シャーロックホームズ 評価。 映画「シャーロックホームズ」ネタバレあらすじと感想考察や評価!シリーズの原点でミステリー映画の名作!

【FGO攻略】ホームズの性能を評価。とんでもNP効率で超優秀な宝具を連発できるサポート役

シャーロックホームズ 評価

映画の基本情報• 公開日:2010年3月12日(日本)• 所要時間:128分• 年齢制限:無し• シリーズ作品:『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』(続編) シャーロック・ホームズをリメイクした作品は数々あり、中にはドラマシリーズで送る作品もあります。 そんな中で本作品は7年ぶりに登場したシリーズです。 さらに、本作はハリウッド制作で9000万ドルも費用がかけられており、1890年代のロンドンが見事に再現されています。 そんな大作の監督を務めたのは『スナッチ』や『キングアーサー』などを手掛けたガイ・リッチー監督です。 『シャーロック・ホームズ』に出演しているキャスト 『シャーロック・ホームズ』に出演している豪華キャストを紹介していきます。 ロバード・ダウニーが演じるのは、本作の主人公シャーロック・ホームズです。 ホームズの数々の変人っぷりを見事に表現しています。 ジュード・ロウ(ジョン・ワトソン博士 役) が演じるのは、ホームズの相棒であるワトソン博士です。 ホームズの口車に乗せられる回数が増えるにつれてイライラし始める演技が見事でした。 レイチェル・アン・マクアダムス(アイリーン・アドラー 役) さんが演じるのは唯一、ホームズを打ち負かしたアイリーンです。 本作では2人の関係についての物語はありませんが、ホームズの警戒っぷりは並々ならぬものです。 マーク・ストロング(ブラックウッド卿 役) が演じるのは黒魔術を操る最強の敵、ブラックウッド卿です。 冷静沈着な悪役で数々の黒魔術を用いてホームズらの行動を阻みます。 『シャーロック・ホームズ』のストーリー 1890年、ロンドンで探偵の仕事をしている主人公のホームズが連続殺人犯を追い詰める場面から始まります。 危うく6人目の犠牲者が出るというところで元凶であるブラックウッド卿を現行犯逮捕します。 そして、裁判で殺人罪と黒魔術の使用により死刑の判決を下されたブラックウッド卿は刑を執行され死を確認されますが… 3日後、ホームズの家にプロの盗人でありかつての敵だったアイリーン・アドラーが入り込み、ある人物を探してほしいという依頼をホームズにお願いします。 そして彼女が去った後、ジョン・ワトソン博士が死を宣告したブラックウッド卿が生き返ったという連絡が警察からあり、物語は加速していきます。 『シャーロック・ホームズ』の魅力 『シャーロック・ホームズ』を実際に見て、感じた魅力などを紹介していきます。 本作ではその推理力とボクシングの腕前を融合させた「影の戦い」と呼ばれる戦闘シーンがたびたび出てきます。 この「影の戦い」は、相手の弱点や行動パターンを推測して先回りで攻撃するという技です。 言葉での説明だとイメージがしにくいと思うので実際に見てほしいです(笑) 戦闘シーンの他にも逃走シーン、爆発シーン、追跡シーンなど様々なシーンがありますが、これらはほとんどスタントマン無しで行っています。 そのため、より本作品の世界観に没頭することでしょう。 そのため、趣味の科学実験やタバコ、ヴァイオリンの演奏シーンなどもあり、退屈すると銃を発砲して女王のイニシャルを壁に書く奇妙な行動まで再現されています。 また、薬物依存もあり、作品中に薬物を摂取する場面もあるためシャーロック・ホームズのファンからするとホームズという人物像の再現度にしばしば驚かされます。 事前にシャーロック・ホームズの人物像を調べてから映画を観るのも間違い探しのようで面白いと思います。 そのため、ホームズはワトソン博士を必要していましたがワトソン博士の婚約が決まり、パートナー生活が終わってしまうことになりました。 そこでホームズはワトソン博士と婚約者のメアリー・モースタンと婚約を破棄させるために様々な嫌がらせを2人に行います。 天才故の悩みと人間関係の葛藤、ワトソン博士とホームズの関係にも注目してみてください。 シャーロック・ホームズの推理力VS黒魔術 シャーロック・ホームズと対決するのは黒魔術の使い手であるブラックウッド卿です。 儀式のために美しい女性だけを狙った連続殺人をしてきたブラックウッド卿ですが、その目的は自信の黒魔術をより強くするための行為でした。 