西船橋 バス。 西船橋駅から船橋市役所 バス時刻表([西船11/12]市内線[京成バスシステム])

市内のバス路線|船橋市公式ホームページ

西船橋 バス

平日深夜のみの運行となります。 土曜・日曜、祝日、年末年始・お盆期間等は運行しません。 運行日にご注意ください。 上記以外のバス停には停まりません。 停車バス停にご注意ください。 定員制のため満席の場合ご乗車になれないことがあります。 ご了承ください。 乗り場案内 注意事項• ご予約は不要です。 当日、発車時刻までに停留所にお越しください。 深夜急行バスは定員制のため満席の場合は、ご乗車できません。 また、定期券は使用できません。 あらかじめご了承ください。 運行日は平日のみです。 (土曜・日曜・祝日・8月13~15日・12月30日~1月3日は運行しません。 道路状況により予定時刻に到着できない場合がありますのであらかじめご了承ください。 運賃は先払いです。 お問い合わせ 船橋新京成バス株式会社 鎌ヶ谷営業所 TEL. 047-443-2035.

次の

西船橋駅

西船橋 バス

概要 [ ] 当駅は最大の人口を誇るの中心駅であると並ぶ交通の要所であり、(JR東日本)の()を走行する(総武線各駅停車)、、(高谷支線、二俣支線)、(東京メトロ)の、のの3社5路線が乗り入れている。 近傍にはの、、が位置している。 船橋駅と共に日本屈指のとして機能し、乗り換え客が多いことから混雑する駅となっている。 古くから交通の要所、町「船橋宿」()として栄え、になると物資の集積地・流通地として栄えた地である。 これらの歴史的要因から、当駅は交通の要所としての面影を現代に残している。 また、当駅には本来、の利用者への交通の利便を図るという役割があった。 その後、北隣に武蔵野線のが開業してからはその役割が低下したが、その後も競馬開催日などに北口からグループによる臨時が中山競馬場まで運行されている。 武蔵野線の中では最大の乗り換え駅でもある。 当駅は、通称として「西船(にしふな)」と表現される。 この名前が定着したことから、からにかけて行われた駅周辺の実施により「西船」という町名が誕生した。 東京メトロの駅の中では最東端で、も含めた全体でも最東端に位置する。 乗り入れ路線 [ ] JR東日本の各線(後述)、東京メトロの、東葉高速鉄道のの3社の路線が乗り入れている。 JR東日本の駅に乗り入れている路線は、、(高谷支線、二俣支線)であり、このうち総武本線を当駅のとしている。 総武本線に関してはを走るのみが停車する。 武蔵野線は当駅を終点としているが、京葉線両支線との間で相互直通運転が行われている。 京葉線については、当駅が高谷支線の終点、二俣支線の起点となっている。 は総武線と武蔵野線でそれぞれ「 JB 30」と「 JM 10」が付与されており、京葉線には付与されていない。 一方、東京メトロ・東葉高速鉄道の駅にはそれぞれ「 T 23」「 TR01」の駅番号が付与されている。 地下鉄東西線は当駅が終点であるが、当駅を起点とする東葉高速線、およびJR総武線各駅停車(平日朝夕ラッシュ時のみ)との相互直通運転を行っている。 東西線と総武線を直通する電車については、この東京メトロの駅に発着する。 JR総武本線快速線()は当駅を通過し、ホームも設けられていない。 (3年)10月の千葉県議会で県側が「総武快速の「西船」停車は困難」と答弁する一方 、(平成19年)第2回船橋市議会定例会において市の企画部長が「千葉県や沿線の市町村がJR側に対して西船橋駅での総武快速線の停車を要望している」と答弁しているが 、現時点で快速線ホーム新設に向けた具体的な動きはない。 運転停車 [ ]• :日立駅 - 舞浜駅・東京駅間を・・を経由して運行する。 わくわく舞浜号:日立駅 - 舞浜駅・東京駅間を常磐線・武蔵野線・京葉線を経由して運行する臨時急行列車。 が通過駅になっている点が異なっている。 歴史 [ ]• (33年):総武本線の駅(旧駅舎)が開業。 当時はのみの取り扱いであった。 この当時の駅構造は1面2線。 ホームは現在の総武快速線上に位置していた(複々線化の際に旧ホーム撤去)。 (昭和43年):総武線工事に伴う緩行線切り替えにより新駅舎に移転。 (昭和44年)• :東西線が開業。 国鉄総武線(各駅停車)との相互直通運転開始。 :扱いを開始。 (昭和53年):国鉄武蔵野線が開業。 9・10番線(現在の11・12番線)のみで営業開始。 (昭和61年)• :国鉄京葉線の1期区間(西船橋 - 千葉港〈現・千葉みなと〉間)が開業。 京葉線は9・10番線を使用。 :貨物扱いを廃止。 (昭和62年):に伴い、国鉄の駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となる。 (昭和63年):JR京葉線の2期区間(新木場 - 南船橋間・市川塩浜 - 西船橋間・千葉港〈現・千葉みなと〉 - 蘇我間)開業。 同時に武蔵野線の直通運転を開始。 (4年):一般利用者が使用可能なを55ヵ所に設置し、使用を開始。 (平成8年)• :東西線ホーム業務をJR東日本から営団地下鉄に移管。 :東葉高速鉄道線が開業。 営団地下鉄東西線との相互直通運転開始。 (平成13年):JR東日本で「」の利用が可能となる。 (平成16年)4月1日:帝都高速度交通営団(営団地下鉄)民営化に伴い、東西線の駅は東京地下鉄(東京メトロ)に継承される。 (平成17年):「西船橋」が開業。 (平成19年):改札口分割工事完成。 東京メトロ・東葉高速鉄道でICカード「」の利用が可能となる。 (平成23年)• :駅ナカ「Dila西船橋」がリニューアル。 :北口に「Dila西船橋別館」が開業し、「Dila西船橋」がグランドオープン。 (平成24年):この日をもってが営業を終了。 (平成25年):東京メトロ施工により、南口にが設置。 (平成27年):東西線ホームにを導入。 (平成30年)4月1日:駅ナカ「Dila西船橋」の運営会社変更に伴い、「西船橋」となる。 駅構造 [ ] を有し、南北を連絡する自由通路が設置されている。 北口にはと、南口にはエスカレーターが設置されていて、9月よりエレベーター設置工事が開始され、より使用が開始された。 改札内コンコース - ホーム間にもエスカレーターとエレベーターが設置されている。 はJR東日本単独と東京メトロ・東葉高速鉄道との間で分離されている。 東京メトロ・東葉高速鉄道は構内を共有するであるが、東京メトロが全面的に駅を管轄している。 JR東日本の改札口は自由通路の北口側、東京メトロ・東葉高速鉄道の改札口は南口側にそれぞれ設置されている。 他の共用駅では並置されていることが多いはJR東日本のそれと、東京メトロ・東葉高速鉄道のそれとが別々の場所に設置されている。 駅舎は総武本線複々線化工事および東西線延伸の際に新設されたものである。 旧駅舎は北口の現快速線直上の売店などがある一角で(改修前写真を参考)、橋上駅舎としてはなどとともに最初期のものに当たる。 また、駅の看板は北口がJR東日本、南口が東京メトロによって制作されている。 1階にはJR総武線・東京メトロ東西線・東葉高速線のホーム、2階には改札やなどの駅設備、3階にはJR武蔵野線・京葉線のホームがそれぞれある。 南側のホーム(5 - 8番線)では東京メトロの社員が配置され、案内サインやも東京メトロ仕様になっており、・・も個別にある。 トイレの看板・・乗り換え案内などのサインは旧・国鉄の様式を使用していたが、東京メトロ移行後に順次新サインに変更され、他の東京メトロの駅で見られる路線図に加えて、当駅独自の東西線・東葉高速線の停車駅案内図も設置されている。 また、改札口および精算機の管理、当駅発着の東京メトロ・東葉高速鉄道線の磁気定期券販売はJR東日本が引き続き行っている。 (東京メトロの多機能券売機では継続定期券のみ購入可能) までは3社共用で1つの改札口を使用しており、JR・東京メトロ共用駅のと同様にとはJR東日本のものを設置していた。 なお、新たに設置された自動改札機は上のサインが東京メトロ仕様になっているものの、機械自体はJRのものを使用しているため、IC乗車券の読み取り部もJR仕様の「Suicaをふれてください」になっている。 東京メトロ線・東葉高速線の自動券売機も北側に移転し、運賃表も更新された。 ただし、2007年3月時点では方面サインや駅名標は営団時代のまま存置していたが、9月に新サインへ更新された。 また、それ以降もトイレの看板や時刻表、乗り換え案内の標識がJR東日本様式のものになっていたが、初頭に東京メトロ様式へ更新された。 これにより従前の古びた駅の風景と、改装されて明るい雰囲気になった新しい駅の風景が同居しているというかなり特殊な構図の駅となった。 なお、駅ナカ「Dila西船橋」は2011年6月26日にリニューアルされ 、同年10月11日に北口駅前広場に「Dila西船橋別館」が開業するかたちでグランドオープンした。 配置ので、当駅以外に(総武線)、 - (武蔵野線)の各駅を管理している。 総武線は2面3線を有するである。 ただし東京メトロ東西線直通列車は地下鉄ホーム発着である。 武蔵野線と京葉線は島式2面4線ので、地上ホームとはホーム上の総武線船橋駅寄りの位置でほぼ直角に交差する。 1 - 4番線を総武線が、9 - 12番線を武蔵野線・京葉線が使用する。 2・3番線は線路を共用している。 