雑居 時代。 1972年 TVドラマ 雑居時代 の栗山邸の間取りを教えてください。...

雑居時代 ロケ地住所一覧表

雑居 時代

父と娘ばかり5人の家に、訳あって若いカメラマン・大場十一(石立鉄男)が同居することになる。 末っ子を除く4人姉妹は十一を嫌い、ケンカばかり。 姉妹と十一の壮絶な闘いを人情話もまじえつつ描いたコメディ。 【「TV Bros. 石立鉄男と四人姉妹の住む家庭の温かい人間感情がほのぼのと伝わる。 当初は『おひかえあそばせ』と同様、人情コメディ的な味わいと姉妹と石立との闘いがやや戯画的に描かれる側面が強かったが、第12回あたりからラブコメ的な色彩が色を添え、中後半に向けて作品の魅力が増し第23回で最高潮を向かえる。 作り手に邪悪な心があっては作れないような奇跡の理想的世界がここにはある。 山口いづみの主題歌も作品にマッチして絶妙だが本放送時はオイルショックの影響でシングル盤が発売されることはなく、後年、石立鉄雄ブームの最中にリリースされた主題歌コレクションCDではじめてサウンドトラックからのモノラルで収録された。 「石立鉄男と大原麗子との淡い恋愛がコミカルにほのぼのとした中で進行していく。 今、その二人はこの世にいないけれど、このドラマの中では今でもこの上なく元気いっぱいの瑞々しさが映し出される。 このドラマを見るといつも心がなごむ。 ドラマの中だけの理想の世界。 居心地が良すぎて、見ている間はその世界の中にいるような気分になれる。 それにしても、よくもこんな優しい世界が作れたものだと感心する。 当時だって世間は殺伐としていたはずでそれを劇中に持ち込ませずに描けたのは奇蹟的で作り手の心持ちがきれいで優しい気持ちがなければとてもこんな話は作れないようにみえる。 昨今の緻密に作られた、寸分の隙もなく綿密に練られたドラマもいいけれど、このドラマのように多少ゆるゆるだけど人の温もりが伝わって、そこに一緒に佇んでいる感覚になれるドラマには何物にも代え難い魅力がある。 『雑居時代』をみていると、映画ではなくてドラマならではの魅力というものはむしろこういう趣向の作品にこそ存在するように思えてくる。 新婚早々のドラマ出演にあたる。 キャスト欄記載の出演回は放送クレジットからの採録だが、このドラマでは主要キャストに関しては出演していない回でもクレジット表示が行われていたため正確ではない。 一部資料では第15話の脚本は千野皓司、葉村彰子と記載されているが誤り。 末っ子を除く4人姉妹は十一を嫌い、ケンカばかり。 姉妹と十一の壮絶な闘いを人情話もまじえつつ描いたコメディ。 出典:テレビドラマデータベース.

