ヒトモシ 鼻。 ランプラー

ランプラー

ヒトモシ 鼻

かちゃり、かしゃり、と金属の合わさる音が静かに響く。 それは決して銃などの恐れを含んだ重たい音ではなく、軽く優しい音。 音の紡ぎ手ー芥川龍之介、とそのそばで小さく揺れ動く生き物、ヒトモシの奇妙な一人と一匹の手元からその音は流れていた。 きっかけはなんとなく開いていた本であった。 その中に出てくる喫茶店のメニューの中にあったのが『ガトーショコラ』 ふんわりした軽いケーキもよいが、重たくどっしりとしていたこのガトーショコラは口の中いっぱいにチョコレートの鮮やかな風味と、ほどよい甘さとほろ苦さを舌に響かせてくれる。 重厚なそのケーキを一口と噛み締めるたびに、物語の書き手は口角を思わず緩めてしまう。 フォークをいれた時の香ばしさも鼻を擽り、小さく添えられた生クリームをつけてもよい。 そんな文章を読んでいたときに、 とにかく目を輝かせて夢中になってしまったのだ、ヒトモシが。 「モシッ!! モシモシッ!! 」 小さな蝋燭に顔と手をつけた、ヒトモシの小さな体の小さな手がパタパタと上下に揺れながら本を叩く。 ガトーショコラが食べたい。 と、これでもかと頭の炎を揺らしながら主張をしてくるヒトモシ。 あまりの主張の激しさに芥川はなんとも言えない顔をしながらヒトモシを抱き上げ本を閉じて自室を出た。 30分ほどして再びその部屋の扉が開いた時、彼は片手にビニール袋を握っていた。 中身はもちろん、ガトーショコラの材料。 「作るぞ」 ヒトモシをキッチンのテーブルへ乗せ、自身は外套を脱いで白いエプロン made in higuchi を着ける。 トントン、となれた手つきで調理器具を出していき、ヒトモシがそれを使いやすいように並べる。 もともと料理、しかもお菓子なんて作ったことのなかった彼がお菓子作りに手を出した当初は色々酷かったものだが、今ではすっかり慣れた。 ヒトモシも机の上をちょこちょこと動き回り、阿吽の呼吸で二人は準備を進めていく。 机の上に並べられた器具、材料。 チョコレートとバター、砂糖に卵、小麦粉、生クリーム。 ヒトモシはバターやチョコレートから自然と離れ、ニコニコとしながら芥川の顔を見上げた。 ザクザクと小気味の良い音をたてながら芥川がチョコレートを細かく刻み始めた。 包丁を握る手から伝わる振動が気持ちよく、あっという間にまな板の上に刻んだチョコレートの山ができる。 「モシっ」 小さなボウルへ移したチョコレート、そこへ分量を量ったバターを入れればそのあとはヒトモシの出番だ。 ヒトモシがボウルを抱きしめるように近づくと、中に入ったチョコレートとバターがとろり、と溶け始める。 本来なら湯煎をするところだが、小さく温かなその体が上手く代わりとなってその役目を果たしていた。 大きめのスプーンを渡せば、甘い香りがいっぱいに広がり、嬉しそうにニコニコと微笑む。 ヒトモシはくるくると中身を混ぜて上手にチョコレートとバターを合わせながら溶かしていった。 その反対で芥川はメレンゲを作り始める。 綺麗に水気を拭き取ったボウルに卵を卵白と卵黄に分けて入れていく。 上手にに卵の殻を使って二分割し、ひょいひょいと分けた後にからざをとる。 最初は上手く割ることができずにいちいちボウルに割り入れてから卵黄を掬い取っていたものだが今は卵黄を割ることなく分けられるようになった。 半透明の卵白が銀色のボウルの中でゆらゆらと揺れる。 そこにハンドミキサーを当て、最高速でかき混ぜる。 砂糖を最初から入れてしまうと、上手く泡立たなくなってしまうことを最初は知らず、どこかもったりとしたメレンゲを作ってしまっていたことが今では懐かしいほど慣れた手つきでハンドミキサーを動かしていく。 空気を含むにつれ、フワフワと白く泡立っていく様を見るのはいつも楽しい。 芥川はこの作業が好きであった。 ある程度しっかりと泡立ってきたころに砂糖を加え、また混ぜる。 