利用できます。 クレジットカード利用で貯まった「ときめきポイント」をSuicaへチャージして使いたい、あるいは、Suicaチャージでも「ときめきポイント」を貯めたい、という方におすすめです。 イオンの電子マネー「WAON ワオン 」を利用したい場合は、アプリの 「モバイルWAON」を使う、または 「WAONカードプラス」を追加発行して、「イオンSuicaカード」を紐付る 登録する ことで、WAONをオートチャージで使うことができます。 普段のお買物で、イオングループ店舗 イオン・マックスバリュ・ダイエーなど を利用する方には特にオススメです。 また、ビューカードの付帯サービスの一部も利用でき、JR東日本系列のホテル等での割引き特典があります。 約1週間〜2週間でお届けです。 どちらも年会費永年無料です。 クレディセゾン提携のUCブランドカードは、初年度年会費無料、2年目以降1,080円 税込 ですが1年間10万円以上クレジットをご利用で年会費分の1,080ポイントを付与。 年会費永年無料です。

次の

SuicaとPASMOで迷ったら?どちらを選ぶべきか比較してみました

パスモ

全国での相互利用が可能 交通系ICカードの全国相互利用により、PASMO1枚を持っていれば全国各地の公共交通機関で使えます。 現在の利用可能エリアは、以下のとおりです。 Kitaca(JR北海道)• Suica(JR西日本)• PASMO(首都圏の大手鉄道事業者11社)• TOICA(JR東海)• ICOCA(JR西日本)• manaca(名古屋市交通局)• nimoca(西日本鉄道)• SUGOCA(JR九州)• はやかけん(福岡市交通局) そのなかでもPASMOとSuicaの相性は良く、Suicaエリアの改札を通過したときでもPASMOのオートチャージができたり、紛失時の届け出を受け付けてもらえたりします。 ほかにも、一部の路線バスにはSuicaやPASMOでの利用額に応じて、自動的にポイントが貯まる 「バス利用特典サービス」があります。 一定のポイントが貯まると「特典バスチケット」として、次回のバス運賃の支払いへ優先的に使われます。 申込み手続きは不要。 SuicaやPASMOを利用するだけで、自動的にポイントが貯まり、運賃の支払いへ充当されるのは便利です。 関東ではPASMOかSuicaを使っている人は多いと思います。 PASMOとSuicaの違いについては、下記の記事でくわしく解説しています。 比較記事: 電子マネーとして使う場合も、各交通系ICカードの加盟店で支払いができます。 ただし、PiTaPaは後払い型を採用している関係で、PiTaPaだけが使えるお店ではPASMOは使えません。 キャッシュレス・ポイント還元の対象 Suicaとは違い、2019年9月まではどれだけPASMOを買い物に使っても、ポイント還元はありませんでした。 2019年10月からは、キャッシュレス還元により PASMOを使った買い物でポイント還元が受けられます。 PASMO利用でのポイント還元には、事前の会員登録が必要です。 から会員登録を完了後、 買い物で利用した金額に応じて、3ヶ月ごとにポイント還元されます。 ポイント履歴は、翌月以降にマイページにて確認できます。 貯まったポイントは私鉄の駅や定期券窓口で、PASMOへチャージ(ポイント還元)になります。 登録前のPASMO利用分は還元対象にならず、還元期間が過ぎるとポイントは失効するので注意してください。 PASMOが使えるお店 PASMOは全国各地の交通系ICカード対応店舗で使えます。 PASMOはキャッシュレス・ポイント還元サービスの対象ですが、こちらは期間限定です。 基本的にはPASMO払いでポイントは貯まらない、と考えてください。 そのため、買い物でポイントが貯まる別の電子マネーを使った方がお得感があります。 PASMOの種類と購入方法 PASMOは4種類あり、PASMOエリア内の駅の自動券売機やバス営業所で発行できます。 無記名PASMO:名前なしで誰でも使える• 記名PASMO:名前入りで本人専用• PASMO定期券:定期券の機能をつけたもの• クレジット機能つきPASMO:クレジットカードとPASMOの一体型 PASMOは1枚1,000円から購入可能です。 500円はデポジット代(預り金)、残り500円が運賃や買い物に使えます。 デポジット代はPASMOを返却する際、全額返金になるので、実質無料で持てます。 PASMO(無記名) 無記名PASMOは、個人情報を登録していないPASMOで、家族や友人などと共有して使えます。 キャッシュレスポイント還元サービスは、無記名PASMOも対象になります。 ただしPASMOオートチャージの対象外だったり、紛失時に再発行ができなかったりと、不便な面も多々あります。 記名PASMO 個人情報を登録した本人のみ使えるPASMOです。 カード表面に氏名が印字してあり、本人しか使えませんが、紛失・盗難補償が適用されます。 PASMOを失くしたときは、PASMO・Suicaエリアの駅やバス営業所で、紛失・再発行の手続きをします。 申請書を提出すると、PASMOの利用が停止になり、翌日から新しいPASMOを再発行できます。 再発行手数料(520円)とデポジット代(500円)がかかりますが、チャージ残高は新しいPASMOに引き継がれます。 小児用PASMOは記名式のみです。 ちなみに、子どもが無記名PASMOを使うと、大人運賃が適用になります。 中学生になる4月1日以降は、大人用PASMOに切り替えると継続利用できます。 PASMO定期券 定期券機能をつけたPASMOです。 定期券区間内は乗り放題、区間外や買い物で利用する際は、チャージしたPASMO残高から支払います。 駅の券売機や窓口で新規購入や継続購入、PASMO定期券への変更が可能です。 新規購入の際は、定期券代+デポジット代を支払いますが、PASMO定期券への変更は定期券代だけかかります。 PASMO定期券を使わなくなったときは、記名式PASMOとして利用できます。 クレジット機能つきPASMO 鉄道・バス事業者と提携したクレジットカードのなかには、PASMO機能つきもあります。 1枚でPASMOとクレジット機能の両方が使えて、お財布やパスケースの中がかさばりません。 PASMO一体型クレジットカードと提携先は以下のとおりです。 パスタウンPASMOカード(PASMO公式)• 京王パスポートPASMOカード(京王電鉄)• TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO(東京急行電鉄)• 京急プレミアポイントPASMO(京急電鉄)• ANA To Me CARD PASMO、To Me CARD Prime PASMO(東京メトロ)• あわせて読みたい: 下記のクレジットカードは、PASMOとの紐付けでPASMOオートチャージが利用できます。 