次の

雑居時代

雑居 時代

父と娘ばかり5人の家に、訳あって若いカメラマン・大場十一(石立鉄男)が同居することになる。 末っ子を除く4人姉妹は十一を嫌い、ケンカばかり。 姉妹と十一の壮絶な闘いを人情話もまじえつつ描いたコメディ。 【「TV Bros. 石立鉄男と四人姉妹の住む家庭の温かい人間感情がほのぼのと伝わる。 当初は『おひかえあそばせ』と同様、人情コメディ的な味わいと姉妹と石立との闘いがやや戯画的に描かれる側面が強かったが、第12回あたりからラブコメ的な色彩が色を添え、中後半に向けて作品の魅力が増し第23回で最高潮を向かえる。 作り手に邪悪な心があっては作れないような奇跡の理想的世界がここにはある。 山口いづみの主題歌も作品にマッチして絶妙だが本放送時はオイルショックの影響でシングル盤が発売されることはなく、後年、石立鉄雄ブームの最中にリリースされた主題歌コレクションCDではじめてサウンドトラックからのモノラルで収録された。 「石立鉄男と大原麗子との淡い恋愛がコミカルにほのぼのとした中で進行していく。 今、その二人はこの世にいないけれど、このドラマの中では今でもこの上なく元気いっぱいの瑞々しさが映し出される。 このドラマを見るといつも心がなごむ。 ドラマの中だけの理想の世界。 居心地が良すぎて、見ている間はその世界の中にいるような気分になれる。 それにしても、よくもこんな優しい世界が作れたものだと感心する。 当時だって世間は殺伐としていたはずでそれを劇中に持ち込ませずに描けたのは奇蹟的で作り手の心持ちがきれいで優しい気持ちがなければとてもこんな話は作れないようにみえる。 昨今の緻密に作られた、寸分の隙もなく綿密に練られたドラマもいいけれど、このドラマのように多少ゆるゆるだけど人の温もりが伝わって、そこに一緒に佇んでいる感覚になれるドラマには何物にも代え難い魅力がある。 『雑居時代』をみていると、映画ではなくてドラマならではの魅力というものはむしろこういう趣向の作品にこそ存在するように思えてくる。 新婚早々のドラマ出演にあたる。 キャスト欄記載の出演回は放送クレジットからの採録だが、このドラマでは主要キャストに関しては出演していない回でもクレジット表示が行われていたため正確ではない。 一部資料では第15話の脚本は千野皓司、葉村彰子と記載されているが誤り。 末っ子を除く4人姉妹は十一を嫌い、ケンカばかり。 姉妹と十一の壮絶な闘いを人情話もまじえつつ描いたコメディ。 出典:テレビドラマデータベース.

次の

「雑居時代」に関するQ&A

雑居 時代

父と娘ばかり5人の家に、訳あって若いカメラマン・大場十一(石立鉄男)が同居することになる。 末っ子を除く4人姉妹は十一を嫌い、ケンカばかり。 姉妹と十一の壮絶な闘いを人情話もまじえつつ描いたコメディ。 【「TV Bros. 石立鉄男と四人姉妹の住む家庭の温かい人間感情がほのぼのと伝わる。 当初は『おひかえあそばせ』と同様、人情コメディ的な味わいと姉妹と石立との闘いがやや戯画的に描かれる側面が強かったが、第12回あたりからラブコメ的な色彩が色を添え、中後半に向けて作品の魅力が増し第23回で最高潮を向かえる。 作り手に邪悪な心があっては作れないような奇跡の理想的世界がここにはある。 山口いづみの主題歌も作品にマッチして絶妙だが本放送時はオイルショックの影響でシングル盤が発売されることはなく、後年、石立鉄雄ブームの最中にリリースされた主題歌コレクションCDではじめてサウンドトラックからのモノラルで収録された。 「石立鉄男と大原麗子との淡い恋愛がコミカルにほのぼのとした中で進行していく。 今、その二人はこの世にいないけれど、このドラマの中では今でもこの上なく元気いっぱいの瑞々しさが映し出される。 このドラマを見るといつも心がなごむ。 ドラマの中だけの理想の世界。 居心地が良すぎて、見ている間はその世界の中にいるような気分になれる。 それにしても、よくもこんな優しい世界が作れたものだと感心する。 当時だって世間は殺伐としていたはずでそれを劇中に持ち込ませずに描けたのは奇蹟的で作り手の心持ちがきれいで優しい気持ちがなければとてもこんな話は作れないようにみえる。 昨今の緻密に作られた、寸分の隙もなく綿密に練られたドラマもいいけれど、このドラマのように多少ゆるゆるだけど人の温もりが伝わって、そこに一緒に佇んでいる感覚になれるドラマには何物にも代え難い魅力がある。 『雑居時代』をみていると、映画ではなくてドラマならではの魅力というものはむしろこういう趣向の作品にこそ存在するように思えてくる。 新婚早々のドラマ出演にあたる。 キャスト欄記載の出演回は放送クレジットからの採録だが、このドラマでは主要キャストに関しては出演していない回でもクレジット表示が行われていたため正確ではない。 一部資料では第15話の脚本は千野皓司、葉村彰子と記載されているが誤り。 末っ子を除く4人姉妹は十一を嫌い、ケンカばかり。 姉妹と十一の壮絶な闘いを人情話もまじえつつ描いたコメディ。 出典:テレビドラマデータベース.

次の