シャンプー オクト。 【シャンプー解析】オクトシャンプー成分解析と口コミ評価|なぜきしむ?フケかゆみに効果的?セラピエとの違いも徹底解説

オクトシャンプーの成分を検証して分かった事実!頭皮を綺麗にする【本当の意味】とは?

シャンプー オクト

今回はアンケート結果で 第5位《2票》の ライオンさんの オクト薬用シャンプーの 評価をさせていただきます。 「 オクト薬用シャンプー」は、地肌のすみずみまで 効果的に働き、地肌すっきり、フケかゆみを防ぐ 薬用シャンプーです。 効果の高い薬用成分「オクトピロックス」配合、 フケ・かゆみを防ぎ、デオドラント効果にも 優れています。 フケ・かゆみは、頭皮から分泌される皮脂の酸化や、 皮脂を食べる常在菌が繁殖することが主な原因です。 「オクトピロックス」の抗菌・抗酸化作用が地肌の すみずみまで効果的に働き、フケ・かゆみを 抑制します。 豊かな泡立ちで髪にやさしく、きしまず洗えます。 フケ・かゆみは、頭皮から分泌される皮脂の酸化や、 皮脂を食べる常在菌が繁殖することが主な原因です。 「オクトピロックス」の抗菌・抗酸化作用が地肌の すみずみまで効果的に働き、フケ・かゆみを 抑制します。 きしまずにスッキリと洗えて、地肌を清潔にします。 優しいマイルドフローラルの香りです。 「オクトピロックス」の抗菌・抗酸化作用が 地肌のすみずみまで効果的に働き、 フケ・かゆみを抑制いたします。 皮脂の酸化物や菌の繁殖は、においの 原因にもなることから、これらの生成を防ぐ 「オクトピロックス」はデオドラント効果にも 優れています。 ライオン 【 オクト薬用シャンプー】成分 《有効成分》 ピロクトンオラミン 《その他の成分》 ラウレス硫酸Na、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、POEラウリン酸エタノールアミド、へキシレングリコール、POE水添ヒマシ油、ジステアリン酸グリコール、ラウリルジメチルアミンオキシド液、クエン酸、香料、無水硫酸Na、モノラウリン酸ポリグリセリル、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、塩化ジメチルジアリルアンモニウム、アクリルアミド共重合体液、メタクリロイルエチルベタイン、メタクリル酸エステル共重合体液、甘草抽出末、安息香酸Na、黄203、緑3 『 ピロクトンオラミン』 『 ラウリン酸アミドプロピルベタイン液』 『 ジステアリン酸グリコール』 『 クエン酸』 『 モノラウリン酸ポリグリセリル』 『 甘草抽出末』 のような成分は問題ないのですが 「 POEラウリン酸エタノールアミド」 「 POE水添ヒマシ油」 「 ラウリルジメチルアミンオキシド液」 「 無水硫酸Na」 「 塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース」 「 メタクリロイルエチルベタイン」 の成分に関しては、かなり調べたのですが 安全性に関しては不明でした。 「 ラウレス硫酸Na」 「 へキシレングリコール」 「 香料」 「 塩化ジメチルジアリルアンモニウム」 「 アクリルアミド共重合体液」 「 メタクリル酸エステル共重合体液」 「 安息香酸Na」 「 黄203」 「 緑3」 などは、少々問題ありな成分です。 ちなみに、成分の詳細を説明しますと・・・ 問題ない成分としては 『 ピロクトンオラミン』と言う成分は殺菌作用があり、頭皮の脂が過剰に分泌するのを抑える他に、フケ・カユミを抑え、頭皮を清潔に保つ働きをします。 この成分に関しては問題ないと思います。 『 ラウリン酸アミドプロピルベタイン液』はラウラミドプロピルベタインの事を言います。 天然のヤシ油等を原料として作られているアルカリ性の洗浄剤で泡立ちはとてもマイルドでベビーシャンプーにもよく使われている成分です。 『 ジステアリン酸グリコール』はリンゴ酸やクエン酸と同様のフルーツ酸の一種で肌の奥にある真皮中のコラーゲン・エラスチンなどといった細胞を増加させ、真皮を厚くする働きがあります。 