信用 毀損 罪。 法律上の名誉毀損とは?わかりやすく解説

信用毀損罪・業務妨害罪

信用 毀損 罪

發布日期: 107-01-15• 資料來源: 法規會 甲之汽車停放於屋外路旁之停車格內,卻遭乙駕車撞毀,甲向警察報案,但因無人受傷,警察認僅屬民事責任問題,乙是否真的不涉刑法上之毀損罪責? 刑法第354條規定:「毀棄、損壞前二條以外之他人之物或致令不堪用,足以生損害於公眾或他人者,處二年以下有期徒刑、拘役或五百元以下罰金」。 此為刑法上之毀損器物罪,或稱為一般毀損罪,有別於刑法第352條之毀損文書罪及第353條之毀壞建築物、礦坑、船艦罪,茲將一般毀損罪之構成要件說明如下: 一、主觀要件: 行為人必須具有毀損之故意,方能構成此罪,然不以直接故意或確定故意為限,即使出於間接故意或不確定故意,亦可成立。 最高法院95年度台上字第3887號裁判要旨有揭:「刑法上之故意,分直接故意 確定故意 與間接故意 不確定故意。 『行為人對於構成犯罪之事實,明知並有意使其發生者』為直接故意;『行為人對於構成犯罪之事實,預見其發生而其發生並不違背其本意者』為間接故意」;又「認識為犯意之基礎,無認識即無犯意可言,此所以刑法第十三條規定,行為人對於構成犯罪之事實,明知並有意使其發生者為故意 第一項,又稱直接或確定故意 ;行為人對於犯罪之事實,預見其發生,而其發生並不違背其本意者,以故意論 第二項,又稱間接或不確定故意。 故不論行為人為『明知』或『預見』,皆為故意犯主觀上之認識,所異者僅係前者須對構成要件結果實現可能性有『相當把握』之預測;而後者則對構成要件結果出現之估算,祇要有一般普遍之『可能性』為已足,其涵攝範圍較前者為廣,認識之程度則較前者薄弱」,此亦有最高法院100年度台上字第1110號判決意旨可資參照。 法院認行為人具有毀損之不確定故意,實際案例如臺灣高等法院96年度上易字第914號判決揭載:「被告於偵查中亦自承,知道撞他人的車會造成毀損,且當時有注意到告訴人之車輛停在被害人之車輛旁邊,相距大概半公尺,而車輛遭到衝撞會依施力方向向前滑行,乃據一般智識能力之人均能知悉之事實,而被告即知悉駕車衝撞他人之車輛將導致對方車輛之損毀,且在客觀上及主觀上均可預見車輛受撞擊後會追撞鄰近之車輛導致毀損之結果,仍決意駕車衝撞陳某之自用小客車,並造成追撞告訴人自用小客車之結果,其毀損之不確定故意甚明。 綜此,被告事證明確,犯行應堪認定」。 