ウーバーイーツ 拡大予定。 【2020年7月最新】ウーバーイーツエリア拡大中!注文できる範囲と配達地域まとめ

ウーバーイーツ横浜・藤沢・大和・茅ヶ崎・座間・綾瀬でエリア拡大!2020年7月最新情報

ウーバーイーツ 拡大予定

「」より ウィズコロナ時代には、新型コロナウイルスと共生していく新しい生活様式が求められています。 100年前に流行したスペイン風邪の例でいえば、約2年間にわたって3回の大流行が起きたといわれています。 東京では感染者数が再び増加傾向にあるにもかかわらず、政府は景気対策として消費を促進するために約1兆円以上の予算で「Go Toトラベルャンペーン」を7月22日から行う予定です。 このため今後、全国で感染が拡大する危険性を指摘する声もあります。 一度収束しても再び第2波、第3波が来る危険性を企業としては覚悟しておく必要があります。 世界の業界トップ企業はまだ模索中であるものの、急激な売上減少に見舞われるなか、スピード感をもって新しいビジネスモデルにチャレンジしているようです。 前回は世界最大のアパレルメーカーと飲食店のビジネスモデルの転換について取り上げました。 今回は日本でもお馴染みのフードデリバリー(食品配達)事業と配車事業のウーバーと、米国最大手の小売業である ウォルマートの最新の経営戦略について取り上げます。 ウーバーは同業のフードデリバリー事業者を買収 配車サービスのウーバー(Uber Technologies)は7月に同業のポストメイツを26. 5億ドル(日本円で約2800億円)相当の全株式取引で買収することで合意したとの報道がありました。 さらに中南米やカナダで、同社のアプリから食料品などの宅配注文もできるようにしたことを発表しました。 ウーバーCEOのダラ・コスロシャヒ氏は「ウーバーとポストメイツのようなプラットフォームは、食品の配達だけでなく、地域の商取引やコミュニティの非常に重要な部分になる可能性があるという信念を共有してきました。 COVID-19のような危機においては、さらに重要です。 ポストメイツをウーバーファミリーに迎えて、全国の消費者、配達人、商人により良い体験を提供するために革新を重ねるのを楽しみにしています」と述べています。 なおポストメイツは買収後もウーバーとは別会社として存続するとのことです。 アメリカのフードデリバリー市場でのシェア争いは、ドアダッシュが33%、グラブハブが32%、 ウーバーイーツが20%、そしてポストメイツは10%程度といわれていますから、今回の買収で3社が市場シェアでほぼ並ぶことになります。 ポストメイツは、2011年にバスティアン・レイマン、サム・ストリート、ショーン・ プレイスの3氏によって設立され、全国で60万軒のレストラン等をカバーするまでに急成長したベンチャー企業で、上場を目指すのではないかといわれていましたが、同業者からの買収を受け入れることになりました。 しかし、ウーバーもポストメイツもいまだに赤字経営ですから、市場シェアの拡大とともにコスト削減を行うものと思われます。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)でコンビニの商品を注文!【好きですローソン】|cocoの日常

ウーバーイーツ 拡大予定

Contents• ウーバーイーツの配達可能エリア 2019年4月現在、東京23区、横浜、大阪、川崎、京都、神戸、さいたま、名古屋、福岡、市川、船橋の11箇所となっています。 都道府県ごとに見るとこのような感じです。 (図1) 1都1府7県となっています。 日本ではまだまだ配達可能エリアが発達していないのがわかると思います。 配達可能エリアにお住いの方は、ウーバーイーツの配達員として比較的短時間で登録し、配達パートナーとして仕事をすることが可能です。 しかし、配達エリアになっていない地域にお住いの方は、登録に時間を費やしてしまう可能性があります。 また、登録後もお住いが対応可能外なら配達の依頼すら来ません。 根拠としては3つあげられます。 日本上陸から約2年間で配達可能エリアが11都市になっている。 配達連携店は4000店をこえている。 配達してほしいカスタマー層と報酬がほしいデリバリー層の関係がwin-win。 1つずつ細く見ていきましょう。 日本上陸から約2年間で配達可能エリアが11都市になっている。 これは、成長過程にすぎませんが、2年間で対応エリアが11都市になっているのは、すごいことだと個人的に思っています。 また、uber japan執行役員へのインタビューで以下のやり取りが行われています。 今後も配達エリアは地方都市を中心に順次拡大していきたい。 先月には、スターバックスがウーバーイーツの試験的導入を発表したが、選ばれるフードデリバリーサービスを目指すためレストランパートナーも増やしていく。 ssnp. html 役員が増やすと言っているので、 今後増えていくことは間違い無いと思います。 配達連携店は4000店をこえている。 こちらも、年ごとに増加傾向になっています。 大手ファーストフード店との契約もしています。 今後もさらに配達連携店は増えていくことでしょう。 配達してほしいカスタマー層と報酬がほしいデリバリー層の関係がwin-win。 配達という仕事は、ウーバーイーツ にかかわらず存在しますが、できたての食品を配達してくれる企業は比較的少ない印象を受けます。 少し考えてみてください。 私が思いつくのは、ピザ屋・寿司屋くらいでしょうか。 また、その配達のくくりを企業ごとではなく1つのサービス業として行なっているのはすごいことだと思います。 デリバリー側から見てみても、好きな時間に配達可能という企業はなかったでしょう。 朝から晩まで配達する企業はたくさんありますが・・・。 そういった点が、カスタマー・デリバリー側の人間から評価されていくため、今後伸びていくと思っています。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)でコンビニの商品を注文!【好きですローソン】|cocoの日常

