妊婦 ビタミン d。 妊娠中のビタミンD補充は子の成長を支える:日経メディカル

妊婦さんが摂取したい栄養素~ビタミンD編~

妊婦 ビタミン d

皆さんはビタミンDが骨の形成、成長、修復に大切なホルモンであることはよく知っていると思います。 ですので、このビタミンが不足すると、乳児の場合は、くる病が発症し頭蓋骨が柔らかくなって骨の成長に異常がみられ、座ったり、ハイハイができるようになる時期が遅くなります。 成人でも骨軟化症という骨の病気が生じます。 妊婦が ビタミンD欠乏症になると、胎児でも欠乏症が生じ、新生児がくる病を発症するリスクが高くなります。 しかし、ビタミンDの働きはそれ以外にもあり、産科領域においてはビタミンDが不足すると妊娠高血圧症候群や早産などの病気のリスクを高めることが知られています。 また、幼児・若年者の肺活量の低下や言語発達の遅れ、思春期の骨密度の低下、20歳での摂食障害の増加などが指摘されています。 妊娠するためには、ビタミンDは大切なの? では、妊孕性、不妊症との関連はどうでしょうか?最近、外国の生殖に関わる雑誌に、興味ある報告が多数報告されています。 まず、ビタミンDの働きには、胚(受精卵)が着床し胎盤が形成されるのを制御する役割があります。 よって、ビタミンDが不足すると着床しにくくなり、胎盤の形成が不十分になるという報告です。 一般には、体の外から食事や日に浴びることによって取り込まれたビタミンD2、ビタミンD3が肝臓や腎臓で活性型のビタミンDになり、腸でカルシウムの吸収に関わる機能を発揮しています。 肝臓や腎臓だけでなく、この機能活性化に関わる酵素は、子宮の内膜や妊娠中の絨毛や脱落膜(胎盤を形成する組織)にも存在することが最近わかりました。 このビタミンDは、免疫系などを動かして、絨毛が発育し子宮内膜に浸潤していくのを促進するそうです。 このため、流産を繰り返す人の絨毛や脱落膜では、この酵素の発現が少ないと報告されています。 また、子宮内膜症や多嚢胞卵巣症候群といった不妊症の原因となる病気を持つ人は、血中のビタミンDの濃度が低いと言われています。 さらに、体外受精の治療を行っても、この図1が示すように、血中のビタミンDが十分高い人のほうが、足りない人に比較して、臨床妊娠率が高いという報告もあります。 このことから、妊娠するためにも血中のビタミンD濃度が高いことが大切であることがわかります。 日本人はビタミンDが不足している!? 我々の体にあるビタミンDは食物から摂取する場合と日光に浴びることにより、皮膚で産生されている場合の2つのルートから成り立っています。 しかし、食物から摂取されるビタミンDは、人工的に補充した食品でないと十分な量の摂取量は期待できません。 ですので、日光に浴びて皮膚でビタミンDを作ることが大切なのですが、最近、日光に浴びる機会を避ける傾向が強くなってきており、さらに日焼けどめクリームの使用によっても、ビタミンDの自己生産の機会が少なくなっています。 米国・カナダではビタミンDを補充した牛乳などが販売されています。 ビタミンDの濃度測定と補充 これらの結果から、妊娠を考える人にとっては、ご自分のビタミンDの濃度を測定して、不足ならば、この値を高めておくことは、より早期に妊娠に至る可能性が高くなるばかりでなく、安全な妊娠・出産、さらに健康に赤ちゃんを育てるにもとても重要は要素です。 母乳にはビタミンDがあまり含まれていないので、ビタミンDの補充されたミルクも必要なこともあります。 先ほど述べたように、最近は、お肌のシミ・そばかすや皮膚ガンなどを心配して日光に当たることを避け、また、日焼け止めを併用する方が増えていますが、ビタミンDは妊娠・出産・育児にはとても大切なビタミンですので、サプリメントでよいので、必要十分な量を補充していくことが大切です。 なかなか妊娠しないかたは、このビタミンDの不足が関与している可能性もありますので、心配な方は、是非、不妊クリニックで受診して、ビタミンDの測定をしてくさい。 図2でお示ししたようにあらゆる年齢において、ほとんどの人がビタミンDを補充する必要があります。 これも、皆さんができる妊活の一つです。

