新宿駅首吊り写真。 新宿駅南口で男性が首吊り自殺をした理由!現場画像を撮影する心理についても

新宿駅南口での首吊り自殺もスマホ撮影、人身事故では「撮影ご遠慮ください」

新宿駅首吊り写真

新宿駅南口の歩道橋で男性の首吊り遺体が見つかった事件。 男性の遺体を撮影した画像や動画がTwitterなどで拡散しているが、こうした動きを批判する人達が後を絶たない。 自殺してるところを写真とったり動画とったり。 やばくないか?なんで公共の場で自殺したのか分からないし。 謎だけど。 それを平然とした顔で撮って晒したりして狂気を感じるわ。 感情ないんか。 なんでそこで自殺したかは分からんけどご冥福をお祈りします。 現時点でマスコミの報道がなく本当に生きているのかは分からないが、男性にグリーンシートを掛けられた画像もあることから、生きている可能性は低いと思われる。 一方、このような声も 自殺はダメって言うけど、死んだ方が楽って状況になった事ない人に言われても嫌味にしか聞こえんよな。 じゃあ俺の事救ってくれるのかって。 無理なくせに。 現代社会のシステムに対するモービーの怒りや憤りや苛立ちが70年代末~80年代初頭のポスト・パンクやジョイ・ディヴィジョン初期の作風を思わせるダークでハードで攻撃的なサウンドとなって表現されている。 動画には、建物にのぼった女性に野次馬が一斉にスマホを構え、それを見た女性は涙を流しながら飛び降りるが、野次馬は無表情に亡骸を撮影して去っていくという衝撃のシーンがある(2:29~) 昨年5月に大阪・梅田の駅ビルから若い女性が飛び降り自殺を図った際も、その瞬間をとらえた画像や動画がTwitterで拡散され、この動画が引き合いに出されるなど物議を醸した。

次の

新宿駅「首つり自殺写真」をSNS投稿――弁護士が「プライバシーの侵害では?」の疑問に回答(2020/01/07 20:30)|サイゾーウーマン

新宿駅首吊り写真

新宿駅南口で首吊り自殺が発生 Twitter上に投稿されたツイートに注目が集まっております。 この様子は、数多くの人々によって撮影されており、トレンドに「首吊り自殺」が入るなど、話題になっておりました。 大型連休の直後や連休中というのは、このように白昼堂々と自殺をするという事件が起きるのも、悲しいですが現状であります。 2019年5月4日には、大阪駅の駅ビルで大丸などが入っている「サウスゲートビルディング」で女性が飛び降り自殺をするという事件が発生しました。 この事件もGWという大型連休の真っ只中でありますし、白昼堂々の自殺でありましたから、多くの人の話題になったのも事実です。 正月休み明けという、極めて人が出社したくない状況であったからこそ、鬱となってしまって、自殺をしてしまったのかもしれません。 写真を撮る人の心理として• 怖いもの見たさ• 珍しいものを見れた満足感• 何も出来ない悔しさ などが、挙げられると思います。 現代のスマホには高機能すぎるほどのカメラが内蔵されており、写真や動画などを誰でも簡単に撮影する事が可能となっております。 さらに、カメラの起動速度も恐ろしいほど早く、決定的瞬間を取り逃がさない様な仕様にもなっています。 そして、スマホの普及と共に成長を遂げたのが、TwitterやInstagramなどのSNSであります。 このスマホとSNSの普及によって、誰もが簡単に動画を撮影しそれが拡散され多くの人の目に触れるという現象が引き起こされております。 一昔前であれば、この様なスクープ映像というのは新聞記者やテレビ局の記者が撮影したものがTVや新聞などに使われ、報道されておりましたが、現代では逆に視聴者提供の様な形で、Twitterなどで多くリツイートされたりした動画や画像をテレビや新聞が記事にしたりネタとして取り上げるということも多々あります。 つまり、誰しもがジャーナリストになりうるという事が、この様な自殺の瞬間の動画の撮影・拡散に拍車をかけているのです。 自殺の瞬間を撮影している人物が不謹慎・狂気という様な表現をしている人はこの状況でも無関心で通り過ぎるのでしょうか? 何もしないということの方がよっぽど狂気でありますし、何かをしたくてもとても出来る状況ではないからこそ動画などを撮影して事実を記録していたのだと考えられるのです。 笑い者や見せ物にしようと撮影しているわけではなく、少しでも関心があるからこそ撮影したのであって、それに苦言を呈している人々は他にどの様にしたら最善であったのか提示してもらいたいものです。 また、白昼堂々と多くの人が新宿駅南口を自殺の場所に選んだのもこの男性でありますから、撮影されたりする覚悟があったのかもしれませんし、何かしらのメッセージがあったとも捉えられます。 その場に遭遇したくないよね…。 嫌な話、絶対今日そういうニュースあるんやろなと思ってたけど、 暗くなるわ〜 — tomoki tmk603 トレンドの首吊り自殺、想像の五百倍くらい凄い所で死んでて「ええー!? ここで死ぬんか!! かっこよ!!」って口に出してしまった。 — 不人 hakanakihuhito ゲーーーーー新宿の駅前で白昼堂々首吊り自殺怖すぎる昔同じ場所で焼身自殺もあったよなぁ — うなお unawow いや撮影はやばいでしょ。 どうせ撮ってるひとは「やば、写真撮って友達家族に送ろ」って思って瞬時に撮るんだろうな。 なんで一度止まって考えないんだ?? 情報化社会に慣れるとこんなにも頭が弱くなる。 そういうやつらが後々人生辛いとか言い始めても知らねーよとしかいいようがない — れいん X3gZcVkuDRgxvax 新宿の首吊り自殺、あれ、ガチで人が死んでると思えてない人もいたんちゃうかなぁ… なんかのパフォーマンスと思ったとか… まさかあの場所で自殺すると思わないだろうし… — たかぴーぴーあーるえす TAKAPPRS スポンサーリンク 新宿駅南口では、過去にも同じ場所で焼身自殺をしたケースも 2014年6月29日には、今回の場所と全く同じ場所で、男性が焼身自殺をしたというケースもあります。 警視庁新宿署は容体が回復次第、男性から事情を聴く方針。 現場はJR新宿駅南口の「新宿ミロード」と「新宿サザンテラス」をつなぐ、「ミロードデッキ」と呼ばれる歩道橋。 周辺では買い物客などが通行しており、一時騒然となった。 同署によると、同日午後1時5分ごろ、現場周辺にいた男性警備員から「歩道橋の鉄枠の上に、50~60代でグレーの背広を着た男性が乗って、拡声器で何かをしゃべっている」と110番通報があった。 署員が駆けつけたところ、歩道橋の上に組まれた鉄枠部分に座った男性が、拡声器を使い、集団的自衛権の行使容認や、安倍晋三首相の政策に反対する内容の演説をしていたという。 男性は1時間以上にわたって手元の紙を読み上げた後、脇に置いていたペットボトル内の液体を頭からかぶり、ライターで火を付けたという。 火は、駆けつけた消防隊員らに消し止められた。 出典: こちらの男性は、集団的自衛権に関して反対していたために、焼身自殺をしてしまったということですが、今回のケースと同じく、未遂に終わったとのことです。 全く同じ場所での自殺であるということで、今後、新宿南口では自殺の名所となってしまう恐れもあります。 何れにしても、白昼堂々と発生した首吊り自殺であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。 BrandNewSは、2016年10月より運営をしており、ココロに届く新鮮な話題をお届けします」をモットーに、日々起こる様々な事件や出来事において、TVメディアでは報じらていないニュースの裏側などを積極的に掘り下げて皆様にお伝えしております。 BrandNewSとは「真新しい・新鮮な」という意味の英語Brandnew(ブランニュー)とNews(ニュース)を掛け合わせた造語で、弊サイトでは、他社メディアさんよりも新鮮でホットな話題を独自の切り口で書いている記事が多いのも特徴であります。 記事の修正や削除依頼、取り上げて欲しいネタや話題の提供などがございましたら、お問い合わせよりご連絡お願い致します。

