ウィルス 性 胃腸 炎 大人。 大人が胃腸炎を完治するまでの期間とは?治癒を早めるコツ!

ウイルス性胃腸炎で食事はいつからOK?完治を早める正しい食事法

ウィルス 性 胃腸 炎 大人

Sponsored Link 大人の胃腸炎は何が原因で起こる? 一般的に胃腸炎の原因といえば、次のものがあります。 細菌(サルモネラ、O-157、腸炎ビブリオなど) 夏になると食中毒がよく話題になりますよね。 肉や魚などの加熱不足や手洗いや食器の消毒が不十分だった場合に起こります。 ウィルス(ノロウィルスやロタウィルスなど) 主に冬場になると「ノロウィルス」が流行しますが、これは、 牡蠣などの二枚貝が原因になることが多く、人から人へも感染します。 胃腸炎の原因は他にもあります。 暴飲暴食• カフェイン、アルコール、辛いものなどの刺激物の摂りすぎ• 強い精神的ストレス• 寄生虫• 化学物質 などがありますが、 中でも一番注意しなければならないのは、 「ストレス」だと言われています! ストレスが溜まると、お酒の飲みすぎや食べ過ぎになり胃腸への負担が増し、またストレスが溜まる…という悪循環を招きやすいといえます。 Sponsored Link 大人の胃腸炎の症状は? 胃腸炎の症状は、病原体により異なり、個人差もあります。 一般的には次のような症状があらわれます。 吐き気• 下痢(細菌性の場合は、血便も)• 発熱 ひどくなると、 血圧低下や意識障害などのショック症状を引き起こすこともあります。 胃腸炎の症状は風邪の症状と似ていることもありますが、感染性胃腸炎の場合、 吐き気や嘔吐、突然の激しい腹痛と水様性の下痢便が何度も繰り返されるのが特徴です。 また、下痢や嘔吐が原因で脱水症状になり、発熱が起こることもあります。 ストレス性胃腸炎の場合、下痢や嘔吐、吐き気などのほか、• 胃のもたれ、むかつき• 胃の痛み• 食欲不振• 消化不良• 満腹感• 酸っぱいものが上がってくる など、胃の不調があらわれます。 また、ストレスやプレッシャーなど精神的なことが原因で 頭痛が起きたり、下痢や便秘を繰り返したりすることもあります。 これらの症状には個人差があり、人によっては「下痢しない」「下痢だけ」といった場合もあるので注意して症状をみておく必要がありますね。 それから、 40歳以上に起こりやすいといわれる「慢性胃炎」があります。 食後の胃もたれや消化不良、胸やけ、みぞおちの痛みなどの症状が繰り返される症状です。 原因の特定が難しい病気ですが、近年ではピロリ菌が原因であることが多いことが分かってきていて、ピロリ菌の除去で治療ができるようになっているようです。 治療経過はどのような形になるの? 病院で詳しい検査をすれば、細菌やウィルスなどの原因特定ができますので、対策をとりやすいとは思います。 しかし検査には時間も費用もかかってしまうため、問診のみで原因が何なのかはっきりしない場合が多くあります。 ですから、 自分の症状をしっかり観察し、病院で正確に伝える必要がありますね。 原因が分かれば、細菌性の場合は抗生物質が出され、ウィルス性の場合は消化剤や整腸剤などが処方されます。 子供は症状が長引くことがありますが、大人の場合は、 感染性胃腸炎の場合2~3日で症状が緩和され、1週間前後で自然に回復してきます。 ストレス性の場合は、心療内科へ行くと精神的ストレスからくる身体的疾患を診てもらえます。 いずれも会社や学校をお休みする期間がありますので、医師に確認しておきましょう。 治療中は次のことに気を付けましょう!• ウィルス性の場合、体内のウィルスが完全に排出されるまで、2週間~1か月ほどかかるので、手洗いや身の回りの消毒・除菌をしっかりしましょう。 下痢や嘔吐の症状があるときは、脱水症状に十分注意してこまめな水分補給を心がけましょう。 経口補水液がおすすめです。 食事を無理にとらず、症状が落ち着いて来たらおかゆやうどんなどの胃にやさしいものから慣らしていきましょう。 自己判断で市販薬を服用するのはやめましょう。 胃腸の調子が悪いときは、アルコールや刺激物の摂取はひかえ、休養をとりましょう。 まとめ 大人の胃腸炎は、細菌やウィルス、ストレスの他にも、アルコールや暴飲暴食も原因になってしまうのですね! ストレスを受けた胃腸はすでに炎症で荒らされていますので、大量のアルコールや過度な食事でさらに胃腸への負担をかけないよう、ほどほどにしなければなりませんね。 胃腸炎の症状があらわれたら、長引かないようできるだけ病院を受診するようにしましょう。 Sponsored Link• おすすめ記事.