ブラックウッド卿はある目的を達成するために様々な黒魔術を使用してきます。 その黒魔術に警察が怯え、ホームズとワトソン博士にも魔の手が迫ります。 理屈では説明できない殺人が続き、警察の捜査は難航。 しかし、ホームズはブラックウッド卿の黒魔術を「まやかしだ」と謎を暴こうとしますが・・・。 『シャーロック・ホームズ』の一押しポイント シャーロック・ホームズの僕個人が思う注目ポイントを、いくつか紹介していきたいと思います。 ちなみに、僕はこの映画を10回以上は繰り返し観ているのでもしかしたら少しマニアックな部分かもしれません(笑) なんだかんだ仲良しの2人 まず1つ目は、ホームズとワトソン博士の仲良しなやり取りです。 ホームズが様々な嫌がらせをしてワトソン博士はたびたび怒りますが、結局ホームズの捜査に手を貸してしまいます。 2ショットの場面も多く、まるで一緒に育った兄弟のようなケンカやからかいは思わず笑ってしまいます。 そんな笑いあり、涙あり、ケンカありの2人のやり取りは何度観ても面白いですね。 チームワークもピッタリです。 圧倒的なスケールで描く世界観 シャーロック・ホームズ役を演じたロバード・ダウニー・Jrさんも本作品のことを「僕的にも最大級のスケールだった」と話しています。 本作品の撮影では可能な限りCGを使用せずに、イギリスの建築物や風景をそのまま使うことで当時の世界観を作り込みました。 ホームズとワトソン博士が暮らしているロンドンのベイカー街221Bにあるハドスン夫人所有のアパートも細部にまでこだわったセットが用意されています。 『シャーロック・ホームズ』の評価 Yahoo! 映画や映画. comが掲載している数値によれば、『シャーロック・ホームズ』の評価は星5つ評価で3. 6〜3. 7でした。 平均よりも少し上の評価となっていますが、僕個人としては星5個の評価ですね。 理由としては、やはり世界観の没入感が大きいのと、ホームズの奇妙な行動などが面白く観てて飽きないところです。 ストーリーがサクサク進むので誰でも簡単に見終われると思います。 また、シャーロック・ホームズを演じたロバード・ダウニーさんが出演してきた作品がどれも個性的なキャラクターだったので本作ではどのような演技をするのか楽しみでもありました。 『シャーロック・ホームズ』こんな人にオススメ! 『シャーロック・ホームズ』はテンポが良く物語がサクサクと進んでいくため、退屈せずに観ることが出来る作品となっています。 その反面、急展開過ぎてちょっとついていけないかもしれません・・・。 なので、2〜3時間ほどの時間が出来てしまった方や、映画を観ようと思ったけど何を観るか悩んでいる方にオススメしたい映画です。 僕自身、あまり難しい内容の映画は苦手で、どんどん展開が変わっていく映画が好みなので『シャーロック・ホームズ』は非常に気に入りました。 気づいたら夢中になってしまう映画なので、時間潰しにもってこいです。 ぜひ、観てみて下さい! 『シャーロック・ホームズ』を見るなら! 『シャーロック・ホームズ』は2009年に公開された映画なので、映画館での上映はもう終了しています。 今は、DVDをレンタルしたり購入するか、動画配信サービスVODで観るか、地上波を待つか、になります。 公開されてから時間が経っており、地上波でも放映されていることもあり比較的に安く観ることができるでしょう。 僕は地上波で放送されたものを録画しているのでレンタルなどはしたことが無いので分かりません。 また地上波で放送されることもあるかもしれないので気長に待つという方法もありますが…いつになるやら 笑 Prime Studentの特徴• 映画、ドラマ、アニメ、Amazonオリジナル番組などの映像作品が見放題!• 200万曲以上の音楽が聴き放題!• 漫画、雑誌、小説などが読み放題!• Amazonでお買い物するときにもさまざまな特典が!• 半年間も無料で使えるので、サービスを十分利用してから継続利用するかどうかを決められます。 また、社会人になると会費が倍になるので、 学生のうちに登録した方がおトクであることは明らかですよね! ちなみにPrime Videoの作品ラインナップは定期的に更新されています。 つまり、気になっている作品を観ようかどうか 迷っているうちに観れなくなってしまうことがあるので、迷うくらいなら、 今すぐ登録してみましょう!.