完成してピンと角の立ったメレンゲは、ボウルをひっくり返しても落ちないほどしっかりしたものだった。 よし、上手くできた。 と満足そうな顔をしたものの、彼はここに少量の小麦粉をサラサラと落としてまた混ぜた。 『小麦粉を少量加えるとメレンゲがよりしっかりするんだよ』 と言うのは芥川にお菓子作りを教えてくれた彼の言葉だ。 モシ、と言う声が聞こえ、ヒトモシがこれまた小さなボウルに卵黄と砂糖を入れたものを持ち上げてこちらにのそのそとやって来た。 今ではすっかり優秀な助手は自分の作業をしっかりとわかっていた。 次の作業に必要なものは湯煎。 そのため溶かし終わったチョコレートを置いて、卵黄に砂糖を加えて持ってきてくれたのだ。 ふふんっ、と自慢げな顔をして芥川へボウルを渡し、自分はそのボウルの下へ移動する。 その光景に思わず芥川も頬を緩め、ありがたくそのボウルを受取りこちらの中身もかき混ぜていった。 全ての材料を合わせ、振るい上げた小麦粉や生クリームをトロトロと加えて混ぜれば生地の完成となる。 まずはチョコレートのボウルへ卵黄を加えて混ぜる。 チョコレートの重く暗かった色に、卵黄のやわらかな明るさが加わり、その中身はまろやかさを増した色へと変化する。 それらにメレンゲを一掬い加えて混ぜる。 こうしておくことで、この次の作業がやりやすくなるのだ。 作るレシピでまた変わるが、いくつもの作業を一つに合わせ、次々と変わっていくボウルの中身を見るのも好きだった。 今回のガトーショコラでは、チョコレートの重さ、卵黄の明るさ、メレンゲの純粋さを掛け合わせた色が次々と訪れては混ざりあって行く。 全ての材料を混ぜ合わせ、残すところは焼くだけ。 余熱を入れておいたオーブンへ、型へ流した生地を入れる。 オーブンの扉を閉じるとヒトモシがそこへぱたぱたと駆け寄っていく。 小さな鼻を押し潰すように顔を扉へ押し付け、中を見やるヒトモシの姿はどこかいじらしく、つい端で笑みが溢れた。 「焼き上がるのはまだまだ先だ。 」 そう言うとヒトモシは顔をこちらへ向け、モシッと一言。 『自分がそばにいれば少し早く焼けるかもしれない!』 というようなその表情に少し納得はしつつも、オーブンが壊れそうなのでヒトモシを抱き上げて此方へ連れて来る。 腕をパタパタと振り抗議を醸すも壊されては堪らない。 結果、オーブンが見える机の上から扉をじっと見つめることで満足したらしいヒトモシは焼けるまでの40分間、飽きることなく扉を見つめ続けた。 芥川は隣で少し呆れたが。 焼き上がりを伝える電子音が鳴り、ヒトモシの目が輝く。 食べたい!食べたい!と跳ねるヒトモシだが 「あら熱をとらないとダメだ。 」 という芥川の一言で絶望の顔をむけた。 「…………一切れならいいぞ。 」 少しの沈黙の後、まあヒトモシだし火傷はしないだろう。 むしろヒトモシに触った方が火傷しそうな位なのだからまあ…。 という考えのもと、許可は下りた。 「だが少し置いてからの方がうまいから一切れだけだぞ。 」 『モシッ!!』 片手をピシッとあげて先程の絶望はどこへやらと嬉しそうににこにこと此方を見るヒトモシ。 苦笑いをしつつケーキを型から外し、一切れだけ切り分けて後はケーキークーラーの上へ乗せて冷ます。 軽く粉砂糖を振りかけてからずっと此方を見ているヒトモシへ、ほら。 と渡す。 花が舞って見えるほど喜んでいるヒトモシは器用に一口サイズに切り分けたガトーショコラを口に運んだ。 もしゃもしゃと咀嚼した後、最初とはまた違った目の輝きを見せて芥川へ『美味しい』と動作で伝える。 いつもよりも大きく燃える炎と、口のはしにケーキをつけてにこにこと笑う表情に芥川も満足をした。 「それはなによりだ。 」 半日後、食事のデザートに出されたガトーショコラには生クリームとベリーが追加され、 ご飯のほかにそれを2切れも平らげたヒトモシに、その小さい体ののどこに入ったんだと疑問が出た。