京葉線の案内にはラインカラーである赤を用いているが、当駅を発着する京葉線列車は一部を除きオレンジ帯の車両(武蔵野線用)により運行される。 とは自由通路北口側に設置されている。 のりば [ ] 番線 路線 方向 行先 備考 地上ホーム 1 総武線(各駅停車) 東行 ・・方面 東行のうち東西線から直通列車は5番線・6番線に発着。 2 2番線のりばを朝1本のみ東行が使用。 3番線のりばを当駅始発と一部の西行列車が使用。 3 西行 ・・方面 4 高架ホーム 9 武蔵野線 京葉線 上り ・方面 一部の列車は11・12番線から発車。 基本的に海浜幕張方面からの列車が9番線に、 東京方面からの列車が10番線に発着。 10 11 ・方面 一部の列車は9・10番線から発車。 基本的に11番線が東京方面行き、12番線が海浜幕張方面行き。 12 下り ・方面 (出典:)• 11・12番線(武蔵野線・京葉線)ホーム(2019年9月17日) 特記事項 [ ]• 総武線のホームは2面3線となっている。 一部例外はあるが基本的に1・4番線で扱う。 ただし、平日朝夕に地下鉄東西線から総武線への直通列車は5番線 朝の1本のみ6番線 から、その逆方向は8番線から発車する。 2番線は平日朝1本と夕方1本ずつの使用。 それ以外の2番線からの発車はなく、基本的に降車ホームとなる。 3番線は平日は朝夕を中心に設定されている24本の上りの当駅始発すべてと一部の列車が使用する。 土休日は1本の当駅始発と一部の列車のみ使用する。 武蔵野線ホームは9・10番線だけが10両に対応しているため、京葉線車両が乗り入れる場合は9・10番線を発着する。 京葉線および武蔵野線で何らかの輸送トラブルがあった場合は、当駅でそれぞれ折り返し運転を行うことが多い。 その際、線路配線上の制約により発車番線が通常と異なり、9・10番線が京葉線東京方面または南船橋方面、11・12番線が武蔵野線府中本町方面となる。 平日朝通勤時間帯に、一部の海浜幕張行きの列車は10番線から発車する。 これは11・12番線の混雑緩和のための措置である。 また、この時間帯は武蔵野線の降車客が大変多いため、船橋法典方面から電車が到着する電車が近づくと、広い方の下り階段を駅員がベルトで規制し、動線を確保している。 武蔵野線ホームから京葉線に進む場合、方向別に線路が分かれているために市川塩浜方面と南船橋方面を同時に出発させることができ、実際に同時出発のダイヤが組まれている。 10月頃に武蔵野線・京葉線ホームの案内 放送のシステムが更新され、全番線放送文面が追加 、11・12番線の案内には「京葉線 直通」と案内されるようになった。 東西線・JR総武線(地下鉄東西線直通)と東葉高速線は島式2面4線を有する地上ホームである。 5 - 8番線を使用する。 東京メトロと東葉高速鉄道ので東京メトロの管轄駅である。 東京メトロ線と東葉高速線のはJRが販売を代行しているため、当駅発着のもののみ購入が可能である。 また、当駅発着(JR東日本線との連絡定期券でない)の東京メトロ線・東葉高速線の新規定期券は磁気券のみ発券可能である。 これはどちらも東西線の西端駅でJR東日本と共同使用している中野駅も同様である。 なお、東京メトロ側には多機能発売機(東京メトロ管理)が設置されているが、新規定期券の購入とによるメトロポイントのサービス利用はできない。 また乗り越し精算機がJR仕様のため乗り越し精算の際東京メトロの回数券を投入金として使用することもできない。 元々は現在のJR総武線・東西線・東葉高速線自動改札機の右隣に東葉高速線専用の自動券売機コーナーがあり、現金専用の旧式の自動券売機5台と受付窓口があった。 現在は東京メトロの方に2台が移転されたが、すべてJR東日本のものと同じタイプで、かつ現金専用であり、PASMO・Suicaに対応している自動券売機がない。 も対応していなかった。 ちなみに、他の東葉高速線の駅にはパスネット(対応終了)・PASMO・Suica対応の新式の自動券売機は設置されている。 なお、移転元の切符売り場は撤去され、2008年9月に「そば処めとろ庵」などの店舗が営業を開始している。 のりば [ ] 番線 路線 行先 備考 5 東葉高速線 ・方面 東西線からの直通列車(一部を除く)が使用。 総武線(各駅停車) ・方面 東西線からの東行列車。 平日朝夕のみ使用。 6 東西線からの東行列車。 平日朝のみ使用。 東西線 ・・・方面 当駅折り返し列車が使用。 東葉高速線 北習志野・東葉勝田台方面 平日朝夕のみ使用。 7 東西線から直通の早朝2本のみ使用。 東西線 浦安・日本橋・大手町・高田馬場方面 朝夕の一部を除き、当駅折り返し列車が使用。 