二、客觀要件: 一 行為客體:一般毀損罪之行為客體為文書、建築物、礦坑或船艦以外之他人之物,其範圍相當廣闊,凡他人對之認為有保全利益之物均屬之。 而所謂他人之物係指非自己所有,而屬於他人所有之物,包括他人單獨所有,或自己與他人共有,或他人與他人共有。 最高法院95年度台上字第2083號裁判要旨即揭:「按未得其他共有人之同意,毀損自己與他人之共有物,亦成立刑法上之毀損他人所有物罪」。 二 行為:一般毀損罪之行為有三種型態,即毀棄、損壞及致令不堪用,行為人所實施之行為只要符合其中一種,即可構成。 所謂毀棄,係指毀滅或拋棄而根本毀滅物之存在。 所謂損壞,乃指損害或破壞,使物之外形發生重大之變化,並減低物之可用性。 所謂致令不堪用,則指損壞以外之足使他人之物喪失其特定目的之效用。 臺灣士林地方法院86年度易字第2698號裁判要旨即揭:「刑法毀損罪所謂『毀棄』係指銷毀滅除、拋棄,使物之效用全部喪失,『損壞』係指損傷破壞物體,使其效用全部或一部喪失之意,『致令不堪用』則指以毀棄、損壞以外之其他方法,雖未毀損原物,但其物之效用喪失者」,可資參照。 三 行為結果:行為人之行為必須足生損害於公眾或他人,始能構成此罪。 有學者認為行為人之行為只要足生損害於公眾或他人即為已足,不以行為實際已生損害為必要,亦即行為人只要實施毀損行為,公眾或他人將有遭受損害之虞者,即可成立此罪,而不可以行為尚未發生實害,即認為係此罪之未遂行為,因此罪未設未遂犯之處罰規定,故為刑法所不處罰之行為。 惟其見解與司法實務上基於此罪以使所毀損之物,喪失其全部或一部之效用為構成要件之立論而為推演之見解不同,此觀上開最高法院47年台非字第34號判例所揭:「刑法第三百五十四條之毀損罪,以使所毀損之物,失其全部或一部之效用為構成要件。 被告潛至他人豬舍,投以殺鼠毒藥,企圖毒殺之豬,既經獸醫救治,得免於死,則其效用尚無全部或一部喪失情事,而本條之罪,又無處罰未遂之規定,自應為無罪之諭知」即明。 承上所述,甲之汽車因乙之衝撞而損壞,因刑法並不處罰過失毀損,故除非能證明甲具有直接故意 確定故意 或間接故意 不確定故意 衝撞甲之汽車,否則,如係乙之過失所造成之毀損,僅屬民事上之損害賠償問題,即民法第184條第1項前段所定:「因故意或過失,不法侵害他人之權利者,負損害賠償責任」,亦即民法上侵權行為之損害賠償責任,不以故意為限,尚包括過失之情形。 國軍退除役官兵輔導委員會退除役官兵職業訓練中心法律顧問袁健峰律師提供 [文中所援引之相關法規如有變動,仍請注意依最新之法規為準].

