損益 計算 書 書き方。 損益計算書(P/L)の作り方 会計・簿記の基本−9|スモビバ!

期末商品棚卸高とは【仕訳・求め方・計算・損益計算書への書き方】

損益 計算 書 書き方

POINT• 損益計算書は、自社の経営成績を把握するために必ず必要となる決算書類• 代表的な決算書類は、損益計算書と貸借対照表の2種類。 会社の業績である「利益」は、売上などの収益から売上原価や消耗品などの費用を引いて求めます。 損益計算書は、この利益計算を行う決算書類です。 損益計算書のなかで、利益はいくつかの種類に分けて表示します。 それにより、本業の利益を示す「営業利益」、それ以外の要素を含めた「経常利益」など、異なる性質の利益をより詳細に把握することができるようになります。 さらに、費用を売上に応じて変化する「変動費」と売上が変動しても変わらない「固定費」に分けて把握することによって、 損益分岐点を見極めることもできます。 損益分岐点とは、 黒字と赤字の境界線を割合から逆算して、いくら売上高があったらいいのかを判断するポイントのことです。 損益分岐点を把握することによって、利益管理が簡単にできるようになります。 損益計算書は、会社であれば法人税の申告、個人事業であれば所得税の申告の計算のもとになります。 また、融資を受ける場合などにおいては、金融機関から決算書類の提出を求められることになります。 上場企業であれば、損益計算書は株主に対して報告する財務諸表の一部を構成する重要な決算書類です。 このような目的で必ず作成することになる損益計算書は、自社の経営成績を把握するために必ず必要となる書類です。 損益計算書と貸借対照表との違い 代表的な決算書類には、損益計算書と貸借対照表の2種類があります。 損益計算書を理解するにあたっては、貸借対照表との違いを把握することが重要です。 貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)とは、会社の財政状態を把握するために作成する決算書類のことをいいます。 会社の資金をどのような形で調達し、どのように使用しているかを表す計算書です。 貸借対照表は、プラスの財産である資産やマイナスの財産である借入金などの負債を記載します。 損益計算書は、一定期間における収益と費用、その差額である利益を計算することが目的です。 一方、貸借対照表は事業年度末など、ある時点における財産の状態を計算することが目的です。 【参考記事】• そもそも両者は、別々に作成するものではなく、簿記のルールに従って記帳された取引を整理することによって同時にできあがるものです。 そのため、どちらかの方が重要というわけではありません。 2つの決算書類の両方をうまく経営に生かしていくことがポイントになります。 ただし、損益計算書と貸借対照表では、そこから読み取るべき内容はまったく異なります。 それぞれの目的や内容の違いを明確に把握し、必要に応じて使い分けるようにしましょう。 損益計算書を読み解くための「5つの利益」 損益計算書からは、5つの利益がわかります。 損益計算書を読み解くにあたっては、それぞれの利益の見方について理解することが欠かせません。 ここでは、「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」の5つの利益について説明します。 売上総利益 売上総利益とは、売上高から売上原価を差し引いて求め、会社の商品を販売したり、サービスを提供することによって増加する利益のことです。 俗に「 粗利(あらり)」とも呼ばれています。 売上高とは、商品・製品の販売やサービス提供の対価として受け取る収益のことです。 売上原価は、商品の仕入原価や製品の製造原価、サービスの開発時などに生じる費用などのことをいいます。 売上高が一定の場合、売上原価が少なければ少ないほど売上総利益は大きくなります。 つまり、 商品やサービスの単価を抑えることができれば、売上総利益を大きくできのです。 スタートして間もない事業では、最終利益よりも売上高の確保を優先する傾向があります。 