餃子 の タネ 冷凍。 餃子を冷凍保存する方法!美味しさを逃さないコツや調理術まで

餃子を手作りした時に余ってしまう皮とタネの賞味期限はどれくらい?

餃子 の タネ 冷凍

餃子の皮とタネの賞味期限 餃子の市販の皮は袋に賞味期限が記載されているのでその期限以内に使いきるようにしましょう。 だいたい餃子の市販の皮は冷蔵保存で2週間くらいに設定されているようです。 ただ一度開封したら賞味期限に関係なくすぐに使い切らなくてはいけません。 開封した後は3日以内に使い切った方が良いでしょう。 餃子のタネはひき肉を使用しているので日持ちがしません。 ひき肉はとても傷みにくいので当日中か翌日には使い切るようにしましょう。 スポンサードリンク 余った時は冷凍がオススメ 餃子の皮とタネは余った時は冷凍すると長く保存する事が出来ます。 餃子の皮は冷凍すると皮がくっついてしまう可能性がありあます。 くっつかないように一枚一枚間にクッキングシートやラップを挟んで冷凍しましょう。 また乾燥しないように密封できるジッパー等の袋に入れて空気を抜いて保存するようにしましょう。 冷凍保存すると1カ月は保存できるそうです。 解凍は冷蔵庫にいれて自然解凍が一番適しています。 餃子の皮は餃子以外にもアレンジすれば色々な使い道があります。 餃子の皮でワンタンスープやアップルパイ、ピザなどのおやつも作ることが出来ます。 餃子のタネは使いやすいように小分けしてラップに包んでから密封できるジッパーなどの袋に入れて空気を抜いて冷凍庫に入れましょう。 解凍は冷蔵庫に入れて自然解凍しましょう。 餃子の具はチャーハンの具にしたり、肉団子風にしてスープに入れたり、色々な使い道があるので冷凍しておけばおかずの無いときにとても便利です。 また、冷凍するときは金属製のトレーの上にのせると劣化を防ぐことができます。 まとめ 餃子の皮とタネが余っても使い道があるので上手に保存してとっておきましょう。 すぐに使わないときは冷凍すると長く保存できるので安心です。 特に餃子のタネは日持ちしないので当日で使い切れなかったらすぐに冷凍した方が良いかもしれません。

