ポケモン go 週間 リワード。 【ポケモンGO】週間リワードの報酬とタマゴの入手方法まとめ / いつでも冒険モード

週間リワード報酬の5kmタマゴから生まれたポケモンは?

ポケモン go 週間 リワード

画像提供: 冒険モードで100kmを達成すると、50kmの報酬よりも多い16000個のほしのすなを受け取ることができる。 星のかけらを使うことで最大24000個の星の砂を受け取れるぞ。 達成した瞬間に受け取れない リワードは達成した瞬間に受け取れない。 先週達成した分だけの報酬を 毎週月曜日の朝8時から9時以降に受け取る仕組み。 プロフィール画面のリワードの下にある「リワードを受け取る」ボタンを押すことで受け取ることができる。 リワードを受け取る際の注意 リワードでたまごをもらえる可能性がある。 タマゴが9個の状態でリワードを受け取ると、 タマゴをもらうことができないので空きを1つ以上作ってからリワードを受け取るようにしよう。 そのため、50km歩けば、25kmと5kmの報酬も受け取ることができる。 25kmと50kmは抽選がある 25kmはスーパーボール10個、50kmはハイパーボール5個が固定の報酬で、それ以外は抽選となっている。 例えば、25kmと50kmの抽選で、どちらも5kmタマゴに当選すれば、5kmが2つ貰えることになる。 リワードでもらえるタマゴの中身 タマゴの中身は不定期で変化 距離に応じて貰える報酬で、タマゴを貰うことができる。 タマゴの中身は不定期で更新されており、初期の頃に比べて、生まれるポケモンのラインナップが増えている。 リワードのタマゴで生まれるポケモン.