しかし、売上高だけを見ていると相応の利益が伴わず、いつの間にか資金繰りが悪化していた...... といった状態になることもあります。 そのため、売上総利益に注目することは非常に大切です。 営業利益 営業利益とは、本業によって生み出された利益のことです。 会社は、「商品を売る」「サービスを提供する」といった本業によって利益を得ることが基本です。 しかし、本業の利益を把握するためには、それらを加減した利益を計算することが必要となってきます。 営業利益は、売上総利益から販売費と一般管理費を差し引いて求めます。 販売費とは、文字どおり「販売するための費用」で、営業部門の人件費や広告費などのことです。 一般管理費とは、「会社全体の共通コスト」のことで、オフィスの家賃や電話代、会社全体の運営・管理に関わる役員報酬や管理部門のコストなどが含まれます。 つまり、 売上高から売上原価・販売費・一般管理費を引いたものが営業利益です。 事業を継続させていくためには、本業で利益を上げることが欠かせません。 そのため、決算書を見る場合は営業利益にも注目することが必要です。 経常利益 経常利益とは、会社の本業以外の収益と費用も含めた利益のことです。 「経」と「常」には、「通常いつも発生する」という意味があり、本業以外に継続的に発生する収益と費用を加味することで、会社の実力を示す利益を把握することができます。 経常利益は、営業利益に営業外収益を加え、さらに営業外費用を差し引くことによって算出します。 営業外収益とは、会社の本業以外から得られる収益のことで、預貯金や貸付金の利子などの受取利息、株式を保有することで受け取る株式配当金などが含まれます。 また営業外費用とは、会社の本業以外で継続的に生じる費用のことで、借入金利子などが一般的です。 借入金利子以外にも、株式の売却損などが営業外費用に含まれます。 営業利益が同じであっても「資金力があり、営業外収益が生じるか」「借入金が多く、営業外費用がかさむか」などによって、会社の実力は変わってきます。 その実力を把握できる利益が経常利益です。 税引前当期純利益 税引前当期純利益とは、その事業年度に生じた所得に対して発生する納付義務がある税金を支払う前段階での利益のことです。 税引前当期純利益は、経常利益に特別利益を加算し、特別損失を差し引いて求めます。 特別利益とは、本業とは無関係で一時的に生じる利益のことをいいます。 会社にとって普通は生じることがない特別な利益です。 具体的には、不動産や設備などの売却によって生じる固定資産売却益などが該当します。 特別損失とは、会社の事業とは無関係に生じる臨時的な損失のことです。 固定資産売却損や火事・盗難などによる損失などが該当します。 税金を負担する前に、会社として純粋に獲得した利益を把握したい場合は、税引前当期純利益を確認しましょう。 当期純利益 当期純利益とは、決算における最終的な利益のことです。 税金も含めて差し引くべきものをすべて差し引いて、最終的に会社に残る利益だと理解すればよいでしょう。 この当期純利益は、株主に対する配当金の支払い原資となります。 そのため、既存の株主や一般投資家にとっては、この当期純利益は特に関心の高い利益だといえるでしょう。 なお、配当した後の利益は、会社の内部留保(会社内に蓄積された利益のこと)となります。 当期純利益は、単に純利益と呼ばれることもあります。 当期純利益は、税引前当期順利益から法人税等を差し引いて求めます。 法人税等とは、会社のすべての収益から費用を引いた所得に対して課税される法人税・法人住民税・法人事業税のすべてを含む税金項目の名称です。 会社にとっての最終利益になるため、損益計算書の最終行に記載することになります。 チェックすべきポイント1「各利益はマイナスになっていないか」 損益計算書を見る場合は、主に以下の2つのポイントに注目して分析してみることが大切です。 1つ目のポイントとして、 各利益がマイナスになっていないかどうかを確認します。 