次の

【妊娠しやすいカラダづくり】ビタミンDと妊娠する力、育む力

妊婦 ビタミン d

妊娠・出産を望まれる方にとって何より大切なのは、健康な体づくりです。 なかでも食事は妊娠力を高めるための基本。 ダイエットによる食事制限、外食やファストフード、インスタント食品の摂取など、不規則な食生活で栄養バランスが偏っていませんか? 食事の量があり、カロリーは充分とれていても、必要な栄養素が不足していることがあります。 必要な栄養素が不足すると、貧血や冷え性をまねいて妊娠力の低下、胎児の成長、出生児の成人後の成長にも影響を及ぼすといわれています。 また、食事には気をつけているから大丈夫という方も、その方向性が間違っていることもありますので、時々見直しが必要です。 妊娠力を高めるおもな栄養素には、皮膚・血管・筋肉など体の土台や、質の良い卵子をつくる「たんぱく質(肉・魚・卵)」、血液中のヘモグロビンをつくる「鉄(レバー・あさり)」、抗酸化作用があり、卵子の若返りや、血流・ホルモンの働きをうながす「ビタミンE(カボチャ・アボカド・ナッツ類)」、男性ホルモンを合成し、精子数や運動性を高める「亜鉛(カキ・ホタテ)」、赤ちゃんの健全な発育を助ける「葉酸(ほうれん草・レバー)」、子宮内膜をととのえる「ビタミンA(うなぎ・ほうれん草)」、精神を安定させる「カルシウム(牛乳・チーズ・小魚)」などがあります。 何かを重点的に摂取するのではなく、それぞれの栄養素をバランスよく摂ることがポイントです。 1日3食の規則正しい食生活を基本に、少量多品種の食事を心がけましょう。 最近注目されている栄養素のひとつに、ビタミンDがあります。 日光を浴びることで皮膚のコレステロールから生成されるビタミンDは、血液中のカルシウム濃度を上げる働きがあり、健康な骨の形成にかかわっていることが知られています。 ビタミンDが不足すると、骨の病気である骨軟化症、骨粗しょう症が増えます。 一方、ビタミンDを補うことで、がんの予防、感染症の予防、2型糖尿病の予防の可能性、さらに、子宮・卵巣・精巣・精子にもよい働きをすることがわかってきました。 妊娠中にビタミンDが不足すると、母体や胎児へのリスク、出産のリスクが高くなります。 また、卵胞発育障害、着床障害、免疫性の不育症といった不妊要因にもビタミンDが深く影響しているという報告もあります。 ビタミンDについては、1日15分の日光浴で必要量を生成できるといわれますが、女性にはむずかしい課題かもしれません。 むしろ日焼け対策として、日焼け止めや日傘で、あえて日光を避けている人のほうが多いのではないでしょうか。 日光を避ける生活がビタミンDの生成を抑え、ビタミンD不足につながっている皮肉な現状があります。 とはいえ、日焼けはできるだけ避けたいというのが女性の本音でしょう。 そこで、不足するビタミンDを身近にある食品から摂取する方法もあります。 ビタミンDを含む食品には、鮭・カツオ・しらす干し・鶏卵・きくらげなどがあり、これらの食品を積極的に摂ることもひとつ。 ただし、ビタミンDは油と一緒に調理することで吸収を高める脂溶性の栄養素。 水溶性のように体内の余分な栄養素を尿として排出できないため、過剰摂取には注意が必要です。 ビタミンDについて気になる方には、まずは血液検査をおすすめします。 検査の結果、ビタミンDが不足しているようであれば、ビタミンDを含む食品やサプリの摂取をはじめ、ほかの栄養素とのバランスを考えた食事を心がけ、妊娠力を高めていきましょう。