次の

刑法第309~314條(妨害名譽及信用罪)

信用 毀損 罪

岡山南警察署は,岡山市の男性を信用棄損の疑いで逮捕しました。 (上記事件はフィクションです。 ) 本日は,上記事件をもとに,信用毀損罪について簡単に説明いたします。 1 信用毀損罪とは 信用棄損罪とは,人の信用を毀損する犯罪です。 信用とは,経済的側面における人(法人も含まれます。 )の評価をいいます。 2 信用毀損罪が成立するための要件 信用毀損罪が成立するための要件を簡単に説明すると,以下のとおりになります。 具体的には,人の支払能力又は支払意思についての社会的信頼のほか,商品の品質に対する社会的信頼も含まれるとされています。 実際に,人の信用を低下させたことは必要ありません。 3 信用毀損罪の法定刑及び時効 信用毀損罪の法定刑は,3年以下の懲役又は50万円以下の罰金と定められています(刑法第233条前段)。 信用毀損罪の公訴時効は,3年とされています(刑事訴訟法第250条第2項第6号)。

次の

刑法

信用 毀損 罪

信用毀損罪 しんようきそんざい とは、故意に嘘の噂を流したり人を騙したりして、他者の信用を傷つける犯罪のことです。 ネット上の誹謗中傷が当該犯罪に該当するようなケースもあります。 この記事では、インターネット上の投稿について、信用毀損罪が成立するケースについて簡潔にご紹介します。 信用毀損罪とはどのような犯罪か 信用毀損罪は刑法では、以下のように定められています。 信用毀損及び業務妨害 第二百三十三条 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し…た者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。 【引用】 上記の法律文を簡単に説明すると、信用毀損罪は 嘘の情報を伝えることで他人の信用を傷つけることで成立する犯罪といえます。 信用毀損は通常は企業に対する犯罪行為である場合が多いですが、刑法上は客体を法人に限定していませんので、個人が被害者となる場合もあり得ます。 『信用』が意味するもの 信用毀損罪における『信用』とは、基本的には、 経済的な信用(例えば、個人の支払能力や会社の資産など)を意味しますが、それに限定されず、商品やサービスの品質に対する信用も含まれると考えられています。 したがって、相手の支払能力や経済力を貶めるような嘘をつく場合はもちろん、 相手の商品の品質を貶めるような嘘を吐く場合も、信用毀損罪が成立する可能性があります。 例えば、「あの会社は経営が火の車であり、早晩潰れる」という嘘を付く場合や「あの飲食店は腐りかけの食材を使って料理を提供している」という嘘をつく場合などがこれに該当します。 信用毀損罪は親告罪ではない 信用毀損罪は親告罪ではないので、被害者による告訴がなくても刑事事件として立件される可能性があります。 もっとも、被害者から一切被害申告がない状態で、警察がこれを事件化する可能性は低いのが実情です。 なお、被害者の立場としてであれば、自身に対する信用毀損行為について刑事事件化を望むのであれば、捜査機関に対しては被害申告だけではなく、刑事告訴することも検討するべきでしょう。 被害申告だけでは捜査機関には捜査義務は生じませんが、告訴があれば捜査義務が生じるからです。 噂が虚偽でなく真実だと成立しない 信用毀損罪は、 『虚偽の風説』や 『偽計』を用いて他者の信用を傷つけた際に成立する犯罪です。 つまり、伝えた情報が仮に相手の信用を傷つけるものであっても、当該情報が真実である場合には、信用毀損罪は成立しません。 また、信用毀損罪は故意犯ですので、加害者は自身の情報が嘘であることを認識している必要があります。 そのため、 嘘の情報を真実であると認識してもやむを得ないような状況であれば、信用毀損の故意がなく、やはり犯罪は成立しません。 もっとも、これは信用毀損罪についての事柄であり、伝達する情報の内容によっては、名誉毀損などの別罪が成立する可能性は否定できませんので、注意しましょう。 信用毀損罪になる虚偽情報の例 信用毀損罪となり得る投稿例を3つご紹介します。 あの会社はもう倒産寸前だから関わるのは避けたほうがいい 毎回いちゃもんをつけて支払いを拒否する最悪の会社 あいつは自己破産の経験があるから融資は絶対にするな 信用毀損罪の判例 平成15年の最高裁判で、信用毀損罪の『信用』の定義に関わる判決が出た事例があるので、その内容をご紹介します。 判例の概要 コンビニで購入した飲料に洗剤を投入した被告が、警察に対して購入した飲料に異物が入っていたと虚偽申告をし、その旨がニュース報道されてしまった事件。 裁判では、企業が扱う商品に対する評価も、刑法233条の『信用』に該当すると判断されて、信用毀損罪の成立が認められた。 