主に、不透明化剤、保護剤、親油性増粘剤、乳化安定剤、パール化剤などとして使用されています。 『 ラウリルジメチルアミンオキシド液』はラウラミンオキシドとも言います。 ヤシ油から抽出される植物系の洗浄成分です。 他の洗浄成分と配合することで刺激を弱める働きがあると言われています。 『 クエン酸』は、有機酸の一つで、主に柑橘類などに酸味成分として含まれています。 アルカリ性物質の中和(ph値調整)や髪をサラサラにする効果もあります。 『モノラウリン酸ポリグリセリル』はヤシ油などから得られるラウリン酸とジグリセリンから造られる界面活性剤です。 乳化剤や洗浄剤、気泡剤、乳化安定剤などとして使用されているようです。 『 甘草抽出末』はカンゾウ根エキスの事を言います。 マメ科の植物、甘草の根から抽出されるエキスです。 抗炎症作用、抗アレルギー作用、保湿作用があります。 問題ありな成分と不明な成分しては 「 POE水添ヒマシ油」はヒマシ油にエチレンを付加して造られるノニオン系合成界面活性剤です。 泡立ちがよく、洗浄力も高いとされていますが安全性に関しては不明です。 「 無水硫酸Na」は硫酸ナトリウムの水を取り除いた成分です。 主に入浴剤に配合されているようで、角質の柔軟効果を持つとされています。 「 塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース」はコンディショニング剤として使用されているようですが安全性に関しては今のところ不明です。 「 メタクリロイルエチルベタイン」は液状化粧用組成物として造られた成分で製品安定剤として使用されているようですが安全性に関しては不明です。 「 ラウレス硫酸Na」は陰イオン界面活性剤で洗浄剤や乳化剤や気泡剤などとして使用されているようですが非常に脱脂力が強いので頭皮を傷める可能性が高い成分です。 製品安定剤として使用されているようです。 眼に強い刺激や呼吸器への刺激を与えたり、眠気及びめまいのおそれがあるとされています。 「 香料」は厚生労働省が定めた旧表示成分にも加えられているように皮膚に対して刺激があり、炎症などトラブルを起こす可能性の高いとされている成分です。 「 塩化ジメチルジアリルアンモニウム」は髪に対して柔軟作用、帯電防止作用、形を整える効果があり、主にヘアスタイリング剤等に使用されているのですが、人体と環境に良くない成分のようです。 「 アクリルアミド共重合体液」はスタイリング剤などに使用されている成分でシャンプーに配合させる成分ではないと思います。 「 メタクリル酸エステル共重合体液」はアクリル樹脂やアクリルガラスを造る時に使用される成分です。 コーティング剤として使用されているようですが、頭皮どころか人体に良いとは言えません。 「 安息香酸Na」は防腐剤・保存剤・静菌作用として使用されていて皮膚、粘膜、目、鼻、のどに刺激があると言われています。 染色体異常の報告もあり、アレルギーを起こすとも言われています。 アトピーの人が特に気をつけなければいけない成分です。 「 黄色203」は癌の原因になる可能性が疑われています。 化粧品への配合は認められていますが食品添加物としては認められていない成分です。 「 緑3」は一般的には「着色料」して旧表示成分にも加えられていて皮膚に対しての刺激があり、炎症などトラブルを起こす可能性が高いとされている成分です。 現在は、ほとんどタール色素という物質が使われています。 このタール色素は発癌性や催奇形性の疑いがあるといわれています。 コストが安く色彩も鮮やかに出るので企業側から見れば大変重宝されている成分です。 結構臭かったです。 その他は、 すすいでいる最中にキシみます。 前回評価した パックスナチュロンシャンプーほど キシむ訳ではないです。 シャンプー時は、ニオイがキツかったのですが 髪を乾かすとニオイは薄らいで、気になりませんでした。 その代わり、痒みが出るので敏感肌のような人には 向いていないと思います。 不明な成分を含めて 13種類も 問題ありな成分が 配合されているので、敏感肌以外の人にも オススメできないシャンプーです。

