シャドバ カイザー イン サイト。 【シャドバ】天界カイザーコロシアムマンモス【ネメシス】

カイザーインサイト

シャドバ カイザー イン サイト

1ターン目なら、さらに1枚引く。 ---------- 【ファンファーレ】ランダムな相手のフォロワー1体と相手のリーダーに7ダメージ。 自分のリーダーを7回復。 相手のターン終了まで、潜伏を持つ。 ちなみに、盤面に飛ばすダメージがランダム7点とカイザーインサイト潜伏を討ち取れるダメージとなっているため、 懐かしのシャドバメンコが可能なテキストになっています後出し側が有利になっています。 構築ではほぼお目に掛からないでしょうが、2pickでは後出しカイザーインサイトケア進化置きとか普通にありそうですねw このようにかなり強烈な10コストのテキストを持っているわけですが、構築で10PPが訪れることを想定してデッキを考えるのはナンセンスなので、基本的にはアクセラレート1の方を想定することになるでしょう。 マスターディーラー・アルヤスカのような効果を持っていて、アルヤスカと違い不要カードは消滅しますが、自分の手札を1枚残して全て入れ替えることができます。 基本的にはカイザーインサイトを使った分の1枚分手札が減るのですが、1ターン目に限り追加で1ドローできるため、手札の枚数を変えることなくプレイ可能です。 なお、消滅させたカードがきっとログに残らないので、自分の残りデッキに何が残っているかをちゃんと覚えておく必要があり、最近の 至れり尽くせりのログ機能にどっぷり浸かった脳みそに過酷な労働を強いやすいカードである点は注意が必要でしょうか。 カード考察 極めて幅広い用途が想定可能 先攻1ターン目に使うと、手札を1枚残して2枚消滅させ、3枚ドローします。 これにより何が起こるかと言うと、 共鳴がずれます。 逆に、後攻1ターン目に使うと、手札1枚残し3枚消滅、4ドローなので共鳴はずれません。 つまり、1ターン目にカイザーインサイトを使えば、その後デッキを奇数枚操作しなければ、を4T共鳴着地させることが可能なわけです。 カイザーインサイトは手札を1枚残した上で交換してくれるので通常のデッキの3投カードと比べてアクセスが良く、このカードのおかげで着地率が大きく向上します。 1ターン目運用は1PPでやりたい他の動きが無ければ単純に手札の質というアドバンテージを稼ぎますし、重なったカイザーインサイトは消滅させれば良いためマリガンキープも行いやすく、かなり有用だと言えるでしょう。 1Tカイザーインサイトを行うとブライトシューターの結晶を1Tで置けないのが難点ですが、魔鉄やキャットガンナーへのアクセスは向上してくれるでしょう。 このように1ターン目の運用はかなり有意義なわけですが、それ以外に運用法が無ければ中盤にはお荷物になってしまいます。 このため、中盤でも腐りにくい構築で採用するのが有効だと言えるでしょう。 有効活用手段の一つとしては機構の解放が挙げられます。 機構の解放を使ったのに手札のアーティファクトが尽きたせいで動きが止まることは多いと思いますが、カイザーインサイトは動きが止まった後に使うと大量ドローで次のアーティファクトを引き寄せてくれる確率が高いです。 その上、後で絶対使いたい1枚だけはキープできるので、リーサル用のメイシアや展開後のバフ用のシオンなどを残したまま次のアーティファクトを探しに行けるわけです。 1枚でもアーティファクトを引ければカイザーインサイトの手札消費はペイするわけで、かなり分の良い賭けになるでしょう。 ただし、ただでさえ時間制限に引っ掛かりやすい機構の解放ムーブの中にさらに複雑な手順を加えるというエグいプレイにはなるので 時間制限には本当に注意する必要があるでしょう。 他にも操り人形などのトークンも入れ替えて普通の手札に変えられるのもメリットと言えるでしょう。 ドリルヘッジホッグを使って場に出す気のあまりないナテラの大樹を手札に維持しておき、カイザーインサイトで全部手札に変えるというような運用も視野に入ります。 ともあれ、アーティファクト絡みでも人形絡みでも中盤にも便利な使用タイミングがありますし、勿論、十分なキーカードにアクセス出来ていない状態なら手札を1枚ロスすることを覚悟で普通に使うのもありでしょう。 これらに加えて、お互いの事故などが原因で試合が10ターン目にもつれ込んだ場合、置いた瞬間だけで14点アドバンテージを得るクローザーとして機能するため、非常に優秀なカードだと言えるでしょう。 ともあれ、コンボ性の高いネメシスというデッキで共鳴調整とアクセス改善を劇的に向上させてくれるカードだと思っており、ほぼ入れ得に近いカードだと考えています。 ただ、ネメシスはメタ性能の高さで一部対面への役割は強く持てそうな一方でパワーの高さに疑問があり、Tier上位入りは苦しいと考えているため、ローテーション評価をAとしています。 アンリミテッドでも機構の解放とのコンボや初手手札交換は強力だと思いますが、1ターン目の強い動きとして製造術が存在します。 また、デッキにAFを埋めるカードも取り出すカードも多く、序盤が思うように動けない確率も、機構の解放が良くないタイミングで止まる確率もローテーションと比べると格段に低いです。 このため、何があっても3投と過激に考えられるかと言われると少し怪しいですが、機構の解放への依存は強く、それに伴うハードマリガンで不慮の事故を引き起こすことも多いので、このカードでそのあたりに貢献できると考えて評価をAとしています。 今後の展望 ドミネイトフォートレスの最良の相方 4T共鳴ドミネイトフォートレスは全方位に対して強く出られる動きです。 場合によっては先4ドミネイトフォートレスを相手の後4進化で処理できないケースなども考えられるわけで、今後のネメシスのパワーの根幹を成すと考えています。 そのように考え、今後のネメシスの基本パーツとしてこの2枚は末永く有効活用されそうです。 加えて、機構の解放はSTRのカードなのでまだすぐにローテ落ちするわけでもないため、オートメーションのように大量にデッキにアーティファクトを投入できるカードが来ると解放とのシナジーのバリューが上がります。 また、操り人形が最もありそうですが、手札にトークンが貯まるデッキなら実質ドローソースのように振る舞えるため、キーカードへのアクセスを劇的に改善してくれるでしょう。 どう考えても強いカードで、今後のネメシスの中核となるカードだと予想され、ネメシスを使うならとりあえず3枚生成しておくべきと言っても過言は無いカードでしょう。 執筆者プロフィール.