【参考】最高裁平成15年 3 月11日第三小法廷判決 従前は、信用毀損罪における『信用』は、人の支払能力や支払意思に関する経済的信用を意味するという考え方が主流でした。 しかし、上記判例は「信用」には経済的信用だけでなく、商品やサービスの品質に係る信用も含まれると判断しました。 そのため、上記のとおり、現在では 企業が販売する商品や提供するサービスの品質を貶めるような虚偽情報を伝達する行為も、信用毀損罪が成立する可能性があると考えられています。 ただし、似たような被害状況でも必ず上記のような判決が下されるとは限りません。 まずは弁護士に相談をして、意見を参考にされることをおすすめします。 ここでは、名誉毀損罪と偽計業務妨害罪が信用毀損罪とはどう違うのかについて解説します。 名誉毀損罪との違い 名誉毀損罪とは、多くの人に伝わる可能性のある場で、人の社会的評価を落とす可能性のある事実を摘示する犯罪です。 『社会的評価を落とす可能性のある事実』には明確な定義はありません。 相手の社会からの評価が低下するおそれがある内容であれば全てこれに含まれます。 例えば、 「あの人はセクハラを繰り返している」「あの人は詐欺行為を繰り返している」など、一般的に後ろめたい事実と捉えられる具体的事実が含まれれば、これに該当する余地があります。 信用毀損罪と名誉毀損罪の違いですが、最も大きな違いは、信用毀損罪は伝達する情報が虚偽情報である必要があるのに対し、名誉毀損罪の場合はこれが虚偽である必要はないということです。 つまり、誹謗中傷の内容が真実であった場合、信用毀損罪は成立し得ないですが、名誉毀損罪は成立する可能性があります。 【詳細記事】 偽計業務妨害罪との違い 偽計業務妨害罪とは、嘘の噂を流したり人を騙したりして、他者の業務を妨害する犯罪です。 信用毀損罪と偽計業務妨害罪の違いは、被害の内容です。 信用毀損罪は相手の『信用』が傷つけられた場合に成立しますが、 偽計業務妨害は相手の正常な業務運営が阻害された場合に成立します。 もちろん、両者は重複する部分もありますので、信用毀損罪であると同時に、偽計業務妨害罪も成立する余地があるというケースもあります。 例えば、インターネットに被害企業の商品の品質を貶めるような書込みを行い、結果、被害企業に嫌がらせやクレームの電話が集中したりするなどして、その業務運営に支障が生じたようなケースでは、書込みを行った時点で信用毀損罪が成立する可能性があります。 その後、企業の業務運営に支障が生じた時点で、偽計業務妨害罪も成立する可能性があるでしょう。 信用毀損罪被害への対処法 信用毀損罪の被害に遭ったら、まずは警察への相談・被害申告を検討するべきでしょう。 もし、刑事事件として捜査してもらうことを強く望むのであれば、告訴することも検討すべきです。 なお、刑事事件として立件を強く望むのであれば、民事的な手続きによって投稿者の 身元情報を特定し、これを証拠として添付するなどすることも検討するべきでしょう。 このような告訴やその前提としての発信者情報開示の手続を望む場合は、専門的な知識や経験のある弁護士への相談を検討してみてください。 この情報は、投稿先サイト 掲示板やSNSなど の管理者が保持していますので、まずは当該管理者に対してIPアドレスの開示を請求をしなくてはいけません。 その後で、IPアドレスから割り出された、投稿者が使用した通信会社に対して、発信者情報の開示請求を行う必要があります。 しかし、通信会社が 発信者を特定するために必要な通信の情報を保管している期間は、多くの通信会社で投稿から3ヶ月程度と設定されています。 そのため、当該保管期間を過ぎてしまうと、投稿者の特定は困難になりますので、注意しましょう。 ネット被害への法的措置を検討する場合には、遅くてもサイトへの投稿から1ヶ月以内には、警察か弁護士へ相談をするようにしましょう。 弁護士費用の目安 弁護士に投稿者の特定手続きを依頼した場合に生じる費用の目安は、以下の通りです。 IPアドレスの開示(掲示板運営者に対する請求) 着手金:約10~30万円 報酬金:約10~30万円 投稿者情報の開示(通信会社に対する請求) 着手金:約20〜30万円 報酬金:約20〜30万円 なお、法律事務所によって料金体系は異なります。 費用の詳細については、法律相談の際に詳しく確認しておきましょう。 まとめ 信用毀損罪とは、嘘の情報や人を騙すことで他者の信用を侵害する犯罪です。 構成要件 虚偽の風説を流布したまたは偽計を用いて、人の信用を毀損する 刑事罰 3年以下の懲役または50万円以下の罰則 ネット上での被害の場合には、IPアドレスの保存期間 サイトへの投稿からおおよそ3ヶ月 が過ぎる前に、早急に対処する必要があります。 万が一、信用毀損罪の被害者になってしまった場合には、なるべく早めに警察か弁護士への相談をご検討いただければ幸いです。

次の