次の

ポケットモンスター アナザーベストウイッシュ

ヒトモシ 鼻

名称と対象 [ ] クラゲといわれる動物は門の ヒドロ虫綱、 十文字クラゲ綱、 、 鉢虫綱 にわたって存在する。 広義には門()も含まれる。 は、かつては腔腸動物として刺胞動物と一緒にまとめられていたが、刺胞を持たない、雌雄同体である、刺胞動物とは異なる水管系を持つなど、全く体制が異なることから、20世紀初頭には別のに分けられた。 刺胞動物、有櫛動物以外にも、クラゲの名前を持つ生物が複数の門にわたって存在する。 門のは刺胞動物と同様、質で浮遊生活である。 、は、はである。 また、クラゲは刺胞動物における基本的体制の名としても使われる。 対になる語はである。 これについてはを参照。 基本的特徴 [ ] 一般的なの生活環 クラゲは、通常は浮遊生活をするである。 体はで柔らかく、透明。 体全体は、多くのものでは傘のような形をしている。 多くの場合、傘の下面の中心部に口がある。 ヒドロクラゲでは傘から柄が伸びてその先に口があるものや、口の周囲に触手が発達するものもある。 鉢クラゲの旗口クラゲ類、根口クラゲ類では、口の縁が長く伸びて口腕となる。 根口クラゲでは口腕が複雑化して口は口腕の先端部に小さな吸口として開口するだけで、中央の口は閉じてしまうものもある。 肛門はない。 多くの種類では傘の縁に触手がある。 また、ヒドロクラゲ類では触手の付け根にを持つものがあるほか、傘の縁にを持つものもある。 箱虫類、鉢クラゲ類では、傘の縁に感覚器があるが、平衡胞のみの場合と、眼点を有する場合がある。 箱虫類では非常に発達した眼を持つ。 十文字クラゲ綱のものは、構造的にはクラゲに近いので、クラゲと呼ばれるが、口の反対側に短い柄があって、これによってなどに付着して生活している。 形態的に大きく異なるのが管クラゲ類で、多数の個体がを形成し、全体では傘の形には似てもにつかないものが多々ある。 巨大になるものでは、長さが10mを越えるようなものも知られる。 基本的に雌雄異体である。 多くのクラゲでは、卵から(プラヌラ)が生まれると、幼生は基質上に定着してというのようなものになる。 新しいクラゲは冬季になるとポリプが御椀を重ねたような「ストロビラ」になり出芽、エフィラ幼生となって泳ぎ出す。 また、ストロビレーションなどによっても生じる。 ポリプはによって増殖するので、これを無性世代、クラゲを有性世代と見なし、をおこなうものという場合がある。 カラカサクラゲやオキクラゲはプラヌラからポリプにならずそのままエフィラとなる。 ヒドロ虫綱のクラゲでは、ポリプがよく発達し、群体となるものがあり、その場合はクラゲは特に分化した生殖個虫から作られるものもある。 全くポリプを形成しないクラゲもある。 生活 [ ] クラゲは一般にはとして生活している。 全く遊泳能力がないわけではなく、多くのクラゲは傘周囲に環状筋があって、傘を開いたり閉じたりすることで、口が開いているのと反対方向に進行することができる。 しかし、常時泳ぎ続けているものは少なく、多くは時折泳いで水中を漂っている。 水槽中で飼育する場合、水流を作ってやらないと、次第に水底に沈む。 沈みかけると泳いで浮き上がってくるが、これを繰り返しながら、次第に弱ってしまい、死に至るという。 ヒドロ虫綱のやなどは気体を含んだ浮きを持っていて、水面から若干上に出て浮かんでいるが、これは例外的なものである。 逆に、沈んで生活するものに、サカサクラゲがある。 名前の通りに、傘面を下にして水底に沈んでいる。 他に、先に述べたように十文字クラゲ綱は固着して生活している。 他にも、固着ではないまでも、の表面を這うように生活するクラゲなどもある。 などにあるには、獲物に注入するをもっている。 これを用いて動物性の餌を採る。 一部にを持ち、藻類の産物をエネルギー源として利用するものがある。 一方、クラゲの捕食者については、従来、クラゲは水分が多く栄養価が低いため捕食されることはまれと考えられていた。 しかし、2017年に米生態学会の学術誌に掲載された国際研究グループの南極での研究報告によるとクラゲはに頻繁に捕食されていることが分かった。 分類 [ ] ネクチクラゲ目(カラージェリー) 食用など利用 [ ] とでは、一部の種類(やなど)を食用にする。 中華料理では「海蜇」といい、傘の部位は海蜇皮(海折皮)、口腕部は海蜇頭(海折頭)として加工される。 細切りにして乾燥させ塩蔵したものを、水で戻してやなどにする調理のほか、加工食品とする。 日本では、中世文書から武士の献立にもクラゲが記されている(五味文彦 『中世の日本』 財団法人放送大学教育振興会 第2刷1999年(1刷98年) p. 63)。 