次の

シャーロック・ホームズのレビュー・感想・評価

シャーロックホームズ 評価

進化の評価点数 10点満点 評価担当 「汎用性の高さ」に重きを置いて評価するタイプ。 全体的にバランスの取れているキャラへ高い点数を付ける傾向がある。 また キャラの見た目にも「ある一定のこだわり」を持っており、能力以外の部分で評価が上下することも。 「高難度クエストで活躍できるかどうか」を重点的にチェックするタイプ。 たとえ汎用性が低くても、 特定のクエストで大暴れするキャラに高い点数を付けることが多い。 yamazaki: 【12. 0点】 基本5. 0点に【プラス点】と【マイナス点】を加味して得点を出します。 0点】 【マイナス点】 ・犯人を丸内にした。 もう一声欲しかった【-1. 0点】 トータルで12. 0点といったところでしょうか。 汎用性も高く、火力も申し分なし。 見た目も強く、賢い才色兼備。 すなわち完璧でしょう。 アルト: 【10. 0点】 シャーロック・ホームズ 進化 の強いところは、まず新アビリティの「 連撃キラーM」。 これは『同じ敵に連続で攻撃すると、徐々に攻撃力が上がっていく』という能力です。 現状では『 ジューダス【超絶】』などのクエストで活用可能。 今後の追加クエスト次第では、更に活躍の場が増えることに期待が持てます。 シャーロック・ホームズ 進化 は上述の「ジューダス」のほかにも、ギミック対応の「 覇者の塔 39階」や「 カレン・ネイヴィス【激究極】」をはじめとする、幅広いクエストへ連れていくことができます。 神化と比べると 直接攻撃の火力が高いため、直殴り倍率がアップしているクエストでは特に 進化で運用することをオススメします。 神化の評価点数 10点満点 yamazaki: 【12. 5点】 基本5. 0点に【プラス点】と【マイナス点】を加味して得点を出します。 0点】 【マイナス点】 ・特になし トータルで12. 5点といったところでしょうか。 こちらも汎用性が高く、アタッカーとしても超ハイスペック。 強欲ですが、進化、神化とも2体ずつ欲しい性能です。 アルト: 【10. 0点】 シャーロック・ホームズ 神化 は 強力な友情コンボがウリ。 まずメイン友情の「 ウォールムービングバレット」。 今までは轟絶降臨キャラの『』のみが所持しており、ガチャキャラでは初となります。 適正クエスト より適正のクエストから順番に紹介します。 進化のおすすめ• 注目記事へのリンク•