次の

症状が軽い!ウイルス性胃腸炎についての解説します!

ウィルス 性 胃腸 炎 大人

スポンサードリンク ウイルス性胃腸炎大人がかかったときの食事のコツ ウイルス性腸炎だけど、回復させるにはやっぱり食事も少しは取らないと…と思うかもしれませんが、早く治すためのポイントは、 胃腸をしっかりと休めてあげることです。 胃腸炎って文字のとおりそのままなんですけど、胃や腸が炎症を起こしているってことなんですよね。 だから炎症が起きている胃や腸に食べ物が入ってくると、粘膜が擦れてしまいます。 これ想像しただけでも痛そうですよね?! だから最低でも下痢・嘔吐の症状が出たら24時間は何も口にしないのが一番です。 もちろん24時間過ぎてもあまり食欲がないのであれば、ご自身の体の状態に素直に従って食べなくても大丈夫。 無理して食べると悪化してしまうので、「食べたいな~」「なんだか少しなら食べれそうな気がする!」「お腹が空いてきた」と思うようになって食事をスタートしたらOKです。 ただ食欲が少し湧いてきても気をつけたいのが、食べ物の柔らかさ。 とくに下痢が続いている場合は、 下から出てくる便の柔らかさや水っぽさと同じ形状の食事内容にしてあげることが大事です。 なぜかというと、口の中に食べ物を入れると胃腸は頑張って消化するというお仕事をしないといけないんですよね。 スポンサードリンク ウイルス性胃腸炎のときに適切な飲み物とは? 胃腸炎のときの下痢・嘔吐で気をつけたいのが脱水症状なんですよ。 そのためさきほど下痢・嘔吐が始まって24時間は食べちゃダメってお伝えしたのですが、 水分はこまめに少しずつでも摂ることがホント大事です。 最初は水分も摂りたくないと感じるかもしれません。 ただどうしても吐き気があると飲み物も進まなかったりもしますよね。 そんなときは胃酸過多になっていることもあるので、梅干しを小さくちぎって白湯の中に入れて少しずつ飲むと少し症状が和らぐこともあるので、よかったら試してみてくださいね。 オススメの飲み物は? 胃腸炎のときに脱水症状にならないように摂りたいのが 経口補水液。 スポーツドリンクとは違い、胃腸からの吸収がよく素早く水分を補うことができるので、とくにあまり水分が摂れない…そんな状態のときにはオススメです。 経口補水液は近所のドラッグストアでも簡単に手に入りますし、自宅でも簡単に作れちゃいます。 柑橘系のジュース 炭酸飲料 コーヒー 牛乳や飲むヨーグルト 上にあげたような飲み物は、胃に対する刺激が強かったり、牛乳などの乳製品飲料は消化が悪いので、まだ胃腸が弱っている間は控えるようにするのが無難かな~と思います。 さいごに 胃腸炎… 早く回復させないと仕事だって長く休めないし… と思ったりもすると思いますが、実は早く回復させるためには食べることではなく食べずにしっかり胃腸を休ませてあげることが一番大事ですからね。 まだ食べたくないな~と思うなら、水分補給はしっかりしなきゃダメだけど、食事はパスしてOKです。 胃腸炎の症状が少しラクになってきて、「なんだか食べれそう!」と思ったら、食事スタートしてみてください。 そのときのポイントは、まだ下痢が続いているなら、下痢の症状と同じような形状の食事にしてあげることでしたね。 無理せずご自身の回復具合に合わせて、流動食からいつもの食事に段階を踏んで少しずつ戻していってあげてくださいね。

次の

症状が軽い!ウイルス性胃腸炎についての解説します!