文化としては、「クラゲ桶」といって、くらげをにするがあり、近世期の『』にも記述が見られる。 科学的な研究 [ ] 近年オワンクラゲより発見された Green Fluorecent protein というを発するとそのが、の分野において広く利用されている(参照:)。 エチゼンクラゲを畑の保水材として使用する試みもある。 飼育・展示 [ ] クラゲの飼育・展示は、多くので人気がある。 ショップでも売られるようになり、家庭や飲食店などで観賞用に飼育されることも多くなった。 クラゲ用の飼育セットも売られている。 クラゲの癒し効果を測定する試みでも、クラゲを鑑賞することにより、が低下する可能性が指摘されている(広海 2006 『クラゲのふしぎ』参照)。 被害 [ ] ミズクラゲの集団 海水浴などの際、クラゲに触れるとヒトも刺されることがある。 クラゲの毒の人体への作用は、クラゲの種類によって大きく異なる。 ほとんどのものではなにも感じないが、触れるとちくちくする程度のものから、激しい痛みを与えるもの、呼吸困難やなどの全身症状を引き起こすものまである。 や、(通称キロネックス)などは、場合によっては命に関わるとして非常に恐れられる。 では過ぎにに泳ぎに行くとクラゲに刺されると言われることが多いが、これは主に(腔腸動物門・立方クラゲ目)による被害である。 による刺傷は、刺された部分の痛みは強くないことが多いが、刺されて1時間ほどしてから、筋肉痛や呼吸困難等の症状を起こすことがあり、特にのやで恐れられている。 その症状は、オーストラリアのイルカンジクラゲが引き起こす、に似ている。 対処法はを参照のこと。 他に、一部のクラゲが急に大発生することがある。 大量発生したエチゼンクラゲが漁網にからまって破るなどの被害は現在、上深刻な問題である。 大発生したがや、の取水口に詰まるなどの被害を出す場合もある。 なお、このクラゲの大量発生により、世界各地で漁業被害などが発生している。 この原因は人間による水質汚染や魚の乱獲、あるいはの放出によるものではないかと指摘されている。 の報告書によれば日本において毎年2000万ドルの漁業被害が発生しているという。 文化 [ ] クラゲときゅうりの和え物 「くらげ」の語源については、目がないように見えることから「暗気」に由来するとの説あるいは丸い入れ物「輪笥(くるげ)」に由来するとの説など諸説ある。 「海月」や「水月」は海中あるいは水中の月のように見えるとの意味であるが、「水母」の由来についてはよくわかっていない。 日本では、クラゲは古来より骨のないものの代表として扱われた。 『』には、中納言隆家が見たことのない扇の骨を異様にほめるのに対してが「それではクラゲの骨のよう」と冷やかす場面がある。 珍しいことやあり得ない物事のたとえとして、「クラゲの骨」という語があり(『広辞苑』)、12世紀の『』にも見られる表現であり、13世紀の『』(下)にも、上田刑部という武士が、「人の身には、命ほどの宝はなし。 命あればクラゲの骨にも申すたとえの候なり(命があれば、クラゲの骨にも会うだろう)」といった場面がある。 また、民話にの病気の際に亀がサルの生き肝を取りに行く話があり、その中ではクラゲが余計なことを言ったために土壇場でサルに逃げられ、罰として骨を抜かれたということになっている。 日本最古の歴史書『』では天地開闢を「久羅下(クラゲ)如ス漂ヘル国」と表現している。 展示 [ ] 1984年にアメリカ合衆国のモントレー湾水族館が開館し、その際の展示の目玉がクラゲで、クラゲ専用の独自に開発した円盤型のクラゲ水槽を用いていた。 この展示によりクラゲ飼育展示の輪が世界に拡がった。 日本においては、クラゲを飼育している水族館は、全国に数多くある。 はクラゲ30種を飼育し、うち21種の飼育で2005年にギネス記録に認定されている。 それまでの1位はモントレー湾水族館の17種であった。 これはIC443という星雲であるが、その形から通称「クラゲ星雲」と呼ばれている。 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2013年5月)• 久保田信・上野俊士郎監修、jfish著 『クラゲのふしぎ』 技術評論社 〈知りたい!サイエンス シリーズ〉 2006年、256頁。 並河洋著、楚山勇写真 『クラゲガイドブック』 TBSブリタニカ(現:阪急コミュニケーションズ) 〈ネイチャーブックシリーズ〉 2000年、118頁。 シップ・アンド・オーシャン財団海洋政策研究所・日本海洋学会編 『続・海のトリビア』 日本教育新聞社、2006年、112頁。 岩間靖典著『クラゲ—その魅力と飼い方』 誠文堂新光社、2001年、111頁。 脚注 [ ].