最終利益である当期純利益だけでなく、5つの利益それぞれについてマイナスになっていないかどうかを確認しましょう。 特に、当期純利益だけがプラスの場合には注意が必要です。 当期純利益がプラスであれば経営に問題ないと判断してしまいがちですが、それ以外の利益がマイナスになっているという可能性もあります。 例えば、当期純利益がプラスで経常利益がマイナスの場合は、特別利益が発生したことによって当期純利益がプラスになっている可能性があるため、精査する必要があります。 特別利益は毎期生じるような性質のものではないため、実質的には赤字であり、翌事業年度に向けて経常利益がプラスになるように改善することが必要です。 チェックすべきポイント2「利益率はどうか」 2つ目のチェックポイントは、 各利益の利益率です。 「売上総利益率」「売上高営業利益率」「売上高経常利益率」の3つの利益率を計算することによって、会社の収益性を把握することが可能です。 ここでは、3つの利益率の計算方法について解説します。 売上総利益率 売上総利益率は、売上原価に対してどれだけの利益を乗せた価格で販売できているかがわかる指標です。 売上高から売上原価を除いた売上総利益が、売上高に対して何%に相当するかを示す利益率となります。 販売している商品は、顧客からの評価が高ければ、高い価格で販売できるため、売上総利益率は高くなります。 また、同じ価格であれば売上原価が低いほど率が高くなるため、商品力を表す指標といえるでしょう。 売上原価の考え方や平均的な売上総利益率は、業種によって大きく異なります。 例えば、物品販売を行う業種よりもサービスを提供する業種のほうが売上総利益率は総じて低くなります。 そのため、過去の売上総利益率を比較する場合は、同業種の会社で比較することが必要です。 自社のデータ推移を分析すれば、過去からの商品力の変化を把握することができるでしょう。 売上高営業利益率 売上高営業利益率とは、本業でどれだけ利益を上げているかの割合を把握できる指標です。 売上高に対する営業利益の割合を把握することによって、売上規模にかかわらず本業の儲け具合を測れるところがメリットです。 いうまでもなく、事業を継続するためには本業で継続的で適正な利益を確保することが欠かせません。 そのため、売上高営業利益率には常に注目することが必要です。 売上高営業利益率も、売上総利益率と同様に業種によって平均的な割合が異なります。 しかし、売上総利益率ほどのばらつきは起きにくいです。 一般的には、5%を超えると優良だとされています。 上場企業でも売上高営業利益率が5%を超えると評価が高くなるレベルです。 売上高営業利益率は、本業の動向を把握する指標のため、自社の過去データと比較することはもちろん、同業他社の過去データと比較して分析することも重要といえます。 売上高経常利益率 売上高経常利益率とは、通常の事業活動を行っている場合にどれだけの利益を上げているかを示す指標です。 そのため、経営者であれば売上高経常利益率も把握する必要があります。 売上高営業利益率が良かったとしても、財務基盤が弱く借入金が多いと金利負担が多くなり、売上高経常利益率は下がってしまいかねません。 継続的に事業を行っていけるように経営基盤を強化するためにも、売上高経常利益率も重視することが大切です。 一般的には、4%以上あれば優良企業とされています。 売上高経常利益率4%以上を確保できるように、金利収入などの営業外収入や借入金利子などの営業外費用にも注目することが重要です。 また、「本業以外の分野に課題がないかどうか」をチェックして経営状況を改善することも必要になります。 損益計算書の読み取り方をマスターし経営に役立てよう! 損益計算書は事業の結果としての利益額がわかるだけでなく、事業の状態を分析し、問題点を把握して改善することで経営に役立てることにも活用できます。 また、損益計算書を読むことでいくつかの異なる利益を目的に応じて確認することもできるようになります。 見るべきポイントや各種利益率の計算方法などを理解して、損益計算書の読み取り方をマスターしましょう。 【参考記事】•