ウィルス 性 胃腸 炎 大人

感染性胃腸炎の症状 度々ニュースになることでも分かるように、学校などの施設で給食から感染することが多く、 集団感染が多いのが特徴で、毎週のように感染性胃腸炎の報告が挙がっています。 吐き気や嘔吐、下痢や腹痛、さらには発熱などを伴い、全身の倦怠感やぐったりとした状態になることもあります。 現在のところ感染性胃腸炎には有効な治療薬がないため、病院で症状を診断してもらったら、あとは自宅での治し方でも治療が可能です。 大人の感染性胃腸炎の症状は? 大人が感染性胃腸炎に感染した場合も子供の症状と同じように下痢や嘔吐、発熱などが見られます。 感染したウイルスによって症状に多少の違いはあります。 子供の方が治まるまでに時間が長いことがありますが、症状としては、大人も同じです。 大人でも感染性胃腸炎に感染した場合は、突然の嘔吐から始まることが多いです。 下痢の場合は、3日から4日程度で治まる場合もあれば1週間程度続く場合もあります。 感染性胃腸炎の潜伏期間は? 病原体によって潜伏期間は異なるものの、 大体1~3日程度と言われています。 代表的な 病原体の潜伏期間としてはノロウイルスの場合は1~2日、ロタウイルスの場合も同じく1~2日と言われていますが、ロタウイルスによる感染性胃腸炎では3~4日程度の潜伏期間がある場合もあります。 感染性胃腸炎の予防法は? 感染性胃腸炎の予防方法としては、しっかり手を洗う事が有効だと言われています。 ・特に調理や食事をする前、トイレに行った後、外出して帰宅した際には石鹸を使って入念に手を洗うようにしましょう。 ・食材を調理する際には食品の中心部の温度が85度になった状態で1分以上加熱するように心がけて下さい。 ・感染者の嘔吐物や便には直に触れず、マスクやエプロン、手袋など使い捨てのものを使って処理する これらは感染性胃腸炎の予防方法の代表的な方法です。 処理後は塩素系消毒剤や家庭用漂白剤を薄めたものを使用して、嘔吐物などがあった場所を消毒、また手もしっかり洗いましょう。 ロタウイルスの予防方法としては、 予防接種も行われています。 自宅での治し方や食事について 自宅での治し方は、嘔吐、下痢によってウイルスを排出するといった方法で、その際、大量の水分が失われるため、脱水症状による原因で死亡するといったケースもあり治療には 十分な水分補給が必要となります。 単なる水ではなく塩分の入った水を飲むように また身体にとって重要なナトリウムやカリウムを摂取する必要もあるため、ミネラルが含まれるスポーツドリンクを少量で、何度も補給することが望まれています。 【スポーツドリンクがない場合には】 湯冷まし1リットルに砂糖を40gと食塩を3gで作ることができます。 よくかき混ぜて飲みやすい温度に調整してから飲むようにしましょう。 食事は腹痛がひどい間は 絶食が基本とされ、お粥やスープでも胃腸に負担がかかることは避けるようにします。 腹痛が治まってきたころに、スープなど胃腸の調子を見ながら少しずつ食べて、症状が再発しないことを確認してから普通の食事に戻していきましょう。 治し方は以上の方法で良いのですが、明らかに血便が出ている時や、発熱がひどい時には、感染性胃腸炎以外の症状も考えられるため、医師の診察が必要となります。 感染性胃腸炎にかかったら出勤は? 実際にノロウイルスによる感染した場合には誰とも接触せずに排せつされるのを待つしかないのですが、しかし学業や就業では待っている余裕がないのも事実です。 そこでウィルスによる感染の場合には会社の出勤停止という措置が行われるのですが、しかし注意しなければならないことは出勤停止は可能かどうかは 会社によって違いが出ることがあります。 それは感染性胃腸炎がノロウイルスが原因で発症していたとしても、先に言ったインフルエンザと違い命にかかわると言うほどではないため会社によっては感染したとしても出勤停止されることがないことが多いのです。 会社を出勤停止にする方法について しかし感染性胃腸炎がノロウイルスでの原因の場合、その 感染力が強いため集団で発症されると会社業務が成り立たなくなることになるのです。 そこで医者に感染していることを伝えられれば会社の方針はどうあれ自主的に出勤停止することが大事であり、その経緯を伝えることです。 最近では会社もその危険性を認識していることが広まっているので、申請すれば出勤停止が可能となることが増えています。

次の