次の

ビタミンDの不足と妊娠について ~あらゆる年齢層の方ができる妊活③~

妊婦 ビタミン d

妊娠・出産を望まれる方にとって何より大切なのは、健康な体づくりです。 なかでも食事は妊娠力を高めるための基本。 ダイエットによる食事制限、外食やファストフード、インスタント食品の摂取など、不規則な食生活で栄養バランスが偏っていませんか? 食事の量があり、カロリーは充分とれていても、必要な栄養素が不足していることがあります。 必要な栄養素が不足すると、貧血や冷え性をまねいて妊娠力の低下、胎児の成長、出生児の成人後の成長にも影響を及ぼすといわれています。 また、食事には気をつけているから大丈夫という方も、その方向性が間違っていることもありますので、時々見直しが必要です。 妊娠力を高めるおもな栄養素には、皮膚・血管・筋肉など体の土台や、質の良い卵子をつくる「たんぱく質(肉・魚・卵)」、血液中のヘモグロビンをつくる「鉄(レバー・あさり)」、抗酸化作用があり、卵子の若返りや、血流・ホルモンの働きをうながす「ビタミンE(カボチャ・アボカド・ナッツ類)」、男性ホルモンを合成し、精子数や運動性を高める「亜鉛(カキ・ホタテ)」、赤ちゃんの健全な発育を助ける「葉酸(ほうれん草・レバー)」、子宮内膜をととのえる「ビタミンA(うなぎ・ほうれん草)」、精神を安定させる「カルシウム(牛乳・チーズ・小魚)」などがあります。 何かを重点的に摂取するのではなく、それぞれの栄養素をバランスよく摂ることがポイントです。 1日3食の規則正しい食生活を基本に、少量多品種の食事を心がけましょう。 最近注目されている栄養素のひとつに、ビタミンDがあります。 日光を浴びることで皮膚のコレステロールから生成されるビタミンDは、血液中のカルシウム濃度を上げる働きがあり、健康な骨の形成にかかわっていることが知られています。 ビタミンDが不足すると、骨の病気である骨軟化症、骨粗しょう症が増えます。 一方、ビタミンDを補うことで、がんの予防、感染症の予防、2型糖尿病の予防の可能性、さらに、子宮・卵巣・精巣・精子にもよい働きをすることがわかってきました。 妊娠中にビタミンDが不足すると、母体や胎児へのリスク、出産のリスクが高くなります。 また、卵胞発育障害、着床障害、免疫性の不育症といった不妊要因にもビタミンDが深く影響しているという報告もあります。 ビタミンDについては、1日15分の日光浴で必要量を生成できるといわれますが、女性にはむずかしい課題かもしれません。 むしろ日焼け対策として、日焼け止めや日傘で、あえて日光を避けている人のほうが多いのではないでしょうか。 日光を避ける生活がビタミンDの生成を抑え、ビタミンD不足につながっている皮肉な現状があります。 とはいえ、日焼けはできるだけ避けたいというのが女性の本音でしょう。 そこで、不足するビタミンDを身近にある食品から摂取する方法もあります。 ビタミンDを含む食品には、鮭・カツオ・しらす干し・鶏卵・きくらげなどがあり、これらの食品を積極的に摂ることもひとつ。 ただし、ビタミンDは油と一緒に調理することで吸収を高める脂溶性の栄養素。 水溶性のように体内の余分な栄養素を尿として排出できないため、過剰摂取には注意が必要です。 ビタミンDについて気になる方には、まずは血液検査をおすすめします。 検査の結果、ビタミンDが不足しているようであれば、ビタミンDを含む食品やサプリの摂取をはじめ、ほかの栄養素とのバランスを考えた食事を心がけ、妊娠力を高めていきましょう。

次の