小田急OPクレジットカード(小田急電鉄)• 京成カード(京成電鉄)• SEIBU PRINCE CLUBカード(西武鉄道)• 相鉄カード(相模鉄道)• 横浜交通hama-eco card(横浜交通)• Shonan Card(湘南電気鉄道) モバイルPASMOが2020年春に開始予定 2020年春からおサイフケータイ対応のAndroidスマホで、 モバイルPASMOサービスが開始されます。 モバイルPASMOアプリをインストールして、利用登録をすれば、カードタイプと同様に電車やバスの利用、お店での支払いに使えます。 モバイルPASMOを利用する主なメリットは下記の3点です。 PASMO定期券の購入・利用がスマホでできる• クレジットカードの登録で、アプリからすぐにチャージできる• 紛失・故障時の再発行手続きがネットでできる ポイントサービスやオートチャージについては、まだ公式発表がないので、情報が入り次第、更新します。 今まで窓口や券売機でしか取り扱いができなかった手続きが、スマホから簡単に可能になり、利便性がアップします。 あわせて読む: PASMOへのチャージ方法 パスモはプリペイド型(前払い方式)の交通系ICカード・電子マネーです。 利用前にチャージ(入金)の必要があり、PASMOへの主なチャージ方法は以下のとおりです。 駅やバス営業所の券売機・チャージ機• バスの車内• チャージ対応のお店• セブン銀行ATM 交通系ICカードへのチャージ方法は、基本的にどれも同じです。 希望するチャージ金額を選び、現金を支払って、PASMOへチャージをします。 クレジットカードを利用してPASMOにチャージする際は、対応するクレジットカードが必要です。 PASMO対応のクレジットカードがあると、 クイックチャージと オートチャージが使えます。 オートチャージで残高不足の心配なし オートチャージに対応したクレジットカードとPASMOを紐付けると、 クイックチャージと オートチャージが使えます。 PASMOクイックチャージ 東急電鉄の自動券売機で、クレジット決済にてチャージできる PASMOオートチャージ PASMO・Suicaエリアの改札機を、PASMOで入出場する際、残高が設定金額を下回っていたら自動的に一定金額がチャージされる チャージ金額は、紐付けたクレジットカードから支払われます。 利用金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まるため、現金チャージよりもお得です。 SuicaやPASMOエリア以外の交通系ICカード対応エリアや、バスなどのIC運賃機、電子マネーが使えるお店では、オートチャージ機能は働きません。 残高不足になったときは、現金でチャージをする必要があります。 PASMO対応のおすすめクレジットカード PASMOをお得に活用するには、 PASMO対応のクレジットカード利用が必要不可欠です。 を持っていても、PASMOと提携関係のないカードでは、チャージできません。 PASMOのチャージに利用可能なクレジットカードのなかでも、人気の高い ソラチカカードと TOKYU CARD ClubQ JMBを紹介します。 ソラチカカード ソラチカカードの正式名称は、「 ANA To Me CARD PASMO JCB」です。 東京メトロ(To Me CARD)とANA、JCBの提携で誕生したPASMO一体型カードです。 PASMOを使って東京メトロに乗ると「乗車ポイント」、メトロポイントPlus加盟店で買い物をすると「メトロポイント」が貯まります。 ANAの航空機に乗った場合は、搭乗ボーナスマイル積算率が+10%になります。 またANAカードマイルプラス提携店で買い物をすると、利用額に応じてANAマイルが貯まります。 東京メトロやANAとは関係のない加盟店でソラチカカードを使った場合は、JCBの「Oki Dokiポイント」が貯まります。 1,000円ごとに1ポイント貯まり、1ポイントあたりの価値は5円なので、実質的な還元率は0. 5%です。 利用場所に応じて3つのポイントが貯まるのが、ソラチカカードの特徴です。 さらにこれらの3つのポイントは 相互交換できます。 これなら、それぞれで貯めたポイントが無駄にならず、効率的に使えます。 一番簡単なのは、すべてメトロポイントへ交換することです。 メトロポイントは1ポイント=1円分として、PASMO残高に充当できます。 ちなみに、ソラチカカードはPASMO以外にさまざまな電子マネーが搭載でき、やPiTaPaも追加可能です。 年会費は2,000円+税と有料です。 毎年継続ボーナスとして1,000マイルがもらえるので、1マイル=2円として考えた場合、実質的には年会費無料で使えます。 TOKYU CARD ClubQ JMB TOKYU CARD ClubQ JMBは、東急電鉄と提携するPASMO一体型のクレジットカードです。 東急線や東急バスを使うことが多い方にメリットがある1枚です。 東急百貨店や東急ハンズなど、東急グループのお店で使うと、 ポイント還元率が3%~10%にアップするのでかなりお得です。 PASMOオートチャージ時のポイント還元率は1%なので、現金チャージよりも1%分安くなります。 TOKYU CARD ClubQ JMBでPASMOにチャージして、買い物をすれば、あらゆる商品が実質1%値引きで購入できる計算です。 たばこやお酒など、本来値引きがほとんどない商品でも同じです。 貯まったTOKYU POINTは、PASMOにチャージできるので、使いみちに困りません。 TOKYU CARD ClubQ JMBの 年会費は1,000円+税です。 仮にポイント還元率を1%として計算すると、年間10万円以上カードを使えば、年会費の元が取れます。 定期券代や買い物での利用額を考えると、年間10万円のハードルはそこまで高くないと思います。 あわせて読みたい: Suicaとどちらがお得度が高い? 首都圏の鉄道系電子マネーは、SuicaとPASMOの二択です。 「SuicaとPASMO、どちらがお得に利用できるのか?」は、自分がもっともよく利用する鉄道・バス会社が発行する方を選ぶのがお得です。 JRをよく利用する人ならば乗車ポイントも貯まるSuica、東京メトロでの移動が多ければ、PASMO、特に東京メトロとPASMOの一体型「To Me Card」の利用がお得です。 交通系ICカードは全国各地で共通利用できるので、電車やバスへの乗車、電子マネーを使った買い物にしても、利便性に大きな違いはありません。 選ぶポイントは、やはり「どれだけその鉄道やバスに頻繁に利用するか?」だと思います。