8 東葉高速線・総武線からの直通列車と 引き込み線からの始発が使用。 (出典:) 7・8番ホーム、ホームが広く朝ラッシュ時に対応できる構造(2009年2月3日) 特記事項 [ ]• 2015年6月まで、5 - 8番線は発車時にブザーを使用していたが、5・7番線は6・8番線に比べて音が低めになっていた。 2016年3月のダイヤ改正で8番線の東葉勝田台行きはなくなった。 早朝に2本7番線からの東葉勝田台行きがある。 事故や強風などで東西線地上部が運転を見合わせ、再開の目途が立たない場合は、東葉高速線の全列車を当駅折り返しとして臨時にこのホームを使う。 ちなみに、配線上東葉高速線の当駅折り返しが可能なのは7・8番線のみである。 平日朝夕のみ運転される東西線から直通の総武線津田沼行は、5・6番線から発車する。 他社線との直通運転において一つの他社線境界の駅から共同使用の他社線とは関係ない路線にも乗り入れを行う珍しいケースとなっている。 連絡改札口設置に伴う取り扱い [ ] 2007年3月18日のSuica・PASMO相互利用開始に合わせて改札口の分割工事が行われ、東京メトロ線・東葉高速線にも自動改札機を設置し、同時にJR線と東京メトロ線・東葉高速線・JR総武線(東京メトロ東西線直通)の連絡改札口が設置された。 また、・寄りと・寄りの乗換用跨線橋にも連絡改札口が新設された。 これにより、当駅から中野方面へ向かう場合や中野方面から当駅に向かう場合、JR線経由か東京メトロ線経由かを区別できるようになった。 下総中山・原木中山寄りの乗換用跨線橋は連絡改札口新設以降、6時 - 10時と16時 - 23時のみ利用可能となっている。 なお、東京メトロ線・東葉高速線・JR総武線(東西線直通)の改札から交通系ICカードのSF利用で入場し、他社と改札内を共有していないJR東日本の駅(など)で出場した場合、西船橋からJR東日本線単独で利用した場合と東京メトロ線を経由し中野または北千住で乗り換えた場合の運賃を比較し安い方が出場駅で引き落とされる。 東葉高速線が開業する前はが3本あり、現在の東葉高速線の線路の一部が引き上げ線となっていた。 運転番線 営業番線 ホーム 御茶ノ水方面着発 大手町方面着発 東葉勝田台方面着発 千葉方面着発 JR引上げ線着発 メトロ引上げ線着発 備考 1 10両分 到着可 不可 不可 出発可 不可 不可 緩行線下り主本線 2 2,3 到着・出発可 到着・出発可 入出区可 両側にホーム有 3 4 出発可 到着可 出区可 緩行線上り主本線 4 5 不可 到着可 出発可 出発可 不可 入出区可 5 6 到着・出発可 6 7 到着・出発可 到着可 7 8 出発可• 総武快速線は省略。 京1番線は12番線の寄りの、二俣支線下り線と高谷支線上り線のポイントとポイントの間にある。 一部の貨物列車が旅客列車を待避している。 11番線東京側出発信号、11番線東京側12番線からの合流ポイント、12番線府中本町側出発信号、武蔵野線下り本線シーサスクロッシング府中本町側には入換信号が取り付けられ、11番線への下り到着列車に対する機回しがスムーズとなった。 総武線ホームの1 - 4番線では、武蔵野線ホームの9 - 12番線では制作のメロディを使用している。 東京メトロ管轄の5 - 8番線では作曲のメロディを使用している(詳細はを参照)。 番線 曲名 1・2 Gota del Vient 3・4 Verde Rayo 5 A Day in the METRO 6 Beyond the Metropolis 7 8 9 スプリングボックス 10 雪解け間近 11 星空の下 12 すすきの高原 V2 利用状況 [ ]• JR東日本 - 2019年度の1日平均は 138,618人である。 同社の駅ではに次いで第24位、千葉県内では第1位、内でも1位である。 2016年度までは千葉県内では船橋駅に次いで2位であったが、2017年に追い抜き1位となった。 また、中央・総武線内ではに次ぎ、39駅中第5位、武蔵野線の駅では26駅中第1位である(京葉線からの直通人員も含まれる)。 東京メトロ - 2018年度の1日平均は 295,943人である。 東西線の駅ではに次ぎ2番目に利用者数が多い。 東葉高速鉄道 - 2018年度の1日平均 乗車人員は 60,793人である。 同社の駅の中で第1位である。 年度別1日平均乗降人員 [ ] 近年の1日平均 乗降人員の推移は下表の通りである(JR、東葉高速鉄道は除く)。 ただし、連絡定期券は発売しておらず、JRと京成の乗り換えは()およびの方が多く利用される。 開業前はへの最寄り駅だったため、近隣駅と比較してやが多い。 労働者が多く集まる駅としても知られており、駅周辺には多い時で千人程が集まることもあった。 