次の

新宿首つり自殺 スマホ撮影に批判も開き直り「戦場カメラマンと一緒」

新宿駅首吊り写真

事件内容 事件はJR新宿駅南口の歩道橋「ミロードの陸橋」で起こりました。 その後、搬送先の病院で死亡が確認された。 白昼の駅前は人通りも多く、目撃者もかなり多くいた。 自殺した動機 自殺した30代の男性は精神障害があり、直前まで一緒に飲んでいた友人に「これから死ぬ」と話していたようです。 某匿名掲示板には自殺をにおわせるような投稿があったようで、今回の人物と同一の可能性が高いです。 またその投稿にはリストカットなどの画像も投稿されており、自分を傷つける「自傷癖」があったと思われます。 新宿駅南口を選んだ理由 自殺をする人は人目につく場所を選ぶ傾向が多く、過去にもJR新宿駅南口の「ミロード陸橋」では焼身自殺も起こっています。 わざわざ人通りの多り場所を選んで、なおかつ日中に自殺を行ったことから何かしらのメッセージを伝えたかったのかもしれません。 月曜の昼間から酒を飲んでいたことを考えると、今から自殺するためにヤケになっていたのかもしれません。 新宿駅南口の陸橋で首吊りで自殺未遂って意味わからんな。 あんな人通りが多いところでこんな昼間に成功するわけもなく成功したとしても迷惑でしかない。 自殺死体を見た人達はトラウマでしょ。 写真撮っただのどーだのどうでもいい。 注目されたくて話題になりたくて新宿駅南口で実行してるんだから。 それなのに白昼の駅で。 ある意味自殺による無差別攻撃。 友人はなぜ見殺しに? 自殺した男性は直前まで一緒に友人と飲んでいたといいますが、 そもそも、月曜の昼間から飲む友人とはどのような人物なんでしょうか? しかも「今から死ぬ」と友人が言っているのに、そのまま帰るのはどう考えてもおかしいと思います。 今回自殺した男性は精神疾患だったということですが、直前まで一緒に居て「今から死ぬ」と言っている友人を見殺しにた友人の神経を疑われてもおかしくありません。 直前まで一緒にいた友人を特定か? 当日、一緒に直前まで一緒に飲んでいた友人の情報が入ってきましたが、また特定には至っていません。 情報が入り次第更新します。 友人が自殺をほう助? 直前まで一緒に飲んでいた友人が自殺をほう助、けしかけたという情報も入ってきましたが、まだ信ぴょう性が薄いので断定はできません。

次の