次の

期末商品棚卸高とは【仕訳・求め方・計算・損益計算書への書き方】

損益 計算 書 書き方

Contents• 損益決算書とは 損益決算書とは簡単に言えば、利益と費用の内容を表したものです。 例えば給料から家賃や外食費、趣味や飲み代などに使ったり、予定外な出費でお金を借りたり、皆さんも経験があるはず。 損益決算書とは、それが個人ではなく会社になっただけ。 何処からお金が入ってきて、何にお金を使ったのかを具体的に示したものです。 損益決算書の作成には売上予測が必要です。 売上予測の詳しい記事はこちらになります。 売上高• 売上原価• 売上総利益• 販売費及び一般管理費• 営業利益• 営業外費用• 営業外収益• 経常利益• 特別利益• 特別損失• 税引前当期純利益• 法人税、住民税及び事業税• 当期純利益 損益決算書の項目詳細 損益決算書の各項目の詳細を見ていきましょう。 売上高 お客様に商品やサービスを提供した時に、顧客が会社に払ったお金のことです。 会社に入ったすべての売上を売上高といいます。 本業で得た収益です。 売上原価 商品を製造するために必要な費用です。 商品を提供しても、原料費はかかります。 原料費が売上原価になります。 売上総利益 売上高から売上原価を引いた残りが売上総利益といいます。 商品額から原料費を引いた残りの利益です。 販売費及び一般管理費 企業が営業活動に要した費用の事をいいます。 オフィスや光熱費、広告宣伝費です。 販売費及び一般管理費は売上原価とは別です。 営業利益 (売上総利益)-(販売費及び一般管理費)=(営業利益) 商品を売って原料費を引いたのが 売上総利益。 店舗代や光熱費を 販売費及び一般管理費。 この2つの差額が営業利益になります。 赤字の場合は営業損益といいます。 営業外費用 企業の本業以外に関わる費用のこと。 投資や財務活動費用や銀行の利子などです。 活動費用が本業とは異なるため、営業外といいます。 営業外収益 本業以外で得た収益の事。 投資による配当金、投資売却で得た利益、その他に株の売却や発行などによる収益、原価が発生しない収益です。 経常利益 (営業利益)+(営業外収益)-(営業外費用)=(経常利益) 商品の利益から原料費を引いた残りが 売上総利益。 売上総利益から店舗代や光熱費などを引いた残りが 営業利益。 営業利益から投資収益や費用、及び銀行などの利子を引いた残りが 経常利益。 特別利益 特別に得た利益の事です。 今期だけやこの時だけという大きい利益です。 この利益は特別なため、通常の成長利益として認められません。 認めてしまうと、企業の評価が過大評価になってしまいます。 ポイント緑色の販売費及び一般管理費の数字をいじって、赤字にならないようにします 販売費及び一般管理費 損益決算書では費用の事を販売費及び一般管理費と言います。 商品やサービスを販売するために費やす費用を 販売費と言います。 会社を運営、管理、営業を続けていくために費やす費用を 一般管理費といいます。 販売費 こんな感じな位で覚えておきましょう。 通信費 ネット料金、携帯電話の料金、送料代(切手やはがき等) 携帯の料金などがメインになると思いますので、1人につき2万前後ぐらいが良いと思います 交通費 そのまま名の通りの販売活動に費やした公共交通機関の料金です。 従業員分の交通費と、他にも出費すると思えば費用を余分に付け足せばいいでしょう 広告宣伝費 検索やSNS、メディアなどで会社の商品を広めていくための費用です。 宣伝効果を見極めて、やめるか続けるかしましょう ダラダラやっても効果は全くありません。 3万前後がちょうどいいと思います。 接待交際費 取引先や商談相手、下請会社など接待で仲を深めたり、交渉を有利に進めていくための交流費用です。 事業開始の時は、あまり金額を上げないほうがいいと思います 控えめに1万前後が妥当かと 外注費 自社外事業の業務、及び商品などを発注することを言います。 特許などを買収する形もあります。 依頼するのであれば相手との信用もありますし、協力も必要になるので、お金をけちるのはやめて、30万前後は見込んでおきましょう 一般管理費 企業全体を管理するために要する費用です。 事務所を運営するたに人件費も含まれます。 役員報酬 法人の取締役、執行役、会計参与、監査役、理事、監事及び清算人の事を役員報酬と言います。 社長や役員クラスの給料ですが、事業開始初期は低めにいきましょう。 稼ぎが低い時はそれなりに10万前後か、給料無しぐらいの気持ちでいきましょう。 法定福利費 健康保険料・厚生年金保険料・介護保険・雇用保険料など、会社と従業員が負担割合に応じて保険料を払うことです 詳しい記事はこちらです。 