次の

PASMO

パスモ

サンリオ人気キャラクターが勢ぞろいのオリジナルデザイン & 優待特典付き! 短期間の訪日旅行を一段と便利に、楽しく、お得にするICカード乗車券 「PASMO PASSPORT」、9月1日(日)より発売開始 は、短期間の訪日外国人旅行者に向け、28日間使用できるICカード乗車券「PASMO PASSPORT」を、2019年9月1日(日)から発売します。 空港第2ビル駅、成田空港駅の「SKYLINER & KEISEI INFORMATION CENTER」および京急線の羽田空港国際線ターミナル駅や品川駅の「京急ツーリストインフォメーションセンター」をはじめ、首都圏の主要各駅の発売所にて、パスポートを確認の上、発売します。 日本を旅するときの「ふたつ目のパスポート」という意味を込めて「PASMO PASSPORT」と名付けた本カードには、オリジナルデザインを採用しました。 訪日旅行の楽しい思い出と一緒に、"お土産"として持ち帰ることができます。 「PASMO PASSPORT」は、ICカード対応の鉄道やバスへの乗車、買い物時の交通系電子マネーでの支払いができ、駅やバス車内、一部店舗で何度でもチャージして繰り返し利用できます。 さらに、関東近郊の観光スポットなどではPASMO PASSPORTを提示すると利用できる様々な優待特典もあり、短期間での訪日旅行を一段と便利に、楽しく、お得にしてくれるカードです。 「PASMO PASSPORT」概要 1. 発売開始日 2019年9月1日(日) 2. 内容 関東地方のほか、全国ICカード対応の鉄道・バスの利用、ならびに交通系電子マネーでの支払い 3. 発売対象 訪日外国人旅行者 4.

次の