ウーバーイーツ 拡大予定

プロモコード Wolt 「 HOKKAIDOLOG」入力で750円分のクレジット Uber Eats coming soon それぞれ、一度だけお得に使えるプロモコードが存在します。 ウォルトの場合は当サイト北海道ログのプロモコード「 HOKKAIDOLOG」を入力すれば、750円分のクレジットを入手可。 ウォルトは最低利用料金が「1,000円+配送料」ですので、だいたい500円くらいでマクドナルドや布袋のザンギをお腹いっぱい食べられる計算になります。 ウーバーイーツのプロモコードは、開始当日に更新します。 配送料 Wolt お店から1. 5km以内の配達は199円、500m毎に50円を追加。 Uber Eats 320円 まずは配送料。 これに関しては、 ウォルトに軍配が上がります。 ウォルトは、そもそも注文できるエリア的に2km圏内のお店で頼むことがほとんど。 というわけで、基本的には250円くらいで納まります。 対してウーバーイーツの札幌の送料は、いまのところ一律320円の予定。 さらにいえば、ウォルトは定期的に送料がオトクになるキャンペーンを開催したりもします。 定期的にチェックですね。 最低利用料金 Wolt 1,000円 Uber Eats 0円 これに関しては、 圧倒的にウーバーイーツの勝ちです。 例えばウォルトでマクドナルドのハンバーガーを一つだけ頼むなんてことをすると、例え単価が300円くらいだったとしても「1,000円+送料」を支払う必要があります。 ウォルトを使うときは、ある程度まとめ買いが必要ですね。 カフェの利用などはウーバーイーツを使うほうが良さそうです。 提供エリア Wolt 札幌市中央区、西区、北区、東区、白石区、豊平区の一部地域(順次拡大予定 Uber Eats 札幌市中央区、白石区、東区、北区それぞれの一部(順次拡大予定 両方とも、いまのところ札幌中心地のごく一部のみです。 ウォルトの場合、札幌駅からだいたい3駅~5駅圏内くらいが対象エリア。 ウーバーイーツも同様ですが、少し狭いようです。 わずかにウォルトの勝ちですが、両方とも今後の拡大を期待したいところですね。 提携店舗 Wolt 布袋、せいす、スープカレーなど、ご当地グルメ系多し Uber Eats チェーンのカフェや牛丼、ファストフード店系多し(予想 ウォルトの提携店舗は、札幌のご当地グルメ的な店舗が多くなっています。 個人的なお気に入りは、でっかいザンギがウリの「中華料理 布袋」。 まさかデリバリーで頼めるようになるとは思いませんでした。 というわけで、2サービスは上手く住み分けできそうです。 店舗内容的に、 個人的にはWolt推し。 札幌で使うなら、結局どちらがおすすめ? ウォルトとウーバーイーツを比較してきましたが、札幌で使う場合は結局どちらがオススメなのでしょうか?個人的にはウォルト推しですが、シチュエーションによって選び方は変わりそうです。 札幌ならではのグルメは、ウォルトが良い ウォルトなら札幌ザンギも頼めます。 布袋のザンギ、札幌ザンギ、立ち飲みせいす、他スープカレーや焼き鳥。 ご当地グルメ店舗が沢山提携されています。 とはいえウーバーイーツもまだ未知数。 続報をお待ちください。 単品で頼みたいなら、ウーバーイーツがオトク 例えばハンバーガー1つとか、タピオカ1杯だけを頼むなら、最低利用料のないウーバーイーツに軍配があがります。 ウォルトはどれだけ安いものを頼むときでも最低利用料の1,000円は支払う必要があるからです。 ちょっと小腹がすいた…というときはぜひウーバーイーツを使ってみたいところですね。 近くのお店ならウォルト、遠くならウーバーイーツがちょっとオトク 配送料の関係ですが、ウォルトは距離による加算型。 ウーバーイーツは固定です。 もしも同じ店舗がどちらのサービスとも提携している場合は、距離によって選ぶのも手かもしれません。 上手く使い分けていきたいところです。 woltとUber Eats、上手に使い分けて良き札幌ライフを というわけで、フードデリバリーサービスのウォルトとウーバーイーツを比較してみました。 個人的にはウォルトのラインナップがとてもイチオシです。 まだ使ってない方は、ぜひ一度利用してみてください。 プロモコードをいれれば750円分のクレジットが貰えますので、ぜひいれて下さいね。 では、素敵な北海道ライフを。

次の