南口にはバスロータリーがなく、企業などの送迎バスは少し離れた大通りを発着場所としている。 駅周辺施設 [ ] 駅舎内の施設(駅ナカ・駅ビル) [ ] 商業施設としての「ペリエ西船橋(PeRIe)」があり、改札内(2階、3階)、改札外(2階)、改札外北口(1階、2階)からなる計約30店舗のを有する。 東京地下鉄側にはの駅ナカ「メトロピア西船橋」がある。 改札内• :ペリエ西船橋• 2階フロア、以下代表店• 小型:NewDays• 専門店:• 小売販売店舗:コンタクト• 3階フロア、以下代表店• カフェ:西船珈琲研究所• :BOOK EXPRESS• :リラクゼ• 駅ナカ:メトロピア西船橋• 店:西船橋• 改札外• 駅ビル:ペリエ西船橋(改札外、改札外北口)• ステーションATM:VIEW ALTTE• カフェ:• :ココプレス• 駅 [ ]• ()- 北口より徒歩連絡にて約5分の場所に位置している。 JR東日本との連絡業務は取り扱っていない。 (京成電鉄本線)- 徒歩連絡にて約15分の場所に位置している。 (京成電鉄本線)- 徒歩連絡にて約18分の場所に位置している。 その他 [ ]• 西船橋出張所• 西船橋駅前郵便局• 西船橋駅南口郵便局• 西船橋駅前交番• 西船駅前プラザ• ペリエ西船橋店 バス路線 [ ] 北口 [ ] 駅前ロータリーと北口高速バスターミナルから以下の路線が・・・・などにより運行されている。 また、中山競馬場においてレースなどが開催される際には当駅から臨時の競馬場行バスが1番乗り場付近から発車する。 駅前ロータリー [ ]• 1番のりば:〔中山01〕行• 5番のりば:〔〕・行• JR東海バスの高速バス「ファンタジアなごや号」(2007年9月13日) 南口 [ ] 西船橋店前(南口から約200m)にバス停があり、下記の路線が運行されている。 西船橋駅南口• この路線は原木地区に2003年まであったへの通勤客用の限定乗合路線として、ターミナルの関連会社・原木ターミナルサービスが運行していたもの。 限定乗合路線のため、一般利用者の混乗も認められていた。 2003年に同社が解散後は、旧ターミナル付近の企業による管理組合がジャパン・ビジネス・サービス JBS に運行を委託して路線を継続したが、2005年5月20日をもって一般利用者の混乗取り扱いを終了し、通勤客の送迎専用となって現在に到る。 かつてはの有料送迎バスが同所に停車していたが、2010年9月20日をもって廃止となった。 総務省. 2019年4月1日閲覧。 2017年2月号 p. JR東労組千葉地方本部 2019年9月11日. 2019年11月28日時点のよりアーカイブ。 2020年3月12日閲覧。 「ペリエ西船橋」公式サイト. 2019年3月27日閲覧。 www. tokyometro. 2019年3月28日閲覧。 (2005年6月17日) 報道発表資料 [ ]• - 2017年8月24日 東日本旅客鉄道水戸支社• - 2018年8月24日 東日本旅客鉄道水戸支社• 東日本旅客鉄道. 2019年7月27日時点のよりアーカイブ。 2020年4月24日閲覧。 日本語 プレスリリース , 営団地下鉄, 2004年1月27日 , の2006年7月8日時点におけるアーカイブ。 , 2020年3月25日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , PASMO協議会/パスモ, 2006年12月21日 , の2020年5月1日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月5日閲覧。 , 2020年5月19日閲覧。 , 2020年5月19日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東京地下鉄, 2015年3月25日 , の2018年6月30日時点におけるアーカイブ。 , 2020年3月11日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 千葉ステーションビル, 2018年3月22日 , の2020年5月19日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月19日閲覧。 新聞記事 [ ]• 千葉日報社 : pp. 2002年12月27日• 読売新聞社 : pp. 1991年10月8日• 千葉日報社 : pp. 1992年1月22日• 千葉日報社 : pp. 1996年4月28日• 千葉日報社 : pp. 2005年1月14日 利用状況 [ ] JR・地下鉄の1日平均利用客数.