次の

オクト / 薬用シャンプー/リンスの商品情報|美容・化粧品情報はアットコスメ

シャンプー オクト

脱脂力や洗浄力が非常に強い石油系界面活性剤である〈ラウレス硫酸Na〉が含まれています。 〈石油系界面活性剤〉の特徴を挙げていきます。 ・価格が安価 ・洗浄効果が強い 「ラウリル〇〇…」はもともとはエンジンオイルと落とす工業用洗剤の原料で「ラウレス〇〇…」は強度を少し弱めたものです。 市販のシャンプーでは薄めてありますが髪をパサつかせたりキューティクルを壊す原因だったりします。 ・刺激が強い 乾燥して肌荒れを起こします。 目に悪影響を及ぼし障害を招きます。 動物実験では受精卵を破壊した実例もあります。 原液はトレーラーで「毒」表示をして運ばれます。 ・アレルギーやアトピーを引き起こす可能性がある ・分子構造が非常に細かい 分子量が3,000以下の大きさで表皮に浸透し、800以下の大きさで細胞に浸透し、75以下の大きさで血管にまで浸透します。 〈石油系〉の界面活性剤は288なので細胞まで浸透し、他の化学物質と連なって経皮吸収するのを助けます ・ジオキ酸という発がん性物質を含む アメリカの研究ではジオキ酸を取り除くべきだという結論が出ていますが、実行に移している会社はほとんどありません。 ・性質としてタンパク質を破壊します。 そのことで、皮膚にダニ、汚れ、ゴミが入り込みやすくなってしまいます。 因みにですが医療業界では〈石油系〉の界面活性剤の効果や影響を学びませんので医者の先生も発がん性の特徴があることを知らないことがほとんどです。 商品を数回使ったくらいでは症状は現れませんが、長年使い続けることで経皮吸収されて化学成分が体内に蓄積されていきます。 日本は奇形の赤ちゃんが世界でトップクラスに多い国で、その原因はこうした化学物質、合成界面活性剤、食品添加物、農薬とも言われています。 これら危険な化学物質は分子がとても小さく、人間の口や肌から体内に浸透していきます。 そして、浸透した化学物質は女性だと子宮にたまると言われています。 子宮内に危険な化学物質がたまってしまうと排泄をすることが難しく、子宮の中が赤ちゃんにとって危険な環境になってしまい、その中で育つ赤ちゃんに当然悪影響を与えます。 〈ヘキシレングリコール〉という化学物質も含まれています。 シャンプーに対しては製品安定剤の役割を果たします。 この物質は危険有害性があり強い眼刺激、眠気及びめまいのおそれ、呼吸器への刺激のおそれがあることが分かっています。 この原料を扱う際には保護眼鏡をして保護面をすることを義務付けられています。 更にミストや蒸気、スプレーの吸入を避けること、屋外又は換気の良い区域でのみ使用して取り扱い後はよく手を洗うことを〈安全対策〉として設けられています。 また 〈吸入した際は被災者を新鮮な空気のある場所に移動し、呼吸しやすい姿勢で休息させること〉 〈眼に入った場合は水で15分以上注意深く洗うこと〉 〈眼刺激が持続する場合は医師の手当てを受けること〉 〈飲み込んだ場合は口をすすぐこと〉 〈皮膚又は付着した場合、石鹸と流水又はシャワーで洗うこと〉 と応急処置対策も設けられており、とてもインパクトの強い成分が入っています。 〈安息香酸Na〉もかなり訳ありの原料です。 安息香酸Naは主に製品の防腐剤・保存材として企業が好んで使用します。 この成分はかなり刺激が強く経皮吸収して染色体異常も招き発がん性があることも分かっている成分です。 アトピーの方にとっては刺激成分が強いので特に避けたい成分です。 シャンプーは食べるものではないから安全という指摘もありますが、経口吸収よりも経皮吸収の方がタチが悪いです。 経口吸収だと肝臓で解毒されて尿や便となってある程度は排出されます。 しかし経皮吸収だと直接細胞や血管に吸収されたり、排出が困難という側面があります。 成分を薄めてシャンプーに使用していると思いますが配合量は不明です。 また人体にとっては有害ということがはっきりと判明しているのでアトピーの方でなくても避けたい成分です。 〈黄色203号・緑色3号〉などの着色料も含まれています。 これらの着色料のおおもとの原料はタールでつまり石油になります。 分子量も細く経皮吸収しやすい物質です。 着色料は皮膚への刺激性があり炎症などを引き起こす可能性が高い物質です。 発がん性も確認されていますが、着色料はコストが安く見た目が自由に演出できるので企業側としては重宝している会社が多いです。 〈薬用〉とは商標でイメージ戦略です。 問題ありの成分が他にもかなり配合されているので、敏感肌の方以外であってもオススメできないシャンプーです。 薬用で効果を求める前にまずは髪や使用者の立場にたって製造されている安全なシャンプーを選ぶことの方が優先順位は高いでしょう。

次の

LOHACO

シャンプー オクト

殺菌力・洗浄力の強さは合う人には合うし、合わない人にはとことん合わないんです・・・ オクトシャンプーの主成分の殺菌力・洗浄力が合う人、合わない人の特徴を紹介しますね。 オクトシャンプーの主成分の殺菌力・洗浄力が合う人 オクトシャンプーの主成分は、ピロクトンオラミンやラウレス硫酸Naです。 これが強力な殺菌力・洗浄力を生んでいるわけです。 フケや痒みは頭皮での細菌が異常繁殖するために起こるので、この殺菌力・洗浄力がとても効くんですよね。 この理由として、 オクトシャンプーの主成分である殺菌力・洗浄力が、頭皮に必要な菌や皮脂まで根こそぎ落としてしまうからなんです。 頭皮臭も湿疹によく似てて、先ほど説明した皮脂の過剰分泌が原因で菌が異常繁殖して これが結果的に 頭皮臭の原因となっているんです。 表面的に脂っぽさを一気に落としたいならオクトシャンプーはおすすめですが、内側からの改善は望めませんのでご注意を。 それは、効果を実感するまでに3ヶ月はかかるということです。 あなたにも頭皮臭が 治る! っていう、この喜びを実感して欲しいですよ。 キュアラフィは、あなたの悩みに応えてくれる唯一のシャンプーです!.

次の