次の

【シャドウバース】カイザーインサイトの評価と採用デッキ

シャドバ カイザー イン サイト

【プリコネ】カイザーインサイト 陛下 を解説 千里真那(せんり・まな) 【プリコネ告知】 本日終了した特別イベント「王都終末決戦」で登場の 『覇瞳皇帝』のユニオンバースト撮影を担当しました! 敵側のユニオンバーストは初です! 覇瞳皇帝との戦いも終わりお話もひと段落って感じでしょうか。 カイザーインサイトの声優はなぜ男?実は男の設定だった! カイザーインサイトの声を聞いて、誰もが最初は違和感を覚えたのではないでしょうか。 なんかオカマっぽい・・・ それもそのはず、担当する声優さんはイケメン声優としても人気な「」さんです。 なぜ女性役に男性声優が抜擢?と思うかもしれませんが、 カイザーインサイトはなんと男です。 現実での名前も「千里真那」と女性のような名前ですし、口調自体は女性そのものなのでダマされやすいですが、男なんです・・・。 (一部ではネカマと呼ばれていたりなんかも笑) この事実が明かされた時は作品内のキャラクター達も驚いていたほどです。 つまりカイザーインサイトの声に男性声優さんがあてられていて、ちょっと違和感を感じたのは制作陣の狙い通りだったわけですね。 カイザーインサイト(覇瞳皇帝)の正体 物語冒頭では陛下と呼ばれている謎の人物として登場します。 話が進むとカイザーインサイト(覇瞳皇帝):ユースティアナと名乗っていることが判明します。 しかしその本名は「千里真那 せんり まな 」と言います。 現実世界での身分は世界でもトップのIT企業「サウザンドグループ」の社長です。 そして、VRゲーム「レジェンド・オブ・アストルム」を開発した7人の人物「七冠(セブン・クラウンズ)」の一人でもあります。 目的は「自分の理想世界を想像して、世界の頂点に君臨する」というもの。 プリコネReDiveの前作に当たるプリコネ無印では、ゲーム・アストルムにて主人公たちを追い詰めたラスボス的立ち位置でもあります。 しかし最終的には主人公と相打ちとなり破れたことで、ログアウトできずにゲーム内の崩壊に巻き込まれ現実では植物人間のような状態となりました。 しかしプリコネReDiveでは復活し、陛下としてランドソルの王として君臨しています。 そしてさらにその地位は本来の王女であるペコリーヌの地位を奪い、民たちの記憶を操作したもの。 ユースティアナ・フォン・アストライアの名もペコリーヌから奪ったものなのでした。 どのようにして復活を果たしたのかは、原作ゲームでも未だ不明となっています。 カイザーインサイト(覇瞳皇帝)の能力と強さ カイザーインサイト(覇瞳皇帝)は「覇瞳天星」という能力を使います。 これはゲーム内の情報・データを集めて計算することで少し先の未来を予知するというもの。 正直チート級に強力な能力です。 しかし能力の発動のためには膨大な情報を集めなければならず、情報を集めてくる「端末」が大量に必要となります。 カイザーインサイトは大量に放った自身の魔物などを端末として機能させて情報を集めています。 ただしこの能力、普通は大量の情報を集めても瞬時に次の未来の予測などできないため、現実世界においても天才であるカイザーインサイトのみに使いこなせる能力となっています。 その実力については同じ「七冠」のネネカも認めるほどです。 カイザーインサイト(覇瞳皇帝)の本名は「千里真那 せんり まな 」。 IT企業「サウザンドグループ」の社長でVRゲーム「レジェンドオブアストルム」を開発した「七冠」のうちの一人• 能力はゲーム内情報を集めることで未来を予知する「覇瞳天星」。 アストルムの崩壊に巻き込まれ植物人間となったはずが、復活して陛下として君臨していた理由は原作ゲームでも未判明 でした。 謎の多い人物ですが、こうした背景を理解すると少しだけその目的も見えてきます。 参考になれば幸いです。 関連記事•