次の

餃子を冷凍保存する方法!美味しさを逃さないコツや調理術まで

餃子 の タネ 冷凍

関東地方を中心に店舗を展開している「肉のハナマサ」は、その名の通り「肉」を中心に販売しており、業務用だけでなく一般向けの商品も取り扱っている。 ちなみにハナマサとはハナダマサル(花田勝)の略称…… ではなく、株式会社花正が経営しているから他ならない。 さて、そんなハナマサにはPB(プライベートブランド)の「プロ仕様」をはじめとする多くの商品が陳列されているが、ここにしかない冷凍食品もあるらしい。 気になったのでとりあえずググってみたら……なんと 餃子を置いているではないか。 餡の肉にも期待できるし、こうしちゃいられない! ・テレビで紹介された餃子 ってなワケですぐさま店舗に急行してきた。 最近の冷凍食品はレベルが高く、特に餃子はお店で食べるような味さえするものだって少なくない。 しかも、ハナマサの餃子はHP上で 「テレビで紹介されました」と書いてあるから期待度は上昇するばかり。 売り切れを心配しつつ、早足で肉の密林をくぐり抜けて冷食コーナーにたどり着くと…… あった……! 種類としては焼餃子と水餃子の2つ。 ちなみに焼にもノーマルの焼餃子20個入り(税抜498円)と一口サイズの焼餃子50個(税抜780円)の2つがあって、今回は前者を購入した。 それにしても、ざっくり計算して1個あたり15〜30円とは。 なかなかお安くてヨロシイ。 ・至福の餃子らしい ハナマサ祭を開催するにあたり情報を簡単に伝えておくと、ハナマサ餃子の原産国は中国。 内容量は600gで、なんでも本場の味わいが手軽に楽しめる「香港飲茶」シリーズというものらしい。 まぁ、このあたりはいいとして気になったのは別のところ……そう、パッケージに書いてある…… 「豚肉をたっぷり使用しました。 ほおばった瞬間、肉汁が口の中に広がる 至福の餃子です」 という殺し文句である。 至福……いい言葉だ……。 開封したらニラとニンニクの匂いが強烈に漂ってきたところで、さっそく至福を求めて作っていくとしよう。 しかし、 ハナマサのものは油と水を自分で入れなくてはいけないタイプだから最低限の準備はしておこう。 最近、水と油を使わなくていい商品が増えてきたこともあって、自分でイチからやるとなんだか懐かしい気持ちになるなぁ〜。 まずはフライパンに油を引き、餃子を並べていく。 それから水を加えて……っと。 あとはひたすら…… 蒸すべし。 そしてヤケドに注意しつつ、クルリンパとひっくり返せば…… ほい、できた! 願わくはIHじゃなくてで作りたかったが、美味しそうに焼けた。 ただ、モワンッと漂う餃子フレーバーが部屋中に充満。 結構な匂いがするため、朝食や昼食より夕食にするのがベターだろう。 それでは、ハナマサ実食! いただきまぁす! ふむ…… これは文字通り…… ほおばった瞬間、肉汁が口の中に広がる。 まごうことなき肉汁系だ。 一口に餃子と言ってもいろいろあるが、ハナマサ餃子はちょい厚めの皮を噛んだ瞬間に肉汁が口の中に溢れ出してきた。 方向性がハッキリしていて、安定を求めるよりも 勝負に出た餃子だな! んでもって、餡の方は「肉」を名乗るだけに太っ腹。 「豚肉をたっぷり使用しました」と書いてあったが、マジでたっぷり。 また、タレをつけずにいけるところが二重丸。 個人的にはそのことも合わせて、肉汁系で押しまくる「ダンダダン酒場」のものに近いと感じた。 とにかく パンチ力重視のオラオラ系餃子だから、白米でがっつきたい食いしん坊にとってはピンズドだ。