次の

【ポケモンGO】「いつでも冒険モード」開始! アプリ起動不要でアメゲット&タマゴ孵化。週間リワードも

ポケモン go 週間 リワード

ポケモンGOを起動していなくても歩いた距離が「タマゴふか」と「相棒」に反映される• 「タマゴふか」の進み具合を確認できる• 週ごとの統計情報を収集し目標が達成されると報酬を受け取れる• 「タマゴがかえったとき」と「相棒がアメをみつけたとき」に通知を受け取れる ポケモンGOを起動していなくても歩いた距離が「タマゴふか」と「相棒」に反映される これまで、「タマゴふか」と「相棒がアメを見つける」距離を稼ぐには、ポケモンGOを起動して画面を開いておくか、バックグラウンドで起動させておく必要がありました。 これが、スマホ自体の歩く距離の検知機能と書き込み機能によって、 ポケモンGOを起動しなくても歩いた距離が反映されます! これで「ポケモンGOを起動していたつもりが起動していなくて距離が反映されていなかった…」という ガッガリすることがなくなりそうですね! 「トレーナープロフィール」から歩いた距離と「タマゴふか」・「相棒」の進み具合を確認できる これまで、「タマゴふか」の進み具合はタマゴ一覧画面で、「相棒」と一緒に歩いた距離は相棒画面でそれぞれ確認できました。 これが、 「トレーナープロフィール」画面からすべて確認できるようになります。 これは非常に便利ですね。 週ごとの統計情報を収集し目標が達成されると報酬が受け取れる 「いつでも冒険モード」には報酬(リワード)があります。 週単位(月曜日朝開始)で歩く距離の 目標値が設定され、それを達成すると報酬がもらえます。 報酬は歩いた距離ごとに変わり、「5 km」「25 km」「50 km」で異なり、距離数が多いと報酬も多くグレードあっぷします。 距離数を稼いで多くの報酬をゲットしたいですね! これは歩く距離数を増やしていく モチベーションアップにつながりそうです。 「タマゴがかえったとき」と「相棒がアメをみつけたとき」に通知を受け取れる これまで、「タマゴがかえったとき」と「相棒がアメをみつけたとき」は画面を起動して見ていないとわからなかったり、「ぼうけんノート」から確認ができました。 しかし、 気づいたらタマゴがかえっていたりして「タマゴふかそうちにセットせず5キロぐらい歩いてしまったああぁぁぁぁ!」なんてことあったんですよね。 これが通知機能で教えてくれるのであれば、 見逃すこともなくなり効率よくタマゴふかができそうです。 設定方法 iOS(iPhone)の設定方法 「いつでも冒険モード」の設定方法は iOS と Android で異なります。 iOS(iPhone)では以下手順で設定します。 地下道やスポーツジムなどの使い勝手 ここからは、「いつでも冒険モード はこういう方法でも距離や歩数が加算されるよ!」という方法をご紹介します。 主に iPhone で検証していますが、 Android の場合は バージョンや機種の機能により反映されない場合もあるようです。 GPSが届かない地下道でもOK これまで距離数はGPSという電波を利用して図っていたため、GPSが届かない地下道や屋内をどれだけ頑張って歩いてもポケモンGOに反映されることはありませんでした。 しかし、歩いた距離が iPhone のヘルスケアアプリや Android の GoogleFit を通じてきちんと反映されるので、 GPSが届かない地下道を歩いても距離が反映されます! 雨の日や雪の日、寒い日・暑い日でも、地下道をガンガン歩けば「タマゴふか」や「相棒のアメゲット」がはかどりますね! スポーツジムでのウォーキングやジョギングもOK これも今まではGPSで距離を計測していたという都合上、その場で足踏みしたり、屋内のスポーツジムでウォーキングやジョギングをしてもポケモンGOには反映されませんでした。 しかし、もしスポーツジムのランニングマシンやウォーキングマシンで歩いたり走ったりする歩数から距離が算出されて反映されるようになります! 外を出歩かなくても運動をすればタマゴがかえったり相棒がアメをゲットできるということになります! ただし、使い方に加えて、ポケモンGOだけでなく iPhone, Android の機種・設定により反映されない場合もありますのでご注意ください。 今後に期待したい機能 以降は、今後「いつでも冒険モード」で 新しく期待したい・期待される機能を予想してご紹介します。 活動・運動状況を記録して見ることができる活動量計的なモノに?! 歩行距離の記録などで思い出すモノとして、活動量計(アクティブトラッカー)としての利用が考えられます。 アクティブトラッカーは主に、 歩数・距離数・消費カロリーなどを算出・管理して健康維持や向上目的に利用されます。 もしかしたら、「いつでも冒険モード」の「トレーナープロフィール」では、 健康維持につながるこれらの情報を管理・確認できる機能が増えていくかもしれませんね! 訪れた場所やルート履歴を確認できるようになる?! 「旅のすべてを記録!」というフレーズから、ポケモンGOで 訪れた場所や通ったルートを記録して履歴をみることができるようになるのでは? という予想もできます。 今もざっくりとしたマップですが、訪れたジムはジムバッチのマップから確認することができます。 それだけではなく、より詳しい地図と連動した履歴がわかるようになるかもしれません。 このあたりで有名なサービスとしてはGoogleマップの「タイムライン」があります。 「あのときにあんなところも行ったよな〜」みたいな楽しい振り返りができるようになるかもしれませんね。

次の

【ポケモンGO】ウィークリー報酬(リワード)の内容まとめ|ゲームエイト

ポケモン go 週間 リワード

画像提供: 冒険モードで100kmを達成すると、50kmの報酬よりも多い16000個のほしのすなを受け取ることができる。 星のかけらを使うことで最大24000個の星の砂を受け取れるぞ。 達成した瞬間に受け取れない リワードは達成した瞬間に受け取れない。 先週達成した分だけの報酬を 毎週月曜日の朝8時から9時以降に受け取る仕組み。 プロフィール画面のリワードの下にある「リワードを受け取る」ボタンを押すことで受け取ることができる。 リワードを受け取る際の注意 リワードでたまごをもらえる可能性がある。 タマゴが9個の状態でリワードを受け取ると、 タマゴをもらうことができないので空きを1つ以上作ってからリワードを受け取るようにしよう。 そのため、50km歩けば、25kmと5kmの報酬も受け取ることができる。 25kmと50kmは抽選がある 25kmはスーパーボール10個、50kmはハイパーボール5個が固定の報酬で、それ以外は抽選となっている。 例えば、25kmと50kmの抽選で、どちらも5kmタマゴに当選すれば、5kmが2つ貰えることになる。 リワードでもらえるタマゴの中身 タマゴの中身は不定期で変化 距離に応じて貰える報酬で、タマゴを貰うことができる。 タマゴの中身は不定期で更新されており、初期の頃に比べて、生まれるポケモンのラインナップが増えている。 リワードのタマゴで生まれるポケモン.

次の