次の

ヒトモシとは (ヒトモシとは) [単語記事]

ヒトモシ 鼻

ヒトモシ Hitomoshi 英語名 Litwick 607 - - - - 113 190 - - 065 - - - - - - - - - - - 287 - - 分類 ろうそくポケモン 0. 3m 3. 第五・第六世代: 55• 第七世代: 55• ポケモン徹底攻略• ヒトモシとはのNo. 607のポケモンのこと。 初登場は。 41で• で ポケモンずかんの説明文 、、 ヒトモシの ともす あかりは ひとや ポケモンの せいめいりょくを すいとって もえているのだ。 漢字 ヒトモシの 灯す 明かりは 人や ポケモンの 生命力を 吸って 燃えているのだ。 、、 あかりを ともして みちあんないを するように みせかけながら せいめいりょくを すいとっている。 漢字 明かりを 灯して 道案内を するように 見せかけながら 生命力を 吸い取っている。 ふだん ほのおは きえているが ひとや ポケモンの せいめいりょくを すいとると ほのおは きらめく。 漢字 普段 炎は 消えているが 人や ポケモンの 生命力を 吸いとると 炎は きらめく。 ほのおで ねっせられた からだは ほんのり あたたかい。 まいごの てを ひき れいかいへと いざなう。 漢字 炎で 熱せられた 体は ほんのり 温かい。 迷子の 手を 引き 霊界へと 誘う。 すいとる いのちが わかければ わかいほど あたまの ほのおは おおきく あやしく もえあがる。 漢字 吸い取る 命が 若ければ 若いほど 頭の 炎は 大きく 妖しく 燃え上がる。 種族値 の範囲 第三世代以降 レベル50 レベル100 50 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 場所 レベル 方法 B・W Lv. 26-29 - - B2・W2 Lv. 27-30 2F Lv. 28-31 3F Lv. 29-32 4F Lv. 30-33 5F - - Lv. 31-33 X・Y Lv. 10 、 - - US・UM Lv. タワーオブヘブンにはどちらも特攻の基礎値を上げるヒトモシとだけが登場するので、特殊アタッカーの育成で重宝する場所となる。 頭頂部のリンドウ色の炎は触っても熱くない。 目の下にある「u」のような部分は、鼻だという意見もあったがポケパルレにて口であることが判明。 第五世代での隠れ特性はだったが、第六世代ではに変更された。 におけるヒトモシ• で初登場。 この話では屋敷に住み着いた野生のポケモンとして4匹登場した。 声優は。 で、発掘団団長のポケモンとして登場。 照明係。 この話では生命エネルギーを吸い取っている様子は見られない。 におけるヒトモシ におけるヒトモシ• を参照。

次の