もし法定福利費の計算だけ参考にしたい場合はへ 支払報酬料 弁護士や会計士、社会保険労務士など、専門家に業務を依頼し、支払う報酬の事です。 会社の相談窓口や問題が発生した場合の事も考えて、組み込んでおきましょう。 支払家賃 事業目的としての店舗や事務所、駐車場料金などのことをいいます。 毎月の料金は変わらないので固定費になります。 なるべく安いところでいきましょう。 今時はシェアオフィスなどがいいと思います。 金額もバラバラなので調べましょう。 支払賃借料 毎月レンタル物がある場合に発生する費用です。 リース品とも言います。 借りる場合は費用を算出しておきましょう。 表の方には無しにしています。 水道光熱費 季節や用途に合わせて月々の料金が変わっても固定費となります。 大体でいいと思います。 賃貸に含まれている場合もありますので調べましょう。 5〜6万ぐらい見積もっておけばいいと思いますが、季節にもよるのでかなりアバウトですね 消耗品費 事務所での使用品や生活品などです。 減価償却の違いとして10万円未満、耐久年数が1年未満のもの。 これはそんな頻繁に買うものではないと思います。 人や企業が大きくなれば金額は増えるでしょうが、開始時期は1万前後ぐらいがいいと思います。 減価償却費 企業が投資した固定資産(設備投資)の償却費用ことです。 更に詳しくは減価償却を見てください。 法人税 所得税 住民税 事業税 固定資産税 印紙税 消費税 自動車税 自動車取得税 自動車重量税 これらを全部覚える必要はありません 定期的に払う 法人税、住民税、事業税を理解しておけば大丈夫です。 消費税も預り金なので会社の負担にはなりません。 で詳しく説明されています これは税金関係なので、消費税を盛り込めばいいと思います。 初年度設定は無しにしています 個人事業主に関しては、所得税・消費税・住民税・個人事業税の4つあり、国税と地方税に分類されます。 個人事業主メモ 雑費 使った費用がどの項目に当てはめればいいかわからない、及び計算が合わない時に雑費を使います。 ただし注意が必要です。 なぜなら費用が不透明になり、不正が出来るようになるからです。 この雑費の金額が多いと税務署から調査対象になります。 会計上の予備対策として雑費を用意しておきましょう。 給料賃金 会社の労働者に対して見合った金額を払うことを言います。 一般的に言う給料の事です。 人件費の調節なので慎重にやりましょう。 金額が大きく変わってきます。 25万前後で考えたほうがいいかも(個人的な見解ですが能力に応じた給料でいいと思います。 ) 表を小さくまとめる むしろ銀行側や国金側に提示する時は、こんな感じのまとめた表で充分です。 縮小版表の数字を解説します。 3=823 法人税は823になります 当期純利益 最終的な会社の利益になります 2742-823=1919 当期純利益は1919になります• 借入金は500万円• 元利均等返済(返済する利子が毎月同じ)• 1年間の返済回数は12回• 返済期間は5年間• 元金据置期間1年(元金返済を行わず1年間だけ利子のみを払うこと)• 金利は2. 返済総額5,322. 312円• 利子は322. 312円となります 返済シュミレーションに関してはを活用してください 毎月の利息を出す場合、この表なら105. 固定費は費用が同じ。 変動費は費用が変わることです。 違いは毎月かかる費用が変わるか変わらないかです。 給料が上がっても、季節によって光熱費が変わっても、駐車場が値上がりしても固定費扱いです。 固定費 毎月決まっている費用を計上することです。 この金額が大きいと赤字に転落することになります。 起業初期はなるべく固定費を控えめにしておきましょう。 原価700円の商品を1000円で売りました• 固定費を27万と仮定• 900個を売れば利益9万上乗せになります こんな感じで固定費を変えるだけで、どれぐらい売上げればいいか分かります。 まとめ 損益決算書は会社の収益と費用を現した表です。 差額で利益を確定し、その利益から税金を払います。 会社を メンテナンスするイメージで作っていきましょう。 事業決算書の盛り込む項目は少なくてかまいません なぜなら事業前だからです• 変動費は販売数や生産が上げれば、原価も上がる それ以外はほぼ固定費扱いです• 損益分岐点は、売上を上げるのであれば、固定費の額を上げて計算• 損益決算書は必ず売上予測を参考にすること• 販管費の数字はしっかり割り出すこと• 調整する場合は販管費と売上総利益を見比べること• 利息シュミレーションで計画的に考えましょう.