次の

【FGO攻略】ホームズの性能を評価。とんでもNP効率で超優秀な宝具を連発できるサポート役

シャーロックホームズ 評価

ネタバレ! クリックして本文を読む 面白かった 特に二人の関係性が侍従関係でなく腐れ縁という関係性が斬新かつ引き付けられた。 アクションもひ弱なホームズが頭を駆使してピンチを切り抜けていく流れは実に爽快だった 残念だったのは推理のトリックが弱く感じたことかな。 筋は通っていたし、黒魔術の中身は実は全部化学だった!って流れは面白かった。 しかし、もう少し伏線的なものを分かりやすくしてほしかった。 一瞬しか映らないものを実はあの時そうでしたーみたいな感じで言われても うんそうですかという感じ。 なんというかこちらに推理させる気がないというか。 そういう意味ではカタルシスが少し最後は弱く感じた。 馬車が走る大通り、曇り空、造船所、建設途中の橋梁……など色々な角度からロンドンを映してくれるので、それを見るだけでも価値があった。 しかしホームズの奇行が舞台背景の汚れ感と相まって、思った以上に粗野に見えるのが残念だった。 観客が見たいホームズ像との乖離を感じた。 ワトソンとのBL紛いのイチャイチャはコメディっぽく見えるので個人的には良かった。 ひとつひとつのネタばらしは終盤にあるけれど、ポップコーンをつまみながら未来人気分で見ている観客には驚きが少ない。 全編を通してしっかりとアクション映画なので、普通のエンタメ映画・エンタメ主人公として見ると満足すると思う。 ネタバレ! クリックして本文を読む うーん。 ガイ・リッチー監督っていうことで、結構期待してたんですが。。 肝心のホームズがあんまり魅力的じゃなかったです。 確かに、一瞬見ただけで、相手の人となりを見抜くようなシーンはさすがホームズって感じだったけど、なぜか惹かれないんですよねー。 この映画見て初めて知りましたが、ホームズってボクシングの腕、プロ級なんですね。 ワトソンとの掛け合いももっと思わず笑ってしまうようなコミカルな掛け合いを期待していだけにちょっと違ってた。 ジャンルが違うけど、カンパーバッチのホームズの方がこのへんは安定感があった印象です。 それでも、本格的に捜査を初めて以降はなかなか面白かったです。 武闘派ホームズなかなか見応えありました。 一つ謎解き忘れてるよーって言うポイントも後追いで説明してくれて安心しました 笑 コードネームUNCLE感を期待しすぎました。。 ネタバレ! クリックして本文を読む 自宅にて鑑賞。 従来のイメージを打ち破るキャラクター造形。 ドイル版の常連キャラクターも重要な役回りで配されている。 テンポ良く畳み掛ける様な謎解きも鮮やか。 人が死ぬシーンでは烏が必ず登場していた。 ダウニーJr. ロウも嫌味が無い。 次作『シャドウゲーム』もこのコンビで完成している。 シャーロキアンでなくても愉しめた。 ・ロゴを絡めたオープニングタイトルから流れる様な導入部、徐々にクールダウンするラストからエンドロールへとごく自然で後味が良い上、全篇を通して凝った画面の作りにセンスを感じた。 ・鑑賞日:2011年11月6日 日 ネタバレ! クリックして本文を読む 「シャーロック・ホームズ」シリーズ第1作。 祖父と一緒に映画館へ観に行きました。 いい想い出です…。 魅力的な謎、意外過ぎかつスタイリッシュなアクションに惚れ惚れとしました。 然り気無く原作の有名どころキャラクターを登場させる脚本もお見事! 敵であるブラックウッド卿は、原作に登場していてもおかしくないレベルの魅力的なキャラクターだなぁ、と思いました。 モリアーティ教授には及ばないかもしれませんが、大ボス感が満載。 大胆不敵なトリックが秀逸でした。 黒魔術要素もいい…! メイン・キャストの殆どが、「マーベル・シネマティック・ユニバース MCU 」に参戦しております 笑 「シャーロック・ホームズ」字幕版 Amazonプライムで鑑賞。 *概要* ガイ・リッチー流・シャーロック・ホームズ。 *主演* ロバート・ダウニー・Jr. ジュード・ロウ *感想* 急に観たくなったので鑑賞。 だいぶ前に見たことありますが、ほぼ忘れてますw 過去に色んなシャーロック・ホームズの映画を観たことありますが、一番武闘派なんじゃないでしょうか?w アイアンマンでお馴染みのロバート・ダウニー・Jr. がとにかく強い。 ワトソンもめっちゃ強かったw ジュード・ロウかっこ良すぎるw アクションシーンが盛りだくさんだし、推理力も抜群。 相手の服装見ただけで背景がわかったり、鋭くて勘が良い。 監督がガイ・リッチーなので、演出が独特です。 僕はあまり好きじゃないんですが、この作品は別。 物語とキャスト、演出や構成が見事。

次の