次の

羽田空港-西船橋駅・船橋駅

西船橋 バス

乗車券発売場所• 運賃のお支払方法 羽田空港発:先払い 『羽田空港から』のご乗車 あらかじめ乗車券をお求めください。 〈交通系ICカードまたは回数券をご利用のお客さま〉 到着ロビーバス乗車券取り扱いカウンター 第3ターミナル またはのりば係員へご利用になるバスの時刻をお伝えください。 乗車時に乗車券類・交通系ICカードで運賃箱へお支払いください。 羽田空港ゆき:先払い 『羽田空港ゆき』へのご乗車 乗車時に現金または交通系ICカード・乗車券類で運賃箱へお支払いください。 のりばのご案内 ご利用にあたって• 運行時刻はあくまでも目安です。 道路事情等により、遅延する場合もありますので、時間に余裕をもってご利用いただきますようお願いいたします。 万一、遅延等で発生した損害等につきましては、運行会社ではその責を一切負いかねますのであらかじめご了承ください。 ご乗車の際は、あらかじめ小銭の現金・乗車券・回数券等をご用意いただきますようご協力をお願いいたします。 車内で2千円札以上の高額紙幣の両替はできません。 手荷物につきましては、お客さまご自身で車内へお持ちください。 車内に持ち込めないスーツケース等の大きな手荷物については、床下のトランクルームに収納可能ですが、万一、紛失・盗難・破損等の損害が生じても、運行会社ではその責を一切負いかねますので、あらかじめご了承ください。 詳しくはをご覧ください。 お問い合わせ• 京浜急行バス【京浜島営業所】• 京成バス【新習志野高速営業所】.

次の