次の

損益計画書の作成手順をわかりやすく解説します

損益 計算 書 書き方

損益計算書とは 1 損益計算書は一定期間の企業の経営成績を表します。 経営成績=収益-費用 収益とは、企業の経済活動の成果として資本の増加原因となる事実をいいます。 費用とは、成果を得るための努力としての資本減少の原因となる事実をいいます。 2 活動(営業活動、販売及び管理活動、財務活動)ごとに生じる収益と費用をそれぞれ区分し、それぞれの成果ともいえる利益を段階的に表示することにより、企業が事業年度に獲得した損益を表示します。 3 事業年度にわたり、獲得した収益と収益獲得のための犠牲になった費用を差し引く形で企業活動の成果である利益を表示する財務表です。 4 利益として売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益が表示されます。 損益計算書の特徴 1 単年度の業績を表示します。 そのため、業績の傾向を見るには数年度の損益計算書を比較することが必要となります。 2 利益は絶対的に正しい数値というものはなく、会計基準が新たに制定されたり、改定されれば利益はそれ以前とは異なった数値となります。 3 利益はお金が増減した数値とはなりません。 利益とキャッシュ・フローは中長期的には一致しますが、短期的には逆の動きをすることもあります。 損益計算書の構成 1 売上総利益の算定プロセス 商品等そのものの販売や提供による損益を表示します。 売上高から売上原価を差し引いて売上総利益を算定します。 2 営業利益の算定プロセス 営業活動、管理活動の成果としての損益を表示します。 売上総利益から販売費および一般管理費を控除して算定します。 3 経常利益の算定プロセス 営業活動、管理活動に加え、資金調達活動の成果としての損益を表示します。 営業利益に営業外収益を加算し、営業外費用を減算して算定します。 4 当期純利益の算定プロセス 臨時・特別な活動などあらゆる企業の活動の成果としての損益を表示します。 経常利益に特別利益を加算し、特別損失を減算し、さらに法人税等を控除して当期純利を算定します。 損益計算書の項目(単体ベース) 1 売上高 ・売上高は総額表示または純額表示(売上値引き等を控除後)で表示します。 ・商品売上高と製品売上高は区別して表示します。 2 売上原価 ・販売した商品の仕入原価ならびに製品の製造原価を表示します。 そのため、しばしば営業外損益と特別損益との境界線が明確ではないという批判がなされています。 IFRSの包括利益計算書 IFRSの包括利益計算書の特徴としては次のような点があげられます。 1 最後尾に表示されるのは包括利益となります。 包括利益=当期純利益+その他の包括利益となります。 2 特別損益項目という区分はありません。 3 継続事業と非継続事業の損益を別表示します。 4 事業活動(営業活動および投資活動)ならびに財務活動に区分して表示を行うことが検討されています(マジメント・アプローチ)。 日本の連結損益計算書 現在の日本の連結損益計算書では包括利益を表示することになっており、2つの様式が選択できるようになっています。 1 1計算書方式(連結損益及び包括利益計算書) 2 2計算書方式(連結損益計算書及び連結包括利益計算書) 損益計算書の基本的な見方 1 利益の源泉を把握する 企業がどこで利益を稼ぎ出しているのかを把握することが重要です。 利益の源泉とはたとえば次のものがあります。 4 費用と損失を区分して把握する 損益計算書に計上される費用には正確には費用と損失とがあります。 雑な表現になりますが、費用は企業が事業活動を行う上で毎期経常的にかかるものです。 そして多くの場合、キャッシュの流出を伴います。 一方、損失は貸借対照表の資産計上額を引き下げたり(減損損失など)、負債の評価額を引き上げたりする(退職給付引当金繰入額)ときに発生するものが多く、臨時的突発的な要素が強いといえます。 そして、多くの場合、キャッシュの流出を伴いません。 そのため、例えば当期純利益がマイナスとなったからといて過小評価しぎないことも留意点としてあげられます。 いわゆる「スクラップ・アンド・ビルド」というものです。 5 儲かっている事業と儲かっていない事業を把握する 個別財務諸表ではセグメント情報は開示されませんが、連結財務諸表ではセグメント情報が開示され、どの事業が儲かっているか、あるいはどの事業が儲かっていないかがわかります。 さらにそうした空間軸と併せて四半期損益計算書という時間軸のセグメント情報を見れば空間軸と時間軸のマトリックスで企業の事業の収益性を分析することができます。

次の