次の

ギョーザ

餃子 の タネ 冷凍

作り置き餃子の冷凍保存のポイント2つ目は、バラバラにして冷凍することです。 餃子を冷凍するときに、固まったまま冷凍すると剥がすのが大変です。 剥がすときに皮が破れてしまうこともあるでしょう。 餃子をバラバラに冷凍しておけば、使いたい量だけを取り出せます。 お弁当などでちょっとだけ使いたいときに便利ですよね。 餃子をバラバラに冷凍すると、皮のヒダの部分が割れてしまうことがあります。 バラバラに冷凍する時は、冷凍保存袋ではなく浅型のタッパーなどを使えば、ヒダが割れるのを防ぐことができるでしょう。 冷凍用のタッパーには、100均のタッパーがオススメです。 ダイソーやセリアではどんなタッパーがあるか、下の関連記事で探してみてくださいね。 餃子のレシピ1つ目は、焼き餃子です。 キャベツやニラが入った基本的な餃子です。 初めて餃子を作るなら、まずは基本の餃子に挑戦してみましょう。 材料(4人分)• キャベツ 200g• ニラ 50g• 豚ひき肉 120g• 餃子の皮 20枚• 調味料• 醤油 小さじ2• 生姜のすりおろし 1カケ• ごま油 小さじ2 焼き餃子の作り方• キャベツをみじん切りにし、塩もみしたあと水気を絞ります。 ニラをみじん切りにします。 豚ひき肉に調味料を順番に入れていきます。 豚ひき肉を粘りが出るまで練り、野菜を加えて混ぜます。 できた餡を餃子の皮で包みます。 豚ひき肉を少なめにして、野菜をたっぷり入れたヘルシーな餃子になっています。 カロリーを控えたい人にオススメです。 材料(6人分)• キャベツ 120g• 小松菜 120g• ニラ 30g• 生姜 1カケ• 豚ひき肉 100g• 餃子の皮 24枚• 調味料• 醤油 小さじ1• コショウ少々 野菜たっぷり餃子の作り方• キャベツと小松菜を塩少々を入れたお湯で茹で、みじん切りにして水気を絞ります。 ニラをみじん切りにします。 生姜はすりおろしておきます。 豚ひき肉に塩を入れ、粘りが出るまで練ります。 調味料を加えさらに練ります。 豚肉と野菜を混ぜ合わせ、できた餡を皮で包みます。 海老のぷりっとした食感に、歯ごたえのよい茹でたけのこが絶妙のアクセントになっています。 材料(4人分)• キャベツ 30g• 茹でたけのこ 30g• 海老 200g• 豚ひき肉 50g• 塩コショウ 少々• 餃子の皮 24枚• 調味料• 生姜汁 小さじ1• 酒 大さじ1• キャベツを茹でてみじん切りにし、絞って水分を切ります。 長ネギをみじん切り、茹でたけのこを粗みじん切りにします。 海老を包丁の腹でつぶし、粗目にたたきます。 豚ひき肉と海老に塩コショウを入れ、粘りが出るまで練ります。 調味料を入れてさらに練ります。 野菜を加えて混ぜ、できた餡を皮で包みます。 手作り餃子に慣れないうちは、きちんと餡を包めなかったり、皮を破いてしまう失敗をしがちです。 棒餃子なら、皮を巻くだけなので簡単に餃子が作れますよ。 材料(4人分)• 豚ひき肉 250g• 生姜 15g• 長ネギ 1本• 餃子の皮(大きめのもの) 16枚• 調味料• 塩ひとつまみ• 砂糖 小さじ1• 酒 大さじ1• 醤油 小さじ2• ごま油 小さじ1 棒餃子の作り方• ニラと長ネギをみじん切りにします。 生姜はすりおろしておきます。 豚ひき肉に調味料を入れて混ぜ、野菜を加えてさらに混ぜます。 できた餡を棒状にして皮に乗せます。 両端から折りたたむように巻きます。 フライパンに油を入れて熱し、棒餃子を並べます。 弱火で薄く焦げ目がつくまで焼きます。 お湯を入れてフタをし、蒸し焼きにします。 焼き餃子に飽きたら、水餃子にしてみましょう。 ツルッともちもちした食感の皮がたまらない一品です。 水餃子の皮はお店で買うこともできますよ。 材料(4人分)• 豚ひき肉 150g• キャベツ 100g• ニラ 20g• しいたけ 2枚• 水餃子の皮 24枚• 調味料• 生姜 1カケ• 塩コショウ 少々 水餃子の作り方• キャベツをみじん切りにして、塩をふり10分ほど置きます。 ニラとしいたけをみじん切りにし、生姜はすりおろします。 豚ひき肉に調味料を加え、粘りが出るまで練ったら、ニラとしいたけを加えて混ぜます。 絞ったキャベツを加え、混ぜ合わせたら皮で包みます。 大きめの鍋にお湯を沸かし、沸騰したら餃子を入れます。 大根おろしを入れたみぞれ鍋は、あっさりとしたスープですが、ピリッと効いたラー油が良いアクセントになっています。 材料(1人分)• 冷凍餃子 6個• 大根 100g• しいたけ 2枚• めんつゆ 大さじ4• 大根の皮を剥いてすりおろします。 しいたけは薄切りにします。 鍋に水とめんつゆを入れて、煮立ったら冷凍餃子としいたけを加えます。 材料に火が通ったら、大根おろしを加えます。 火を止め、最後にラー油をたらして完成! 作り置きの餃子を冷凍保存して毎日の料理を楽にしよう! いかがでしたでしょうか。 餃子は種類も豊富で、様々な料理にアレンジできる便利な食材です。 冷凍の仕方や美味しい焼き方を参考にして、毎日の料理に活用してくださいね。 手作りをする時間がない場合は、市販の冷凍餃子を使ってしまいましょう。 市販の餃子にも様々な種類がありますので、下の記事で美味しい餃子や焼き方を見てみてくださいね。

次の