次の

【シャドバ】天界カイザーコロシアムマンモス【ネメシス】

シャドバ カイザー イン サイト

第15弾カードパック「」にて登場したレジェンドのネメシス・フォロワー。 ラスボス集めに定評のあるネメシスにプリコネから新たにやって来たラスボス。 選んだ手札以外が消滅するのはネックだが、よろしく有用な手札は残しておけるため、柔軟に立ち回れるだろう。 1ターン目に使えば実質手札消費なしで使えるので、序盤の手札を薄くしてしまうこともない。 例によって。 は天敵になると思われる。 10枚使用するまではアクセラレートで使用すると相手の山札に入ってしまうし、手札に持っているとコピーされてしまう。 人形やアーティファクトを使って上手くケアしよう。 なお、同時に追加されたプリコネコラボキャラの中で、唯一を持たない。 これは原作におけるユニオンバーストが主人公含むの信頼した相手へと与えることのできるバフの結果発動可能になる必殺技であるため。 一応イベント戦で敵ボスキャラとして登場した際にはユニオンバーストに相当するカットイン必殺技を使っては居るのだが… 他のコラボキャラ達はストーリー、ゲームシステムともに 正真正銘の仲間だがこいつは完全に敵であるどころかプリコネRでのストーリー第一部のラスボスである。 ちなみに前作、無印プリコネにおいても彼はラスボスである。 ネメシスがまたラスボス御用達のクラスになってる・・・ プリコネRでの性能はプレイアブルキャラではなく、ほかキャラと違ってユニオンバーストを持たないためどう原作再現しているのか分かりづらいがアクセラレートで使ったときのセリフ覇瞳天星 はどうてんせい は wikiチラ見未来を見通し、高精度で予知する彼の固有能力のこと。 ファンファーレで放つ極太ビームやゲームエンド級の攻撃力を持つ点はストーリーで放ってみせた"大規模破壊魔法"の再現だろう。 アクセラレートのボイスは原作におけるこのキャラの特殊能力から。 このキャラは原作では七冠(セブンクラウンズ)と呼ばれる神様的な能力をもった7人のうちの一人なのだが、このキャラの神様能力の名前が覇瞳天星となっている。 その内容は、世界をデータとして捉えることで相手の情報の動きを知覚&未来を予見し、あらゆる攻撃を回避するというもの。 簡単に言うならRPGのラスボスが勇者PTのコマンド入力を見てから行動を決めているような後出しジャンケン能力である。 シャドバでそのまま輸出したら相手の手札が丸々見えてしまうというとんでもない能力になるせいか、未来予知を手札リセットから数ターンの先のドローを呼び込む動きで再現かつ代用していると思われる。 ちなみに原作中では能力発動の際に技名を叫んだりはしていない。 攻撃回避のたびに叫ぶことになっちゃうからね。 またはよくこのカードをプレイする際に「はどぅ〜てんせい!」と叫んでいるが、当然ながらファンファーレのビームとは全く別物である。

次の